5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆早期教育の弊害と効用☆★

1 :名無しの心子知らず:02/05/28 13:51 ID:SBPis+wo
早期教育の弊害と効用について
短所・長所と語り合いましょう。

シュタイナー・公文式・ビッテ式(カホ)・モンテッソリー・七田式
DWE・幼児教室・早期英語教室まで全般。

2 :名無しの心子知らず:02/05/28 13:52 ID:iyFNnIDp
2

3 :名無しの心子知らず:02/05/28 13:53 ID:pYsGXzui
3、ゲット!

4 :名無しの心子知らず:02/05/28 13:56 ID:vSzaAxwB
「早期教育に励むママって世間の風潮に流され易い
よね」をたてた1です。「早期教育の弊害と効用
」を採用していただいたんですね、ありがとう

5 :1:02/05/28 14:01 ID:SBPis+wo
>>4
いえいえ、どういたしまして。3つの原案のうち
2番目を利用させてもらいました。
いいスレになったらいいね。
買い物行ってから、また来まーす。

6 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:01 ID:gU9NIwaA
「早期教育に励むママって世間の風潮に流され易いよね」はコチラ☆

http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1019930412/

7 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:03 ID:ygsjuRLu
さかきばら少年は早期教育やっていたのかなー・・・。

8 ::02/05/28 14:10 ID:SBPis+wo
しまった。
たしか、しまじも中央教育審議会では早期教育
になるって誰かが前、書いてくれていたような・・・。
1に入れるの忘れてました。どうぞ、しまじろうまで
含めて語ってください。

9 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:16 ID:JbGMCLh3
スレ立て、お疲れさまー >1

しかし、1さん、シュタイナーじゃなくてシュナイターですよ。
前スレでも何度か発言されてましたよね。そのたびに指摘しよう
と思って忘れてました。1さんがスレ立てるのなら、早く突っ込
んどけばよかったと、後悔中。ま、細かいことはいっか。

10 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:19 ID:ilD7qNHP
こどもちゃれんじbabyも出来るしね>1

11 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:20 ID:9LZLu5Ct
えっ?シュタイナーじゃないの?

12 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:25 ID:gU9NIwaA
>9
えっ!!(私もシュタイナーだと思ってたので)
検索してみました。

すると、どっちもあるんだ、幼児教育の分野で。
シュタイナー vs シュナイター
ど・どっちが正解なの???

13 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:31 ID:XEOzUVWm
Rudolf Steiner
シュタイナーが正解。

14 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:57 ID:Zn9CWyRa
>7
彼の母方の実家は病院だってさ。
つまりジーちゃんは石。
早期教育は知りませんが。

15 :名無しの心子知らず:02/05/28 14:59 ID:Zn9CWyRa
あ。ごめんあげときます。

16 :名無しの心子知らず:02/05/28 15:16 ID:shritvot
1さん、お疲れ様!
シュナイター・・・初めて聞いたゾ


17 :名無しの心子知らず:02/05/28 15:16 ID:NtMkFXkJ
早期教育は知らないけど、小学校入ったときには盆も正月も
塾に通い詰めだった親戚の男、絵に描いたように大学浪人を
繰り返し、米国に留学した後、30代重症ヒキになっちゃった。

18 :17:02/05/28 15:19 ID:NtMkFXkJ
この男性は、「母親の愛情不足」と訴えてます。
幼児期の写真はどれを見ても眉間に皺が入っているらしく
(私の記憶でも眉間に皺のない彼はいない)、その写真を
持ち出してきて母親に毒づくらしい。お子さんの笑顔は心
の健康のバロメータだね。

19 :名無しの心子知らず:02/05/28 15:53 ID:ygsjuRLu
>17
その人当時親のいうこと聞く良い子だったのですか?


20 :17:02/05/28 16:01 ID:JsTEwpbm
>19
お兄さんが赤ちゃんの頃からかわいい子で、母親デレデレ
だったんで、ヒガんでたみたい。自分からおとなしくして
たんじゃないかな。塾漬けになったのは、父親の方針。

お兄ちゃんは悪戯っ子、弟は糞真面目って印象でした。
母親の方は、素直に塾に行くから本人は喜んでいると思っ
てせっせと通わせたらしい。でも、素直に行ってた理由は
単に親に振り向いて欲しいからだけだったみたい。

21 :19:02/05/28 16:09 ID:ygsjuRLu
>17
ありがとう。いろいろ参考になるな〜・・・。
塾せっせと通っていた頃は優秀だったんでしょう?
どこから後ろ向きになったのですか?


22 :名無しの心子知らず:02/05/28 16:18 ID:N4fpcZN3
早期教育とはちょと違うかもしれませんが
ベビーサイン、実際に使ってる、使ってた
ひとっていらっしゃいますか?
興味があって本を買ったのですが、なにぶん
日本での実例を見たことが無いもので

23 :17:02/05/28 16:22 ID:JsTEwpbm
>21
幼稚園の頃は近所に住んでたんだけど、その後遠方に
引っ越しちゃったので、塾通いは噂で聞いただけなの。
だから、詳しくは知りません。ごめんね。

最近、また近くに住むようになったので、ヒキ情報は
こまめに入ってきます。でも、マジ怖いので、あまり
顔を合わせないようにしてます。一時、相談されて仲
を取り持ったりしているうちの親が殺されたらどうし
ようと真剣に心配してたぐらい。こう書くと、冷たい
な、私(鬱

24 :名無しの心子知らず:02/05/28 16:34 ID:N4fpcZN3
17さんの読んで思い出した・・・
従兄弟の男三兄弟、塾と家庭教師と
勉強漬け、その成果でかT大とW稲田
に進学(上二人がT大)
そして兄は在学中自殺、今現在中の弟は
ヒキ(自称小説家)下の弟は放浪のフリーター
彼が一番イイやつだが、○×家の寅さん
と呼ばれている・・・
何が原因でかはわからんが、昔あれほど
息子自慢で私ら兄弟を馬鹿にしくさってくれ
たオバちゃんがめっきり老けたのが痛々しい
お兄ちゃん達元気?ってのも禁句らしい
昔は聞かなきゃ機嫌わるかったのに


25 :名無しの心子知らず:02/05/28 17:39 ID:pj4BlJPJ
>22
あれこそ愚の骨頂だよね。
子供の様子や表情から気持ちを汲み取れるのが普通だと思うんだけどね・・・

26 :名無しの心子知らず:02/05/28 18:31 ID:BsRaJGVo
>>25
私はそうは思わない。
確かに25が言うように様子や表情から汲み取ることもできるが、それが果たして
子供が訴えたいことの何%汲み取ってやっているか・・・・。
夜中に子供が泣き叫んで、ミルクもオムツも問題ないのにどうして泣くの?
っていう事があるじゃない。25も同じような経験があると思うんだ。
親は分からなくても、子供は何かしらのサインを出しているかもしれない。
もし、そのサインを理解してあげられたら子供も安心すると思うんだよね。
まぁ、様子や表情見ただけで全部分かりますっていうなら、愚の骨頂って
も構わないけどさ。ちょっと言い過ぎじゃない?

ちなみに私は22じゃありません。


27 :名無しの心子知らず:02/05/28 20:04 ID:rc91HVq8
抱っこ法は宗教っぽくて嫌だ。・・・と思った覚えが。

28 :名無しの心子知らず:02/05/28 20:17 ID:BsRaJGVo
>>27
詳しい情報キボンヌ!
なんか興味を湧かせるネーミングだなぁ。 → 抱っこ法


29 :名無しの心子知らず:02/05/28 20:37 ID:TtHB7v2o
>>24
そういう人いるね・・
自慢の種の時は、用もないのに頻繁に電話してきてまで
「子供がいかに出来が良いか」を語りまくってさ。
例え他の人と関係ナイ話をしていても首を突っ込んできて
強引に子供の学校の話に持っていく。

しかしチョト踏み外したら盆・正月の親戚の集まりすら顔出さない。
電話なんて皆無になった。(大学中退して就職せずヒキ状態)

鼻高々の時は「色々相談したくて。」とウルサく纏わりついてきてたのにね。
ただ単に自慢したいだけだったのが良く解った。

30 :名無しの心子知らず:02/05/28 20:49 ID:IyZDRcyp
>>28
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%8A%B1%E3%81%A3%E3%81%93%E6%B3%95&ie=UTF8&oe=UTF8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

・・・宗教くさー

31 :名無しの心子知らず:02/05/28 21:12 ID:BsRaJGVo
>>30
ありがと〜。
読んだ読んだ。なんか私が>>26でカキコしたような事が書いてあるね。
どうやら抱っこ法と同じような考えなので、>>27>>30がいう宗教臭いとは
まったく感じなかったよ・・・・・・ハハハハ。(感覚ズレてるね、私)


32 :名無しの心子知らず:02/05/28 21:19 ID:D2V26dyI
>>31
抱っこ法の話、ついでに自閉症スレより転載。(印象深かったので…)

>介助者、(援助者さん、だったかな?)ってのがいて、
>泣き叫ぶ子供をみんなで押さえつけて
>抱っこするんです。子供は怖いのか自由になりたいのか、
>ずっと泣きつづけるんですけど、泣いたら泣いたで、援助者さん、
>なんて言うと思います?

>「そうか、そうかあ〜、お母さんがいつも、障害を持ってるあなたを
>悲しく思ってるから、それを感じ取って泣いてるんだねえ〜、
>お母さん、安心そていいよ。この子は今、(ボク、こんなに
>大事に思ってくれるママが大好きだよ。だから悲しまないで。
>障害を持っててもボクはボク。こんな僕の事、ずっと好きでいてくれる?)
>って言って泣いてるんだよ〜、ほ〜ら、もう大丈夫だからねえ〜
>お母さんに君の気持ちを伝えたからねえ〜」

>・・・・だってさ。怖くてもう行ってない。
>某ルナ君と同じニオイがするよ。

健常の子供とはケースが違うかもしれないけど、ちょーっとあやしげ…かも…

33 :26:02/05/28 21:41 ID:BsRaJGVo
>>32
なるほど。
確かに抱っこ法を具現化しようとすると、>>32のようなケースもでてくるだろうなぁ。
相手の言葉が無いために、無理やりこじつけて理解していると思い込む落とし穴にハマリやすそうだわ。
そういう意味では宗教くさいねぇ、納得。
サイトの紹介文だけ読んでいるとカウンセラーの技術に近いので別に気にしてなかったんだけど。
多分抱っこ法をやる人間によって体現の仕方がだいぶ違うんだろうなぁ。
宗教の信者がピンキリなのと同じで。

抱っこ法ネタは終了ということで。
もう寝ます、おやすみ〜。


34 :名無しの心子知らず:02/05/28 22:27 ID:668q0iAE
見かけ上、対立関係にあるものについてどちらを選ぶか悩む人いないかしら?
               例示
「眠った子を起こすな」のシュタイナー⇔「才能を起こせ!」の公文や家保等
「ベタベタ抱っこしれ」のシアーズ博士⇔「規則正しい生活」のカリスマベビーシッター
信者は揺らがないのかな。私は揺らぎつつどちらかといえば両方とも前者を支持。

35 :名無しの心子知らず:02/05/29 00:08 ID:4eW/4iRP
公文の幼児教室なんかも早期なの?そんな大層な事して無い気がするけど。
よほど「めばえ」教室の方が早期教育っぽいよ。

36 :名無しの心子知らず:02/05/29 02:24 ID:RY6ZBjjl
大層な事してないなら、する価値なし。
まぁ、「大したことしないからぁ〜」というのが、
早期教育傾倒者の言い訳でもあるが。

37 :名無しの心子知らず:02/05/29 03:52 ID:SLjHl3Rx
>34
矢印のどっち側も、振れすぎるとヤバイ匂いがする。
てゆうかどの方向へでも過ぎたるは及ばざるがごとし…って当たり前か。

38 :名無しの心子知らず:02/05/29 06:04 ID:aAblZWJt
NEWSWEEK「0歳からの教育」の雑誌から何かヒントありましたか?
普通に愛情持って育てるのが一番無難だと思ったんだけど。

39 :名無しの心子知らず:02/05/29 07:53 ID:HkiZhk3B
伸芽会ってどうなの?
タンバリン持ったおばちゃんが、小さな子達を罵倒しているんだろうか?

40 :名無しの心子知らず:02/05/29 08:16 ID:HfiQGBxt
>>34
>「ベタベタ抱っこしれ」のシアーズ博士⇔「規則正しい生活」のカリスマベビーシッター

え・・・?
「抱っこしてよし」と「泣きっぱなしでよし」、どっちも利点はあると認めるけど、

「泣くのは要求してるということだから、泣いたときだけ抱いてなだめる」
というのが、トレイシーの手法じゃなかった?

41 :名無しの心子知らず:02/05/29 09:27 ID:+/J/P/gg
公文で2、3歳から国語や算数やってるのは早期教育だと思ったけど・・・
教室に通うだけじゃなく予習、復習もやってて、2、3歳の子がひらがなを書けるようになるのが
そんなに重要なのかなあ、と友人の子を見ていて思った。
幼稚園に行けば手紙の交換等やりたさにで子供が自分で必死に覚えるってよく聞くけど。

42 :名無しの心子知らず:02/05/29 09:32 ID:j1dlIDNb
2歳になっても喋らないって男の子のお母さんが、それを心配して
息子さんを公文に行かせてました。小梨時代、それを聞いたとき、
「喋れないからなんて、言い訳でしょ(w この教育ママ」と思った。
その後、子蟻になって、もし喋れないのが障害系だったら、公文とか
も効果的であることを知り、「あんな感想を持って、悪かったかな」
と感じました。でも、やっぱり今、改めて「別の方法があったんじゃ
ない?」と思ってしまう。あれは心からの親心? それとも教育ママ?
どう思います?

43 :名無しの心子知らず:02/05/29 12:36 ID:9mVcR49f
>>42
どうなんだろうね、私の子供も話すの遅かったから少しでも何とかしたいっていう
お母さんの気持ち、ちょっと分かるな。
そのお母さん、たまたま得た情報が公文だけだったのかもしれないし、他にも考え
ていたが、公文しかまわりになかったって事も考えられるしね。
教育ママとは言えないんじゃない。

どうも同じ境遇だからか、そのお母さんに同情してしまう・・・・・・すまん。


44 :名無しの心子知らず:02/05/29 12:58 ID:j1dlIDNb
>43
やっぱ、そうですね。人の事情はわかりませんものね。
何となくそんな予感もあったので、「もしかして教育ママ?」って
思ったことを他人に喋ったのは、今朝のレスが初めてです。軽率に
共通の知人とかに噂話したりしなかったことに、今、ちょっと胸を
なでおろしてます。

45 :名無しの心子知らず:02/05/29 17:25 ID:RDN5E2++
「教育ママ」ていう単語なんだけど
どういう意味で使ってるの? >みんな

悪い意味なの?
なんで?



