5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生長の家について語りあいましょう 6

1 :アクエリアン:02/04/30 00:30
僕は生長の家が大好きです。皆さん一緒に語りあいましょう。

2 :名無しさん@1周年:02/04/30 00:31
神の子人間

3 :名無しさん@1周年:02/04/30 00:33
實相国権限の祈り。

4 :名無しさん@1周年:02/04/30 00:34
世界平和の祈り

5 :名無しさん@1周年:02/04/30 00:35
宇宙浄化の祈り。

6 :名無しさん@1周年:02/04/30 00:36
住之江の大神

7 :名無しさん@1周年:02/04/30 00:37
天照大神

8 :名無しさん@1周年:02/04/30 00:40
思ったとうりの世界になる。生長の家!!

9 :名無しさん@1周年:02/05/03 23:25
    終戦後の神示
 われは七つの灯台に火を点ずる者である。われは白髪の老翁である。白髪とは久遠
永劫よりつづく無量寿の象徴である。われは彦火火出見尊が魚釣らすつりばりを失い
給いて憂い泣きたまう海辺に来りて、尊を龍宮界に導きたる塩椎神である。塩椎神
とは水火土之神のいいである。霊は水火土と現れ、一切のものは水火土から生れたの
である。われは霊の海、創造の神である。水即ち『おしめり』と火即ち『ぬくもり』
と『土』の働きとがあって万物は生ずるのである。黙示録には『われはアルファなり、
オメガなり、生と死との鍵を持てり』としるされているのがそれである。われを単に
海の神だと思うな。龍宮海の神の如くあらわれているのはウミ(生み)の象徴であり、
龍宮無限供給の神のシンボルである。われは一切の創造の神であるから無にして無尽
蔵である。
 日本の国が貧しくなったとて嘆くことはない。日本の国は不幸にして我れをいれな
かったのである。キリストの教会を閉鎖せしめ、そのほか色々の圧迫を加えた。『生
命の実相』も不当に用紙を配給せぬようにしてその出版を閉鎖したのである。われは
愛の神であるから神罰を当てたのではない。真理に目を閉じ、『我』を突きとおして
ついに自壊するときが来たのである。


10 :名無しさん@1周年:02/05/03 23:26
 日本の国民よ、嘆くな。迷ひの自壊の後には必ず住みよしの世界が来るのである。
われを戦いの神と思うな。われは平和進駐の神である。住吉とは平和の理想境という
ことである。わが行くところに平和は来り、わが行くところに龍宮無限の供給は来る
のである。キリストはわれの別名であるから、キリストを押し込めたのがいかぬので
ある。陸前の塩釜神社でも香取鹿島の神を正面にして、塩釜の神をかたわらに押し込
めてある。軍国主義の神を正座に置いて、平和の神を別座に一段下におとしてあるの
が今までの日本の姿であったのである。このような状態では日本が負けたのも仕方が
ない。折角今ここにある無限の供給を閉じ込めて置いて、増産を高唱してもそれは空
念仏である。
 まだ日本の真の姿はあらわれていない。今は伊邪那岐神の禊払のときである。伊邪
那岐神は日本の神、日本の象徴である。これから八十禍津日神、大禍津日神など色々
のまがが出て来るが、それは、日本が『きたなき』心になっていたときの汚れが落ち
る働きであるから憂うることはない。この禊払によって日本国の業が消え、真に浄ま
った日本国になるのである。心を明るく持ち、すべてを神直日、大直日に見直して、
禍を転じて福となさねばならぬ。かくて齋女の神はあらわれ、本当にこの世がいつき
清められて、その後に住吉の神があらわれるのである。住吉の神はまだ本当にあらわ
れていぬ。しかしもうあらわれるに間もないのである。住吉の神があらわれたら、伊
邪那岐神の左の眼が真に清められて、日本の実相荘厳の姿があらわれるのである。古
事記の預言をすたれりと思うな。預言は成就しつつあるのである。ただその預言を間
違って解釈する人が多いのである。(昭和二十年十一月二十七日未明神示)

11 :名無しさん@1周年:02/05/03 23:34
   日本の実相顕現の神示
敗戦の原因は多々あれども戦争を始めたから敗けたのである。これは過去現在未来永
劫に変ることなき真理である。戦争を始めねば敗戦もない。当たり前のことが当り前
なのである。真理というものは簡単で直截明瞭である。当り前のことがなかなか解ら
ぬ人が多いからこの世界が乱れるのである。神が戦いをさせているのではない、迷い
と迷いと打合って自壊するのだと教えてある。迷いの軍隊を皇軍だなどと思ったのが
間違いだったのである。この神の教えは『自給他足・他給自足』と教えてあるのにド
イツにならって経済自給圏を確立しようと思ったりしたのが既に相対の心である。心
に相対があらわれ、彼我対立する心は既に戦いの心、分裂抗争を予想しての心である
から、戦争準備の心である。世界は一円相であるということを知らねばならぬ。世界
一環互に手と手をつなぎ合って、しっかりと和する心になっていたらば戦争もなく敗
戦もなく、実相無限の円満調和世界が実現するはずであったのに、当時の日本人は
気が狭くて島国根性であり、排他的精神で、我慢自慢独善精神に陥り、それを日本精
神だと誤解して、一人よがりにいい加減な気持になって、遂に世界を敵として戦うよ
うになったのである。排他の心は、他と自分とを切り分ける心であるから、切る心は
切られる心と教えてある通りに自分が切られる事になったのである。

12 :名無しさん@1周年:02/05/03 23:36
切る心は三日月の心であり、利鎌のように気が細く、角だっていて、空にあらわれて
いる時間も少く、その光も弱く、じきに地平線下に沈んでしまう心である。心の通り
に日本の国が沈んでしまっても、それは日本人の心みずからの反映であるから、いた
ずらに失望、落胆、放心してしまってはならない。『見よ、われすべてのものを新た
にするなり』と教えてある。現象の三日月は沈んでも実相の円満玲ろう一円相の満月
は依然として虚空に輝いている。それと同じく、心狭くとがりたる排他的な軍国主義
の似非日本の国は沈んでしまっても、実相円満の日章旗のようにまんまるい日本の国
は無くなってはいないのである。有るもの、有りしものは永遠に滅びることなく、必
ずそれは日本人全体の心が円満になり、実相の波動に日本人全体の心の波動がぴった
りと合うようになれば、現象界にもその不滅円相のすがたをあらわすのである。汝等
嘆くことはない、滅びしものは本来無きもののみが滅びたのである。無きものは滅び
るほかはない。軍国日本の如きは本来無き国であるから滅びたのである。神州日本は
不滅であり、永遠に滅びることはない。滅びたように見えているのは実相がおおい隠
されているだけである。実相をおおう心が眼鏡をかけている心である。すべてこの世
の中の事物は象徴であるから、その象をよく見ていれば、世界に何が起りつつあるか
を知ることが出来るのである。(昭和二十年十二月二十八日未明神示)

13 :名無しさん@1周年:02/05/03 23:37
   君民同治の神示
国は人間生命の外延である。それは身体が人間生命の外延であるが如くである。人間
生命が神より生れたる神聖なるものであるという自覚が、その外延であるところの国
をも神より生れたる国であるとの神聖性を要求するのである。この要求が神によって
その国が造られたのであるとの神話を創造するのである。しかも人は自己が無にして
絶対であり、一切の主であり、永遠者であり、久遠の主宰者である(民主)との自覚
を、生命の外延の世界においても持つことを要請するのである。観られる世界は観る
人の心の世界であるからである。身体も国も共に観る者(主体)から反映せられる世
界(客体)である。観る心の要請が身体においては脳髄の存在となり、国においては
永遠の元首なる、無にして絶対であり、一切の主であるところの天皇の存在を要請す
るのである。天皇の神聖性は、人間自身の生命が神聖であるところから来る。即ち観
る主体(民)が神聖であるから、観らるる客体である天皇が神聖なのである。観る主
体(民)が神聖であるから、観らるる客体である天皇が神聖なのである。観る主体
(民)の神聖性が包まれおおわれて混濁するとき、天皇の神聖性はおおわれて発現し
なくなるのはそのためである。今の状態がそれである。人間は自己自身の神聖性のゆ
えに神造の国家に神聖降臨の神話を創造してその歴史の中に住む自己を観るのである。
天孫降臨とは人間自身すなわち民自身が天孫であり、神の子である自覚の反映にほか
ならない。かく天皇の神聖性は人民自身の神聖性より反映するのである。されば民が
主であり君は客である。これを主客合一の立場において把握すれば主客一体であり、
君民一体であり、民は君を拝み、君は民を拝む。民を拝みたまう治は、君を拝むとこ
ろの事と一体である。治事一体であり、治めるとつかえるとは一体であり、君民同治
である。天皇は絶対者にましますとは、観る主体たる人間(民)の絶対性より来る。
民が自身の絶対性の把握が破れるとき、その反映として国の絶対性と天皇の絶対性と
は破れるのである。打ち続く敗戦により、民自身の永遠性と久遠性との自覚が破れた
のが国家大権、天皇大権の一時中断の形をもって現れたのである。
(一二・二八 午後一二時)

14 :名無しさん@1周年:02/05/03 23:37
    大和の国の神示
 われ再び大日本天津日嗣天皇という意味について語らん。天孫降臨ということは天
の父のみこころが天降って、天が下ことごとくが一つの光の世界になり、大和、平和
の世界があらわれるという意味の象徴的表現である。日本民族が世界を治めるのでは
なく、『天孫』すなわち『天の父のみこころ』が全世界を治める時期が到ることであ
る。これがイエスの『主の祈り』にある御心が既に成る世界の意味である。それが真
の大日本世界国(ひかりあまねきせかいのくに)である。大日本世界国ということを
狭い意味に解して、日本民族の国だなどと考えるから誤解(まちがい)を生ずるので
ある。そんなものは小日本であり、本当の大日本国(ひかりのくに)ではない。天の
下ことごとくが『天のみこころ』で満ちひろがる世界が来ることを、「全世界五大洲
の国土を『天孫(てんのみこころ)』に御奉還すべき時期が来る」と教えたのである。
天孫とは肉体のことではない。「肉体は無い」ということをあれほど教えてあるのに、
やはり肉体のことだと思って執着が強いから大それた間違いをして取返しがつかぬこ
とになるのである。神からみればすべての人間は神の子であるから、特に日本民族の
みを愛するということはない。あまり自惚れるから間違うのである。大日本天津日嗣
スメラミコトとは固有名詞ではない。理念の表現である。「大日本」すなわち「ひか
りあまねき」、「天津」すなわち「天の父の」、「日嗣」すなわち「みこころを嗣ぎ
たまえる」、「スメラミコト」すなわち「天降りましたる帝王」という意味であるか
ら、総じて訳せば「ひかりあまねき天の父のみこころを嗣ぎたまえる天降りましたる
帝王」ということである。天の父のみこころが全世界に光被してあまねく平和になる
世界になれば、それが本当の大和の国である。それが本当の大日本天津日嗣すめらみ
ことの治しめし給う世界である。肉体のことではない。
(昭和二一年一月六日朝の啓示による)

15 :名無しさん@1周年:02/05/03 23:59
age

16 :三浦つとむ選集:02/05/04 23:30
「ものの見方考え方」三浦つとむ選集5 
勁草書房 1983・6・30第1版第1刷発行

  全大宇宙は天皇のものであるという結論

 日本の神話にも、世界の創造者は出てきます。谷口雅春さんは、すべて形あるもの
は「心」がさきでできあがった、という理論を、日本の神話と結びつけて、戦時中に
は日本の世界征服は正当であると主張したのでした。
 『日本の理念は、古事記に昭々としてあきらかである。その最初に高天原(大宇宙)
と天之御中主神とのみが独在したのである。大宇宙の中に天之御中主神がお生(な)
りになったのではない。大宇宙が即ち天之御中主神であるのである。神格として、人
格として、大宇宙の内面的本質が天之御中主神であらせられ、その生ける神格の、人
格の、コトバの振動の広がりである外的客観的広袤が大宇宙である。天之御中主神こ
そ大宇宙最初の天皇であらせられ、すべてであれせられ、「天」の原理であり、一切
包容の原理であり、「御中」の原理であり、中心帰一の原理であり、一以てすべてを
つらぬく原理であり、かくて天皇独在であらせられる。
 一以てすべてを貫き、そのほかに何もない。国土も天皇から生れたのであり、臣民
も天皇から生れたのであり、天皇独在であって、われら「個」は、あるがように見え
ても、それは単なる股肱的現れ(手身「たみ」)であって本来無いのである。これを
称して、生長の家では、「肉体本来無し」と言う。
   ―――――――――

17 :三浦つとむ選集:02/05/04 23:31
此の外見は小列島国に過ぎないと見える日本が大陸をムシロのようにまきおさめる。
英国がどう云おうと、米国がどう云おうと、ソ連がどう出ようと、ビクともしないこ
の胆のすわりかたと底力は、日本なるものが天之御中主神を本体とする大宇宙そのも
のであり、日本の運命が大宇宙力にバックされているとの自覚なくして能わないこと
である。
 大宇宙が天之御中主神であり、天之御中主神が大宇宙であり給い、その「全一」と
「中」のすがた――中心総攬の全徳が至尊として顕れましたのが天照大神であらせら
れるから、天照大神は宇宙神にして同時に皇祖神であらせられる。それは古事記に現
れたる宇宙創造の順序を読んで行けば自ら明らかなることである。
 天之御中主神――天照大神――天皇――全大宇宙――かくの如くして、吾等は天皇
を観奉ること、全大宇宙を観ると同じである。全大宇宙はただ天皇の顕現し給うおん
すがたであるが故に、全大宇宙は天皇のものにして、そのほかの何物でもない。
 斯くの如くして、天皇に帰一せる国が日本国なるが故に、全宇宙はその実相に於て
日本国である。いまだ現象界に於て列国対立のすがたが現れているが、それは仮相で
あって、本来なきすがたである故に消えるほかはない。驀進日本の力は此の自覚から
して無限に押し出されてくるのである。
   ―――――――――
 日本を狭義に解して「特殊」扱いすることを止めよ。八紘一宇とは、全世界が日本
国であることである。全世界が日本国であることが、畏くも神武天皇の大理想であら
せられたのである。
   ―――――――――

18 :三浦つとむ選集:02/05/04 23:31
 皇軍は政府軍でも軍閥の軍でもない。すめらみことの軍である。……皇軍は天皇の
統率したまうところの股肱である。……日本の軍はその軍備が完全になればなるほど、
世界の国民は皇軍の前に敬礼してその行いが正しくなり、悪を行うものが一人もいな
くなるのである。……真理に背き神意にもとり、すめらみことの中心に帰順せざる一
切の迷妄(この迷妄あればこそ世界が不幸にあえいでいるのである)を破壊するとこ
ろの、迷妄破壊の神力の発動である。皇軍あるによって世界は初めて迷妄と真理とを
明快に截断し得るのである。……皇軍は未だかつて侵略の戦争をしたことがないので
ある。』(『谷口雅春選集』潮文閣発行『日本新文化全集』第十二巻)
現実の歴史の動きは、谷口さんの皇軍論をたたきつぶしてしまいました。それで戦後
は「皇軍」を「軍閥」に書きかえなければなりませんでした。
 『太平洋戦争が何故日本の敗戦になったかと云うと、人間を唯物論的に取扱って、
人間の生命を尊ばなかった。人間を爆弾や砲弾の代用品に使った。自国の人間を唯物
論的に扱う位だから、敵国人を唯物論的に取扱って残忍行為をすることはやりかねな
い。そのために比島の惨劇や、バターンの死の行進や、捕虜虐待や、その他実に日本
の歴史上忌むべき恥づべき事を生じた。……日本軍閥は東亜諸民族解放の美しいスロ
ーガンを掲げて戦ったが、それならば何故朝鮮民族や台湾民族を解放しなかったか。』
(谷口雅春『運命の原理』) 
 『持ちながら尚一層持ちたいと云う無謀な心の貧慾と権勢慾との戦争であったから、
日本は、朝鮮をとられ、台湾をとられ、千島をとられ、沖縄をとられ、満州国の資源
をなくして、かくのごとく奪われてしまったのであります。』
(谷口雅春『真理』第一巻入門篇)
 こうして、時代の変化に従い政府の意向に応じて言葉は変っていますが、理論の根
本は終始一貫してすこしも変ってはおりません。民族論や国家論をしらべてみると、
戦時中の考えかたとちがっていないことがわかります。

19 :三浦つとむ選集:02/05/04 23:31
 『日本民族も熊襲の人間や、出雲の人間や、蝦夷の人間や、南洋から来た人間など
が寄り集って日本国という国を作ったと云うような寄せ集め物だと考えている人があ
りましたら、これは民族に対する唯物的な考え方と云うものです。寄せ集めものなら
ば離れる時がまいりましょう。それでは日本民族と云うことは出来ないのであって、
寄せ集め民族と云わなければなりません。先づ日本民族と云う民族の設計が神の心の
中に出来たのです。設計と云うと、絵に描いた図面のように思われますが、図面に描
く前に心の中で思わねば描けません。神の心の中で思われた「日本民族」の設計がも
とになって現実の日本民族が出来上ったのです。家でも、大工の心の中で思った通り
の形に出来上るように、神の心の中で思われた通りの特色をもって日本民族は出来上
ったのです。』
マルクスの唯物論的な建築の見かたは正しくても、これを条件を無視してかたちのあ
るもの全体にもちこめば、神の設計で日本民族がつくられたという神がかり的な民族
観以外には出てこないのです。
 『日本国家という家も色々の部分が集って出来ていますが、そこに住んでいる何々
人種が日本国家ですかと云っても、それは日本国家ではありません。此の机が日本国
家ですかと云っても、机が日本国家ではありません。この土が日本国家ですかと云っ
ても、土が日本国家ではありません。それらすべては日本国家を形造る材料であって、
「家」にすれば、材木や瓦や壁やセメントに当るものなのです。神話的に云いますな
らば、日本国家は天照大御神の理念(おほみこころ)の中に先づ造られて、それが
「千五百秋の瑞穂の国は世々わが子孫の王たるべき地なり」と云う天孫降臨の神勅と
なってあらわれております。神話と云うのは、作者が誰と云う一定の人間ではなくて、
古代の民族がその民族全体の精神によって作られたものであって、民族全体の一致し
た信念の協同作品と云うようなものであります。この民族全体の協同信念によって各
人が集団して、日本は天皇中心の国家を形作ったのでありますから、日本国家が天皇
中心の国家であると云うことは最も民主的なことであります。


20 :三浦つとむ選集:02/05/04 23:32
この民族全体の協同精神がいわば日本国家の設計のようなものであって、その協同精
神の通りに、形の世界の日本国は、家が色々の材料が集められて徐々に出来上るよう
に、出来たのです。だから日本国家の本質及び設計は、天皇国家の姿をとるべく日本
民族全体の心の中に既にあったのであります。それが世の中の進むに従い、形の世界
に徐々に出来上って来たのであります。そして神武天皇が大和に都をはじめ給うたの
は、天皇中心の国と云う日本民族全体の精神が具体化した第一期工事の完成だと云う
ことになります。
 ところが、神武天皇の建国も神話であって、神武天皇は実在の人物でなかったと云
う人が、戦後に日本の歴史家の中にも出て来たのであります。併し神武天皇が実在で
あろうがなかろうが、その神話を古代の日本民族がつくったと云うこと其のことが大
切であって、日本の国を建設した古代民族の心の中にある「建国の理想」が、人格的
表現されて「神武天皇」となったのであります。そしてその神武天皇が、建国の理想
として「八紘を蔽いて宇(いえ)と為さん」と仰せられた。これを吾々は一口に「八
紘一宇」の建国の理想と申しておりますが、これを、まるで世界侵略思想のように外
国人は巣鴨法廷で裁判したのでありますが、天地間に外国は無い、どこもかしこも一
家族で兄弟であると云う理想を表現せられたのであります。このように、日本国はそ
の建国のはじめから、全世界の人類は互に兄弟であるという民主主義理想のリーダー
として神武天皇が描かれているところに日本民族の理想を見るべきであります。』
(谷口雅春『真理』第一巻入門篇)
 昭和二十九年に発行されたこの本の根本思想は、戦時中とすこしも変っていません。
日本の国土も日本の民族もみな神によってつくられたとするならば、全宇宙が神のも
のだということになります。神すなわち天照大御神だとするならば、日本ばかりでな
く世界各国がすべて天照大御神のつくったものだということになり、そこから世界各
国もまた天照大御神の子孫である天皇の支配すべきものだ、「天地間に外国はない」
のだという世界侵略の思想につながっていきます。

