5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

子供の頃の奇妙な体験

1 :ななしさん:01/10/31 03:13 ID:9SG2qYtS
なにかあります?

2 ::01/10/31 03:32 ID:2e5lPRQu
僕が6才の頃、近所に住んでいた仲のイイ女の子がいたのネ、
その子には、お姉さんがいて、そのお姉さんと僕の姉が、
同い歳だったこともあって、姉と一緒によくその子の家に、
遊びに行ってたわけ、
その子の家は洋館風の建物で、かなり裕福な家庭だったと思う、

只、或る日を境にその姉妹との思い出が無くなって、
引っ越したのかな?と思っていた、
実際その姉妹が住んでいた家は、
近所の子供達の間で幽霊屋敷と、云われていたから、

先日、里帰りをした時に、
姉にその姉妹と幽霊屋敷の事を聞いてみたら・・・

3 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 03:35 ID:2UqLH39Y
>>2
続きがすげー気になる。

4 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 03:36 ID:RNgRGB8d
しゃべり方がむかつく

5 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 03:37 ID:XwrSzQaI
しゃべってないし・・・

6 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 03:55 ID:/Uf97QJq
1の話、弟切草みたいだね。

7 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 03:57 ID:2UqLH39Y
このまま放置プレイだけは、ご勘弁願いたい。

8 ::01/10/31 03:58 ID:sre6DlA8
姉は驚いたらしく、
「あんた憶えて無いの?あんなに泣いていたのに」と言ってた
何だか訳が解らず更に聞いてみると、

その姉妹は、僕が6才の時に一家心中で亡くなったらしい、
心中の原因は父親の事業の失敗による借金だったらしく、
洋館に火を付けて心中したという事でした。
その時、僕はもの凄いショックで、ずっと泣いていたそうです、

今になって考えてみると、ショックで、
その姉妹の事を記憶から削除していたんだなと思う。

9 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 03:59 ID:I8q6WbcH
無事でした。
終わり。

10 :9:01/10/31 04:00 ID:I8q6WbcH
あ、遅かった。かっこ悪い。スマソ

11 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 04:00 ID:T/WBCiZw
話はわかったけど、何が奇妙なの?

12 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 04:02 ID:I8q6WbcH
まったく覚えてないくらいに削除できたことじゃないの?
引っ越したと思うくらいに。

13 :11:01/10/31 04:09 ID:T/WBCiZw
あ、そっか。ストーリーだけ考えて「何が不思議?」って
迷ってしまった。

14 ::01/10/31 04:26 ID:sre6DlA8
>12
正解

追記
何故、里帰りした時に姉に聞いたかと云うと、
その洋館、更地になってて、
ふと例の姉妹の事を思い出したからでした。
で、その時、おさななじみにも聞いてみたら、
皆、憶えていたみたいで、その心中があったから
幽霊屋敷と騒いでいた事が解った。

その時、現場に居合わせた奴から聞いた話によると、
火事の中、その姉妹と親が窓から僕らを見ていたらしい、
その話を聞いて、その時の映像が記憶に蘇ってきたヨ

15 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 05:15 ID:ewTqBzae
深刻な話書いてる割には
元気そうで安心したよ>1

16 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 05:30 ID:irwYGHTR
>火事の中、その姉妹と親が窓から僕らを見ていたらしい、

(´д`)

17 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 07:02 ID:m624aWlc
顔文字って便利だね

18 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 07:19 ID:FsKY/Lsh
>3〜のsage漫才の方が気になった。絶妙なボケと突込み
PC並べてカキコしてるみたいでコワヒ

19 :おさかなくわえた名無しさん:01/10/31 20:25 ID:QpRufSHc
おいらの小学校時代のクラスメイトが、
山を削って出来た、崖から落ちて、
全治2カ月の怪我をしたんだけど、
その崖の高さが15Fのビルの屋上に相当する高さで、
怪我で済んだ事が奇跡らしかったんだけど、
実はその時、一緒に落ちた別の友達がいて、
そいつは、掠り傷一つ無かったんだって、
当時、新聞に載っていたよ

20 :しろさん:01/11/11 19:21 ID:wcDIT8wt
幼稚園から小学校中学年くらいまで、夜中に目が覚めると
自分の手がいつもより異常に小さく見えた。反対に、部屋を囲むようにして
置いてあったタンスが、いつもの3倍くらい大きく見えた。
子供は夜中に目が覚めると、物がそのようにゆがんで見えるものだと
ずっと信じていたが(ワラ
大学生の時にふと思い出して友人に聞いて回ったら、
誰一人、そんな体験したことないらしい。
え〜、なんだったんだろう??

ちなみに、廊下の電燈の光が差し込む部屋だったので、けっこう明るいのに
そう見えた。

21 :ニンニク:01/11/16 14:06 ID:Dx1RfwWJ
幼稚園ぐらいだったか。社宅の庭にある倉庫の屋根で友達と遊んでた時。
裏の家から吸血鬼が出てきた。ドラキュラのカッコウだった、確かに。
あまりに驚いて倉庫の屋根から飛び降りてうちに逃げ帰った。
いまだにその光景を覚えてるが、やっぱなにかの錯覚?

22 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 15:48 ID:AYUd0xNe
私もあるある!すごく不思議な思い出です。

3歳位で、午後3時ぐらいだったと思う
部屋の2階、2段ベッドの2階で横になって泣きながら窓の外を見てました。
外は一面田んぼです。人間が米粒ぐらいに見える距離あたりに
真っ黒ででっかい球体が浮かんでたんです。
壁一面、全部窓なのに、迫ってくるような大きさ。
球体の回りには真っ赤な炎がめらめらしててすごく恐かった。
誰か同じような経験仕たことある人いませんか?

23 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 16:06 ID:6qRWMPk8
「バカー」と鳴くカラスを目撃した。

24 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 16:07 ID:hs1dW6IX
ここでこれを書いたら「オカルト板へ逝け!」っていわれそう
ですが…。
小学生の頃、よく予知夢を見ました。
「友達が明日の授業で忘れ物をする」とかその程度なんですが。
それが、母の伯母が亡くなる夢を見てから、何となく地震が来る
のが分かるようになったり、幽霊を見るようになりました。
でも、20歳を境くらいにあまりそういうものを見なくなったので
やっぱり子供のうちは不思議な体験が多いなーと思いました。
妹の子供もやっぱり「●●君にもおやつあげて!そこに居るじゃ
ない!」という事があります。想像なのか本当なのか怖いから
よしてくれ〜!!

25 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 16:09 ID:5Xo387aR
>>23

ワロタ

26 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 16:20 ID:5hfMi/Uu
>>23
本当にいるよ。
カラスって言葉を覚えるんじゃないの?
高校の時、1人で歩いてたらカラスが「バカー」って鳴いた。
誰も信じないけど、本当に「バカー」って言ったんだよー。

27 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 16:29 ID:E+tF2Ty4
カラスって3歳児ぐらいの知能があるって聞いたから
しゃべるぐらいはできるんじゃないの?

28 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 17:32 ID:ycP40kTA
構造的にどうなの?

29 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 17:36 ID:y6GJLKw/
カラスしゃべるよ。
犬の鳴き声とかマネするカラスはよくいるらしいし
テレビで、九官鳥のように「オハヨー」とかの言葉を教え込まれた
カラスみたことある。

30 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 17:45 ID:1vHv8fDJ
7歳くらいの時、友人と裏山探索してて、そこでミイラを見つけた。
家にすっ飛んで帰って、母親を説得し、もう一度みんなで裏山に戻った
時には跡形もなく消えていた・・・
見間違えならともかく、何もなくなってたんだよ・・・?

31 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 17:56 ID:aTnsO8Ua
烏は喋る。
近所のクリーニングやさんに居たもん。
怪我してる烏をおばちゃんが拾ってきて治療してやったら
なついてしまって、飼う事にしたらしいんだけど、お客さんが
来るとおばちゃんより先に「イラッシャイマセ〜」って言う。

32 :\\\ ◆///8iC9w :01/11/16 17:57 ID:pOe6jItc
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´Д`)/< おかあさん!・・・じゃなくて先生!
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||

33 :それって:01/11/16 17:59 ID:C6mvzUnr
>>20
子供の頃、高熱が出たときに部屋が狭く見えたりするんだよね。
経験あるよ。

34 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 18:08 ID:q9xdoGJT
部屋にいたら「おいっ!」という大声がしたので、
「こんな狭い家なのに、大声でなによ」と居間にいた
家族に文句を言いに行ったら、誰も何も言ってなかった。

35 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 18:38 ID:S9Y7JCbK
カラス喋るよね、普通に。
小学校の時、朝いっつもカラスにあほーあほーって鳴かれて
むっとしながら学校いってた。
最近のカラスはアホ−ってなかないね。

36 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 18:56 ID:0G6Z8uI7
実家の近所に昔「オハヨー」って鳴くカラスいましたよ。
「オハヨーガラス」と言われて近所の人に親しまれてました。
声はよく聞くんだけど姿はあまり見ません。
第一他のカラスと区別つかないし…。
でも私は一度だけ目撃。
お寺にある一番高い木にとまって
「オハヨー、オハヨー」って鳴いてました。
ちなみにイントネーションは
  ●
ォ・ハヨー
って感じで「ハ」を強く発音して、変な外人みたいでした。
数年すると「オハヨー」の声も聞こえなくなり、死んだのか…とちょっと寂しくなりました。

スレの趣旨と違うのでsage

37 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 18:58 ID:bFJSEvpg
>35
あ。そういえばそうだね。
私も昔、ちょっとムっとしたよ。<あほーカラス

38 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 19:08 ID:ycP40kTA
そういえばカラスは九官鳥の仲間だったか。

39 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 19:10 ID:J1+PqcKq
身長4,5cmの人間もどきを見ました。目の前を歩いてた。

40 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 19:12 ID:pK6NtFjW
6歳ぐらいの時ベッドで寝転がっていたときに
ふと空いていた部屋のドアから、階段を見たら
久米宏の顔が浮かんでいた
死ぬかと思った

41 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 20:32 ID:VqtuEdNl
小学校3年のとき、友達と狭い道を歩いていたら前から車が
ゆっくりと走ってきた。
友達と道の両側にわかれて避けたんだけど、通り過ぎるとき
車内を見たら誰も乗っていなかった。
うずくまっているとか外車だったとかいうんじゃなくて、
両方のシートの薄茶のレザー張りの座面までがはっきり見えた。

一緒にいた友達も「今の車誰も乗っていなかった!」と言っていた
ので見間違いとは思えないのだが・・・

42 :マジ話:01/11/16 20:38 ID:2f6OKiFG
中1の時いつものように金縛りにあいながら寝てたら
いつもは何も聞こえないはずなのにその日はやけに
砂嵐の音が聞こえて「また金縛りだ..最悪死にたい〜」って
心の中で叫んだらより一層重くなって「じゃ殺してやるよ」って
いう男の声が聞こえた...。現在17歳、生きてます。

43 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 21:06 ID:GdYBKjBF
小学生の時、フィギュアスケートを習っていた。
リンクから裏側にでる関係者だけが使うドアを
いつものようにバーッと開けたら
赤や緑や青やら宝石箱をひっくりがえしたような
ガラスみたいな小粒?の一面だった。
いつもは草むらなのに。
記憶違いだと思うんだけど、やけにリアルで
20年以上たった今でもありありと思い出す。

44 :26:01/11/16 21:08 ID:V36yQSo1
やっぱりカラスは話すんだね!!
学校で皆に言ったのに
「それは確かにバカだよ!朝からネタはいいから。」
と一笑されて悔しかったよ。ここを皆に読ませたい。
でも卒業しちゃったからな(w

45 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/16 22:54 ID:H17ITR2F
>>22

私は、たぶん幼稚園の頃だったか、駅の改札でて、線路の上を通る橋をあるいてるとき
東の空に、真っ赤な球体が浮いてるのを見たよ。
もうすっかり夜になってて。
とても月とか、夕日とか思えないような大きさだったのに、一緒にいたおばさんは
「月よ」と言った。
「え〜〜〜〜うそだ〜〜〜」って思ったけど、なんだったのか、今もわからない。
やっぱり、月だったのかな〜〜???
あのときの光景は、いまでも、はっきり覚えてる。

46 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 00:08 ID:agiF01tx
地平線近くの月は赤く大きく見える時があるけど?

47 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 00:19 ID:VrwnbYGG
小学校の時、近所の子供何人かとその母親何人かで、毎晩ジョギングしてたんだ。
その時に真っ赤ですごいでっかい月が出てるのを見た記憶があるよ。
子供同士で「怖いね」って言いながら走ってたら、いきなりその月が低い声で
「むーん」って言うのが聞こえた。
びっくりして、ゴールまで狂ったように猛ダッシュした。

48 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 00:37 ID:BsbBHMSb
月が赤い時ってあるよね。
私はうちの犬が死んだ日の夜の月が真っ赤だった。
忘れられない…。

49 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 00:40 ID:QKa6U7jC
何歳くらいかは忘れたけど、幼稚園はいる前かな?
耳のなかから輪ゴムで縛った1センチ弱の髪の毛の束が
出てきた。痒くて耳ほじったらボロッでた。
母親には、なんとなく聞けなかった。
なんか、最近フラッシュバックのように、昔のことを
途切れ途切れ思い出す。なんか、とてつもない事実が
発覚しそうで怖い。

50 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 00:44 ID:QkX81+pJ
>>21
吸血鬼、漏れも見たことあるよ。
小学校2〜3年のとき。
けっこう見たことある人いると思われ。

>>46
それは目の錯覚です。
(12ch 赤恥青恥より)

51 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 14:36 ID:xzvlQpof
>>22です。
笑われるから誰にも話したことなかったけど見たことある方多いのか〜。
赤い球体は月で私の見た黒い球体は太陽だったってことかなぁ。
でも見た本人はそういう記憶になっちゃってるから納得できないんだよね。

耳といえばもう一つ、
鼻に1ヶ月も大豆を入れてて取れなくなり耳鼻科に行った。ついでに耳掃除を
したらうずらの卵くらいの耳くそが取れたんだけど、これも記憶の誇張かな???

52 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 14:56 ID:LrwyiG7W
幼稚園入る前だったと思うんだけど、毎晩、同刻に目が覚めるわけ。
それで、2階で寝てたんで1階までトイレに行ってたのだけど、毎晩
階段から飛び降りてたんだよね。何故、飛び降りるか理由は無いし、
毎日1段ずつ高くしていくんだけど最上段(10段くらい:2m)から
飛び降りることになった晩、下に着くまで1分くらいかかり、宙に浮いてた。

単に夢遊病だったのか、夢だったのか解かんないけど
宙に浮いて以来、目も醒めなくなった…

53 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 15:02 ID:+RUITXRa
幼稚園くらいのとき、外で弟や友達を遊んでいたら、
弟がタヌキの一家にさらわれて、すりかえられた(w
という変な記憶がある。当時から記憶はあやふやで
ただ弟が、昨日までのかわいかった弟とは違うのでがっかりした思い強く残ってる。
その後、弟が小学1年くらいになって
「どうせオレは子供のとき宇宙人にさらわれてすりかえられたから
本当の子じゃないんだよね」
みたいなことを言ったとき、なぜか「ああ、あの時のことだ」と思った(w

54 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 15:22 ID:btrjVN/8
>53
すかさず「宇宙人じゃないわよ、たぬきよ。あんたはたぬきの子よ。」と
言ってやれば余計落ち込むだろうな(藁

55 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 15:28 ID:VrwnbYGG
二人姉妹なんだけど、私と妹の間に、もう一人いたはず。
高校生くらいになってから急にそのことを思い出して母親に聞いたら、
「そんなことないよ」って言われて、自分の勘違いだったんだと納得した。
ところがそれからまた何年もして、妹に急に聞かれた。
「私とお姉ちゃんの間に、お母さん妊娠してるよね?」って。
「なんで生まれる前のこと知ってるの?お母さんに聞いたの?」と聞いたら、
何で知ってるのかは自分でも覚えてないって。

なんかとんでもない事実が隠されてそうで、もう母親には聞けない。。。

56 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 15:47 ID:60Nr6h3n
幼稚園児の頃、毎年田舎で催される夏祭りの帰りだった
本道から延びる田んぼのあぜみちの先に、ぽつりとうちのお墓がある。
(一面に広がる水田のまん中あたり)
青白い炎が3つ程不規則に浮いてた。

やっぱプラズマか?

57 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 15:51 ID:+RUITXRa
>54
いや、何て言うか…。子供にとってはタヌキも宇宙人も同じなの。
ただ「あのとき」すりかえられて、もうそれまでの弟じゃないっていう。
しかもその記憶を弟も共有してたというのが、当然というか不思議というか。

58 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 17:42 ID:Axtr68AP
幼稚園くらいのときに、近所であそんでて、
道の角を曲がったら、突然そこはひまわり畑だった。
でも、それっきりその場所はどこだかわからなくなってしまった。
そのとき一緒にいた子もぼんやり覚えてて、
空の青とひまわりの黄色は鮮明に覚えてるんだけど、
あれは夢か現か‥‥

59 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 17:49 ID:X9K2Fw0/
海の生物の図鑑を見てたときに、エイの写真の下に
「うみでエイにあったらすぐにげましょう。エイはサメをつれてきます」
と確かに書いてあった。でも後で何度みてもどこにもそんなこと書いてなかった。

60 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 18:18 ID:JbDycq3o
今ちょうど松尾由美「銀杏坂」という
ミステリ読んでいるんだけど、
(光文社9月新刊 新人です)
予知夢とか幽体離脱が出てきて
上の皆さんの話に似ているんでちょっと
ビクーリ

61 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 18:22 ID:MLcEM534
>>55
恐いな。中絶というと未婚ドキュソのイメージが強いが
実際は既婚女性の率がかな〜り高いらしい。

62 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 18:31 ID:JKos/cyl
>>61
中絶じゃなくて流産かもよ。
10人に一人の女性は流産を経験するというし。

63 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 18:53 ID:SIKKpfW6
弟の2歳の誕生日の時に私(当時4歳)が
「ねえねえ、○○(弟の名前)何歳になるの?」と家族に聞いたら
「何歳だったっけ?」
「2歳?」
「じゃあ、2歳でいいや、2歳おめでとう〜。」
って家族みんなが弟の本当の歳を知らない様子。
その時「今、弟の歳が決められちゃったんだ、いい加減だ」と思った。
それから数年は「弟の本当の歳は違うのかもしれない、
本当の歳はいくつなんだ」と一人思い悩んでいた。

よく考えたら自分の子供の歳(しかも2歳くらいの)が
わかんない親なんていないだろう…今考えると奇妙な体験です。

64 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 21:47 ID:ewyAAmrj
小学校低学年頃、幼馴染のKと”決闘”して遊んでました。

ダンボールで作った鎧と盾を装備し、武器は粗大ゴミ場から拾ってきた錆びた包丁と鎌。
ルールは突き技と顔面狙い以外なんでもアリ。寸止めとかはせず本気で戦ってました。
刃が打ち合う度に火花が飛び散るのがなんとも格好良くて、TVの特撮ヒーロー物の
技の名前を叫びながら、夢中で斬りつけあってました。
子供の力&鈍った刃のおかげで大怪我はしなかったのですが、細かい生傷は絶えませんでした。
かなり面白かったのですが、酷使したため武器と防具が壊れたので5日で終了。

今考えると無知ゆえの危険な行為に背筋が凍ります。先日Kと当時のことを話してたら
「あれは燃えたなぁ。ホレ、そん時お前にやられた傷」といって首筋にうっすら残っている
傷跡を笑いながら見せてくれました。

65 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 22:10 ID:hp3uwOJ2
ヘッドロココの消しゴムがワープした・・・マジデ
証人アリなのに誰も信じてくれないYO!

66 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 22:25 ID:4eZPIeSu
3才ぐらいの頃、舌が痛がゆくてずっといじくってて、
ある日夜中に目覚めて、なんとなく舌を手で触ってたら
真珠みたいな玉が舌から出てきた。
真っ暗で白い玉ってコトぐらいしか分らなかったケド、
コレって夢?でも現実味がすごいあるし・・・。

67 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/17 22:38 ID:l/UssJw1
>>66 前噂になってた 「くさい玉」じゃないかな?
なんかノドのおくにできる玉らしい。できる人はよくできるらしいよ。
私はできたことないし見たことない。

68 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/18 00:56 ID:LrAijIlS
小学校3年くらいのとき友達と自転車で学区外を探検しているとき、
商店街の布団屋の隣に横道があり、その奥に公園があるのを発見した。
こんな奥まった所に公園が?と思い、行ってみたら公園の隣には駄菓子屋が。
そこでお菓子を買って、公園で食べた。
公園には私たち以外に遊んでいるひとがいなくて、なんだか「秘密の場所」を
見つけた気分になり、それから数回そこに行った。
その後、中学生になった私はその商店街にある塾に通うようになった。
数年ぶりに布団屋の前を通ったら、布団屋のすぐ隣には建物があって、
横道も公園もなくなっていた。
その時は「ああ、横道をつぶして建物が建ったのか〜」となんの疑問も持たなかった。
高校に入学してみたら、なんとその布団屋の息子がクラスメイトだった。
私は普通に「昔アンタの家の横に道があって、その奥に公園があったよね?」と
聞いてみた。
答えは、「道なんかない。公園もない。うちはずっと昔からすぐ隣に建物が建っている」
とのこと。
あの時はゾッとしたな〜。
その公園と駄菓子屋には5回は行ったと思うし、この話を当時一緒に行った友達に
したら「うん、あそこに公園あったよね。確かに行ったよ」と言ってくれた。
・・・・一体あれはなんだったんだろう。

69 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/18 03:10 ID:5vcRH4F6
おもしろいねえ、ここのスレ。ヘタなSF小説よりもずっとおもしろい。
オレ、一回だけ不思議なことあった。明け方、誰かが耳に口つけて囁いてるの。
「地震だよ。地震だよ。ほら、こんなに揺れてるよ。地震だよ。」
うるさくて目が覚めた。まだ5時くらい。もちろん、回りには誰もいない。
何だったんだろ、今の・・・なんて思いながら、また眠ろうとしたその時。
グラグラグラ・・・と大きな揺れが来た。震度3の地震だった。
あの声は何だったんだろう?と今でも不思議。

70 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/18 12:33 ID:jCJo8wWw
小学校にはいる前、夏に祖母の家にいったとき、
4歳のいとこが、
「誰にもいっちゃだめだよ、○○ちゃん(いとこ)ねー、
 ずーっと前ふたりだったのー。いっちゃだめだよー。」
私はよくわからず「うんわかった」と言った。
その日の夜、いとこと私ともう1人のだれかとケンケンして遊ぶ夢を見た。
朝起きて、いとこが
「ねー、○○ちゃんふたりだったでしょ」
私は何の疑問も持たず「うんそーだね」
 それから十数年後、私はこの事をある日突然思い出して、
いとこに聞いてみると、まったく覚えてなかった。
もしかしてとおもっておばさん(いとこの母)に聞いても、
別にうまれる前に双子だったというわけでもなく、
流産した兄弟がいたわけでもない。
夢を見たって事が記憶違いだったのかなー?

71 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/18 12:41 ID:XLTd0kM/
小学校の遠足で市立公園に行く予定で山道を歩いてたんだけど、
先頭を歩いてた1組から順番に引き返してきた。

何があったかわからないまま、途中のただの空き地でお弁当
になってしまい、公園には行かずそのまま空き地で遊んで
帰ってきた。で、ずーっと不思議な遠足だったな〜と思ってた。

10年近く経ってから、その時歩いてた山道で首つり自殺が
あったため、先に進めなかったことがわかった。(高校で
当時の1組生徒と同じクラスになったとき教えてもらった)
ちなみに彼は見ちゃったそうだ。合掌。

72 :しろさん:01/11/18 17:25 ID:M+VPhBaM
あ〜、驚いた。久しぶりに来てみたら、結構育っていたのね、
このスレ(^-^)。

>33 遅レス スマソ
わーい、仲間、仲間。
熱か〜。あまり覚えがないけど、そういや身体が痺れていたような?

みなさん、いろいろ奇妙な体験しているのね。
ここ読んでいると、話の匂いが夢落ちのドラマと
似ている気がするんですが、やっぱ、原体験なんですかね。

73 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/19 12:18 ID:wHwZL6SW
age

74 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/19 12:37 ID:2tED5D22
4才ぐらいの時一緒に遊んでいた友達の髪の毛が、
目の前でにょろにょろ伸びて、ロングヘアーになった、
ただボーゼンと見ていたけど、あれは何だったのかなぁ。

75 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/19 12:48 ID:XuB6qSN5
寝ていた部屋の窓が急に昼間よりも明るく光った。
なんだろう?と窓を開けようとしたら
雨戸が閉まっていた。

76 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/19 14:09 ID:0/ZZh+RG
>>66
くさいだまのスレはここ
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/body/981536476/l50

77 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/19 17:37 ID:EaMCBHej
三歳ぐらいの頃、夜に田舎の静岡に向かう高速の途中、トンネルに入る
一歩手前あたりで山に洞窟があってそこが青白く光っててすごく綺麗だった記憶がある。
でも、今見ると洞窟らしきものはなく、何だったんだろうと疑問。
工事でもしてたのかなあとも思ったけどその必要もなさそうな所だったし
他に見た人、いないかなあ?

78 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/20 21:50 ID:8JAho6Cv
小4の7月、近所のかよちゃんと、家の前でゴムとびをして遊んでたのね。
夜7時近かったから、もう薄暗くなってて、そろそろ帰らなきゃなー
っていうかんじだった。

私が、ゴムを持ってて、かよちゃんがとんでるとき、家の雨どいのところを
炎のような輝くオレンジ色をした、ごはんをよそうしゃもじのようなものが
ものすごいスピードで飛んでいった。
「今、見た?」「見た・・・」そのときの会話まで覚えてるんだけど・・・
かよちゃんが言うには、それは、その先で2つに別れて、右と左に飛んで行ったんだって。

偶然かもしれないけど、それから1ヶ月くらいして、近所の男の子が亡くなった。

それから5年くらい経って、かよちゃんと、話す機会があって、このときのことを
覚えてるか聞いてみたら、覚えてるって言ってた。
今でも、覚えてるのかな・・・あれは何だったんだろう・・・
20年くらい前のお話です。

79 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/20 22:57 ID:F0RS4SJ4
今から20年前の小6の時なんですけど、妹(小1)と海に遊びに行ったんです。
その時は台風が去ったあとで海は荒れ狂っていました。
そこには防波堤があり、荒れた波が防波堤にあたり水しぶきがあがっていました。
俺らはその防波堤に行き、波が来たら逃げると言うようなスリルを楽しんでいました。
そんな事をしているうちに特大の波がやってきました。
俺は波をかぶりずぶぬれ。妹は波にさらわれ防波堤から海に落ちてしまいました。
防波堤から海面までは2m位はあったと思います。
手を差し伸べても到底届くものではありません。
飛び込んで助けようと思ったその瞬間、波と波がぶつかり、妹をぶち上げたのです。
妹は海面からジャンプしたような形になり、見事防波堤に着地しました。
こうして妹は助かったのですが、あの時俺も飛び込んでいたら妹もろとも俺も死んでいたことでしょう。
ほんとに不思議な体験でしたが、今考えてもぞっとします。

80 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/20 23:44 ID:efNSdMsn
>>79
よかったね。本当によかったね。
お二人の守護霊さんが助けて下さったんだよ、きっと。

81 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/20 23:53 ID:oFeHtlWU
前にダウンタウンDXかなんかで、榊原郁恵が
「小さい人間みたいなのが、苺を食べてるのを見た。あとで苺を見たら小さい歯形がついてた」
って言ってた
小人見た人っているのかなぁ?
不思議な体験した事も見た事もないから、どうしてもわからないのよね…

82 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 00:12 ID:j0OcaX+u
>>74
ひっつめ三つ編みにしていた髪がなにかのひょうしにほどけたものと
思われ。
あと、頭皮が極端に動く人というのがたまにいるらしい。
髪の毛が伸びる芸というのができるそうだ。

83 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 00:21 ID:RxwAGPR6
>>62
流産なら、無理に隠す必要ないんじゃないか?
そこそこの年齢になれば流産を話してもいいと思うし。

84 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 00:24 ID:gtA+6eGj
>>83
宇宙人の子供だな。
きっと>>55のお母さんは、さらわれちゃったんだな。

85 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 00:30 ID:PtAVUPq6
20年前に小学校受験をしました。
そのときの廊下・教室の様子や
置いてあった鉛筆の本数、そのうちの一本が折れて
監督の先生に持ってきてもらったことまで覚えています。

でも、中学くらいになってそのときのことを
親に話しても「受験なんてさせていない」と言われました。
ひょっとして落ちたから隠しているのかと思い
そのときも問い詰め、それからも何度となく問い詰めたのですが
「絶対にさせていない!」と言い張られます。
学校名もはっきりと覚えていたのですが、
そんな学校は存在せず・・・。
なんだったのでしょう?

86 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 00:31 ID:tCWfC7At
模試だったとか?

87 :85:01/11/21 00:49 ID:PtAVUPq6
>>86
幼稚園のときに模試を受けたことはないんです。
その受験のときに親がどんな恰好で付き添っていたかまで
鮮明に覚えているのに(>_<)

88 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 00:57 ID:Jdn2aA6y
俺、市立の小学校だったけど、試験(と言うか知能テストみたいなの)受けたよ。
そういうもんだと思っていたけど。

89 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 01:16 ID:RxwAGPR6
>>49
お前さ、もしかしたら双子だったのかも。
産まれた時に片方は死産したとか。

90 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 01:20 ID:iG/NXIo3
小学3年生の時、風邪を引いて寝ていた晩のこと。
ふと夜中に目が覚めました。
すると突然左の方から乳母車が・・・。
反対側を見れば見えなくなるだろうと思い、
思い切って右を見ると、今度は窓にガイコツが・・・。
熱があったから幻覚だったんだろうな。

でもそれ以来、こういう怖い思いはしてません。
怖かったよ〜。

91 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 01:27 ID:WrGGxz1W
>>85
いやー、怖い話だね。他の書き込みと違って、記憶がディテールまで
はっきりとしているし・・・

もしかして、あなたの親っていうのは、本物とすりかえられたにせもの
じゃないの。子供の幼いころのことは詳しく知らなくても親になりすませる
と思ったんだろうね。

親戚や祖父母まで、きっとすでに手が回っているはずだから、昔から住んでいる
ご近所さんに、それとなく探りいれてみ。

92 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 01:35 ID:SA4PSLmq
>91の書き込みの方がコワイヨ…

93 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 11:49 ID:vsJr1gA7
>>85
85PtAVUPq6さんの話聞いて、今思い出したけど、漏れも
小学校受験したような気がする。85PtAVUPq6さんみたく鮮明に
覚えてないけど、周囲の風景とかちと記憶の片隅にある…。
親は知らないていってるし。
でも90iG/NXIo3さんの言ってるみたいに知能試験系だったかも…。

試験でオハジキの並び替えみたいのやった気がするし。
↑文章下手でスマソ…、オハジキの並び替えって読んでる人に伝わんないね。

94 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 11:57 ID:pG5XlfvI
幼稚園側で用意した知能テストとかだったんじゃないのかな?