46 :名無しの心子知らず:02/05/29 21:27 ID:mbTSlsCV
「教育ママ」って言葉、イメージ的にマンガに登場してくる
メガネかけた「ざーます」言葉のおっかない母親像を連想しちゃう。
「○子さん、次はピアノ、その次は塾ですよ」みたいな・・・。
そういうイメージ強すぎていい印象はないねぇ。

47 :名無しの心子知らず:02/05/29 21:29 ID:CYEr2Rqx
>40
いつでもどこでも抱っこしまくりオッケー、添い寝万歳の
シアーズ博士マンセーが
「添い寝という悪習を身につけたら、一人で眠れない子に
なるし自立の妨げになる」というトレーシーの説を読むと
少し欝。

48 :名無しの心子知らず:02/05/29 21:31 ID:W4dGXf7F
子どもを放任してドキュソにするよりましかな、
と最近思ってしまう

49 :名無しの心子知らず:02/05/29 21:37 ID:+wNsaMFx
早期教育するってことは、本来するべき時期のことをすっ飛ばしちゃう
んでしょ?早く早く進めていって行き着く先はなんなのか?元に戻っちゃ
うんなら意味ないよね。

なんでその時期に身に付けさせるべきことを大切にしないかなあ。

50 :名無しの心子知らず:02/05/29 21:53 ID:1KV3ubBs
別に教育ママでもなくドキュンでもなく、ぼーっとしている親いるよね。


51 :名無しの心子知らず:02/05/29 22:17 ID:kcf2iyBF
家の近所に「ウノー七田」系 早期教育ママがいる。
娘は2歳。お受験対策。
百歩譲って、七田のお勉強が子供にとって
有意義なものであるとしても、お教室で勧められた
「なんとか水」や「なんとかサプリメント」では
頭は良くならないと思われ。
お教室の掛け持ちで忙しくて、夕めし作る暇ないので
てんやモノとサプリメント、食べさせているそうだ。



52 :名無しの心子知らず:02/05/29 22:20 ID:kcf2iyBF
その教育ママは高校も卒業したんだか怪しい状態。
パパも同様、ガテン系職業で 夕めし代りのビールとつまみを
立て膝たててナイター中継見ながら食べてる家庭。
このような家庭にはお約束のDVあり。

思うに、七田に限らず各種早期教育は商売とはいえ、すべてが
効果ないわけではない。(インチキくさいのもあるだろうが)
お教室の建前通りに成長していけばそれなりの成果はあると思う。
問題は「子供がもっとも長い時間過ごす」家庭環境。

親の教養(学歴じゃないよ)の程度によって同じ早期教育でも
効果があるか、弊害がでるか、なんでしょーね。
この家の子なんて、早期教育することによって、ろくなメシ食べさせて
もらえない、という弊害。
お教室にお金かかるから食費は削っているそうだ。
節約しなくちゃいけないのにてんやモノ。 ホンマツテントー。
ああ、低教養の親って、理解を超える。。。。
子供もDQSスパイラルからは簡単には抜け出せないね。



53 :名無しの心子知らず:02/05/29 22:43 ID:W9QYS2lb
>>52
その家、思い通りに優秀な子にならなかった場合
崩壊しそうだね・・

54 :名無しの心子知らず:02/05/29 23:15 ID:qcK3YDdt
>51 それも本末転倒だね。七田のすすめてる脳に良いといわれている
「レシチン」も粉末みたいだけど外国製であやしげ。
レシチンなんて納豆食べてれば自然に摂れると思うけどさ。

55 :名無しの心子知らず:02/05/29 23:37 ID:o0+f7BWM
七田ってかなり短絡的なんだよね。
妊娠中にうっかり読んでしまった本にも
「妊婦は牛乳を飲んではいけません、情緒不安定な子供になります。
フッ素入り歯磨き粉を使ってはいけません、精神薄弱児になります。
精白した米やパンを食べてはいけません・・・・云々」と羅列。
「えー!?散々飲み食いしたぞー!」と焦った焦った。
で、次のページには
「妊婦はストレスに注意しなければいけません、胎児に非常に悪影響です」
って、あんたがその元凶だっつーの。
逆にレシチンや黒鉄紛(だったかな?)はガンガン勧めてる。
七田に通ってる子は七田の実験用モルモットだね。

56 :名無しの心子知らず:02/05/30 02:45 ID:+tF4mZKe
モンテッソーリも早期教育に入るの?
最近相良敦子のモンテ関係著書を数冊読んで
一理あるかも、と思う反面、少年犯罪とか学級崩壊とか
なんでもかんでも「モンテにさえ出会っていれば
こんなことには云々」っていう流れがウザかった。


57 :名無しの心子知らず:02/05/30 06:24 ID:OwFANP0H
>46
そして子供はへたれ

58 :名無しの心子知らず:02/05/30 08:06 ID:W+3X7mCT
>>52
児相介入レベルではないけど、世の中に親に虐げられている子どもの
多さに涙がでるよ。
生き延びてくれ。

59 :名無しの心子知らず:02/05/30 10:56 ID:PGB52KZV
>>53
友人によく似たのを見たことあり。一人産んで掛ける家庭で、
毎日2才の頃から子供は塾だのお稽古ごとに通いつめ。
「夕食は家族団らん」が教育の原点とか聞いたらしく父親が
帰ってきてから食事をするので毎晩11時前後の夕食。
そんな感じなので2歳時点で夜の睡眠時間は6時間程度という
ハードスケジュール。当時聞いた話なのであてにはならないけど、
幼稚園の頃は月20万は子供にかけていたらしい。
旦那が遅いのは教育費&衣装もろもろ稼ぐために仕事を掛け持ちのため。
すべては小学校受験のためだったけど見事に落ちた。
それ以来奥さんはフルタイムで働きに出て子供は鍵っ子に。
車は高級外車になり生活は切り詰め状態から豪華派手になった。
しかし、ブランド物を着ていた子供は小学受験失敗した後は
リサイクルショップで買ったような服とか、特価品ばかりになった。
「うちの娘」から「うちの馬鹿娘」と母親は呼ぶ。かわいそうで
見ていられない。

60 :名無しの心子知らず:02/05/30 11:07 ID:1GCa/+RO
「早期教育を施したが、親の思惑通りにならなかった場合」
の弊害だね。
早期教育を行うには、ある程度親もそのリスクを理解してる人でないと。
中でも低学歴親・又はずっとトップにいた親は
「かけたお金と時間に見合った結果が出ないかもしれない」
という可能性を考えもしない。

特に低学歴親は、「機会さえ与えればできるはず」と
考えてる人が多いように思う。(現実を知らないから)

思い通りの結果が得られなかったことで
子供本人より先に親が壊れるのは悲惨。


61 :名無しの心子知らず:02/05/30 13:25 ID:YLaPB0x8
>59
幼稚園や小学校受験なんて水物だし、親の受験って言われてるの知らないのかね。
落ちた最大要因は親でしょう。
それにしても6歳にして既に「子育ての結果」を結論付けてしまってるなんて何考えてるんだろ。



62 :名無しの心子知らず:02/05/30 13:30 ID:OMK5iG/9
>特に低学歴親は、「機会さえ与えればできるはず」と
>考えてる人が多いように思う。(現実を知らないから)

激しく激しく同意〜〜!!

そういう親ってさ、つまり
「私だって機会を与えられさえすれば、当然、できたはず
なんだけど、機会を与えてもらえなかっただけ」って
固く固く信じているんだよねぇ。


63 :名無しの心子知らず:02/05/30 15:08 ID:2rRgzWth
>>62
> 「私だって機会を与えられさえすれば、当然、できたはず
> なんだけど、機会を与えてもらえなかっただけ」って
> 固く固く信じているんだよねぇ。

そうかなぁ?
ただ単に [短絡的な考え] ・ [短期的な結果] しか頭にないんだと思うな。


64 :名無しの心子知らず:02/05/30 15:11 ID:2K3pQSDx
上の子が早期教育で英会話に行っている。
でも、下の子が1才半過ぎても言葉を喋らない。

こういうご家庭を見ていると、うん、
早期教育も考え物だなと思う。
そこんち、しまじろうもやっていたよ。
うち、しまじろうさえ、違和感を覚えていたけど
やらせなくてよかったとちょっと思う。
躾の3才、知恵の6才、うちはこれでいいや。


65 :名無しの心子知らず:02/05/30 17:10 ID:wlz7EYkk
シュタイナーやしまじろうも早期教育なの?なんだこのスレ。
結局バカばっかりじゃないかっ

シュタイナーは反早期教育。
しまじろうは、毎月、いろいろ送られてくるだけ。
このスレの人って市販のビデオも絵本もオモチャも買い与えてないの
かしら。知育オモチャとか、よく売ってるし、みんな持ってる。
このスレの定義だと、それも早期教育になってしまうんじゃない?

早期教育っていうのは、年齢以上に早い教育って事でしょ?
なにも教育しないのは、無教育って言うんだよ。
やっぱり2chにやってる親って感じね。←自分自身もね

66 :名無しの心子知らず:02/05/30 17:29 ID:8Svxwbef
>65
「小さな子供に偏ったものを押し付ける」ってことで、
シュタイナーも入れたんじゃないの? 実際、七田やカホ
に没頭してて(なんでか知らんが)シュタイナーにはまっ
ていく親って多いし、シュタイナーって、取り入れ方に
よってはエラク偏っちゃって弊害出そうなこともあるよね。

それに、スレタイは「弊害と効用」だから、ここに話題に上
がったからってダメつってるわけじゃないと思うけど。

ま、後半は屁理屈のような気もするけど、このスレの話題
にシュタイナーが入ってるのは、私は何となくわかるなぁ。

でも、しまじろうは、確かに早期教育の話題に出てくるの
はちょっと変かも。

67 :名無しの心子知らず:02/05/30 17:36 ID:VFO6HML3
私も66さんと同じ理由でシュタイナーは早期教育に入ると思う。
しまじろうは、申し込みをした親が早期教育の一種だと思っていれば
早期教育だろうし、おもちゃが送られてくるだけなのよ〜〜って
思っているなら、そうなんじゃない?


68 :名無しの心子知らず:02/05/30 17:36 ID:i16Q8cjC
うちは何となくTVは見たい番組を見る時以外は消しているんだけど
今日幼稚園児の娘が「幼稚園でみんながアンパンマンごっこしてた。
私はアンパンマンごっこ嫌いだから見てた」と。
「今度テレビでアンパンマンやってるから見てみる?」と聞いたら
嬉しそうに「うん!何チャンネルでやってるの?」
「4」「え!?うちに4チャンネルあるの!?」と大喜び。

見せてなかったわけではないんだけど・・・・
その時間TVを見てるとしたら教育テレビだっただけ。

やっぱりTVを見せないと寂しい思いをするのかなあ・・。

早期教育とは微妙にスレ違いなのでsage。

69 :名無しの心子知らず:02/05/30 17:49 ID:p3InVeC+
>>65
日本ではシュタイナーも早期教育的な
位置づけですね。小学受験履歴書の
箔をつけるためにシュタを取り入れた
幼稚園に入れさせる親がいるみたいですから。

また「教育に熱心な親」という箔をつけるために
シュタとかその手の幼稚園に子を通わせる親が
消えない限り早期教育の兼ね合いになるでしょうね。



70 :名無しの心子知らず:02/05/30 17:58 ID:0XlWphhq
今晩の渡る世間は鬼ばかりでえなりかずきが東大を目指すそうな。
あそこは早期教育無縁だったろうに・・・
ドラマの話とはいえ藁た

71 :64:02/05/30 18:21 ID:2K3pQSDx
いや、私はオモチャもビデオも絵本も買い与えるなり
借りるなりしていますよ。
上の方でしまじろうが早期教育の内かも、とあったので
書いてみただけで。
決められたものを与えるのが嫌なだけ。
で、わざわざ、例えば交通安全ビデオ等を見せなくても
親が教えればいいことだと思っています。
なにも無教育ってことではないです。

まー、情報を鵜呑みにしてそれも早期教育と
レスした私がDQNでした。
確かにこんなことしているひまがあるなら
子育てしてろよ、ですね。

72 :名無しの心子知らず:02/05/30 19:24 ID:iJQ8X2GH
最近の手遊びってテレビ物多いよね。
公共団体の主宰している親子で遊ぶ会みたいなのに行ったら、ウルトラマンや
アンパンマンの手遊びばっかだった。テレビあんまり見ないうちの子は完全に取り
残されてたよ。でもだからってそのためにテレビみるのも考えちゃうなー。
ってスレ違いだったらスマソ。

73 :名無しの心子知らず:02/05/30 20:53 ID:qf4wV8cV

しまじろって、1歳からスタートだったけど、今度新しく生後
6カ月からのが出来るんだってね。

ヤマハとかも、本当は
教育的には4〜5歳の幼児科からで充分なのは、ヤマハ
自身分かってる癖に、親からのニーズがあるから、1歳児
音楽と楽しむコースとか作っている。こんなのはっきり言う
と、自宅で母親とやったり、児童館でみんなで唱う位で充
分だと思うんだが、それすら出来ない煮詰まった母親が多
いってことだろうな。それと別に歌うのニガテ母親や、子供
に積極性をってのもアリだろうが。

ほっぺんとかだって、年齢があがると、文字・数メインだし、
子供の自発的興味またずに無理矢理そういうのやらすの
は、早期教育だとおもう。

シュタ・モンテも早期教育には同感

74 :名無しの心子知らず:02/05/30 22:51 ID:6gf+UgX+
>65
すっごい感じ悪〜い。
教育しないのは無教育だってさ。
ばかはおめーだよ。
子供の教育についてきちんと考えてる人は
プライオリティも考えてるんだよ
お勉強よりも、まずしつけなんだよ!
だからといって、全然何もしてないわけじゃないんだよ!
バランスがいいの!教養ある人は。


75 :名無しの心子知らず:02/05/30 23:00 ID:uFWmHFje
>74
2chやってるくせにプライオリティだって(w
ほらほら、他に色々とやることがあるでしょ。
あなたに教養があるとは思えない。
わたしは大バカだけどね。

76 :名無しの心子知らず:02/05/30 23:07 ID:6gf+UgX+
>75
大ばかなのか。かわいそうにね。



77 :名無しの心子知らず:02/05/30 23:08 ID:uFWmHFje
>すっごい感じ悪〜い。

と書くのが感じ悪いゾ!

78 :名無しの心子知らず:02/05/30 23:10 ID:6gf+UgX+
>77
ごめんね。

79 :75,77:02/05/30 23:10 ID:uFWmHFje
>76も可哀想!

80 :名無しの心子知らず:02/05/30 23:30 ID:uVIKp4d3
まぁまぁ、落ち着いてよ。
>65は
>このスレの定義だと、それも早期教育になってしまうんじゃない?
って仮定して、無教育と書いたと思う。


81 :名無しの心子知らず:02/05/31 00:19 ID:POPJhW9n
>>80
うん、激しく同意。
65は口は悪いけど認識は間違ってない。っていうか65に同意。
ここにいる奴らはイチイチ他人に判断を仰がなければ分からんのか?
そういうのが前スレの 『流されやすいよね(w』 ってことなんだよ。
それに74がかなりお馬鹿な発言してイタタタタ・・・・。
オマエ(74)が感じワリィんだよ、このクソボケェ!!

74は速攻で氏ね。


82 :名無しの心子知らず:02/05/31 08:25 ID:Z4a1kuIf
このスレで低学歴の親ほど早期教育に云々、とあるけど
知り合いの高卒ママは1歳半の娘の教育について
「女の子だし、高卒で十分」と言いきっていた。
きょうび、こんな発言を聞くとかえって驚いてしまう・・。

83 :名無しの心子知らず:02/05/31 08:39 ID:ZhXIcxPK
>82
私も驚いた。皆でうんうんって言っていた。社宅だから私は口を挟まず
同意はしなかった。

84 :名無しの心子知らず:02/05/31 08:41 ID:ZhXIcxPK
>74は速攻で氏ね

こういう言葉を読むとやっぱりここは2チャンだとしみじみ思う。
あたしはこういう言葉を書く人のスレは読みたくない。

85 :名無しの心子知らず:02/05/31 08:42 ID:ZhXIcxPK
どうせ また 何様だおまえは といわれるんでしょうがね。

86 :名無しの心子知らず:02/05/31 08:56 ID:nKq4wBqN
>84
同意します。
例え正論だとしても、オマエだのクソボケだの氏ねだの書いてる時点で読む気失せる。

87 :名無しの心子知らず:02/05/31 09:27 ID:8Dqrps/T
氏ねと言われてひるんだり、そいつの書いている内容が読めなくなるなら
匿名掲示板は見ないほうがいい。いろんな奴がいておもしろいぜ、
という余裕がないなら毒になるだけだから。私なんかもう100回は言われた。

88 :名無しの心子知らず:02/05/31 09:48 ID:Bj1jlI7e
>私なんかもう100回は言われた

それはちょっと、あなたにも問題があるんじゃ・・・・(以下自粛)

89 :名無しの心子知らず:02/05/31 09:50 ID:SbUFwdCQ
2chで100回も「氏ね」と言われたような人でも
早期教育に物申したい事があるんだね・・・・

90 :名無しの心子知らず:02/05/31 09:59 ID:ZhXIcxPK
>89
ガハハ いい事言う!