21 :三浦つとむ選集:02/05/04 23:32
谷口さんは、「リーダーとして」考えていたのだと説明しますが、これは支配者を指
導者とスリかえて表面だけを民主的に見せかけたにすぎません。なぜかというと、民
主主義のリーダーは国民のなかからリーダーにふさわしい人間をえらびだしたものだ
からです。国民がリーダーをつくったので、リーダーが国民をつくったのではないか
らです。リーダーは国民によってえらばれ、国民に奉仕する義務を負います。日本の
国土や日本の民族をつくったという神の子孫が支配者となるならば、国土や民族も自
分の先祖のつくったものだから自分の自由にしていいわけだし、国民は自分をつくっ
てくれた神の子孫に生命や財産をささげて奉仕するのが当然だということになります。
民主主義のリーダーとはまったく反対の関係になってしまいます。こんな支配者を、
民主主義だとかリーダーだとかいうのはインチキです。
 かたちの上で民主的に決定したからといって、できあがったものが民主的であると
はいえません。右翼の団体のなかで民主的に討論して、誰を殺そうという計画を多数
決で可決したからといって、その計画が民主的だということにはなりません。戦争中
の日本では、「挙国一致」戦争を支持し、東条首相の出ていた議会でも満場一致で戦
争遂行のための法律や予算を可決しましたが、この戦争は民主主義のための戦争では
なく侵略のための戦争でした。
 一九六〇年五月十九日といえば、忘れもしない岸首相が国会に警官を入れて安保反
対の議員に暴行を加え、一方的に衆議院の通過をはかった日です。これから一ヵ月の
あいだ、国家をめぐって大きなデモの波がおしよせ、ゼネストが行なわれました。谷
口さんの「生長の家」では、右翼や自民党といっしょに安保闘争反対のビラマキをや
っていました。さらに、この年の秋、右翼の少年が社会党の浅沼さんを短刀で殺すと
いうテロ事件がおこって、大さわぎになりましたが、しらべてみると右翼の青少年の
なかには「生長の家」の信者がすくなくありませんでした。

22 :名無しさん@1周年:02/05/08 10:09
『創価学会・立正佼成会 新興宗教の内幕』 三一書房 1979年

「生長の家は、戦争中に急成長した。その理由は、軍閥の長老辻村楠造陸軍中将を理
事長の椅子にすえ、天皇制賛美と戦争遂行に奔走するなど、積極的に国策に協力した
ことにある。満州にも進出し、「日の丸の進む所、どのような奥地にも進出していっ
た」とすらいわれたが、敗戦と同時に素早く教義を平和讃美、自由愛好に切りかえて
教勢を維持。その後国家神道復活の動きが激しくなるや、再び天皇崇拝と神道色を濃
厚にして、いまや右派系教団の中心的存在に返り咲いている。」

「まず、生長の家という教団の政治的特質を理解していただかなければならないが、
この教団の最大の特色は、その強烈なタカ派性、右派的思想性にある。靖国神社国営
化推進運動の中心的役割を担っていることは、すでに述べた通りである。生長の家は、
戦争遂行に協力した反省から戦後一時、平和、自由の賛美に方向転換した。アメリカ
で発達した精神分析、心身医学等を、積極的に教義にとりいれたりもした。しかし、
占領末期になると、朝鮮戦争の勃発を契機に、政治の反動化の波にのって再び、天皇
崇拝と国家主義を復活し、神道色を濃くしていった。さらに、一九六〇年の安保問題
を境にして、国家主義的傾向をますます露骨にしてきたのである。」



23 :名無しさん@1周年:02/05/08 20:38
またかよ
1979年の本引っぱり出してきてなにか?
共産党本部の資料室で調べてきたのかね。



24 :名無しさん@1周年:02/05/08 20:48
宗教やりたいやつにはやらせとけ。
興味無い奴はほっとけーき。

25 :名無しさん@1周年:02/05/09 05:17
http://piza.2ch.net/log/psy/kako/945/945885561.html

26 :名無しさん@1周年:02/05/11 23:23

おばかさん
しっかり勉強しなさい。

27 :生長の家と統一協会の教師たち:02/05/12 13:48
『新地平』一九八三年八月
 「学校に浸透するファシズム」  林雅行  

 生長の家と統一協会の教師たち

 ここ一年位の間に東京学芸大学をはじめ日本大学や東北大学などいくつかの大学で
学生たちを前に、「ファシズムと教育」をテーマに話をする機会があった。終ってか
らの学生たちとの喫茶店などの話で共通して話題となったのは、今日、大学において
民族派の学生を中心とする右翼学生が台頭してきており、大学によっては暴力をもっ
て左翼学生狩りをやっているということについてだった。

 キャンパスに台頭する右翼学生
 主だった全国の大学にそうした学生たちが台頭している実情(昨年度)をみてみよう。
[国立]
<北海道大学>「北大学生新聞会」を中心に勝共連合=原理研が活動。
<東北大学>「共産主義研究会」の名で原理研が、また、生長の家系学生組織=反憲
学連も活動を始めている。
<東京大学>原理研の学生が「共産主義研究会」の名で「ポーランド学生講演会」を
デッチ上げる。
<名古屋大学>近年、原理研の活動が盛んになってきた。
<京都大学>「共産主義研究会」の名で原理研が「ポーランド学生講演会」を開催。
<九州大学>原理研が盛んに反共キャンペーンをはる。反憲学連系学生が「戦後史研
究会」の名で「大東亜戦争を考えるシンポジウム」を開催した。
<鹿児島大学>「生長の家」系学生が自治会役員に暴行をはたらく。

28 :生長の家と統一協会の教師たち:02/05/12 13:49
[私立]
<学習院大学>原理研の活動が活発化しつつある。
<慶応大学>原理研の学生が、工学部・法学部の自治会を「結成」した。
<中央大学>原理研の活動家が進入して学生の組織化を進めている。
<日本大学>反憲学連が、首都圏の大学で最大拠点にしている。サークルをデッチ上
げたり、外部からの学生を導入して支配を目論む。
<明治学院大学>原理研の活動が活発化してきている。
<早稲田大学>原理研が主催して講演会を開催したり、自治会役員に立候補したりす
す――動きが活発化しつつある。

これらは氷山の一角にすぎない。現在、大学で活動する右翼の二大潮流といえるもの
は、勝共連合=原理研系と、生長の家=反憲学連の二グループであるが、彼らは講演
会、シンポジウムという一見ソフトな装いを見せながら登場するが、学生たちの追及
によって正体が明らかになると、公然と右翼テロを加えてくることがある。
 さて私のテーマは、学生運動ではないので詳細は別の機会にしたいが、大学が社会
体制批判の砦ともなっていた時代から、今日では右翼・民族派の台頭によって文字通
り混沌とした時代に入っていることを意味している。というのは、この<大学の学生
の状況>が、ほぼストレートに<学校教育の教師の状況>にもあてはまっていくので
ある。つまり、勝共連合=原理研も、生長の家=反憲学連も、大学のみならず、教育
現場にも活動家を“供給”しているからに他ならない。

29 :生長の家と統一協会の教師たち:02/05/12 13:49
 生長の家=反憲学連=新教育者連盟

 「私は元来は、大学だけではダメだと思う。大学生というのは、教えられる立場で
あり、自分で研究する立場でしょう。それは受け身ですね。教える立場にならなけれ
ばいけない。つまり、教師になることです。戦後の混乱はすべて虚偽の民主主義にあ
るわけですから、これから脱却することを教えること、つまり教師になってそうした
人間をつくることです」。
 こう語るのはA君(二一歳)である。A君は反憲学連のメンバーだというが、表立
って活動しているわけではない。いわば、“隠密部隊”というべきだろうか。
 反憲学連(反憲法学生委員会全国連合)は、一九七四年に結成されるが、その活動
家たちはいちように「生長の家とは無関係」という。しかし、反憲学連が生学連(生
長の家学生会全国総連合)とメンバー的にもダブっており、上部団体に日本青年協議
会を有していることからも関係の深いことは疑いない。
 生長の家は、一九二九年(昭和四年)に谷口雅春が「生命の実相を知れ」と“神啓”
を受け、翌年に個人雑誌『生命の実相』を創刊したことに始まり、(株)光明思想普
及会(一九三四年)を発足、三六年には教化団体となり、四〇年には宗教団体となっ
た。戦争中は、日本軍部の侵略戦争を「正当化」する教義をふりまき、戦後は、宗教
法人として出発したが、「皇居の新年参賀運動」、皇居清掃奉仕団、「紀元節」復活
運動、元号法制化、そして最近では優生保護法改定運動の中心的役割を果たす右派宗
教団体である。総裁の谷口は、根っからの改憲論者であり、日本国憲法をアメリカの
“占領憲法”とするグループの一人であることは知られている。

30 :生長の家と統一協会の教師たち:02/05/12 13:50
 生長の家は、全国を五九の教区に分け、各々が教化部・道場をもち、壮年男子を相
愛会、婦人を白鳩会、青年を青年会に組織し、大学生を生学連(生長の家学生会全国
総連合)、高校生を生高連(生長の家高校生連盟)に組織する。全国各地で講演会、
練成会を開催し、『聖使命』『生長の家』『白鳩』『光の泉』『理想世界』『理想世
界ジュニア版』『精神科学』などの機関紙・誌を発行、三四〇万人の信者を誇る大教
団として存在している。さらに、生長の家系団体として次の団体があげられる。
 (株)日本教文社――出版 (財)世界聖典普及協会 (合)光明社――印刷・出
版 (財)生長の家社会事業団 生長の家政治連合、同国会議員連盟、同地方議員連盟
 そして生長の家系学生組織として反憲学連がある。
 先の反憲学連のA君は、「教師」になろうとしていた。「私は、教える立場に立っ
て子どもたちに“日本人の理想”というものについて教えたいと思っています」とい
った。
 生長の家系の学生組織が反憲学連とするなら、生長の家系の教師たちの組織も存在
する。(財団法人)新教育者連盟がそれである。
 私は栃木という俗にいう「教育正常化」県の実情をレポートした時に、こう記した
ことがあった。「一九五〇年代後半に勤評が強行実施されようとしてる時、それに抵
抗する栃木の教師たちが懸命に勤評反対闘争をたたかっている最中のこと」「栃木県
教祖を“学校ぐるみ”で脱退していったグループがいた。戦後、“民主化”の嵐のな
かで、“紀元節”校長と呼ばれる中学校校長が高知にいた。彼は戦後、校長になるや
いなや、紀元節をすぐさま復活させたからこう名づけられたのだった。
一方、栃木には、“日の丸校長”がいたのである。その名は、石原啓三という。彼は
戦前は付属小学校につとめ、『歴史』授業にたずさわったが、戦後は宇都宮市立星ヶ
丘中学校に校長として勤務するのである。彼は、毎朝全校生徒を集めて朝礼を実施し、
『日の丸』を掲揚したのであった。良い悪いは別として今日ではさして珍しくない光
景であるが、戦後『民主化』の最中、彼はこれを実施していたのである。


31 :生長の家と統一協会の教師たち:02/05/12 13:51
……“日の丸”校長の動きは、活発だった。彼は各方面に日教組脱退をオルグしてま
わる」。この「日の丸校長」石原啓三は、生長の家系教員組織である新教育者連盟栃
木支部長であった。 戦後教育界でいち早く<戦前回帰>を志向し抵抗する生長の家
系の教師たちの姿がそこにあった。
 さて先の日本青年協議会(青年組織)の機関誌、『祖国と青年』昭和五八年六月、
六二号では、「教育荒廃――占領政策の残したもの」と題する新田史郎(大学講師)
の論稿をのせている。ここでは、戦後日本の教育政策の根本的誤りを占領政策による
と強調する。たとえば、こういう。
 「古今東西を問わず、いかなる国の教育も『民族の伝統、文化の継承』が大きな柱
となっていますが、戦後日本の教育はそれを否定するところから出発した訳です。し
かし、これは占領軍の押しつけであったと一方的に占領軍の非を責めるだけでは済ま
ない問題を内包しているのです。例えば、教育基本法の前文案から『伝統の尊重』と
いう字句が削られたのは、トレイナー氏(教育課長補佐)とのインタビューによれば、
日本人の通訳が『伝統を尊重するということは封建的な考え方に戻すことだ』と説明
したので、削除したというのです。……つまり占領軍のみならず、日本人自身が、日
本の伝統文化と、封建的なもの、軍国主義的なものとを混同してしまったことが最大
の問題であると私は思うのです。……日本人自身が、国旗や国歌は戦争につながると
怖れるようになってしまったのです。江藤淳氏が『自主検閲』ということを言われて
いますが、このような『自主検閲』的敗戦後遺症が、戦後の教育界を支配し、未だに
職員会議で、卒業式や入学式で国旗を掲揚し、国歌を斉唱することが問題になってい
る」。

32 :生長の家と統一協会の教師たち:02/05/12 13:51
 ここから彼らは、占領政策の「自縄自縛」からの脱却をいうのだが、その脱却とは、
日本を占領以前の状態に戻すこと、つまり<戦前回帰>を目論むのである。
 新教育者連盟の教師は、生長の家の地域住民、生徒たちと連携をとりながら、活動
をしているのだが、今日のところ連盟として表舞台に登場しているというよりは、日
教連などの反日教組の職員・職能団体に入って、そのなかで活動家集団を形成してい
ることが多いといわれている。(もちろん表舞台にでている事例もあるが、それは別
の機会に触れたいと思う。)

 勝共連合(統一協会)=原理研究会=心情教育研究会

 生長の家と並んで教育に“熱心”なのは、勝共連合=原理研究会である。勝共連合
の研究(実態暴露)についてはすぐれた文献が多く、読んでほしいと思う。『原理運
動の研究』『同、資料編』T・U(晩聲社)、いずれも茶本繁正。『偽装するファシ
ズム』(たいまつ社)佐藤達也、『原理運動』(日本経済評論社)茂木和行、『韓国
の謀略機関』『仮面のKCIA』『裁かれる国際勝共連合』『原理運動と勝共連合』
(いずれも日本共産党出版局)などが簡単に入手できる。国際勝共連合は、統一協会
(世界基督教統一神霊協会)を母胎とした反共謀略組織で、文鮮明を教祖とし、韓国
の朴政権・KCIAによって育成された団体。あの笹川良一が名誉会長だったことも
あるが、久保木修己が日本の会長。『思想新聞』『世界日報』などを発行し、世界平
和教授アカデミーと称する反共学者組織が、近年の教科書攻撃の仕掛人であったこと
は、あまりにも有名である。この勝共連合と原理研は同じもので、勝共連合が大学で
活動しやすくするためにサークルのようにカモフラージュしたのである。原理研発行
のパンフのなかにある“宣誓文”には、「一、我等は、人類と世界にとって愛の主体
として反共戦線に先立つことを宣誓します」とある。




33 :生長の家と統一協会の教師たち:02/05/12 13:51
 大学で原理研の組織が作られたのは、一九六四年九月の全国大学連合原理研究会結
成の前後だといわれている。当初は「心情の世界」講演会・展示、ブラスバンド、コ
ーラスなど“文化団体”を装って登場した。その後、一九六八年一月に国際勝共連合
が結成されると“反共”を全面に掲げた学生組織として衣がえをしていく。原理研の
学生たちがこぞって韓国へでかけ、帰って一部の大学で反共決起大会を開いた。全国
学園闘争が高揚している最中のことであり、文字通り反共突撃隊として組織されてい
った。大学闘争の後退のなかで、原理研もまた“反共”だけを旗印にしては学生から
孤立してしまうと認識し、“サークル”を装って大衆獲得工作に転じる。共産主義研
究会、マルクス主義研究会など一見、左翼的なものから、未来経済研究会、聖書研究
会、社会福祉研究会、そして超心理研究会とオカルトブームに便乗したものまでデッ
チ上げる。この頃、大学新聞を装ってキャンパス紙を発行したり、学生を無料でアメ
リカにつれていく「国際指導者セミナー」で、海外旅行で学生を釣り、徹底した反共
洗脳教育を試みようとしたのである。
 最近では、反憲学連と手をくんで、反共宣伝活動を展開したりしている。

 さて、勝共連合もまた、教員組織をもっている。(A県である中学校の若い女教師
が結婚するとのことで職場の同僚が祝福していた。ところが、なかなか相手の話をし
なかった。結婚旅行が韓国で、帰ってきてから、急に彼女の言動が反組合的になった。
実はその女性、統一協会員で、統一協会の集団結婚式に韓国へ行っていたという。そ
のことが職場の同僚にわかってからまもなく、彼女は職場を去っていった。)

34 :生長の家と統一協会の教師たち:02/05/12 13:52
 一九八〇年に入って自民党を中心に教科書攻撃が展開されたが、その時、自民党議
員のテキストともなった『疑問だらけの中学教科書』(ライフ社)を執筆した森本真
章(筑波大講師)、滝原俊彦(帝京大教授)がつくっていた「教科書問題研究会」な
るものが、同著の序文で明らかにされ、次ぎの氏名を列記している。
 代表・福田信之(筑波大学長)、田中正美(筑波大学学校教育部長)、森本真章
(筑波大学講師)、滝原俊彦(帝京女子短期大学教授)、菩地本オサム(埼玉県戸田
市新曽中学校教諭)、白石健二(目白学園高校教諭)、山下国博(筑波大学研究生)、
黒田巍(東京教育大学名誉教授)、久保田信之(学習院女子短期大学教授)、名越二
荒之助(高千穂商科大学助教授)。
 このうち、福田、森本、滝原、黒田、久保田、名越らは世界平和教授アカデミーの
会員であり、菩地本、白石らは、心情教育研究会のメンバーである。そして心情教育
研究会とは、統一協会の教師組織に他ならないのである。心情教育研究会の教師たち
の任務は、教え子を原理運動にさそいこむことにある。

 生長の家系の反憲学連と勝共連合=原理研が“協力”して左翼学生狩りを大学で行
なうということに、若干の疑問をもつ人もいるかもしれない。というのは、天皇を頂
点とし、国体を護持せんとする日本の右翼グループと韓国の文鮮明を「神」とあがめ、
日本を「サタン(悪魔)の国」とする韓国の謀略組織が、なぜ手をつなぐのだろうか、
というものだ。それは、彼らには、自らの“教義”を棚上げにしてまで、立ちむかわ
ねばならぬ相手が存在するからであり、そのためには神も仏もあったものではないの
だろう。
 教育の反動化にともなう日本の教師たちの教育を守るたたかいの前に、新教育者連
盟と心情教育研究会の教師が手をとりあって、教え子を“反共の闘士”にするために、
合唱する日もそう遠くないかもしれない。


35 :名無しさん@1周年:02/05/12 14:20
http://www.agon.org/

36 :名無しさん@1周年:02/05/12 14:33
http://tmp.2ch.net/sisou/kako/1008/10085/1008598803.html

37 :名無しさん@1周年:02/05/12 14:37
http://kaba.2ch.net/news2/kako/1008/10089/1008939511.html

38 :名無しさん@1周年:02/05/12 14:42
http://kaba.2ch.net/news/kako/996/996348745.html
http://kaba.2ch.net/news2/kako/997/997328018.html
http://kaba.2ch.net/news2/kako/998/998125654.html
http://ebi.2ch.net/sisou/kako/974/974390524.html
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1005355339/
http://natto.2ch.net/mass/kako/1009/10093/1009336157.html

39 :名無しさん@1周年:02/05/12 15:19
終戦後の神示(昭和20年11月27日)
『このような状態では日本が負けたのも仕方がない。』

大和の国の神示(昭和21年1月6日)
『天孫とは肉体のことではない。「肉体は無い」ということをあれほど教えてあるの
に、やはり肉体のことだと思って執着が強いから大それた間違いをして取返しがつか
ぬことになるのである。神からみればすべての人間は神の子であるから、特に日本民
族のみを愛するということはない。あまり自惚れるから間違うのである。』

40 :疑問:02/05/12 15:30
>>39
>終戦後の神示(昭和20年11月27日)
>『このような状態では日本が負けたのも仕方がない。』

では日本が勝てば良かったとでもいうのであろうか。
「肉体は無い」ということをあれほど教えてあるのに、やはり肉体の
ことだと思って執着」しているのは生長の家の神自身ではないのだろうか。


41 :名無しさん@1周年:02/05/12 15:53
>>40
激しく同意!!
よくよく考えてみると神示の中に矛盾がある。
みんな鰐口曲冬に騙されているんだよ。
信者は早くそのことに気づいて目を覚まして欲しい。

42 :名無しさん@1周年:02/05/12 16:18
>>40
>「われを戦いの神と思うな。」(終戦後の神示)昭和二十年十一月二十七日

だいたいさあ、神界から下界を見ていて谷口正春と生長の家がとった行動を認識して
たのなら日本が負けて戦争が終わるまで手をこまねいて黙っていず十五年戦争の発端
となった満州事変が起こった昭和六年以前の段階で「大和の国の神示」の内容をだせ
ば“生長の家の神”が“戦いの神”だなどという誤解を与えずにすんだはずだYO!
まあ谷口さんが人為的に考えて作ったのでしょうねえ・・生長の家の神さま

43 :名無しさん@1周年:02/05/12 16:32
>終戦後の神示
>古事記の預言をすたれりと思うな。預言は成就しつつあるのである。ただその預言を間
>違って解釈する人が多いのである。(昭和二十年十一月二十七日未明神示)

生長の家の神さまが預言者ならなおさら開戦前に真っ先に下記のことを教えることができたはず。

>大和の国の神示(昭和21年1月6日)
>『天孫とは肉体のことではない。「肉体は無い」ということをあれほど教えてあるの
>に、やはり肉体のことだと思って執着が強いから大それた間違いをして取返しがつか
>ぬことになるのである。神からみればすべての人間は神の子であるから、特に日本民
>族のみを愛するということはない。あまり自惚れるから間違うのである。』

↑なんか生長の家の神さん人ごとみたいに言っちゃって自分の責任はどうなるんだよって
言いたくなる。終わってから出すなんて誰でもできるんじゃないの?
こんなのじゃんけんのあとだしと同じ。

44 :名無しさん@1周年:02/05/13 21:37


45 : :02/05/14 16:42


46 :雅延:02/05/15 12:25
それより、神国日本て何処にあるのかなあ?
中国大使は馬鹿だし、何処にもないよね。
日本国の実相なんて、あるわけないわ。
誇大妄想の病人のあつまりが、○の家の実体かな。
反論を待つ。

47 :名無しさん@1周年:02/05/18 16:44
age

48 :名無しさん@1周年:02/05/20 18:47
age

49 :名無しさん@1周年:02/05/21 21:37
よりによってカルト教団統一協会なんかと手を組んでたとはね

50 :名無しさん@1周年:02/05/22 09:47
共産党の情報を信じ込んでるのかな
統一協会なんかと手を結ぶわけないだろーが
反共だから糞味噌一緒にして批判したいだけだ
生長の家は統一協会をカルトとして批判していますよ。

51 :名無しさん@1周年:02/05/22 11:13
今話題のダスキンのスレはここですか?