95 :93:01/11/21 12:09 ID:vsJr1gA7
そーかも

96 :93:01/11/21 12:12 ID:vsJr1gA7
しかも88さんでした…スマソ
88さんと90さん

97 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 18:22 ID:XE+pHf+s
奇妙ってわけじゃないけど
幼稚園ぐらいの時、家の近くの公園で一人で遊んでたら、
車に乗った全然知らないおじさんとおばさんにいきなり「つくしとりに行こう」と誘われ、
知らない場所までつくしをとりに行った事がある。
そして夕方になると、ちゃんと車で家まで送ってくれた。
あのおじさんとおばさんは誰だったんだろう・・・?
それにつくしをとりに行った場所は車で5分か10分くらいの
近場のはずで、風景とかも覚えてるんだけど今だにその場所がわからない・・。

98 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 18:43 ID:18qrLNGX
子供の頃はよく宙に浮いていた。
足で探るとなんというか・・空気が少し塊になっているところがあるので
そこに上がるのだがその上でもう少し高い塊を探してまた登る。
でもその塊はすぐに空気に溶けてしまうので
次々みつけないと落ちてしまう。
最高5個くらい渡り歩いた記憶がある。
ある日突然出来なくなってしまった。

99 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/21 18:56 ID:89rchp/Z
まったりといいスレだね。

100 :千尋:01/11/21 19:50 ID:DPwzS2U8
小学生の頃、引越しのときに、
道に迷って変な街にたどり着いた。
名前を奪われて帰れなくなったが、
「はく」という少年に助けてもらった。

101 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/22 00:40 ID:6+DBBrlB
>>93
入学前の一日体験入学ってやつじゃないの?
父兄もついてくるし、勉強のまねごともやらされる。
大人にとっては単なる見学だからあまり記憶に残らないが、学校というものを
初めて見た子供には強烈なインパクトがあったため、なにか特殊な事だと
記憶に刻んじゃったんだな。

102 :93じゃないけど:01/11/22 00:49 ID:2Ymtq+c4
>>101
いや、体験入学って感じじゃなかったな。自分も鮮明に覚えてるけど、
机をはさんで、先生(試験官?)と対面で、画用紙に貼り付けられたオハジキ見せられて、
「オハジキはいくつある?」なんて聞かれたよ。
質問出されて、それに答える。ってだけのもの。何問かやって終わり。

103 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/22 00:52 ID:bYS7or1x
幼稚園の頃、北西(大きくなって方角がわかってからだが)に
大きい月があって、赤っぽい色をしていた。
月の中には会社で仕事している父と同僚(?)の姿と
書類とか積もったデスクなどが見えた。
当時の私には父の会社風景なんか知らないし、あとから考えて
「あれは夢だったんだ。」って思うようにしてたけど、やっぱどう考えても
月に父が映ってた不思議な気持ちがリアルすぎて夢とは思えない…。

104 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/22 01:33 ID:PFhIlgVL
夢なのかも知れないけど、私も宙に浮かんだりできた気がする・・・。
場所は決まっていて、家の急な階段の下の所で片手を階段に添えて浮かぶ。
足からフワ〜ッと浮かんで、泳ぐときのような体勢になってしばらく滞空して終わる。
そんな記憶が何故かあるんだよね。

105 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/22 12:22 ID:VPhLquEP
千と千尋の映画見たけど
物凄い勢いでエレベーターが上がるところとか
長い急な階段を駆け下りるところとか
昔体験したような記憶がそのまま映像になっていたからビクリしたよ。

私の不思議な体験は寝る時部屋が真っ暗になると
物凄くブスな女の子がタンスの隙間から遊びにきて
一緒に遊んだ。
物凄くイジワルで気の強い子だった。
妹が産まれた日から来なくなったけど
最近妹のアルバムを見たら記憶の中のブスな女の子は
2歳くらいの時の妹と同じ顔だった。

たぶん想像と記憶がゴチャゴチャになっているんだろうな。

106 :52=93です:01/11/22 22:24 ID:pw6XKt5Z
>>98
その感覚わかります。
>>101
多分、そうでしょうね。85さんの経験と僕の経験(記憶?)は
かなり違うとおもいます。
>>104
そーです、そーです、僕も泳ぐような感じでした。

結局、僕の場合、いろんな人に共感できるんで後天的に
得たものかもしれない気がしてきた。52に書いたのは一応
ホントですけど…←だからウソっぽい。

107 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/22 22:52 ID:pPZSNwcI
4,5歳の頃田舎のおじいちゃんの所で。
そこは海も山もある小さな村落で幼児の足でも
山の中に遊びに行ける狭さだった。
一人で探検するのが好きで山に向かって歩いて行った。
そしてふと気付くと人家のある所に戻っていたのだよね。
時間は確かに経過していたのだけど
山の中での記憶が一切ないんだよなあ。
向かった事と気が付いたら戻っていた事しか覚えてない。
宇宙人か。

108 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/22 23:29 ID:wVs5POQj
ちいさいときよく名前を呼ばれたような
気がして母のもとにいくと
よんでないよといわれました。
そらみみかもしんないけど…。

109 : :01/11/22 23:31 ID:BnwZgEX2
20年前を忘れている奴が多すぎる

110 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/23 00:25 ID:3ihFWj3/
不思議というか、誰か真相を知っているひとがいたら教えてほしいのですが・・・
学研の「なぜだろう?なぜかしら?シリーズ」の天気の不思議(だっけかな?うろ覚え)が
昔うちにありました。台風の章の最初のページに写真が載っていて
その写真、思いきり人間の目と同じで「台風の目です」と書かれていたのですが・・
1ページまるまるにその写真があったので、今でもありありと思いだせるほど
インパクトがありました。

その記憶のせいで、かなり大きくなるまで台風というものは
ひとつ目小僧のような空気のかたまりなんだと信じ込んでました。
ああ、あの本は本当はどのように書かれていたのだろうか・・・知りたい。

111 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/23 11:13 ID:tMFEuYSD
俺ね、

112 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/23 11:18 ID:/aIZbNsv
>>111
すげーーーーーー、気になる。

113 :111:01/11/23 11:38 ID:tMFEuYSD
寝るじゃん。
そんで、意識が今の時間と別のどっか知らない場所に紛れ込むことあるよ。
寝そうになると、どっかから声聞こえたりとか。
けど、ちゃんと起きてるの。意識はっきりしてんの。
なんか、クラスメートの声で意味不明なこといってんの。

114 :112:01/11/23 11:45 ID:/aIZbNsv
>>113
何でそんなにレスが遅かったのか教えて。
そうじゃないと20年後、「30代の頃の奇妙な体験」に
書き込みたくなってしまうから。

115 :ほげ〜:01/11/23 11:52 ID:5X1bJRBj
寝てたんだろ

116 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/23 12:00 ID:tMFEuYSD
いや、飯くってた。
ねてないってば。
毎日きこえんだもん

117 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/23 20:39 ID:DMv5WbYD
すげぇな

118 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/24 11:04 ID:mLUuHKY+
ほかにはないのか_?

119 :___:01/11/24 14:16 ID:2ZhXMney
>>81
それ、俺も見たよ。確かにダウンタウンDXだった。
でも、あの話って「新耳袋」に載ってたと思うんだけど…。

120 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/24 16:18 ID:TnAyxRyw
>>14
>火事の中、その姉妹と親が窓から僕らを見ていたらしい
なんといってもこの話が一番怖い。怖すぎる。今晩怖い夢みそうだよ。
>>53
>弟がタヌキの一家にさらわれて、すりかえられた
オモシロ過ぎる。
>>55
聞いたことがあるような話だけど、本当の話ならマジ怖い。
>>70
>ずーっと前ふたりだったのー。いっちゃだめだよー
よくできた話だ。本当なら怖い。
>>79
オカルト系の話と違って本当にスゴイ話かも。

121 :___:01/11/24 16:56 ID:gSnPEEDA
それがどんなタヌキだったかが気になる。
普通我々が見る『タヌキ』なのか
平成狸合戦ぽんぽこみたいに
擬人化されたものなのか?
そこが知りたいage。

余談だが、宇宙人?(グレイ)に誘拐された人は
しばしば誘拐される前後に「動物」を見た記憶を
植え付けられるらしい、というのを何かで読んだ
ことがある。

122 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 11:29 ID:iPV13xU0
小学生の頃、寝ている時に、ゴーっと音が聞こえてくると、周りが青くなって
自分が上に、すいよせられて行った気がした。
そして、寝ている自分や、部屋の中が見えた。
何度もあって、とても怖かった。

123 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 11:45 ID:fi9UPnGL
>>100
気の利いたことを言ったつもりの奴発見(藁)

124 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 11:47 ID:I+HTywW8
田舎の小学校で、小猿がぶらんこに乗り、親猿が後ろから押してあげてた。
私は絶対見たと思っていたが、聞く人みんなが白昼夢だというので、そんな気になってきた。

125 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 15:13 ID:4CWuH4cb
>121
あー、あれは普通の四つ足のリアルタヌキだったよ。側溝の中でこそこそしてた。
それなりに都会の街の団地で見たから、子供心に不思議だったね。
新興住宅地の開発で住みかを奪われたタヌキだったのかなー、
と大人になった今では思ったりする。

126 :___:01/11/25 17:56 ID:MvHjO1zT
>>125
レスありがとでやんす。
なるほど、リアルタヌキですか。
あともう一つ、さらわれ時の状況をもうちょっと詳しく
教えてもらえないでしょうか?

127 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 18:07 ID:M9fIVzTW
>>119
新耳袋って、どういう類の本?

128 : :01/11/25 18:12 ID:2eLTCs52
子供のころ、奈良の鹿にさらわれた。
あぶないとこだった

129 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 18:36 ID:ZHmDn/c0
>>119
あの話は「新耳袋」を書いた中山市朗が
渡辺徹(榊原郁恵のダンナ)から聞いた話です
夫婦揃って妄想?

130 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 21:46 ID:CGD1KYeb
小学校低学年くらいの時だったと思うけど、私を含め友達4人で
近くの山まで行ってみようということになった。
途中で菓子パンを買い、山で食べて家の近くまで帰って来た時には
私を含め3人しかいなかった。
「あれ?もう一人いたよね?」と3人で話していたが、もう一人が
誰だったか皆思い出せない。はじめから3人だったのかという話に
なったが、ゴミとして持ち帰った菓子パンの袋は確かに4袋あった・・・。
誰だったんだろう、あの子・・・

131 :   :01/11/25 21:47 ID:/oF84pxs
>>130 日本海側に住んでるのであれば、答えは一つです。

132 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 22:00 ID:Bc+hsQki
前にオカルト板でお化け見たことあるってスレがあったね。
誰か知らない?結構事細かに書いてあって不思議な印象があったな。

133 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 22:02 ID:n1SJheA+
どこかにも書いたんだけど、小さい頃いるかショー見に行ったんだ。
ガラスのでかい水槽ごしにいるかがいて、ぎぎぎーってないてたんだけど、
こっち見て、「こんにちは!」って話し掛けられた。本当。

134 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/25 22:12 ID:guy01tps
>133
きっとイルカからテレパシーが送られてきたんでしょう

135 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/26 00:36 ID:AVgPcnDQ
>>128
なにげに面白い。

136 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/26 18:53 ID:WD2knuaJ
俺、14歳。
昨日、母親のメールみた。
そしたら、父親に送ったメールがあった。
そこには、こんな風に書いてあった。
「あなたにはもう一つ帰らなければいけない家庭があるのは分かります。
しかし、今は子ども達も受験の時期なので極力さけて下さい。
前、電話にかかってきた子どもの声。あのときには、胃がにえくりかえりました。すべてがおわったら、このことも終わらせましょう」
うわぁ。やべぇ。父親もう一個家庭もってんじゃん。
マジあいつどっかいけ。

137 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/26 19:01 ID:sxyA71Rr
>>136
それはそれは奇妙なご体験を…

138 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/26 19:10 ID:WD2knuaJ
つらいです

139 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/26 19:20 ID:garBWS06
小学生の頃の話。
ある日の夜、父親に頼まれて机を移動させるのを手伝った。
その時は理由も聞かず、「は〜い」って感じで素直に手伝ったんだけど
数十分後、ふと気になって
「なんでさっき机移動させたの?模様替え?」と聞いたら
「さっき?机移動させたのは数日前じゃないか。」との答え。

父親は、決してそういう冗談言う人間じゃないんだよね。
ちなみに、未だにバリバリ働いてるので、ボケてたわけでもありません(ワラ

140 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/26 19:32 ID:rdrhUXmL
小学校2,3年生の頃、一人で自転車で10分程度のスーパーへ行った。
買い物を終えて自転車置き場へ歩いていたら一人の男に声を掛けられた。
「○○ちゃん(私の本名)だよね?おじさん、彼女とケンカしちゃって・・・
 電話に出てくれないから○○ちゃんが代わりに話してくれないかな?」
その男は私の親戚だと言っているが、ハッキリ言って知らない。
でも「何だかかわいそうだなぁ」と思い、公衆電話へ向かうと、
「携帯電話があるから、車の中来てよ」と言われ、
さすがに「危ない!」と感じて逃げた。

141 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/26 23:49 ID:Go0Vm0LU
小学校1年だったと思う。
学校の帰り友達と病院の前を通りかかると1台の救急車がやってきた。
友人と怖いもの見たさで救急車から病院に搬入される人を覗き込むと、
なんと自分の母親であった。母親は意識がないのかただ上を向いて眠っていた。
あまりのショックで、友人となにを話したかは覚えていない。
ただ、自分を励ましていたような感じではある。
ただ呆然と家に向かって帰っていった。
家に着くとなんと母親がいた。たしか掃除かなんかをしていたと思う。
病院に搬入される母親を見てなぜそのまま家に帰って来てしまったのも良く判らないが、
ただ、その数日後に母親が妹の出産で病院に入院した記憶はあるのだ。
今思うと残念に思うのが、家に帰っているはずのない母親に会った時、何故ここにいるのかを
問わなかった事だ。

142 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/27 12:24 ID:I3TCPl01
三面鏡を三角形に合わせて真中に立って中に入っていたよ。
奥の方にいるおじさんやおばさんが親切でダイスキだった。

143 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/27 12:28 ID:7bX9BRWB
奇妙な体験多いねぇ〜
じゃ、今日から全員、JoJoね。決定!!(w

144 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/27 12:50 ID:9lKy9OXR
3歳ぐらいから小学校2年生ぐらいまで、毎年敬老の日あたりになると
月から大黒様がやってくるという夢を見ていた。
大黒様って縁起がいいのに、当時は「ものすごく怖いもの」という
イメージがあって、汗びっしょりでうなされて親に起こされてた。

145 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/27 14:10 ID:m3aedV0o
>144
あなた正解。大黒天は元々死を司る恐怖の神だそうです。
シヴァの別名とも言われてるはず。
怖いのが本物なんだってよ。

146 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/27 14:12 ID:brYYuGob
>144-145
なんかすごいな〜。
感心してしまいました。

147 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/27 21:38 ID:/iAzamS1
ここおもしろいのでage

148 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/27 21:49 ID:1Zoh3wxY
子供のとき回覧板を持っていく家が、しゃべれない(聾唖者)おばさんだった。
なのに、小学校に上がって一人で回覧板を持っていったら、
そのおばさんが「ありがとう」と言った。
家に帰って家族に「オバチャンありがとうって言った〜」と言うと嘘つきよばわり。
しかも夜になった父ちゃんに押し入れの中に閉じこめられた。

その後も、母ちゃんや兄ちゃんと一緒に行くと無言。
なのに自分一人だと「ありがとう」。
すごーく不思議で、自分は心の声が聞ける才能があるのかと思っていた。

いま大人になったから分かるけど、聾唖者でも訓練するとちゃんとしゃべるんだよね。
たまたま僕にだけ声をかけたんだね。恥ずかしかったのかな。

149 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/27 23:01 ID:ulkLPqDc
111>>115
やけにツボにはまってワラタ。

150 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 12:30 ID:IIh5/NhO
ある時期になると必ず同じ夢をみる。それは、こんな感じ
うちのちかくに、サーカスみたいのがくる。
そうすると、でっかいアヒルが現われる。
それを見た人達がぽけぇっとする。
そしたら、そいつらが戦争はじめんの。

ぽけぇってした時の人達の感じを、実生活でも感じることがある。
いみわかんなくてすまそ

151 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 13:07 ID:zSOEP4t0
>>148
なんだか読んでて心が温かくなった。「ありがとう」っていう言葉って
素敵だよねー。おばちゃん、君にお礼を言いたかったんだね。
人の温かさに触れることが最近ないから、よけいそう思っちゃう。

152 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 13:12 ID:LdVsxZ3A
>>40
遅れながら大いにワロタよ

153 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 13:21 ID:zFU7FktP
>145
144です。大黒様って、そうだったんですか・・・。
じゃぁ、あの夢は何か意味があったのかもしれないですね。
当時何かあったのかな。記憶にはないんだけど。

154 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 13:34 ID:SgkcfJ1I
>148
ひとりでお遣いにきてくれた男の子が可愛かったんだろうね。
151に同意でちょっとほのぼの。

155 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 14:01 ID:LLfMjC8x
ウチの近くに聾唖のフリして生保受けてる人がいるけど・・

156 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 14:04 ID:TJYAZEMl
橋爪功を半年の間に3回も見た。
見に行ったとかじゃなく偶然。3回とも京都。

157 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 14:19 ID:qRKUWXjH
>155
あっしもそれを疑ってしまったっす。
151や154のように思えなかった自分にプチ自己嫌悪

158 :155:01/11/28 14:55 ID:LLfMjC8x
>157
私達って汚れてるね・・

159 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 14:59 ID:LQjZtXZK
小学生のころ学校からの帰り道、一緒にいた友達が
道端にいたカエルを踏み潰してしまった。
ぺちゃんこになってしまったカエル。
かわいそうなことをしたな・・・。と思って見てたら突然
ぺちゃんこだったカエルがむくむくっとおきあがって復活して
田んぼの方に飛び跳ねて行ってしまった。なんだったんだろう・・・。

160 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 15:07 ID:pjAUTs3d
ぴょん吉?

161 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 16:15 ID:3GGZwbix
↑マジレスかもしれんが なにげに笑ってしまったよ。

162 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 16:30 ID:Fzt2kBxM
小学生の頃、知らないおばさんに
いきなり腕をつかまれ一軒屋につれこまれた。
そしてキチな眼で「お風呂に入っていきなさい」と言われた。
あまりにコワかったので素直に風呂に入ったら水だった。
ガタガタ震えながら風呂からあがったが、おばさんはいなくなっていた。
服を着てダッシュで逃げたよ。

その後同様の手口でつれていかれたという子が何人か出たけど
結局うやむやになってしまった。何だったのだろう?
別に風呂を覗かれていたわけでもなかったしなぁ。

163 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 16:35 ID:uVFsYXlA
>>162
コエーヨ

164 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 16:48 ID:ERIpbnU0
>>110
うちにも、それありました。「なぜ?なに?シリーズ
天気の不思議」ブロッケンの怪物とか載ってませんでした?
台風の目は、イラストがあったような気がしますが、
人間の写真ではなかったと思いますが・・

165 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 18:40 ID:G0VYZx8f
小学生の頃、チャリで田んぼに突っ込んだ。
次の日、また突っ込んでしまった。

166 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 19:03 ID:h2weN9mc
今でもたまにあるんだけど、
自分の体の一部(腕とか)がめちゃくちゃ巨大なってく感覚って無い?
身動きできないし、巨大化を止める事ができなくて、非常に困る感覚。
一番強烈だったのは、子供の頃風邪を引いて、頭を除いて全身が巨大化して、
それがすごく怖くて、泣きながら母さんに抱きついた事があった。
そんなことは1回しかないけど、なんだったんだろう。

167 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 19:11 ID:bLyWi8In
>>165
う〜む。面白い。

168 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 20:20 ID:JmSsAKv5
>162
ひょっとして杉並区?
私が消防の時、学区内でそういう話だあって問題になってた。
くだんのババさんはキリスト教系のキティで、彼女の脳内では
 水風呂の刑=洗礼
のつもりだったと噂で聞いたよ

169 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 20:22 ID:HBJjYVd0
小学生のとき、部屋の窓から直径50cmくらいの赤い風船のようなものが
5-6個入ってきて、その中の2つに体を挟まれながら外に連れ出されそうになった
ところを父親に助けられた経験があります。

170 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 20:31 ID:G+33zsYj
小学生のとき一緒に習い事に行ってる友達がいたんだけど、
ある日の帰り、信号待ちしてるときにいきなり
ザバッという音とともに友達の足の下に水が落ちた。
一瞬おもらしかな?と思ったけど、水が一気に落ちるっておかしいし、
でも、周りで水まいてるようなところもなかったし、
友達は何も言わずに前見てるし、何が何だかわかりませんでした。
もしおもらしだったら聞くのも悪いと思って聞かなかったんだけど・・・

171 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 20:35 ID:h5Tcex8w
私より先に家にいたネコが死んだ。
そのネコのちょうど1回忌にあたる日の真夜中、
寝ていると何かが軽く触れてくるような感じがしたが、
眠かったので「何?眠いのに・・・」と思い無視した。
翌朝、何となくその事を思い出した。
うちのネコに起こされる感触に似ていると思った。
もしかして会いに来てくれたのかも。
無視しちゃってごめんね。

172 :162:01/11/28 20:43 ID:o1eZEC3z
>>168
練馬区だよ!お隣だ!
そうか、宗教がかったキティだったのか。
水風呂に入れるなんてあまり聞かないし、きっとソレだなー。
疑問氷解。サンクス。

173 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 20:50 ID:HBJjYVd0
>>172
ほぉ、実体験だったことが証明されたレアケース

174 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 21:13 ID:i1KMdysd
>>162
荻窪には「ハレルヤおじさん」というのが居て、
連れて行かれてプールに洗礼だと言って入れられるところがあります。
私は遭った事ありませんが、クラスメートはお茶を出されたすきに逃げてきたとか、
友達のお兄さんはプールに突き落とされたとか。

175 :166:01/11/28 21:45 ID:h2weN9mc
このスレ、面白い。

そういや俺の妹子供の頃やたらと神経衰弱が好きで、
親戚の家に行っても、神経衰弱ばかりやってて、
親戚も、「神経が衰弱する〜」って笑いながらつきあってた。
俺は馬鹿だったので、全然相手にならなくてもしょうがなく
その神経衰弱につきあってた。
あんまり勝てないので、「おまえ、見えてんのか?」って
冗談半分で聞いたら、「うん、見えるよ!」って・・・。

で、机にトランプを並べて、片っ端からめくって行き
全部のトランプを開いた時には本当に驚いた。
トランプの裏を入念に調べたこともよく憶えてる。

本人はそんなに特別な事でもないように思ってたらしいけど、
俺はあんまりびっくりして、誰にも話しちゃならないような
能力のような気がした。

その一件以来、神経衰弱をやった記憶が無い。

176 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 22:08 ID:yAId5eEv
>>150
なんか、こえぇな

177 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 22:16 ID:418T7X3k
>172
練馬なら、たぶんその人でしょう。うちの学区は杉並の最北で練馬に近かったから。
その水攻めババ様はうちの周辺では『ハレルヤおばさん』と呼ばれ、赤マントの怪人
や口裂け女と並んで恐れられていました。
水風呂に入れられながら、聖書の一節をえんえん聞かされた子も居るらしい。
今からかれこれ二十年近く前のお話。

178 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 22:31 ID:eoJLIN2M
ログ読み飛ばしてた。
>174
プールヴァージョンの『ハレルヤおじさん』も居るんだ。
あの辺りにソレ系の耶蘇教系カルト教団でもあるのかもしれませんね

179 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 22:31 ID:0yfdg+GE
小学校低学年の夏、コンパス(円を書く道具)の
鉛筆の芯をセットするために直径1センチ位のネジを外した時
すべって子供部屋の床に落してしまった。
決して広い部屋ではないのに、探しても見つからない。
半年ほど過ぎた冬のある日、ずっとしまってあったコートを出して、
ポケットに手を入れるとボタンの様なものがはいっている。
取り出して見ると、それはどう見てもあのコンパスのネジ。
机の中から夏にしまったコンパスにあててみるとピッタリでした。
親に話しても信じてもらえず、今でも不思議です。

180 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/28 22:32 ID:Le9r48n9
>110
それって、「地球のひみつ」じゃなかったですか?
グレーのぼーっとした目ですよね?
私も「台風にはほんとうに目があるんだなあ・・。」と感心した記憶があります

181 :愛と死の名無しさん:01/11/28 23:13 ID:lkNReYMi
子供の頃、キリスト教系の幼稚園に通ってました。
ある日、空を見たら雲がキリストの形になっていたのを見ました。
その形があまりにも、リアルだったのでひざまずいて知らないうちに
お祈りしてた・・・

182 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 00:34 ID:OtuK7G4S
小さい頃に引越ししたんだけど、その時に車で新しい家に移動する
時の事をはっきり覚えてる。
私が「新しい家はきれいなの?」って聞くとお母さんが、「きれいだよー」
っていうから、ティッシュでつくる花?みたいなやつで飾られた家を
想像してたんだ。
大きくなってから、そういえばっていう感じでその時の話したらおかしいの。
引越しした時の年齢は1才だったんだよね。でも絶対にその記憶はあるし。

183 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 00:57 ID:TJkUy5oA
>182
1才くらいの時の記憶ってある人はあるみたいよ。
バイト先の人は、自分がはじめて歩いた時のことを憶えてるそうだ。
これも1才くらいのことだろうから。

ハレルヤおじさん・おばさんの話ですが...
キリスト教の洗礼で実際水に入ることもあるらしいんです。
ハレルヤおじさんには教会に連れて行かれると聞きました。
10数年前の記憶なんですが。
どこの教会だか気になっていたが、わざわざ探すのもなー。
でもやっぱ、やばそうだよね。

184 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 01:01 ID:TJkUy5oA
20年以上昔のこと。
お受験の教室に通っていたときの帰りのことでした。
友達も一緒でした。
電車に乗っていて、駅に着いたとき、柱に「おおくぼ」って
ついていたんです。
あっ、降りる駅過ぎてるよっ
って親に言ったら、両方の親が慌てて。
でも、そこは「おぎくぼ」。
友達と2人、たしかに「おおくぼ」だったと言ったんですが、
見間違いだと親に言われて。
くやしかった。

あれは見間違いだったのか?
それともJR(当時はまだ国鉄)のミスなのか。
今となってはわからない。

185 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 09:35 ID:wYdr3U/N
>156
私は1日に2回、和田勉に会ったことあるよ。
遊びに行った行きと帰り、同じ電車に乗っていた。

186 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 11:39 ID:sep3pJdH
>156and>185
私も行きと帰りの電車で同じ人たちに会ったことがある。
20歳くらいの男性の双子で、
同じ髪型で、2人とも白黒モノトーンの服を着ているんだけど、
その服が白と黒の位置がちょうど逆になってるペアのデザインなの。
東京駅で乗降したんだけど・・・まさに白昼夢のよーだった。

問題は、18の時の話なので子供の頃とは言い難いことだが・・・。

187 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 11:41 ID:2l4GAZWY
>>186
千葉方面からの電車じゃなかった?

188 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 11:52 ID:eZV9P9qJ
1.小学生低学年の頃、近所に空家があった。
中に入ると部屋が3つあるのだが、外から見ると、もうひとつ部屋あるように見える。
その部屋が気になって仕方なかったので、ある日、親の目を盗んで空家に忍び込んだ。
あれこれ探っているうちに、台所の食器棚の後ろに小さい入り口を発見。
その向こうには3畳くらいの部屋があり、
部屋の真ん中には小さなテーブル、テーブルの上にはカラカラに乾いたご飯が
お茶碗に盛られ、ご飯にはお箸が2本立っていた。
壁を見ると赤い斑点がついていて(水玉模様みたいな感じ)、
近寄ってよく見てみると、赤いクレヨンで小さな文字で「たすけて」と壁一面に書かれてあった。

2.同じく小学校低学年の頃、祖母の家に泊まりに行った。
朝、着替えをしている時、ふと窓の外を見ると
真っ白な小さい手が私に向かって手招きをしていた。
しばらくじっと見ていたら、祖母の呼ぶ声と共にその手が消えた。

189 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 12:10 ID:9KqeFZmr
>>188
自分の心情を書いてくれないと作り話のようだよ

190 :188:01/11/29 12:13 ID:eZV9P9qJ
あー、スマソ。
1の時は、「たすけて」の文字を見た瞬間、ものすごく怖くなって走って家に帰った。
2の時は「なんだろう?」って感じで、怖いとかそういうのはなかった。

191 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 12:43 ID:3sXZOEVa
ガキのころ家族のアルバムを見ていたら、金髪の白人男性が祖父と一緒に写ってた。
場所は家の玄関だし、カラーだからそれほど昔でもないだろうけどまったく記憶に無い人だ。
誰なのか聞こう聞こうと思ってたが祖父は亡くなってしまい、写真も見当たらない。
家族に聞いても覚えてないとさ。
だれだありゃ?

192 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 14:46 ID:Ug4JKUzZ
>188
小学生低学年で食器棚動かせたわけ?
閉じ込められてるのだろう部屋なら窓ないでしょ?
真っ暗だと思うのにちゃんと字も読めたの?

オカ板で似たパターンの話何度も見てるから
ちょっと興醒めー。

193 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 15:27 ID:bxJSPTZQ
小学校高学年の頃だから23〜4年くらい前かな。校庭で遊んでいて
ふと空を見ると、細長いフランスパンのような形をした雲が東西に一面に
いくつも浮かんでいた。
不思議というか何か起こる前触れのような気がしてなんだか恐かった。
校庭には僕のほかにも多くの子供が遊んでいたのに誰も気が付いて
いないようでした。一緒に遊んでいた友達に教えても気のない返事で
それがまたさらに恐く感じました。
場所は大阪なんですがこれを見た人います?

194 :188:01/11/29 15:53 ID:JOBG9OlO
>>192
一緒に行った近所の子数人(中学生もいた)で行ったから
みんなで動かしたのよ>食器棚。
中は空だったから、みんなで力合わせれば動いたよ。
窓はあったよ。小さい窓だったけどね。
中から見ると3部屋なのに
外から見ると部屋ではないであろう所に窓があったから
「おかしいよね。あそこ部屋だよね」って話になったんだよ。

書き方が悪かった私も悪いし、興醒めーするのもあなたの勝手だけど、
それをいちいち書き込まないでほしい。
タイトル見て「そういえば・・・」と思って書いただけなのに気分悪いわ。

195 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 15:57 ID:oQ10T1T8
Disneylandでミッキーマウスを池に突き落としている中学生を見た記憶が・・・・なんだったんだろ

196 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 16:04 ID:Lrwaph7t
>>188
192じゃないけど、それと全く同じ話を
都市伝説を集めたサイトで読んだ事あるよ。
オカ板でも何回か読んだことあるし。

197 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 16:21 ID:AjVCjRq4
>>195
それは現実にあったことです。
私が行ってた中学校の先輩が修学旅行でディズニーランド
行った時、ミッキーマウスを池に突き落としたためうちの中学は
次から修学旅行にディズニーランドに行けなくなりかけた・・。

まあ結局行けたけどね。

198 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 16:35 ID:vbWCjmH3
小学生の頃、夜何かに呼ばれた気がして玄関に出たら
空にメチャクチャでかい光の円が浮かんでて凄くゆっくり通り過ぎて行った。

199 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 17:17 ID:lmbdAl5V
俺も、150のと一緒のようなのがある

200 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 17:25 ID:SqEuFg/W
>197

私はミッキーを殴った人を知ってる。
いたずらのつもりだったらしい。

201 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 17:33 ID:2l4GAZWY
ミッキーも大変なんだねぇ・・・(汗&涙
そのうち中に入る人、新人プロレスラーに委託するようになるかもよ。

202 :良スレバンザーイ:01/11/29 17:59 ID:p1cXB5XD
小学生の頃、朝起きると膝が90度くらいに曲がったまま
動かない事が時々ありました。
一ヶ月に2、3回一年間続きました。
単なる硬直だと思うんですが、不思議でした。
親がももと足首を抑えてギューッと伸ばそうと
してもびくともしないんです。
こっちは泣きそうになるほど痛いんです。
10分くらいで自然と動くようになっていました。
妹も同様になったことがありました。
でも、そのときの話をすると両親とも
「そんなことは憶えていない」と言います。

203 :202:01/11/29 18:03 ID:p1cXB5XD
あれは何だったんだろう。
親は何故覚えていないんだろうと不思議に思ってます。

204 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 18:25 ID:Ug4JKUzZ
>194
2ちゃん歴浅いの?
「自分の意に沿わないレスを書くな」って珍しい人ですね。
後、大事なところ(人数とか)を反論レスで付け足すのって
かえって信憑性なくすよ。

他のマジで奇妙だなーと思える体験談と違って
どう読んでもよく聞く怪談話の亜流としか思えないんだよね。

205 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 18:30 ID:86qOoD6H
どっちでもいーじゃん。またーりいこう

206 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 18:31 ID:Bl8nrrGV
○ッキーや他のキャラの中身って、だいたいが女の人だって話を
聞いたことがあった気がするけど。事実ならかわいそすぎる〜

207 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 18:49 ID:1hNwGQHs
中学ん時帰り際ゆっくり落ちるすい星みたいなの見たことあるよ
始めは驚いたけど何回も見たから驚かなくなったよ
友達と「あれお前迎えに来たんじゃん?」とか言って帰ったこともあったし
数年後TVで同じ奴が不思議な物体としてやってたからその方が驚いたよ(w

208 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 18:51 ID:j6GlXZO7
>>206
なぜ伏字にする?
タとかヒとか入れて悩んじゃったじゃないか。

209 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 18:52 ID:2l4GAZWY
>>208
わたしも悩んじゃったよ。
ラッキー★かと思ったし、最初、、、

210 :206:01/11/29 18:54 ID:Bl8nrrGV
>208
悩ましてスマソ。権利にうるさい所だから、なんとなく書きづらかったの。

211 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 19:14 ID:PhNE7tB9
子供のころ良く変な声が聞こえてたなぁ。
俺の名前が聞こえたり、「危ない!」って聞こえたりさ家人は喋ってないのに、

>>197
大垣H中?

212 :197:01/11/29 20:18 ID:AjVCjRq4
>211
そのとうりです!
大垣の方ですか?

213 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/29 20:21 ID:1utSsevY
>>212
そのミッキー突き落とした人と高校同じで
クラスも同じだった。大垣M高

214 :211:01/11/29 21:59 ID:oQ10T1T8
同中卒で現在大垣北で3年やってます(w
そういえば今は広島に変わったんだよなぁ
自分達で東京は最後です。

215 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/30 13:23 ID:lp75rQje
>212
ごめん、すんごく細かい指摘だけど「そのとうり→そのとおり」だよ。
「とうり」だと「通り」に変換できないでしょ?
「うる覚え→うろ覚え」とかと一緒でよく間違えられてるよね。
高校生みたいなので、今から直しといた方が困らないかな、と
差し出がましくも言ってみました・・・。

216 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/30 16:04 ID:lFn1xHrz
ていうか高校生が生活板見てるのか…

217 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/30 16:55 ID:oKME53fr
>>192
多分こいつをアレンジして
さも自分の体験のように騙ったものと思われ



Tさんが不動産業に就職して、友人から結構 頼まれたそうです。
安くて いい物件があったら教えてくれって...Tさんもなるべく友人の希望にこたえていました。
ところが、友人の一人にこんな予算じゃとても一軒家なんて借りれないよ
と言うような無理な注文をされて、さすがに断ったそうです。その人も、そうだよなといって引き下がったそうですが、
しばらくしてTさんに電話がありました。『あの値段で一軒家を借りたよ!!』って
郊外ならともかく、都内のあの場所では考えられないような家賃だったそうです。普通の家では....