91 :87:02/05/31 11:33 ID:8Dqrps/T
>2chで100回も「氏ね」と言われたような人でも
>早期教育に物申したい事があるんだね・・・・

いいえ、何も。


92 :名無しの心子知らず:02/05/31 11:39 ID:GLORv/Cw
>>87
どれだけ書いているかわからんが
100回言われるなら自分も問題ありきと
認めないといかんな。「ワラタ!!」と「禿同」が
混じり合うなら別だが・・でも、そんなあなたが好きです(w


93 :87:02/05/31 11:42 ID:8Dqrps/T
>>92
ありがと。
どっかに初めてスレ立てたときだけど、
いきなり2に「1は氏ね。」って言われたときちょっと嬉しかった(w
まあそういう楽天的な人でないと辛かろう?という話。

94 :名無しの心子知らず:02/05/31 12:27 ID:6iBcI9lJ
>>93 = >>87
> まあそういう楽天的な人でないと辛かろう?という話。

激しく同意。
日常生活のツマランことにイチイチ腹たてて、2chでも煽りカキコにマトモに煽られてレス入れてる
アフォ共は首吊って氏ね、という話。


95 :87:02/05/31 12:48 ID:8Dqrps/T
またそんな、せっかく私がなだめてんのに火に油なことを(w

とにかく氏ねとかヴォケとか言われても気にしないのっ!
「氏ねなんて言う人がいるスレには・・・・」とか煽りに乗ってないで、
マターリと早期療育語りなさいよ、どうせ暇人のやる談義なんだから、
、、、、と最後にサラリと煽ってみるテスト。

96 :名無しの心子知らず:02/05/31 12:58 ID:Fft3j0nO
たしかにこういうやつらに教育を語って欲しくは無いわな>94,95

97 :名無しの心子知らず:02/05/31 13:20 ID:Dq1ZjJgu
>96
また煽られてる(w

98 :名無しの心子知らず:02/05/31 13:30 ID:SbUFwdCQ
>95=>97・・・?
どうやっても「DQ」が・・

99 :名無しの心子知らず:02/05/31 13:44 ID:Dq1ZjJgu
95は別人。ホントに。しかし、ID「Dq」同じだね(w
95さん、ID変わってなかったら出て来て!

100 :名無しの心子知らず:02/05/31 13:59 ID:8P9nlkff
幼児期かつかつの生活で早期教育費捻出している親って
大きくなった時に大学いかせるだけの学費・生活費出せるのかな?
奨学金をもらえるならいいけど。
例え子供が優秀になれたとしても、リターンは学業終了後なんだから。

52に書かれている親は数年先のお金の計算もできないようなんだけど。


101 :95:02/05/31 14:23 ID:2b1dvAs6
>>99
あ、ちがうよー(w
>>100
あ、ちょっとだけマジレスしちゃうか。
パートで稼いだ金で早期教育してる人、近所にいる。
その時間で子供と本でも読めばいいのに、と思うねー。
なんか目が三角なもんですれ違うのも怖くて(w

102 :95:02/05/31 14:31 ID:2b1dvAs6
>>99
あ、ごめん今これモバイルなのよ。
家帰ってADSL切れてなかったら書くね、証拠に(w

103 :名無しの心子知らず:02/05/31 15:12 ID:Hdbcc1Pi
近所のいつも「お金がない、家計が苦しい」ってばかり言ってる人。
子供に姉妹二人合わせて9種類(!!)の習い事させてるよ。
でも、ピアノとか英語とかスポーツばかりで勉強系は無し。
一緒に料理したりお菓子作ったり、とかも超熱心。
子供の友達作りにも異様に熱心で、ご本人は
「全く貯金できないほど貧乏」にもかかわらず
「子供の世話があるから、働く暇がない」のだそうだ・・・。

子供の学歴は高卒で良いのだそうだ。
(美容師みたいな、手に職系の人になってほしい、とかは言ってたな)
人の価値観って、いろいろだよねぇ(しみじみ)

ちなみに、ここの定義でいうと、そのママは
早期教育ママに入るんですか?
私は、そのママって学歴にはこだわってないみたいだけど
教育ママゴンだなぁ〜って、いつも思っていましたが。


104 :名無しの心子知らず:02/05/31 15:41 ID:P+MJarqr
>103
子供が喜んでるならいいのでは?
教育熱心なママということで。
でも、いつか疲れないかな?ママ。
やり過ぎはいつか何処かでダメになりそうだけどね。
そのママにとって、それが普通なら、いつまでも、そのままだろうね。

105 :名無しの心子知らず:02/05/31 15:46 ID:6iBcI9lJ
>>103
> 早期教育ママに入るんですか?

あんたが思ったとおりでいいじゃん。
他の人も同意見だったら言うこと無いし、他の人が否定するなら反論すればいいだけでしょ。
早期教育がどいうものかを考えれば、ある程度の理論武装ができてくると思うし、反論可能
だと思う。
あんたの場合って、何も考えずに人に聞いて、YESであればそちら側に憑き、NOという反論
が出れば、 『それもそうだな〜』 とか思う輩だよ、まったくタチ悪い。

人に聞かなきゃ判断できないか?少しは自分で考えろ。
大衆烏合する奴は現実の世界でもくだらないない奴ばっかり。
ほんとウンザリだ。


106 :名無しの心子知らず:02/05/31 15:49 ID:9G7GrEaK
>>105
まあ、コーヒーでも一杯飲め。

107 :名無しの心子知らず:02/05/31 15:57 ID:SpDyOn3m
世間話なのに、話題提供ついでに「どう思う?」って書いただけ
でそこまで言われる104も気の毒(藁藁 どうでもいいけど、この
スレ、なかなか馬鹿話に戻らないねぇ。

108 :名無しの心子知らず:02/05/31 16:01 ID:9YjcM6dj
>>99,>>101-102
まぁ、落ち着け。>95、>97が同一人物だとしても自作自演だとは思わないし
ただADSLの場合一回切ってまた繋いでも似たIDが出ることがあって
よりによって「DQ」が残ったというのが面白かっただけ。

どうでもいいことなんだから別に潔白を証明しようとか思わなくてよろしい。
慌てれば慌てるほど泥沼に嵌っているように見えるので。一応書き込み。

109 :名無しの心子知らず:02/05/31 16:15 ID:lZPYzH9C
なんだかんだ言っても、流されないのが一番ね。
なんにつけてもね。

110 :名無しの心子知らず:02/05/31 16:47 ID:PLOK2Bq3
さっき、最近入会した子供の親向けに公文の説明会があった。タイムリー!
すっかり洗脳されて帰宅したよ。

2年生だから早期教育というには遅いんだけど、今英語をやっている。本人が
やりたいと言って始めたから楽しんでいる。半年たったけど今年中に英検5級に
挑戦できそう。でも、入学するまでひらがなを書いていなかったから
(うちの学校では遅い)幼稚園の時に始めたら時期尚早だったと思う。

下の子は幼稚園年中だけどガンガン本を読んでいる。うちは貧乏だからもっぱら
図書館専門だけど。お金があれば下の子は早期教育していたかもなぁ。

上の子は公文に合う性格…決められた事をキチンとするのが得意。独創性が足りない。
下の子は公文に合わない性格…好奇心旺盛で自分からやりたいものを見つける

その子の性格に合ったもの、成長段階にあったものを与えると伸るんだと思う。


111 :103:02/05/31 16:52 ID:Hdbcc1Pi
>>105 はぁ?

103ですけど。
私は、そのママのことは早期教育ママだと思ってますよ?
ただ、このスレの定義では、どうなのかなって、
聞いてみただけですが?

ちなみに、そこの家の姉妹は二人とも
良い子ですよ。
ただ、なぜか親子そろって、我が家の娘を
気に入ってくださって、やたらと濃い付き合いを
迫ってくるので、もう少しサラリと付き合いたい・・・。
(子供の友達作りに、ものすごい熱心なんですよ。
私とそのママは、絶対、気が合わないと思うのですが)

112 :名無しの心子知らず:02/05/31 17:29 ID:SLjTSEcs
もし100万円貰って子供の教育の為に使いなさいって
言われたら何に使ってあげたい?

113 :名無しの心子知らず:02/05/31 17:31 ID:NxQ/6rNt
キャンバス、絵の具とか粘土とかを多種大量に買う。
もしくは
高い楽器を買う。

114 :名無しの心子知らず:02/05/31 18:28 ID:dACTLrQ/
100万円くれたら絵本を大量に購入したい。家を図書館のようにするのが夢。
あと国内旅行にチョボチョボと逝きたい。

115 :名無しの心子知らず:02/05/31 18:38 ID:sAQ2iEb4
100万・・・絵本を沢山とネフ社のおもちゃを買いたいな。
別にシュタ信者じゃないけど、ネフのおもちゃはイイ!!

116 :名無しの心子知らず:02/05/31 18:51 ID:JoNIOJvI
私は 図書館の横に引っ越ししたい。いいよね。本は。
で、図書館のよこには整備された公園と児童館があるの。ログハウスになってる。
中にはボランティアでおじいちゃん達が囲碁や将棋をじっくり教えてくれる。
たまたま その児童館には きれいなクイーンズイングリッシュを話す3兄弟
がいて その子供達と遊んでいる間に 皆なんとなく 英語ペラペラ。
そんでもって 公立の小中高もそばにあって うまくいけば 隣駅の国立大学へ
ストレートに入学。あ〜 100万で買いたい そんな環境を。

117 :( 'Θ')ノ ◆XXXOFXo. :02/05/31 19:28 ID:gKj5vNfF
>116 藁 わしにも売ってくれ!

118 :名無しの心子知らず:02/05/31 19:29 ID:JakCND6h
フロリダのディズニーワールド!
自分で行きたいだけのDQ発言なので
sage。
スマソ...。

119 :名無しの心子知らず:02/06/01 00:05 ID:CdrHwUuc
グランドピアノ買うためにとりあえず貯金する。
家も増築しなければならないのであと300万ほど足りない。

でも300万貯まる前に100万はなくなるだろうな・・・

120 :名無しの心子知らず:02/06/01 00:06 ID:Kn96QKXE
一括で使わなくてはいけないのなら
三ヶ月親子留学する。

長期で良いなら、やっぱ習い事させるかな。

121 :名無しの心子知らず:02/06/01 00:08 ID:o4K1k3YL
でも、「引越し」も捨てがたいね。
ダンナの仕事の通勤圏内の中の
公立小学校の雰囲気を調べて
最も気に入った学校の学区に引っ越す。


122 :名無しの心子知らず:02/06/01 00:09 ID:BIY8f5QD
本買うな〜。
あとLEGOを買い足してスゴイの作る。

123 :名無しの心子知らず:02/06/01 00:10 ID:CdrHwUuc
>122
ワラタ。
カワイイ。

124 :名無しの心子知らず:02/06/01 00:12 ID:pc1cJPi/
ハリーポッターの!! 今は忍者セットでごまかしながらクディッチ競技場や
寮を作っている。ニンバスのホウキは刀だよ。

125 :名無しの心子知らず:02/06/01 00:22 ID:tXdzEeqn
100万円という額が中途半端で貧乏クサ

126 :名無しの心子知らず:02/06/01 09:13 ID:FXudzJMJ
ホント、たったの100万じゃ、とりあえず銀行に放り込んどくしかないよ。

127 :名無しの心子知らず:02/06/01 10:03 ID:l6sxENCn
通っている幼稚園に寄付しようかな。
絵本や遊具に使ってもらう。全員で劇の鑑賞会でもいいかな。


128 :100万貰えるなら:02/06/01 12:00 ID:KKaHoNPo

いま32型のゲーム専用テレビでゲームしているので、
もうひとまわりおおきなゲーム専用の36型ハイビジョンに
最新のホームシアターシステムを買うな。
DVDもみるからね。

ゲームは我が家の子供の教育の一環だから。
3歳からセガサターン・ドリキャス・ゲームキューブ・64
やっている。プレステ2はあるけどまだ出来る
ゲームないからなぁ。

129 :名無しの心子知らず:02/06/01 12:06 ID:x2B73r/r
100万だったら小学校の学費で1年でなくなっちまうぜ〜(涙

130 :名無しの心子知らず:02/06/01 13:26 ID:FXudzJMJ
じゃ、逆にいくらあれば子供の教育方法変えてみようかなと思う?

131 :名無しの心子知らず:02/06/01 13:40 ID:oT8XxD2/
>>130 2500万

132 :名無しの心子知らず:02/06/01 13:43 ID:Ki24cryo
タダで貰えるなら100万円、嬉しいけどなー。
貰い物にケチつけるなんて、母の日に何あげても喜ばない姑と同じだ。

私はシュタ部屋をつくる。シュタイナー教育をすべてやるつもりは
ないけど、おとぎの国のようなお部屋をつくってあげたいな。

将来、こども部屋としてとってある部屋にピンクのカーテン、
木のおままごとセット。他、木のオモチャ。
幼児期にしか過ごせないような、ゆっくりとした時間を過ごせる部屋を。

133 :名無しの心子知らず:02/06/01 13:57 ID:bKhkW568
100万円はここで話すには妥当な金額だと思う。
いいアイデアがあれば、真似が出来る金額です。

134 :名無しの心子知らず:02/06/01 14:00 ID:bKhkW568
早期教育をやらせたい親なら、家庭保育園、DWE、買うんだろうね(w
同じ金額で他にどんなことが出来るのか、考えてみるのもいいかも。

135 :名無しの心子知らず:02/06/01 14:36 ID:c2jKaAUz
>>112
将来の為に子供名義で貯金以外思いつかない・・・・
今(幼児期)はなるべく「モノ」を与えたくないと思っているから・・・・。
(必要最低限しか)与えない教育ってダメですか?

136 :名無しの心子知らず:02/06/01 14:43 ID:HJ3TO/qU
ダメじゃないです。
「モノ」では無くても旅行に連れてくなんてのはどう?

137 :名無しの心子知らず:02/06/02 00:50 ID:2esMqv1g
積み木と本を100万円分買ったら結構、知的な環境になると思う。
百科事典とか良いの買えるし、積み木もWAKUで揃えちゃう。ネフも。
LEGOも良いですね、1㎥ぐらいの箱一杯のピース集めて好きな物
作らすとか。 

あと、家に運動器具を作るってのも良いですね。


138 :名無しの心子知らず:02/06/02 00:58 ID:2esMqv1g
モノじゃなくって体験だと、多回数に割り振るか、一回に集中す
るかで違ってきそうですね。 ただ、幼児期だと、普通の生活自
体、新鮮な発見の連続だと思うので、国内の色々なものを色々な
交通手段を使って、様々な宿泊設備に泊まって体験するのが良い
様に思います。

小学校高学年〜中学生ぐらいだったらアフリカとかアマゾンとか
連れて行ったら人生観がちょっと変わるかも。 香港、韓国なん
かでも十分異文化は体験できそう。

139 :名無しの心子知らず:02/06/02 01:04 ID:80/5bCkc
今100万使って、その後は? 来月は?
突然使って、その後は続かないってのは変じゃないですか?
元々135と似たような考え方もしてるんだけど、そうじゃな
くても、一時的に使って、その後使えるお金はないってのは
却ってよくない気がする。そんなんならもらわない方がいい。
一番害がない方法→貯金ってなりそう。

140 :名無しの心子知らず:02/06/02 01:39 ID:hC9vgROH
>139
でも、今月旅行に行ったからって、来月も再来月も旅行に行かなきゃいけない
なんて考えてる人なんてあんまいないよね。
私はもし子供が大きければ(今2歳児だけど)自分で旅行のプランを考えさせるな。
どこにいくか、どうやって行くか、どうして行くか、何を見るか、何を食べるか
何を持っていくか、そしてそれが幾らくらい掛かるのか。
お仕着せの旅行じゃなっくって、自分が本当に行きたい場所、乗りたい乗り物で
「企画」させてみたいな。

141 :名無しの心子知らず:02/06/02 01:44 ID:cp+G9zCJ
>139
例えの話してるんだし、いいじゃない。
毎月、もらえるんだったら何に使いたいの?
モノを与えない教育をしてて、毎月くれなきゃ貰わない方がいいって、
何に使うのか気になる。

142 :名無しの心子知らず:02/06/02 01:46 ID:80/5bCkc
>140
それは単なるお楽しみで、教育のためとは言わないんじゃない?
別に単なるお楽しみでいいとは思うんですが。教育のために100万
使うって発想が不健康だもん。

143 :名無しの心子知らず:02/06/02 01:50 ID:hC9vgROH
>142
お楽しみでもあるし、自分の頭で考える
(それなりのガイドブックだって読まないといけないし、計算もしなくちゃ
ならないでしょ)という事で「教育のため使うアイディア」としましたが・・・。
それにここは教育を考えるスレだし。

144 :141:02/06/02 01:52 ID:cp+G9zCJ
>142
えー?十分、教育って気がするよー。
何も机に向かってする事だけが教育とは思わないな。
発想が乏しい。

145 :名無しの心子知らず:02/06/02 01:52 ID:80/5bCkc
>141
まだ子供小さいんであまり深く考えてないけど、
毎月もらえるんだったら、平和そうな私学にやるかなぁ。
最近の公立状況、ひどいらしいから。お金かかるから諦
めようと思ってるのは、それぐらいかな。
今すぐは、やっぱり使い道思いつかない。

ちなみに、うち、別にモノを与えてないわけではないよ。
節操なく与えるのはイヤってだけで。

146 :141:02/06/02 01:53 ID:cp+G9zCJ
ゴメン

147 :名無しの心子知らず:02/06/02 01:58 ID:Zwo1cvBD
>141
なんであやまるの?
139のほうが明らかに・・以下略

148 :名無しの心子知らず:02/06/02 02:00 ID:80/5bCkc
>144
違うの。たった一回の旅行は、生涯に渡っての教育を考えた
場合、ただのお楽しみって気がするっていうだけです。

子供の教育と思ってやってることは、机に向かってすることだ
けじゃないよ。特に執着もないけど、やってること挙げてみる
と、畑したり、お友達としてきた約束を守らせてあげられるよ
うにサポートしたり、お祭り探しては出かけたり、とかすると
き、子供の成長を意識してるかなぁ。旅行もときどき行くけど、
やっぱりどうせ行くのなら子供によい刺激になるようにと思っ
て計画立てるよ。

「100万を教育に」って話が、どうも気乗りしなかっただけな
んですが、だんだんくだらない議論してる気になってきた...