52 :名無しさん@1周年:02/05/23 01:36
家つながりですか?

53 :雅宣:02/05/23 13:51
ダスキンは、天理教か一灯園だったね。
それにしても、日本の宗教は程度が低すぎる。

54 :名無しさん@1周年:02/05/23 14:18
>>52
違うよ。

55 :雅宣:02/05/23 16:34
54 ダスキンの社長が何の信仰か?
知ってるなら 書いてよ。

56 :名無しさん@1周年:02/05/23 17:17
>>50
>統一協会なんかと手を結ぶわけないだろーが

生長の家信者ってうそつきが多いのか?

57 :名無しさん@1周年:02/05/23 19:02
カルトの友はカルト

58 :名無しさん@1周年:02/05/23 19:05
フランスセクト法指定きぼーん

59 :名無しさん@1周年:02/05/23 21:32
部外者だからしかたがないけどみんな不勉強だ。
三年ほど前に最高幹部が統一協会を名指しで批判していた。
曰く、
 オームよりも彼らは巧妙かつ陰湿な心理操作を行っている。
人は殺さなくても、人の良心を殺している。家族の絆を殺している。
特に目的のために手段を選ばない彼らはカルトの典型でアル。
万教帰一といっても、それは正しい宗教を指すのであっていわゆる
彼らのようなカルトは含まれない。よく肝に銘じて欲しい。

それから、統一協会から解放された体験談や手記も公にされている。
情報不足ですなみなさん。見当違いもハナハナだ(笑)

60 :名無しさん@1周年:02/05/26 17:07
age

61 :名無しさん@1周年:02/05/26 17:17
ダスキンの前社長の駒井氏が天理教なんですよ。
現社長は付き合いでいろいろやっとるらしい。

62 :名無しさん@1周年:02/05/26 17:26
みんな機関誌の100部一括購入してますか?
郵便局や電話ボックスやバス停、信号機の前に置くといいよ(藁


63 :名無しさん@1周年:02/05/27 17:57
生長の家変な名前

64 :名無しさん@1周年:02/05/28 21:29
増改築しまくりの家

65 :名無しさん@1周年:02/05/29 19:03
ダスキンの偉いさんが生長の家やってると聞いたが

66 :名無しさん@1周年:02/05/30 19:09
  

67 :  :02/05/30 19:29
大正七年(1918年)九月谷口雅春大本教を訪れる
大正八年(1919年)八月谷口大本教入信
大正九年(1920年)谷口最初の著書『皇道霊学講話』を出版
大正十年(1921年)二月十二日「第一次大本事件」谷口家宅捜索を受ける
大正十年八月谷口一燈園を訪れる
大正十一年(1922年)五月五日谷口、幹部として道場で大本教の最後の
審判予言にもとづく「基督再臨論」を多くの信者の前で講義していたが外れる
大正十一年十月谷口夫妻大本教を去る
大正十一年『聖道へ』を執筆
大正十二年(1923年)八月谷口『神を審判く』を執筆
昭和四年(1929年)十二月十三日谷口『今起て!』との神示
昭和四年十二月三十一日雑誌『生長の家』創刊号刷上る
昭和五年(1930年)七月一日『神想観』発表
昭和五年十一月一日『招神歌』発表
昭和五年十一月四日<生長の家の食事>
昭和五年十二月一日『甘露の法雨』発表
昭和六年一月十五日<完成の灯台の神示>
昭和六年四月五日<万教帰一の神示>
昭和六年五月六日<新天新地の神示>
昭和六年五月三十日<“心の法則”と“平和への道”の神示>
昭和六年六月二十六日<帰幽の神示>
昭和六年九月五日<生死の教>
昭和六年九月十八日十五年戦争(満州事変)始まる
昭和六年九月二十七日<大調和の神示>
昭和六年九月二十八日<“最後の審判”に就いての神示>

68 :   :02/05/30 19:29
昭和六年十二月五日<信仰生活の神示>
昭和七年一月十一日<聲字即実相の神示>
昭和七年二月四日<自他一体の神示>(報恩行に就いての神示)
昭和七年二月九日<上求菩提・下化衆生の神示>
昭和七年三月十四日<『いのちのゆには』の神示>
昭和七年三月十五日<使命邁進の神示>
昭和七年四月十日<無相円相一切相の神示>
昭和七年五月五日<無限供給の神示>
昭和七年五月二十七日<久遠天上理想国実現の神示>
昭和七年七月七日<万教包容の神示>
昭和七年八月十二日<懺悔の神示>
昭和七年九月二日<実相金剛身の神示>
昭和七年十一月十日<無病常楽の神示>
昭和七年十一月二十五日<本来生、不滅の神示>
昭和八年一月六日<梅の花の神示>
昭和八年一月二十五日<自然流通の神示>
昭和八年三月十六日<至上者の自覚の神示>
昭和八年八月五日<本当の信仰に就いての神示>
昭和八年九月十五日<霊魂進化の神示>
年月日不明<児童教育に関する神示>
昭和九年夏谷口上京する
昭和十年七月一日出版株式会社『光明思想普及会』を創立
昭和十一年二月十三日『光明思念の歌』発表
「天照す御親の神の大調和(みすまる)の生命射照し宇宙(くに)静かなり」
昭和十一年春内紛が顕在化し多くの幹部と職員が去る

69 :     :02/05/30 19:30
昭和十一年谷口の師匠今井楳軒「谷口には一時二柱の守護神の外に六柱、都合八柱の
神々が守護し給うていたが、今日では既に一柱の守護神も見受けられない。今や神人
は彼谷口の邪心と浅間しい野望に愛想をつかしたのだ」と鑑定する。
昭和十二年七月七日日中戦争(盧構橋事件)
昭和十六年一月一日『大日本神国観』発表
昭和十六年(1941年)十二月八日真珠湾攻撃により大東亜戦争始まる
昭和十九年十月号を最後に『決戦』『生長の家』誌発行不能になる
昭和二十年(1945年)八月十五日終戦
昭和二十年十一月二十七日<終戦後の神示>
昭和二十年十二月二十八日<日本の実相顕現の神示>
昭和二十年十二月二十八日<君民同治の神示>
昭和二一年一月六日<大和の国の神示>
昭和二十二年谷口GHQより公職追放仮指定を受ける
昭和二十三年六月谷口公職追放確定
昭和二十六年(1951年)八月六日谷口公職追放解除


<“心の法則”と“平和への道”の神示>(昭和六年五月三十日夜神示)
「されど悲しいかな、いま実在世界の常住平和を知るものは寥々たる暁天の星であるぞ。
いま皆のものは一刻といへども乱を思はない時とてない。逆の精神波動が積り積つて、
汝らの世界はもう累卵の危ぶさである。近いうちに汝らの世界には一大変動が来るであ
ろう。迷ひの自壊作用である。○○は○○○と(日本は英米支と)戦はねばならぬ。神
はその時の惨害を出来るだけ少くするやうに努力してゐるが、人間の方でもその惨害を
出来るだけ少くするやうに協力するやう頼む。協力と云ふても何も難かしいことではな
い、乱の中にゐても心の平和を失はぬ修行をすることである。そのためには常々神想観
の修行をさしてある。」


70 : :02/05/30 19:32
<“最後の審判”に就いての神示>(昭和六年九月二十八日朝神示)
 「キリスト再びきたりて審判くとは今のことである。キリストとは肉体にあらず、
『真理』である。キリストとは肉体にあらず、『光』である。肉体のわれのきたるを待
ち望むな。吾れは既にここにきたれるにあらずや、吾は道である。真理である。光であ
る。『真理(われ)』来つて虚妄(まよい)を審判き、『光(われ)』来つて暗黒を審
判き、すべての虚妄と暗黒とを地獄の火に投げ入れてこれを焼き滅ぼす。今こそ最後の
審判であると知れ。されど恐るるなかれ、吾が宗教は恐怖の宗教にあらず。虚妄を焼か
るる者は却つて生き暗黒を焼かるる者は却つて光をあらはさん。病ひは癒やされ、悩み
は消えん。焼かるる者は『汝』にあらずして、『虚妄の汝』であるからである。『虚妄
の汝』は神より出づるにあらず、神より出でざる汝は実在にあらず、実在にあらざる汝
はその真相を暴露して消滅せん。わがきたれるは『真』と『偽』と、『実在』と『虚妄』
とをより別けて、『偽』と『虚妄』とを永久に非実在(ぢごく)の中に葬りて封印を施
さんがためである。」
<聲字即実相の神示>(昭和七年一月十一日神示)
「今は過渡時代であるから、仮相の自壊作用として色々の出来事が突発する。日支の戦
ひはその序幕である。神が戦ひをさせてゐるのではない。迷ひと迷ひと相打つて自壊す
るのだ。まだまだ烈しいことが今後起るであらうともそれは迷ひのケミカライゼーショ
ンであるから生命の実相をしつかり握つて神に委せてゐるものは何も恐るる所はない。」


“生長の家の神”(自称キリスト)は戦争を認識していて日本が英米支と戦うという未来
のことを予言したにもかかわらず十五年戦争の結末を予言することができませんでした。
日本が英米支と戦うことは当時の社会情勢を見ていれば誰でも予見できました。


71 : :02/05/30 19:33
<自他一体の神示>(昭和七年二月四日神示)
「日本人は忠孝一貫恩を忘れぬ国民であるから強いのである。今度の戦ひは国民の魂の
質から言へば知恩と忘恩との戦ひ、『結ぶ』働きと、バラバラに分離する働きとの戦ひ
である。バラバラに分離する働きは結局自滅して『結ぶ働き』が世界を統一する。医学
でも大和の医学は綜合(むすび)の医学であるが外国の医学は分析(バラバラ)の医学
である。『生命』は綜合(そうごう)の統体であるからバラバラの医学では解らぬ。」



大東亜戦争の結末において日本が世界を統一するという“生長の家の神”(自称キリス
ト)の神示の予言は完全に外れました。


<実相金剛身の神示>(昭和七年九月二日神示)
「実相世界が現象世界に迷ひなく映れば、現実世界も一君に統一せられ、悉くの国が大
和合して一つの大日本国を顕現し、現実世界にも獅子と羊とが相戯れ、蚊も蚤も人をさ
さず、幽界、霊界の諸霊悉く相和して調和し其の処を得る。かくの如くなることを指し
てキリストは『御心が天に成るが如く地にも成る』と言つたのである。その時期は近づ
いてゐる。しかしこれが実現する迄には迷ひの自壊作用として暫く惨澹たる破壊の場面
が演じられなければならぬ。早く真理を悟つたものは迷ひの自壊作用からのがれて破壊
の場面の中にも実相世界を映して破壊の中に巻込まれずに済むのである。上海の戦にそ
の実例が示してある。」



現実の歴史は天皇一君に統一されませんでした。

72 :  :02/05/30 19:36
<梅の花の神示>(昭和八年一月六日神示)
 「梅の花とは、生みの花――創造(うみ)の始動(はな)のことである。『生みの花』
はまた『海の原』のことである。『梅の花』の五弁は五大洋に象(かた)どる。五大洋に
スメラミコトの花が開く始まりが今年である。一つ開く毎にポンと音がさせてあるのは何
の象徴であるか考へれば判るであろう。何事もなしにはスメラミコトの花は開かぬのであ
る。一つ一つ開く毎にポンポンと音を立ててつひに五大洋に梅の花がひろがるのである。
開くまでには厳寒の冷たい日が続くが、厳寒の冷たい日があるので一陽来復の日が来るの
である。無明の自壊作用がないのに光明遍満の楽土が来るなどと甘いことを思ふな。昨年
十二月十一日にも『戦ひの時は来たのだ』と知らせてある。ヒノモトの軍(いくさ)が厳
かに進むのは、無明の世界を照らす唯一の光が進むのである。甘い平和論に耳を傾けるな。
膏薬貼りで此の世が幸福になるなどと思ふな。 世界には唯一の光しかないのだ。唯一の
光であるからヒノモトと呼ぶのである。ほかの光は皆偽の光ばかりである。


73 :   :02/05/30 19:37
梅の花には中心が一つしかないではないか。世界に中心が幾つもあつて争つてゐて人類が
幸福になれるなどと思ふな。太陽系にも中心が一つであり、電子群にも中心が一つであり、
人間にも頭が一つであり、樹木にも中心の幹は一つである。極微のものから極大のものま
で皆中心は一つである。この事実を見て宇宙の意志をうかがえよ。地上の国々だけが中心
が幾つもあつて好いと思ふな。複数の中心はニセ物であり、無中心主義もニセ物である。
一つの中心が太陽系に成るが如く地上にも成る日が近づいたのである。現在無中心主義を
標榜する者は皆現在の中心を貶黜して自分が中心を僭称したいからである。スターリンな
ど、無明の塊の人物を中心として世界が幸福になれると思ふものは愚か者である。世界を
一つに統一する運動に二つある。一つは露西亜(ロシア)から始まってゐる運動で、世界
を物で支配する運動である。もう一つは霊(ヒ)の本から始まっている運動で、世界を霊
で支配し、一つの光明に統一する運動である。この二つの運動の衝突は避けられぬ。時機
は迫つているのに、まだヒノモトの使命を知らぬ者があるのは歯痒い。本当の愛は甘えか
す愛ではない。戦いの愛である。」


五大洋に日本(ヒノモトの軍)はひろがりませんでした。

74 :名無しさん@1周年:02/05/31 21:02
ダスキンの社長か会長さんって生長の家って聞いたことあるんですけど・・。

75 :74:02/06/02 21:44
誠にすいません。
ダスキンの創業者、社長さんなどは一燈園でした。
お詫びして訂正します。

76 :名無しさん@1周年:02/06/03 19:35
久遠天上理想国実現の神示
 『生長の家』の因縁を書き置く。『生長の家』とは人間が付けた名ではない。神がつけ
させたのである。『生長の家』とはタカアマハラのことである。┃(たて)に無限に生
(の)びることを『生』と言ひ、━(よこ)に無限に長(の)びることを『長』と言ひ、
┃と━とが十字に交叉した中心を息叉(いへ)(家)と言ふ、┃の生命と━の生命とが交
叉した中心が『家』である。イヘのヘは交叉の形を象徴つたものである。家のことを巣と
言ひ、住むと言ふ。住むと云ふのは中心に集ることである。一切のものは中心に集り、中
心に統一せられることによつて澄む即ち浄められるのである。中心のないものは統一がな
いので、雑然として言さわぐのである。今の国際連盟を見るが好い、中心が無しにいつま
で論争して見たところで、善きことは生れぬ。論争したすべての国が一つの中心にあつま
りて、統一せられねば全世界は一つの『家』にならぬのである。久遠天上の『生長の家
(たかあまはら)』が地上に顕現して全世界が『生長の家』にならねば永遠理想世界は地
上に来ぬ。久遠天上とは地に対する天ではない、実相世界のことである。
 イエス・キリストも『み心の天に成るが如く地にも成らせ給へ』と祈つたが、実相世界
では既にひとつの極身(きみ)に統一せられて、常楽の浄土となつてゐるのである。地上
にも実相世界が形を顕して天国が地上に天降つてくる時期が近づいたが、今の世界は下照
姫に心を迷はせてゐて下照姫の言ひなり通りになつてゐるから、その迷ひの自壊作用とし
て、地上全体が『生長の家(たかあまはら)』になるまでにまだまだ色々な難問題が起つ
て来る。皇典にある下照姫と云ふのは地鉱の下で光つてゐる金のことである。全世界が一
つの『生長の家』となり、実相の世界の『生長の家』が地上に顕つて来る時には是非とも
この世界も一つの中心に統一せられねばならぬ。


77 :名無しさん@1周年:02/06/03 19:36
 ┃と━との十字の中心は光の放射を象徴つたものであつてその中心を『光の本』と言ふ
のである。日本は光の中心である。十字架の中心はユダヤにあると思つてゐたら大なる間
違ひである。十字架の中心は日の本にありキリストの本地も日本にある。十字の放射光線
が皇統連綿の国であると云ふことが何人にも判つて来なければこの世は治らぬ。久遠皇統
連綿と云ふことは偶然になることではない、形の世界が心の世界の影であることが解り、
実相世界が久遠常住の世界であると云ふことが判れば久遠皇統連綿と云うことは実相世界
の久遠常住性が最も迷ひの念なしに形に顕れたのが日本国だと云ふことが解るのである。
興廃常なき世界の国々は常住性のない迷ひが影をあらはしたのであるから、生滅常なきは
当然である。今の世界で実相世界の常住性を形に顕し出してゐるのはたゞ日本の国ばかり
である。生滅常なき現実世界が変じて久遠実相世界の常住性を顕現するには、常住性ある
国がひろがりて常住性なき国を包みて、十六方位の世界を一つの常住性ある永遠滅びぬ世
界としなければならぬのである。十六菊と云ふのは光が十六方位にひろがりて、十六方位
の国ことごとくを中心に統一せることを象徴つたものである。十六の数は一と六と合はせ
て七つを意味し、全てを意味し、七つの燈台が十六方位の中央に輝きて十六方位の国こと
ごとくが一つの生長の家(みづほのくに)となると、そこに久遠実相の高天原が形に顕現
して常楽の国土が地上に涌出する。太陽はまだ昇り始めたばかりである。
 生長の家を、高天原と仮名付けさせたり、生長の家(みづほのくに)と仮名付けさせた
が、高天原――瑞穂の国――生長の家――この三つは三位(み)にして一体である。『生
長の家』とは『長生の家』、『無量寿の家』、即ち『不滅の家』であつて、実相生命の不
滅の相が家系となつて連綿と続く家である、日本に於ては国と家とは一体である。全世界
もまた家と国とが一体であることを教へたのがイエス・キリストであつて、そのために彼
は人間同士を兄弟と呼ばせたのである。併し兄弟があるばかりで兄弟相争つては家は治ま
らぬのである。兄弟があり、家長があり、其処に統一があつて始めて此の世が浄まつて生
長の家となり、不滅の家となるのである。

78 :名無しさん@1周年:02/06/03 19:36
 家と云ふのは生命が中心に交叉し集まることを意味すると教へたが、国と云ふものも交
叉する意味のクミ(組)から来た語である。今の国々は皆形がクミ合つてゐるだけで、中
心の生命(息)が一つに統一してゐぬから、国即家の実が挙つてゐぬのである。一つの中
心にすべてが統一せられて、万民その天分に応じて其の堵に安んじ、需給の関係でも一つ
の人体の血液が栄養を運ぶやうに、全体の細胞へ各々適当な資料を、適当な分量だけ過不
及なくあたへるやうになつたとき、国は即ち家となり始めて本当の国家となるのである。
かくの如き国家にては凡てのものが瑞々しくひいで、その国家は『瑞穂の国』であると同
時に『生長の家』であり、久遠実相の生長の家(たかあまはら)の地上的顕現であるから、
高天原と、瑞穂の国と、生長の家とは三位(み)にして一体であると言ふのである。高天
原の『高』とは┃に無限性を示し、『原』は━に無限性を示し、『天(あま)』は┃━陽
陰相交叉して運行する結果、至大天球と成ることを示したのであり、 ̄(てん)_(ち)
の間に『人』の生れ出でたる象が『天(あま)』であり顕円(あま)である。天地の間に
生れ出でた本当の人間はいづれも日月(かみ)の子であり顕円であるから完全円満なもの
である。天津日嗣の御子と言ふのはその完全円満さが何の迷ひにも隠される事なく明かで
あるから生命の実相の久遠常住性が形に其のまゝ顕し出されて連綿と無窮につゞいてゐる
のである。全世界が『生長の家』になつたら各人の家系もまた連綿と無窮につゞくやうに
なるのである。家が中途で絶えるのはその家が迷ひに捉はれて『生長の家』になつてゐな
いからである。(昭和七年五月二十七日神示)