その友人から連絡がありました。その友人の第一声は・・・『おかしいんだよ...』

話を聞いてみると、こういうことだった。
引っ越しの荷物を運び終え、とりあえず生活に支障がでないものだけ運び終えたとき
電話のわきに青いクレヨンがおいてあるのに気づいた。特に気にもとめず、引っ越しを手伝ってくれた仲間と一緒に飲んで、
そのまま雑魚寝したそうだ。その家に泊まった人間がみんなおかしな事を言う。
夜中に誰かが壁をたたいてうるさくて眠れなかったとか子供が騒いでいたとか。昼間ならともかく真夜中にそんなことは...

その家に駆けつけたTさんは、家の中に入ってから訳の分からない違和感を覚えたそうだ。
そして、すぐに気づいた。外から見た間取りだと、一部屋足りない。どう考えても、奥に一部屋あるはずだ。

友人と二人で、真新しい壁を崩してみたところ思っていたとおり奥にはもう一つ部屋があった。
中に入ってみると壁じゅうに

だして だして おとうさんだして おとうさんだして おとうさんだして おとうさんだして

青いクレヨンで書いてあったそうだ。

218 :おさかなくわえた名無しさん:01/11/30 17:06 ID:1TCQBJgU
>217
私の見たのは隠し箪笥バージョンだったな。
ラジオでも何度か聞いたことあるな、夏の怪談話で。

バレちゃった時は無駄な反論しないで逝かなきゃ。>188

219 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/01 00:05 ID:J2V6wstx
>217 それ、この板の「自殺のあったマンション・アパート」スレもあったよね。これ有名なコピペじゃん!

220 :しろさん:01/12/01 00:27 ID:Co9qv9kw
ま、ま、まーたりと。
次の体験きぼー。

221 :しろさん:01/12/01 00:44 ID:Co9qv9kw
>220
いっけね、またーりだよ。
煎ってきますぅ。

222 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/01 03:57 ID:5WZQceD3
小学校の頃、友達にグーチョキパーのどれかを
念じてもらって、それを私が答えるってのをやったら
教室にいた30人全員のを当てちゃって、驚き驚かれたことあるよ。
後にも先にもあの時が一番尊敬された瞬間だろうな。
マグレも30続けば立派に見えるよね。自分には何かあると勘違いしたっけ。
スレと微妙に違うけどね。

223 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/01 18:13 ID:r5+QaiTL
>マグレも30続けば立派に見えるよね。
ワラタ

224 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/01 22:38 ID:fuHtI7Vf
俺もワラタ

225 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/01 23:49 ID:yOLBRKuR
>>162
映画「真夜中のカーボーイ」の主人公の回想シーンで、子供のとき神父みたいな
男に川にドブッと沈められたり、裸の群集の中に入れられたりする宗教儀式のがあった。
主人公はその記憶がものすごいトラウマになってんの。

ひょっとしてそれと同じ宗派かなあ。

226 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/01 23:53 ID:BvSF2oI+
グーチョキパーの3種類を連続30回当てる確率は・・・
3の30乗・・・・・・いくつ?

227 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 02:56 ID:rH85ybMB
>>226
意外とグー、チョキ、パーを順番に出していたり、
4、5パターンを繰り返したりしているらしいよ。

228 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 03:00 ID:LtuzO+aa
>>227 30人だぞ。一人と30回やるんではないんだぞ。わかってる?

229 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 03:14 ID:Jk55xJ5g
>222によると、
実際にジャンケンするんじゃなくて「念じたのを当てた」らしいよ。

230 :おさかなくわえた名無しさん :01/12/02 07:35 ID:4G5dBZzv
今の家に越して来たばかりの頃、うちの裏の道路で道幅いっぱいの体長があるイモ虫みたいなものを見た。
私がびっくりしていると、そいつはのそのそと角の家の裏口から階段を昇ってその家の庭へと入っていった。
その後近所の子たちにその事を話したが、誰にも信じてもらえず「嘘つきー」といじめられた。当時4歳。

今まで色んな人にこの話してきたけど、同じ体験をしたことがある人には出会ったことがない。
再び驚いたのは去年、古屋兎丸という漫画家の「実話を基にした奇妙な話(?ごめんタイトルうろ覚え)」という漫画を読んだ時。
16mぐらいあるイモ虫を見た高校生の話、ってのがあって…。
その漫画はイモ虫が入っていった家のばあさんが亡くなるオチだったんだけど、
私が見たイモ虫が入ってった家のじいちゃんも、うちが越してきてすぐに亡くなったと大人になってから母親に聞いた。

います?こういう体験ある人。

231 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 08:08 ID:wTUiDcFl
イモ虫→爺さんに寄生→(〇Д@;)ウギャー

232 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 08:16 ID:P2H0w+4g
スマソ。サナダ虫かとオモタ(w

233 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 09:21 ID:wDIYqIVB
150はなにげに怖いな。

僕も、小さいころ祖父の家の階段で飛んだ記憶がある。
ふわ〜っと、階段の途中で体が浮いて、一番下まで行けた。
当時はそれを別に不思議とも思わなかった。
このスレで飛んだ記憶がある人は、階段が多いみたいだね。

234 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 15:12 ID:k1v2E9PP
このスレ面白い。

235 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 17:28 ID:AK+qseCR
>230
私も小学校5年の頃に、15cmくらいある芋虫見たよ。
校内除草作業中に見つけたさ。
ぎょええええ〜と叫んで、校庭の向こう側の川に
投げ入れたので、本当に15cmもあったのか、
証明できなくて、すごくくやしかった。
灰色と茶色っぽい色で、模様はなかったと思う。
スズメガの幼虫に形が似ていたような気も。

川に投げ入れたせいか、死人はでなかった、と思う。(藁

236 :230:01/12/02 18:45 ID:jDQQHLZk
>>235
15cmでも巨大だよね…。
私が見たのは白っぽくて模様もなかったなぁ。
長さは道幅いっぱいだから3mぐらい?でかすぎ。
ホント何だったんだろ…。

237 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 19:24 ID:E7xRaEMo
>>230
不気味な話だね。
それと、俺、古屋兎丸のファンなんだけど、それ知らなかった。
単行本で出てるの?

238 :230:01/12/02 21:17 ID:En2OJ1YD
>>237
「Wsamarus2001(ウサマルズニセンイチ)」(イーストプレス刊)って単行本の
「本当にあった話を兎丸的に脚色した怪談」って話に出てきてたよ。今本棚から引っ張り出して
確認した。
怖くて随分読んでなかったので230の私の書き込みにも覚え違いが多数あった。スマソ。
16mって数字とばあさんが死んだってのが間違い。その虫が入ってった隣家のご主人
が急死したってオチでした。

239 :237:01/12/02 21:38 ID:xE+WTLXr
>>238
Thanks!
嬉しいな。周りには、兎丸知ってる人がいないんで。
今度本屋に逝ってみます。

240 :235:01/12/02 21:40 ID:AK+qseCR
>236
3mってのは、ちょっと、うーえ
なんか、参りましたって気分(^^;;;

241 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/02 21:54 ID:WKrnxLNy
芋虫じゃありませんが、私も小学生のころに
体長7、8センチのカナブンを見ました。
友人といっしょに金網に止まっているのを見つけたのですが、
あんなでかいカナブンっているのだろうか……。

242 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/03 07:31 ID:UWMaSiWx
虫ネタつながりで。

北関東ではカミキリムシって言うんだけど、
体長が3センチくらいで、農作物を荒す虫がいるんだ。
僕の小さいころ(20年ほど前)は、これを市役所に持ってくと
お金に変えてくれた。一匹5円くらいで。
で、子供達はこづかい稼ぎに夢中でこれを集めたんだけど、
クラスに一人、すごく虫を捕まえるのがうまい奴がいて、
何処で獲ってくるのかと聞いたら、
近くの自然公園みたいな場所を教えてくれて、
悪ガキ共5〜6人でさっそくそこへ虫獲りに行った。
するとまあ、いるはいるは虫の大天国みたいになってて、
僕らは日暮れまで虫を獲りまくってたんだけど、
そろそろ帰ろうかって頃になって、
人間くらいの大きさのある「親玉」みたいのを見た。
一緒にいた仲間達も見たんだけど、さすがにびびって、
捕まえた虫を放り投げてマッハで逃げた(笑
帰ってそのことを話しても、もちろん誰も信じてくれない。
今だに古い仲間で集まるとあれ何だったのかねって話になる。
しかし、人間くらいの大きさのある虫って、いくら何でも見間違いだよなー。

243 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/03 08:00 ID:/BnVwK1t
き、北関東のどこです?

244 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/03 09:00 ID:qgmSGdzZ
子供の頃、1度だけ紫色の小便が出た。
それ以来二度と出ないんだけれども。

着色料いっぱいの菓子食ってたから!?

245 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/03 12:32 ID:yj6RA72Z
保育園のとき、父兄参観日で、発泡スチロールに
割り箸で版画みたいなのを作成していた。
そのときの記憶はあります。絵の端のほうに四角い怪獣を
ほっている私を、親が覗き込んでいるのが。
数ヵ月後、その絵が市の展覧会で金賞をもらいました。
でもその展覧会に行ったとき私は父の腕の中で、
「私じゃない。私が描いたのじゃない」ってぎゃんぎゃんないている。
しかもその泣いている私を、もう1人の私が第三者として見ている構図が妙にはっきりと
あります。今もその絵は我が家に飾ってありますが、四角い怪獣は
ちゃんと描かれているけど、中心の大きな怪獣は描いた記憶にないんだよね。
っていうか、展覧会が実際に描いた日からそう経ってないはず
なのに、既に自分が書いたという記憶がなくて泣き叫ぶってのも
不思議といえば不思議。困惑する父の様子も妙に記憶があるし。

246 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/03 12:41 ID:Swz8yugC
皆さん不思議な体験をなさってるのですね…

私は子供の頃よく覚えのないおもちゃがおもちゃ箱から
でてきました。
それは無くした物の変形版だったりしたのですが
例えば青い持ち手のままごとの包丁を無くしたとすると
ピンクの持ち手の包丁がでてきたりという感じで。
本当に知らないおもちゃだったので不思議に思った記憶があります。

247 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/03 13:46 ID:IAzSkDVO
>242
仮面ライダーです

248 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/03 13:52 ID:TZBeWLAd
>246
単純に、親がおもちゃ箱をチェックして、
無くなったものを補充してくれていたと言うことは?

249 : :01/12/03 14:53 ID:BqZ2yNto
ちっちゃい頃からふと自分がなにをしているのか、どこにいるのか
わからなくなる瞬間があって(数年にいっぺんくらい)、
自分で勝手に「みらいのじぶんといれかわったしゅんかん」と名前つけてた。
なんの根拠もなく、事故っても重い病気になっても
「まだかこのじぶんといれかわってないからしなない」
と思ってた。

高校くらいから、たまに起きても憶えてる小さい頃の夢は必ず↑のとき。
いれかわりだしたのでほしょうがなくなってしまいました。

250 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/03 17:06 ID:/W9rLoTb
>>249
とりあえず・・・先生に診てもらいなさい、ね?

251 :249:01/12/04 00:41 ID:8aLXpALn
>>250
しししし心療内科あたりですかマジっすか病んでますか。えーん

252 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 11:25 ID:uukk6T/+
今もたまに体験するんだけど、
もう少しで寝入るって時に耳元で「おい!」とか
「うぉ!」とか声がする時があった。
男の人の低い声みたいな。
自転車のベルみたいな音がしたこともあった。
それで目を覚ましてまわりを見ても何もない。
私は特に霊感があるわけじゃないし、ただの空耳かなーとも思うんだけど
私にとっては、なんとも奇妙。

253 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 11:28 ID:SRlT9kl9
>252
あ。同じ経験するよ、よく。寝入りばなにくるのでツライよね。
名前呼ばれたりとかさ。

勝手に頭の中で記憶を再生してるんだと思ってるけど。
よく寝入りばなにくる階段おちる感覚とかと同じ状態。

違うのかな?

254 :252:01/12/04 11:37 ID:uukk6T/+
>>253
そうなのよ〜。あと少しで寝入るのに・・・って時に聞こえるからツライ。
声や音が聞こえてハッと目が覚めちゃうんだもん。
記憶を再生してるのかぁ。原因がわかったようで、ちょっと安心です。ありがとう。

255 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 12:36 ID:RKKX4/Jk
高校の時、北西側の全階の教室の窓にみつからないようなところにちいさいお札が貼ってあった。
なにやら厄除けみたいなことが書いてあった。
こんなことって本当にあるんだなぁと思った。
ちなみにその学校で怪談の類は聞いたことがなかったです。

奇妙でもなんでもないのでsage

256 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 12:52 ID:CDw9hNWy
>252・253
違う場合もありますから、とりあえずストレス発散してください。
それが毎日続くようなら、病院に行かれたほうがイイです。

…気がつかずに、大変なことになりましたんで。

257 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 12:56 ID:3hP4ps1L
>>256
え?めちゃくちゃ気になるよ。何かあったの

258 :253:01/12/04 13:12 ID:SRlT9kl9
>256
え?なに?自分でも気づかないうちにストレスたまってるってこと?
ちょっと見に覚えがあって怖い・・・。

差し支えなければ詳細お願いします。

259 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 14:18 ID:GsxRIcLe
小学校2年か3年のとき、夏休みに家族で大磯へ出かけた。
旅館から海が見えて、私は海の無い某県出身なのでかなり興奮してた(笑

その夜、真夜中にふと目が覚めて窓の外に目をやると、
海岸で沢山の人達が行列を作っているのが見えた。
海岸の端から端まで何百人もの人がずーっと一列になって波打ち際を歩いていた。
子供心に、見ちゃいけないもの見ちゃったかな?と思って誰にも言わなかった。

しかも、次の朝しっかりとおねしょしてた(恥

260 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 14:21 ID:SLfqgoBE
全部読んでふと思い出したことを一つ

3〜4歳の時に妹と従兄弟と洗面所で歯を磨いていたら床が下がる感じがした。
周りも箱型に囲まれて下りのエレベーターに乗ってる感覚の後真っ暗になった。
数秒経ったら縦に光が開いていって、お母さんが現れて
「押し入れで何してるん?」と言われた。
皆はブラシ持って押し入れから出てきた。
光景が鮮明で忘れられないんだけれど、お母さんも妹も覚えていない。
小さい時のあやふやな記憶だと思って以来忘れてたけれど、結構不思議
な体験してる人が居るので懐かしくなって思い出しちゃった

261 :259:01/12/04 14:24 ID:GsxRIcLe
あと、いま急に思い出したけど、
同じ頃に友達の家に遊びに行ったとき、
庭で駆け回ってて隅にあった小さなほこらを壊した事があった。
しかもその数日後に、友達の弟が交通事故で入院したので、
すごく悪いことした気分になった。
ちなみにその入院した子は、今は子持ちでピンピンしています。

262 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 14:43 ID:SCltvS05
>259
それたぶん葬送じゃないかなぁ。
映画でそういうシーンみたことあるよ。怖いね、なんにしてもね。

263 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 16:45 ID:xYJxnY0B
埼玉の海に行った

264 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/04 16:49 ID:7oRTBAeP
そいつは奇妙だ

265 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 13:58 ID:thyMTAaa
わたしも、耳元で「コラ!」っといわれるときがある。
こないだは、「ブン!」って音波みたいな音がした。
不思議ですよね。

266 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 14:29 ID:Ttbx7hKc
>>259
「まんが日本むかしばなし」で似たような話が。
夜中にその海岸を行列で歩くのは翌日亡くなる人の生き霊、という話で、やたらに
大量の人間だけでなく馬や牛までも歩いていて、それがほとんどご近所の
人たちなのでなにか変だと思っていたら、翌日津波がおきて村が飲み込まれた、という話。

267 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 14:56 ID:07WaUy/I
>>266を読んですごく怖いと思ったけど
まんが日本むかしばなしなら安心だ

268 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 15:12 ID:84KMpTZ5
>257・258
脅すつもりも、不安にさせるつもりもありませんでした。ゴメンなさい。
私もそういう事が多かったんです。でも、253さんが仰るような事を聞いて
以後たびたび起こっても、大丈夫かなぁって安心していたんですよ。
そしたら、ちょっと精神の方を病んでしまいまして。
何とか治ったんですが、それでも治療に1年以上かかりました。
今でも調子が悪くなると、時々聞こえて来るんですよね。
余り無理をなさらずに、心穏やかにお過ごしください。
幻聴程度ですんでいるのなら、本当に記憶の再生なんですが、
見えるはずの無いものが見え出したら、セラピストにご相談を。

269 :253:01/12/05 15:23 ID:It2kHsLO
>268
な、なるほど。大変でしたね。
いや、不安には多少なりましたが、大丈夫ですよー。
268さんのレスを心にとめて気楽にいきます。

上手く文章になりませんが、268さんも気楽にいきましょう。
レスありがとうございました。

270 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 16:36 ID:rO7OM3om
>>259
富江(漫画)みたいだ・・・

271 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 17:35 ID:thyMTAaa
電波と心霊現象と大脳の生理現象との区別・判断が
むずかしいですね

272 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 21:38 ID:niAUFmX0
>>252
うん、寝入りばなってのは良くあるんだよ、そういうの。
入眠時幻覚っていうんだけど。
ちなみに幻覚ってのはいろいろあってね、幻聴とか幻臭とかね。幻視だけじゃなくてね。
奇妙な体験じゃないのでsage

273 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 22:31 ID:oJn/nk3E
ちょっと、書き込むタイミングを外したけど、俺も虫ネタを一つ。
小学校3年か4年ぐらい事なんだけど、ある雨の日、学校の入り口の付近で
体長約20cm、幅約4〜5cmはあろうかという巨大ナメクジに遭遇した。
その学校って言うのが、小高い山というか丘陵のてっぺんにあって、俺の通学路は
雑木林を切り開いた砂利道を通って、学校の裏門に至るというコースなんだが、その
裏門手前で、道を横切るような感じで、のろのろと蠢いていた。
登校中の他の生徒も、「なんじゃこりゃ!?」といった感じで、立ち止まってじっくり見る
奴や、気味悪そうに通り過ぎる奴で、雨なのにちょっとした人だかりができていたよ
俺も、近づいてみてまじまじと観察してみたが、あのナメクジ独特の縦縞模様が、雨に濡れて
てらてら光ってたのが何とも不気味だった。
で、その後学校が終わって、裏門を通過しようとすると、誰かが石をぶつけたのか、白い体液
をぶちまけた巨大ナメクジの死体が転がってて、気分が悪くなったよ。
この体験のせいか、今でも足元や体に、得体の知れない軟体生物がまとわりつく夢を時々見て
そのたびに悲鳴を上げて、跳び起きてしまうぐらいだ。

274 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 23:26 ID:/nDBFHtl
親の田舎の南九州の山奥に行ったとき、直径10センチ以上あるカタツムリを
家の裏の崖で見たことあるので、ナメクジだったらそのぐらいあり得るだろう。
ちなみにアフリカマイマイとかの外来種じゃないよ。
一年中湿気に覆われてる奥深い山の中の湧き水が流れる崖だったんで、在来種でも栄養
たっぷりに育ったようだ。

275 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 23:31 ID:rO7OM3om
>>273
そりゃただのツチノコだ。

276 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/05 23:43 ID:/UgWWfxq
>>273
うち、山の中でも何でもないけど、夏の夜、そのくらいのナメクジ庭で何度も
見かけたよ。20cmくらいのでかい奴は木の幹に貼りついてるのが多いかな。
父親が駆除に苦労してるよ。

277 : :01/12/05 23:47 ID:8BPhqdJT
確かプラナリアの一種だったと思う<巨大ナメクジ
生物板いけば画像リンクもあるんじゃないかな。

278 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 00:04 ID:XTWOJq4t
小4の夏休み、中学受験の為に通いだした塾の近くに
酒屋兼駄菓子屋があった。
一緒に塾に通っていた友人と、毎日そこで何かしらお菓子を買ってたんだけど、
私が当たりくじ付きのお菓子を買うと必ず当たっていた。
例えばある1日などは、こんな調子だった。
・アイスブラックモンブラン 連続7回
・マルカワフーセンガム  連続5回
・1個10円のあめ玉  連続5回
友人は同じものを買っても、最高1品2回連続当たりが出て終わり。
その店のおじさんは
「うちには当たりばっかりのが来ちゃったんだろうね…」とため息。
それでも当たるものは当たるので、調子に乗って買いまくり当てまくっていた。

<おまけ>
夏休みが終わると違う塾に通いだしたので、
そこでの買い物はそれきりになってしまった。
数年後。
受験した中学の2次選考がくじ引きだった。
まず最初のくじは受験生全てが引き、ランダムに椅子に座り、
次のくじは学校側が1枚だけ引いて、出た番号から順次、
人数分だけ合格が決定するという方法。
私は特に小4の夏休みを思い出すこともなく、くじを引いて席に着いた。
次のくじが引かれ、合格者の数が数えられていくと私の直前で終了。私は落ちた。
後一つ席がずれていれば…。その時初めて夏休みのラッキーを思い出した。
あの時使い果たしたんだな…と。
<結論>
運は大事な時の為にとっとけ。

279 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 00:05 ID:XTWOJq4t
長文スマソ。

280 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 01:26 ID:aY3BwKeB
>>278
酒屋兼駄菓子屋というのがスゴイ。

私が子供の頃、近所のパン屋兼駄菓子屋で売っていたお菓子。ガムだかチョコレートだったかよく覚えていないけど、
青のパッケージと赤のパッケージがあって、最初にたまたま青い方を買ったら当たりが出た。
で、次も青を買ったら当たり。当時覚えたての「2度ある事は・・・」ということわざ通り次も青を買ったら、また当たり。
これは!と思って、ずーと青で、全部当たり。
結局、その店にあったそのお菓子の半分(4箱分ぐらいだったか)、数十個、全部私が最初の10円でもらってしまった。
店のオジさんあきれてたなあ。
でも良い事ばかりはありゃしない。
その店で初めて買った森永チョコボールが金のエンゼルマークだった。
ところが、それを金色だと思わなかった。
だって、TVコマーシャルでやってるぐらいだもん。ゴージャスなおもちゃが貰えるんだもん。学校でも当てた人いなかったもん。
そう簡単出るものだとは思わなくて、これは黄色のエンゼルでハズレなんだと思って捨ててしまった。
ところが、次に買ったとき、エンゼルは付いていなかった。とゆー事は、あれは大当たりだったんだ
と分かった時の悔しさを今でも忘れない。

ちっとも奇妙な体験ではないのでsage

281 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 02:06 ID:gbkzhaIm
エンゼルマーク!なつかしい!
ちょっと思い出した話。
幼稚園の頃に一度だけ金のエンゼルが出た。
よろこんで応募したけど、いつまでたってもおもちゃの缶詰が届かない。
母親も心配して森永に電話してくれ、その数日後に念願の缶詰が到着!
でも、またさらに数日後にもうひとつ缶詰が届いた。

ただ単に郵便が遅れてただけなのに二重に送付してくれたらしい。
>>280同様ちっとも奇妙な体験ではないのでsage

282 :280:01/12/06 02:31 ID:aY3BwKeB
>>281
うらやますぃ。
俺は未だにエンゼルマーク虎馬。

283 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 03:22 ID:tz2irTfJ
宙に浮くっての懐かしい。私も浮いてた。
小学校低学年の頃、朝方目を覚ましては自分が浮けるのを確認してた。
力を入れなきゃいけなくて集中力が必要で調子が悪いと無理。
しかもたどたどしい浮かび方で低空飛行。
でもある日急に目を覚まさなくなりそれっきり。

284 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 12:53 ID:AXhe4yup
車に轢かれる夢を見た。
正夢になった。
そのまま死んでしまった。

285 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 13:11 ID:IdknDXud
>284
天国から繋いでんのか?

286 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 13:18 ID:r+w6VqoP
宙に浮く体験だけど、それは幽体離脱なのではとちょっと思う。

287 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 15:32 ID:wl44vnJd
小学校高学年の時、隣町まで本を買いに行った帰り道。
日頃から寄り道(散歩)するのが好きだった俺は、
その日も見知らぬ細い道を見つけ、わくわくしながらそこを進んだ。
暫くすると、片側一車線の道路に出た。
「へぇ、こんな広い道もあったんだ(当方出身、マジ田舎)」と思い、
少し進んだら、なんと、いきなり海が広がっていた!!!。
その辺りからは自動車で10分以上走らなければ、
とてもじゃないが、海へと出るような場所ではない。
まして、近くの海は必ず、砂浜と松林があるというのに、
そこは民家が真横にあり、道路が直接海へとつながっていた。
その時俺は、それを不思議にも思わず、
「こんなとこに海があるのか…。またこようっと」と思って、
その日はそれで帰った。
もちろん、その後、その町であの海を見たことはない。
高校生になって、その道を辿ってみたが、
そこはコンクリートの崖で行き止まりだった。
だが、幻想であるはずがない。
心地よい潮の香り、優しい波の音、水面に反射してきらめく日差し、
そして、自分がそこにいたことを、
そこに立った時に、俺はしっかりと覚えていた。
陽の当たらない道の下で。

長くなってしまった…。

288 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 20:58 ID:UatkQmds
小学校低学年のころ。
おじいちゃんの家に何かの行事で親戚中が集まっていたときのこと。
おじいちゃんの家は庭に木を植えたり、大きい石とかおいて日本庭園!て感じ。
庭の中の1つの石(直径1,5メートルぐらい)を私の叔父さんが機械で移動させようとしてた。
そしたら叔父さんがいきなり狂ったように笑い出した。
すぐに大人たちが叔父さんのところに行って、話し掛けたり体を揺すったり・・。でもずっと笑い続ける叔父さん。
お祖母さんが石にしがみついて「ごめんなさい!許してください!」って誤ったら叔父さんの笑いもおさまった。
その後私を含めてイトコ達みんなで、近所の境内でお参りした。
最近親戚が集まったときその話がでて。やっぱりみんな覚えてた。
呪いとかってホントにあるんですよねー。

289 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 21:04 ID:eJJsj8W+
>288
なんか凄いね…。
ちょっと怖い。

290 :ブラリーノ:01/12/06 21:04 ID:4nivZ0KC
 遠野物語拾位選を読むようだ。>ココ

291 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 21:21 ID:8z4oJYVL
>>187
詩的な情景が想像できます。
奇妙な感覚と共にワクワクした感動もあったのでは?
神様からのほんのささやかなプレゼント・・・
そんな想像をしてしまう。

292 :273:01/12/06 22:19 ID:cAkZDcfZ
遅レススマソ。ふ〜ん、巨大ナメクジってそう珍しくないんだ。
しかし、>>276さんの話は、正直読まなきゃ良かったと思ったよ。
今晩夢に出そうな予感。マジで。

293 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 22:21 ID:FeOYCTOV
高校生の息子の、小学生の頃からの友達が4〜5人遊びに来て、夕方帰っていった。
息子が途中まで送って行くといって一緒に家を出た後、玄関を覗いたら青っぽいバスケットシューズが
一足残っていた。あれ?誰か残ってるのかなと思って、居間でカミサンに言ったら、
カミサンも玄関を見に行って「あら、誰かまだいるのかんしらねぇ」
しばらくして息子が帰ってきたので「誰か残ってるのか?」と聞くと「皆帰ったよ」
「玄関の靴は?」って聞くと

294 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 22:21 ID:luxnj5Uv
ちびまるこちゃんにもこういう不思議な体験する話あったよね。
たしかまるこちゃんたちがなんとなく不思議な洋館にたどり着いてしまって
遊んだのはいいけど次の日にまたその洋館に遊びにいったんだけど
その洋館はどこにもなかったって話・・・。

なんかこのスレ読んでたら急に思い出した・・。

295 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 22:23 ID:6ZxetU1l
>293
聞くと、のあとなんだよ〜
気になるよ〜!

296 :293:01/12/06 22:33 ID:FeOYCTOV
すみません。間違えた。
以下続き
「玄関の靴は?」って聞くと息子は「へっ?オレの靴しかないよ」
「そんなことないだろう。」といって3人で玄関へ。
そこには確かに息子が普段はいている小汚いGTHトラベラーが
1足だけ。カミサンと顔を見合わせて「さっき確かにあったよね・・・」「うん」
息子「なんだ、なんだぁ?夫婦してボケたのかぁ?それとも幽霊でも居るってえのかぁ?」
とほざいて自分の部屋へ。
結局、わからずじまい。私とカミサンが確かに靴を見たという事実だけ。

子供の頃の話じゃなかったですねえ(w すみません 謝罪。

297 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/06 23:49 ID:th8kSifC
>>296
宮澤賢治の「座敷ぼっこの話」の高校生バージョンのような話ですな。
小学生の頃息子さん達といっしょに行動してた座敷わらしが、懐かしくなって
ついてきたのではないでしょうかね?

298 :THE CATCH:01/12/07 00:00 ID:Mf/enqem
小学生時代、少年野球をやってた。
小4の時、練習では同学年の中で一番上手いと言う評価があった
おかげで、レギュラー陣に穴が空いて急遽ライト8番に抜擢。

第1打席で三振した後の守り、おそらく3回か。
1アウト後、まだ守備では何もしてない自分の方へいきなり大飛球が!!
試合の打球を処理したこと無い自分にもちろん冷静さの欠片も
あるわけなく、全く理由は判らんが瞬時に後ろへ走り始めていた。
視野に飛球が入っていたかは全然憶えてなく、夢中で全力疾走して
あるタイミングでふっとグラブを出した。
「バスッ!」「・・・・!!」
その瞬間は自分が大ファインプレーをしたという意識は全く無くて、
ひたすら素早くバックアップしにきたセカンドに投げ返した。
なんか自軍のダグアウトが大騒ぎになっている。
バックアップのセカンドがライトの定位置にいる!
内野がはるか遠くにみえる!!
子供ながらに、「なんか大変なことをしてしまったらしい・・・」

3アウト後ダグアウトへ走っていくと、選手・監督・コーチと
観客である母親達が大歓声で迎えてくれた。
何故かあまりに恥ずかしくて、おとなしく地べたに座り込んでしまった。
その後の自分の打席や勝敗の行方は全く憶えていない。

その後4年生で一人だけ準レギュラーに定着したことから、
これは夢じゃないってのは間違い無いが、
「体で覚えるってのはこういうことなんだ」で済まされない位、
今考えても夢のような出来事だった。

299 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 03:14 ID:BJ5CN0ij
このスレ好き。age!

300 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 03:18 ID:dxZChthn
野球がまるっきりわからないので、298の話がさっぱり分からない。

301 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 03:55 ID:vG4uv4Aj
自分が母親のお腹にいたころ、
祖母(父方)の葬式を見た。
祭壇の配置もよく覚えてるし、父親が親戚の人と
話をしているとこも見た。

302 :52=93:01/12/07 04:01 ID:5+ply3jq
遅レスすいません。
ここきたの久し振りなんだけど、チョコボールの話で
また思い出したんで…。

単にエンゼルがでた印象が強かっただけかもしれないけど
20年位前(3歳位)のチョコボールでは銀のエンゼルは当たり前と
思ってたよ。だから銀5枚で応募したことなんて1度も無くて…。
初めて食べたキャラメル味で金が出たから、キャラメルは金
がでるんだなって思ってた。
むしろドラえもんソーセージで当りが出たときは嬉しくて
思わず母親に応募頼んだのを憶えてる。

それで記憶が曖昧なんだけど、そのころのチョコボールの
パッケージが今のと全然違う気がするのね。色は基本的に一緒だけど
キョロちゃんとか載ってたか記憶が曖昧…。
それでその後に、僕の中では大きくデザインチェンジしてるんだけど、
今のものに近いデザインになってからは銀さえでたことないんだよね。

303 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 04:11 ID:iwNuGcmO
いまはじめて読んだから、めちゃめちゃ遅レススマソ。
>>140 全く同じ経験がある!でも、違うのは、私はそのときすでに20歳を超えていた・・・。

304 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 04:12 ID:anfyNkyC
>300
ピッチャーがホームランなみにでかいタマを打ち、
それを>298はボールを見もせず無意識のうちに取ったって話じゃない?

ドラえもんのみちびきエンジェル思い出した。

305 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 07:21 ID:g/ii4GvH
>>304
その例えスゲー(・∀・)イイ!

306 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 11:40 ID:0i/DdQFA
lha a 304 298

307 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 22:16 ID:Bi7AlMYr
>304 「ピッチャー」→「バッター」?