149 :141:02/06/02 02:09 ID:cp+G9zCJ
>148
わたしとあなたとは教育に対する考えが違うみたいです。

>147
「発想が乏しい」の発言に対して謝ったよ。

150 :名無しの心子知らず:02/06/02 02:11 ID:hC9vgROH
>148
>たった一回の旅行は、生涯に渡っての教育を考えた
場合、ただのお楽しみって気がするっていうだけです

あなたはそう思うかもしれないですが、私は全くそう思いません。
何故「ただのお楽しみ」と言い切れるか不思議なくらいですが。
経験も立派な教育だと思います。
(幼児期の経験は前頭葉を発達させるそうです)

ちなみに、私は小2の頃から小3の姉と一緒に夏休みになると母方の実家に
二人して帰省してました(両親は盆休みにやってくる)
姉と二人で時刻表を調べたり、長い電車の旅の途中、知り合った人達から
色々な事を教わったり、電車が事故で途中下車させられたり、と
色々経験しました。



151 :名無しの心子知らず:02/06/02 02:15 ID:80/5bCkc
ごめんなさい。言いたいこと、すごくわかります。
私も1回の旅行がとても大切な意味を持つことがあるのは
よくわかっています。

本当にただ単に「今100万もらえたら」っていう状況がすご
く不健全に思えただけだったのです。だから、自分でもくだら
ない議論って思えてきてしまいました(自分へのレスではなく、
自分が展開してしまった議論のことです)。旅行のことを大切
に思って発言したレスにけちつけてしまったこと、ごめんなさい。

152 :名無しの心子知らず:02/06/02 02:17 ID:Bq/vYucr
139 ID:80/5bCkch って前スレ874と同類の予感

153 :名無しの心子知らず:02/06/02 06:11 ID:Z7iAFgZ8

いいかげん100万の話やめれよ。
たかが100万にクソ真面目になってレス入れるな。


154 :名無しの心子知らず:02/06/02 07:58 ID:QVLxqrKO
なんで、「たかが」100万とか、やたら100万の価値に
固執する人がいるのか理解できない。
「もし」100万を教育費限定で使うなら、っていう
仮定の話でしょうが。

だから、今から千円つかって、子供の教育に役だつようなこと
しなければいけないとしたら、何する? っていう
議論だって,当然できるわけよ。
それをいちいち、千円なんて安すぎるお金のこと
真剣に考えられない、などという文句をいうのは
親の発想力が無さ過ぎ。





155 :名無しの心子知らず:02/06/02 08:46 ID:olMdbp7o
弊害がでるほど教育費に金つぎ込んでみたいよ。
ひとりっこじゃなもんで、習い事なんてせいぜい一個よ。

156 :名無しさん@HOME:02/06/02 08:49 ID:9XxlOmHs
母親に教養がなければ子供にいい影響を
与えることはできません(勉強ができるとか
一流大学を出てるとかではなく)。


157 :名無しの心子知らず:02/06/02 11:29 ID:q4PlLTOe
156に禿 剥げ 激 ハゲ同!!

でもたとえばさ、100万円じゃなくて、50億円とか100億円とか
孫子の代まで、絶対生活に困らない(就職等の心配しなくて良い)状況
だったら、みんなこんなに早期教育とか熱心に、やるかな?
私だったら、やらない。。。
家族で旅行しまくったり、しちゃう。。



158 :名無しの心子知らず:02/06/02 11:33 ID:W5KBDjyn
>157
それ極端すぎ(w
でも、いいなー。お金がすべてじゃないけどね。
無人島で暮らしてるみたいな、そんな生活してみたい。

159 :名無しの心子知らず:02/06/02 11:35 ID:jYNagVn/
100万円か〜
近所の公園の砂場の砂が減っているので、買って寄付する。
残りで息子の好きな電車に乗る旅行に行く。

100億円あったら、環境のいいところに引っ越して
のんびりせいかつするだろーな。

160 :157:02/06/02 11:36 ID:q4PlLTOe
そだね、極端すぎだった。(www
宝くじ、何回当たればいいんだっちゅーの。




161 :名無しの心子知らず:02/06/02 11:49 ID:dhzrCvzP
100万円ね…
とりあえず子供が自分から「絶対にこれがやりたい!」ということが
出てくるまでとっておく。

162 :名無しの心子知らず:02/06/02 13:57 ID:bfnkyq+t
だから、せめて1億円で夢を語ってちょうだい。
100万円なんてボーナス1回分でしょ。

163 :名無しの心子知らず:02/06/02 14:47 ID:pEjJbkL8
お金とは・・・
ある程度ないと、とても困るもの。
それ以上は、持てば持つぼど不自由になるもの。
ちょうどよいところがわかる人は、案外少ない。
田口先生語録より。

早期教育をやっている人って中途半端にお金があるのかな?
100マンでって言われた時、一瞬、カホ欲し〜と思ったもん。
もらったお金でカホを買って子供に効果が出なくても、
それほど怒らなくて済むな〜って思ったり、でも、弊害が出るかも?って
考え直したり。自分で一つ一つ選んで与えてあげたいなと思ったり。

みんなの意見みてて、色々、考えさせられました。
パっと自分の考えを言える人。あれこれ不平不満を言う人。
お金に対する固定観念を拭いきれない人。

早期教育の考えに、あまり賛成は出来ないけど、それを極端に
無闇に遠ざけてしまうのも考えものだなって改めて。

子供にとって、柔軟な頭を持ってる親がいいんだろうな〜と思いました。

164 :名無しの心子知らず:02/06/02 15:29 ID:+3oX4eBQ
先輩の基地外ぶりがみたい。先輩カンバ〜ク。  (←先輩のジサクジエンのモノマネ)

165 :名無しの心子知らず:02/06/02 16:11 ID:iMhVuYty
>>163

>子供にとって、柔軟な頭を持ってる親がいいんだろうな〜と思いました。
禿同。





166 :名無しの心子知らず:02/06/02 17:23 ID:bfnkyq+t
>>163

>100マンでって言われた時、一瞬、カホ欲し〜と思ったもん。

 頭が柔軟でない証拠だね。

>早期教育の考えに、あまり賛成は出来ないけど、それを極端に
無闇に遠ざけてしまうのも考えものだなって改めて。

 要するに、早期教育をやる言い訳が必要なわけだね。

167 :名無しの心子知らず:02/06/02 18:08 ID:a9RIDwo3
>162,166
そんな煽りしか出来ないなんて頭が貧しいね。

168 :名無しの心子知らず:02/06/02 18:40 ID:bfnkyq+t
>>167

本質を突かれて、「煽り」としか言えないなんて……。
気の毒です。

169 :名無しの心子知らず:02/06/02 18:47 ID:X0I9iMv1
>162
さりげなくボーナスを100万円貰っていると自慢したいのかしら。
年収700〜900万円ってとこかな。結構、貰ってる方だと思うよ。
凄いね、アンタんち。でも、手放しで贅沢が出来る年収ではないね。

どんなレスが返ってくるか楽しみ
年収2000万ですが、何か?(予想)
もっと上乗せしてくるかな(藁 いや、その逆もありえる
職業は医者ですが、何か?(予想)

170 :名無しの心子知らず:02/06/02 18:57 ID:X0I9iMv1
>168
こういう人、必ずいるのね、反早期教育派。
自分の考えもマトモに言えないくせに、人の粗探しばっか。
私も偏った早期教育には反対ですが。

171 :名無しの心子知らず:02/06/02 19:16 ID:bfnkyq+t
>>169

 あなたんちが何をやってようと関係ないよ。
 年収700〜900万円は平均的でしょ。あなたが言う通り贅沢はできない。
 でも「100万円あったら」などと、夢を語るには、
 100万円はちょっとショボ過ぎ。
 で、そのわずかな100万円でもって、
 子供への「無意味な」教育にしか頭が回らない貧相な発想。

>>170

 ふーん、偏ってない早期教育ならいいわけねw
 「私んちは偏ってないしぃ〜、子供も楽しんでるしぃ〜」
 って感じですか。

172 :名無しの心子知らず:02/06/02 20:38 ID:X0I9iMv1
>171
年収700〜900万円が平均的なの?ビックリ!
うちは、それ以下だよ。それでも貰っている方だと思ってた。(藁
ボーナスが3桁なんて貰ったことないな(恥

うちは早期教育という程の事はしてないよ。やってるとしたら、
しまじろうくらいかな。わたしが言いたかったのは、偏った早期教育を
するのは、ここでみんなが話合ってるように弊害があると思うけど、
やたらめったら、絶対に早期教育は許せないというのも、偏ってると思った。

■■■最強天才児育成計画!!■■■
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1015075901/l50

公文式と学研教室
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1001463643/l50

↑のスレみてると、もーどうでもいいやと思う。
このスレは好きだし、ちょっとマトモなレスがつくと煽って荒れるのが
嫌だなって思ったけど、私のレスも荒れる原因だったね。スマソ



173 :名無しの心子知らず:02/06/02 20:54 ID:bfnkyq+t
>>172

 偏っていない早期教育ってどんなのよ?

 私が勝手に定義している早期教育とは、
マニュアル化され、教条主義的であり、
商業主義に親が乗せられ、
親は他人の子より早く教えれば優位だという幻想にとらわれ、
子どもはそんな教養のない親の犠牲になる、てな感じ。

私は「しまじろう」ってのが何か知らないし、
何だか知りたいとも思わないけど、
あなたは少なくとも商業ベースに乗っかってるわけね。

174 :名無しの心子知らず:02/06/02 21:00 ID:KeyJSsg9
ここに集まってくる人達早期教育について語り合っているんでしょ?
他人の財布除いてなんだか貧乏臭いが・・・。

175 :しなぷすちゃん:02/06/02 21:01 ID:fdHak5KJ
>>173 同意

176 :名無しの心子知らず:02/06/02 21:17 ID:6bQ2/LAK
ここでいう早期教育の定義って何でしょう? 体系付けた
知的刺激の手法をいうのか、それとも商業ベースのプログ
ラムの事をいうのか?

なんか、一般的にネットの掲示板で語られている「早期教
育」というのは、主に後者のような気がします。 

ブックスタート運動のような絵本読みに関しては肯定的な
意見が多いけれど、これもシュタイナー教育を実践されて
いる方にとっては十分早期教育なのかな?という気もしま
す。 どちらにしてもここで議論している方々の持ってお
られる早期教育の定義がそれぞれ異なる事が、議論のルー
プ化を招いているのではないでしょうか。

177 :名無しの心子知らず:02/06/02 21:21 ID:X0I9iMv1
>173
最もなご意見です。

私が勝手に偏った早期教育だと思うのは、
未就学児に毎日のようにプリントをやらせたり、
標準児よりも普通じゃ考えられないくらいの知的な
内容のことを教えること。

偏ってない早期教育とは?と聞かれると、うまく説明出来ないが、
公文や学研に行かなくても、書店などに売ってるドリルくらいなら、
お遊びでやらせてもいいかな。ディズニーの英語教材をやらせなくても
市販されているマザーグースのCDくらいは聞かせてもいいかなって事です。
それって普通ではと思われる方もいると思いますが、私にとっては、
早期教育だと思っていたので。

「しまじろう」をやってるからって商業ベースに乗ってるのでしょうか。
私は商業に利用されるのは嫌ですが、利用してやろうという気持ちでいますよ。

178 :しなぷすちゃん:02/06/02 21:46 ID:fdHak5KJ
>>177
具体的にどんなふうに「利用してやろう」ということを実践されています?

179 :名無しの心子知らず:02/06/02 21:55 ID:X0I9iMv1
>178
実践?と聞かれると何て答えればいいのやら。
そういう気持ちでって言うことなんだけど。
しまじろうをやってるから商業ベースに乗せられてるって
言われたのが悔しかっただけ。
極端な話、誰だって商業を利用してるでしょ。
なんだか、アホらしくなってきた。

180 :名無しの心子知らず:02/06/02 22:17 ID:th1Tml/3
2、3歳のしまじろうって、4、5歳のおじゃ魔女ドレミ
とかウルトラマンコスモスのノリ、ないですか?(もちろ
ん、比べればずっと教育的ではあるんだけど。) うちは
しまじろうは取ってなかったけど、毎月来る広告で遊んで
たよ。保育園でビデオ見せられることもあるらしく、街で
しまじろうの絵とか見かけると喜んでた。

181 :しなぷすちゃん:02/06/02 22:30 ID:fdHak5KJ
何故しまじろうが「商業ベース」と言われてしまうのか
>179さんは本当にわかりませんか?
しまじろうのようなものは全ての子供を基準にしているのであって
あなたのお子さんに合わせて作っているのではないですよね?