79 :名無しさん@1周年:02/06/03 19:37
万教包容の神示
 キリスト教では聖地エルサレムが世界の中心であると云ひ、大本教では丹波の綾部が世
界の中心であると云ひ、天理教では大和の丹波市が世界の中心であると云ひ、天行居では
周防の岩城山が世界の中心であると云ふ。世界の中心争ひも久しいものである。併しわれ
は言ふ、それらは悉く皆世界の中心であると。一定の場所が世界の中心だと思つてゐるも
のは憐れなるかな。生命の実相の教へが最も鮮かに顕れたところが形の世界の中心である
のである。そこは最も世を照らす光が多いからである。基督教でもイエスの教へがエルサ
レムに最もよく輝いてゐた時代はエルサレムが世界の中心であつたのである。天理教でも
教への光が最もよく輝いてゐた時代は大和の丹波市が世界の中心であつたし、大本教でも
教への光が最もよく輝いてゐた時代は丹波の綾部が中心であつたのである。わが行きてと
どまるところは悉く世界の中心であるのである。誰にてもあれ生命の実相をこの世に最も
多く輝かせたところに吾は行きてとどまりそこが世界の中心となるのである。十字架の本
地も、卍の本地も悉く日の本にある。『十』もヒノモトと読み、卍もヒノモトと読む。

80 :名無しさん@1周年:02/06/03 19:38
いづれも中心より四方に救ひの慈光の放射された相を形どつたものであるからヒノモトと読
むのである。古神道ひとすぢで行く、基督教ひとすぢで行く、阿弥陀ひとすぢで行くと云
ふやうな人があり、そのひとすぢの所に誠があらはれてゐて喜ばしいが、大抵は自教の外
に他教を認め、他と混りたくない意味で云ふのであるから、自分で自分の崇める神なり仏
なりを小さく貶してゐるのが気の毒である。本当の神は一つであり、他の神と対立するや
うな小さな存在ではない。本当の古神道は自余の一切の教を包括するものであり、本当の
基督教は自余の一切の教へを包括するものであり、本当の仏教は自余の一切の教へを包括
するものである。そして如何なる教にてもあれ一切の教へを包括する本当の実相に到達し
たとき『生長の家(たかあまはら)』と云ふのである。それは天爾(てんに)の『家』で
あり『巣』であり『統(す)』であつて教ではない。その家の中にあって色々の教が生き
るのである。本当の古神道は『生長の家』の内にあり、本当の基督教は『生長の家』の内
にあり、本当の仏教は『生長の家』の内にあり、生命の実相の顕現する所、説かるる所、
読まるる所、その悉くが世界の中心である。(昭和七年七月七日朝神示)


81 :名無しさん@1周年:02/06/03 19:39
無限供給の神示
「老子が谷神死せずと云つたのも吾れのことである。」
「多宝如来と称ふと云ひたりしも吾のことである。」
「天地一切を照らすときの名を天照大御神と云ふ。」
「吾れは光明遍照世界(たかあまはら)の主宰者大日如来であり千万億阿僧祗久遠の
昔より成仏せる釈迦であり、アブラハムの生れざる以前より既に世の救ひ主なりしキ
リストである。」(昭和七年五月五日神示)


82 :名無しさん@1周年:02/06/03 19:48
自称多宝如来、自称大日如来、自称釈迦、自称キリストで将来に起ることを預言でき
る宇宙を創った最高の“生長の家の神”は預言を外してしまいました。

83 :名無しさん@1周年:02/06/03 20:01
age

84 :雅宣:02/06/03 21:52
79さん 間違った貼りつけ やめてよ。
エルサレムは、キリスト教の聖地の一つだけど、そこが中心であるとは、誰が言った
の?キリスト教の中心を、勝手に決めないでね。ほんと、嘘ばっかりです。

85 :名無しさん@1周年:02/06/05 13:06
>一定の場所が世界の中心だと思つてゐるも
>のは憐れなるかな。
って書いてあるだろうが
セイチョウノイエを語るのに神示も読んだこと無いのか
この偽雅宣よ。
ひとの名前をかたってお粗末な書き込みばかりするなよ
おまえは書けば書くほどおそまつだな

86 :名無しさん@1周年:02/06/07 21:34
age

87 :雅宣:02/06/08 14:41
85よ 神示をいやというほど読んだ。
キリスト教については嘘だらけ、七つの灯台は黙示録のパクリだよ。
聖書は悪魔も利用するからな。
おまえも、悪魔ちゃうか?
おまえほど、お粗末な頭じゃないよ。この右翼。


88 :雅宣:02/06/08 14:44
ついでに、さきの戦争に協力した最大の宗教が、生長の家だよ。
東大の今泉燈も気狂だったが、よくにたもんだよ。嘲笑!

89 :雅宣:02/06/08 20:08
高天原が、大宇宙であると誰がきめたのか?
古事記を書いたときの人間が、いまのような宇宙観を持っていたはずもない。
地動説すら説かれていない時代に、大宇宙は、無理だな。
あとの時代の人間が考えた、後付だよ。
誇大妄想が、ここまで来れば、立派な病気だな。神示とは、思えんよ。

90 :雅宣:02/06/09 15:05
満州事変 シナ事変に反対しなかった人を、宗教家とよぶのは如何なモノか?
満州事変のときなら、日本国存亡の危機と言うのはあり得ないな。
まだ、戦争が泥沼かしないときに、なぜ戦争反対ができなかったのか?
この時期は、大東亜解放の名分は、成り立たないと思う。
神様に、どちらが勝のか、神示は無かったのか?
不思議なもんだねえ。

91 :雅宣:02/06/10 21:41
77よ キリストの中心が日本にあるなんて、歴史を改竄するな。
無茶苦茶だよ。3代目さん。ある程度焚書シナイといけないのが、多いんじゃない。
封印したほうが、教団としては、理性的だよ。

92 :雅宣:02/06/11 10:16
生長の家には縦の法則と横の法則がある。
横の法則は、心で思うとうりになる。これを昔の心理学で、説明しているが大間違い。
現象は心の影といっていますな。現実は金持ちになると言葉の力で、どのくらいの
ひとが、金持ちになるんでしょうか? 和田和夫みたいに破産するひとも一杯。
この矛盾をどう説明するのでしょうか?
どうせ、現象なしと誤魔化すんでしょうな。
つまり、現象をつかむなと、金持ちになれると言う事は、矛盾してるんだよ。
どちらかにしてほしい。
初代がしんだあと、心理学の進歩なんか、勉強しなくなったんだよね。
あなた方から言わすと、低レベルの創価学会でも、河合隼雄を利用したりして、ユング
なんかもやってるし、インテリ宗教の顔をしていた、生長の家もヤバイんじゃないの。
白鳩 光の泉をよんでも不勉強な記事がおおいよ。
日本を守る会の本を久々読んでケド 超右翼だ筆者も死んでくれてありがとう。
その中で、三島は昭和天皇を批判してるね。文学は天才だが、思想は気狂だな。

93 :名無しさん@1周年:02/06/18 02:30
谷口雅春の師匠たちの言葉
浅野和三郎
「あれはわたしのもとの弟子だが、逆用したわけだね。民衆を迷わすということです。やって
いるのは、般若経だろうがなんだろうがけっこうなものだという一つの暗示によって左右
されれば、それで統一ができてきますから治りますよ。なんでもいいのだ。気合いをかけ
るのも同じだ。私には通知せず、こそこそやっている」

今井楳軒
「谷口には一時二柱の守護神の外に六柱、都合八柱の神々が守護し給うていたが、今日では既
に一柱の守護神も見受けられない。今や神人は彼谷口の邪心と浅間しい野望に愛想をつかしたのだ」


94 :名無しさん@1周年:02/06/19 23:33
『迷信に陥るまで』中村古峡 昭和十一年八月十八日発行 大東出版社

 私はかつて、拙著『大本教の解剖』(大正九年)の中で、同教の幹部連に一々寸評
を試みたうちに、次のような一節を書いたことがあった。
『ここにまた谷口某という一人の青年文士がいる。彼はかつて某私立大学の学生であ
って、文藝に趣味を持っていたらしい。彼は久しい間、美と善との生活に迷っていた
といっている。遂に彼は「筆で物語を紙に書く」代りに、自分の「肉と血とで、人生
に戯曲を描こうと思った時、」彼は或る芸者上りの前科者の女と深い関係になってい
た。彼は是が為に、終に型の如く学業も中途で廃さなければならなくなって、幾変転
の後、遂に大本教に流れ寄った。彼が大本教に帰依しているのは、只自己の幼稚な藝
術心を満足させ得るが為とより外は見られぬ。そして人並にパラノイアや妄想患者の
尻馬に乗って、しきりに憑霊だの大本霊学だのを振り回している。彼は自分の書いた
ものを直ぐ活字にしてくれる所でさえあるならば、御嶽教であろうが、将た救世軍で
あろうが、何処へでも帰依して直ぐ其処の提灯を持ったであろう。それにしても今の
年の若さで、なぜ今少し其の芸術的良心を高めることが出来ないのかと気の毒になる。』
これが即ち二十年前の谷口雅春であった。


或る有力な新聞の一訪問記者が、谷口雅春にぶつかって、「果して君の本さえ読めば、
君が大袈裟に吹聴している如く、病気が実際になおるのかい」と問うたところ、彼は
頭を掻きながら、「いや、あれは単に本を売り出すための方便に過ぎない。本を多く
売る為には、まず多くの人々を集めねばならぬ。多くの人々を集める為には、何等か
の方便を用いなければならぬ」と答えたそうな。本音を吐かせたら、まずこんなもの
である。

95 :名無しさん@1周年:02/06/19 23:54
中村古峡記念病院
http://www.city.chiba.jp/doctor/data/35/05.html
http://homepage2.nifty.com/huni/MEGUMI.HTM

96 :名無しさん@1周年:02/06/24 13:31
>>8
>思ったとうりの世界になる。生長の家!!
誇大広告

97 :雅宣:02/06/25 10:10
96さん 甘いよ。
人類が思った通りの世界なら、核戦争で殺し合い。地球は、破戒され。
オランウータンの支配する、猿の惑星になっているよ。

98 :98:02/06/25 19:12
“生長の家の神”は多宝如来、大日如来、釈迦、キリストで将来に起ることを預言できる
宇宙を創った最高の神だと素直に信じるなら大東亜戦争の結末を預言できたはずである。
「“心の法則”と“平和”への道”の神示」(昭和6年5月30日)で「日本は英米支と
戦わねばならぬ」と約3ヶ月後の昭和6年9月18日の満州事変以降の近未来のことは預
言できて、神から見たらわずか十数年先であろうの日本の敗戦は預言できなかった。信者
は「方便だった」と言うかもしれないが方便という意識はどこにもなかったことは谷口自
身の言葉によって明らかである。

>272 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/02/20(火) 05:02

>明窓浄机  昭和37年 P295
 
>○私が昭和十九年十二月、南京において岡村軍司令官にお目にかゝつたときに、岡村大将
>は、副官までも退けて、私と唯二人きりで対談して下さつたが、その時、軍の実情を内密
>に私にお話しになつて、「今の日本軍は皇軍じゃないんですよ」と言はれた。そのとき私は
>自分の耳を疑ふやうな気持で、「それでは一体“何軍”ですか?」と訊くと、岡村大将は
>「日清日露の戦争のときには、日本軍はまことに皇軍と称するにふさはしいやうな軍紀厳粛
>な軍隊でございましたが、(後略)」かう言つて岡村軍司令官は憮然として言はれた。
>しばらく二人の間に沈黙がつづいた。感慨無量であつた。この話をきいてから、私は現地
>の日本軍を「皇軍」として「必勝」づける勇気がなくなつたのである。その翌年正月、
>山口市で生長の家講習会があつたとき、私の随行者は吉田国太郎講師であつた。私たちは
>泉水に温泉をひいて鰐を飼つてゐる或る旅館に泊つたが、その時、吉田講師をひそかに呼
>んで、岡村寧次大将のあの時の述懐を話した。「そしてこれでは日本は敗ける。徳をほろ
>ぼしつつあるから」と言つた。淋しい限りであつた。宿舎の二階から見ると冷い氷雨まじ
>りの雪が降つて庭も道路もはだらに白くなつてゐた。それを見ながら二人の深い沈黙が続いた。

99 :98:02/06/25 19:13
しかも戦後昭和20年11月27日(終戦後の神示)に「このような状態では日本が
負けたのも仕方がない」と言い“生長の家の神”は肉体を持った天皇が全世界を征服し
統一世界国の元首になることに未練があったのに約1ヶ月後の昭和21年1月6日(大
和の国の神示)に「誤解(まちがい)を生ずるのである」「大それた間違をして取返
しがつかぬことになるのである」「あまり自惚れるから間違うのである」と三回も
「まちがい」と言ってさらに「天孫とは肉体のことではない」「肉体のことではない」
と二回も念を押して否定する。
「迷いの軍隊を皇軍だなどと思ったのが間違だったのである。(日本の実相顕現の神
示昭和20年12月28日)」と大東亜戦争に加担することが誤まりだったというの
なら未来のことを預言できる“生長の家の神”は初めからそう言えばよいではないか。
戦前と戦後の神示の間に矛盾があるのみならず、戦後の神示の中自体にまで矛盾がある。
まさに支離滅裂とはこのことか。谷口雅春はまさに驚くべき言行不一致、乱離骨灰、それ
でいて何ら恥じるところがない。これでは信じろというほうが無理である。信仰する
価値など全くない神だ。従って谷口雅春の言うことなど信用してはならない。
「今の教えが大事であって昔の教えの言葉を一字一句その通りに捉えるのは
原理主義で誤りだ」
「真理というのは谷口雅春が説いた一言一句をその通りまた説くのではなく
不立文字、教外別伝で中心帰一が教えの真髄だ」というような説明でかたずく問題ではない。
確かに原理主義は誤りだ。しかしそれとは全く問題の次元を異にする。
このような“生長の家の神”の預言と現実の歴史の結果に完全な矛盾があるのは
“生長の家の神”なるものが谷口雅春のでっちあげに他ならないからだ。

100 :98:02/06/25 19:13
谷口雅春は何も悟らず迷っていて神示も彼のでっち上げであるから真理を継承するも
へったくれもない。
「神想観」も「甘露の法雨」も「神示」もすべて神啓によって書かれていない。
法華経から盗み取った言葉でもっともらしくカムフラージュした「甘露の法雨」
など谷口の迷った詩を読誦すれば先祖がかえって迷うであろう。
信者の中には副総裁の侵略発言について非難している人もいるがまず第一に責められ
るべきはこのようなでっちあげの神を作って多くの人を騙した谷口雅春なのである。
自己を欺き他人を欺き嘘の神を奉じていて救いなどどこにあろうか。
かつて谷口雅春が神の名によって生命を傷つけることを非難していたにもかかわらず
戦闘機を軍部に献納しその他組織的に人殺しの武器を作り戦意を煽る講演を日本や満
州で行って「皇軍必勝」の言葉をばらまき生命を傷つけることに積極的に加担した。
しかも無反省のまま責任をとらずのうのうと91歳まで生きて死んだ。
かつて彼は「神を審判く」において大本教やキリスト教を裁いたが自らの責任を取って
から言ってもらいたものである。自分が大きな罪を犯していながら自分より小さい罪
を犯している人間を責めることができようか。谷口雅春は全く恥知らずな人間だ。
仏陀やキリストその他神の名を利用して多くの人を惑わした谷口雅春の罪は重い。
「自分はラッパだ」「人類光明化運動の教祖は生長の家の神」というが
表面上の肩書きは教祖でなくとも実質的に谷口雅春が教祖である。
神示でないものを神示と偽称していることが詐欺で犯罪なのだからその土台が腐って
いる上に様々な宗教から盗み取った教義をいくら積み上げたところで遅かれ早かれ
自滅する。このようなインチキ神示は長い時間の風雪に耐えられない。
大宅壮一が予言したように「やがてこの珍宗教も泡沫会社のごとくはかなく消えて行くで
あろうことは明らか」である。
自滅する時期が遅くなれば遅くなるだけ潰れる時の痛みはより一層激しいものとなるだろう。



101 :98:02/06/25 19:14
生長の家は十五年戦争が終わった時点で“生長の家の神”の“神示”なるものが虚構の
ものであることが客観的に証明された。本来ならばその時に潰れなければならなかっ
たはずである。しかし戦後のどさくさに紛れて生き残ってしまった。谷口雅春の誇大
妄想を神示といって現在も存在し活動していることは神から見たら罪に他ならない。
こんな虚偽の神を奉じていて究極的な宗教的救いは絶対にないと断言できる。
出口王仁三郎は「霊界物語」で谷口雅春が地獄に落ちているということを書いている
が大本教が正しいかどうかは別にして谷口雅春は今地獄に落ちているだろう。
結局偽預言者は偽預言者だったのである。偽預言者の末路は悲惨である。死んでから
燃え盛るゲヘナの炎の中に投げ込まれて焼かれ普通の罪を犯した人間が受ける報いよ
りも恐ろしい報いを受けるからである。そこにはヒットラーや金日成、毛沢東なども
いる。谷口雅春に追従する者も多くの人を迷わせて死んだ後でことごとく硫黄の炎の
中に投げ込まれる。特に職員はそのことをはっきり認識しなければならない。
地獄に落ちて長い間苦しみたい者だけ信じればよい。
それが嫌なら“生長の家の神”を完全に捨て去り悔い改め、生きているうちに批判
する側に立たねばならない。たとえ社会的地位や名誉、財産などこの世の栄光が得
られたとしてもこのような邪教を信じて死んでから地獄に落ちるならそれが何になろ
うか。地獄に落ちるくらいならこんな邪神などドブに捨ててしまったほうがましであ
る。皆が地獄に落ちて苦しまないように愛の心でもって警告を発しているのだ。目先
の利益より死後どのような報いを受けるのかということを考えて行動することが大事だ。
悪をなして肉体を失った後何の報いも受けないと思ったら大間違いである。



102 :名無しさん@1周年:02/06/28 19:50
<自他一体の神示>(昭和七年二月四日神示)
「日本人は忠孝一貫恩を忘れぬ国民であるから強いのである。今度の戦ひは国民の魂の
質から言へば知恩と忘恩との戦ひ、『結ぶ』働きと、バラバラに分離する働きとの戦ひ
である。バラバラに分離する働きは結局自滅して『結ぶ働き』が世界を統一する。医学
でも大和の医学は綜合(むすび)の医学であるが外国の医学は分析(バラバラ)の医学
である。『生命』は綜合(そうごう)の統体であるからバラバラの医学では解らぬ。」

「自他一体の神示」は戦後、「報恩行に就いての神示」と改題して「今度の戦ひは国民
の…」から最後まで削除していた時期もあった。大東亜戦争の結末において日本が世界
を統一するという“生長の家の神”の神示の予言は完全に外れた。だからこんなものは
神示でない。生長の家信じる人はみんな地獄に落ちる。



103 :名無しさん@1周年:02/06/28 20:06
生長の家は『新編聖光録(日本教文社)生長の家信徒必携』の万教帰一要典に法華経や
ヨハネの黙示録の抜粋を臆面もなく載せている。

普賢、若し是法華経を受持し、読誦し、正憶念し、書写すること有らん者は、当に
知るべし、是人は釈迦牟尼仏を見たてまつるなり。……普賢、若し後の世に於て是
経典を受持し、読誦せんものは……所願虚しからず、亦現世に於て其福報を得ん。
……若し人有りて之を軽毀して言わん『汝は狂人ならんのみ。空しく是行を作して
終に獲る所無けん』と。是の如き罪報は当に世世に眼無かるべし。若し復是経典を
受持せん者を見てその過悪を出ださん。若は実にもあれ、不実にもあれ、此人は現世
に白癩の病を得ん。若し之を軽笑せん者は、当に世世に牙歯疎く欠け、醜脣、平鼻、
手脚繚戻し(屈曲して伸びぬこと)、眼目角らいに、身体臭穢にして、悪瘡、膿血、
水腹、短気、諸の悪重病あるべし。(普賢菩薩勧発品)

このような報いを受けるのが生長の家なのである。
さらに偽預言者谷口雅春とその信奉者はヨハネの黙示録に書かれているような報いを
受ける。地獄に落ちたくない者は今すぐ生長の家を棄教しなさい。

104 :名無しさん@1周年:02/07/01 16:19
age

105 :名無しさん@1周年:02/07/05 10:51
2ch では生長の家がやたら右翼だとか危険だとか
書かれてるけど、実際そうなの?
なんか一部の人しか発言してないし、分からんくなってきた。

106 :名無しさん@1周年:02/07/05 12:08
他の人の悪を非難し攻撃する前に、自己の現状を正直に正視せよ。
他の「悪」を認めてる間は、他の「悪」が自分の心の中に入って
来て自分の心の中を汚しつつあるのである。そして自分は一歩も
前進することは出来ない。省みて自己の足らざるを知る者は、
其処に非を転じて前進し得る契機を得るのである。自己の足らざ
るを知らされたとき「ありがとうございます」と感謝せよ。過去
の足らざるを知ったとき、自己はそれを知る智慧を得たのである、
向上したのである、歎く勿れ。
  
ー 生長の家創始者・谷口雅春著「新版 真理」第8巻、80頁より


107 :神々の戯曲:02/07/06 18:40
全ては善悪美醜入り混じり、無限の進化発展へと向けて、統合・自由・限定という
3つのサイクルの中に止まる事無い「創造」を為しつつ、歩んでいくのであり
ます。

カムナガラナムアモン

108 : :02/07/06 20:33
>>10
>『軍国主義の神を正座に置いて、平和の神を別座に一段下におとしてあるるの
>が今までの日本の姿であったのである。このような状態では負けたのもしかたがない』

平和の神を正座に置いておけば勝てたというのか?なら「平和の神を正座に置けば
勝てるがそうならないから負ける」とあらかじめ預言すればいいではないか。
しかしだいたい平和の神を正座に置けば勝っていたというような単純な問題ではない。
未来のことを預言できて日本の敗戦を預言できるはずの生長の家の神が
『負けたのもしかたがない』とはどういうことなのか?
生長の家の神はあらかじめ日本の敗戦をわからなかったのか?
なぜ戦前に「日本は負ける」と預言しないのか?