308 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 22:34 ID:eEZT1iPm
ageとく

309 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/07 23:47 ID:j2Ww4l/V
子どもの頃、じーっと何かをみていると
そのものが急に遠くに感じる瞬間が時々あった。
たとえば、授業を受けていると、
自分だけがそのシーンからぐーんと後ろに引けていて、
みんなが遠くに感じる、って感じ。

・・文章にするとうまく伝わらない。
そういえば、最近そういうことがないなぁと思い出した。

310 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 00:02 ID:9vPS7hoy
>>166
自分も似たようなことを1度だけ経験したことがあるよ。
小3の時、風邪をひいたので学校を休んで
おとなしく寝ていたんだけど、背中をグイグイ押されて
宙に浮くような変な感覚を受けた。

でも、もっと不思議なのはそのとき見ていた夢。
自分が幼稚園の園長になってて、おばさん達から
「遊具がこわれて子供が怪我をしたから責任を取れ!」
と責められているという物。
あまりに意味不明だったので、今でもよく覚えている。

311 ::01/12/08 04:24 ID:TZ5cAzwT
>309
それわかる。急に距離を感じる。
自分の場合向こうが後ろに引けてく感じだけどね

312 : :01/12/08 04:32 ID:H1TbHdeJ
>>309, >>311
私、中年になった今でもたまにある。

313 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 07:52 ID:Lj5yl3tS
色んな不思議体験あるんだね〜。
なんか羨ましいのもある・・・

>>85など、お受験体験は多分「就学時検診」の思いでじゃないかな?
今もあるよ。公立の小学校で来年の4月に入学する子が全員
前の年の秋頃に学校に行って受ける。
かなり長時間に渡って、親とは離れて色んな教室を知らない子たちと
一緒に廻っていく。6年生がお世話してくれる所もあるよ。
さまざまな身体検査のほかに、簡単な知能テストがある。
図形を見ながら同じ形を書く、とか絵を見ながら知っているものの名前を
いくつでも言ってみてください・・・とか

その日は幼稚園を休んでいくんだけど、どの小学校も一斉と
言うわけじゃないから、幼稚園児にとっては日常とは
ちょっと異質な体験だったと思うけど。

314 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 08:16 ID:Y6pcttH1
>309
私もある。あれ、なんだろう。何の現象なの。気になるよぉ。

315 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 08:58 ID:yuh7x/0Y
>>309
あっ私もあるそれ!
自分だけ別の次元から見てるみたいなの。
っていうか、自分以外が別次元にいるみたいな。
ハタチくらいまでそういうことがあった気がする。
あと、子供時代に熱がでた時も足だけ中に浮いて逆さまになったような
感じによくなった。でもそれを楽しみにするようになったら
その感覚なくなっちゃった。残念。

316 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 09:02 ID:Qw73QUeD
>313 「就学時検診」でしょ。私も最初それがあやしいと思ったんだけど
それだったらせいぜい何ヵ月後かにはその「会場」だったはずの学校に入学して
頭の回路がつながって納得してたと思うの。その学校とは違う小学校に本人たちは
実際には行ったってことだよね。やっぱ不思議だ。

317 :312:01/12/08 09:11 ID:H1TbHdeJ
ここ最近、距離感を感じたのは(>>309さんが書いているようなこと)
夫と義姉と話しているときです。2、3秒で彼らとの間に“距離”
があることを感じました。

318 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 09:24 ID:ctjTmhj2
309です。
みなさん、似たような経験されてるんですね。
よかった、と思う反面、
いったいどういうことなのか、スゴークキニナル・・・

319 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 10:47 ID:u7ryl8/S
強烈な離人感なのか?

320 :315:01/12/08 11:15 ID:yuh7x/0Y
>>319
自分の場合はそうでもないよ。
フッと数秒〜数十秒間かなるだけだし。
それに恐怖感も不快感もない。
敢えて言えばぽや〜っと気持ちいいくらい。

321 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 22:10 ID:QV7KOnAq
>>320
誰もいない海で、素っ裸で泳ぐような?

322 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/08 22:27 ID:p0QCLTYD
>>309
おれも前は良くあったね。
二十歳くらいまでは たまにあったと思う。
ちなみに、心理学で分野では『不思議の国のアリス症候群』という可愛い名前で呼ばれています。
googleとかで調べればいろいろ出てくると思う。

323 :312:01/12/09 00:47 ID:8xgz64dA
>>322さんありがとうごさいます。
検索して諸ページを見ました。

偏頭痛、あるいはてんかんからくる症状なんですね。
自分は頭が痛いと思ったことは無いんですけど、気がついて
いないだけだのかな?

324 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 00:56 ID:RPk0CX4D
私、偏頭痛持ちだわ…そういえば

325 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 01:00 ID:unDQZK1e
>>323
うーん、偏頭痛やてんかんからくるってのは、そういう場合もあるってだけで、
必ずそうだ、って訳ではないんじゃないかな。

326 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 01:03 ID:e3op07kw
自分も10才ぐらいまではそうだったよ。
人と接する時はいつもそう。
でも思春期になったら自然と治った。

先日、最近まで離人症だったという人とお話したら、きっと同じだよと言われた。
子供の頃になる人が多いんだって。大人になっても続いてる人は治療が
必要だそうで。

327 :寝る前にカキコ:01/12/09 01:03 ID:rhV0rhyv
TVを観ていると画面がだんだん小さくなってきて
部屋の電気は点いているのに周囲が暗くなる。
あれ?っと思って視線がTVから離れると元に戻る。

あと、アナログ時計の秒針を見た瞬間。
今の1秒長くなかったか?と思うことがたまにある。
疲れていただけかもしれないが。

328 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 01:04 ID:unDQZK1e
>>323
カウンセラーやってる知合いの話では、
別に気にしなくてもいいそうだよ。

329 :312:01/12/09 01:07 ID:8xgz64dA
いろいろ皆さんの意見が聞けて嬉しいです。
>>327さん、わたしも秒針の話、同意。

330 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 02:39 ID:ex4PXAnu
あ!私も子供のとき離人症の症状あった。
友達もそういう子がいて、何だろうね?って話してた。
自分がしゃべったり動いたりしてるのに夢を見てるような感覚しかないんだよね。
高校生ぐらいのときまで頻繁。大学時代たまに。
社会人になったら治ったよ。

331 :名無し:01/12/09 03:15 ID:BWbeOATJ
>>122

それ思いっきり幽体離脱です。
ごーっという音を人工的に作って離脱する研究所もあります。
その色は、フォーカスレベル(次元?)の間のパイプみたいなものです。
すごくまぶしくなかったですか?

332 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 03:42 ID:V2U4H0r7
>>327
私も秒針の話、同意。

333 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 08:08 ID:HgPvzvCA
良いスレなのでage

334 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 08:16 ID:n+7lmNih
>>323お友達の子が幼稚園の先生に
「時々ぼんやりしているからてんかんの疑いがあります」
みたいなことを言われて受診したっていってたなー。
こういう時って他人から見たらアブない表情してるのかな?

335 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 09:44 ID:uuiRuc9e
>>249とちょっと違うかもだけど、ごくごくたまに「自分はなんでここに
いるんだろ?」と一瞬わからなくなる瞬間があります。
「はっ、いかんいかん」と思うとすぐにもとに戻るんだけど。変?

小さい頃の話じゃないのでさげ。

336 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 10:59 ID:KUYKrjBr
離人症の話ですが、私も小さいときよく自分だけ違う世界のような気がしていました。
私の場合は今自分がいる世界は本当の世界ではないような感覚です。
本当の自分はほかにいて、今いるところは夢か想像の世界という感覚です。
意識を集中させると本当の自分に戻れそうな気がして、たまに意識をずっと集中させて
いました。どっと疲れるだけでしたが、「もう少しだったのにな」と思ってました。

これも離人症の内に入るでしょうか?

337 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 11:32 ID:rxUV0h0o
309です。
いやー、ここに来て書いてみてよかったです!
検索してみます!!

338 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 11:48 ID:+kPqhfW0
私も小さなときのヘンな体験があります。

古いビルの窓から中が見えたのですが
中では体にシーツをかぶったような人達が数人ウロウロしていました。
あまりにも絵に描いたような「幽霊」だったので子供ながらに「嘘だろ」
と思い、目を凝らして何度も見直したのですが、何度見てもはっきりと
見えました。まるでKKK団でした。
ずーットアレはなんだったんだろうと思っていましたが、見間違いとか
夢ではありません。はっきり見ました。

339 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 12:02 ID:OAOZoqhU
>315
私30歳ですが、今でもあります。
夜 寝るときに、逆さまになるような、前後左右が分からないような感じになります。
でも、どこか体の一箇所を動かすと、その感覚が消えて普段通りに戻ります。

なんか他にも同じような経験してる人いるなあ。
ちなみに私はてんかん患者です。

340 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 14:52 ID:iRrsoWiR
ああ、離人症っていうんだ、あれ。
私も子供の頃頻繁にあった。今でも時々。
距離感が無くってまさに夢見てる感じ。現実感がない。
それが子供の時はすっごく怖かった。
よく夜中になったんだけど
親の話しによると、夜中ドタドタと階段を下りてきて
「大きくなったりちいちゃくなったりするぅ〜〜!!」って
叫びながら部屋をものすごい勢いで行ったり来たりしてたそうだ。

341 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 16:18 ID:IxFcYF/O
>>340
大きくなったり小さくなったりするのは離人症じゃないぞ。
離人症ってのは、自分が自分じゃない感じがしたり、
周りのものに現実感が感じられなくなったりする症状のこと。

342 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 18:12 ID:/cBd7fcg
2歳くらいまで、すごくボロイ2階建ての借家にすんでました。
2階の部屋はすりガラスの引き戸がベランダに面していて、
どう言うわけか、いつも雨戸を閉めることなくみんなで床についてました。
その頃の私は(年齢と近所があまり治安の言い場所でなかったせいか)、
超インドアな子供で、そのためか少々不眠気味でした。
それで、眠れるようになるまで布団の中、部屋をぼんやり眺めていることが多かったです。
そのなかで、今でも記憶に残っているのが、そのベランダに面したすりガラス(障子みたいに桟?で仕切ってある)の
一番右下のところに、どう言うわけか毎晩子供の手形の影がぺたん、とくっついているんですよね。
で、子供の私は「あー、赤ちゃんの手形がある」と思うのです。
当然不思議なんで、昼間母に聞くのだけれど、母は一向相手にしてくれない。
気になって、自分ですりガラスを確認するんだけど、なんにもなかった。
でも、夜になると手形がまたすりガラスに映るんだよね。
結局、引越しするまでずっと手形を毎晩見てたよ。不思議だけど、怖くはなかったかな?

343 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 18:17 ID:nRdbYXSe
こ、こわいよ・・・

344 :342:01/12/09 18:26 ID:/cBd7fcg
>343
あ…。自分的に怖くなかったってことです。
でも、不思議でしたよ。
なんか手首とかズボン履いたバージョンルパンの足首みたいに細かったもの。
だから、最初は枯れ枝に落し物の手袋でもついてるのかと思った。
けど、ウチの回りそんなのなかったんだけどね。

345 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 18:41 ID:rIGKWBpK
>342
杉浦日向子の百物語のような淡々とした寒さを感じました…。

私のは夢だということが確実なんですが
子供の頃夜中にふと目を覚ましたら本棚の上に生首がのっていました。
でもなぜか兄のコレクションだろうと納得してすぐ寝たという。
そんな自分の気持ちが不思議な体験。

346 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 20:07 ID:M17QMIvB
中学生の頃に飛行機に乗って初めての遠出だったんでウキウキしてて窓の外を見てたんだが、雲の上を飛行してる時に段々と人がいっぱい見えてきた事がある。人といっても普通に見える訳でなく、半透明みたいな半分靄が人型になったような・・・飛行機だから勿論
高速で飛んでるはずなんだけれど、まるで電車から見る風景のような速度で、コッチを見て手を振ってたり、子供が走ったりしててとってもホノボノとした雰囲気だった。隣の姉にも言ったけどハ〜ンと鼻でせせら笑われた。あれってもしかして天国だったんかなあ〜とその時は
思ったんだけど。

347 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 20:34 ID:QxZGzEnm
>>340
大きくなったり小さくなったりするのは離人症ではないけど
不思議の国のアリス症候群というもの、そのものですね。
こうやって見ると不思議の国のアリス症候群って子供の頃に
おおいねー。ビックリした。

348 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 23:19 ID:FHbSv+a8
>>347
ここを見ると結構いるんですね、自分の周りには一人もいないけど。
ただ、不思議の国のアリス症候群の症状が起きたときって、
同時に離人感も感じる事もありますよね。

349 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 23:28 ID:2gI97+gy
もう30年ちか前のことですが、中学時代からの野球仲間3人のうち一人が、
高校に入ってすぐ交通事故で亡くなったのですが、3年になってすぐのある日
もう一人と一緒にそいつの墓参りに行ったときの事です。
「3球目にカーブだよ」いう声が聞こえたのです。「なんだよ。いきなり」と声を掛けると、
友人は「オレじゃねえよ。おまえこそ・・・」といって二人で顔を見合わせました。
確かにヘンな声が聞こえたのですが、周りに誰も居ないし、でも「まさかねー」といって
お互い顔をみて笑いました。でもほんとは少し怖くなったのですが。
それから1ヵ月後にあの椿事が起きました。

我が校は県下でベスト16がせいぜい程度の野球の実力だったのですが、突然県下bPの
高校と練習試合をする事になったのです。
しかも当時のエースは全国でも有名(名前を書けば今でも誰もが解るくらい)です。
そして当日試合会場(市民球場)のブルペンでそいつがビュンビュン投げ込んでいる。
当然、勝てるはずなぞありません。7回までパーフェクト。18三振でバットに当てたのが3人。
8回の表2アウトで私がピンチヒッターに出されました。あっという間に2ストライク。
タマなんぞ見えません。白い棒切れが飛んで来るようなもんです。3球目の前にボックスをはずすと、
コーチャーズボックスの友人が恐ろしい顔で「3球目だぞ!3球目。分かるか!」と
大声を張り上げました。私はやつの目を見てまさかと思いました。が、どうせ打てないならとカーブ
にオオヤマをはっていると、ホントにカーブを投げてきたんです。というか、タマが見えたからたぶん
カーブだろうと言う程度です。とにかく思い切りバットを振るとジャストミート。無我夢中で走りました。
1塁を回って外野をみるとレフトとセンターがあきらめてゆっくりボールを追っている。「やったホームランだ」
3塁コーチも、というよりも私以外、皆外野を向いている。感激のホームイン。でもみんなまだ外野を見てる。
あれ?と思っていると審判が「君、エンタイトル2ベースだから2塁に戻りなさい」
ガガーン。ホームランじゃなかったんだ。恥ずかしい。でもうれしい。あいつが打たせてくれた。

つまらない友情話と自慢話になってしまいましたが、友人とは30年近く立ったいまでもこのときの話で盛り上がります。
二人して全く同じ声を聞いたんですから。

ちなみに試合は当然負け。1安打完封、21三振。試合後相手の大エースはグラブを叩きつけて悔しがってました。
完全試合をやるつもりだったそうです。

ちなみにその年の夏の甲子園県予選。我が校は2回戦で涙の敗戦。
大エースは5試合で失点1、4完封、ノーヒットノーラン2回(ひょっとしたら3回だったかな)
分かる方にはわかるのでは(W

350 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/09 23:53 ID:t6+8DniG
>21三振

ちょっとワラタ

351 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 00:09 ID:VzXuAX/j
30年前で有名な……といえば
○田か○川ですか?

352 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 00:13 ID:qoxbZkkE
誰でも知ってるぐらい有名なら、
伏字にする必要はないのでは?
と思ったりする。

353 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 00:49 ID:AesZoUC7
>>349 ショートドラマになりそうだ

354 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 01:22 ID:BRqM5VFb
「世にも奇妙な物語」の感動系のドラマになりそうです

355 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 06:03 ID:9Um8BOUa
離人症だけど、不思議体験というよりは軽い記憶障害だよ。

脳内の伝達システムのバランスが崩れて、今、目の前で見ている現実を
過去の記憶として認識したり、認識に時間差が起きたりした時に
よく体験することだよ。

356 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 09:06 ID:mEl5XC71
小学生の時高熱を出して仏間で寝ていた。
目を覚ますと自分がものすごく小さくなっていて仏壇の中にいた。
御鈴が物凄く大きくろうそくは大黒柱くらいあり・・

と、書き込もうと思ったらこれって「不思議の国のアリス症候群」だったのね。
今となっては自分が本当に体験したのか
本でも読んで実体験として記憶に取り込んでしまったのか
チョト自信がなかったんだけど、わかってよかった!

357 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 12:04 ID:ZIBQQp8l
文字とか物体の線の太さが
小さくなったり大きくなったりすることはあったんだけど、
これは何なんだろう。かなり不快だったんだけど。
やっぱり「不思議の国のアリス症候群」なのかなぁ。

358 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 15:33 ID:rDb5tYB3
>>357
乱視?

359 :357:01/12/10 16:38 ID:CAKg1Mzw
単なる乱視だったのか…。
文字や数字の線の太さが連続して太くなったり細くなったり…気持ち悪かった。
今はもうならないけどね。

360 :age〜:01/12/10 18:47 ID:AlsA8i0c
このスレ不思議な雰囲気が漂ってるね・・・

361 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 19:19 ID:7jRR3D1t
夜中目が覚めたら腕が固まって動かない時が時々あった。
そんでもって痛くて動かない。
耳の時もあって、耳が痛くて体を起こせないときもあった。
多分同じ格好で寝てたからだろうけど、大人になってそれが無くなった・・
寝相は昔から変わらないのに。だから少し謎。

362 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 19:36 ID:aFQq1uQk
>>361
この間、机に突っ伏して寝て起きたら右腕固まったよ。
一瞬ビビッタヨ。もげるのかと思った。
動くのに邪魔だったから、左手でつまんで頭の上に載せておいた。

363 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 20:18 ID:HprJ6AD0
ちょっと最初の頃とイメージが変わってきてるので
次からは霊的現象、学名付いてる心理的現象抜きで頼むよ

364 :342:01/12/10 20:33 ID:TXLfViiz
それから、どうでもいい話しですが。
342の理由で、昔の家ではずっとインドア生活送ってました。
そのせいか、当時の記憶(2歳くらいまで)って、ほとんどが家の中なんですけれど、

なかでも印象に残っているのが、怖いCM。
どう言うわけか、東京電力の吹雪の中の電線補修のCMが怖くて流れるたびにこたつに隠れてました。

あと、8頭身のドラえもんのぬいぐるみ。押入れの中、首輪のところを壁にあるフックに引っ掛けて吊られてました。
遊んだ記憶はないのですが、けれど毎日押し入れ開くたびにいたので今でも印象に残ってるんです。
子供心にアニメのドラえもんと違うじゃん!とか思ったのですが、どう言うわけか両親は知らないっていうんですよ。
でも、とりたてて近所に同年代の子がいるわけでなく、常に一人だったので他人の家というわけでもないです。
確かにうちなんですよ。(何かの拍子にいろんな角度から見た覚えがある)
8頭身のドラえもんは未だに不思議です。

365 :342:01/12/10 20:36 ID:TXLfViiz
すみません。
どうも文字にして書くと余り、不思議じゃないですね。

366 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 20:47 ID:7jRR3D1t
あ、怖い話思い出した。

生まれたとき親が買ってくれたおひな様。
毎年飾ってたのに小学校高学年くらいから飾らなくなり、押入に。
中学校の時押入からガタンって大きな音がして、押入を覗くとおひな様の首だけがコロリ……
地震もなく、押入は物で一杯で、倒れるはずないのにおひな様入ってた段ボールだけ倒れてた。
いっぱいのお人形がみんなこっちを見る形で崩れてた。
結局お寺か神社に預けたんじゃなかったかなあ。あれ以来、お人形は買いません。

友達のとこにあった日本人形も、見るたびに手の形変わってたりとかして怖かった。
やっぱ人形って少し怖いー

367 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 21:38 ID:53FTu4cO
>363さん
309です。
ゴメソ。最初にネタふったのわたしかも。
でも、まさか学名がついている心理的現象とは
わからなかったんだよー。
ほんっとうにゴメソ!!

368 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 22:00 ID:LmdqQhPk
>>363
本人が奇妙だと思ってるんなら、別にいいんじゃない?
あんまり制限掛けて、レスのスピード落ちるのも嫌だし。

369 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/10 22:51 ID:rDb5tYB3
>>364
8頭身のドラえもんって「>>1さん好きだ!」とか言ったりしそうで恐いよ。

370 :notブラクラ:01/12/11 01:47 ID:/c8KRUkY
>364
まさかこんなんじゃなかったよね?
ttp://www.pozaman.com/gallery/newmenu/nekomenu.html

371 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/11 03:14 ID:XqqUlF+5
>>370
ママ〜、ドラえもんが恐いよ〜
って感じだった・・・コワイヨ-

372 :342=364:01/12/11 04:04 ID:ncaY0vMV
>370
見ました〜。笑いました。
ここまで凶悪ではないのですが(笑)。
でも、手足はにょきにょき長いです。バックスバニーみたいな感じ。
で、少々色あせた水色してました。
引越しするまではあった気がするのですが、両親覚えてません。
でも、私、親なしで出かけられる年齢じゃなかったし。
何より、外出なんて滅多にしなかったはずだからほぼ9割家での記憶なんですけどね。

373 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/11 07:53 ID:dXZRmN+D
壁に差してある押しピンなんか(つまりは広いところにある小さいもの)をじっと見てたら
実際は動いてないのにじわじわ移動しているように見えた。
まるで虫が這っているような感じで。
…これ、今でもたまに見えるけど、おかしいのかなあ?

374 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/11 07:57 ID:JRsbE+wd
>373
同じことある。
自分の場合は壁にはってあるスヌーピーと仲間達の口がじわじわ動く

375 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/11 18:25 ID:VpEi4Gg1
>>373
俺は自分のティンポを見つめてるとじわじわ動く

376 : :01/12/11 18:38 ID:/c8KRUkY
>373
あーあるある。今でも見えるよ。自分は目の錯覚だと思うけど。

377 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/12 09:16 ID:Ui1A0zSO
>>366さんのレスを見て、思い出した事があるので書きますね、

僕が5才の時の子供の日の事です。
端午の節句なので、母方の祖父母から『兜』が届きました、
僕は兄姉が4人いて、ずっとおさがりばかりだったので、
初めて自分だけの物が出来て、
とてもうれしかったのを憶えています、
しかし、その後その兜を見た記憶が無く、
親にその兜の事を聞く度「捨てた」言われるだけでした。

最近になって、父親に何が起きたのか聞いて見ると、
実は、その日、僕が原因不明の高熱に犯され、
何件か病院を回っても、全く原因が解らなかったそうです、

焦った父は今日、何か変わった事が無かったか、考えていたら、
祖父母から『兜』が送られて来た事に気付き、
急遽、家に戻り、その『兜』をバラバラに壊し捨てたところ、
僕の高熱は嘘みたいに下がり、
次の日には何事も無かったかの様に、元気になったそうです。

その兜の何が悪かったのかは、解りませんが、その後、
祖父母と父の関係が、気間付くなったのは、
言うまでも無い事実でした。

378 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/12 17:26 ID:h8Rmafci
子供の頃、ケサランパサランを飼ってた。

379 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/12 20:49 ID:ghtHvmjF
>>378
それ、ものすごく興味があります。
うわさでしか聞いたことがないもので。
普通の毛の塊に見えるのですが、生き物ということでいいのでしょうか?

380 :名無しさん:01/12/13 01:10 ID:8p0o8dya
多分小学生の頃、夜の9時過ぎくらい塾からの帰り道に、ちっちゃい
ラジコンカーがぐるぐる走りまわってた。道には誰もいなくて、変だなー
って、思った。

381 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 01:20 ID:FzJ5OcVw
>>380
こびとさんが乗っていたんだよ。

382 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 01:22 ID:M1c8t9P0
>>375
>>俺は自分のティンポを見つめてるとじわじわ動く

何だ何だ?これじゃ玉袋じゃなくって君自身がじわじわ動くみたいじゃん。
ちなみに俺のティンポは見つめてるとびよ〜んと伸びる時があるぞ。
病気だろうか・・・?

383 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 01:29 ID:E0XmDOIv
小6の正月、ばあちゃんちに行った帰り道、暗闇を家族で歩いていたら、
目の前で幾何学模様が細かく動きはじめた。
すごく怖くて目を閉じたり開けたりして誤魔化そうとした。
その内、模様は消えたけど、なんだったんだろう。

384 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 01:48 ID:Cjx2QUS2
風呂上がりとかさー
多摩がゆっくりあがったりさがったりしてんだよね
おもしれ〜ヨ

ある意味奇妙な体験だけど子供じゃないからsage

385 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 02:58 ID:0uaJb4L/
>383
私もあるよ。
つーか、私は意図的に見ようとしてました。
不眠だった子供のこる、
夜が長いので(しかも両親寝てるし)色々やってたんですけど…。
暗闇で、なにも見るものがないので、眼球を腕で圧迫するのです。
そうすると、最初はただチカチカするだけなのが、そのうち、
色々サイケデリックな柄が暗闇に浮かんでくるの。
出てくるのはピンクの花柄とか、黄色の格子とか。
パターン化して視界いっぱいに広がるのが楽しかった。
でも、なんでそう言うイメージ柄が浮かんでくるのか不明。
眠れるようになるまで、夜は延々やってました。

386 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 03:15 ID:DRRxxufg
赤ちゃんの頃の記憶で、
母親に抱っこされてて 周りに人が集まってて、
今度は父親に抱っこされたんだけど 男だからゴツゴツして抱かれ心地が悪くて、
泣き出した時の記憶。
「あらあら、まだお父さんが分からないのね」という周囲の人に対して、
「この人がお父さんなのか。でも泣いたのは違うよ、ゴツゴツしてるからだもん」
と思った記憶がある。

母親の来ていた服(ピンクのセーター)やペンダント、
周囲の人達(白っぽい服)や地面(白いレンガ)、建物のまん前であること、
全部覚えている。

この状況からして、出産後の退院だと思うのだけど
それにしては目が良く見えてる上に 言葉が判りすぎなので、
とても不思議です。

387 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 03:23 ID:DHw/yLxx
>>386
興味深いですね。
俺の記憶は4歳から始まります。

388 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 03:24 ID:d6eggzmj
わたしも赤ん坊の記憶ある!
ようやくハイハイする位の時期だと思うけど、
私がニコニコするとまわりの大人から良い反応が得られるので
ぶりっこみたいなのをしていた。

今考えるとかわいくねーガキだよな

389 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 03:44 ID:XFunTYdk
小学校の時。土曜日。
なんで曜日を覚えてるかというと、昼飯が自宅だったからです。

で、放課後。学校の門を出た……と思ったら、自宅の前だった。
あれ?
徒歩で10分はかかるのに、道中の事全然覚えてない。
その時は深く考えずに、まぁ考え事でもしてたか? とか思いつつ帰宅。
夕御飯が出来てました。時計を見たら16時。
なぜ……。

390 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 03:47 ID:XFunTYdk
深夜。突如、体内の血液が沸騰したかのようになる。
一時間ほどすると、両親が帰宅。
時間的に見て、じいさんが死んだ瞬間だった。
子供の頃じゃないんでさげ。

391 :モルダー:01/12/13 03:48 ID:q/9nI4Tj
>>389
時間を飛び越えたんだ。

392 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 08:16 ID:qIBxlXZN
>>389
昼飯食ってないぢゃん

393 : :01/12/13 09:53 ID:t8obA2bf
>>383 僕は25歳現在でも見えますけど・・・。ある程度の暗闇さえあれば、
いつでも見れます。ある程度自分で模様を操ることもできます。ピンクの
花の模様を視界全体に展開させて、それを渦巻状にしたり、飽きたら、模様を
変えたりと。
誰でも見えるものだと思ってるんですが、そうではないんですか?

394 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 10:00 ID:IR+ZSIA+
>>393
あるある!昔はよくやった。今はやってないけどまだ見れるハズ

395 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 11:31 ID:4HL+zYI7
飼っていたハムスターが死んだ
死亡確認が夜だったので、次の日に埋めてやろうと思い
ケージの中に寝かせて、自分も就寝

明け方、滑車が回る音がする
「ああ、ケージの蓋が開きっぱなしだ。閉めなきゃ…」
と思いつつもどうしても身体が動かない

気付くと、朝。勿論ハムスターは夕べのまま

ただ、それだけの話

396 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 12:15 ID:MonwrgNP
age

397 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 12:17 ID:FBM1DLe4
>>392
うん。喰ってない。
家で昼飯を食うはずだったのに、帰ったら夕飯が既にできてたよ、という話。

398 :385:01/12/13 17:07 ID:0uaJb4L/
わ〜…同じ事して遊んだ経験のある人結構いるんですね。
私は中学校上がる頃には宵っ張りすぎて寧ろ墜落睡眠になったので、
随分遊んでないなぁ。まだ出来るかな。
393同様私もピンクの花柄の展開してた。なんでだろう…偶然かな?
それから、砂嵐と、黄土色のサボテンマーク。
歪めたり、ワープ?する時みたいに真中一点からうわわわと広げたりしてました。


私の小さい頃最古の記憶。
流石にミシマみたいに産湯の記憶はないのですが、
冬場でストーブが出てて、でも、私は這い出した頃なので、
逆にストーブ用の囲いの中に入れられていたのですよ。
両親からしたらストーブ囲うより私を囲っちゃったほうが早いって。
チャチな囲い(四方+天井)の六角形の網の目を覚えてます。
私は座りもはいはいも早かったそうだけど、どれくらいで這い出すのかな?

399 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 17:10 ID:xoWEEeHh
暗闇で幾何学模様が見えるって人、脳の生理現象だそうです。
眼球を圧迫したりするとよく見えますがそれは止めましょう(笑
あと変な模様みたいなものが動いているのが見えるのは
眼球上を動くゴミが見えているだけだそうで。

・・・暗闇以外でも幾何学模様がよく見えるって人は一応眼科行きましょうね。
眼底に異常があったりする場合もありますので。

400 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 17:25 ID:xoWEEeHh
色々な奇妙な体験がありますけど親と一緒に体験した話を一つ。

9歳くらいの時に近所の神社に母親と兄と夏祭りに行ったんだけど
その帰りの田舎道、道に面した家の前に誰かが座っていた。
地面に直に足をぽんと伸ばした状態に見えた。

でも近づくにつれその姿が変なことに気付いた。
全身が黄色がかった白色で発光してる、服も何も着ていないように見える。
それどころか顔すら無くていわゆる『のっぺらぼう』だった。
母親が恐る恐る「こんばんは。」と声を掛けたが無言。
怖かったのでそのまま足早に通り過ぎた。

兄と私は実際幼かったので記憶違いもあるかもしれないけど
母親も覚えているしなんだったんだろう、と思う。

・・・全身タイツで座り込んでたって言うオチだけは嫌だ´Д`)

401 :うちのおかんネタ:01/12/13 18:29 ID:CAnnoUQq
うちのおかんから聞いた話。

おかんが幼稚園くらいだった頃、双子の姉と自宅の2階で遊んでいたら
植木鉢の花の上に体長5センチくらいの蝶の羽のようなものが背中に付いている
妖精を見つけたそうな。
2人は焦ってつかまえようと思ったが、何を思ったか双子の姉のほうが
「素手で触ったらかぶれるから」と言い出して割り箸を取りに下の階へ行った。
戻ってみると妖精はいなくなっていたそうな。

二人で一緒に見つけたらしいし、叔母も覚えているので、
本当に妖精がいたんだろうか・・・。謎だ。
しかし、手がかぶれるから、割り箸って、
何考えてるんでしょうね、うちのおかん。

402 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 19:05 ID:VH2oUEyc
小学生の頃、夜道を歩いていたら、空にやたら大きな土星が見えたことがあった。
肉眼なのに、わっかまでちゃんと見えてて、わー、すごい!と思ったけど、
視力は並だし、町中だったし、そんなの見えるわけないよね。
何かと見間違えていたのかな・・・

403 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 19:12 ID:TbM5dpQr
姉と私が歩いていたら、坂の下から一軒おいて隣のおばさんが
血相変えて走ってきた。「坂の下から見たらうちが燃えてるので
慌てて走ってきたの〜!」と。
しかし、火事でもなんでもない。
なんだったんだろ。

404 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 19:13 ID:SdaEimcY
>>400
全身タイツのほうが怖いね。

405 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 19:19 ID:EnbcljWz
夜桜を見に行って上を見上げていたら、
オレンジ色の巨大な流れ星が。
家族のなかで自分とおとんだけがそれを目撃した。
尋常ではない大きさだった。

406 :名無しさん@HOME:01/12/13 19:42 ID:OM0s4Ozg
すっごいアホくさいのでごめんなさい
小学3年くらいの頃
当時親しかった友人とUFOの本を読んでいて
なんとユーフォー呼び出しの呪文がのっていました(藁)
ヴァカなわたくしたちは学校から300mほど、当時
手前は畑でその向こうは雑木林の見える歩道で、雑木林の方角へ
むかって「ベントラベントラスペーススピピース」とかなんとか
まじめにやったんです(ヴァカすぎ)。でも、本当にオレンジ色の
光る飛行物体が空高く現れ、2秒ほどで消えたのです
ゆーほーの本にでてたおまじないでゆーほーが出た。
これは二人の秘密にしよう。興奮しその話をしつつ普通に帰宅
したのですが、あれはなんだったんだろう?