例えばしまじろうの大好きなシールだって
毎月似たような大きさで似たようなコンセプトですね。
賢い子供ならすぐに飽きてしまいますよ。
賢い母親ならその子の成長の度合いに応じて
シールの種類(大きさや絵柄、材質)を選びます。
要するに何をするにしても、そこに養育者の選別の眼が介入するのです。

私がいつもいつも主張していることだけど子供は個性を持っています。
その個性を見極め、その時々で最適な「もの」を選び取る能力のある養育者が
子供には必要なのです。


182 :名無しの心子知らず:02/06/02 22:30 ID:29V0/3oN
>さりげなくボーナスを100万円貰っていると自慢したいのかしら。
>年収700〜900万円ってとこかな。結構、貰ってる方だと思うよ。
>凄いね、アンタんち。でも、手放しで贅沢が出来る年収ではないね。

横レスでごめん。ビックリ。あなたなにか金融関係にお勤めでしたか?
ボーナスの額だけでこの3行かけるなんて。我が家がまさにこれ。
住宅ローンがあって、とても子供を私立中高なんていかせられない。

183 :名無しの心子知らず:02/06/02 22:30 ID:bfnkyq+t
>>177

>書店などに売ってるドリルくらいなら、お遊びでやらせてもいいかな。
>ディズニーの英語教材をやらせなくても
>市販されているマザーグースのCDくらいは聞かせてもいいかなって事です。

 十分、無意味な早期教育だね。
 「お遊びでやらせる」というのは、パターン化した親の言い訳。
 で、英語を学ばせることがいいと勘違いするという
 これまた勘違いの親の王道パターン。
 
 書店で売ってるドリルだろうが、マザーグースだろうが、
 姿勢は完全に早期教育。
 あなたが言うように「偏っている」とか「偏っていない」とか、
 線引きできるものではないと思うね。

184 :名無しの心子知らず:02/06/02 22:33 ID:iMhVuYty
中央教育審議会では、しまじろうも早期教育とされてるよ。
近所の奥さん「うちの子、しまじろう1年先のやってるのよー」
と得意げ。しまじ如きでとは思うが、
やりようによっては、充分早期教育になるよね、しまじ。
延々、中学とかまで続くし、すごい商業ベース>べネセ

185 :名無しの心子知らず:02/06/02 22:40 ID:29V0/3oN
うちの娘は心底しまじろうが来るのを待ち焦がれている。届いても2、3日で
終わってしまうから、昔のを引っ張りだしてお話の部分を繰り返し読んでいる。
作業する部分はすぐに一度やってしまえば飽きるけどお話は飽きないみたい。
でも、これは早期教育とは全く思わない。本人のレベルより幼い内容で、これを
やって何か期待できる内容でもなし。

で、本好きな娘なので図書館、市民図書、幼稚園、いろんな所で本を借りて来て
読んでいる。これも早期教育ではない。本人が選んで本人が読んでいるので
ちょうどボチボチのレベルで合っているから。

本人がやりたがっている、公文。算数とか国語。国語をやるなら漢字から始める
んだと思うけど。私にとってはここから早期教育にはいるかな。やれば人より
早く進んで行くし、上を見て頑張れるから。

ただ、親の私としては今他人より早く進むよりも、まだまだ読んでいない本が
たんまりあるからそちらを大切にしたい。



186 :名無しの心子知らず:02/06/02 22:47 ID:041u0ZIM
早期教育、って子供によってやっぱり好きずきないですか?

上の子はすごく好奇心旺盛で家庭保育園、しまじろう、色々
やっていて、教材がボロボロになる位よく遊んでくれましたが、
下の子はさっぱり興味を示さないのでやっていません。

187 :名無しの心子知らず:02/06/02 22:48 ID:29V0/3oN
うちは逆。上の子が受動的。
でもね、学校の成績は同じくらいなのがまた不思議。

188 :名無しの心子知らず:02/06/02 22:48 ID:th1Tml/3
>183
「市販のドリルお遊びで」ってのも、程度はさまざまだと思います。
うちも、ひらがなのドリルを1度買ったことあります。娘が字を書
きたがったので。手にしたときは大喜びしてたけど、結局、あんま
りやってくれなかったので、それ以来、今のところ買ってません。
字を書くこと自体は、友達に手紙書いたり、生協の注文書の下書き
書いたり、と少しずつ進歩していってるけど、彼女は意味もなく字
を書くのはイヤだった模様。もし1冊目のドリルでもっと喜んで
やってたら、2、3冊は買ったかもしれません。でも、私は自分で
そんなに危なかったとは思ってない。なあんとなく、はまらない自
信があるので。それが本当に正しい直感なのか言い訳なのか...
その真相は、実際には本人にも周りにもわからないと思います。
他人を批判するとき、あんまり言い切るのも変だよ。

189 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:02 ID:bfnkyq+t
>>188

 公文などに逝かせるのは偏った早期教育で、
 書店で売っているドリルを親が「お遊びで」やらせるのなら、
 「偏っていない早期教育だ」と、あなたもお考えですか。
 私はそのような考え方で親が安易に
早期教育を正当化することを批判しているのです。

 私は
 >>173
 で、早期教育の定義について自分の意見を書いています。
 あなたの場合は、たまたま子供の要求に応じて、
 ひらがなの書き方ドリルなるものを購入されたようですが、
 >>173 で私が述べた定義に当てはまるとあなたが思うのなら、
 批判だと受け止めてもらって結構ですが。


190 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:14 ID:25YJ7Yip
>189
私は、「お遊びで」ドリルをやらせるのは「偏った早期教育」
になることもあるし、ならないこともあると思っています。

>私はそのような考え方で親が安易に
>早期教育を正当化することを批判しているのです。

は確かに素晴らしいですが、177が安易に早期教育を正当化
しているのか、実はバランスの取れた感覚を持っているの
かは、177を読んだだけではわからないと思いました。

で、言葉づらだけでいきなり攻撃しているあなたの決め付
けに、あなたの思考様式が偏ってるなと思いましたよ。

ちなみに、私自身のことは、他人に早期教育だと定義して
いただこうが、いただくまいが、我が子がすくすく育てば
何も気になりません。

191 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:24 ID:bfnkyq+t
>>190

>言葉づらだけでいきなり攻撃しているあなたの決め付
けに、あなたの思考様式が偏ってるなと思いましたよ。

 なるほど、
 >>177 は 
 >>169  >>170 と同一人物ですが、
 >>177 を読んだだけでバランス感覚が
 欠如していることは明白ですね。
 まっ、その後の意味不明釈明を読んでも明らかですが。
 たぶん、あなたに洞察力が欠けているのでしょう。

>私自身のことは、他人に早期教育だと定義して
いただこうが、いただくまいが、我が子がすくすく育てば
何も気になりません。

 あっそ。
 なら2ちゃんなんかにカキコなんかしない方がいいんぢゃない?
 ご自分の子育て経験を何やらお詳しくお書きになっていたもので、
 他人に聞いてほしいのかなぁ〜と思ってしまいましたよwww

192 :177:02/06/02 23:27 ID:X0I9iMv1
>189
あなたとは、とことん、話をしてみたいです。
あなたがそんなにも早期教育を反対するのは何故なのでしょうか。
とても偏った考えをお持ちのような気がしますが、
きちんと説明が出来る程、強い信念をもっていらっしゃる。

私はシュタイナー教育について書かれている本を読んだことがあります。
(シュタイナー著ではないが。)
未就学児に知的なことを与えると、どんな弊害があるのかも
一応ですが理解したつもりです。
ですが、私は子供をシュタイナー小学校へ入れる環境を持っていませんし、
それもまた、この日本では偏っているのではないかと思っています。
私は他の子供よりも自分の子供を優位にさせたいとは思っていません。
しかし、遅れてるのではないか、というのも何となく焦る気持ちになる
ことは認めます。たまに、とても成長の早いお子さんがいらっしゃるので。

その喧嘩腰な言い方、何とかなりませんか?
こちら、とても興奮してしまいます(藁


193 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:29 ID:25YJ7Yip
>>191
なるほど。バランス感覚の優れた、
単なる心の荒んだ方だったのですね(w


194 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:29 ID:29V0/3oN
188さんがお子さんにドリルを買って、そばについて完璧に出来るまで見張って
できれば2冊め、3冊めにすすめる…それは早期教育になるんじゃないかな。
欲しがって、買って、喜んだけど本人やる気無しでやめたって程度なら別に
早期教育までいかないし、ましてや早期教育を安易に正当化といいきるのは
ちょっと言い過ぎ。

195 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:31 ID:25YJ7Yip
>192
止めた方がいいよ。特に、腹立ってるなら。
泥沼にはまるだけだよ。

196 :しなぷすちゃん:02/06/02 23:36 ID:fdHak5KJ
なんだかレベルの低い話しになってますよ〜

197 :遅レススマソ:02/06/02 23:38 ID:hZnmsUEd
>>135です。

ここ見て思いついた。
100万円もらったら子供が小学生になった時全部1000円札以下に両替して
家族で使い道を議論する。

これは「お金の教育」になる。

198 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:41 ID:bfnkyq+t
>>192

 すみませんね、私はとことん話すほどのエネルギーはありません。
 私はシュタイナー教育も含め、
 そのような「教育本」は読んだことありません。
 私には不要なだけで、別に避けているわけではありませんが。
 シュタイナー小学校という存在も残念ながら知りません。
 私にしたら、そのような情報を集めていること自体が、
 かなり異様に見えることも否定できませんね。

 あなたは、成長の早いよそのお子さんと
 自分のお子さんを比較されていますが、
 たぶんそれが一番問題かもしれませんね。
 まぁ、それも親の性ですが、
 そこでグッとこらえて冷静になることでしょう。

 幸いなことに私たちの世代には十分な教育機会が
 与えられてきました。
 では、自分たちが子供の時はどうだったのか。
 それを考えてください。
 戦前戦後の混乱期に学校に行けなかった世代が、
「自分の子どもだけはせめて高校に」と、
考えるのとは違うのですから。

199 :しなぷすちゃん:02/06/02 23:42 ID:fdHak5KJ
皆さん冷静になって下さいね。
まず子供の能力、これ自体差があるのです。
これはもう生まれもったものから環境的なことまで含めて仕方の無い事です。
ですからAちゃんにとって「早期」ではないことが
Bちゃんにとっては「早期」になるのです。

一概になど到底論ずる事などできないのですよ。


200 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:43 ID:29V0/3oN
そーいえば 会社に(一部上場企業)いた頃『俺、昔は神童っていわれていたん
だよな〜。』って言っていた男性がいた。普通の人で普通のサラリーマンやってた。
出世頭でもなし、リストラ対象でもなく、ふっつーーの人。たぶんずっとふっつーー
に暮らして行くんだろうな。個性もパンチもなくって返答に困ったよ。
突然思い出した。

201 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:46 ID:ZqBSUQPm
>200
「自分は神童だった」なんて自分で言うやつが
神童だった試しはない。
その人は昔から間違いなくふつー。

202 :177:02/06/02 23:47 ID:X0I9iMv1
>198
丁寧なレスありがとうございます。
貴方の気持ちがよく伝わってくるレスでした。

もう一度よく考えてみたいと思います。
おつき合い下さいまして、感謝しております。
ありがとうございました。

203 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:53 ID:29V0/3oN
有名な塾の模試がいつでも上位で 周りから 神童って呼ばれてたそうだ。
それだけ神童で 早稲田っていうのが??だけど 本当にふっつーーで
反論する気も起きないくらい ふつーでおかしかった。

204 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:55 ID:bfnkyq+t
そのかみの神童の名の
かなしさよ
ふるさとに来て泣くはそのこと


205 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:56 ID:25YJ7Yip
>>197
うち、この間、似たようなことやったよ。
ばーちゃんが、主に100円玉と10円玉で1万6千円ほどを
誕生日プレゼントを娘にくれてたんで、娘があるおもちゃ
を欲しいとごねたとき、ふと思い立ってそれを全部整理し
て数えて、「アイス1個だとこのくらい、塗り絵1冊だと
このくらい、そのおもちゃ1個だとこのくらい」って教え
てやった。

「おもちゃ買って」「いけません」って泣かすのしんどい
んで、話を逸らせたってだけなんだけど。最後は、「じゃ、
片付けて大事に取っておこうか」で、平和に終わった(w
スレに関係ないんで、sage

206 :名無しの心子知らず:02/06/02 23:59 ID:iMhVuYty
小さい頃から賢くて、大きくなっても賢くて
医者になったり弁護士になったり研究者になったりする人もいるけど
その男性の話には泣いた。

207 :名無しの心子知らず:02/06/03 00:01 ID:lrO/Bn8q
ウチの子のお年玉、たまにもらうお小遣いは666円です。
小銭全種類一つずつ。
使うと種類が変わる・・というところまで理解しました。

208 :名無しの心子知らず:02/06/03 00:04 ID:pnPvJ+i6
でもさ、本人がそれで幸せならそれで全然オッケーなんだよね。
DQNも一緒。本人がそれでよければよし。親も子供が幸せならよし。こんな
単純な事なんだけどね。

209 :204:02/06/03 00:12 ID:YbixpZZ6
>>204 ですが、
私の気の利いたレスにツッコミはないの?
文学板じゃないと無理?

210 :名無しの心子知らず:02/06/03 00:24 ID:pnPvJ+i6
だって また カッカして喧嘩腰な言い方されるのいやなんだもん。
204さんはお子さんに何か読んだり、聞かせたり、遊んだりしてる? 

211 :204:02/06/03 00:44 ID:YbixpZZ6
>>210

 石川啄木を読み聞かせてる。













 てのは、真っ赤なウソ。
 >>204 は啄木の歌集「一握の砂」より

212 :名無しの心子知らず:02/06/03 00:51 ID:V3c769tf
>204
よろしければ...
どのようなつっこみを期待なさっていたのか
お聞かせくださいませ。

213 :204:02/06/03 01:06 ID:YbixpZZ6
>>212

 そうだなぁ。
 たとえば、
 「神童・啄木の人生も暗いよね。逝ってから評価されてモナー」
 みたいな?

 あっ、これだとスレ違いだから、
 「啄木って早期教育受けてたの?」がいいか。
 sage

214 :名無しの心子知らず:02/06/03 01:10 ID:It/+RLh1
>>204
ならば、智恵子も早期教育受けてたの?

つっこんでね。

215 :204:02/06/03 01:25 ID:YbixpZZ6
童貞 僕の前に道はない

216 :名無しの心子知らず:02/06/03 01:49 ID:cOfR78sv
204さんは現役子育て中じゃない気がする。
ダイレクトメール届くと思うんだけど、しまじろう知らないし(w 
言い回しも少し古くさい(w
すべて結果を知ってるって感じ。

だって、177さんってちょっと熱が入ってるけど普通のお母さんって感じ。
はじめての子育てなら、誰だって迷ったり戸惑ったりして、
試行錯誤しながら子育てをして、自分自身も成長するって感じじゃない?
わたしも早期教育に少なからずとも興味があるからこのスレ見てる訳だし。

わたしも204さんのような子育てが出来たらいいなと思う。
周りに振り回されない子育て。実際に公園でママ友と話をすると無理なのよ。
204さんが現役子育て中なら、余程、素晴らしい教育をご両親から
受けられたんですね。羨ましい限りです。

217 :204:02/06/03 02:09 ID:YbixpZZ6
現役ですよ。
このスレに来たのは、近所に七田に通ってて、
すごくかわいそうな子がいるから。
かつては早期教育「不要派」だったかもしれないけど、
その子を見てから「否定派」になったかもね。

七田なんて聞いたこともなかったけど、
なんか虐待じゃないかと。

しかし、学校でも幼稚園でも、見事にうちだけ、
習い事とか塾みたいなのに行ってないのは。

そういえばあんまりダイレクトメール来ないな。
転勤族だから?

寝ます

218 :名無しの心子知らず:02/06/03 02:16 ID:wU7PlgPg
あっ、今気が付いた。
173=183=189=191=198=204=209=211=213=215
なんだ。

にちゃんなんてやってるとマジいい子に育ちませんよ。
私も足洗わなきゃ、早期叩きしてる間、子供泣いてるし。
寝よ。

219 :名無しの心子知らず:02/06/03 05:35 ID:xsdTUD2P
あれ 今頃気付いた??
もっと恐ろしい事に162=166=168=171=173…と続いていた人で
恐るべき長時間と喧嘩腰なのさ。先日の 速効氏ね なんて ほざく人と同一人物かい??
なんて おもたよ。


220 :名無しの心子知らず:02/06/03 08:15 ID:PUnhaEkK
ねえ、この中に自分もしくは自分のよく知る人が早期教育を受けてこんなに
できるようになりました。という人はおらんのかい?

公文やって羽生ちゃんになりましたとか。

音楽家の人はいないのかな?音楽は早期教育にピッタリだと思うんだけど
(子供の精神面にはプラスマイナスあるだろうけど)音楽家=2チャンしてる
暇ないよね。せいぜいヤマハ音楽教室の先生か。せいぜいなんていってごめんね。

早期教育のよい面を知ってみたい。

221 :名無しの心子知らず:02/06/03 09:19 ID:TEniFtoc
そういえば、3歳から毎日日記をつけ、5歳で書いた「天才えりちゃん金魚を食べた」で賞を取った
なんとか龍之介くん、今はどうなったんだろう?
七田が本の中で盛んに「お手本」として薦めてたけど。


222 :名無しの心子知らず:02/06/03 09:24 ID:PUnhaEkK
>204さんは ポリシーがあって習い事な一切しない主義なのですか?
転勤族だから必然的に?とか?