>『古事記の預言をすたれりと思うな。預言は成就しつつあるのである。』

日本の敗戦を預言できなかった分際で『(古事記の)預言は成就しつつあるのである』
などと言っている。インチキである証拠である。
預言というものは未来のことを示すことを預言というのだろうが。

109 : :02/07/06 20:36
>>10
>『ただその預言を間違って解釈する人が多いのである。』

戦時中に谷口雅春は「古事記」講義などで日本の神話と結びつけて日本の国体こそ「実相の世
界の顕現」で最高完全の組織であり、この国家の拡がることは実相の顕現のひろがる
ことにほかならず、日本の世界征服は正当であると主張した。
しかし現実は日本の敗戦となってしまった。
ということは『その預言を間違って解釈』していた>>71のは生長の家の神自身だったというこ
とになる。自分が間違って預言してその間違った預言に基づいて行動したのにそ
の間違った行動を他人に転嫁して他人を責めるとは一体どんな神なのか。
だから生長の家の神は谷口雅春の単なる妄想にすぎない。
信者を引き止める為に終戦後に出した神示によってかえってより確実に生長の家の神
が谷口雅春の捏造であることを証明することになってしまった。なぜなら終戦後にこ
れらの神示を出せるなら戦前に出せたはずだからである。
このインチキを見破れなかった者が生長の家信者であり続けるのである。
なにが御守護神示集なのだろうか。預言をはずしまくったこんなバカげたインチキ神示
に守護などない。このような邪教を信じることは恥ずかしいと思わなければならない。


110 :  :02/07/06 20:57
谷口雅春は、戦争中のほとんどの日本人の行動を批判し、次のように述べている。
 「戦争中、国家と政府(政治機関)とを一体と考えて、政府の命令に素直に忠実に従ふ
ことが国家に忠義であると考えていた日本人が殆んどすべてであったが、本当の忠義とは
其のような国家(政府)に従ふことではなく、本当に祖国が何を求めているかをよく察し
てそれに協力することであったのだと今頃ようやく解った人が多いのである。
 多くの日本人は戦争以前頃から真に祖国が何を求めているかを知らず、祖国と国家とを
混同し、国家の代弁者であるところの政府の独裁命令に従ふことをもって祖国の意志をつ
ぐもの、さうでないものを祖国の意志に逆うものとして非国民の名をもって排撃したので
あった。」(新生の書)

谷口雅春の批判することを谷口雅春自身が一番やっていたのに自分のことを全く棚上げにして
他人を責めるという精神構造。そのような者に>>106のようなことをいう資格などない。
谷口雅春よ他の人の悪を非難し攻撃する前に、自己の現状を正直に正視せよ。


111 :  :02/07/06 21:28
『限りなく日本を愛す』(日本教文社刊)286−288pより
>「古事記」は、次に来るべき、新時代を預言しているのであります。その新時代とは実
>に第二の天孫降臨時代の来るべきことであります。第一の天孫降臨では、「み心は天に
>成った」のであります。第二の天孫降臨は、この既に「天に成ったみ心」が地にも成る
>時代であります。医学も、政治も、経済も、その唯物論的根拠が根底から覆され、天照
>大神の直系の御子の支配を受ける−−即ち霊的根拠から新たに再建せらるべき時代が来
>つつあるのであります。

>そのためには、八岐の大蛇(やまたのおろち)の頭ははねられねばならない。言い換え
>ると世界各国の帝王は滅びねばならない。現に第一次欧州大戦以来世界の多くの帝王は
>滅んだのであります。「多くの頭」を持って複数の帝王を代表する八岐の大蛇(やまた
>のおろち)は一寸刻みに切り刻まれる、しかし八岐の大蛇(やまたのおろち)−−諸国
>の帝王−−の中にはどうしても切ることが出来ない固いものがあって、却って切ろうと
>すると刀の刃がこぼれた。

>なぜこぼれたかと云うと、八岐の大蛇(やまたのおろち)−−諸国の帝王−−の中には
>「草薙の神剣」があったと「古事記」には書かれております。この「草薙の神剣」とは
>何であるかと云いますと、これは三種の神器の一つであって日本の皇位の象徴でありま
>す。日本の皇位は、天祖の詔勅によって連綿として続くべく宇宙意志によって定められ
>ていますから、「日本敗戦」というような古今未曾有の大自壊作用が起こってさえも天
>皇制は廃止せられず、皇位の連綿性は保たれているのであります。


112 : :02/07/06 21:47
『限りなく日本を愛す』(日本教文社刊)286−288pより
>ここに不思議な天意と云おうか、神のみこころと云おうか、神聖なる実相世界の「み心
>の既に成れる」状態の投影として日本の皇位は永遠に続くべきものであり、やがてこの
>皇位に第二の天孫降臨、キリスト教で云うところのキリストの再臨、仏説で云う弥勒菩
>薩の下生があるべきであります。やがて出来る世界連邦統合の象徴として何か神聖なる
>もの、久遠なるものを求むれば、日本の皇位のほかにはない。その皇位の上に神孫が降
>臨し、キリストが再臨し、弥勒が下生し、それは世界連邦の中心象徴としての「神の
>王」となるとき、「黙示録」に預言されたるキリスト再臨が成就するのであります。そ
>れが実現するときまで、皇位を神聖なるものとして護持して置かなければならないので
>あります。
>現代の世相は聖書の示すキリスト再臨直前の状態に符号していますし、仏典によります
>と、現代の世相は弥勒菩薩出現直前の末世末法の状態を現出しています。『弥勒下生
>経』にも「坊主が綺麗な衣を着て女と戯れるような時代が来たら、やがて弥勒菩薩が下
>生して来ると思えよ」などと書いてありますが、女人禁制の高野山にもカフェーの女給
>が跋扈し、僧侶が妻帯はおろか、大勢の情婦を作って行いを乱している現代は、まさに
>弥勒下生前夜だと云う感が深いのであります。われら一同斎戒沐浴、襟を正して天国現
>前の準備(そなえ)として心を浄めんと欲するのであります。


谷口雅春はペテン師であった。生長の家の神は嘘であった。戦前にした「古事記」などの
預言はもののみごとにはずれた。従って戦後の著書「限りなく日本を愛す」に書いている
この谷口雅春の預言(日本の皇位の上に神孫が降臨し、キリストが再臨し、弥勒が下生
し、それは世界連邦の中心象徴としての「神の王」となるとき、「黙示録」に預言された
るキリスト再臨が成就する)がインチキであることはいうまでもない。

113 :名無しさん@1周年:02/07/06 22:00
まーインチキなのは雅春だけじゃないだろう。
殆どの宗教がインチキだからな。


114 :名無しさん@1周年:02/07/07 15:45
>>113も充分インチキ野郎だよ

115 :113:02/07/08 00:30
>>114
良く分かってるじゃん。


116 :名無しさん@1周年:02/07/15 10:10
預言を外した時点で終わりなんだよ、生長の家は。
神の啓示として嘘ついて出版し、人を欺いて財産上の利益を得ているのは犯罪。

117 :小学生:02/07/15 11:44
生長の家がインチキなら
そうでない宗教を提示してから言ってよ。
ダメな部分を指して「ダメ」!って断罪するのは簡単!
幼稚園生でもやってる。

君の厳しい宗教観に耐えうる宗教は何処?


118 :名無しさん@1周年:02/07/16 18:34
>>76
>全世界が『生長の家』にならねば永遠理想世界は地上に来ぬ。(昭和七年五月二十七日神示)

荒唐無稽というか何というかよくこんなこと書いて恥ずかしくないなと思ってしまう。



119 :名無しさん@1周年:02/07/18 03:18
谷口雅春の書いた神示は福永法源の天声と同じくデタラメ

120 :名無しさん@1周年:02/07/18 03:25
>>117
横レスだが。
仏陀の教えか、聖書か、大本神諭か。
このいずれのどれか。

121 :名無しさん@1周年:02/07/18 04:02
>>79-80
万教包容の神示は谷口雅春氏、まずいと思ったのか一度発表されてから
聖光録その他の本にながらく再録されずにいた。



122 :名無しさん@1周年:02/07/18 04:09
 聖師出口王仁三郎
大聖師谷口雅春
五十歩百歩

123 :名無しさん@1周年:02/07/18 04:32
預言を外したことから生長の家の神はでっちあげで作られたものと結論
づけることができる。谷口雅春を高級霊だなどと述べる者、谷口にかつ
て神霊の守護があったが後に離れたという者も結局全て迷い人なのである。


124 :名無しさん@1周年:02/07/18 04:47
>>79-80
生長の家の神さんよ、天理教と大本教と天行居は書かれているがその他新興宗教いっぱい
ある。これらについてどうなのか。生長の家より信者の数多い新興宗教団体はどうなのか。
天理教のほうが生長の家より信者の数多いのだが。
創価学会その他の宗教団体と比較して圧倒的に信者が少ないのはなぜか。あんたホントに
宇宙で一番えらい神さんか?というか神さんじゃないだろ。

125 :名無しさん@1周年:02/07/18 06:45
>>98は俺が疑問に思ってたことをずばり言ってくれた

確かにそうだよな

50年以上も前の心理学の知識が「生命の実相」という聖典に
未だ載ってるというのがおかしい

50年も経てば進歩して訂正される部分だってある筈だし
科学なんだから

科学的なものを唯物論として否定しておきながら
一方ではメタフィジカルヒーリングと称して
教義の正当性を科学的成果に求めている

矛盾してるよな
矛盾してるものは
正常な人間であれば信じるに足りないと判断するのは
当たり前だろ!?

126 :名無しさん@1周年:02/07/18 12:40
徳久克己先生はお亡くなりになったのですか?

127 :名無しさん@1周年:02/07/19 03:03
「日本軍が五大洋に広がって人殺しまくって、日本が世界を統一し世界中の王室を
滅ぼし、天皇が全世界の君主として君臨する。>>71-73
それがキリストの主の祈りの「御心が天に成るが如く地にも成る」ことだと述べた
生長の家の神(自称、谷神・多宝如来・天照大御神・大日如来・釈迦・キリスト>>81>>70)
の預言。それは日本の敗戦によって木っ端微塵に潰れてしまいました。
戦後生長の家の神の神示はどう変わったかというと大和の国の神示>>14ではこれまで言って
きたことと正反対のことを述べています。「天孫(天皇)とは肉体のことではない」とね。
谷口雅春は致命的なミスをしてしまったわけです。
詐欺預言をした時点でおしまいなんですよ生長の家。
でも信者やシンパは預言の外れたことを全く無視しています。
彼らは生長の家の神が詐欺であることを知っていながら自己の保身のために全く根拠のない
でたらめな擁護をしています。まともな擁護発言は見受けられません。
生長の家はもうこの世に存在しちゃいけないんですよ、ぶっちゃけた話。
神の守護などない神想観(生長の家の神から授かったという)などというバカバカしい観行
を今も行っています。そんな危ない観行はやめたほうがいい絶対。

128 :名無しさん@1周年:02/07/27 13:18
まあ、戦前のオウムといわれたカルト宗教だし

129 :ma-tan:02/07/29 00:19
お馬鹿な信者というものは、「騙してもらいたい人」なんだから止めろとかいう
気持ちは私には全く無い。どうぞお好きに!と言うしかない。

インチキ宗教の信者は被害者かというと、インチキだろうとなんだろうと
自分自身が信じることが出来たものに遭遇できたという意味で恩恵を
享受しているから受益者でしょうね。

しかし、こと教団関係者というのはそれが成り立たない。

つまり信者は信じたことで、仮に心の平穏が得られ希望に満ち・・・となった
としても「嘘吐き」の片棒を担いでしまっているということのみで、すでに
大きな罪を犯している。

あー、まったくこの世は「基地外」であふれているのに、一向にそれが
なくなる事は無い。もっとも基地外連中は「良いから続いているのだ」と
勝手に思い込むだろうけど。困ったもんですねー。



130 :名無しさん@1周年:02/07/29 00:26
インチキ宗教ではないお前の宗教はなんだ
最近ここはカルトの定義もしらん勉強不足の小僧ばかりの
書き込みばかりで、ため息ばかり出るわい。

131 :あほ:02/07/29 00:43
教団関係者は罪が重い・・・・って、それは間違いない!!!
自分は善人だと錯覚して結果的に人を迷わせているなど
罪は大きい。・・とかなんとか観念論はともかく

生長の家の青年会会長である清超氏の末っ子の奥さんのことだけど
「統一教会の幹部」になっていたことを数年後になって夫がやっと知り、
谷口家の家族会議で処遇が決まったって話、知ってる人って居ます??

132 :雅宣くん:02/07/29 01:42
>生長の家の青年会会長である清超氏の末っ子の奥さんのことだけど
>「統一教会の幹部」になっていたことを数年後になって夫がやっと知り、
>谷口家の家族会議で処遇が決まったって話、知ってる人って居ます??

げげげげ、どうして谷口家の「秘密」が外部に漏れてるの?
えっ?みんな知ってることなの?? そーかー。

じゃー、その家族会議で弟の妻は何と言われたか知ってますか?

お父様の清超はこう言いました。「今度夫に内緒で韓国に渡って統一教会の
集まりに参加するようなことがあったら離婚させるからな!」・・・・

あっ しまった 口が滑ってしまった。(でも実話)

間抜けってことが(谷口家一同が)ばれちゃまずいな・・・と幾度も
思う雅宣君であった。



133 :ROM:02/07/29 01:51
>じゃー、その家族会議で弟の妻は何と言われたか知ってますか?
>
>お父様の清超はこう言いました。「今度夫に内緒で韓国に渡って統一教会の
>集まりに参加するようなことがあったら離婚させるからな!」・・・・

その話知ってるよ。とにかく総裁の末っ子の奥さんが統一教会の
幹部になっていたことを2年以上もまったく気が付かなかったという
話でしょ!?その間何度も奥さんは韓国に渡っていたのに
まったく気が付かないなんておめでたいにもほどがありますね。

そんなおめでたい人が夫だからこそ、何とかしなければという思いで
、そして生長の家が本物ではないと分かってしまったからこそ、
奥さんは統一教会に走ったというのに、家族会議では奥さん一人を
責めたなんて・・・アホばかりということがよーーく分かりますね。

でも、、結局誰が一番アホかといえば末っ子ではなく親の清超だわな。


134 :名無しさん@1周年:02/07/29 01:53
生長の家ってアホなんですねー。
勉強になります。はい。

135 :雅宣くん:02/07/29 02:06
>生長の家ってアホなんですねー。
>勉強になります。はい。

あーよかった。 
生長の家が人の役に立ったぁ(勉強になった人がいたから)

おーーし、これからも「アホ」に磨きをかけ、人の役にもっともっと
立つことにしよう!!!!!!

・・・・と、独りつぶやきつづける雅宣くんであった・・・・



136 :名無しさん@1周年:02/08/03 00:22
生長の家をバカにするヤツは虐待しちゃうぞ。
無限力ってやつには「無限の負の方向の力」が含まれてるんだからね。


137 :名無しさん@1周年:02/08/03 01:55
age .

138 :白鳩の糞害なんとかして:02/08/03 22:53
>>インチキでないお前の宗教はなんだ?
胸を張って言ってやる。
『俺は無宗教だよ!!』
そもそも宗教なんて現実から目を背けてご都合主義の仮説に尻尾振る行為だ。
孤独と責任を伴う自由よりも、強くて優しい御主人様に庇護される奴隷になる道を求める者が信仰に走るんだろうが。

139 :名無しさん@1周年:02/08/05 16:27
>>136タイーホ

140 :名無しさん@1周年:02/08/05 18:56
☆「生長の家」元事務局長に実刑判決
8月4日、生長の家茨城県教化部の銀行口座から現金約1,900万円を引き出し着服
したとして、業務上横領の罪に問われた同県教化部の元事務局長蔵野孝久被告に
対する判決公判が水戸地裁で開かれ、「贅沢したいという動機に酌量の余地はない。
信者の信頼を裏切り、犯行は悪質」として、懲役3年の実刑判決を言い渡たされた。
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/headline0108.htm


141 :名無しさん@1周年:02/08/08 19:05
雅春センセーのころは良かったが
3代目になったらだめぽ

善良な信者の方は雅春先生の本だけ読んでなさい

142 :名無しさん@1周年:02/08/08 22:57
そして右翼になりなさい。

143 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆tfDpfKU. :02/08/08 22:59
しかし最近、ヤオハン倒産以来、生長の家は風采が上がらないのぉ。


144 :名無しさん@1周年:02/08/11 01:03
和田一夫ってまだ生長の家なの?

145 :名無しさん@1周年:02/08/12 23:04
雅春センセ−、略して「マンセー」

146 :名無しさん@1周年:02/08/15 18:34
ここって書き込み少ないね??
どーちてなのぉ???
おせーて!

147 :名無しさん@1周年:02/08/15 23:08
>146
生長の家について騙りあいましょう(8)の本家アクエリアンによるとここは偽
アクエリアンがたてたスレだそうだ。
いずれ元祖アクエリアンとか真アクエリアンなんてのが出てくるんじゃねーの?
スレ乱立はメーワクなだけだっつーの。

148 :名無しさん@1周年:02/08/19 22:51
しかしここ最近の生長の家の3代目による左翼化傾向にはちょつと首かしげる
この頃だ!!

149 :名無しさん@1周年:02/08/20 18:44
反共ということで統一協会から金もらってた生長の家にはちょつと首かしげる
この頃だ!!

150 :統一教会と生長の家:02/08/20 19:22
かつて・・・知る人ぞ知る・・というできごとだけど
「反共」ということで連帯意識があったのかどうかは知らないが、
生長の家の本部に統一教会のメンバーがしょっちゅう出入りしていたという
事実がある。ご都合主義の一面が垣間見られる出来事ではないでしょうか?

こういったことって、タカヤス君あたりは知らないだろうけどね・・・
昭和40年代の話だよ。


151 :名無しさん@1周年:02/08/20 20:04
時局便乗型のご都合主義哲学

152 :名無しさん@1周年:02/08/21 13:28
>132,135,150

相変わらず口が軽いですね。
調子に乗ってペラペラやっていると
あなたの実名とアドレスを公表しますよ。
あなたのような生長の家に深いつながりを
持っている人が、
恩を仇で返すような今回の行動は
懲罰に値しますね。
その年になって、便所に落書きするようなマネをして、
少しは恥を知りなさい!
友人として警告しておきます。


153 :名無しさん@1周年:02/08/21 13:30
便所の落書き見に来て偉そうに(略

154 :名無しさん@1周年:02/08/21 13:51
>>152
つまり生長の家には隠しておきたいスキャンダルがいっぱいあるのね。
きみはそれを裏打ちしてくれたわけだよ(w

とても参考になった。
ありがとう。

155 :名無しさん@1周年:02/08/21 16:34
あなたは、これらが事実であるかどうかを証明する事ができますか?
恐らく誰も証明できないでしょう。
証明できないものを知ったかぶりをして
面白半分に書き込んでいる150にカチンときた理由です。
……自分の立場もわきまえないでね。

個人のプライバシーに立ち入る権利は誰にもありません。
あなただって、見せたくないもの、見られたくないものは
あるでしょう?