407 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 20:28 ID:73LVlrhr
お盆に母の実家(山の中の旧家、名家ではない)に行き、
迎え火をみんなでたいて先祖を迎えた。
夜は仏間に寝かされていたのだが、真夜中に、仏壇の
カネ(?)が確かに一度チーンと鳴った。

408 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 20:30 ID:ZlNhMBAd
そうか、あれ離人症っていうのか。
確かに子供の頃に多くて最近(大学生)はあまりないな。
自分のいる世界が誰かが読んでいる本の中の世界であるかのような気分。
で、子供の頃はその「誰か」っていうのが神様なんだと思ってた。
だからかも知れんがマトリックス観た時は結構共感できた。おもしろいとは思わなかったけど。

こうやって何もかも科学で証明できるようになってしまうのは少し淋しいような気もする。

409 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 20:57 ID:LmefJmxy
そういえば、いやな思い出が。

小学生のころ、友達とあばれてたら、下級生と大激突。いてえなあと
思っていたら、その下級生の足が取れた。その子はなにもできずに
ただただ泣いていた。「足が、足がとれたよう・・・」

いや、たぶん、義足なんだろうけど、だけども、足が取れるのは
いやだ。

悪夢のようだった。

410 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 21:18 ID:GPZzCJBa
中学生の頃夜ふと時計をみたら知らない間に3〜4時間時間が過ぎていたことが数回
ありました。でその間の記憶がいくら思い出そうとしても思い出せません。
本を読んでいた記憶が最後なのですが、時計を見たときには本を持っていませんでした。
その時計を見たときの体勢からして絶対に寝ていたということはないと思います。
あと金縛りにもよくなりますが関係あるのかな・・・

411 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 22:10 ID:m5v+jmdu

小学校に入ったばかりの頃、通学路に日赤病院があったんだ。
当然中を歩いた方が面白いのでいつも通っていたら、そのうち病棟の
人がお菓子とかくれるようになったんだよね。それ目当てに毎日同じ
病棟前を歩いているうちに、何人かの患者さんと仲良くなったよ。

面白い人たちで、自分のおなか出して「どこも悪くないだろ?何で
入院してると思う」なんて言ってたな。漏れは子どもだったから
「嘘だね。ぜったいおなかの中がおかしいんだ」って、今から思えば
思いやりのないことばかり言ってたよ。

412 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 22:12 ID:m5v+jmdu

そんなある日、仲の良かったおじさんのひとりが山ほどお菓子持っててさ
「みんなやるよ」って言ったんだ。それから漏れの名前を聞いた。
漏れはお菓子が豪華すぎて(本当に質量ともに凄かった)ちょっとびっくり
したけれど、一応お礼言って名前を教えたよ。
「****か。いい名前だな」 おじさんはすごく優しく笑って漏れの頭を
なでた。

413 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 22:14 ID:IJtiDlFN
リアル厨房の頃

テストの用紙を配られた後
机の上を丸い玉が2つ、
ふわ〜っと通り過ぎた。
模様がまだらでグニャグニャ(シャボン玉っぽい)
赤黒と青黒。
他であまり聞いたことが無い。

何だったんだろう。

414 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 22:14 ID:ggrVZCUk
>>410
多重人格の人の人格が切り替わった時って、
記憶に残らないって聞いたことある...

415 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 22:15 ID:m5v+jmdu

次の日同じ部屋の前を通ったんだ。そしたらいつも声をかけてくる
一番賑やかなおじさんがいない。もう部屋のメンツも知っていた漏れは
窓に顔突っ込んで「**さんは?」って聞いたんだ。

そしたらみんなしーんとして「もう帰ったよ」って誰かが言った。みんな
下向いて涙を流している人もいたから、さすがに新米消防の漏れも
「亡くなったのかな?」って感じた。聞くことはできなかったけれどね。

416 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 22:17 ID:m5v+jmdu

何が不思議かっていうと、なぜおじさんはその日たくさんのお菓子を
漏れにくれたのかな?っていうこと。
自分の死期を悟っていたのかな?それも日単位で。

今でも頭をなでられたときのことはっきりと思い出すよ。

417 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 22:23 ID:yuWXaHmM
>>416
ちょっと泣ける…。翌日に手術を控えてたんじゃないのかな?
ひょっとすると最後かも、って御菓子をくれた、とか…?

418 :カサノバ:01/12/13 23:11 ID:kuAlluRK
子供の時の話なんだけど
たしか家で一人で留守番してた時にね
ふと私がクレヨンでラクガキした絵があったんだけど
そのラクガキがなんかミミズみたいにクネクネ動いてた
親にいっても信じてくれなかったけど
今でもはっきり覚えてるよっ★

419 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 23:55 ID:4uze6zqS
小学生の頃、たま〜に小さな空気の粒が上のほうへ上がっていくのが
見えた。

420 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/13 23:57 ID:gduoQNJi
>>388
子供は多かれ少なかれそんなものです。
分かってないのは馬鹿な大人だけ。

421 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 00:01 ID:Sil7w8LN
>>418
何色で描いたの?

422 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 00:07 ID:/N2WI30i
>>402
あ!それと似たようなので、
すっごく大きい「北斗七星」を見た事があります。

夜、家族と家に帰る途中に 短い坂を登ろうとしたら
坂の真上あたりに 目いっぱい大きな北斗七星が。
(ネオンとか電球の灯りでは無いです。)

その時は普通に見てたけど、あとで考えて見ると大きすぎるんですよ。
幼稚園ぐらいの時だったかなぁ。

423 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 00:11 ID:yxRJHYal
小学2〜3年の7月頃、で時間は16〜17時くらい。

ウチの家は西日が差し込む廊下があったんです。
その廊下の壁の前に立つと
西日を受けて自分の影が壁に映るわけなんですよ。

そこで影絵をやったりして遊んでたとき、ふと
「幽霊ってこんな感じかなぁ」と肘から先を前に出して
手首をだら〜っと下げるお馴染みのポーズを取ってみたんですよ。

壁に映った自分の影を見て「うわやっぱ気持ち悪っ」とか
思ってすぐやめた。やめたんです。なのに。

影がそのポーズを取ったまま動かないんです。
自分は腕を下ろしてるのに、影の腕が下りない。

「え?」と思って振り返ってみても自分しかいない。
もう1回影を確認しようとしたらもうただの影に戻っていた。

424 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 00:18 ID:HbfQiU5Z
10歳くらいの時、1週間ほど家でも学校でも全てのものにベールが
かかって見えたことがあった。
程なく元に戻ったけど、離人症というものだったんだろう。
とにかく全てのことに現実感が無かった。
また、その前後半年ほど、頭の中で流行りの歌を口ずさみはじめると
近くにいた友達がその歌を歌いだすという現象が続いた。
当時の様々なヒット曲なのだから偶然かもしれないが、
その期間は必ず別々の友達が自分の思い浮かべた曲を歌い始めた。
ある日から突然それは止んだ。
ギャンブルに強い人って、大人になってもどこかこういう能力?が
あるのかなと今になって思う。

425 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 01:12 ID:+ufk3LKH
>>339
亀レスですが、私もそうです!寝る前や、立っているときも時々なります。
重力が斜めにかかっている感じ。
立ってるときは「倒れそう!」と思うけど、しばらくじーっとしてるとなおる。
高校生のときよくなってました。
あと、急に距離を感じることもあります。これも寝る前が多い。
自分の足がやたら遠くに感じたり(まさにアリスっぽい!)、
周りのものがすごく大きく感じたり。
小さい頃からよくあって、ものすごく孤独感を感じるので嫌だった。
両方の症状共、21歳の今でもときどきあります。
けど、偏頭痛でもてんかんでもないです。不思議だ。

426 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 01:26 ID:u7+dkvFB
>頭の中で流行りの歌を口ずさみはじめると
>近くにいた友達がその歌を歌いだすという現象

いわゆる共時性(シンクロニシティ)ですね。

427 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 02:11 ID:EE6kG02M
小学三年生くらいの時だったと思う
夕方に、ゴム動力のプロペラ飛行機を飛ばしていたら、
ゴムがはずれて飛んでってしまったので庭を探していたら、
いつのまにか、庭一面羽のある黒い虫で一杯だった。
玄関の方を見ると、
カブトムシの幼虫に赤い斑点を付けたみたいなやつが
カエルのノド基に吸い付いていた。
そのときのカエルの呼吸している様な動きも鮮明に覚えてる。
でも次の日に確かめたりしたかまでは憶えてないんだよね。
何週か後に出たジャンプのアウターゾーンにソックリな
幼虫みたいな生物(俺が見たのより遥かに大きかったが)が出てて、
「あ、俺が見たのはこれだ」
と思ったような記憶はある。

428 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 02:16 ID:EE6kG02M
しかし我ながら文章書くの下手すぎ。
わかり難くてスマソ

429 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 02:22 ID:SG7KrTsO
夏休みをダラダラ過ごしてたら自分の名前を忘れてしまった。

430 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 03:49 ID:aXDvnVws
なんとはなしに全部読んじゃったよ。面白いスレだ(w
まあつきあい的に自分からもひとつ。
ずいぶん前、まだガキの頃ね。夜寝てたら誰かが部屋の畳の上を
歩く音で目が覚めたんだよ。自分の寝てる蒲団の足もとあたり。
その時は「あ、親父かお袋かな」って思っただけで、眠かったし
とりあえず狸寝入りを決め込んでたのね。
そしたらなんだか件の誰かが俺の顔の近くに顔を寄せて来たんだよ。
「フーッ、フーッ」って鼻息が聞こえるわけ。「あ、見てる見てる」って思って(w
でなんか急におかしくなって
思わず笑い出しそうになったんだけどこっちは狸だから。必死に堪えるのよ
それを(w
でもその内我慢の限界が来て。で、とりあえず狸をごまかす為に寝返り打とうとして。
そしたら身体が動かないんだよね。声も出ないし。そんで顔にはまだ鼻息?吹っかけられてて。
わーなんだなんだ、金縛りかよこれ、って、一気にパニックだよこっちは。
どうするどうするーって思ってたら、なんかその鼻息がハイライト(煙草)臭いのに気付いたの。
俺の記憶ではハイライト喫ってたのって随分前に死んだ祖父さんしかなかったから。
反射的に「お祖父ちゃん?」って口に出して聞いた。
そしたら、こう、ふっと蒲団から起き上がってる自分がいて。
隣の部屋にはまだ親父が起きてたから。「今お祖父ちゃんが来た」って言ったら、
「ああ、そういえば今日は中日だもんな」と。

昨夜ひさしぶりに親父がこの話を思い出したのもなにかの縁かな(w
長くなっちったよ。sage。

431 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 03:53 ID:S8KUJaRG
423すげ〜こわ〜

432 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 05:00 ID:ndxC/qaT
今200まで読んだけど、怖すぎる・・・・・涙出てきた。。。

433 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 05:12 ID:wU+KKgS1
子供の頃熱を出すと、大抵必ず、頭の中にぐしゃぐしゃの紙が出てきました。
ぐしゃぐしゃの白い紙に6Bくらいの太い濃い鉛筆の線がでたらめに書き込まれていて、
それが熱のある間ずっと頭を回っているのです。
私は夢の中、その6Bの線を一生懸命消しゴムで消して、
けど、消しても消してもまたじわじわ浮かんでくるのですよ。
その6Bの線がまた勘に障る、神経がトゲトゲしてくる感じで必死に消してました。
それで、完全に消える頃熱が下がるのです。
多分、熱の頭が見せた夢だと思うのですけど、
逆に、鉛筆の線を消せなかったらどうなってたのだろうとふと思う。

434 :おきかなくわえた名無しさん:01/12/14 05:45 ID:nwYre7ub
>>433
漏れも同じ体験がある、
子供の頃、風邪をひくと必ず同じ夢を見るから、
不思議に思っていた、あれ何なのだろう?

435 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 09:54 ID:uomXydzN
昔住んでた家。四畳半の畳の部屋があって、その部屋にはいると
お経を唱えるのがハッキリ聞こえる。
小1の私は隣の家から聞こえるのかと思って外に出て確認するんだけど、
その部屋からでたら全く聞こえない。
他の部屋を調べたりいろいろしたんだけど、結局わからなかった。
あれはなんだったんだろう。

436 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 10:12 ID:zTmPwm1t
>>435その部屋の隣に面した家が草加だったとか、ない?

437 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 11:47 ID:GtOq782D
子供じゃなくてけっこう最近の話なんだけど、夏場で、缶ジュースを飲もうと
自販機にお金を入れてボタンを押したの。
ゴトンとジュースが出てきたので取りだそうとした時、ふと頭の中で
「あ、もう一度ボタン押して選ばなきゃ」って思った。

「あれ?なんで?」と思い直した時、自販機の当たりランプが点灯した。
当たる事が既に承知済みに思えたのが不思議だった。
でも、直前に分かってもあんまり役に立たないよね。
もう少し先に読めれば博打や宝くじも当てられるかもしれないのになー。

438 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 12:40 ID:dPWWb7/X
亀レスですが、
>>249>>335

子供の頃、一人でボーっとしてる時たまに似たような状態になってました。
自分がなにか別のものになったような不思議な感じで、
「自分は何だっけ?」「どうしてここにいるんだっけ?」と自問してました。
いつも自分の住所や名前を頭のなかで確認して回復してました。

439 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 12:54 ID:+22EJ3r0
>402
>422
こんなところでお仲間にあうとは…
私の場合は、子供の頃、銭湯の帰りにみた
さそり座でした。
ものすごい大きくって 星の1つ1つが
なんっていったらいいのか…
梅の花みたいに見えた。
多分ほんとに>422とおんなじ感じで
レスをみて急に思い出しました。

440 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 13:02 ID:b9MKpGCf
小学校の頃の話。
登校拒否児童だった俺は、いっつも登校途中にある神社の裏山で過ごしてた。
そこで本読んだり、スケッチブック持ってって絵描いたり(うわ暗っ)
ある日のこと、いつもよりちょっと高いとこまで登って、そっから見える学校を
スケッチしていたら、突然同い年位の女の子に声かけられた。

「何してるの?」って。

やばい、先生にチクられる!ってパニックなって言葉に詰まってると、その子が

「一緒に遊ぼうと思ったのに・・・」

そう喋ったのを聞いた以後、ぷっつりと記憶が途切れてる。
気付いたら家で、父親に散々怒られてた。
「あれ?俺なんで家に居るの?」
と思った記憶が残ってる。
あの子何者だったんだ。たぬきか。宇宙人か。

441 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 14:41 ID:WXsIzB6/
お母さんのお腹の中の記憶がある人がいたら話を聞いてみたいな。

442 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 14:54 ID:PckhYDc8
たらいの産湯がきらきら光ってたのを覚えている。

443 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 15:04 ID:vhCrcxQK
子供のころ風邪をひくと感覚がおかしくなって
まわりの物事がすごく早くなる。
普通のはやさでしゃべっているんだろうけど、
こっちには早口にきこえた。

444 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 17:16 ID:UxUPDBlB
子供の頃の風邪の話がたくさんあるけど、私の場合は
水の張った洗面器に顔だけ突っ込んでいるような感覚がいつもありました

あと、自分の体が膨張していくという感覚もわかります
コレもやっぱり体調の優れない時になりますが
実は私小〜中にかけて瞑想が趣味であった人間でありまして(藁
極まってくると、いつでもその感覚が再現できるようになるんですよ
最終的には宇宙と同じくらいの大きさ(多分銀河系)になって
地球が手のひらサイズに感じることが出来ました
結構気持ちよく、何か大きな者との一体感がクセになります
でも高校生になってからあまり瞑想しなくなり、うまく再現することは出来なくなりました
やっぱり日頃から鍛錬して無いとダメなようです

445 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 17:17 ID:UxUPDBlB
続いて失礼
自動販売機の話がありましたが、自販機つながりってコトでひとつ

高校生の頃ですが、受験勉強に追われ、息抜きにビールを買いに出ました(藁
田舎でありますし、一応高校生の私ですから、ちょっと離れた裏通りの自販機を目指しました
5分ほど歩き、自動販売機の前に立ち、500円玉をいれて・・・
でも、500円は下から落ちてきます、もう一回やっても同じです
おかしいな?壊れてるのかな?500円玉を受け付けないタイプなのかな?
500円玉1枚だけ持って家を出た私は、別の自動販売機に行くのが億劫で悩んでいました

すると、向こうから車のライトが近づいてきます
私は隣のジュースの自販機の前に体をずらし、通り過ぎるのをまっていると・・・
車が止まりました、それは同級生の、いわゆる「スピーカー」なおばはん
で、ひとしきり話をしておばはんは去ってゆきました

その後、立ち去る前にもう一度だけ、と思い、500円玉を自販機に入れました
すると、さっき何度試しても全く通らなかったそれが何の問題も無く受け付けられ
私は無事ビールを手にすることが出来たのでありました

始めにすんなり500円が入ってたら私はビールを手にしておばはんと対面するハメになったわけで
親にも話は伝わり、夜中の12時回ってたという時間でもあり
そんなに厳しい親ではありませんがちょっとだけややこしいことになってたと思います
そうなる事態をうまく回避できたことに、なんとも不思議な気持ちがしました
そして、無神論者で幽霊など一切信じない私ですが、「なんか」はあるな、と思っています
人には説明しきれない「なんか」が

446 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 17:28 ID:XlBDB57Y
近所の公園で遊んでいたら、女の子に声をかけられた。
「あそこに住んでる」と指さしたのは高層マンション。
「いつもいるでしょ。窓から見てたんだ」「一緒に遊びたかったの」
と言われて、公園で遊んだり、何度かマンションに行った。
でも窓から見た公園はすごく遠くて、しかも公園が近隣でそこしか
なかったから子供で溢れかえってて(まさに芋洗い。熾烈な場所取り合戦)
あの中からどうして私だけ見てたんだろう?とは思った。

しょっちゅう遊んでたのに、気が付いたら公園に来なくなって
マンションにも行ってないな〜と思って、母親に
「○○ちゃんちに行って来る」と言ったら「誰?その子」
新しい友達ができた、とか窓から見てたんだって、と確かに
報告してたはず。マンションの窓から紙飛行機を大量に
飛ばしまくったのを言ったら、ものすごく怒られたはずなのに
母親はそんなの知らない、という。
でも私があんまり言い張るので、母親と二人でそのマンションに
行ったら、その号室の名前が記憶と違う。
また私がごねるので、結局ドアの前までいって住人と母親が話をした。
女の子なんかいないし、もうずっとそこに住んでいる、とのこと。

その後も何度も一人でそのマンションに行って、ポストの表札を
全部見たけど、やっぱり覚えている名前はなかった。

447 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 18:18 ID:OzKqqv1w
小学校2年のとき、
親父が留守のときだけ家に遊びに来るおじさんがいた。

同じ頃、妹がブランコから落ちて入院して、
3日くらい母親が付き添いのため家を留守にした。

親父と二人暮しになった僕が「お母さんがいなくてつまんない」
と言うと、親父が「動物園に連れてってやる」と言い出した。

親父はそれから毎日動物園に連れて行ってくれたけど、
そこはとても混んでいて馬意外の動物はいなかった。

一番不思議に思ったのは、
その学年の終わりに母親と妹と僕の三人だけが引っ越して、
急に僕の苗字が変わったことだ。

448 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 18:27 ID:PePru1yt
体温と同じ温度の風呂の中で、目をつぶってぼ〜と・しながら浮いていると
体が、無くなったみたいなヘンな感覚になれる。

449 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 18:55 ID:WRNaEsh/
>445
わかるぅ〜!
その「なんか」ってやつ

ばぁちゃんが危篤って事で、夜の9時くらいに家を出た
近くまで来て夜中だったけど、
「病院に寄ってから来て」
と言われてたから向かおうと思ったけど、全然着かない
霧がかかったり、同じ道を何回も通ったり…
結局、病院には行かずばぁちゃん家に向かった
次の日というか、その日の昼過ぎに亡くなったけど、
あとから話を聞いて「なるほど…」と思った
あのまま病院に行ってたら、最後の夜をじぃちゃんと2人で過ごせなかったという事だった
「なんか」だよ、きっと

450 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 19:01 ID:UIL3Ih93
小学生のころ、掃除の時間に
アニメの「トム・ソーヤー」の主題歌(だったとおもう)
を僕一人で鼻歌みたいにして歌ってたら、
いつのまにか、それがどんどん伝染していって
教室の人たち全員の大合唱になってた。
あれはびっくりした。

451 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 19:12 ID:x3K2PVbK
子供の時というか、厨房の時なんですが・・・
通学路の脇から抜ける近道があって、そこは暗くて人通りもない道なのですが、
門限に遅れそうなときは結構重宝していた。
ある日、そこに謎の女の人が現れるようになった。全身黒ずくめ手には何か包みの
様なモノを抱えている。
で、居るだけなら良いのですが、人が前を通ると突然
「きぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜ぃぃぃぃぃ!!!!!!」
「はあぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜っっっ」と叫ぶ。生きてるのかそれともアレなのか、
顔はまともに見てないが、全体に生気がなくどんよりしていて怖かった・・・
なんだったんだろう、あの人は?

452 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 20:21 ID:FCNj+ek/
>>447
つまんないから、一昨日来やがれ。

453 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 20:25 ID:pAlmekJU
子供の頃に熱を出すと必ずと言っていいほど
ファミコンの世界みたいなのが見えてた。
うまく言えないけど、ブロックみたいのがパラパラ落ちてきたり。
しかもそれを見るとすっげー気持ち悪くなる。体が浮くような・・・

454 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 20:39 ID:g0MMahjY
7歳ぐらいの時の話。。
親戚がうちの家の集まってて、ヒマなんで子供達だけで
自分もあんまり行ったことがなかった隣の地区まで行って見ることにした。
探検するうちに迷っちゃって
怖くなって適当に突っ走ってたら、見たことない森(?)にでた。
しばらく行ったとこで小さな川が流れてて、ボロボロの橋がかかってた。
それを渡って走ってたら、いつのまにか住宅街にぬけて見慣れた風景があった。
んで無事に帰れたわけなんだけど、あれから何回も
近所に小川とかあるか探してみたけど見つからない。ってか、ない。
きったない池があるだけ。


あれはどこだったんだろう。。。今だに分かんない・・・

455 :416:01/12/14 20:43 ID:U2Tt1NP6
>>417
きっとそんなところだったのかもしれないね。
奇妙、というより忘れられない体験、だったかな。

456 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 20:50 ID:wU+KKgS1
子供の頃ではないんだけれど、
高校時代、特別な学校イベントの度に、家でペットが事故に遭っていた。都合2回。
卒業して3年間、つつがなく暮らしていたのだけれど、
教育実習で母校に戻ったら、また事故に遭った。
偶然ならいい。偶然ならいいけど……。
流石に怖くて実習以来ずっと高校には行ってない。

457 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 20:53 ID:ovhs6xeu
子供の頃は毎年、夏休みには親戚一同が親の実家で1ヶ月ぐらい過ごす事になってて、
広い部屋でみんな一緒に寝るんだけど、たまに僕だけ朝早くに目が覚めちゃった時、
まだふとんから出る気はないけど、とりあえず1回まばたきしよう、と思って
ぱちっとすると、目を開けた時にはもう周りのみんなが起きてて、
「おまえ、いつまで寝てるの」ってたしなめられるってことはよくあった。

たぶん、普通にねてただけだと思うけど。

458 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 21:36 ID:tMCc0Qvy
>>449
???話が理解出来ないんですけど???私だけですか?

459 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 21:51 ID:ovhs6xeu
消防の時。
自習の時間で、みんな勉強などせず、がやがやとおしゃべりしてた。
そしたら次の瞬間、音がぴたっと止んだ。シーンって音が聞こえるくらい。

偶然の一致でみんなが同時に一息ついたんだと思う。こんなことってあるんだ、と思った。

460 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 21:57 ID:kJsRJRFq
>>458
445も読んだ?

>>459
それは、
「幽霊が通った」
のだという話でした。うちの辺りでは。
誰が言い出したのか知らないですけど。ありますよね、そういう事。

461 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 21:58 ID:NS7KIL07
小5の時、私の席は廊下側の一番後ろだった。

社会の時間に、班机にしてでっかい地図を作ることになった。
で、同じ班の子に、「ここ手伝って」って言われて席を立ち
しばらくしたら、後ろの入り口の戸が外れて、私のイスの上で
ガラスが大破。

普通に勉強してたり、班の子によばれなかったら大けがしてた
とこだった。

462 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 22:01 ID:IPf7Lk5Z
>458さん、わたしも・・・

と、ついでに奇妙な体験を一発。
まだ幼稚園に上がるか上がらない頃。
理由は忘れたけど、両親に用があって私と妹2人は
近所の友達の家に一晩預けられた。まだ一番下の妹ハイハイできる程度。
およその家で眠れなくて、布団中で夜中ボ〜っとしていた。
私の両脇に妹、その横におばちゃん、その横におじちゃん。と言う配置。
フと部屋のドアに目をやると、ちょうど私たちの横になっている影の中から、
ニョキっと大人の腕の「影」があらわれ、上に向かっておいでおいでと、
手招きをしていた。誰かがふざけているのかとおばさん達の方を向いても、
みんな爆睡していて、動いている様子もない。
で、もう一度ドアを見るとやっぱり「おいでおいで」していた。
そのうち眠ってしまってそれが何だったか分からない。

463 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 22:05 ID:na0nytVJ
>>458
わたしも今ひとつよくわかりませんでした。
おばあさまが亡くなったのは病院なの?家なの?
おじいさまとおばあさまがすごく仲良しだったの?
(そういう伏線がないと、他人には納得しにくい)
ってあたりが。

464 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 22:08 ID:kJsRJRFq
>>463
病院って書いてあるし。
自分が着かなかった事で、最後を二人きりで過ごさせてあげられた、という話でしょう?

465 :名無しさん:01/12/14 22:19 ID:JyOxHxos
消防の頃だか幼稚園の頃だか、妹と同じ夢を見た
朝起きて夢の話をしてたら「え?私も・・・」
みたいな。がいしゅつだと思うけど

466 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 22:21 ID:+IZClhB0
>>459
それうちでは神様が通ったって言ってたよ

467 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 22:24 ID:ODoqN92v
>>459,>>466
私は「天使が通った」って言うなぁ。

468 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 22:30 ID:na0nytVJ
>>464
まあ、文脈から病院だろうなとは思ったんだけど、
ちょっとわかりにくい文章だったよ。

469 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 22:33 ID:PyszQAFK
俺は『俺が時を止めた』って言うなぁ

470 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 22:59 ID:rO/hFaaQ
ひゅうひゅうする。固いものにつかまえられてる。
おぼれたみたいに鼻がつーんとする。
うるさい。まぶしい。へんなにおい。へんなあじ。
さむい。のどが痛い。
あったかいとこにもどして。

という感覚を、幼い頃、熱が出るたびに味わった。
なんとか言葉にして親に説明すると
生まれたときの記憶かも、といわれた。

471 :432:01/12/14 23:08 ID:SLUmwxVb
>>430
良い話ですねー
私は金縛りにあったことないですー
・・・とか言うと今夜あたりありそう(w
(;´Д`)

>>441
記憶違いかもしれませんが、オープンカーに乗ってギリシャ風(?)の風景の中を走ったのを覚えています
これって生まれた後かなぁ・・・
でも母は海外なんてまだ行った事無いって言うし
ってか、意味が分からなくなってきたよ(w

文章ヘタクソなのでage

472 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 23:12 ID:4LQkEkSv
>>464
その通り…アリガト‥

473 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/14 23:53 ID:YRE1owT5
全然奇妙な体験でもなんでもないんだけど、小学生の頃、自分に背を
向けている人をじっと見て、「こっち向けこっち向け向け向け・・・」
と思うと結構な割合で振り向くから、一種のテレパシーみたいな
ものなのかな、と思ってちょっと嬉しかった覚えがある。
今になって考えると、あれは単に視線が気になるとか
そういうレベルのものなんだろうけど。

474 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 00:34 ID:RVKPf0q3
小学校の頃、よく鼻血を出していました。
2,3日に一回位の割合で、それが2,3年位続いてたんですね。
で、ある日、いつもの様に鼻血を出しまして、
普段はティッシュでも鼻に詰めこんどいて終いだったんですけども、
その日に限って先生に「保健室に行きなさい」と言われたんですよ。
それで保健室に行ったら、保険の先生に
「鼻血を無理矢理止めないで、鼻をかんでごらん」と言われたんです。
言われたとおり鼻をかんでみたら、血にまみれた鼻水が大量に!!
それはもう出るわ出るわ、トイレットペーパーでかんでたんですけれども
新品のロールが半分以上無くなり、ゴミ箱がおっつかなくなる程に出まくりました。
どうも鼻の中が鼻水で圧迫されて出血していたみたいでして、
それ以降鼻血が出ることは無くなりました。
奇妙と言うか、人間の鼻には凄まじい量の鼻水が溜まるのだなぁ…とびっくりしたお話。
付き添いの友達はあまりの量に少し怯えてた。

475 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 00:37 ID:jR4F3bPm
>>474
人体の神秘、ですなぁ
すごくスキーリしそう、一度やってみたい

476 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 00:40 ID:eGXdyv1w
>>473
この前テレビで、人間の首のあたりに、そういう視線を察知する
 能力が潜在的にある、っていってたよ。

477 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 01:14 ID:ekdL6UOJ
449さんのお話、私はすぐわかりましたよ!
ヤパーリ最後は一生愛したおじい様と2人で…とおばあ様が願っていたのでしょう。
うちと違うのでホローリしたよ。
私のおばあちゃんは、ずっと日本女性の見本のような優しくてつつましい素敵な人だったの
ですが、ボケてしまってからは、実はおじいちゃんの事がずっと嫌いだったと本音を暴露しまくり
2年前に亡くなりました。
おじいちゃんは相当ショックで、一見明るく振舞っているけど多分死ぬまで立ち直れないと思う。
これからはもっとおじいちゃんに優しくしよう。

478 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 02:35 ID:aF21JmV1
子供の頃の話とは言えないけれど、「なんか」にまつわる話を。

私が高3、弟が高1の夏休みのこと。
母方の祖父(病気で入院していた)が外泊する日にあわせて母の実家に行くことに。
せっかくの夏休みなので、途中の温泉で一泊してから行くことになった。
出発の朝、なかなか起きてこない弟を父が起こしにいったら、寝ぼけながら
「え?葬式はいつ?」と突然言ったそうな。
そのときは「寝ぼけていたんだね、馬鹿だね」と笑い話で済んだ。
昼前にいざ出発という時になって、弟が突然行かないと言い出した。
まあ、高1というと親と外出するのも嫌がる年頃なので、仕方ないねと
私と両親の3人でまず温泉へと向かった。
宿に着いて一休みしてから、母が「弟はどうしているかな?」と家に電話してみた。
そしたらなんと祖父がさっき亡くなったと連絡があったそうな。
その頃は携帯もなく、弟には宿の電話番号も教えていなかったので、こちらから
家に電話するしか方法がなかった。
その電話すら「せっかく一人で羽根を伸ばしているのに煩がられるかな?」と
しようかどうか迷っていた。

もし弟が私たちと一緒に来ていたら、あるいは母が弟に電話していなかったら、
私たちはアホ面さげて「来たよ〜」と悲しみに暮れる実家に行っていたところだった。
(私たちは次の朝早く家に戻り、喪服の用意をして弟を連れて母の実家へ急行)

それから、弟が父に起こされた時に寝ぼけマナコで言った「葬式はいつ?」の
言葉が何かを暗示していたようにも思える。

479 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 02:43 ID:UAWZ7zlZ
私が体験したわけじゃないんだけど…。
友達のIちゃんが「私さ〜今日ガム踏むガム踏む(踏むかもって意味)って思ったらほんとに踏んじゃっててさ〜」
って言ってた。でもその子は不思議ちゃんなのでわからない。
よくUFOとか宇宙人見るらしいし…

480 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 03:13 ID:egOhOc6N
母の叔母、わたしにとっては大叔母さんにあたる人は、遠くに住んでいても、
わたしと姉をとてもかわいがってくれて、クリスチャンだったので毎年毎年
かわいいクリスマスカードをふたりに送ってくれていました。

幼稚園の頃は母に書かされてなんとか返事を出していたものの、だんだんと
書かなくなって、大叔母さんも足が悪くなって出かけられないからカードが
買えないの、と何年も送ってくれない時期が続きました。

会ったのも物心ついてから数回だし、こちらとしては気に留めていた存在で
はなかったのですが、高校三年の冬に、ふとデパートでクリスマスカードを
手に取って、「そういえば」と何の気なしに買い求めて、初めて自発的に、
カードを郵送しました。

その翌月、大叔母さんは一人暮らしの部屋で亡くなってしまいました。親戚
が電話にでないから、と行ってみて発見したのでした。
お葬式や住居の整理に行った母が、時々送ってたわたしたち姉妹の写真を、
きれいにアルバムにしてくれてたのを見つけたそうでした。

最後のクリスマスにふとカードを送る気になったのは、虫が知らせたから
かも、と思っています。

481 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 06:02 ID:ss0E7Q+f
>>22
すごい大きい火の玉が上空に浮かんでるのをみたことがあるよ。
火の玉なんて呼べないぐらい大きいもの。
オレンジ色でした。

482 :249:01/12/15 07:39 ID:6qpXgCLH
>>335 >>438
ワーイ似た経験あるひといて嬉しいよー
私はSFっこなのでああいう(>>249)記憶になりましたが。
回復の仕方は438と同じく、「えーとえーとここは地球で日本で人間で…」
って感じだった。

ある日、それやらずにワケわからないままいたらどうなるか実験。
10秒で恐怖のほうが先にきてしまった。
怖くてやっぱりやっちゃうんだよ、「ここはどこで自分が誰で今なにをやってて」。

483 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 09:36 ID:knhjLVsr
子供の頃熱が出た時見る夢はグシャグシャ、ガジガジ、ギコギコの「摩擦の世界」
としか言い様のないものとその直後のツルツル、ヌメヌメ、スカスカの「摩擦ゼロの世界」。
どっちも余りに極端な環境で身体を思うように、というか殆ど動かせない。
そしてその後、惑星くらいの大きな岩石がマッハのスピードで自分に向かって来る。
物凄い恐怖感。直後に物凄い小さなミクロの穴に自分が吸い込まれる。
なんか両極端なイメージだったな。高熱になると毎回見るので小3頃には
今自分が熱があるんだなと分かった。事前に心構えできるようになったら
見なくなったので、なんか悔しい。

484 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 10:10 ID:DCklAze1
昔よく見た夢。
自分はマンション住まいなのだが、
普段のように家に帰ろうとエレベーターに乗るのだが、
自分が住んでいる5階で停止せず、どんどんどんどん登っていき、
結局一番上の階まで行ってしまう。100階とかそんなくらい高い階。
そもそも6階建てなんだからそんな階あるわけないんだけど・・。
そして100階で降りると、そこはガラス張りの階で、
何故かリニアモーターカーが走っている。
リニアモーターカーは現代のカッコイイ奴じゃなくて、国が開発し始めた頃の実験用車両で
クリーム色に朱色のライン。それはビルが沢山建ってる街を走っていく。
妙に発色の良い世界が不気味で非常に怖かった。幼稚園から小学校くらいまでよく見た。
そういえば人間は出てこないな。

485 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 10:16 ID:yGa9Mvgq
>483
私も同じような感じだった。
あなたのように上手く文に出来ないし、
そんなに具体的には覚えてないけど
読んでて そうそう って思ったよ。
特に 巨大な石が上からゆっくり落ちてきて
視野いっぱいに広がる時が 怖かった。

486 :483:01/12/15 10:20 ID:knhjLVsr
あと、小さな頃から中学生くらいまでシンクロニシティみたいのが
ちょくちょくあった。頭で思ってるだけの知りたい情報があれば、
どんな小さくてレアな情報でもこっちが何もしなくても必ずすぐに
どっかから偶然情報が入ってきたり、久しく会ってない人を思い浮
かべると殆どの確率ですぐ後に会えたり。
それに別に自分では何か思って行動してるわけでもないのに、
あとで「こうしといて良かった!」と思うような行動をとっていたり。
あまりにも度々タイミングがいいので、何か関係性があるのか
(流行とか世代とか)考えてみたりしたけど、どれを考えてみても
説明がつかない。何というか、言い方は変だけど「王道を歩いている」
って感覚。
そんな自分が胡散臭く思えてきて(自意識過剰なんじゃないかとか)
中学の後半にワザと勘みたいのに逆らうようにやってみたら、
それ以来ピタッとそのシンクロニシティみたいのが消えてしまった。
それ以来十数年そこから外れたまま、戻そうと努力してみても
戻らなかった。やっぱりあれは単なる偶然じゃなかったんじゃないか、
勿体無いことをした、と後悔した。
でも最近、本当に自分のやりたいことを本気でやったり、
自分の心の底から求めてるものを自分で自覚できるように
なった時に不思議とあの頃の勘みたいのが一時期戻ってきて
昔のような事がいくつか立て続けに起きた&不思議と物事が良い方に
進むので、ちょっとビクーリしている。
もしかして人間の深い部分と「何か」って繋がってるんだろうか
とか本気で思った。
こんなこと書くと何か自分アヤシイやつだけど、特定の宗教とか
自己啓発なんかとかとは関係ないんで。(w ああいうのは苦手
でもくじ運は今も昔も悪いんだよね。チッ
長文スマソ

487 :483:01/12/15 10:37 ID:knhjLVsr
>>485さん
そうそう!最後は視界いっぱいに広がって
「ぶつかる!もう駄目だ!!!!」とか思います。
あと、>>433さんの紙がグシャグシャっていうのも
ものすごく分かる気がする。「摩擦の世界」って見える範囲全部
地平線の彼方までそんな雰囲気。
体調悪い時ってけっこう同じような夢見てる人いるもんなんだな。
いつか熱出した子供がいたらどんな夢みるか聴いてみよう。

488 :433:01/12/15 10:50 ID:Y0uTYgWh
なんか皆さん同じような夢を見るもんですね。
本能的に今の不快感を目に見える形にしてくれてるのでしょうか?
そう言えばクボキリコも風邪薬の飲みすぎのときに、
視界いっぱいバラバラに飛んだモザイクに支配されたって言ってました。
そのモザイクが上手く嵌って一枚の絵になったときに「熱が下がった」って思ったんですって。

私は他にも、熱のある間、ガラガラ声の雷オヤジに怒鳴られているような感じがしました。
実際耳に声が聞こえるわけじゃないんだけど、そんな声を聞いたときの聴覚の不快さを
再現して追体験している感じ。
眠いのに揺り起こされているような感じもあった。
兎に角、私の夢のキーワードは「がさがさと神経に障る」って感じでした。
他の方もそんな感じでしょうか?