私は習い事反対派だったのですか、泳げるようにならないと海に行けないし
(夫婦で海好き)と思い水泳だけ幼稚園年長から始めました。
習いはじめると子供は今まで出来なかった事ができるようになるのが楽しくて
しょうがない様子でした。だからあんなに反対しなくてもよかったなと感じました。

今はもう小学生ですが、自分でこれをやりたいと言って習っているものがいくつか
あります。他人と進度を比べたり、その子の実力以上のものを求めてスパルタ
(懐かしい言葉でスマン)するのはよくないけど今までできなかったものが
少しづつ出来るようになっていくのは本人も親も楽しいものです。

大人になってそれが趣味につながれば、疲れたときや落ち込んだときには自分の
好きな事をして心が安らぐ事もあるし、それをしている時は心配事を忘れられる
とか。

早期教育と習い事がごちゃごちゃになってきちゃいました。

223 :204:02/06/03 09:49 ID:tVY5avHz
ポリシーですね。
私たち夫婦がそういうものと無縁で、気持ちよく育ちましたから。
でも、スイミングなど、子どもが逝きたいと言えば逝かせるかもね。
ただ、逝きたいとは言わない。

でも、泳ぐのはスイミングスクールに行かないと、
覚えられないものではないでしょ。
私は泳げますが、そんな水泳教室逝ったことありませんし。

224 : :02/06/03 10:01 ID:U9gE56fw
私は泳げなかったので
泳がなくてもいいガッコ自分で探しました
必然的に地域一番校だったので、めちゃ勉強するはめになりました(藁
そんで大人になってから、オーストラリアで潜ることになったら
泳げるようになりました。
お母さん、無理に泳がさないでくれてありがとう(藁

イトマン行ってる子とか、塩素で髪がボロボロだったけど、
水泳教室って、そっちの影響はどうなの?

225 :名無しの心子知らず:02/06/03 13:19 ID:1lgGlyNg
http://www.geocities.jp/yankeeknight_kuuga/
こんなHPあるよ

226 :名無しの心子知らず:02/06/03 13:35 ID:JXItgMF3
結局 教育より ガッツだよね。自分から覚えたい、知りたい、頑張りたいっ
っていう意欲。これがあれば時期なんて関係ない。

227 :名無しの心子知らず:02/06/03 13:45 ID:OM1u1xhi
私もそういう所ちょびっとあるから、人のことは非難できないんだけど。
子供は習いに行かせないと(教えないと)何も学ばないと思っている人多いよね。
マニュアル世代だなあって思う。
今流行りのベビーサインだって、昔から子供と話する方法であったと思う。
ただそれが体系だって本になっただけ。
これをありがたがる私たちの世代自身、「生きる力」とやらが乏しいんかいな。
さびしいのう。

228 :名無しの心子知らず:02/06/03 13:55 ID:yPhMthIz
今の時代には今のやり方がある。
変化してる。上手に利用すればいい。
第二次ベビーブームから狂い始めてる。
その子供が今、親になってるから始末が悪い。


229 :名無しの心子知らず:02/06/03 15:29 ID:T7fhJkFC
>228
母乳ブーム、ミルクブームが始まったのがその頃ですね。
抱き癖がつくと言われたのもその頃。 いつの時代にも形は違えど
マニュアルがあってやってきたのよね。
それを商法とするからトンチンカンになるのね。

230 :名無しの心子知らず:02/06/03 15:57 ID:x4Mym35P
早期教育うんぬんいうまえに
親の頭の中どうにかしたらどうか
最近の親 バカばかり

231 :名無しの心子知らず:02/06/03 16:18 ID:ORsUDbOO
出てこないね〜。早期教育で私こんなに天才になりましたって人。

232 :名無しの心子知らず:02/06/03 16:23 ID:3zO77NfE
知能指数って伸ばせるんでしょうか?
知識が多いか少ないか、はどうでもいいや。

233 :218:02/06/03 16:50 ID:wU7PlgPg
>>219
げっ、ほんとだ。私、全部違う人だと思ってた。
昼の1:57〜夜中の2:09まで延々とこの人このスレに書き込み続けてたんだね。
162=166=168=168=171=173=183=189=191=198=204=209=211=213=215

>恐るべき長時間と喧嘩腰なのさ。先日の 速効氏ね なんて ほざく人と同一人物かい??
なんて おもたよ。

そして更に223=224。
きっとその後も書き込み続けてるんだね。
一体このスレに何時間書き込み続けてるんだろう。
このスレこういう人数人で成り立ってたりして・・・と思ふ
今日この頃。

234 :名無しの心子知らず:02/06/03 17:00 ID:03P25lTA
>232
知能指数伸ばすわけじゃないけど
IQテストを何度もやらせれば高い数値が出るようになるよ。
これはただの「慣れ」で頭が良くなるわけじゃない。
おりがみなどで図形に慣れさせたりいろんな色のおはじきバケツ一杯与えて
放っておけば数にも強くなる。
パターン認識も出来るようになる。

でも「知識」が増えるわけではない。
IQが高いといわれても頭が良くなるわけではないんだよ。

私は>>232とは全く逆の理想を持ってるよ。

入社試験で適性テストの点数の高かった社員が
一番仕事が出来るとは限らないのと同じ事。

私は「未だかつてない点数」で某企業に入社したけど
お茶も入れられない、コピーをとる優先順位すらわからない何事を行うにも
ふつうの「常識」に欠けていたので物凄く使えない社員でした。(藁

IQテストの内容見たらどうやったら高い数値が出るのかすぐにわかるよ。


235 :名無しの心子知らず:02/06/03 17:45 ID:YnbMau5U
>232
お受験対策ならこのスレはやめておいたほうがいいよ。
煽られて終わりだよ。結果論は後からついてくるもの。
何をやったからどんな人間になるなんて誰にも分からないんだから。

236 :名無しの心子知らず:02/06/03 18:22 ID:3VKn/H0S
ここまでくると どっちもどっち。

237 :232:02/06/03 18:50 ID:J2Xy7+35
232です。
うーーむ。
別にIQテストの点数とかもどうでも良いのですが、
「頭が切れる」とか「頭の回転が早い」子にする
方法論ってあるんだったら知りたいな・・・
と思ったんですよ。

まだ幼稚園児だから、無理して
図鑑的知識や漢字や計算に興味を持たせる必要も
無いかな、と思っているのですが
どうなんでしょうかね?





238 :名無しの心子知らず:02/06/03 18:54 ID:swj3TtGp
>232
あっち向いてホイ が頭にいいと友人から聞いたけど
ホント?

239 :名無しの心子知らず:02/06/03 18:54 ID:ORsUDbOO
う〜ん もともとの素質はどうなんですか?幼稚園児だと既にもともとの
素質の部分は見えてきてませんか? 

240 :232:02/06/03 19:03 ID:3zO77NfE
>>239
そ、それを言っちゃいやん・・・・。

というか、もともとの素質はもう変えられないので
他所のお子様との比較ではなくて、
「うちの子が、今より」頭の回転の早い子になる方法論を
探しているのでございます・・・。



241 :名無しの心子知らず:02/06/03 19:08 ID:+tCIuHOU
>232
公文にでも行かせれば?

242 :232:02/06/03 19:12 ID:2QgNUy8S
え!?
公文については、いろいろ話を聞いたり調べたり
(2ちゃんのスレも読んだり)して
一応、私の中では
「必要なし!」と結論が出ているのですが・・・。



243 :名無しの心子知らず:02/06/03 19:12 ID:ORsUDbOO
し 失礼。うちの上の子はのんびりさんでしたので…。頭の回転は今だにゆっくり
です。2年生。私も知りたいわ。1を言って5知る。そんな回転技を。

ビデオやゲームは回転がよくなるのには役立たず。図鑑とかブロックとか
自分で考える隙間があるもの。そして親が口うるさく指示しないで自分で
頭を働かせられるよう見守る。かな。他に何かアドバイス下さい。

244 :204:02/06/03 19:16 ID:YbixpZZ6
>>233

>そして更に223=224。

 これは誤り。

>きっとその後も書き込み続けてるんだね。

 これも誤り。今回が223以来のレス。

>一体このスレに何時間書き込み続けてるんだろう。

 私の主戦場は別にありますw
 ここは片手間ね。

245 :名無しの心子知らず:02/06/03 19:20 ID:pJWrVpna
しりとり。パズル。10ならべ(よくお祭りで売ってるやつ)
まちがい探し。ババ抜き。七並べ。オセロ。

246 :名無しの心子知らず:02/06/03 19:22 ID:ORsUDbOO
>204 知ってる〜!!やっぱりそうだったんだ。今日は大人しいと思いきや
よそでガンガンやってましたね。その攻撃的な文章、特徴あるもんね。でも、乗ってくる
人はすくないんじゃない。あ〜ここでもやってんだ…シラッ〜って人も多いよ。

247 :名無しの心子知らず:02/06/03 19:28 ID:ORsUDbOO
下の子は回転早いんだけど、親が与える前から本やブロックやパズル
しんけいすいじゃくが大好き。上の子頑張れ。でもどっちも可愛いんだけどね。

248 :名無しの心子知らず:02/06/03 19:56 ID:8Vq5gVLd
>>一体このスレに何時間書き込み続けてるんだろう。
> 私の主戦場は別にありますw
> ここは片手間ね。

えー!他でもガンガンやってたのーーー!!!
本当に育児中?ちゃんとご飯は作ってるの?
204の子供は大丈夫なの?早期教育ウンヌン言えるのか???

249 :204:02/06/03 20:03 ID:YbixpZZ6
>>246

 確実に人違いですね。
 きょうそこでガンガンやるのは、これからですし。
 こことはまったく分野が異なりますし。
 同定することは不可能でしょう。

250 :218:02/06/03 20:21 ID:wU7PlgPg
早期教育否定派も大概だなぁ・・・と思うようになってきた。
なんとなく。
人の勝手といえば勝手だけど、
にちゃんにこれほど入り浸って早期云々言えるか、と。
子育ては?
いくら否定派だからといって
喧嘩腰で12時間もこのスレに書き込み続けてさ。
それも片手間、って言うんだもん。
怖いよ。

251 :名無しの心子知らず:02/06/03 20:37 ID:BtLNorrU
スイミングもピアノもやらせないうちから、
「うちの子は興味がない!」って言えるものなのかなぁ〜?
とりあえず触れさせないと子供って始めたがらない気がする。

252 :名無しの心子知らず:02/06/03 20:42 ID:ahU0yYXG
>251
体験とかに連れて行って様子をみるのもいいね。

自分で習いたいと言い出して、辞めたいと言われれば、
頑張れという理由もあるからいいけど、

親が決めて、辞めたいと言われて、辞めさせると、
なんか根気のない子になってしまいそうだよね。
頑張れと言っても無理にやらせることになって、あまり効果なさそうだし。

その辺、上手くやれればいいナーと思う今日この頃です。

253 :204:02/06/03 21:01 ID:YbixpZZ6
>>250

 要領が良ければ片手間でしょw
 あなた、要領が悪いんじゃないの?








 と、ご希望に応えて煽ってみる。

>>251

 どうして、スイミングとピアノなの?
 囲碁・将棋やバイオリンじゃいけないの?
 柔道や和太鼓じゃダメなの?

 習い事は、スイミング、ピアノという硬直した発想。
 なんだかなぁ。 

254 :名無しの心子知らず:02/06/03 21:03 ID:EDqcl2zZ
>>243
子供グループの中でもまれると、とりあえず回転は早くなるよ。
幼児教室みたいに大人が仕切るのでなく、純粋に異年齢の子供集団ね。
先の予測を立てて行動しないと、我が身に災難がふりかかるから
自然に「はしこい」子供になる。

それが好きか、嫌いかはまた別問題だけどね。

255 :名無しの心子知らず:02/06/03 21:04 ID:L1Aq0u5/
>253
もうやめたら?説得力ないよ

256 :名無しの心子知らず:02/06/03 21:07 ID:BtLNorrU
>>253
スイミングとピアノは習い事の定番だから例に挙げたまでなんだけどな〜。
いちいち世の中の習い事を挙げていかなくちゃ発想が硬直してるの〜?

なんだかなぁ、だわ(w

257 :名無しの心子知らず:02/06/03 21:15 ID:OM1u1xhi
204はまともな事言ってると思うなあ。
〜法からじゃなく、自分の頭と目で子供を見ている気がするよ。
あ、自作自演じゃないよん。

258 :204:02/06/03 21:16 ID:YbixpZZ6
>>256

 習い事の定番という風潮に毒されているということ。
 「とりあえず子どもに触れさせた方がいい」という発想は、
 その毒された思考を覆い隠す言い訳でしかない。

259 :名無しの心子知らず:02/06/03 21:20 ID:2QgNUy8S
子供を窮地に立たせる。
そして手助けしない。
(自分で工夫して乗り越えるようにさせる)

260 :名無しの心子知らず:02/06/03 21:21 ID:FysQ+qiL
>257
まともな事言ってても実践が伴って無いとね。
口で言うだけなら簡単よ。ただの放ったらかし育児よ。

261 :名無しの心子知らず:02/06/03 21:50 ID:WjsugH7C
>260
アハハ
放ったらかし育児を早期教育反対で正当化してるのネ。

262 :名無しの心子知らず:02/06/03 23:12 ID:VqnWot2C
このスレ読んでて思ったんですが、他人に対しての思いやりを感じ
ない様な文体で早期教育の危険性を警鐘されても、他人の子供の事
を心配しての警告とは思えないのだが、どうか。 

結局、

1)放ったらかし育児を早期教育反対で正当化。
2)他人の子供が自分の子供より賢くなるのは耐えられない。

の理由に拠って発言している様に感じてしまう。残念。 もっと、
論理的に早期教育の危険性を知りたいと思うのだけれど。

263 :名無しの心子知らず:02/06/03 23:27 ID:WjsugH7C
>他人の子供の事を心配しての警告とは思えない

禿同!

264 :名無しの心子知らず:02/06/03 23:35 ID:Z4PIELn6
今朝の毎日新聞に
「急がされる子どもたち」デイブィッド・エルカインド著
という本が紹介されていました。
http://www.mainichi.co.jp/edu/mori/hon/2002/0603.html



265 :名無しの心子知らず:02/06/03 23:43 ID:WjsugH7C
情報ありがとう!早速アマゾンで注文をと思ったらお取り寄せ。
今年の4月に出たばかりなのに、売り上げランキングを見ると、
結構、売れているんですね。早期教育の危険性を知りたい親が増えている
証拠ですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314009128/qid%3D1023115172/249-0222008-9570743

266 :204:02/06/04 00:04 ID:mEkmFIww
>>262

 キーワードは「児童の最善の利益」です。
 「親の利益」ではないということでしょう。

子どもの権利条約
第5条
 締約国は、児童がこの条約において認められる権利を行使するに当たり、
 父母若しくは場合により地方の慣習により定められている大家族若しくは
 共同体の構成員、法定保護者又は児童について法的に責任を有する他の者が
 その児童の発達しつつある能力に適合する方法で適当な指示及び指導を
 与える責任、権利及び義務を尊重する。

第18条
1 締約国は、児童の養育及び発達について父母が共同の責任を有するという
原則についての認識を確保するために最善の努力を払う。
父母又は場合により法定保護者は、児童の養育及び発達についての
第一義的な責任を有する。
児童の最善の利益は、これらの者の基本的な関心事項となるものとする。

第19条
1 締約国は、児童が父母、法定保護者又は児童を監護する他の者による
監護を受けている間において、あらゆる形態の身体的若しくは精神的な暴力、
傷害若しくは虐待、放置若しくは怠慢な取扱い、不当な取扱い又は搾取
(性的虐待を含む。)からその児童を保護するためすべての適当な立法上、
行政上、社会上及び教育上の措置をとる。

267 :名無しの心子知らず:02/06/04 00:06 ID:yUoGv69K
>他人の子供の事を心配しての警告とは思えない

あのね・・自分の子供が可愛いから歪曲的に他人の子供の心配もするの。
自分の子供の周囲に弊害でまくりの子供がいたら怖いじゃない


268 :263:02/06/04 00:12 ID:Gbvqg1Fg
>267
>>他人の子供の事を心配しての警告とは思えない

この意見に、禿同した者です。
過去レスを読んで激しく同意したのですが・・・。
これは、早期教育を反対する人、全般を指しているのではなく、
約1名を指して言っているのです。

269 :名無しの心子知らず:02/06/04 00:14 ID:yUoGv69K
>268 了解w

270 :名無しの心子知らず:02/06/04 00:27 ID:keRbo9SO
>>267
そこまでやってる馬鹿は滅多にいないっちゅうねん。
にちゃんにへばりついて早期批判してる親の子供こそ
心配じゃないの?