人のことをあれこれ詮索するより、
もっと人の心が明るくなるような情報を発信する方が
社会の役にも立ちますし、
貴方自身の魂の向上にも結びついていくことでしょう。





156 :名無しさん@1周年:02/08/21 16:43
>>155
横レスになるが、教義や主張にかかわる事であったらそのような事は言えまいよ。
口先で、他の人々に道徳を説いているにもかかわらず、自ら説くことに自らが背き、
それどころかそれを表に出すものに脅迫でもしかけるとしたら、これは問題ではないのかね?
ますますいい加減な所にしか見えないというのが正直な所だ。
こういった問題では、弁護をすればするほど泥沼化する。
他人に文句を言うよりも、我が身を正す方が早いぞ。

157 :名無しさん@1周年:02/08/21 16:54
>なたの実名とアドレスを公表しますよ。

それって恐喝さ

158 :名無しさん@1周年:02/08/21 17:52
>>156
>>口先で、他の人々に道徳を説いているにもかかわらず、自ら説くことに自らが背き

ずいぶん高飛車な横レスですね。
>なたの実名とアドレスを公表しますよ。
ああ、このことですね。
彼は友人なのでちょっと情けなく思いました。
公表する前に彼にはメールで助言することにします。
ご指摘、ありがとうございます。

159 :名無しさん@1周年:02/08/21 18:01
情けなくカチーンときたからって(例え罰でも)、
個人情報を晒すのは、まずいと思うが?

メール出す前に法律板に逝く事をお勧めするよ

160 :名無しさん@1周年:02/08/21 18:04
生長の家も結構いろいろあるんだね。

161 :名無しさん@1周年:02/08/21 18:06
>>158
高飛車かも知れぬが何かおかしなところはあったか?

162 :名無しさん@1周年:02/08/21 18:09
>>161
それ以外は、否定しないらしいですな

163 :名無しさん@1周年:02/08/21 18:29
いえ、あなたはかなり聡明な方とお見受けしました。
また色々教えてください(笑)。

164 :名無しさん@1周年:02/08/21 18:32
>>163
そう返されちゃもうなにもいえない(苦笑)。

165 :名無しさん@1周年:02/08/21 18:34
取り繕って逃げたってのがホントやけどね

166 :名無しさん@1周年:02/08/21 19:01
いえ、正しい意見には宗教やイデオロギーを越えて
耳を傾けたいと思っているだけです。
でも、150のような忘恩の徒には、少しお灸をすえなければ
と思っています(笑)




167 :名無しさん@1周年:02/08/21 19:08
ならば、個人情報を晒すのはいかがなものかと思うが?

168 :名無しさん@1周年:02/08/21 20:25
そうですね。
彼にはもっと法に乗っ取った対応が必要だと思っています。

169 :名無しさん@1周年:02/08/21 21:11
私は純粋に法についてお聞きしたいのですが
生長の家の神想観と聖経甘露の法雨は
凡夫がする行としては、難しくないですか?
現代の一般市民が毎日、行じるには時間の制約もありますし、
とてもとても人類すべてが行じるとは思えません。
日本国民が毎朝神想観をする姿がまったく想像もつかないのですけど・・・

生長の家の方でさえ、毎日されていない方もおられると思います。
ご意見をお聞かせ下さい。

170 :名無しさん@1周年:02/08/21 21:57
>169さん

真摯な求道のご姿勢に感動致しました。
このような方も見ておられると思うと勇気が湧いてきました!

さて、あなたのような方に指導できるような立場の者ではないのですが、
神想観だけは20年ほどほぼ毎日実修してきましたので、
少しだけ私の考えを述べさせていただきます。

私は中学生の頃、中学生練成会に参加したのですが、
この“神想観”“聖経読誦”が苦手で、
以後はあまり積極的には行事に参加しませんでした。
その後、数年たってから武道館で行われた全国大会に参加したのですが、
その時、神想観の実修の先導をされていたのが、谷口清超現総裁でした。
(当時は副総裁でした)
神想観の実修が終わった時、清超先生は「この神想観は1年間位続けて
実修すると素晴らしいことになりますよ……どのように素晴らしいかは
1年後にわかります」といった主旨のことをお話下さいました。
その後、あまり運に恵まれず、借金に追われる毎日で、また結婚なんて
夢のまた夢といったような生活を送っていました。そんな中、再び練成
会に参加し、そこで神想観を継続して実修しようと決意し帰って参りま
した。
それから20年……、生長の家の信仰をもった最高の伴侶に巡り合うこ
とができ、沢山の子供達に囲まれて幸福感に浸っております。
現在の心境は、というと、つきなみですが「自由、広々、のんびり、気
楽」といった所でしょうか。西郷さんの名言「金も名誉も命もいらない
……」といった感じですね。ホント、毎日が楽しいです。
「ああ、続けてよかったなぁ」としみじみ思います。
神想観でも聖経読誦でも、5分や10分といった短い時間でやりだすと
だんだん慣れてきますよ。
特に通勤のバスや列車の中でされると(もちろん、声を出さないでネ)
結構快適な気分になれますよ。
どうぞ気軽にお始め下さい。



171 :名無しさん@1周年:02/08/21 23:01
ご親切にありがとうございます。

172 :名無しさん@1周年:02/08/22 18:50
月刊ペン事件

173 :名無しさん@1周年:02/08/22 19:09
統一協会から金もらってたということは霊感商法の共犯ということか。

174 :愛と死の名無しさん:02/08/22 19:19
出会い系サイトなんて、
男の数が多すぎて何百通、何千通って
女にメ−ルを送ってもほとんど返事が
返ってこないのが事実。
ところが、この出会い系サイトは全く違う。
これで今まで計47人と出会いました。
中にはハズレもいたけど(笑
業界NO1の大人気出会い系サイトで、
テレビ(ワンダフル)でも紹介されました。



http://k-free.com/joijoi/city.htm

175 :名無しさん@1周年:02/08/23 17:28
>>170
20年やろうが立教当初からやろうが生長の家では究極的に幸せにはなれません。

176 :名無しさん@1周年:02/08/23 23:10
>>175
それは君が幸せになれなかったということ
そしてそれは人のせいではなく自分自身の裁く心だね。



177 :名無しさん@1周年:02/08/28 23:18
性チョン上げ

178 :2ちゃんで超有名:02/08/28 23:18
http://s1p.net/vbnm

朝までから騒ぎ!!
皆さんお待たせです
復活しました!!

 女性に大人気
 メル友掲示板
 よそには無い
 システムで
 安心して遊んで
 楽しんでください。

コギャル系出会い


179 :名無しさん@1周年:02/08/28 23:34
人間神の子、実相完全円満。全ては消えてゆく姿。あるのは神のみ、生命のみ。

180 :名無しさん@1周年:02/08/30 16:15
節操のない権力服従
弱者の敵
谷口雅春生長の家

181 :名無しさん@1周年:02/09/07 10:25
>>180
つーかアメリカのスパイ

182 :名無しさん@1周年:02/09/07 10:58
赤旗の読者のみなさん

ここはあなた達の来る場所ではありません

ご退場ください。

183 :名無しさん@1周年:02/09/10 12:07
雅宣先生の新聞の引用にはなぜか、朝日新聞が多い。あの方は産経新聞の記者
だったのに・・・・・・、このことからも、左翼化傾向にあるのでは。
ちなみに清超先生は、産経新聞の引用が多いが、ここでちょっと疑問なのだが
新聞の引用って著作権法の方はひっかからないのか?。

184 :サンケイ君:02/09/11 00:46
>新聞の引用って著作権法の方はひっかからないのか?。
お二人ともプロの著実業です。そんな常識は心得ています。
よく読んでください。必ずどこからのいつの記事の引用かが
明示されています。
文章の量にもよりますが、お二人の引用は軽くセーフです。



185 :サンケイ君:02/09/11 00:53
雅宣君は朝日と産経の中間がちょうど良いと考えているようです。
だから、あえて朝日を引用しているのでしょう。
親子でバランス取ってるわけです。えっ、それがいいか悪い
それは個人の主観の問題だな。

186 :サンケイ君:02/09/11 00:55
訂正

著実業→著述業

187 :名無しさん@1周年:02/09/11 07:53
>>184そうなのか、でも同じ事、素人やったら捕まるよね?。

188 :名無しさん@1周年:02/09/12 22:31
>>183
昭和10年生長の家は朝日新聞に詐欺広告大々的に掲載して
医療妨害で幹部大量検挙された。利用するだけ利用しといて
朝日新聞の悪口いう資格あるのかな。

189 :名無しさん@1周年:02/09/13 01:30
>>176
君もなー

190 :名無しさん@1周年:02/09/13 02:21
生長の家神の国寮における人権侵害について
ttp://www.jca.apc.org/praca/takeda/message2001/me010511.htm


191 :名無しさん@1周年:02/09/13 05:59
>>188掲載したのは朝日新聞であって、生長の家と新聞の引用の話は別なのでは?。
それと今から60年以上の前の記事の事のソースはどこから?。
ソースがないと確証出来ません。

192 :名無しさん@1周年:02/09/13 08:03
昨日、うちで誌友会を開きました。
参加者2名でまいったよ。
先生は素晴らしかったです。

193 :名無しさん@1周年:02/09/13 18:01
昨日、うちで誌友会を開きました。
参加者2名でまいったよ。
先生は素晴らしかったです。


194 :名無しさん@1周年:02/09/13 20:13
>>191
週刊文春1985年7月4日号
 生長の家といえば、公称信者数三百万人を擁する新興宗教の雄だが、その創立者・
谷口雅春総裁が、このほど亡くなった。享年九十一の大往生である。
大正六年に大本教に入信。機関誌の編集にあたったが、大正十一年大本教を去った。
昭和四年、「物質はない、実相はある」との神示を受け、翌年個人雑誌「生長の家」
を創刊。人生苦の解決と病気快癒の体験で評判になり、多数の読者を獲得した。
昭和十年ごろには朝日新聞の第一面に大々的に広告を打ったので、年配の方なら、
ご記憶のムキもあるかも知れない。戦時中は天皇中心主義、軍国主義を鼓吹して信者
を増やしたが、終戦後は一転して自由と平和を唱える。講和後は再び右傾化。帝国
憲法への復帰、国家神道の復活、堕胎禁止を訴えた。戦後の右翼運動に、谷口氏は
精神的な支柱になったようで、山口二矢青年も、谷口氏の著作を読んでいた。
また三島由紀夫にも影響を与え、三島と共に市ヶ谷の自衛隊に突入した「楯の会」
の古賀、小賀の両青年は、生長の家の信者だった。さて、この谷口雅春氏をどう評価
するか。また生長の家の今後の路線は?「あの人は文学青年でしたから、初期の
ころの著作は大変ロマンチックで文章もうまかった。文学青年の段階でとまっていれ
ば評価できるんですが、その後ウルトラ国家主義路線を打ち出して来た。過激な右翼
青年を輩出した危険で有害な人だと思います。そういう路線は、私が考える本来の
宗教とはなじまない。普遍性を持ち得ないから民族宗教にとどまり、世界宗教たり
得ない。大きな路線変更はないと思いますが、教勢拡大のためには、ウルトラ国家
主義では布教しにくいので、やや手直しをするのではないでしょうか」
(宗教評論家・梅原正紀氏)

195 :名無しさん@1周年:02/09/13 20:13
>>191
週刊文春1985年7月4日号
「終戦直後は社会党支持だった。考え方がくるくる変わるのが生長の家です。大宅壮一
が生長の家をデパート宗教と評しましたけど、仏教でもない、神道でもない、
キリスト教でもない。晩年は神道です。思想的にも左右にゆれる人なんですよ。
『君子は豹変する』と自分でも言っていますし。宗教界における清水幾太郎でしょう」
(宗教ジャーナリスト・清水雅人氏)
元「生長の家」幹部で現在は正法会という宗教法人の会長の園頭広周氏の見方は、
手きびしい。「だいたい、生長の家の教義はあいまいなんです。『生命の実相』のは
じめに『神殿はいらない』と書いてあるのに、宇治、長崎に神殿を作りました。
『賽銭の多寡によって人間が救われる、救われない、ということはない』とも書いて
あるのに、賽銭の多寡で評価が変わってるし、本を何冊売ったかで変わる。
私はそういう点を追及したんですが、意見を言う者はみんな辞めさせられたんです。
茶坊主が側近で機嫌をとってるんです。そういう連中の意見が組織を動かしている
のが現状です」

196 :名無しさん@1周年:02/09/13 20:18
朝日新聞に誇大広告掲載したのは谷口雅春>>191

197 :名無しさん@1周年:02/09/13 20:32
>昭和10年生長の家は朝日新聞に詐欺広告大々的に掲載して
>医療妨害で幹部大量検挙された。

嘘を書くとたとえネットでも逮捕されます。
もし、幹部が大量検挙されたというならば
その中の五人の名前だけでいいから書いてみてください。

198 :名無しさん@1周年:02/09/13 20:47
『大宅壮一全集』(蒼洋社)
新興宗教の自壊作用
新興宗教の最新型であり最珍型である「生長の家」は、物質もなければ肉体もない、従
って病気もないと、ないないづくしを説いた書物を売るための出版会社だが、それが資
本金二十五万円でさえ多すぎるのにさらに百万円も増資し、しかも年二割の配当をして
いるということを知ったとき、わたしはあすこの専務に会っていろいろききただした後、
いまにきっとモリス金融式のインチキが暴露して、出資者はあわを食うだろうと警告し
ておいたが、幸か不幸かこの予言は的中して、すでに幹部の多くが検挙された。彼らは
この出版会社のほかに、日本理財協会というモリス式の金もうけ団体を組織し、月に二、
三割も配当するという誇大広告によって一般から十五万円集めたが、検挙されたとき現
金は七万円しかなかったという。
 すでにその前からこの出版宗教は、その内的矛盾を暴露している。彼らが「聖典」と
して装丁その他もバイブルをそっくりまねている谷口聖人のお筆先も、だんだんタネぎ
れになり、マンネリズム化する一方、誇大広告で罰金を課せられたりして思うように宣
伝ができなくなり、売れ行きがとみに衰えてきた。反対に組織の方はますます大きくな
り、費用はかさむばかりである。こうなると経営困難に陥るのは当然で、冗員を整理し
ようとしても相手が失業インテリだからがんとして動かない。無理に追い出せないこと
もないが、そうすればきっと彼らは幹部や組織の弱点を暴露するにちがいない。
 そのうちに例の「二・二六事件」や、それに刺激された救世軍の青年将校の幹部排撃
などの影響を受けて、「生長の家」でも青年分子が結束して、幹部独裁反対、経営機構
の改革、従業員の待遇改善を要求した。「物質は本来ない」はずだが、安い給料でやっ
ていけないという現実はそれでごまかすわけにはいかない。
 この珍争議は、幹部が折れてどうにか解決したものの、この矛盾はちっとも解消しな
い。そこへ最近の検挙だ。やがてこの珍宗教も泡沫会社のごとくはかなく消えて行くで
あろうことは明らかである。(昭和十一年八月)

199 :名無しさん@1周年:02/09/13 20:50
立正佼成会と生長の家 
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1021513068/

200 :chebjcro:02/09/13 20:54
200
よっしゃ!

201 :名無しさん@1周年:02/09/13 21:05
日本評論(昭和十二年一月)
「生長の家」盛衰記 笠木耕二
「生長の家」の誌友は自動車に轢かれたが微傷だもしなかった、「生命の
実相」一冊読んだためにこれこれの難病が直ちに治った等の新聞公告を大胆にも次か
ら次へ発表したために遂にその筋に誇大公告並に医療術行為妨害のかどでお目玉を食
い、その犠牲として当時の社長佐藤勝身は前後数日に亙って原宿署に拘留せられたが、
何ぞ知らんそのインチキ極まる新聞広告文の殆んど全部が彼谷口の考案に成るものだ
ったのである。犠牲者佐藤勝身こそいいツラの皮だ。

会社の重役としてこの間まで名を連ねていた湖松茂は例の鹿島組
の鉄道疑獄で、同小塚公平は理財協会の背任横領で共に市ヶ谷の別荘住いだ。如何に
神様でもこれでは焦心し、狼狽せないでは居れない。思い余った彼谷口は「生長の家」
十二号(昭和十一年十二月一日発行)に於て遂に悲鳴をあげ(後略)


202 :名無しさん@1周年:02/09/13 21:20
生長の家は昭和十年から十一年に朝日新聞、東京日日新聞、読売新聞などに
毎週全三段、五段の大広告を出していた。

203 :名無しさん@1周年:02/09/13 21:48
有田芳生著『「神の国」の崩壊』(教育史料出版会1997年)って本はどうよ?

204 :名無しさん@1周年:02/09/13 21:59
>>197
>嘘を書くとたとえネットでも逮捕されます。

嘘でも本当の事でも名誉毀損罪が成立します。ただし公益目的の場合は無罪になります。
たとえば政治家が賄賂をもらったなどそれを発表し不正を暴くことが公益を利する場合のことです。


205 :名無しさん@1周年:02/09/14 00:35
『新興宗教のウラがわかる本 カネと権力と醜聞にうごめく教祖たち』
著者 段勲 政界往来社 1986
 教団運営に後顧の憂いを残したカリスマ教祖 生長の家・故谷口雅春総裁
 総本山建設に二百億円投じた“出版宗教”
 長崎県・大村湾をのぞむ西彼町の「生長の家」総本山を訪ねた宗教ジャーナリストが、小高
い山に登り、上から同教団の全景をカメラに撮ろうとした。同道した教団職員に、
「ところで、生長の家の敷地はどこからどこまでですか」
と、尋ねた。するとその職員は、涼しい顔をしてこう答えたそうである。
「はい。あなたの目で眺められる範囲が全部そうです」――。
 国鉄・長崎駅から大村湾県立公園に面した国道二〇六号線をバスでひた走るこ
と約七十分。西彼町を突き抜ける国道横に朱塗りの大鳥居がドカンと見えてくる。
「住吉本宮」の看板が中央に据えられた高さ二十二メートルの大鳥居は、なんで
も日本で二番目に大きいものだという。
 この大鳥居を玄関口にして、山を切り開いて建てられたのが生長の家総本山で
ある。教団の発表によると総面積が約百万坪(三百三十万平方メートル)。西彼
町全体の面積が約六千九百五十平方メートルだから、生長の家総本山は、その約
二十一分の一を占めることになる。
 生長の家本部は東京都渋谷区神宮前(現在)に置かれているが、昭和五十年、
約二百億円の巨費を投じてこの長崎に総本山を建設した。
 公称信者数は三百三万人(『宗教年鑑』五十九年度版=文化庁編)で、久保継
成率いる「霊友会」の三百十万人とほぼ同規模の勢力である。ただし、同規模と
はいえ久保継成の場合は、初代会長の伯母・小谷喜美から受け継いだ跡取りだが、
生長の家は故谷口雅春(六十年六月十七日、享年九十一歳の大往生)が一代で築い
たものだ。

206 :名無しさん@1周年:02/09/14 00:36
 谷口雅春は、新興宗教の教祖の中で、カリスマ的要素を持った最後の人物といわれた。
生前、谷口の思想が左、右とクルックルッと変わった。そんな谷口の性格に反発を感じ
て、生長の家と別れた何人かの幹部もいたが、創設以来、過半世紀の間にこれといった
組織分裂も内紛もなく、まずは順風な組織運営であった。そのカリスマ指導者である谷
口の生涯をしばらく追ってみることにしよう。なぜなら谷口の足跡は即、教団「生長の
家」の歴史でもあるからだ。
 谷口雅春は明治二十六年十一月、兵庫県八部郡で農業を営む父・音吉、母・うまの次
男坊として生まれている。四歳のときに、音吉の妹のところに養子に出された。大阪市
立春日出尋常高等小学校を首席で卒業したというから頭は切れたらしい。
 明治四十四年に、早稲田大学高等予科(文科)に入学。大正一年に、早稲田大学文学
部英文科乙組に進学した。早大時代の同窓生に作家の直木三十五、詩人の西條八十、文
芸評論家の青野季吉、評論家の木村毅といったメンバーがいた。
 大正三年に早稲田を中退。理由はつまびらかではないが、このころ、何度かの恋に破
れた文学青年で、中退の原因も女性ではなかったか、ともいわれている。大学を去った
後、摂津紡績(現在のユニチカ)に入社するが、ほどなくして退社。そして七年、京都
府綾部の大本(通称、大本教)を訪ねて入信した。谷口が宗教と最初に関わったのがこ
の大本であった。大本では教祖の出口王仁三郎に文才が認められ、同教団の本などを書
いていたという。
 昭和四年十二月に雑誌「生長の家」創刊号(定価三十銭)を印刷。その巻頭の言葉は、
「蛇に睨まれた蛙のような恐怖心が就職、入学試験の失敗や病気、軍備を生む」
 というものであった。そして翌五年、「生長の家」の名称で宣布を開始するのである。
昭和五年といえば、創価学会の前身「創価教育学会」が開創された年でもあった。
 谷口の「生長の家」の布教は、すでに結婚していた輝子夫人とたった二人で、雑誌
「生長の家」を売り歩くことから始まったのだ。そのために生長の家は、“出版宗教”
などともやゆされている。