489 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 10:53 ID:AZntxiYY
夢の話はオモロナイ

490 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 11:02 ID:aT+58AFX
>>489
まず、オモロイ話題をフッてクレ

491 :483:01/12/15 11:09 ID:knhjLVsr
>>433さん
そうです、ガサガサと神経に障る!
あと、自分の場合はそれプラス
ツルツルと不安定で神経に障る。
常軌を逸した大きさ、速さ、力強さへの恐怖。
常軌を逸して小さいものが自分に襲いかかる恐怖
ってかんじです。
とにかく不快感を凝縮して視覚化されてる感じ。
今、書いてて気付いたけど、そういえば実生活でも
嫌いなもの、怖いものってこれに関係ありそうなものが多い...。

492 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 11:09 ID:x3Lz4PqO
>490
夢の話だとキリが無いと思わん?

493 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 11:20 ID:mFMMB79E
>>492
同意。
経験者にしかわからない抽象的な話を延々とされても困る。
もっと、イメージが浮かぶようにわかりやすく書いてくれるならいいけど。

494 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 13:21 ID:VzjbWjqr
先週の金曜日、塾帰りにUFO見た。
友達も見てたから嘘じゃないよ

495 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 13:48 ID:AaNPYqGw
僕がたぶん5歳か6歳くらいで、時刻は夜の9時頃。
ベッドの上に横になって、開きっぱなしになっている部屋のドア越しに
隣の部屋の父の背中を見ている。
父は風呂上がりらしくて、上半身裸のまま汗が引くのを待っている。
僕が何か父に言って、父がそれに答える。

という情景を、デジャブと言うんですか、
何度も何度も繰り返し見ました。
いつも「あ、これ前に見た」と思って父にもそう言うんですが、
父は「お父さん知らないよ」と答えて、その部分まで全く繰り返しなんです。
って言うか、別に珍しい情景じゃないし、
何度もそういうことが起ってるだけかもしれんけど、
あーうまく文章に出来ない(涙

496 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 15:11 ID:zu8+xf4u
子供の頃だけじゃなくて今もなんだけど
予知夢?デジャブ?みたいなのはたまにある。
まず夢を見るんだけど普段みる夢とは違う感覚で
夢から覚めた直後は妙な印象が残ってる。
で、しばらくしてそんな夢のこともすっかり忘れた頃に
なんてことない日常の中で「あーーー!!これ、夢でみた!!」
って思う場面に遭遇する。二枚の絵がピッタリ合わさる感じ。
でもその合わさった!って感じた一瞬をすぎると
「夢で見たけどさっきのとは違うかも」みたいに現実感がなくなってしまう。
ありがちな話しでスマソ

497 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 15:27 ID:NDf2fPzo
小3の時、雪道を歩いていたら知らない道があったので行ってみた。
そこは友達の家の裏手で景色は春だった。
小さな石の観音像があって黄色い花が咲いていた。
石には「安」とか「家」とかのいろんな漢字が書いてあった(あとは読めなかった)
石にも触った。温かかった。
とりあえず春が来ている(当時はそうやって来るものだと勘違いしていた)
事を友達に知らせに行こうと思って走って振り返って確認したら
また冬になっていた。
何も無かった。
何だったのか物凄く不思議で人に話しても
ただ注目されたがってウソついていると思われるし・・・。
今言っても「千と千尋」のおかげで「不思議かぶれ」だと思われそうだし。
ココに書き込めて少しスッキリ。
これって何でしょう?

498 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 15:30 ID:s9RjcMtw
多分小学生の頃。
いつもは押入れの方向に頭を向けて寝ないのに
その日は何を思ったか押入れに頭を向けて寝てみた。
すると夜中に体がフーッと10cmくらい浮いた感覚がして
そのまま押入れのなかにスーッと引き込まれて行った。
そのまましばらく進むと小さなドアがあって
すこしだけ開いていてそこから光が漏れていた。
ぼそぼそ話す声が聞こえるなぁ、と考えていたら
いきなりどこかから「行く?行かない?」と声がしたので
「行かない」と答えたらまたスーッとすべるように
布団に戻って行った。
その後今にいたるまで絶対に押入れに頭を向けて寝ない。
夢かもしれないけどあんなはっきりとした感覚が残ってて
しかもいまだにはっきりディテールを憶えてるので
夢ではないと思う。(夢はすぐ忘れる性質なので)

499 :おさかなくわえた名無しさん :01/12/15 16:30 ID:uL6WUxV3
>>402>>422>>439
私も同じ経験があります。小学生の時夕方家に帰る途中でした。
輪のついた大きな星が空に浮んでいました。
土星に輪があるのは理科の本の写真を見て知っていたから
「あ、土星だ。ほんとに輪っかがあるんだ!」
と思ったんだけど、肉眼で見えるはずないんですよね。
子供だから何の疑問も持たず、ただ土星に本当に輪があるのを
確認できたのが嬉しかった。

500 :500:01/12/15 17:07 ID:n2cM87Pa
500

501 :471:01/12/15 17:16 ID:STpOS/z9
>>483
俺もあります。
でっかい岩があって、高い所から落ちていく感覚。
全く同じ夢を別々に2回見た。
どちらも高熱を出して寝てた時だった。

デジャヴ・・・最近は全然起きないけど、
小学校の頃はよくあった。
しかも予知夢?のようにこれから自分が見る光景もなんとなく分かった。
以前デジャヴが起こった時、何度か「これから自分が見る光景」を見ないように行動してみたが、
結局最後にはその光景が目の前にあった。

「未来は変えられないのかっ・・・!?」などとシリアスに考えたりもした(w

さらにヘタクソなのでage

502 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 18:48 ID:zNe1FWFv
子供の頃の話じゃなくて、子供の頃からの話で現在進行形なんだけど。
昔から、たまに服を後ろから引っ張られるのね。ただそれだけで別に
痛いわけでもなんでもないんだけど、服を摘んで「ピッ!」ってする感じ。

最近では、守護霊さんか御先祖様がだらしない俺に、せめてもの身だしなみを
整えるつもりでやってくれてるのだろう、と思ってる。ありがとう誰か。

503 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 19:02 ID:wwDGKr5C
>>502
どういたしまして。

504 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 19:12 ID:InGI/HVY
高校の時、仲の良い友だちが朝から青い顔をして登校してきたんで
「どうかしたの?」と尋ねました。そしたら「すっごいイヤな夢みちゃって
さ〜。夢の中で何故かウチの庭に古めかしい井戸があって、何気なくオケ
みたいなのを引っ張りあげたのね。そしたらそのオケの中に近所に住んでる
昔からかわいがってくれてたオジサンの生首が入ってて・・怖くて飛び起き
ちゃった〜」と答えました。その時はコワイね〜で終わったのですが、
2週間後、そのオジサンが入水自殺をして海で発見されたことを聞いて
かなりビビりました。友だちはいまだにギョロッと目を開いたオジサンの
生首の映像が忘れられないそうです。

505 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/15 22:52 ID:/FbNQ9MR
私が住んでいる近所は道にそって家が建ってて、どの家の裏も林になって、繋がってるの。
裏庭が林っていうか。
それで小さいとき友達と「林の方を歩いて庭から家に帰ろう」
って林の中を歩いてたら、ボロボロの2階立てで、窓ガラスが
ぜんぶ割れてる建物があった。
建物の中を覗くと、「ぶどうジュース」とか、「スパゲッティー」とか
喫茶店のメニューみたいなのが書いてある短冊
が蕎麦屋みたいに壁にいっぱい下がってた。

友達とのんきに「ここでレストランごっこできるねー」って
話して、その日は見ただけで帰ったんだけど、結局それから
どうやってもその建物にたどり着けなかった。

親に聞いても「そんなものあるはずない」って言うし、
よく考えたら「あんな林の中に喫茶店なんかあるはずないよなー」
って。

「ほのぼの不思議な話」って思ってたけど考えたら
ちょっと怖いなあ。

506 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/16 12:34 ID:Mt/oVONt
消防の集団登校時に、目の前のマンションから人が飛び降り自殺した。
うまい具合に車や木で落ちた人は見えなかったけど、途中経過を見た。
そのまま、みな無言で学校まで歩いた。
学校の門をくぐった途端に「人がおちた〜!!」と騒いだり泣き出したりした。

その日に転校する子も目撃者だった。

507 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/16 12:51 ID:33EnflSA
>学校の門をくぐった途端に「人がおちた〜!!」と騒いだり泣き出したり


すげえリアル。悪いけど笑ってしまった。

508 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/16 14:20 ID:gKVo2CmN
私が小さかった頃よく「おさる電話」で遊んでいた。
何ってことはない、ばあちゃん家の玄関すぐの柱にある
インターフォンだったんだけど、まわりに大人がいない
ときに押すと「おさるさん」(便宜上よんでた名前)が
応答してくれる。
色々沢山喋ったし、私とか従妹のことを(従妹も一緒に遊んでた)
あまりにもよく知ってるので、器用で色々な遊びを知ってて
よくかまってくれてた隣に住んでる叔父(従妹の父)が私達と
遊ぶ為にインターフォンを改造したんだと思って、従妹の家の
テレビ(何故かテレビで話してると思ってた)を一生懸命
おかしいところがないか探した。
結局何もみつからなくて、そのままになって、いつのまにか
おさる電話は応答してくれなくなってしまった。
そしておさる電話のことを従妹や姉や母に聞いても誰も覚えていない。
絶対に喋ったんだけどな。全然怖くなくて、色々楽しかった覚えだけある。

509 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/16 16:04 ID:+CHB2a4H
中学校のときに流行った、電話の話。
2ー2222って電話しても、「現在使われておりません」という
アナウンスが流れるのに、
2ー22222222222222222・・・みたいな感じで、
2局のあとに2を20回ほど続けてかけると、暴力団につながるという話があった。
友達が試しにかけてみたら、本当につながった。
あれはどこにつながってたんだろ?

510 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/16 19:05 ID:GV+h0rxQ
8、9年前、小学3〜4年生の夏休みの登校日の帰り道。
友達と二人でいつもの通学路を歩いていた。
すると、何か茶色い生物が横切っていった。
もしかしたら、ツチノコかな?と思って、急いで追い掛けたが
すぐに消えてしまった。

今思うと、単なるイタチかモグラだろうなぁ。

511 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/16 19:35 ID:CdZYmHIQ
両親の性交シーンを目撃したのは強烈だった。
あれ、トラウマになるらしい。

512 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/16 20:45 ID:NL7V/i9F
小学生のときの夏休み、1階の部屋に寝ていてふと明け方(まだ薄暗かった)
目を覚ましたら、ベッドの横の窓が開いてて、男の子が私の片足をベッドの柵に
紐で結び付けようとしてた。
私が目を覚ましたのに気づいた男の子は、走って逃げてってしまった。
私は何だろ?と思いながらも紐を外して窓を閉めて、また寝てしまった。
次の日起きて、よく考えたらあれは近所に住むDQN一家の長男に似てた、と思った。
母に言ったら血相を変えて、絶対に窓にカギをかけて寝ろと言われた。
当時はピンとこなかったけど、あのまま縛られてたらやられちゃったりしてたんだろか。
当時そのDQN家の男の子中学1年生、私は小学3年生くらいだった。

513 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/16 20:55 ID:tovZgWru
誰も信じてくれないんだけど、
大阪から新幹線で東京に遊びに行ったとき、
新幹線の中から景色見てたら、
ちょうど東京に着く直前にビルの中で人が浮いてた。

ネタや、ネタやと笑われて未だに誰も信じてくれません。

514 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 01:45 ID:ZzmawLX6
>511
マーシーの記事にのぞき趣味など性的異常行為に走る人は
おさないころ両親の性交を目撃してトラウマになった人がなりやすいと
書いてあったよ。
気を付けてね。

515 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 01:46 ID:YG4ZWr6O
>>514
俺は、未使用ゴムを発見した程度でよかったよ。

516 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 13:22 ID:AxRIFc/a
>>509
小学校の時の同級生の自宅が22-2222だったよ
当然市外局番は222・・・じゃないので、2連打だけでは通じないけどね
でも同一地域なら222222で通じたな・・・
今も同じ番号なのかは知らないよ

517 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 14:09 ID:dhaghx/V
電話ネタついでに…
どう言ったらいいかわからないけど、
受話器を置くところ(押したら切れるところ)のでっぱりを連打してから受話器を戻すと、ベルが鳴ってたよ
あれは何だったのかなぁ

518 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 14:17 ID:VYWoX4Up
そういえば小学生のとき、「新幹線博多駅まで開通!」って大騒ぎ
してたんだよね。九州住んでたから。
その頃地元の駅に行って待合室で汽車待ってたら、ホームに丸っこい
白い列車が見えて、「ああ、これがみんなが騒いでる新幹線かあ」って納得
したんだけど・・・・少し大きくなってから考えてみたら、「線路が
一本しかない肥薩線に新幹線なんか止まるかあああ!」と気づいたわけで。

なんだったんだあの列車は。新幹線フィーバーで幻でも見たのかな?

519 :名無しさん ◆MZ2000oY :01/12/17 14:18 ID:FbLTap55
>>517
ダイヤル電話の原理は、ようするにその押したら切れるところを
連打することでダイヤルしてるから、あれをいたずらすると思わぬ
ところに電話がかかったりする。
110 にでもかかっちゃったんじゃない?(w

520 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 14:18 ID:vUp1Q2dh
>>508
その家の人がインターホンごしに喋ってくれてたんじゃ?

521 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 14:28 ID:emI4Xen0
>498さん、
私も同じような経験をしたことあるYO!
布団にねていて、いわゆる寝ぼけ状態(ぽやぽやして気持ち良い感じがしてた)。
私はすうっ、と頭から流れていって(暗いパイプのなかをなめらかに流れていく感じ、心地良い)
どこかへいくんだなあ、と想っていた。
いつのまにか明るくなって、どこかの部屋に着いていました。
「ああ、ここは生まれ変わりの役所の中だ」と瞬間的に分かった気がします。
茶室のような感じだが、朱塗りの柱に朱塗りの梁で、白壁とのコントラストが美しい。
よく掃除されてて清潔な感じの所でした。
その控えの間から別の部屋に行くと、私に関する書類を渡されました(あとでじっくり読もうと思って
斜め読みに読み飛ばしたんですが、今想うとしっかり読んでおけばよかったよ。起きたらもう読めないのに....)
なんかこれから生きていくヒント、みたいなのがのっていた気がします。
なぜ、自分が今の人生を選んだのか、とか...
気が付くと、別の部屋に飛んでた。
目の前に黒のテンガロンハット(ーー;)をかぶった男性がいました。
「ああ、この人が約束の人なんだ...」と瞬間に胸が締め付けられるような感情が溢れてきました。
その人は、目を覚ます直前の私を気づかってか、名前と、「忘れないで...」と一言だけいいました。
あたりが暗くなって、ほぼ目覚める前の状態にもどりました。
そしたら、また流れ戻ってきたんですよ。
なんだろ、これ。今だと夢だと想うんですが...

522 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 16:13 ID:wLWeu/Cs
>521
なんだか素敵。
そのテンガロンハット(w)の男性はあなたの運命の人なのかな。

523 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 16:20 ID:ivgcILon
>>519
110番にかかったの?
で、逆探知されてかかってきた
って事…?

524 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 17:40 ID:AHYiuTzh
姉の奇妙な体験なんですが、物心ついた時からずっと
家の冷蔵庫の前に夜中に女の人が立ってて、姉をじっと
みていたそうです。 姉はそんなもんかなと気にもせず
成長していって、けっきょくその家(マンションですが)を
引っ越すまで ずっとその女性に見つめられて成長したそうです。

大人になってからその時の事を姉はふるえながら話しました。
あれってよく考えたら幽霊だったんだね〜と姉妹でおびえ合ってます

姉を泣かしたいときは、この話しを蒸し返すと 絶対に間違いなく
泣き出します。『その女性もお姉ちゃんといっしょに成長して
そばについてたりして。ほら、うしろに!』って言ったときは
発狂されてしまいました。姉、すまん。

あ、書いててなんか寒気してきた。げ、首筋にサブいぼがぁ!

525 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 17:41 ID:tIWWD+a/
>524
>発狂されてしまいました
オイオイ(w

526 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 19:12 ID:ilfOGXLM
私が小さいころ、熱を出したときに必ず見た夢は、あたり一面白と黒の市松模様で
天井?から市松模様の床を見ていると、市松模様のマントととんがり帽子をかぶった
人が一人歩いてくる。その人が天井にいる私を見上げようとすると場面がかわって
これまた壁も天井も床も市松模様の小さな部屋に入れられていて誰かがそばにいる。
その人にグラスを手渡される。またまた場面が変わって、市松模様の廊下を歩いてると
背後から轟音がする。振り返ると市松模様のでっかい玉が追いかけてくる!!
逃げる!逃げる!恐怖!恐怖!市松!市松!というところで目が覚める。

熱を出すといつも見てたとおもう。最初は夢の内容を覚えてなくて、でも
同じ夢っぽいことはわかっていたので、今度見たら覚えておこうとおもい、
ある日それに成功した。そしたらそれ以来見れなくなってしまった。
もう一回位みたかったな。

527 :___:01/12/17 22:52 ID:YZ+rXhbH
小さい頃、俺が風邪で発熱した時や熱帯夜によく見た夢は、
荒れ果てた土地にのびる線路脇を延々歩き続ける
もう暑くて暑くて(熱がでてるからだが)
真夏の昼下がりでしかも夕焼けのように真っ赤な
世界。ふと思いついて線路の反対側へ行こうとすると
轟音と共に貨物列車がやってきて風圧で吹き飛ばされる。
それをえんえん繰り返して汗びっしょりで目がさめる
というものだった。
貨物列車は決まってEF66という機関車で、今は無い
白く塗られた冷蔵貨車がずらりと連結されてた。
子供の頃は鉄道が好きだったからかな?
不思議と小学校高学年ころから同じ夢は
全く見なくなってしまった。

528 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 23:15 ID:e2Ll1WEe
>>521
私も、そんな経験があります!
生まれる前の場所で、誰かから
「ホントに行くの?面倒な事とか、悩みとかいっぱい出来るんだよ。
ここに居れば楽なのに・・・」と言われて、
生まれてからの事を書いた書類みたいのを見せられて、
死ぬ時のシーン(何か、物が積み重なった部屋)まで見て。
でも、「最後のチャンスだから」って言って、こっちの世界の赤ちゃんの体(今の私)に入っていく・・・
というの。
夢だか何だか判らなくて、でもちっちゃい頃からそのイメージがあるんです。

529 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/17 23:57 ID:kVM4jOP7
私は子供の頃、空を飛べました。
あの頃は、人間は飛べるのが当たり前だと思ってた。
UFOや幽霊や予知夢ネタもあるけれど、今でもアレが1番不思議。
よく家の近所を飛んでたし、飛んでないと見えなくて知らないはずの風景や出来事。
本当に謎だ。

530 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/18 00:32 ID:+rMLoXpM
小学校の頃「合歓木(ネムノキ)」って言う木の名前をある本で知った。
と言っても写真とか載ってたわけでもなく
その木の特徴が書かれていたわけでもない。
ただ「合歓木」という名前だけ。
植物なんかまったく興味なかったのに
何故かその名前だけが印象に残った。
あえて調べたりとかもしないまま、何年も過ぎた。

中学生になったある日、下校中の道路のわきに大きな木を見つけた。
ピンクのポンポンみたいな可愛い花が咲いていた。
直感的に私は「これが合歓木!」って思った。
それまで何年もその道を通っていたのに
なぜその木に気づかなかったのかはわからない。
とにかく家に帰って図鑑を調べ、合歓木の写真を見つけた。
それはまさしく私がさっき見てきたのと同じ木だった。
なんだかわくわくして、次の日学校の帰りまたその道を通った。
(帰りだけ、友人の家の方向に合わせて朝とは別の道を通る習慣だった)
「またあの木が見れる!」
って思っていたのに………ないのよね。
私はびっくりして
「昨日あそこに木があったよね。私、きっとあれが合歓木だ!って指さしたよね?」
って確認したら友人は
「そうだっけ…?よく憶えてないけどー」
「昨日はあそこにピンクの花が咲いた木が生えてたんだよ、おっきいのが」
友人に待ってもらって自転車から降りて場所を確認したけど、
木を切ったあとなんかないし
場所を間違えたのかと思ってそのへん捜したけど、やっぱり見あたらない。
地元だし、ずっと一本道だし間違えるわけないと思う。
「おかしい……絶対見たのに!」とすごく納得いかなかったが
友人は「気のせいなんじゃない?」って興味なさそうだった。
それっきり。

今でも時々思い出しては一人で不思議がってる私。

531 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/18 22:44 ID:daIjxxjK
変な体験というほどでもないんですが・・・・

小学校にあがったばかりの頃だったかな。弟が生まれて家族が一人
増えたはずなのに、何故かときどき「あれ、家族が一人足りない?」と
いう意識に取りつかれてた。部屋にはちゃんと家族全員がいるのに、
心のどこかで「一人足りない」と感じてた。
なんだったんだろうなあ。

532 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/18 22:55 ID:3vvCjpJl
地下鉄やバスに乗ると何か忘れ物をしてそうで、降りてからも気になって
仕方なかったってのが小学校高学年まで続いた。

小学校5年生の時の朝礼で先生が「今週の目標は・・」って言いかけたとき
「廊下を走らない」というセリフが頭に浮かんで先生が同じことを言った。
それ以来デジャブ(既視感)が頻繁に起きるようになった。
中高生の時がすごくピークで、「あーこの場面、前に見たよー」ってのが
何度かあった。
大学生になってあるテレビでデジャブはストレスから来るものだという説明があったけど、
半分はまだ信じられない。

小学生になる前にたまに右手と左手の区別がわからなくなった。

533 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/18 23:06 ID:B4uEs+Nz
>532
ワラエル・・・

534 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/19 00:32 ID:tCO4mjv5
目の前で豚がしゃっべってると思ったら
姉だった。という奇妙な体験がよくある

535 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/19 01:07 ID:8IODx+Sz
このスレとても面白いですね!

536 :おさかなくわえた:01/12/20 07:28 ID:TOQCnB2O
子供の頃の風邪って、みんないろいろみるんだね〜
じゃあ、どこぞの大学に研究している教授、いそうだ!
心理学になるのかな?

537 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/20 09:11 ID:BIyeQCMm
円形の虹が空に浮かんでいるのを見たことがあるのですが、
これって、あり得るのでしょうか?それとも錯覚かな?

538 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/20 12:12 ID:mtJ+EiIT
よくあるよ >537

539 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/20 12:50 ID:M8vHzmND
わたしら大人はもうそんな不思議な体験なくなってきたと思うけど、
生まれてくるときとか生まれてくる前の記憶は5歳位までの子にはあったりするみたい。
テレビでそんなはなしを聞いたことがある。
4歳か3歳の男の子に「生まれたときどんな感じだった?」って聞いたら
「足が痛かった」ってその子は答えたんだけど、その子は生まれてきたとき逆子
だったので実際足は痛かっただろう…。といった話だったと思う。
そういう不思議話が聞きたいなら小さい子に直接聞くのもテだよね。

540 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/20 13:22 ID:+0Gq0R6i
>>537
虹ってのは元々円形で、余りに大きすぎるので
普通は地平線に切られて一部分しか見えないらしい。
いいもん見たね。

スレには関係ないが、月でできる夜の虹ってのも
あるんだって。白い色だそうだ。

541 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/20 13:48 ID:m0uB42K9
消防の頃学校の近くに文房具屋と駄菓子屋が合体した小さなお店があった。
そこのじいさんはすんごく性格が悪く、消防相手に多めに金を請求したり、
店の中で落とした財布をみつけてもしらんふり(ねこばば)をするじいさんだった。
消防ながらにも「子供の財布とったってあんまりお金ないと思う」とか思ってたっけ。
で、3年生くらいの頃どんぐりがむを1つ買った。当たりだったので交換しに行った。
また当たりだった。交換しに行った。当たりだった。交換しに行った…と5回くらい
そんな体験を1日の間、2時間くらいの間で体験した。

それから少ししてからぱったり店のカーテンが閉まって営業をやらなくなった。
聞くところによるとじいさんは車椅子生活を余儀なくさせられてしまう羽目になったらしい。
じいさんの奥さんもあまり良い人とは言いがたい人だったしヨレヨレだったので
店は閉めた、とのこと。
いま考えたらじいさんはもう予期していて償う(?)ために当たりをいっぱい
いれといてくれたのかなぁと思った。考えすぎ??
いや、子供心ながらに不思議だなあと思ったのは最初の7行だけなんだけど。
リアル消防のときはじじいが車椅子になったときいたときみんな「ざまあみろ」
とか思ってた正直なガキだったわ…(w

542 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/20 13:55 ID:9zcoILrh
側溝で転び頭を強打して亡くなった同級生のお爺さんが
数日後散歩してるのを学校帰りに見た。

543 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/20 23:31 ID:9/TydWVP
鮮やかな紫色のかえるを捕まえたことがある。
突然変異で色素の抜けた真っ白のかえるはいるらしいけど
紫色はどうなんだろう。

544 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 01:38 ID:BwldjUkC
小学校のときの帰り道に市立病院があった。
病院の塀沿いのある場所で雑草を引き抜くと、
必ず根っこに髪の毛が絡まってくる場所があった。

545 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 01:46 ID:YpEkDeNI
>>544こわ!
病院で掃除した毛?

546 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 01:49 ID:U81MoT8Y
>>392
それは気の毒でしたね。
でも、私の大学時代にはいろんな地方から学生がきてるし、
はじめは変なアクセントで大阪弁しゃべってるけど、
誰もそんなことでちゃかしたりしなかったよ?
子供はどこでも無遠慮だからしゃーないとして、
当たった人が悪かったのね。
同郷の人間として、申し訳ないと思うよ。

547 :koneta:01/12/21 03:01 ID:W2e9qm7w
子供のころは一日は、もっと長かったきがする。

548 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 03:05 ID:6/RnnBaP
>547
それって生物学的に解明されてるらしいですね。
「ゾウの時間ネズミの時間」が面白かった。

549 :koneta:01/12/21 03:10 ID:W2e9qm7w
幼児だった頃、なぜか当時やってたアニメ映画「銀河鉄道の夜」のテレビCM
がスゴイ恐かった。なんか猫がしゃべるやつ。

ちなみに現在は「世にも奇妙な物語のテーマ恐怖症」(w

550 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 03:14 ID:9H7dWBlc
生まれた時の記憶って、難産だった子のほうが
覚えてるらしいっての特命リサーチかなんかで
見た気がするよ。

551 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 03:21 ID:W2e9qm7w
>>550
特命リサーチでデジャヴも科学的に解明されてたよね。確か。

552 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 03:32 ID:OlFCP7Lr
赤ちゃんの頃でなぜか覚えていて、小学生の時
それを作文にまでした記憶があります。

まだ寝返りができるかできないかくらいで
すごい台風の日、外は雨がすごくて雷の光りでピカピカしていて
2階のおとうさんおかあさんの部屋に白いベビーベットで
寝かされていたことも覚えています。

とにかく雷雨がすごいのではやく誰かきて!と
泣き叫びに泣き叫び、とにかく泣いてればだれかきてくれると
思っていました、あまりにもこないので天井から吊られている
白いベットメリーにも「見飽きてムカツク」とヤツアタリ的な
心情だった(笑)

現在、子供を産み、ひさしぶりにその事を思い出したらやっぱり
白いベッドメリー、ベビーベット、部屋とかは当たりで
私は末っ子で赤ちゃんの時の写真一枚もないのでやっぱり記憶は
合ってたんだなあとなんかうれしかったです。

その時の自分をかんがえるとどうやら
3ヶ月か4ヶ月くらいの月齢だったんでしょうね。
おかげで自分の子供にも赤ん坊にも赤ん坊にもなにやら
思う事があるのだろうと思えてラッキーな感じです(笑

553 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 03:33 ID:OlFCP7Lr
つけたしです、

その事を思い出して母親に話したら、

が抜けてました。

554 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 03:35 ID:9H7dWBlc
>552
その作文読んでみたい。
どんなこと書いてあるの?