このスレ読んでると、
@ほったらかし育児を早期批判で正当化
A他人の子供が自分の子より賢くなられたら困る
的な、重箱のスミつつくような意見ばかり。(マザーグースの英語のテープ
聞かすのも早期になるから駄目なんだと・・・たまたま書店で買ったは
早期教育をする言い訳だって書いてたね204)
204なんて217でも書いてるけど「周りは塾・お稽古事に
全員行って」て、「転勤族で自分とこにはDMも来ない」と書いてある。
結局、な〜んにもしてないかなりの少数派ってことじゃないの?
ある程度余裕あるうちなら、教育にも稽古事にもお金かけるよ。
触れさせなきゃ、合うか合わないかもわからないじゃない。


271 :224:02/06/04 00:30 ID:wBQ4WQlh
>>233
>そして更に223=224

訂正なしかよー。漏れは一回しか書き込んでないぞー。
他人に対しての思いやり…ってか。


272 :名無しの心子知らず:02/06/04 00:42 ID:2dZAvBDt
>271もこんな時間に長々と批判してないでさっさと寝なよ・・・



273 :名無しの心子知らず:02/06/04 01:20 ID:Gbvqg1Fg
>224=271
よい経験話をありがとう!

>272
271さんは批判はされてませんよ。
223≠224 違う人です。

私も寝よー。

274 :名無しの心子知らず:02/06/04 01:50 ID:2Y2EEcqM
名前は忘れましたが、ある翻訳家が9歳ぐらいまでは外国語を習うより母国語を
しっかり勉強しないと自らの考えや感情を言語を介して整理する能力に欠ける為、
大人になっても人格形成が不充分になるケースがあるとか言ってました。
やっぱ普通の子だと思ったら、まずは母国語ですか。?って早期教育に肯定とも
否定とも取れる意見でした。

275 :名無しの心子知らず:02/06/04 03:13 ID:2Y2EEcqM
274です。みんな寝ちゃってるみたいなので連続で恐縮ですが、書かせて頂きます。
うちの子は今、3歳です。私も「これからは英語でネットの時代」と考え、うちの子
もそろそろ・・・などと考えておりました。語学は出来るに越したことはないと思い   
ます。ただ、うちの子に限っていうと(時期尚早教育)に成りかねないな、という気
がしてなりません。遊びかたなどみても興味の対象は様々で、言わばガイダンスの段階で
専門分野に踏み込む準備が整っていない様に思われます。遊びや親子関係のなかで情操
を育てるのも大切かなと思いはじめています。言語明瞭意味不明より、へたな英語でも
気の利いたことが言える方がひとに愛されるんじゃないかと・・・・         
早期教育肯定派の方々に反論しているわけではありません。適性が有りそうでしたら私
もやらせてみたいです。ピアノとか・・・ただ今のところはまだ無理そうです。  
放し飼いと言われればそのとうりですが、とりあえず・・・です。


276 :名無しの心子知らず:02/06/04 03:21 ID:2Y2EEcqM



それはそうとあんたの書きこみ、なんとかしろよ!!読みにくすぎ!!
・・・と自分で突っ込んどいて寝るシロウト。




277 :名無しの心子知らず:02/06/04 04:42 ID:2jPdpI3M
>274,275,276
色々と葛藤されたのでしょうね。

>放し飼いと言われればそのとうりですが、
一応、説明ですが。
放ったらかし育児というのは、2ちゃんねるのこのスレに何時間も、
長々と攻撃的に早期教育批判している人を意味するものです。
反早期教育イコール放ったらかし育児ではないのでお間違えないように!


278 :名無しの心子知らず:02/06/04 07:06 ID:gwRRcu3t
スイミングやピアノだって、習わなければわからないものでもないと思うんですけど。
海に泳ぎにいったりしませんか?家にひとつも楽器置いてないですか?
和太鼓は教える先生が少ないから子供が触れるべき選択肢にすら入りませんか?

早期教育肯定派と否定派は比較的近いところにいるかもしれませんね。

279 :名無しの心子知らず:02/06/04 07:25 ID:XRy73mk9
>274
ロシア語通訳の米原万里子さんかな?
私は彼女の著書「貞淑な醜女か不実な美女か」を読んで、
英語の早期教育はしないと決めました。
やっぱり言語のプロが言っていることには説得力があったし。
米原さんは「魔女の1ダース」でも外国語の習得について興味深いことを
書いているので、興味のある方はご一読を。

280 :名無しの心子知らず:02/06/04 08:45 ID:tAqw3PD0
>>231
いるわけない。早期教育が一般的に注目されたのは、
早くても中学生程度だよ。そんなに歴史はない。
でも最近そのくらいの年齢の凶悪犯罪ありますな。
あれが一つの答えだと思ふ。



281 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:09 ID:qzDmskIs
そうか そう 凶悪犯罪。でもさ できるようになって皆も羨むような人生を
歩んでいる人もいるからこれだけ早期教育がもてはやされて 皆〜式をやったり
してるのかなって思うじゃん。

幼稚園でフラッシュカードを取り入れている園なんてすごいんだよ。ものすごい
早さでカードを見せて園児にあてさせて…。こんなすごい事(酷い事)している
ならよっぽどの効果と幸せが待っていないと。

今日はうちの子は思う存分泥だんごをつくりに、絵本を読みに、友達とかかわりに
園へ行きました。この時間あのカードをやっている○○くんに救いを…。

282 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:19 ID:m2aSZ+yl
このスレをのぞいている人って、
良くも悪くも、我が子の能力開発に興味津々な人ばかりですよね。
私もそうです。早期教育については、どちらかというと
「不要派」ですけど。

実は、私、子供服って全く興味ないんですよ。
だって洋服なんて関係なく可愛い子供は可愛いし
ブチャイクなお子様はブチャイクだし
我が子であれば、例えブチャイクでも
メロメロに可愛いですもん。
洋服なんて動きやすくて温度調節のしやすい物で
清潔でさえあれば、本当に何でも良いんです。
ブランド名なんて全く知らないし。
だから、人様がブランドにこだわってても
何も感じません。(良いとも悪いとも、何にも意見がありません)

だから、2ちゃんねるやってても子供服関係のスレなんて
一度も覗いたことすらなかったんです。

でも、先日、うっかり操作ミスで覗いてしまったら
別世界が繰り広げられていて、心底、驚きました。
ブランド否定派とかも、結局、衣装に拘りがある人なのね〜〜
と思いましたよ。あげくに
「子供服を買うのが嫌いな人なんていないよね」とかいう意見に
全員が禿同してるし・・・。

それで、思ったんですが、結局、このスレだって
のぞいているのは、(例え、早期教育に対するスタンスはさまざまであっても)
子供を優秀にすることにこだわりのある人だけで
世の中の多数をしめる、自然派な人にとっては
「些細なことにムキになってる暇な人たちだなぁ」ぐらいにしか
思われてないかも、ですね。


283 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:25 ID:NU2csICE
↑長い割には内容ないな。

284 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:34 ID:qzDmskIs
↑あれま なんて はっきりと。

285 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:35 ID:qzDmskIs
>204さんのを読む方が楽しいよね。ムチャクチャで。

286 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:39 ID:9J5voe8e
279さん274です。ナイスなフォローありがとうございました。
私も読んでみます。翻訳家ではなくて通訳さんでしたね!

287 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:39 ID:m0p5MCij
>282
そんな事今頃気づいたのかよ。

2ちゃんは些細なことにムキになってる暇な人たちの集まりでしょ?

288 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:44 ID:0dQvj7LK
私が早期教育しないのは、小さい頃はのびのびと暮らしていた方が
大きくなってから伸びる!と信じているから。基礎のないところに建った
家はもろいですからね。
でも先に先に進めたがる人の気持ちよくわかります。私も今はその時期
ではないと我慢の連続です。やっぱり魅力的な広告やいろいろさせてる
子を見ると本当にこれでいいのかなって不安になります。

うちの子供1歳半。しっかり外遊びさせてます。私が独身時代から
絵本の読み聞かせボランティアやってたので、絵本だけはたくさん
買って読んであげています。
それがその子にとって最良の教育だったって分かるのは成人してから
なんだろうな・・・。

289 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:46 ID:qzDmskIs
そうそう で、自分の書いている文を読んで!読んで!読んで欲しい!でいっぱい。
ちょっと慣れてくると、今度は煽り隊になってあちこちで、むちゃくちゃな事
いって叩かれて喜ぶようになる。

290 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:50 ID:wAnRBCCS
>>279
つっこんで申し訳ないが「米原万里」さんだよ。
このひとのエッセイ面白いよね。
私もはじめに母国語ありき、という考えなので一度読んでみよっと。

子どもに英語教えてますえらいでしょ私!って鼻ターカダカなサイトって、
結構誤字脱字多いのよね。


291 :名無しの心子知らず:02/06/04 09:51 ID:RVT2ZK8J
私が早期教育しないのは、自分がやられてイヤなことを、
人にするな、と教えているから。

292 :262:02/06/04 09:58 ID:04+nxcd9
262で発現したした者ですが、私の発言の趣旨は、

文体に思いやりが無い人が、教育について発言をして
いても、説得力がありませんよ、個人的感情から発言
してる様にしか「感じられません」よ〜。

・・・と、まぁ、こんな事を言ったつもりだったのですが、
どうも私の書き方がいけなかったのか、判りにくかった
様で申し訳ない。


で、>>262 = 204 氏へ

子どもの権利条約のコピペ、ありがとうございます。
しかし、これは、私の発言に対するレスで宜しいので
しょうか? 児童の利益は親の利益より優先すべきだ
という論旨は私も同意するところですが、204氏がコピ
ペをした理由が私には良く判りません。ごめんなさい。


293 :262:02/06/04 09:59 ID:04+nxcd9

>>267
>あのね・・自分の子供が可愛いから歪曲的に他人の子供の心配もするの。
>自分の子供の周囲に弊害でまくりの子供がいたら怖いじゃない

私は単純に他人の子供も社会にとって大切なものだという
認識を持ちたいと考えます。特に、教育に関して論じる時は、
この認識を持つべきだと思うのです。

自分の子供さえ良ければ良いというのは、親としては正しい
のかも知れません(利己的遺伝子!)が、教育に関して言えば
社会に還元できる様なものが無い場合、それは単に、子供の個
体間の差別化を演出するツールとなってしまうような気がします。

偉そうな意見ですみません。


294 :262:02/06/04 10:02 ID:04+nxcd9
あ、上の

   社会に還元できる様なものが
              ↓
   社会に還元できる様な理念が

とでもしてください。 スマソ

295 :名無しの心子知らず:02/06/04 10:06 ID:XNqkF3I8
ウチは双子。
一人(A)は英語とヤマハに行ってる。
字を書いたり迷路をするのが好きなのでポピーの「ドリドリドリル」
も取ってる。おとなしいので幼稚園が終わったらすぐに帰ってくる。
姑に字を習ったりそろばんを教えてもらっている。
よく話を聞いて考えながらやっている。

もう一人(B)はスイミング。
座っているのが嫌いなので「お勉強」はしていない。
ほぼ毎日延長保育で6時まで遊んで帰ってくる。
夫と野球ごっこやサッカーをしている。
本を読んであげようとすると逃げてでんぐり返しをしている。
寝るのも早い。

もし子供がA一人だったら早期教育肯定派だったろうし
きっともっとお金を掛けていろいろやっていたと思う。
B一人だったら否定派だったと思う。
もっと毎日公園や山に連れて行って遊ばせたと思う。

やる、やらないは自分の子供の様子次第かな。


296 :280:02/06/04 10:10 ID:e3uWIRkL
>>281
>できるようになって皆も羨むような人生を
>歩んでいる人もいるからこれだけ早期教育がもてはやされて

羨む人生と早期教育は繋がらない。
それはセールストークに引っかかっていると思われ。

小さな頃は何かの教えをさせてみるより、子供に好き勝手に
させた方が、後世羨ましがられる人生になる率は高い。
創造力と決断力を伸ばすにはそれが最強。

早期教育は間違いなく幼い年齢でのすばらしい結果は期待できるが、
後世の期待には向かないな。まぁ、ある意味名実共に、
あっているので商売的には詐欺でも、違法ではないな。(w



297 :280:02/06/04 10:12 ID:e3uWIRkL
>>296 誤字訂正。
>あっているので商売的には詐欺でも、違法ではないな。(w

あっているので商売的には詐欺でも、違法でもないな。(w


スマソ!!

298 :名無しの心子知らず:02/06/04 10:15 ID:XNqkF3I8
>296
親が勉強している姿を見て真似したがる子もいるし
いろんな場面(教室)に行ってそこそこで居心地の良い場所を
見つける子もいるよ。

逆にそれが苦痛でしかなく自分なりの創造性で自分なりに学び
自分なりの表現力を身につけて学校でならった勉強と上手く結びつける
子もいると思うけど。

全員が全員同じタイプではないし、昔から幼い頃から手習いしていた子は
いるとおもうよ。

299 :名無しの心子知らず:02/06/04 10:27 ID:WTwwt/GI
早期教育が問題なのは、子供を自己表現の道具にしてる親がいるからではない?
出来のいい子供を持つことが、母親としての能力の高さだと思い込む親がいる。
自分をもっと高く評価して欲しいと思い、子供に合わない早期教育をするという
傍から見てたら思い切り履き違えてる親が多い気がするんだけど。

うちは小学校受験したから、子供に早期教育をさせたほうになるのかもしれないな。
早期教育に肯定も否定もしないけど…
親が「うちはこうするんだ!」って迷いがなければどっちでもいいんだと思うよ。




300 :名無しの心子知らず:02/06/04 10:37 ID:wAnRBCCS
300!


301 :名無しの心子知らず:02/06/04 10:40 ID:k/JGq9bB
>>295
ネタではなくて、本当に実話なんですか?
お子さんは、もう幼児ではなくて大きいのかな。

私のまわりのママたちは、兄弟二人を同じお稽古事に
ぶっこんでるママが多いです。
年少と年長、など明らかに無理があるのに
同じクラスに入れたがったりします。
(送り迎えの回数を少なくしたいらしい)

そんな姿勢で習い事させたって、身につかないだろうし
お金の無駄だって思うんですけどねぇ。

うちはどうせ一人っ子だからさ。兄弟育児の大変さは
わかりませんけどねぇ。

302 :名無しの心子知らず:02/06/04 10:53 ID:u47tlC/q
>299 どうして〜!!小学校受験されたのですか??いつも疑問でした。

我が家が公立小学校へ行っているのは経済的にどう考えても私立小学校へ
行かせられない。

近所にたくさんたくさん友達がいて毎日の様に遊んでいます。その環境は
何ごとにも変えられないと思うので。ちなみに小学校はDQN小学校ではありません。

小学校から私立と言う事はステイタスのある学校なのですよね。私立小があたり
まえの環境(育ちとか経済的にとか)の方々が行っている小学校はもうその中の
世界の中で純粋に育つべしべし、下界に下りてこぬようなんて思いますが、さえない
私立小学校へ進んで果ては冴えない私立大学へ進もうもんなら、なんで私立小へ
行ったんだろう?って疑問に思ったりするので。

煽りではありません。いっつも疑問に思っているの。他の人が煽っても私は煽らないので
教えて下さいませんか?