207 :名無しさん@1周年:02/09/14 00:37
 海外布教に精を出した谷口雅春
 教団「生長の家」の教義基本になった谷口雅春著の『生命の実相』第一巻が出版された
のは昭和七年である。十一年に教化団体「生長の家」を設立。同年、婦人部組織である
「白鳩会」を結成している。そして二十一年九月に宗教法人令に基づき、宗教法人・生長
の家が設立された。
 三十九年に政治結社「生長の家政治連合」を発足させ、翌年の四十年七月、参院選全国
区に初めて玉置和郎(現・衆院議員)を推せんし、第三位で当選させている。
 また、「生長の家」は海外布教にも熱心で、早くも昭和二十五年には教団幹部をハワイ、
アメリカ本土に派遣。三十年にはハワイに駐在員を置いた。また、谷口自身、戦後、三度
にわたって海外に出ている。一回目は昭和三十八年三月、ハワイを振り出しに、ニューヨ
ークなどアメリカの主要都市を回ってメキシコ、ブラジルに向い、ロンドン、ジュネーブ、
パリなど、約半年間世界中を回って海外会員の激励に奔走している。二回目は四十七年、
やはり、アメリカ、メキシコなどに二ヵ月間滞在。そして、三度目も四十八年にアメリカ、
メキシコなどを回った。
 現在、生長の家の海外会員数は約百万人ともいわれ、韓国、中華民国、シンガポール、
スリランカ。イギリス、西ドイツ、オーストラリア、ガーナ。アメリカではハワイ、ロサ
ンゼルス。カナダのバンクーバー、トロント。ほか、ブラジルなど、世界主要都市を中心
に伝道本部、会館を置いている。
 また、谷口は自筆の個人雑誌を販売し、読ませることからスタートした教団だけに、谷
口自身、晩年まで本を書き続け、作家も顔負けの多くの著書を残している。
 代表的なものでは、『生命の実相』全二十巻。同書の発行部数は今日までで千六百万部
に達し、さらに英語、ポルトガル語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、中国語の六カ国語
に翻訳されているという。ほか、『真理』全十巻。『谷口雅春選集』『新選谷口雅春選集』
『新選谷口雅春法話集』『谷口雅春童話集』。かたわら教団の定期刊行物である「生長の
家」「白鳩」「光の泉」「精神科学」「理想世界」などの月刊雑誌や、新聞「聖使命」な
どに著作を発表してきた。


208 :小林信者:02/09/15 02:27
>>195
終戦直後は社会党支持だった>終戦直後は社会党や共産党の方が右的だったぞ
ゴー宣程度の話で申し訳ないがヤシらは靖国支持派だったみたいだ
ついでに共産党は最初の国会で「9条の武力の放棄はおかしい」なんて質問してる
当時は自民党の方がサヨ
当時の中曽根がサヨ発言しててビックリした記憶がある
どんな内容だったか忘れたけど…

台湾の敵 生長の家sage

209 :名無しさん@1周年:02/09/15 03:55
40
負けていい戦争なんかあるか!
あの戦争で負けたばっかりに情報通信の技術がかなり遅れたんだよ!ウ゛ァカ
一生アメリカの犬やってろ
89
後付けは禿同だが古代の人間がお前より賢いのは確かだ
GPS抜きで遠洋漁業やってみろ宗教ヲタ
科学に毒されたヤシが古代の人間語るんじゃねえ
92
三島の文学は天才だが思想は気狂
いいこと言った
138
無宗教も宗教になりうる
西部ススムの本を読め
気持ち悪いよお前
↑誰も指摘してないから気になった
ついでに
170
俺にも女を紹介したら入信してやってもいい
あ、ブサヨクしかいねーか(w

210 :名無しさん@1周年:02/09/15 04:01

厨は回線つなぐな

211 :名無しさん@1周年:02/09/16 05:39
>>209
>負けていい戦争なんかあるか!

負けてよかったよ。なぜなら当時の日本は相対的にみてアメリカより
非民主的な国だったからな。日本が勝ってたらアジアに大きな不幸
をもたらしていたであろう。

212 :名無しさん@1周年:02/09/16 06:24
岡山大学新聞274号 1983年1月10日
全国大学新聞ダイジェスト
反憲学連学友に暴行
九州大学新聞(11月25五日付)
《生長の家系の天皇制右翼反憲学連が11月に入って教養部に登場し活動を活発化させ
ている。
 彼らは「反共・反安保・九条解体」をスローガンに、全国の大学で右翼学生運動の
建設を目指して活動している。とりわけ日本大学文理学部では、80年11月の武装登場
以来、テロ・リンチを用いて学園の恐怖支配を行っている。
 「戦後史研究会」を名のってビラを配っていた彼らは、11月5日、「真の戦没者慰
霊を考える」を銘打って学内でシンポジウムを開催しようとしたが、急きょ集まった
学友の抗議の前にこれは断念せざるを得なかった。
 さらに11月25日、「三島由紀夫森田必勝憂国忌」ということで学内で集会をやろ
うと昼休みに登場し、多くの学友の目の前で、抗議する一人の学友に暴行を加えケ
ガを負わせた。
 彼らの主張は民族排外主義に貫かれたものであり、「大東亜戦争は聖なる斗いで
あった」「朝鮮人は天皇のために喜んで死んでいった」と、侵略、虐殺行為を正当
化し賛美するものである……》
このところ原理研と並んで反憲学連(生長の家)が各地の大学で活動を活発化させ
ている。恐ろしい時代になったものだね。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/ 8779/okayama/274/274_3.html

213 :名無しさん@1周年:02/09/16 06:43
>>208
ソースきぼんぬ

214 :小林ファソ:02/09/16 08:52
>>209
だからソースは「ゴー宣」だって
だから申し訳ないって断ってんじゃん
国会図書館でも逝きゃ当時の記録があるんじゃない?

>>211
当時のアメリカは大日本帝国より軍事大国ですが何か?
民主的というなら日本は民主的に戦争したといえるやろ
成長の家とやらはホンマクソサヨの集団やな
カルトは半島でやれ

215 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:15
>>214
>当時のアメリカは大日本帝国より軍事大国ですが何か?

軍事力の大小によって民主的かどうかは決まらない。

>民主的というなら日本は民主的に戦争したといえるやろ

どういう風に民主的だったと?



216 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:18
横レスですが
>>208
社会党て右左混じってたと聞きますた

217 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:21
>>216
ソースくれ。サイトURLキボンヌ

218 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:32
ヤシラはB-29開発に日本の国家予算の半分かけているが?
たった一つの爆撃機にそこまで金かける国を軍国主義といわず何というんだ?
デモクラシー国家だろうと軍国主義にはなりえるんだよ
今もアメリカは軍国主義だけどな(w

開戦して一番喜んだのは日本国民だろうが
小和田さんの「すぐにわかる日本の歴史」っつー本でも書いてるよ
真珠湾の報道聞いて驚喜乱舞していた狂った日本人てな
あんた宗教以外の本読んでる?

219 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:37
>>218
>ヤシラはB-29開発に日本の国家予算の半分かけているが?

軍事費の大小によって民主的かどうかは決まらない。



220 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:37
>>217
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/own/chikuji-2c.html

ここに1951年に右左分裂した、と書いてあるのれす

221 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:39
>>218
板違いです ゴー宣板に逝ってくらはい


222 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:45
>>208
それが谷口雅春の主張とどうからんでくるというのかな?
生長の家の主張が戦中と戦後で180度変わったからつっこまれているのだよ。


223 :名無しさん@1周年:02/09/16 09:49
生長の家の戦争観15年戦争(大東亜戦争)に対するスタンスの変遷
立教当初
昭和四年十二月に雑誌「生長の家」創刊号(定価三十銭)を印刷。その巻頭の言葉は、
「蛇に睨まれた蛙のような恐怖心が就職、入学試験の失敗や病気、軍備を生む」
 というものであった。
    “否定的”
      ↓
15年戦争勃発〜大東亜戦争終戦少し前まで
    “肯定的”  
      ↓
谷口雅春氏GHQから公職追放解除される昭和26、27年ごろまで
    “否定的”
      ↓
谷口雅春氏昭和26、27年ごろから再び
    “肯定的”
      ↓
谷口清超氏、雅宣氏 
    “否定的”


224 :名無しさん@1周年:02/09/16 10:15
>>222
小林クソは谷口も君も嫌いなモノと思われ

225 :名無しさん@1周年:02/09/16 10:19
小林よしのりも元々左思想のから転向したんじゃなかったっけ。

226 :名無しさん@1周年:02/09/16 10:48
                                
     ███▀     █████████   
    ███▀ ██  ███▀ ▄███▀        
   ██▀ ▄███▀███▄▄▄███                
 ▄███▄▄██▀ █▀  ▀████                  
 ▀▀▀▀███▄      ▄██▀█▄▄                 
    ██▀ ███   ██▀  ▀███▄▄              
  ▄████▀▀██ ▄█▀▄▄   ▀█████▄▄           
  ▀█▀▀  █▄▄█▀   ████▄  ▀███▀▀▀         
▄   ███ ▀███      ▀▀▀                  
███  ███  ▀▀                           
 ███  ▀        ▀████▄             
  ▀              ▀████ 

227 :名無しさん@1周年:02/09/16 11:59
>>219
軍国主義てのは全分野における軍事優先主義。当時のアメリカは資源も工業力も国威発揚も全てが戦争目的に振り向けられてた。つまり民主的だなんだの体制は関係ない。
そんな事も分からん宗教ヲタが偉そうに語るんじゃねえよ
戦争に負けて良かった点をもっと具体的に示せ

ちなみに小林は元サヨ
それがどうした?

228 :名無しさん@1周年:02/09/16 12:13
>>222
谷口の主張なんか知らねえよ
ヒヨリミで芯のない詐欺氏なんだろ?
性潮の家もサヨもムカつくんだよ!
分かったらとっととアメリカ逝けや





でも板違いは俺という罠

229 :名無しさん@1周年:02/09/17 22:40
>>227
>軍国主義てのは全分野における軍事優先主義。当時のアメリカは資源も工業力も
>国威発揚も全てが戦争目的に振り向けられてた。つまり民主的だなんだの体制は
>関係ない。

だから軍事費や軍事力の大小によって民主的かどうかは決まらない。

>ちなみに小林は元サヨ
>それがどうした?

つまり谷口も小林も世間に対する自分の主張を変えたから同じ穴の狢というわけだ。
自分のことを棚に上げて他人を非難する資格はない。

>>228
小林よしのりのいうことをうのみにしないで検証しろ。

>でも板違いは俺という罠

かまってちゃんかはあと

230 :本当はマキャベリスト:02/09/18 06:45
>軍事費や軍事力の大小によって民主的かどうかは決まらない。
あのねー民主的かどうかなんて関係ないのよ
勝手に整理するけどね
あんたが「アメリカの民主主義が日本を軍国主義から解放した」なんて論調に対して
「アメリカだって軍国主義だった」と言ってるわけ
分かる?
あんた何でもかんでもアメリカは正義なわけ?
前にも言ったけど民主だろうが共産だろうが帝政だろうが「軍国主義」になりえるの
軍国主義はそれ自体が目的じゃなく手段なのよ
分かる?
アメリカのプロパガンダをうのみにしてる暇あったらクラウゼビッツ読めってことだ

231 :携帯だから多重レスになるスマソ:02/09/18 06:54
>谷口も小林も世間に対する自分の主張を変えたから同じ穴の狢というわけだ。
自分のことを棚に上げて他人を非難する資格はない。

谷口に関しては宗教家だろうからよろしくないだろうが
小林はゴー宣の中で主張してるから読んで

>小林よしのりのいうことをうのみにしないで検証しろ
マキャベリ クラウゼビッツ 西尾幹二 田原総一郎 など右左問わず色々読みますたが何か?

232 :名無しさん@1周年:02/09/18 06:58
>かまってちゃんかはあと
認むます
つーかただの暇人
どうぞおかまいなく

で、ここに性欲の家の方はいないので?

233 :名無しさん@1周年:02/09/18 21:20
>>230
>あんたが「アメリカの民主主義が日本を軍国主義から解放した」なんて論調に対して
>「アメリカだって軍国主義だった」と言ってるわけ
>分かる?

だから当時の日本はアメリカと比較して相対的に非民主的な国家だったんだよ。
軍事力云々は関係ない。
北朝鮮と韓国はどっちが非民主的かといえば常識的に見れば北朝鮮。
アメリカと北朝鮮はどっちが非民主的かといえばやはり北朝鮮。
圧倒的に軍事力はアメリカの方が上でもね。

234 :名無しさん@1周年:02/09/18 21:27
>>231
>>小林よしのりのいうことをうのみにしないで検証しろ
>マキャベリ クラウゼビッツ 西尾幹二 田原総一郎 など右左問わず色々読みますたが何か?

それで彼らよりも小林のどういう点が優れていると思ったのか書いてよ。



235 :名無しさん@1周年:02/09/19 00:30
>>233
じゃあアメリカが軍国主義だったのは認めるんだね?
民主非民主で言えばおっしゃる通りだわな

肝心なのは「日本は本当に負けて良かったの?」
て事
戦争てのはやるからには勝たなきゃいけない
だから左は「どうして負ける戦争をしたのか?」と言うし右は「あの時ああするべきだった」て言うの
やるからには負けちゃだめ
負けてよかったなんて理屈は理解できない
負けて良かった点を具体的に示して
戦後民主主義になってよかったなんて言わないでよ
戦前の日本だってデモクラシーは確立しかけてたんだから
ソースは小室直樹と田原の本

236 :名無しさん@1周年:02/09/19 00:37
>>234
比べてどうこうっつーか良い点は他の言論人の言ってる事を分かりやすく書いてることだべ

237 :名無しさん@1周年:02/09/19 17:54
>戦争てのはやるからには勝たなきゃいけない
>負けてよかったなんて理屈は理解できない
>負けて良かった点を具体的に示して

北朝鮮が南進して統一したら言論の自由、移動の自由、職業選択の自由などのない
あらゆる自由が制限された人権蹂躙国家になるだろう。
それと同じように日本が勝ってたら今享受できている権利はなかった。
そのときの日本が民主的な国ではなかったから。

>>236
>良い点は他の言論人の言ってる事を分かりやすく書いてることだべ

考え方の優れていると思われる点を書いてほしい。

238 :名無しさん@1周年:02/09/20 00:20
>>237
戦前の日本は北チョンと一緒っちゅーあれね(w
浅い
戦前の日本は完全な自由経済国家
今のアメリカなみにね
戦時中は特殊
その特殊な状態になったのは日本人のせいか米のせいかっつー議論は留保
もう一度書く
小室直樹「痛快憲法学」
田原総一郎「日本の戦争」
作者忘れたけど「円の支配者」
これらを読んで下さい
いちいち引用するのしんどい

>小林の優れている点
目のつけどころがいい
アフガン戦争を文明と文明の衝突と位置づけたのは小林くらいでは?
石原は「今こそアメリカの真の友に」と言ってたくらいだからね

239 :名無しさん@1周年:02/09/20 00:48
ついでに
坂口安吾「堕落論」もお勧めします。左派学者絶賛

つーかさあ戦争を語るならその筋の本読んでる?

過去レスみたけど谷口雅治批判面白かったよ
宗教専門なら宗教批判だけにしときー
つーかでたらめな古事記だっけ?逆にどんな事書いてるのか読みたくなってきた(w
笑えるんだろうなあ

240 :名無しさん@1周年:02/09/21 00:19
ゴーマニズム宣言関連板
http://tmp.2ch.net/kova/


241 :>小林信者:02/09/21 01:01
ワケ     ワカ      ラン     ワケ       デモ     ナイ♪
  ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧    (⌒)(⌒)
 ( ・∀・)  ( ・∀・)   ( ・∀・)  (  ・∀)    (∀・  ) 彡│ || |
⊂ ⊂  )  ( U  つ  ⊂__へ つ  ( ○  つ   ⊂ ○ )   (∧_∧⊃
 < < <    ) ) )     (_)|   \\ \   / //    ( ・∀・)
 (_(_)  (__)_)    彡(__)   (_(__)  (_(_)     ∪
     トモ       イエ      ナイ     ケレ      ド♪
     ∧_∧      ∧_∧    ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧
     ( ・∀・)     (, ・∀・)∩ (・∀・∩) (,, ・∀・)    ( ・∀・ )っ
   (( ( つ  ~つ )) (( (つ    ~ノ  (つ  丿 (つ  つ )) ( つ  /
     乂  ((⌒) )) + ヽ (⌒ノ   ,( ヽノ     ) ) )    |  (⌒)
     (__) ̄      (_)U   し(_)    (_)_)     し'⌒^ミ
     イイ        カゲン        ソノ     ヘンニ
     ∧_∧        l |  | l
   ◯( ・∀・ )◯    ∧_∧        ∧_∧    ∧_∧
    \    /     ( ・∀・ )      ∩ ・∀・)  ○( ・∀・ )○
     |⌒I │     ⊂     つ      ヽ ⊂丿   \    /
    (_) ノ     / /\ \     ( ( ノ ))  ミ,( ヽノ
      し'     .(__)  (__)     し'し'     し(_)
       シト        ケヨ       ナ♪
      ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧∩
      ( ・∀・)    ⊂( ・∀・ )   (・∀・ )ノ
     ⊂ ⊂  ノ彡    (   ノU    ノ   つ
       Y .人      |(  )    (⌒),、 ヽ.
       (_)'J     し ∪ ミ     ̄  し''

242 :名無しさん@1周年:02/09/22 17:44

超強力漢方バイアグラ「威哥王」、「蟻力神」をどこよりも安い特価でご提供!
「中田氏」の後に妊娠を回避!緊急避妊薬(アフターピル)や、低用量ピル、抗鬱剤プロザックも特価!
ガンを治す力の素、アガリクスもなんと1キロ10000円!!!
あの101の最新超進化版101Gであきらめていた髪もフサフサ!

http://www3.to/ultimateviagra

243 :名無しさん@1周年:02/09/23 08:48
「オモチャのチャチャチャ、、」 
  ∧_∧   ∧∞∧
  ( ・∀・) ( *・∀・)
 ⊂    つ⊂    つ
  .人  Y   人  Y
  し'(_)   し'(_)
  「オモチャのチャチャチャ〜♪」
   ∧_∧   ∧∞∧
  (・∀・ ) (・∀・* )
 ⊂、   つ⊂、   つ
    Y 人    Y 人
   (_)'J   (_)'J
  「チャチャチャ、、オモチャの、、」
  ∧_∧  ∧∞∧
 ( ・∀・ ) ( ・∀・ )
 ( つ⊂ ) ( つ⊂ )
  ヽ ( ノ  ヽ ( ノ
 (_)し'  (_)し'
  「チャチャチャ、、!」
   ∧_∧   ∧∞∧
  ∩ ・∀・)∩∩ ・∀・)∩
   〉     _ノ 〉     _ノ
  ノ ノ  ノ  ノ ノ  ノ
  し´(_)   し´


244 :名無しさん@1周年:02/09/24 08:14
age

245 :名無しさん@1周年:02/09/24 08:26
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1029902172/l50

http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1029797892/l50


246 :名無しさん@1周年:02/09/25 00:43
谷口=中曽根のパシリ

247 :青学:02/09/27 18:38
谷口清超さんとと谷口恵美子さんの長男は、
今、何をされているのですか?
長女は、三島事件の盾の会のメンバーと結婚して、
長崎の本部にいると聞きましたが、
長男の消息がわかりません。
青学で同級でした。

248 :名無しさん@1周年:02/09/29 15:29


249 :名無しさん@1周年:02/09/29 22:19
246の書き込み笑えるねぇー
中曽根vs中川戦の時、当初中川を応援すると予想していたのだが
中曽根は長崎まで本山参りし、なんと中川と中曽根は総本山で
ガチンコ。シズコウの後援会長は親戚に当たり東大の同窓である
谷口清超氏の判断で中曽根に絞ることになり、結果村上氏も盟友中川氏
をはなれ中曽根派に合流、結果中曽根は総裁選に勝利した。
中曽根は清超氏に頭が上がらない。
中曽根はポケットから聖経を取り出し
「私はいつもこれを身につけています」と信徒の前で言っていたね。
誰がパシリか考えようね、ボクチャン。
247さん
長男さんは幼い頃亡くなっています。青学は次男です。
彼は今、副総裁です(笑)
時はずいぶんたっていますから、長崎には誰もいません。

250 :名無しさん@1周年:02/10/01 16:54
噂の真相10月号1行記事

平沼赳夫が『報道2001』内で生長の家谷口雅春本を推薦の不見識行為


251 :age:02/10/01 22:18
age

252 :名無しさん@1周年:02/10/01 22:45
生長の家もう終ってるなぁ。


253 :名無しさん@1周年:02/10/02 12:11
教祖の娘と孫娘の前の旦那は職員だったのだろうか?
そして今も信者なのか気になるところ

254 :名無しさん@1周年:02/10/02 13:00
中曽根=白光真宏会信者 

255 :名無しさん@1周年:02/10/02 13:21
生長の家は「新しい歴史教科書をつくる会」に協賛しているのかな?
なんか内ゲバで(親米・西尾、藤岡VS反米・西部、小林)
分裂したみたいだけど。