555 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 03:43 ID:OlFCP7Lr
たてつづけですいません、
上のはあまり奇妙な体験ではないですよね。

今度は不思議な体験談を。

幼稚園あがるまえに近所の子と2.3人で
小学校のすぐ先の横道まで冒険しにいったことがありました。
その横道を曲がるといきなり大草原がひろがっていて、
ぽつんとちっちゃな古い廃屋のような家がたってました。
でも豆電球みたいなのが中でついてるような感じで
そのあたりまでいったら、向こうからマルチーズか
なにか小さめの白い老犬をつれたおじいさんが歩いてきました。

私らはその犬とおじいさんに話し掛けました。
犬の目は青くなにやら曇っていてるかのようで
私はふといきなり「この犬は目がみえないの?」と
聞いたら、そのおじいさんは「よくわかったね」といい
ちょっとあいだ、犬と遊ばせてくれました。

とりあえず夕方になってきたので家にもどろうと最初の
横道まででてきたら、いきなり後ろが草原じゃなくなった
ような気がしました。なぜか振り返らなくて、家の近くまで戻ってきて
私のおばあちゃんとあったらまだ昼頃でした。

でも草原からでるときはたしかに空も赤く薄暗くなってきてたんです。

そしてその後草原が合った所を確認したら
どうみてもそのあたりは違う区域の中学校の離れグラウンドや
住宅と倉庫があるだけで変わってないんです。

今となっては、一緒にいった近所の子は幼稚園あがってすぐに
引っ越してしまったので確認もできず
夢と現実がどっちだろうかと思うだけとなってしまいました。

556 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 03:49 ID:OlFCP7Lr
>554


小学何年だったか忘れちゃったなー、
なんでもいいから自分のことで作文をかくという題で、
なぜか自分では1才のときの記憶だと思っていて
ほんと上記にかいたまんまのようなことかいたの。
それにしてもどんなに振り返っても寝返り出来なかった
感じだったんですよね。

幼稚園のときに雷雨にあってお友達の家で着替えさせて
もらってタオルがきもちよかったというの思いでとともに
かいて出したら花丸二重丸をもらえたよ。

557 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 04:36 ID:ziA9F2ou
からかわれるだろうから誰にも言ったことなかったけど。

小学校低学年、クリスマスイヴの夜のこと。
ふと目がさめて部屋を出ると、隣の部屋の電気がついていてベランダの窓があいていて
赤い服を着て大きな袋をもった白い毛むくじゃらの太ったデカジジイが出ていこうとしてた。
ジジイが振り返って目が合った。二人して固まった。
あ、サンタさんだ!と思った。
そこから先は覚えてない。
朝起きたら、サンタさん用にと置いといたクッキーとジュースが明らかに減ってた。
かわりにプレゼントが枕もとにあった。

今思えばあれは夢だろうし、プレゼントは親が置いたんだろうし
用意したクッキーは親父が食べたんだろうけど、
当時は「うあーサンタさんに会えちゃったー」って凄く嬉しかった。
いないとわかってても心の底ではサンタさんを未だに信じてたりする。

558 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 04:54 ID:ZCIHmonV
俺、今このアパート、お隣サンが引っ越して、俺一人でさ……。怖いYO! ヽ( `Д´)ノ ウワァァァン

奇妙じゃない、実際にあった体験。

小学校2・3年の頃、近所の2つ上のお兄ちゃんとよく遊んでた。
そのお兄ちゃんは、いわゆるフツーの野球少年で、よく素振りをしてた。

俺は何を思ったか、素振りしてるお兄ちゃんに近づいてった。
バットが、当たった!
一瞬、光に包まれて、記憶が途切れた。

結局、前歯の1本が欠けただけで、今はプラスチックを埋めてるんだけど、
冷静に考えれば考えるほど、自分の幸運に感謝したくなる。

だって、上にズレれば鼻・コメカミ。下にズレればアゴ……。

559 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 15:15 ID:+Rh82yfL
ちかごろと〜んとつまりませんわ
「奇妙」な話はいつから出てないかね…

560 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 18:41 ID:ZVLQidRE
奇妙、といえば。
子供向けのオカルトとかおまじないの本を読んで、
一時期「白魔女」に憧れたことがある。
友達と二人でね。
そのなかで、白魔女の修行っていうのがいくつかあって、
殆どが、まぁ、「祖先を大事に親と仲良くしろ」とか、
「朝は白魔女の力が強くなるから、早寝早起きしろ」、
「妖精は綺麗好き、部屋は毎日掃除しろ」って風の、
早い話魔女修行と銘打った花嫁修行?みたいなもんだったのですが、
修行の1つに、「死者の行」みたいなのがあって、
それって、今までの悪い行いを氏んだことにしてリセットって風の修行だったのですよ。
床に横になって、指一本動かさず極力穏やかな呼吸、これをずっとやってるのです。
私もやってみました。
そしたら、額の間から、自分が煙になって上って行くような感じがしました。
ゆっくりゆっくり、するするって。
怖くなって慌てて戻ったけど…以来二度と出来てない。少しおしかったって今は思う。

561 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/21 23:10 ID:MRgTX67N
>>560
あの世へGo!

562 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/22 11:54 ID:8rr4MwD2
中学1年か2年の朝方見た夢。
電話が鳴ったのでわたしが取るとセールスマンが、衣紋かけを買ってくれ、
とかいってる。いくらか聞くと5万とか6万とか馬鹿みたいな値段
を言ってくる。腹をたててガチャンと切って、それから目がさめた。
学校に行くので制服に着替えをしていた。そしたら、うっかり
プラスチックの衣紋かけを踏んづけてグシャリとつぶして折って
しまった。そのとき、あれ?とか思って、さっき見た夢を思い出した。
一種の予知夢みたいでした。

563 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/22 12:11 ID:o6CKnHRg
「衣紋かけ」と言っちゃうあなたに100エモン!

564 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/22 18:29 ID:fBl5VgQY
6歳の頃、近所の小さな公園で滑り台で遊んでいた時に
バランスを崩して滑り台の上から落ちた。
頭を打って痛くて倒れていた時に「私」が走って行くのが
見えた。アレは何だったんだろう?今でも謎。。。

565 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/22 21:07 ID:gOeCAR7K
>>562
「衣紋かけ」って何??

566 :名無しさん:01/12/22 21:20 ID:G3M++wTK
>>565
ふつうに洋服とか掛けるやつ。あれ、なんていうの?

567 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/22 21:21 ID:O2TaDpfL
ハンガーと違うの?

568 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/22 23:54 ID:Iqpf0oVu
>496
オレも全く同じ!30過ぎたいまでも月一くらいで体験する。高校の頃は週一だったけど。

569 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/24 02:20 ID:ZCPNMvvk
1、ベットでちっちゃい明かりとラジオつけてたら全部消えた
朝停電だったのかと思ってビデオ見たら(停電すると00:00になってるから)
なんともなってなかった。

2、私が中1の時兄がイキナリ後ろから胸を触ってきた。
今考えても何であんなことしたか分からない。
奇妙というか嫌な体験かな・・。

570 :koneta:01/12/24 02:58 ID:Eu4lNiQ9
小5の時、学校に遅刻しそうになって超あせりながら走ってたら、
急に下半身が気持ちよくなって、走りながらイってしまった。
10秒くらいはイキっぱなしだった気がする。しかも、オナニーでイクよりも
数段気持ちよかった。液は出なかったが。
当時オナニーとかも知らなくて、マジでびっくりした。

テストで焦った時も同じような経験をした事がある。

571 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/24 13:00 ID:oPnhjzBG
>>513

俺は新幹線で新横浜から東京駅に向かってる途中で、民家の屋上で
仁王立ちになってフェラされてるやつを見たよ。
そこにはその2人しか居なかったし、そこより高い建物も無かったから
AVの撮影では無いと思う。

572 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/24 13:47 ID:TiZdrOwo
だんだん方向性が変わってきたな(w

573 :570 :01/12/24 14:22 ID:zamMM34O
ごめん。
私のせいだ。。

574 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/24 14:25 ID:TiZdrOwo
>>573
570は、俺が書いたんだけど…
俺の性、じゃない、せいだ。

575 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/24 15:29 ID:HJyNdHLV
自分が子供のころ超能力が流行っていたんで、つられて裏返しにした52枚のトランプの色をあてる実験をしてみた。
結局は何回繰り返しても全部はずれだったけど(w
さすがに5回目ぐらいでいやになったのでやめてしまった。

ここのスレの人みたいな奇妙な体験がなくてちょっと寂しいかも。

576 ::01/12/24 15:54 ID:4Kof0x3I
妹が中1の時、いきなり胸触っちゃった。
だって妹のふくらみかけのオパーイ見てたら…(;´Д`)ハァハァ

577 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/24 16:28 ID:m9HYEJie
トランプで思いだした!!
前に友達4人で不思議な話とか色々した後、トランプの当てっこしようって事に
なって、順番にトランプが何か言いながら裏返したんだ。
なんと皆がズバリ当ててびっくり!スペードの5とかハートの8とか具体的に。
自分達でもあまりに当たるから怖くなって3周ぐらいでやめちゃったよ。
一人だけ当たるならまだしも、全員が当たるって一体どういう訳だったんだろ?

578 :名無しさん:01/12/24 19:22 ID:RzPaQ3VU
子供の頃、押入れから飛び降りてスーパーマンみたいに飛ぶまね
してました。当然、両足で蹴って、両足で着地し、その間、体はタテ
ですよね。飽きずに、何度も何度も、それを繰り返していたら、あるとき
一瞬だけ、体と床が真横に平行になって、スーパーマンの姿勢になったのよ。
気のせいじゃなくて。一瞬だけどね。体操とかやってるひとは、こんなこと
あるかどうか、わかりますか?高さ1mくらいのとこからで、身長は小1くらい
のときでしたけどねー。

579 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/25 06:28 ID:RrkfyH3N
>575
トランプの色なら赤OR黒だから、1/2の確率で当たるはずだよね。
それが52枚×5回目分外れ続けるのは充分奇妙な体験だよー。

580 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/25 07:11 ID:7y/5LSDK
>>579 確かにね。マユツバだけど、某大学で被験者相手にそんな実験を
行ったところ、あまりにハズレが多すぎたそうだ。ハズレの確率が、統計的
に有意のレベルにまで達していたので、「この人には負の透視力がある」
とかいう結論が出たとか出ないとか。まあここまでいくと何かこじつけ
っぽいけど。

でも5回くらいだったら単なる偶然だと思います。

581 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/25 09:52 ID:OmYjPpfm
>>580
でも、二分の一の確率のものが、52x5=260回もはずれるって偶然にしてはかなりすごいと思うんだけど。

582 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/26 01:30 ID:/nsTW+DX
>>581
うーん、、、よく文章読もうね。。。

583 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/26 02:32 ID:Zv9JWJhH
>>582
何回繰り返してもって書いてあって、そのあと5回目って書いてあるじゃん。

584 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/26 06:17 ID:2xPbzBpx
幼稚園いってた頃だけど、その日は俺の誕生日だったんだ。
お母さんが誕生日おめでとう! 5歳になったねってニコニコしてたんだ。
その言葉を聴いた瞬間なんだか全てが矛盾してる様な気がしたんだ。
自分の年齢が5歳?? 何で5歳? そんな訳ないじゃん?
それと自分の目線の位置の低さ、手の大きさ、体の大きさ、何なんだこの体
の小ささは?っておかしいじゃん? 一体どうなってんだ?って思ったんだ。
そう思った時にちょっと恥ずかしいけどオネエ言葉でそう感じたんだ。
そしたらはっきりと自分が生まれ変わったんだと解ったんだ。
それで色々思い出そうとしたけど、何か大変な事になっちゃいそうで
怖くなってやめたんだ。
でもはっきりと感じたね、生まれ変わったんだって。

今でも前世の事を思い出せそうな気もするけど何と無くしないんだ。
前世は女でけっこう悪い事して若くして死んじゃったっていうのは
何と無くわかるんだよね、、、。

うまく書けてないけどごめんなさい。
(ちなみに今生は同性愛者ではありません。)
ではまた。

585 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/26 09:14 ID:i+6LAEOh
>>584
私は夢の中でならかなり生々しい感覚になったことがありますよ
小学生の頃に、夫の浮気に嫉妬する十二単を着た女性になったり
ヨーロッパあたりで寄宿舎に入っている女子高校生になったり
その瞬間には実際の(小学生である)自分の記憶とかはないんだよね
しかもロンゲとかしたことないのに背中に長い髪の感触があるんだよね
小学生男子には想像すらつかない感情&シチュエーションだと思うんだけどねぇ、不思議

でも、夢の話はスレ違い気味だし、脱線気味になっちゃうのでsage

586 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/26 10:07 ID:j+VydP26
>五八五
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1007733122/
コッチなんてどう?夢日記

587 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/27 00:39 ID:tbFUIlIN
子供の頃、虫をとって遊ぶのが大好きでいつも虫とりしてたんだけど、
モンシロチョウのお腹はレモンのにおいがした。
しかもオスのだけ。

今匂いかいでも何の匂いもしない。
不思議だなー。。。

588 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/27 01:28 ID:yKqh4fBO
小学3年生頃の日曜の午後、
しゃっくりが出たので台所まで水を飲みに行った。
(しゃっくりが出ると水を飲むと止まったので)
そのとき、ふと頭に「ちびまる子ちゃん」のまるこが
「しゃっくりが止まらないよ〜」と泣いている映像がよぎった。
その日のちびまる子ちゃん、
予告が「まる子、しゃっくりが止まらなくなるの巻」だった。

文章下手でスマソさげ。

589 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/27 04:24 ID:Kc6qY5gZ
あたしが物心ついてすぐの時に家の近くで電車が汽車みたく煙出してるのを見た憶えがあるの。
んで、あたしはてっきり、テレビで見た汽車の映像と近所の電車が頭の中で混ざったんだろうと考えてた。
でも、それをサークルの鉄道マニアに言ってみると、発煙筒から煙が出ていたのかもしれないと言われた。
結局ほんとうの事はわからない。

590 :名無しさん:01/12/28 00:13 ID:Fto2u4Ns
587
モンシロチョウではなくてツマグロキチョウ(だったかな?)が
たしか、いい匂いしたと思うよ。よく似た蝶なんだけど。違ったかもしれない。

591 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 05:33 ID:6wggHucY
4歳ぐらいから10歳ぐらいまでかなぁ、年に数度、真っ黒い子供を見かけた。
顔の部品はあるのか無いのか分からない。
シルエットっぽいんだけど、んーと、立体感はあって、全部が真っ黒。
こっちが向こうの姿を認めると、三輪車をキコキコこいで、曲がり角で
消えちゃうの。(ちなみに三輪車も真っ黒)
怖いと思ったこともないし、不思議でもなかったんだけど、ある時、
『あれ?あの子、変だよな!?』って気付いちゃって、それ以来
見かけなくなった。

592 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 08:22 ID:Tiua1meD
突然、周囲の音が違って聞こえて(ちょっとエコーがかかったようになる)
周囲に違和感を感じることがあった。小中学生のとき。
てんかん発作の前兆にそういうのがあるらしいから、その傾向があったのかも。
発作そのものをおこしたことはないし、今はその現象は起らないけどね。
奇妙じゃなくてゴメソ。

593 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 09:02 ID:YnL+8g4j
>>591
私もある!
上手くいえないけどうちの物置から走って行ったりしていた。

594 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 09:06 ID:XQx55Bcr
>592
わたしもある。でも耳の病気(内耳系)のせいだよー。たぶん。
耳の病気してからおきるようになったよー。

595 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 09:19 ID:XQx55Bcr
奇妙な話はいっぱいあります。

まずはうちの父親の話(一応わたしが子どもの頃の話)

写真が趣味の父は何を血迷ったか、新墓を撮ってしまいました。
それから数ヶ月不思議なことがいくつか起きました。

夜、父は田舎の歩道の無い道を歩いていて、
時速60キロのマイクロバスに後ろからはねられました。
が、空中で一回転して、側溝にしゃがみこむ形ではまりおち、
首の鞭打ちと打撲で済みました。バスはフロントのボディが30センチ
へこんでいたんだよ。

その少し後、今度は坂の上に隣接した駐車場の、奥に止まっていた車が
無人のままに駐車場を出て、坂を下っていた父の車に追突しました。
父に怪我はありませんでした。車は廃車になりました。

うちの母いわく、亡くなった祖母が変なものと戦って、
その程度で済ましてくれたんだろうと言っています。

596 :名無しさん:01/12/28 09:39 ID:B238bD27
小学校に入るか入らないか位の頃?空に、かなりの低空にプロペラ式の
小型飛行機(零戦みたいな)がふらふらというか、うねうねというか
飛んでいて、いまにも降りてくるんじゃないかってかんじに、危うげに
空をとんでいる。わりと近距離なので灰色銀色っぽい機体はよく見える。
ただ、妙なのは、プロペラ式と言ってもちょうどそのプロペラがついているべき
ところがぽっかり落ちていて(壊れたプラモデルのように)断面の様子も
けっこうみえる。ぶっこわれた、というんじゃなく、ついていたのが、とれている、というかんじ。
全然UFOみたいな未来的なやつではなく、あくまでも、そこらの
町工場にある機械類ってかんじの質感というかなんというか、ちょっと、オイルの
汚れでもついてるっていうか。
幻想的でもなんでもなくて、ただただ、リアル。何だったのだろうか?

597 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 10:35 ID:Z218S2U9
私も596のような体験がある。形は銀色の球体だったから違うものだと思うけど。
年長さん(5,6歳)の時、日没直後の7時ぐらいにピアノのレッスンからひとりで歩いて帰っていて、
家のそばの公園に差し掛かったときに低空飛行する巨大な銀色の球体を見た。
球体は低空飛行で、進行方向にライトを点滅させていた。
しかも近距離だったので私はすごく怖くて、
公園の植木のところに隠れてその物体が完全に通り過ぎてから、
ダッシュで家に帰った。それから親に一生懸命話をして、
ずっとその球体が通り過ぎた方向を窓から見ていたし、
次の日保育園でいろんな友達に話したことをはっきり覚えているけど
なんだったんだろう。
あんなでっかい物体だったのに目撃者もいなかった。

598 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 10:45 ID:Z218S2U9
大学のときに教育自習で朝7時前、自転車で寝ぼけ眼で駅に向かっていたら、
前からセーラー服を着た人が自転車に乗ってすれ違って、
なんかその乗り方に違和感があったので振り返ったら
そいつも振り返って私に向かってにやっと笑ったんだけど、
なんとおやじだった。
歩いている人も何人もいたのになあ。
あまりにきもくて、衝撃的だった。

スレとはちがっててごめんなさい。

599 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 10:59 ID:Ka1Z31kb
同じ体験の人いないかな。
むかしユリ・ゲラーの番組で「私が念を送るから壊れたものをテレビの前に
持ってきてください」ってやつ。
壊れたラジカセ(テープの音がこもってしまっていた)を持っていって彼の
念と同時に「直れ!」ってやったら直っちゃったんだよな。
そういうのは信じない派なんだが、この体験だけはどうにも…
ただ、そのラジカセ、直ってたのは3日間くらいだったけど。

600 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 15:20 ID:LyS4JneH
小6の頃に好きな男の子がいて、名前は矢野君。
かなり大好きでいつもそのこのことばかり考えていたんだけど
ある日、お風呂に入って体をこすったタオルを洗面器につけたら
石鹸水が渦になって<矢野>っていう字(縦)になってびっくりしたことがある。
時間にして数秒ないくらい。すぐに形が崩れて元の石鹸水に戻った。
すごい不思議だったけど、なんか不気味で怖かったよー。
矢野君は片思いで終わったんだけどねー。

601 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/28 15:32 ID:i7y7gvKr
小学校3年生くらいの時、夕方学校の近くを歩いていたら、
学校の上の空に見たことのないオレンジ色の物体がゆっくり飛んでいた。
夕方だったので、夕焼け雲かな?と思ったのだけど、燃えるような
オレンジ色。UFOかなとか思ったけど、UFOって円盤型の奴だと
思っていたので、円盤の形じゃないから違うなと思ったけど、
色があまりにも不自然だったので何だろーと思っていた。
後日テレビで矢追なんとかって人のUFOの番組をやっていて、
UFOは円盤型とは限らないって事がわかって、その時に出てきた
UFOの写真で私が見たものと同じのがあった。
あれはUFOか?
その時は親も友達も信じてくれなかった。今も誰も信じてくれないけど、
あれはなんだったのか…

602 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/29 02:56 ID:FwGm5K9O
幼稚園の頃、おたふく風邪で家で寝ていたとき、短時間、
家族が誰もいないことがあった。
すると、縁側にのっぽとチビデブの二人の男が来て、
ひとしきりしゃべっていった。私はほっぺたが痛くてしゃべれないので
ただ聞いていた。その二人は、名前を覚えてないんだけど、
当時、時々出ていた漫才師の人たちだった。と思うんだけどなあ。

603 :田舎者:01/12/29 10:28 ID:8DY/2TzD
子供の頃に東京の叔父さんの家に家族で遊びに行った時のこと。
新潟から電車で行ったんだけど、都内に入った途端にあまりにも
賑やかで雑然とした町並みに興奮しながら外を眺めていた。
そこで、一際目を引く原色の看板が一杯目に付いたんだがそれを見ていて、
ふと疑問が生じたので親父に聞いてみた。

俺:「ねぇ、トルコ風呂とサウナ風呂ってどう違うの?」
親父:「トルコ風呂は背中流してくれる所で、サウナ風呂は蒸し風呂だよ。」
俺:「ふ〜〜ん・・・」

確かに間違ってはいないね、親父。

604 :おさかなくわえた名無しさん:01/12/30 01:15 ID:dxodfaUy
おもろいアゲ

605 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/01 14:30 ID:ym5dS2Ev
話が尽きた?
いやいや、まだ語ってくれぃ!
ageだ!

606 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/01 15:07 ID:xInxQe8n
小学5年生くらいの時、何人かの友達と学校の廊下を走ってたら
ふと見た教室の窓の近くに、若いワンピース姿の女の人が座ってた。
そんとき友達も「ねぇ。今見た?いたよね!?」でも戻っても誰もいなかった。
・・・まあ、幽霊なんて信じてないけどあの時はこわかった〜。

607 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/01 18:44 ID:hrYWNoMh
厨房の頃UFO見たよ。窓とか見えたし分裂とかするの
最高5個以上に分かれたし、同い年の従姉と一緒に見て
慌てて妹や他の従妹呼んで、双眼鏡も持ってったら…

まだいましたとさ。それからこっちが見てるのバレたか分からないけど
小さくなってったよ。でも外にいる間中飛んでました

608 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/01 18:52 ID:rgfGa07f
>607
UFOは私も見た!高校生のときに。
皆で阿蘇という山で学習合宿といって泊り込みの勉強会に行ったのだけど
帽子のような形の光がゆらゆらゆれて、右にいったり左にいったり
回ったり消えたり、をずっと繰り返した。
これは暮らす全員(3,40人)プラス先生3人くらいで見てるので
確かな目撃証言です。
そのまま数人で手をつないで深夜まで輪になって「ベントラーベントラー」
と繰り返し唱えました。テレビで宇宙人を呼ぶ呪文と言っていたので。
さすがに宇宙人は来ませんでしたが、次の日の新聞に朝鮮半島から
南九州のほうに(阿蘇があるあたり)未確認の飛行物体が出現と
乗っていましたよ!多数の人が見たって!これは明らかに現実のUFO
だったと今でも確信しています。

609 :607:02/01/01 18:55 ID:hrYWNoMh
>>608
こっちは板橋区高島平の方で見ました。

610 :608:02/01/01 20:55 ID:zjGbTgHb
誰かUFO研究家か何かがこのレスを読んで本格的な
調査になれば面白いのにね。

611 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/03 03:54 ID:63wCkQ9Y
>608
小学校の修学旅行で阿蘇山行った時にクラスのヂョシ全員が目撃!!
なかには宇宙人を見たグループがいて、怖がるヂョシ達が泣き出したりで、
その晩は遅くまで大騒動でした。○雲山荘とかいう名のホテルの庭。

612 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/03 04:33 ID:DQ2Ssbzd
>>599
私もやった!
動かない古い腕時計をタンスから出してきて念じたら動き出したよ。
でもなぜか当時それほど感動しなかったな。「あー動いたよ、なんでだ?」みたいな程度。

613 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/03 14:21 ID:Zdp0eU4Y
ムーの付録のユリゲラーのポスター持ってたけど、何にも起きなかったよ。

614 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/03 14:45 ID:FfMftGK3
ムーの付録の山本鈴美香が描いた龍神のポスター持ってたけど、何にも起きなかったよ。

615 :608:02/01/03 15:51 ID:Dj2gQ87u
>611

616 :608:02/01/03 15:53 ID:Dj2gQ87u
>611
さっきは間違ってリターンキーを押してしまいました。
あまりに驚いて間違ったのです。
私がUFO見たのも正に、その○雲山荘です。
本当です。
あそこはUFOがよく出るのでしょうか?
ビックリしました。

617 :608:02/01/03 15:55 ID:Dj2gQ87u
>611
驚きが抑えきれずにまだ書きます。
宇宙人も見たのですか?
えー??
すごいですね。
私はUFOだけでしたが確かにクラス全員で見ました!

618 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/04 04:19 ID:B2XbG6Yt

あれはもう20年くらい前、自分が小学校3年か4年の時の体験。

もう憶えてる事も少なくなっているんだが、その日は晴れていて俺は自転車に乗って近所の駄菓子屋に行っていた(はず)。
まぁそこで駄菓子買ったり、ガチャガチャ(こんな言い方すんのうちの地方だけ?)したりして店の前でマ-タリしてたハズ・・・なんだけど気が付くと何故か自分の家で寝かされている。

ハァ?って感じで何が起きてるのか全然理解できなくて、親も俺の言ってる事が理解出来ないらしく、その後病院送りにされ脳波などの検査諸々で1日入院。
結果は「異常なし。」で次の日から学校。

記憶にあるのはホント店の前までなんだよね。
店から家の間に何があったのかな?
いまさら親には聞き辛い・・・

長文、オチ無しスマソ

619 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/04 06:48 ID:tj3iYD6f
小1の頃、男ばっかり5人で『ドラクエ4』をやっていたら、
戦闘シーンで画面が黒くなった時に、
ブラウン管に全然知らない女の人の顔が映った事が有る。
5人共その女の顔を見ていたが、
ゲームが盛り上がっていたので皆大して気にしていなかった。

今考えても謎。

620 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/04 15:33 ID:eXonWIfU
>619
顔が映ったこともナチュラルに怖いが、それ以上に怖いのは
それすら気にせずゲームに熱中していたあなた達です(w

621 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/04 21:08 ID:iroULqag
あげ

622 :おさかなくわえた名無しさん :02/01/04 21:57 ID:1ZjGfnwU
>>602 おぼんこぼん?

623 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/05 02:09 ID:9HM2Y1eZ
>>618

頭を打ったかなんかして、脳震盪>一時的健忘症になったんじゃない?
俺も空手の稽古でKOされた時に、そんな風になった。
稽古に出かけて、はっと気づくと家で寝てた。
ちゃんと自分で帰ってるんだけど、記憶がスッポリ消えてるんだよね。
後で少しは思い出したんだけど。

624 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/05 03:02 ID:X5MPu/3R
子供の頃、Dioってやつがいて、そいつと良く喧嘩したんだが、ある時、
石仮面ってやつをDioがかぶっちまって、そいつ吸血鬼のようにすごい
形相で俺に襲いかかってきたんだ。
なんとか逃れた俺は波紋っつーのを身につけるべく修行することになった…

625 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/05 06:41 ID:oN2C4p1u
2日間ほど、声の出し方が判らなくなった。
小学校に行くのを嫌がってウソをついていると親には思われたけど
出るのは息を吐く音だけ。

626 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/05 06:44 ID:nMfbvO15
>>625
失語症?

627 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/05 19:16 ID:WCmU7KOI
>624
いつも我が心に・・・。

628 :611:02/01/06 01:09 ID:AOxv332R
>617
608読むまでずっと忘れてたけどなんか嬉しい!
残念ながら私は宇宙人は見れなかった。
泣いてた女の子達は「連れて行かれる」って言って大泣きでした。
かなり大昔の話・・・。

629 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/06 10:35 ID:r8iRE6fI
>>599
うちはおととしくらいかな・・
10年使った目覚し時計が壊れたので月に一度の「燃えないゴミの日」
までゴミ箱の前に置いておいた。
そのゴミ箱の対角線上にTVがあるんだけど
ユリゲラーのTVが放送された2.3日後が燃えないゴミの日だったので
目覚ましの電池を抜こうと思ったら
時計が動いていたよ。
TVから時計まで5m位はなれていたんだけどな・・

630 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/06 12:09 ID:NG33x6Dl
>>625
私も声じゃないけど
幼稚園の頃、食べ物が飲み込み方が分からなくなったことあるよ。
なんかすぐ治ったけど。
親に幼稚園に行きたくないだけだと思われて怒られた。

631 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/06 20:37 ID:Yw02d5Ji
どうやってオシッコするかわからなくなったことがある。

ネタじゃないよ。。
小学生の時です。

632 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/06 21:23 ID:cPDhJb2B
>>624
「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ〜〜ッ!!」

633 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/06 22:28 ID:7nQl6++5
大人になってからの話だけど、ニュージーランドで車運転して夜中帰ってきて、
家が海岸沿いだったからのろのろ走っていると、どうも海のほうで光がゆらゆら
揺れてるんだよね。なんだろうと思ってしばらく見ててもゆらゆらしてるから
少し怖くなって同乗者の人となんだろうと話し合ってたんだけど、そのうち
浜辺に停泊しているヨットのマスト上にある明かりだと分かった(w

634 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/10 12:40 ID:SMETa3PT
あげ

635 :名無し:02/01/10 15:54 ID:/5PO9o9e
最近の記憶ですが、ある女性の後ろ姿に妙にこころ引かれたことがあります。
(当方女性です)なんとも言えないけど、
彼女と仲良くなるに違いないというふうに感じました
深い縁を感じるというか。
運命の出会いという感じです。
後姿だけなのに・・・
その後、彼女とは姉妹と言われるほどの親友に。
また主人も彼女の紹介でした。

636 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/10 21:54 ID:m/KIJHAX
>>601
俺は一昨年くらい前にそれと同じ様なものを見たよ。
朝の四時くらいで空は朝焼けでオレンジ色に染まっていたんだけど、
その中に明らかに不自然な光が三つ(オレンジ色)。
最初は眠かったせいかボーっと眺めてたんだけど、
だんだんその光が上に向かって上昇していってるのに気が付いた。
三つ同じ方向に進んでたけど一つだけ遅れ気味だった。
飛行機みたいに跡を残しながらゆっくり移動していってた。
「飛行機だよ」って言われればそれまでなんだけど、
確かに最初はボヤ〜っと止まっててんだよな〜。

637 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/18 00:07 ID:xqEDzkU8
age


638 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/19 15:49 ID:MzrOtbGL
>602
爆笑問題?

639 :おさかなくわえた名無しさん:02/01/22 22:59 ID:KLGLIx/j
子供の頃じゃんないんだけどさ。
イギリス人の元スッチーの女性が殺された事件があったじゃないですか。
あの報道をお昼のワイドショーで何気なく見てたら
彼女が働いていた店のドア(黒)が映っていて、その右上に大きな左目があったんです。
画面にはドアと壁だけで見間違うものなど何もありませんでした。
オカ板で聞いたらひとりだけ見たって言う人がいましたが、
他の人は見てないと・・・。


640 :639:02/01/22 23:14 ID:KLGLIx/j
それだけだとなんなので、子供の頃の奇妙な体験を。

祖父が神主をしていたのですが、私はよくその神社に遊びにいっていました。
ある日曜日の朝早くいつものように神社にいきました。
いつもは誰もいなくて(いても参拝者のおばあちゃんくらい)閑散としているのですが
その日は神社の裏の山に続く道辺りに、たくさんの大人がいました。
なんだろうと思って見ていると、山から戸板のようなものを担いだ人たちが降りてきました。
戸板には大きな何かが乗せられていて、その上から白いシーツがかけられていました。
いつのまにか私のまわりにも見物人が集まっていて、
「わら人形が・・・」などと言っていたので
その戸板を良く見てみると、シーツの脇からたくさんの藁が出ていました。
家に帰ってからその話をすると母は「わら人形が打ってあったんだって」と言いました。

最近その事をふと思い出して母に尋ねてみました。
すると、母はそんな事は知らないと言うのです。
良く考えてみれば、戸板に乗せるくらい大きなわら人形なんてありません。
しかも朝見たそのわら人形の話を母が知っているのも変です。
今思い出すと、たくさんの人がいたハズなのに、私は音を聞いていないのです。
ガヤガヤという話声や、たくさんの足音がなかったのです。
あの「わら人形が・・・」と言う声以外は。

641 :七シー:02/01/28 01:23 ID:UnSPtzde
>>640
>あの「わら人形が・・・」と言う声以外は。
(゚д゚)コワー

642 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/03 23:11 ID:d9dFayYr
このスレを読んで宇宙人はいると確信した。

643 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 05:25 ID:VXGjDuGc
小さい頃、母親と友達の女の子と3人で道を歩いていた時、
緑色の夕焼けを見た。

今考えてみても不思議で、母親にその時の話をした所、
「緑色の夕焼けなんか有る訳無い。夢でも見たんでしょ」
と笑われた。
記憶違いかなと思っていたが、
その時一緒に歩いていた女の子がその事を覚えていて、
「あーあれ綺麗だったねー」
と云っていた。

644 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 17:59 ID:mUZmU3E3
夕日が沈む瞬間緑色の光が走るんですって・・・
それを見た人は幸せになるんですよ


645 : :02/02/05 19:44 ID:G3n6fQmb
グリーンフラッシュだっけ?ごくたまーに短い時間、見えるんだよね。

646 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 21:00 ID:6uDWgEez
>>644、655
へー、それは知らんかった。
でも幸せになるって云うのは当たってるかも。
何故ならその時一緒に見た女の子が、
今の嫁さんだから・・・。

647 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 21:17 ID:/33NECuv
そーゆーオチかい!
羨ましいぞゴルァ!(w

648 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 21:57 ID:7PbS79rf
緑といえば…
消防の頃一回だけ、緑のうんこが出た。
そこまで珍しいことでもないらしいのだが、その時はぞっとした。

649 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 22:48 ID:4nSolGbh
小学校3年生の頃、友だちと知らない家に忍び込んで、
冷蔵庫にあったホワイトチョコレート食べた。



650 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 22:48 ID:Ad/igqQQ
おいおい!!>>649

651 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 22:55 ID:TSdv+Sbp
小さい頃、用事があって親戚の家まで遠い道のりをお祖母ちゃんと一緒に走っていった。
おばあちゃんは自転車で、私は走って。
その走った道は、すごく綺麗な道で綺麗に舗装されてて、いいとこだった。
走ってる時、いいとこだな〜と思いながら走ってた。
周りに立ってる家も小奇麗で、テレビドラマに出てくるようなとても素敵なとこだった。
そして親戚のうちに何を届けたか、親戚のうちがどうだったかも覚えてる。
帰るときもその道を走っていった。
しかし、それから何年もその場所を探しているのだが、どこにもそんな場所は見つからない。
今でも自転車に乗って探しに行くことあるんだけど、やっぱりそんなとこない。
おばあちゃんに聞いても、忘れたというし・・・。
でも、これは私の妄想では絶対ないんです。あの素敵な街並みはなんだったんだろう?
不思議な体験です。

652 :  :02/02/05 23:10 ID:lHNHSKp/
幼稚園の頃、隣のお婆ちゃんが亡くなった。
御通夜の日 真夜中にトイレに行って窓から外を眺めていたら
隣の家の屋根の上を 青みを帯びた黄色の光がフワフワと
飛んでいるのが見えた。家は2階建てで隣は平屋だったから すごく良く見えた。
あれは何だったのだろうか。 

653 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 23:23 ID:rr2h605g
333333333・・・って電話番号押したら
誰かに通じた。あれは何だったんだろう。
222222222・・・・っていう書き込みはあったけど
それの3バージョンなんです。誰か知らない?

654 :651:02/02/05 23:23 ID:TSdv+Sbp
私のこの体験は2.58.68.287.555の不思議な体験と同系ですね。
このスレ面白いですね。
ちびまるこちゃんでも同じような話があった。
この漫画での最後のナレーションは確か「小さい頃は誰でもこんな不思議な体験をしたことがあるはず」だった。
みんな、こういう体験をしてるんだね。ほのぼのします。

655 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 23:25 ID:clzFfYOX
>>649
不思議だね…

656 : :02/02/05 23:28 ID:AN0K+fI+
>>653
ただ単に、
3333-3333
333-3333
33-3333
3-3333
3333
っていう電話番号に繋がっただけだぞ。

657 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 23:39 ID:MGNNJ9/5
>>651
親戚の家も見つからないんですか? それともそこに行くまでの道だけ?

658 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/05 23:43 ID:yM6/NeEm
小学生のとき友達と古びたコンクリート製のお墓を
破壊した。
俺は蹴り倒した。
みんなで岩を投げつけて割った。
小便をかけた。
その夜はちょっとうなされた。


659 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 02:09 ID:awnlPByu
>>658
うなされたぐらいで済んでよかったね。
俺は、悪気なんてなくて、
知らずに無縁仏の周りに咲いてた花を摘んでしまったが為に、
何日も高熱にうなされた。

結局、お払いしてもらうまで熱下がらなかったよ。

660 :651:02/02/06 02:18 ID:3VupGQsF
>657
そこに行くまでの道のりはかなり長いです。すごく綺麗に舗装されて道路で。
確か途中に図書館みたいな施設もあった気がするんですが、それも今探してもないです。
親戚のうちも薄っすら覚えています。
おばあちゃんに聞いてもなんせおばあちゃん歳なので思い出せないみたいなんです・・・。
そんなとこないよって言われたし。でも、絶対私の妄想とかではありません。
朝行って夕方に帰ってきて、かなり疲れたことも覚えてるし。
とりあえず、自分では探しつくしたので、おばあちゃんにまた聞いてみたいと思います。
夢に出てくるような街並みでした。(本当に)

661 :長くなりますが:02/02/06 03:11 ID:bt88MmfL
1:物心というか、記憶が始まる瞬間を覚えてる。頭のビデオ録画が始まった瞬間というか。
階段を下りていて、急にパンッと、風船が弾けるような感じがして、目が覚めた感じがした。
ハッと我に返った感じ。
一緒にいた祖母だったか母に「私今まで寝てた?」と思わず聞いてしまったのだが、
答えは「そんなわけないでしょ」だった。
今でも不思議な体験だったなあ、と思い出します。

2:昔から、軽い予知とかは出来ました。予知と言っても、直前にわかるので、
役には全く立たないんですが、指名されるときや勝ち負けなんかは大体わかります。
中学の時、片思い中の男子のカバンが、クラスの女子のいたずらで隠されてしまいました。
違うクラスだったので、一生懸命彼が探しているのを見ることしか出来なかったんですが、
水飲み場に行ったとき、水飲み場の掃除箱から目が離せなくなりました。
そして、そのまま引き寄せられるように掃除箱を開けてみると。
彼のカバンがありました。私は自分が怖くなってその場から逃げてしまいました。

3:UFOも見たことあります。これも中学の部活の帰り、6時頃だったのですが、
夏だったのでまだ日が落ちて無く、分かれ道で、後輩達と別れるときでした。
飛行機かと思ったのですが、民家ギリギリを飛んでいたので間違いないと思います。
近くに自衛隊も空港もあったのですが、いつもはあの辺には飛ばなかったですし。
同じ部活の子10人近くと見たので間違いないと思いますが…。

余談ですが、昔からテストや書類なんかに自分の名前を書くとき、
手はスラスラと漢字を書くのに、心の中では
「ああ、そういえば私ってこんな名前だったんだよなあ」とか思ったりしてました。
このスレのお陰で、離人症と言うものだとわかりました。
結構いるんですね〜。安心しました。




662 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 04:51 ID:cnIXCUab
離人症って、大学の講義できいたことありました。
わたし自身には、その感覚わからないのですが、
まわりの子たち、結構「わかるわかる」って言ってたから、多いみたいですよ。

663 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 05:43 ID:eDAco28i
ここのスレおもしろい。
私は小さいときからおばけ見たりとか、不思議体験いっぱいしたよ。
最近友達と話はじめてそういう人が回りに結構いるのに驚いた。
オーラも見えてたよ。でもここの人たちみたいに中学生くらいから見なくなってきた。
関係ないけど、臭い玉(始めて名称を知ったよ)もでてた。藁
死んだおじいちゃんが当日きたりとかもあった。あ〜おばけでも足あるんだぁ。としか思わなかった。
見てるときは全然怖くないけど、怖い話とかはこわいんだよなぁ。
最近では影が見えることがある。そういう人いるのかな?


664 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 05:57 ID:cnIXCUab
>>663
オーラって「感じる」ものとして私は認識してるんだけど、
小さいとき「見えて」たの?
どんな色だった?相手の感情とかによって色がちがうの?
かるーく例えを挙げて、お話してくれたら嬉しいです。

665 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 06:02 ID:eDAco28i
>>664
見えてたよ。ほとんどが緑っていうか白っていうか・・・。
私はよく自分の手からオーラでてるのをみて楽しんでたなぁ。
時々学校とかですごいボーって出てる人とかいた。
色が変化するとかってことはないかなぁ。人を形どってるって感じでしたよ。


666 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 06:06 ID:cnIXCUab
>>665
ありがとう。
いいなぁ。私、鈍感だから(ていう理由もヘン?)だからそういうの見えたことないの。
自分がもし不思議体験してたら、世の中の神秘的な話とかに聞く耳もてそうだし
たのしそうな気がするよ〜。

667 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 06:47 ID:Pf82r6gy
私、5年ぐらい前の深夜番組で霊能者として番組にでた過去があるんだけど。
(当時21歳でした)
昔から不思議な物をみたり、ケセランパサランを何度も目撃したりしてました。
4歳ぐらいの時に、母親のチャリに乗ってぼーっと夕日をみていたら
夕日から人影がいっぱい降りてきた。
家についてからもう一度確認しに戻ったけどもうなかった・・・
他にも、眠る前に暗闇の天井に指ですーっと線を引くと紙に書いたように
浮き出たりして不思議だった。
小学生の高学年まで毎晩書いて遊んでいたけど、誰に話しても信じてもらえそう
にないからずっと黙ってました。

某番組では、オーラによってその人の運勢をみたり過去を当てたりして
霊体験以外も占い等もやりました。ギャラは¥10000ぐらいだった。
現在は、知人の引っ越しの時に部屋を見て「出る」か確認したり
ヤバそうな写真や程良く取り憑かれた人がいたら除霊を手伝うぐらいです。
でも、心霊スポットなんて軽く遊びに行くと大変な目にあうから
TBSの某番組は注意した方がいいと思うよ。(w

668 :663:02/02/06 07:26 ID:eDAco28i
>>667
わぁ。本物さんだぁ。なんか一緒で嬉しい。
商売になるのか。う〜ん。でもなんかありそうで怖い気がするなぁ。
こないだも出る出ないを確認してたら見ちゃって、熱が出たもん。
悪い系のはもうやだなぁ。
私も昔やってたよ。指なぞり遊び。同じ人がいてびっくりだよ。
でも


669 :667:02/02/06 08:33 ID:q+jAIkhE
>663
商売っていうか、頼まれて出演したので表立ってやったのはそれぐらいですよ。
後は、口コミで頼まれたら相談に乗っていたのでお金はもらってませんでした。
でもね、結構重いものもらう事もあるからお薦めできないです。
生き霊なんて憑いていた日には、迷わず知り合いのお坊さんにお願いしますし。
精神的にどっとくるので(人の過去を見たりすると)2〜3日倒れる事もありますよ。
個人的には、直視すると疲れるようならタロットなどでクッションを作ると
負担がかからないですよ。

>指なぞり遊び

赤や青や緑や、綺麗な色が出るんですよね。
でも、ある時期からできなくなったんですよ。

>でも

この後は・・・気になる。

670 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 09:12 ID:S5viXwSh
先週、インフルエンザになって寝込んでいた時、
自分の部屋の天井に真っ黒黒介を見ました。
白い壁の隅っこを黒いウニみたいな奴らが、シュシュ〜と逃げていった。
ほんとにいたんだねー。ウレシイ。

671 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 11:58 ID:gdBdUu/4
その指でなぞって見える光がオーラかと。
訓練すれば大体の人が見えると思うけど、、、

暗い部屋で寝る前に、目の前に手をかざしてスーッと
動かすと、光の筋が見えるようになる。
慣れてくると明るいところでも見えるようになります。
普段は体から3〜5cmぐらいの所に見えるかな?
ただし、亡くなる直前の方は、それよりもかなり離れて
ドス黒くなっちゃうけど。
何人か死期当てちゃってビクーリしたよ!

子供産んでからは意識しないと見えないようになったよ!

672 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 13:04 ID:carerjdg
クリスマスの前夜、まだサンタを信じていた頃
鈴の音を聞いたこと有る。絶対あれは鈴の音。
大人になって、親にサンタを信じさせるために
鈴鳴らしたりして演出してたでしょ?と聞いても
そんなことやったことないと言う。
あれは何だったんだろう。絶対聞いたんだけど。

673 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 13:15 ID:PtFNkeml
小さいころ亡くなったおじいちゃんに頭の中で
お願いすると何故か叶ってた。
「おじいちゃん、次の時間は自習にして!!」って思ったり
「おじいちゃん、助けて!!」って思ったりすると
なんでか思いどうりに願いが叶ってた。
偶然が重なりまくってたんだとしても不思議〜。

674 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 13:26 ID:RcRYcjTB
>667
え?ええ?
ケセランパサランって珍しいの?
けっこうよく見るよ。白いふわふわしたヤツだよね?

675 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 13:56 ID:A71F/v99
面白いスレだね。

私が幼稚園上がる前の年のころの話。
当時祖父母・両親・兄と6人で暮らしてました。
ある晩、夕食が済み、みんなで1階でTVを見てました。
私はTVがつまらなかったのか、なぜか2階に一人で
上がりに行きました。それもなぜかそーっと・・。
階段を上った右手の部屋が祖父母の部屋。ドアが開いてました。
電気も消えてました。でも女の人がいました。その人は
着物を着ていて、祖父のクシで髪をとかしていました。
暗い部屋なのに、その人だけ白くはっきりと見えました。
それを見て、その時は怖い感情はなく、またそーっと1階へ降りて
なんとなく誰にも言えず、みんなとTVを見てました。
今考えると怖い…

もうひとつ。子供の頃じゃないけど高校生の頃のはなし。
飼い猫が死んでしばらくしてから、私がベッドでうたた寝をして
いたら、ふっと猫がベッドに登ってきて、私の頬に手をあてました。
そのときは寝ぼけてて、死んだことも忘れてて、普通に「ああ、飼い猫が
そばにきた」くらいにしか思わず、そのまままた寝てしまった。
でも目がさめた時、え?まさか!って感じで。
ベッドに登ってきた感触、ベッドの上を歩いてる感触、手を頬に当てる肉球の感触、
すべてが飼い猫が生きてる時と同じだったので、なんだか切なくなってしまった。
怖い感情は全くなく、会いにきてくれたのね…なんて思ってます。

676 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 14:17 ID:di37zeBx
空中に浮かんだことがあるよ。
家の屋根の少し上くらいの高さまで浮いたよ

677 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 14:24 ID:3MUm+l3P
>>673
>「おじいちゃん、次の時間は自習にして!!」

なんかカワイイ

678 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 15:06 ID:F/TCtuYU
ケセランパサランって珍しくないと思うよ

679 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 16:22 ID:WacqCfb/
>>658
お墓で思い出したけど、知り合いから聞いた話。
子供の頃、お墓参りに行った時、そこら辺の墓石をべちべち
叩いてたら回りの大人達にこっぴどく怒られたらしい。
特に気にせず、その夜寝てたらふと夜中に目が覚めたら
部屋の壁一面に隙間なくガイコツがびっしり立ってた、と。
一生懸命「ごめんなさい!」って謝ったら消えたって。
自分の体験じゃなくてすんません。その話、聞いた時は
「夢じゃないの〜」って思ったけど、ありえない話じゃ
ないんだね・・・。


680 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/06 16:26 ID:WacqCfb/

なんか日本語ヘンだ・・・。
逝ってきます・・・。



681 :668:02/02/06 17:31 ID:smbZUqah
でも、は書き間違いです。
ごめん・・・・

682 :667:02/02/07 00:38 ID:vKIswuwn
>>671
そうそれです。
死期の近い人は黒に近いグレーだった。
中央線ですれ違った人にいて、気になって見たらすぐ近くで飛び込まれた事も
ありました。<一瞬だったので周りも止められなかった

>>647 >>648
小さい箱にいれておしろいをあげると増えると聞いたので、子供の頃に試したら
増えないで15cmぐらいに育った記憶があります。
私の友人は「そんなの見たことない」というので珍しいのかと思ったけど
そうじゃなかったんですね。
天気の良い日に部屋の隅によくいましたよ。

友人の話ですが、子供の頃から現在まである夢を見続けています。
最初は小さい自分とその自分を囲む普通の街の話だったのですが、
自分が成長するにしたがって、夢の自分も同じように大きくなり
夢の中でいつも遊ぶ友達や恋人がいて、現実の世界となんの区別もつかないぐらい
リアルなんだそうです。
ただ、鏡を見ても夢の中の自分は決して映らないそうで「夢じゃなくてどこかに
繋がっていそう」と言ってました。
夢の中の地図はこっちには絶対にない地形だったり、見たこともない番組を
「懐かしい」と思ってしまうそうです。
夢ではちゃんと学校も卒業してるし「ずっとドラマの続きをみてるようだ」といいます。
現在はその夢で結婚していると聞きました。(昔からの恋人と)
「昔に比べて見る回数が徐々に減ってきてる。最近は月に2〜3回ぐらい」

こういう風に夢の続きをずっと見てる人って他にもいるんでしょうか?

683 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 01:09 ID:JVIzHT+W
>>682
内田善美の「星の時計のLiddel」っていうマンガみたいな話だね>友人の夢
その人の場合現実世界と夢とさして幸福度に差がないみたいだからいいけど。
多重人格と同じで、つらい現実から逃れるために脳が別世界を創造している
んだとしたら、ちょっとヤバイね。

684 :ネンネンネンネン ムカツクネン:02/02/07 01:25 ID:IXP/88QC
「冥い道」って知ってる人いますか。
ふだんの生活の中のいたるところにその道は通っています。
こんな経験ありませんか。
その日は友達があなたの家に遊びに来ることになっている。
友達はあなたの家を詳しく知らない。友達が「最寄の駅に着いた」と電話をしてくる。
駅からあなたの家までは大通りをまっすぐ南下して商店街を右折し、
コンビニの角を曲がる。まあ、迷うような道ではない。
とにかく、友達は徒歩であなたの家に向かい、あなたは逆に迎えに出かける。
必ずどこかで、そう、商店街の入り口辺りで、あなたと友達は出くわすはずだ。
あなたはそんな光景を思い浮かべて出かける。
ところが、商店街を過ぎ、駅に向かう大通りに出ても友達とは出会わない。
おかしいと思いながら駅へ向かう。
一方では、友達のほうも「迎えに来てくれてもいいのにな」と思いながらも
だいたいの見当をつけてあなたの家へと向かう。そして、2人はとうとうその日
出会うことができない。
後日、2人はお互いの事情を説明し、2人して顔をしかめる。
お互いに絶対に相手側に非があると思っているが、互いに釈然としない部分も残っている。
迷うような道ではない、かといって互いに気付かずに行き違うほど
人通りの多い道でもない。
こんな経験、みなさんもあることでしょう。
これは「冥い道」に迷い込んだのです。どちらが、という訳ではありませんが。
私の場合、その後も何度も同じような経験をしました。
そして、冥い道へ入ってしまったのはどうやら私のほうではなく
相手のほうでした。
なぜかって?
冥い道に迷い込んだ人は、みんなその後すぐに死んでしまったからです・・・

685 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 01:35 ID:ngbjqKZJ
>>682
読んでて、ソフィーの世界を思い出したよ。
すべてが非現実社会ってやつね。
そういうのはないなぁ。

686 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 01:44 ID:OWSF54n4
ちとスレ違いだけど、よく心理テストなんかで
「夢はカラーである。」っていうのよくあるけど、白黒の人っているの?
生まれてこのかたカラーの夢しか見たことないよ。

687 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 01:45 ID:OWSF54n4
見たことないよ→見てないよ

688 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 01:48 ID:IXP/88QC
>>686
夢がカラーか白黒かってのがそもそもわからない
夢なんて白黒かカラーかなんてはっきりと覚えてない
とくにここ数年、夢を見てないんで
昔の夢もほとんど忘れちゃった、というか全部忘れた。
「見ない」ということは無いらしいから起きた時に全部忘れてるんだろうけどね

689 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 01:49 ID:2P7SjVkf
>>686
私は白黒だよー。
関係ないのでsageとく。

690 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 13:23 ID:eJxJMiyy
>685
ソフィーの世界って映画になってるけど、映画のラストは原作と全然違うの。
要チェック!

691 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 23:45 ID:ndUjnNnp
白黒の人のほうが多いって聞いた。
あ、夢ね。

692 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/07 23:47 ID:EYiHfjot
>>686 「見たことないよ」でもだいじょぶでしょ

693 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 00:00 ID:YRXk3AJi
私は夢をよく見るし、覚えてるよ。で、大抵オールカラー。
時々白黒。たまーに、白黒の世界で、一部カラーの時がある。
花火だけとか、壁の絵だけとか。その時はすごくキレイで印象的なので
そのバージョンが一番好きかも。

694 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 02:20 ID:CTs4UmfH
白黒だなぁと思ったことないから
カラーで夢みてると思うぞ。。。

695 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 02:24 ID:shMu8iOW
フルカラー。総天然色。音もイイよ。なんでしろ黒にわざわざなるの
かわからないよ。

696 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 14:24 ID:Juw1Ilz/
白黒の夢を見る人はモノクロテレビを見慣れているからだって聞いたことがあるよ。
私はカラーの夢しか見た事ない。

697 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 15:48 ID:V6FxVthF
夢って言えばシリーズ(?)ものの夢を見続けている人いない?
私は子供の頃から同じ風景・同じ登場人物の夢を良く見る。
まるで誰かの人生を夢の中で覗き見ているような。

その夢の中の同い年くらいの女の子は、最近水族館にダイバーとして就職しました。
小さい頃はその子が海に潜る夢をよく見ていたなぁ。
ダイバーになった夢を見た朝は、ねぼけながら
「ああ、天職かもね〜海好きだしねー」とか考えてました。

698 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 17:00 ID:PMPfKb0f
白黒で夢見るんだぁ。カラーしか見たことないから見てみたいよ。

>>697
子供のときは同じ夢をずっと見つづけたことがあったけど、今は続きもので2度寝してもみることあるよ。

699 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 17:04 ID:DM8S063p
夢ネタが続いているようなので。
子供の時から自分が飛べる夢を良く見る。昨日も見た。
エスパー願望でもあるんだろうか…。

700 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 17:07 ID:0Y+04/4z
700get!

701 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 17:09 ID:5q39bzbo
>>697
夢の中で同じ町や風景、場所、人物が出てくることがある。
僕の場合、間隔が一年とか開いてるからデジャヴみたいに感じる。

702 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 17:33 ID:C382RcKu
わたしもいつもカラーの夢を見るよ。
小学校にあがる前、何度も何度も同じ夢を見た。
  キレイな蝶がきらきら飛んでて、うっとりしてる
   ↓
  すごい音を立てながら、大きなトラックが2〜3台走ってくる
   ↓
  蝶は轢かれ、半分泣きながら目が覚める
 
なんか意味があったのかなぁ?

703 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/08 17:50 ID:anch5BQ6
>>699
空を飛ぶ夢をよく見る人は欲求不満なんだとか。
「空もとべるはず」の草野マサムネさんが言っておりました。

704 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/09 07:15 ID:MeKDtwrQ
自称霊能者が出てきたり
お化けばなしが出てきたり
とうとう夢話まで出たか
このスレももう終わりか
終わりなのか

705 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/10 00:19 ID:SXLaHq7D
子供の頃からカラーテレビだったけど夢はモノクロだなあ。
想像力が貧困なのかもしれない。

706 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/18 14:22 ID:ajcPEWzD
age

707 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/18 15:54 ID:KvHVrnrm
>>675
結構猫に好かれてたんだね。

708 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/18 22:11 ID:wV/mT7Fw
小学生の低学年位まで地震が来る数時間前になんとなく分かったってか
何かを感じた。
あれはなんだったんだろー

709 :名無しくわえたおさかな:02/02/19 18:35 ID:fUsKqZ2a
北階段から5段ほど落っこちて全治3週間の捻挫。
保健室にも逝かずに帰ってきた強がりな私だった。

710 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/19 23:50 ID:FbPZsUlJ
>>709
どこが奇妙なのかわかりません
すみませんが教えていただけませんでしょうか・・・・・・

711 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 13:46 ID:zpYv3qT9
高校の頃、夏の暑い中で授業を受けていた時にふと腕を見ると、
ちょっと汗ばんだひじの内側の辺りや手のひらなんかに砂金のような
金色の粒が見つかることがたまにあった。
周りにそんな粒が付着するようなものも置いてなかったから、不思議で
「何だろう?おもしろいな〜」と思いながらも余り気にしてなかった(w
他にも経験した人いますか?

712 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 13:50 ID:fIWFQetx
横浜駅で、磯子行きの電車に乗った。(終点まで行かない)
兄は大船行き(終点まで行く)がきたら乗るから、といって乗らなかった。
けれど、次の駅の桜木町に着く前、隣の車両に兄が乗っていた。
駅のホームで手を振っていた兄をしっかりと見ているのに・・
当時の兄は、ニヤニヤ笑うばかりで、どうしてなのか教えてくれなかった。
現在の兄は、そんなことがあったのも忘れているもよう。
兄は本気で超能力者なのでは? と、つい思ってしまう。
夢と混同しているのではないと思うのだけれども。夢、だったのかなあ。


713 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 14:22 ID:op8k1kbk
祖母のお葬式で棺おけにふたをして釘を打ってるとき、
棺おけのふたにたくさんの金粉がふってきた。
皆で何だ?と手にとって眺めていたら、すうっと全部消えてしまった。
711さんのものと似ているものかしら?



714 :711:02/02/20 16:41 ID:zpYv3qT9
>713
消えたのは不思議ですね。
私のは消えたりはしなかったと思うので、結晶化みたいなものかな?と思っていました。
ちゃんととっておけばよかった。

715 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 17:32 ID:z/tufaHl
>711
思い出した。私も小さい頃、よく肘とか手のひらに金粉?みたいなのが
付いてた。
「またバイキンがくっついてる〜」って思ってイヤだったんだけど
(バイキンというものは目に見えるものだと思ってた)
言われてみれば大人になってからそんな物見た事ない。
何なんでしょうね?

716 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 17:33 ID:gbW3kEV5
サイババ体質。

717 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 17:42 ID:5x/NNfZN
>711
学生のとき、運動場の土を触ったあと
手を洗っても金属の粉のようなものがこびりついているので
すごく嫌だった。
それじゃないのかなと思ったのだが。

718 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 20:18 ID:QXlIlRSf
砂壁が光ってるのみたことないのか?

719 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 23:34 ID:4bC7rWaA
雲母で盛り上がるなよ。どこの砂場にもあるってば。

720 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/20 23:47 ID:C1gUZfgi
ビブーティー

721 :711:02/02/21 20:22 ID:pjHvmFFM
>717
さすがに高校生では砂場には行きませんから、不思議です。
ちょっと前まで何もついてなかったのに、授業中とかに気が付くとあったのです。
何なのでしょうね?
当時の精神状態はストレスも殆ど無く、穏やかですごく安定していましたが、
あまり関係ないか。
どうせならビブーティーみたいにもっと沢山出てくれば面白かったんですけどねー。

722 :719:02/02/22 13:51 ID:IQ63oG8Y
教室内土足可だったら机の上に砂埃がたまって、ってのもありそうだが…。
雲母じゃなくても、真鍮の削りカスやメッキの破片とか金粉マニキュアとかの
身の回りで金色に光る粉が紛れ込んで来たんじゃないの?

723 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/25 16:37 ID:6MqWBOb3
私が小学2,3年生の夏、2歳上の兄と二段ベットに寝ていてた時の話です。
私が上の段、兄が下の段で寝ていました。
足元の窓を半分ほど開けて就寝、夜中に肌寒くなり目が覚めました。
窓を閉めようかな?と思っていたら、ちょうど下で寝ていた兄も目が覚めたらしく起き上がりました。
寒くて目が覚めたんだな。じゃあ、窓を閉めるな。と察知した私は、コソ〜と起き上がり、
兄が窓に手をかけようとした瞬間、上からスススッと窓を閉めました。
兄は「アヒィ〜ィ」と声にならない悲鳴をあげ、ベットから転げ落ち、腰を抜かして這うように、
隣の部屋の両親の所へ、「お化けが出た」と大騒ぎ!
あまりの騒ぎっぷりに 私も本当の事が言い出せずに・・・
だって、兄ったら失禁までして、廊下ビチョビチョなんだもん。

兄の『子供の頃の奇妙な体験』なんだろうな〜(w


724 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/25 20:05 ID:vs4K0snA
>>723
兄は「アヒィ〜ィ」と〜

ワラタ(w

725 :☆女性必見:02/02/25 20:18 ID:F5g+1kkt
http://www.kokorode.com/

これを見るべし!

726 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/25 20:46 ID:QQqwDD+F
小3の時、発売日に漫画「りぼん」を買って
家に帰って袋をあけたら、クレヨンしんちゃんの絵とともに「好きです」と言うメモが。
ビックリして慌てて漫画を閉じて放置。
ご飯の後もう一度探してみたところなんと無くなってる。
妄想としか思えないんだがそんなに告白されたかったんだろうか

727 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/26 17:09 ID:mZKxYhGv
2、3歳の頃だったか、とにかくそれくらいの時に
薄桃色っぽくて、布っぽい柔らかい階段の一番上から飛んだ事を思い出した。
いや、ていうよりゆっくりと落ちたに近いのかもしれないけど…。
でも結構高い階段だったのに着地の衝撃とかは全然無かったし、無傷だった筈。
そこは図書館とかの施設っぽかったんだけど周りに誰もいなかった。
んでちょっと親に聞いてみたら知らない、記憶に無いといわれ。
どうなんだろう…。夢だったのか・・・。
ほんと、記憶が断片的でその後の事も全然覚えてないんだけど
だけどちょっとソフトフォーカスかかった状景と浮遊感だけはずっと残ってる。
(文章変でゴメソ

728 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/27 18:24 ID:FF1/orur
奇妙な体験とはいえないかな。
子供のとき近所に結構大きな家があった。お邪魔したから
一応友達の家だったんだろうと思う。そこの2階の部屋が
いつも雨戸が閉まってて真っ暗で、人形が驚くほど沢山飾ってあった。
フランス人形とか日本人形とか色々で、ぬいぐるみはなかった気がする。
子供心になんかこわいなーと思っていた。
なんで真っ暗な締め切った部屋にあんなに沢山人形がかざってあったか
今でも不思議に思う。

729 :おさかなくわえた名無しさん:02/02/27 18:26 ID:M/yA/OJH
>>728
日に当たると傷むとか。

730 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/01 23:34 ID:istkfJ+z
222222222バージョンや33333333バージョンの電話の話がでてるけど
俺は8888888・・・ってかけてたら確かにつながったよ。
あれはなんだったんだろう。

731 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/02 00:05 ID:R9NI0Zv5
子供の頃じゃないんだけど15歳の時の話。
その時期入院したことがあった。
そして、看護婦さんにお金などは紛失したら困るので絶対持ち込まないで下さい、と言われ
持ち物やおサイフなどは全て看護婦さんが預かった。だから私はお金やテレカを一切持っていなかったわけ。
ところが何日かしてホームシック(wになり、家が恋しくなり病院にある公衆電話で電話して
お母さんに迎えに来てもらった。その時、一度電話しようとしたらお金やテレカを持ってないことに気付き、
「どうしよう、電話できないよー」と焦っていた記憶がある。でも何分か後には家に電話できたのだ。
今でも、どうやって家に電話できたのか全然覚えていない。電話で母と話た内容はハッキリ覚えている。
お金やテレカを一切持っていなかったのにどうやって電話できたのだう・・・?
看護婦さんは厳しかったので預けたものは絶対返してくれませんでした。
今考えてもすごく不思議です。



732 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/02 00:28 ID:56OjbRCZ
>>730
ダック引っ越しセンター?

733 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/02 19:26 ID:UakD3fJC
>>730
>>732
ワラタ

734 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/04 08:34 ID:HYxmB6Zj
あげ

735 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/04 10:40 ID:RQ8GFg6S
厨房の頃、家庭科の授業で子供のおもちゃ製作があって
ぬいぐるみをつくった。
出来上がりを持ち帰り、2階の自分の部屋に置いて
私はその真下の居間で一人テレビを見てた。

家が古いので足音とか良く聞こえるんだけど、
自分の部屋の戸が開いて階段を降りてくる音がする。
おかしいなと思って確認しに行こうと
立ち上がると階段を駆け上る音がした。
泥棒かと思って部屋に行ってもおかしい所はなかった。
気になったのでぬいぐるみは下に持って降りて来たのだけど
後からそのぬいぐるみはその部屋から逃げたかったのかなと思った。

だって作ったぬいぐるみはドラえもんで
部屋には前からあるミッキーのぬいぐるみがあったんだもん。


736 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 01:58 ID:65GAUE+6
ミッキーとドラえもんは仲が悪いのか?

737 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 07:11 ID:xUIbZciw
>>736
ミッキーはネズミです。

738 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 22:46 ID:KbKHulCt
Σ(´Д`ハッソウカ!!

739 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/09 16:35 ID:2bkjt1dy
幼稚園の頃、当り付きのお菓子を買うと必ず当った。
10円のフィリックス(のらくろ?)のガムは殆どが当りだった。
姉や友達も私が買うと当るから、って私に選ばせた位。
当りが出ると、御褒美としてガムの半分を貰ってた。

そんな期間が1年くらい続いた。
今じゃ滅多に当らないんだけど、その時の反動かガムが大嫌い。
あの1年間は一体なんだったんだろう。
不思議な1年間だった。

740 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/09 18:40 ID:R0qygLOk
同じ自販機で五回連続当たったことがある。いまだに信じられない。
時期は半年くらいだったよ。

741 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/09 22:44 ID:Ch8oU6zB
テレビを見ている弟を横目にトイレしに行った。
出てくると弟がいない。おーい、と声をかけたらトイレからでてきたんだ。
すれ違ったということはなかった。
いまでも不思議な九歳の夏休み。

742 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/12 06:44 ID:pn7iFNTC
アゲ

256 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)