256 :南条時光・四条金吾@創価学会学生部・公明党:02/10/02 13:23
  .,,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiiiilllliiiiiiiiiiiii,,,
       ,,,iiillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliii,,
     .,iiilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllli,,
     .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliii,
    ,,illlllllll!!!!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!llllllllllllllllllllllllllllllllllli,,
   .,,iiillll!!゙″        ..`゙゙゙!!!lllllllllllllllllllllllllll;
   ,lllllll               :'゙!lllllllllllllllllllll
  :;lllll|:                llllllllllllllllllllll゙
  ..llllll!              .,,,,,,iillllllllllllllllllllll|
  .:llllll:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,.  ..゙!!!llllllllllllllllllllllllll
 iiiilllllllllllllllllllllllliiii,,,,,,iiiiilllllllllllllliii,,,, ゙゙llllllllllllllllllll゙
 ゙゙!lll!llllllllllllllllllllllll!!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
  .:'!li,,!llllllllllllllllll!゙ .:lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll;
   ゙!!liilllllllllllll!゙゛ ..illlllllllllllllllllllllllll!!゙゙゙,,iiilllllllllllll!"
   :::.`゙゙゙゙゙゙゙゙^   :l!lii,,!!!!llllllllllll゙,,,iillllllllllllllll!!l
   .   ,,lケ :ill,iiiiiiiiiiil,゙il  ゙゙゙゙゙̄,,llllllllllllllll!!゙lli,,,
     .:`   .`゙゙゙゙゙゙゙゙^.゙゙ili,,,,,,,,,iilllllllllllllll  .,,,゙゙
       ..,,,,, ,,, :l,,,, .゙i!!llllllllllllllllllllliiiill゙゙
      :'ll!!!!!!!!!!!llliliiilllli,,  ゙゙゙゙!llllllllllll
    .   .:l!liiiiiiiiiiiilllll!!!!゙;:,,,,,,iillllllllllll:
     :,   . ″:'~゙゙ ̄ .,,iiilllllllllllllllll!′
     . ;i,,,..,,,,iiiiillllliiii,,iiilllllllllllllllll!!゙
      .:'゙!!!llllllllllllllllllllllllllllll!!゙゙^
        .゙゙゙゙!!!!!!!!!!!!!!゙゙゙


257 :南条時光・四条金吾@創価学会学生部・公明党:02/10/02 13:26
何故、政治話なんだ?
生長の家幹部・村上元国会議員(自民党)が逮捕!!
生長の家の教祖さん左翼。今度のTOPは右翼。
物体は存在しないんですよ。影です。(爆)

258 :名無しさん@1周年:02/10/02 13:48
>>255
40歳まで共産党員だった藤岡信勝(つくる会副会長)は詐欺商法で訴えられました。
週刊朝日
http://www3.asahi.com/opendoors/span/syukan/
摘発「ジー・オーグループ」の広報誌に長期連載、講演も…
「詐欺商法」に利用された!?
東大「有名」教授の不覚

259 :名無しさん@1周年:02/10/03 17:34
質問です。
大川隆法さんの「谷口雅春霊示集」を読んだのですが、これは本物でしょうか?
わたしとしては似ているようにも思えるし…。
わたしは生長の家の信徒ではありませんが祖父母は信徒です。
聞いても「分からん」と言うだけですし、幸福の科学には元生長の家の
講師の方もいて、わたしの知識では判別できません。
信徒の方で詳しい方教えてください。違うならどこが違うか教えてください。
大川さんは谷口先生の霊言を4冊ほど出しているよです。
その4冊は何とか入手しました。家には全部ではありませんが谷口先生の本は
あります。なにか決定的な生前の教えの範疇で間違いがあれば踏ん切りがつくの
ですが…。わたしの持っている谷口先生の本のと同じことを言っているような
感じですし、ひょっとしたら本物?って思わせるような感じで判断できません。
幸福の科学の人に聞いた話では、一時、ある生長の家の支部の
勉強会で霊言集がテキストに使われていたと聞きました。
生長の家の人は大川さんの谷口先生の本をどのように見ているのでしょうか?
このような形で申し訳ありませんがぜひ教えてください。
嘘、インチキならどこかおかしいところがあると思うのですが、生前の教えの
範疇では一致しているような感じです。
たとえば言葉遣いでも、文章の感じでもいいですから違うところがあれば
教えてください。よろしくお願いします。

260 :名無しさん@1周年:02/10/03 21:09
age

261 :名無しさん@1周年:02/10/04 00:00
あげ

262 :名無しさん@1周年:02/10/04 00:13
                                
     ███▀     █████████   
    ███▀ ██  ███▀ ▄███▀        
   ██▀ ▄███▀███▄▄▄███                
 ▄███▄▄██▀ █▀  ▀████                  
 ▀▀▀▀███▄      ▄██▀█▄▄                 
    ██▀ ███   ██▀  ▀███▄▄              
  ▄████▀▀██ ▄█▀▄▄   ▀█████▄▄           
  ▀█▀▀  █▄▄█▀   ████▄  ▀███▀▀▀         
▄   ███ ▀███      ▀▀▀                  
███  ███  ▀▀                           
 ███  ▀        ▀████▄             
  ▀              ▀████ 


263 :名無しさん@1周年:02/10/04 01:12
sage

264 :名無しさん@1周年:02/10/07 00:33
生長の家はアメリカスパイだしね

265 :名無しさん@1周年:02/10/07 12:40
>259
あれは大川隆法の文章力の範囲の文章です。
谷口さんの文章じゃないなと思いました。
文章一つに境地がでる様に思います。

266 :名無しさん@1周年:02/10/07 14:56
http://www2.nkansai.ne.jp/users/tukinoya/oninen01.htm
大正9年9月15日、王仁三郎、五六七殿で講演
王仁三郎、五六七殿(みろくでん)で「弥勒の世に就いて」の講演。役員たちの終末論を批判。
「…世の終わりが近づいたという事は、基督教でも、仏教でも唱えております。それを神さま
が金剛力で支えて居って、其の間に改心させて、一人でも余計に助けたいと御骨折りになって
居ります。
 それも知らずに『それは大正10年頃だ』とか、『11年頃が本当だ』とか『嘘だ』とか言
って騒ぎ廻って居って、『若し大正11年に来なかったならば、我々が先鋒となって大本を叩
き潰して了う』といって居る人等が在るとか言う事で、実に面白いことであります。
 是は全く悪魔に魅せられて居るので、神さまの事が分かるどころか、利己主義の骨頂であり
ます。斯う云う事で、何うして弥勒の世が実現しましょうか。…」

大正11年 浅野和三郎、谷口雅春など、教団をはなれる幹部多い。

267 :名無しさん@1周年:02/10/07 18:14
谷口先生の自伝には大本の終末思想に自分は罪の意識が深く
とても救われがたいと思い悩んで、裁かない愛の神を肯定する
ようになったとありますが、大本では別に終末思想を説いていませんでした。
その時の幹部がお筆先を勝手に解釈して世に広めて、王仁三郎さんが
そんなことを言ってはだめだよと言っても聞かなかったのです。

268 :名無しさん@1周年:02/10/10 19:47
アメリカスパイ必死w

269 :/:02/10/10 20:07
今の生長の家の会員はオバさんばっかだよ。

270 :名無しさん@1周年:02/10/14 14:03
米国に内通した売国奴晒し上げ

271 ::02/10/14 22:24
幸福の科学の本は生長の家ではバカにされてるよ

272 :名無しさん@1周年:02/10/17 17:21
白光真宏会
生長の家講師をしていた五井昌久は、昭和24年“神我一体”を経験し覚者
となる。その後、生長の家を離れて独自に活動。昭和30年、宗教法人化。


273 :名無しさん@1周年:02/10/20 12:36
>>271
大本教では谷口の本はドキュソ本扱いだよ

274 ::02/10/20 16:15
生長の家では大本教は邪教とされてます。

275 :名無しさん@1周年:02/10/20 17:02
○○○○▼○○○○○▼○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○▼▼○○○○○▼○○○○○○○▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼○○
○○▼▼○○○○○▼▼▼▼▼▼○○○○○○○○○○○○○▼▼○○
○▼▼○○▼○○○▼○○○○▼○○○○○○○○○○○○▼▼○○○
○○▼○▼▼○○▼▼▼○○▼▼○○○○○○○○○○○▼▼○○○○
○○○▼▼○○▼▼○▼▼▼▼○○○○○○○○○○○▼▼○○○○○
○○▼▼○○○○○○○▼▼○○○○○○○○○○○▼▼○○○○○○
○○▼○○○▼○○○▼▼▼▼○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○▼▼▼▼▼▼○○▼▼○○▼▼○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○○○▼○○○▼▼○○○○▼▼○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○▼○▼○▼○○○○▼▼○○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○▼○▼○▼○○○○○▼▼○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○▼▼○▼○▼○○○○○○○○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○▼○○▼○○○○▼▼▼○○○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○○○▼○○○○○○▼▼▼○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○○○▼○○○○○○○○▼▼○○○○○○▼▼▼▼○○○○○○○


276 :名無しさん@1周年:02/10/22 18:06
http://qb.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1035275181/

277 :アクエリアン:02/10/27 03:34
本スレの6にどんどん書き込んで下さい。

278 :名無しさん@1周年:02/11/01 07:01
売国奴性チョン晒し上げ

279 :名無しさん@1周年:02/11/05 07:39
部落民売国奴集団晒し上げ

280 :名無しさん@1周年:02/11/05 16:13
生長の家が取るに足らないニセモノである根拠の要点
@日本が勝利する預言の神示を出したのに現実には負けた
A敗戦後に戦時中に出した「日本勝利」の神示をまちがい
だったといって否定する神示を出した


281 ::02/11/05 20:14
↑今の生長の家はこんなこと誰も知らされてないよ、円満完全

282 :名無しさん@1周年:02/11/09 07:34
保全

283 :名無しさん@1周年:02/11/09 16:07
○○○○▼○○○○○▼○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○▼▼○○○○○▼○○○○○○○▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼○○
○○▼▼○○○○○▼▼▼▼▼▼○○○○○○○○○○○○○▼▼○○
○▼▼○○▼○○○▼○○○○▼○○○○○○○○○○○○▼▼○○○
○○▼○▼▼○○▼▼▼○○▼▼○○○○○○○○○○○▼▼○○○○
○○○▼▼○○▼▼○▼▼▼▼○○○○○○○○○○○▼▼○○○○○
○○▼▼○○○○○○○▼▼○○○○○○○○○○○▼▼○○○○○○
○○▼○○○▼○○○▼▼▼▼○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○▼▼▼▼▼▼○○▼▼○○▼▼○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○○○▼○○○▼▼○○○○▼▼○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○▼○▼○▼○○○○▼▼○○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○▼○▼○▼○○○○○▼▼○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○▼▼○▼○▼○○○○○○○○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○▼○○▼○○○○▼▼▼○○○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○○○▼○○○○○○▼▼▼○○○○○○○○○○▼○○○○○○○
○○○○▼○○○○○○○○▼▼○○○○○○▼▼▼▼○○○○○○○





284 :名無しさん@1周年:02/11/13 18:06
生長の家が取るに足らないニセモノである根拠の要点
@生長の家の大神(自称キリストの霊)が神の世界から谷口雅春に預言を出したのに外れた。
A預言が外れたあとでその預言はまちがいだったという神示を生長の家の大神(自称キリストの霊)
が神の世界から谷口雅春に出した。

従って生長の家の信仰にもとづいて物を語ることはバカげている。


285 :名無しさん@1周年:02/11/13 20:14

バカげていると言いながらあちこち書き込むバカ

286 :名無しさん@1周年:02/11/14 13:38
あいかわらず信者は中身のない反論しているな。まったく反論になってないし。

287 :名無しさん@1周年:02/11/15 16:20
ところで今の教祖って肉食わないってほんと?

288 :名無しさん@1周年:02/11/16 02:17
今の”教祖”って言うのは、お菓子いのではないか?

289 :名無しさん@1周年:02/11/16 02:26
和田和夫は、まだ生きてるの?

290 :名無しさん@1周年:02/11/16 02:43
■■谷口家の秘密■■
谷口清超生長の家の末っ子は青年会会長だが、彼の奥さんが統一教会の幹部に
なって、何度も韓国に渡っていたのに2年以上もまったく気が付かなかった。
家族会議でお父様の清超はこう言いました。「今度夫に内緒で韓国に渡って
統一教会の集まりに参加するようなことがあったら離婚させるからな!」



291 :名無しさん@1周年:02/11/16 02:45
>>290
×谷口清超生長の家の末っ子は・・・
○谷口清超生長の家総裁の末っ子は・・・

292 :名無しさん@1周年:02/11/16 12:02
290を書き込んだ人に忠告

個人が特定される書き込みにより誹謗中傷することは犯罪です。
しかも、あなたの書き込みには大変な事実誤認があります。

管理人様へ
ここでの書き込みによって訴訟が起こる可能性が出てきましたので
発言者のログを保存してくださるよう切にお願いします。



293 :名無しさん@1周年:02/11/16 14:09
ホームページ等に開設されている掲示板において、特定の人を誹謗中傷する表現が掲示された場合、
その人が社会から受ける客観的評価が低下させられますから、その掲示行為は名誉毀損となります。
インターネット上では、その表現は全世界の人の目に触れる可能性がありますので、その被害は甚
大であり、速やかな対応が必要です。

こうした場合、あなたは、慰謝料やブライバシー侵害によって被った被害など一切の損害について
相手に対し賠償請求をできる場合があります

294 :名無しさん@1周年:02/11/18 21:15
性チョン必死w

295 :名無しさん@1周年:02/11/21 06:02
>>293=読売生長信者
朝日から賠償請求されろw

296 :名無しさん@1周年:02/11/21 22:29
>>250
平沼赳夫が『報道2001』内で生長の家谷口雅春本を推薦の不見識行為
平沼大臣のホームページ見たこと無いのね。


297 :名無しさん@1周年:02/11/25 20:50
「噂の真相」十二月号一行情報

平沼経済産業大臣に先物取引会社Cの営業停止処分の解除で口利きの説

298 :名無しさん@1周年:02/11/27 07:13
読売=生長は2ちゃん上での言われない誹謗中傷を止めたら?w

299 :名無しさん@1周年:02/12/05 06:44
Sage





300 :名無しさん@1周年:02/12/05 07:11
ラッキー2ch

301 :名無しさん@1周年:02/12/07 16:38
読売=生長の家

302 :名無しさん@1周年:02/12/07 20:34
sage

303 :名無しさん@1周年:02/12/16 21:52
ゴミウリ新聞は生長の家の機関紙です

304 : :02/12/21 16:49
sankeiでは?
読売は統一では

305 :名無しさん@1周年:02/12/23 02:09
練成会ってまだやってんのー

あれつらいんだよね

306 :ギャグの帝王谷口雅春:02/12/23 22:35
日本が戦争に負けた理由には色々ありますが
其のなかには工場の職工が月給が少ないと云ってブツブツ心に不平を思いながら製品をつくったことです。
そういう不平な心でつくった飛行機は、たいてい、現地まで行くとガタガタになっていました。
また、せっかく空中高く上がったかと思うと空中分解(そらのうえでくだける)して
乗っている兵たいもろとも海中につっこんだりしました。
(『新版 生活読本』90-91頁)

東京裁判でわかったところによりますと
山本五十六元元帥でさえも「負ける」と思い「負ける」とコトバで言っていたそうです。
そして、日本人全体は「海行かば水づく屍、山ゆかば草むすかばね」
(海へ往ったら日本軍は負けて土左衛門になる、山で戦争したら死んで屍には草が生える)と云っていました。
そして、そのコトバを音楽と共に合唱して感情の底深く思っていたのです。
何と云うこれまでの日本人は愚かなことだったでしょう。
コトバは万物をつくる。国を潰すのも国を起すのも皆、人間の「思い」と「コトバ」の力です。
今まで、国をつぶして来た日本人は早く目を覚まして
国を平和におこし、国民を生かす「思い」と「言葉」をつかわねばなりません。
(同18頁)

307 :名無しさん@1周年:02/12/24 10:20
seityouの家は、言葉を理解していないんです。
言葉がたいせつなのは、神の言葉が大切なんでね。
何でもかんでも、言葉が大切と言うんじゃないんですよ。
悪魔の言葉を、信じる必要もない。
言葉に責任があるのでなくて、その背後の思想なんだね。
言葉狩りが、あるのは、生長のいえのせいじゃないのかなあ?
池田内閣も、天皇を政治利用してたし、担がれるものは危険だ、無くしても
良いんじゃない。

308 :名無しさん@1周年:02/12/24 13:09
307は言葉を理解してないんです。読解力の不足です。

>何でもかんでも、言葉が大切と言うんじゃないんですよ。

こんなことどこにも書いてありません。使い方の問題です。

309 :名無しさん@1周年:02/12/24 13:10
↓ここのチャットで今すぐおしゃべりしましょ
http://c2.cgiboy.com/ryokyo/

310 :名無しさん@1周年:02/12/25 13:54
307さん 書いていますよ。
何十年も、読んでますから。
愛行なんて、言葉をつかって読むことを押しつけられていますよ。
これも、言葉の力なんでしょうか?

311 :名無しさん@1周年:02/12/25 14:46
生超の家氏ね。


312 :名無しさん@1周年:03/01/02 09:49
生長の家って、海外会員が100万人もいるのかぁ!

すごいな!

313 :,:03/01/02 21:23
国内はおばさん会員ばっかですよ

314 :名無しさん@1周年:03/01/04 11:10
>>304
読売=生長と産経の見分け方はゆとり教育に対する姿勢

315 :テスト¥:03/01/30 19:39
これはテストです¶

316 :名無しさん@3周年:03/02/04 15:47



317 :名無しさん@5周年:03/03/05 23:19
この前、生長の家の誌友会?行って来た。“心”の話かと思いきや、な〜んかタダの右翼の
会合だった様な感じ。昔の話ばっか・・・。「昔の日本人は国のために戦った。エライ!」
だとか、「天皇様並びに皇族の皆様は国民の幸せを祈ってくれてる」だとか・・・。「万世
一系の天皇様」云々。。。もう嘘はウンザリだし、北チョンなみだった(笑)一昔前に流行
っては消えた“歴史教科書を変える会”みたいだった。天皇陛下が国民のために・・・だって?
こんだけ不況不況の世の中、国民はひもじい思いをし、政府はどんどん税金をつり上げようとし
てる。役所へ行けば働いとらんコームイン(税金ドロボー)もまだ居てる。この国はもぉダメだ。
戦前よろしく昔の人みたく国を守る?コームインの仕事だろ・・・?「先の(いつの?)戦争は軍部
が勝手に突っ走っただけで、昭和天皇様に戦争責任はない」?。。。大日本テーコク憲法では天皇
に主権が存在したと学校で習ったゾ。だったらオウムの麻原尊師にも地下鉄サリンの責任はないって
ことだな。だって直接やってないんだもの。なんかカビ臭ぇ〜。もお行くのや〜めた。


318 :なんでだろ3号:03/03/06 01:20
わかるわかる。「教育基本法見直して、教育勅語を復活させろ」とかな(笑い)。
今最近話題になってる「国を愛する心の育成」に彼らも喜んでんじゃねーの。
んなモン持ってもエスタブリッシュメントだけが喜ぶ、
つーか、エスタブリッシュメントだけが美味しい思いするだけだぜ。
国を愛する心?自分や恋人や家族までは愛せても国を愛するのは役所の人間だけだ
ろ(大爆笑)。教育勅語なんか内容難しすぎて、反対にまた落ちこぼれ作るだけだ
っつーの(怒)。また、この国のことだから教育勅語の先は・・・軍人勅諭となり、
王政復古になるだろ。そぉなりゃ戦時中「軍の進むところ勝利の経綸が回る」なん
て言って、戦後は手のひらを返したように「戦争はいけない。世界大調和」と
コロコロ考えが変わり、また王政にすり寄る日和見宗教もどぉなるのだろーね

319 :名無しさん@3周年:03/03/06 20:48
生長も終わりだね

320 :名無しさん@3周年:03/03/06 23:27
おもしろいお話だねぇ
哲学?


321 :名無しさん@3周年:03/03/07 04:50
教義が単純だから、扱いやすくて楽だと思う。
いっそ国教にしてしまえばいいのに。
実相円満、感謝感謝。

322 :なんでだろ3号:03/03/07 17:38
昔、スーパー八百半の和田会長や、そのお袋さん(おしんのモデルらしい・・・)を
売りにしてたけど、あの人たちはどこにいったの。。。?

323 :名無しさん@3周年:03/03/07 22:39
こんなことしてます。まあ退き際が潔かったから再起もできるわけで。
http://www.wadakazuo.com/

>321
「扱いやすくて楽」というのは信者のことですよね?
そういう意味なら同意。私が社長なら喜んで採用する。但しノンキャリに限るが。

324 :名無しさん@3周年:03/03/09 23:38
あのぉ〜
講習会にいったら前方に陣取ってすわってる
じいさまやばあさまは講義の最中に居眠りしてるんですがぁ〜

まぁ寝るのは自由だけど先生がおっしゃたことは理解できてるのでしゅかぁ〜?

結構内容はむずかしいので、
集中してないとすぐにわからなくなると思うのれすけど・・・


153 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)