303 :名無しの心子知らず:02/06/04 10:58 ID:dA1DiA7W
>301
実話ですよ。
今幼稚園児です。
夫の両親と同居しています。

本当は同じにしたかったのですが、タイプが違うので
一緒に見学に行っても意見が真っ二つに分かれるのでこうなりました。
最初は2人をスイミングに入れたかったのですが、
一人は「プールいくの?何回行くの?」と悩んでしまって
つむじの周りがハゲてきたのでとりあえず「今度いつ行くの?今行くの?」
と行きたがっている一人だけ入会。
幼稚園に併設されているプールなので親の同伴は無しです。
終わったら家までバスで送ってくれます。
で、何もやっていない方にも何かやらせようと思ったら
「ピアノ」というのでとりあえずリーズナブルなヤマハに。
(この時間、Bはスイミング)

徒歩3分の所に教室があるので
英語を2人にと思ったらまたもや一人が「おべんきょうはしない!」
と言うし、親は送り迎えのみでいいので一人で入会。

姑(いい人)が同居しているから出来るのです。
子供2人に母親2人のようなものですから私も一人っ子のお母さんと
同じだと思いますよ。




304 :301:02/06/04 11:12 ID:jZjCpym9
>303
そうでしたか〜〜
興味深いお話です。
双子でも、好みが違うのですね。
教育方針も、子供次第ですよね〜〜



305 :303:02/06/04 11:30 ID:dA1DiA7W
>>304
一人で3つ4つお稽古事に通っているお子さんもいるので
2人で3つ+延長保育(一回300円)の方が本人の適性も汲む事が出来て
却って良かったと思っています。

一人はお稽古に通うようになって自己表現が出来るようになって
良かったと思っています。
英語も週に一回ですから日常の言語に支障をきたす程の効果は
見られません。(藁。
しかし、普段内向的なので少人数で発言の機会を与えられ
英語では自分が(クラスの中で)よく出来たという事がわかりそれが
自信に繋がってよい結果をもたらしていると思っています。

身近に比較の対象がいるのでどうしても小さい時におとなしいと
劣等感をもってしまいがちなので、少しでも自信を持てるものがあれば
やらせてもいいのでは???と思いますが・・

集団の中でも自信を持っていきいきと過ごせるのであれば
幼児の頃に無理に「教育」をつける必要はないと思います。


306 :名無しの心子知らず:02/06/04 13:41 ID:IhecwXgB
>>303さんのスタンスが好きだわ。
そういうお母さんばかりなら早期教育も悪くないと思える。
やったものに見合うだけの成果を要求すると、子供が可哀想だなと思うのよ。

うちの子が小2の時、授業参観の後で怒られてる子がいたよ。
「あんたは3才から公文に行ってるのに、どうして○○くんに負けるの!
○○くんを見習いなさい!!」
別に負けてるようには見えなかったのにね。
担任の先生だって、不公平が無いように万遍なく答えさせてたし・・・。
何を見て自分の子が負けてると思ったのかも理解できなかったよ。

307 :名無しの心子知らず:02/06/04 14:58 ID:xLB9/9Pf
京都教育大の加用文雄さんの(保育園での泥団子作り指導)の話で、子供たちが
何日もかけてピカピカの泥団子を夢中になって作るっていうドキュメントを以前
見たんだけど、結論として、「将来なにかに役立つっていうものではないけれど、
団子をいじっている時の子供たちは本当に生き生きとしているのは確かです。」
みたいな事をおっしゃっていました。                   

何かすぐ成果の現れるものって魅力ですけど、こういう(泥団子)みたいなもの
っていうのも必要な気がする。                       

だって頭脳明晰、品性下劣な外務官僚とかって子供の頃遊んでなさそーだし。

308 :271:02/06/04 15:22 ID:BXXTDF1/
>>273
フォローありがとう。

>>307
上のほうは、いい話だと思ったけど、最後の一行は「?」。
遊びたい子は遊んで、勉強したい子は勉強すればいいんだよ。
遊ばないことが欠陥みたいな言い方はどうなんだか。

309 :204:02/06/04 17:37 ID:8xM+PO80
>>292

>>266 は、あなたへのレスです。論理的に早期教育の危険性を考えるためのね。

 子どもの権利条約は、教育分野において、inclusive education という
 世界的な流れに乗っていると言われます。インクルーシヴ教育ね。
 ネット検索すれば分かるように、主に障害児教育の分野で語られていますが、
 そのもっとも大切な精神は、
「それぞれの子どもの個性、ニーズに合った教育を提供する」
 ということだと思います。

 早期教育の問題点は、子どものニーズに合っていない教育を
 身勝手な親が押し付けていることです。
 それは条約に謳う「子どもにとっての最大の利益」ではありません。

 確か、しなぷすさんも指摘されていたと思いますが、
 子どもはそれぞれ個性を持ってます。
 その子の独自のニーズに適合していれば、
 それは早期教育ではなく、適時な教育です。

 問題は、商業ベースに乗せられる親が「前のめり」になり、
 子どもの本当のニーズを無視していることです。
 それぞれの子どものニーズを見極めるのは大変難しいですが、
 色々やらせている親は、時々立ち止まって冷静になるべきです。

310 :名無しの心子知らず:02/06/04 17:45 ID:RHfOe14O
おぉ!! 204さん いい事いう! こういう風にも書けるんですねぇ。
こういう反論意見を読めると2チャンに来ておもしろい!と思える。

でも、何故か子育てしている匂いが相変わらずしませんね。

>「それぞれの子どもの個性、ニーズに合った教育を提供する」
で、ご自分のお子さんの習い事は一切していないんですよね。
まだまだ小さいからでしょうかね。

311 :204:02/06/04 17:59 ID:8xM+PO80
>>310

 習い事に逝かせなくても、
 ニーズに合った教育を提供することはできます。
 教育を提供する手段として、
 安易にそのような商業ベースの手法に走るのがいけないのです。

312 :名無しの心子知らず:02/06/04 18:01 ID:l9zvH8ml
全然、育児に協力しないうちのダンナは
将棋が大好き。
だから、子供に将棋を覚えさせたら、ダンナも
相手してくれるんじゃないかと思うのよ。

将棋って私は下手くそなんですが
頭の体操に良さそうですよね?

大体、何才ぐらいで、まともな将棋が
させるようになるものでしょうか?
(もちろん、個人差の大きい世界ではあるでしょうけど
平均的な年齢の話でお願いいたしまする)

313 :名無しの心子知らず:02/06/04 18:04 ID:jZjCpym9
で、具体的に204さんは子供には
どのように接してらっしゃるわけ?
とっても興味があるので
是非是非、ご教授ねがいたいですーーー!!

314 :名無しの心子知らず:02/06/04 19:52 ID:keRbo9SO
204がなんか言っても寒いだけ。
もういい加減にしたら?全然、現実味ないわ。
口汚く早期批判するばかりで、2ちゃんねるに
へばりついて・・・。
あなた一人じゃないの?
何回も何回も意味のない喧嘩腰の早期批判、コピペしてるのは。

他の皆さん、早期やってる人もやってない人も
すごく穏やかでゆとりがあるように見えるし、見習いたい
ところもたくさんある。


315 :名無しの心子知らず:02/06/04 20:09 ID:RHfOe14O
↑ちょっともったいない

204さんの言う事は皆さんだいぶ差し引いて読んでいるから大丈夫じゃない?
だいぶ?ほどんど?! 

316 :名無しの心子知らず:02/06/04 20:23 ID:6Zo4oQeP
204に関係のない話題、キボンヌ


317 :名無しの心子知らず:02/06/04 20:32 ID:pocpUWPj
>309
>問題は、商業ベースに乗せられる親が「前のめり」になり、
>子どもの本当のニーズを無視していることです。

こだわるね〜(w

204文章が前と比べて優しくなったね。このような内容は本を読めば
いくらでも得ることが出来る。204の体験を踏まえての意見が聞きたいな。
その、近所の七田に行ってる子の話を是非。

318 :しなぷす:02/06/04 20:48 ID:qQkWSn1U
勉強さえ出来れば幸福になれる、というような安易な幸福論の時代は
完全に終焉を迎えてるよ。
これからの時代の波・動きを的確に予知把握し
どのような人間が適応していけるのか、その方向から子供の教育自体を
捉え直した方が良い。
ここにはいないと思うけど、子供の健全な育成に悪影響を及ぼすほどの
「教育」という名の虐待を強いているような親はきっと後悔する時が来る。
と、私は思っています。

319 :名無しの心子知らず:02/06/04 21:03 ID:keRbo9SO
あっ、しなぷすちゃん。
ちょっと教えて。
スレと関係ないんだけど、中1で
かなりIQ高いんだけど160〜170位。
遊び大好き、勉強もそう嫌いじゃない。
イマイチ、それの時間配分(どういうふうに計画を立てていけばいいか)
がわからないみたいなの。

なにか、親からアドバイスしてあげるとしたら
どういうアドバイスがあるかな?


320 :319:02/06/04 21:13 ID:keRbo9SO
上に追加しておきます。
しなぷすちゃんに少しでも情報が多いほうがいいかと思い
IQまで出しました。
今は友達と一緒にスポーツや遊びに夢中です。
でも、高校受験に向けても頑張りたい気持ちがあるみたいです。

321 :しなぷす:02/06/04 21:23 ID:qQkWSn1U
>>319
素晴らしいIQですね!通常150以上は天才と分類されています。
それ程のIQを保持していれば、中1程度の学校の勉強は退屈でしょうがないかも
知れませんね(w
高校受験程度なら難なくこなせるような気がします。
油断は良くないけどね。でも理解度や習熟度は抜群でしょ?
可能なら、お子さんと同程度のIQを持っている家庭教師をつけてあげるのも
良いかもしれませんね。
受験対策だけでなく天才特有の物事の思考の仕方を学べるかも。
学校の授業に拘らず、何かご本人が興味を持っている事とかがあれば
その方面の学術書を買ってあげたりするのも良いものですよ。
あと、今はネットでかなりの情報を収集できるので
お子さんの興味の方向性を妨げない事かな。
スポーツ、遊びに夢中!万歳!素晴らしい事だと思います。
どんなに頭が良くても体力がなくちゃ、いい仕事できないし
幸せになれないもんね。

322 :名無しの心子知らず:02/06/04 21:33 ID:UR/wiRkH
>321


323 :名無しの心子知らず:02/06/04 21:34 ID:ZlaSKCcl
「しなぷす」さんと、「しなぷすちゃん」な同じ方ですか?
いつも参考にさせてもらってますよ。

>可能なら、お子さんと同程度のIQを持っている家庭教師をつけてあげるのも
>良いかもしれませんね。
どうやってさがせば良いんでしょうね。



324 :しなぷす:02/06/04 21:54 ID:qQkWSn1U
しなぷすちゃんと同一人物です(w
ちゃん付けってなんだかふざけてるかも、と思うようになって
外しました。

確かに同じようなIQ保持者を探すの、難しいかもしれませんね(w
ちょっと安直だけど灯台生や兄弟生の中から選考するとかね。
良い影響を与えてくれるちょっと年上のお兄さんとかお姉さんって
子供にはとても必要だと思います。
高い学力を有している子は、知的交流という部分で
同世代だけでは賄いきれない部分があると思うので。

325 :319:02/06/04 22:21 ID:keRbo9SO
しなぷすちゃん、レス読みました。嬉しかった、ありがとう。
子供が眠ってから、また来ます。

326 :名無しの心子知らず:02/06/04 22:27 ID:I9jkrE2V
便乗してすみませんが、幼稚園児の娘には何かありませんか?〜式以外が
いいなあ。本は3年生の上の子供のも読んでいます。図書館を2ヶ所に分けて
通っています。ガンガンよんでます。 買って買って攻撃でドリルを買ってます。
パズルやブロックもやっています。親が苦手で音楽系はさせていないんだけどね。

327 :204:02/06/04 22:54 ID:mEkmFIww
たぶん明日からレスできないので、今夜限りかも。嬉しい?

>>313

 極めて平凡。
 子どもの好奇心、疑問にはなるべく具体的に丁寧に説明すること。
 いろんな体験を生活の延長の中でさせること。

>>314

 私はコピペを一切しておりませんが、何か?

>>このような内容は本を読めばいくらでも得ることが出来る。

 本を読むほどのことでもないけど、
 inclusive education という言葉ぐらいは知っててもいいかもねwww

 近所の七田の子。あまり具体的情報はご勘弁を。私はその辺、慎重です。
 まさに虐待を受けているという感じかな。
 児相に連絡しようかと思ってしまう、マジでね。

328 :名無しの心子知らず:02/06/04 22:59 ID:zJlXKK7i
>>312
うちの子は7才の5月に突然将棋に目覚め、今は将棋教室に通っています。
家には夫以外に相手がいないので、本人の希望です。
夫はアマ有段者ですが、それまでは誘っても全然興味がありませんでした。
それ以来、本屋に行く度に将棋の本を買ってくれと言います。
最初に買った本が「実践の振り飛車やぶり」だったりします・・・。

バイオリンも好きで、将来の夢は「駒音会」に出ることだったりします。

329 :しなぷす:02/06/04 23:02 ID:qQkWSn1U
>326
もしかして私に聞いてる?
子供って絵を書いたり粘土で何かを作ったりしてる時
ものすごい集中力がありませんか?
きっと脳の中が想像の世界で満たされているのだと思います。
その瞬間って色々な神経細胞が繋がっているのでしょうね。
幼児にとって一番大切なのは集中力をつけてあげることです。
子供の創造性を阻害しないように見守りつつ
表現性を高められるようなことはいかがでしょうか。
パズルやブロックは空間認知を高める上でも有効な事ですよ。
音楽もピアノは数学的論理思考能力が高められる、というような
研究結果が出ていますね。




330 :名無しの心子知らず:02/06/04 23:02 ID:LQh++0Bc
上の方で泥ダンゴマンセー!話がでてるけど、しりあいのDQN餓鬼も
園で作ってた。
他人のオモチャ勝手に使う&奪うは言うことは聞かないわ他人の家に
勝手に侵入するわでとんでもない子です。

331 :名無しの心子知らず:02/06/04 23:23 ID:I9jkrE2V
しなぷすさん ありがとう 泥ダンゴマンセー娘なんですが ものすごい
好奇心なので ちょっとタジタジ。初めてこういう話をききました。嬉しい
です。なんとなく この好奇心をどうもっていったらいいのかとこの頃
考えていたので。

332 :262=292:02/06/04 23:26 ID:C0CLh+4d
>>309

なるほど、204氏の言わんとする意味は分かりました。 しかし、
論理的に早期教育の危険性を考えるのに子どもの権利条約が必要
とは思えません。

204さんは、早期教育≒虐待とお考えの様ですので、子供の権利
条約云々が出てくるのだと思いますが、すべての早期教育が子供
に有害としてしまって良いのでしょうか? 更に言えば、早期教
育とは、何をもって定義するのでしょうか?

論理的に早期教育の有効性、危険性を考えるには、まず、早期教育
という言葉の定義を定めた後、有益な早期教育、有害な早期教育に
関して考察する必要があると思います。 その上で、有害な早期教
育にさらされている児童に対しての救済措置を考える際に初めて、
権利条約云々が出てくるのではないでしょうか。

早期教育の危険性に関しては、社会的アプローチではなく、あくま
で心理学的、大脳生理学的なアプローチが必要と思います。


その他の事に関しては私も同意見です。というか、

>早期教育の問題点は、子どものニーズに合っていない教育を

この行以下、全面的に賛成です。 ただ、「その子の独自のニーズ」
というフレーズに対しては私の持つニュアンスと204氏の持つものと
ではちょっと違う気がしますが。


333 :311です:02/06/04 23:36 ID:I9jkrE2V
そして 不思議な事に 公文がすごく苦手です。なんでもやりたがるので
上の子を見てやりたがってお試し期間にやらせましたが全く合いませんでした。
面白いくらい。

上の子は型にはまった、きっちりしたものが好きで想像力がちょっと足りない。
だから公文にはまりました。(自分からやりたいといいだしたので、かなり
楽しんでます)自分で考えずにシステマチックに進めるので楽なんでしょうね。

でも、下の子にとって想像する余白の部分が公文にはないのか、飽きちゃいます。
自分で選んで買ったドリルは最後まで勝手にやっていますのでこれは続けられる。

>子供の創造性を阻害しないように見守りつつ
表現性を高められるようなことはいかがでしょうか。

ありがとうごさいました。いろんな事ができるようになって個性もバラバラで
子育てが楽しくなってきています。


334 :204:02/06/04 23:47 ID:mEkmFIww
>>332

  inclusive education について説明したけど、
  理解できていないようですね。まったく誤解をしている。
  「早期教育を考えるのに子どもの権利条約は不要」だって!!
 そんなこと言ったら、ジュネーブの子どもの権利委員会に訴えるよwww
  
 インクルーシヴ教育の考え方すれば、
 早期教育はすべて有害。子どもの最善の利益ではないってこと。

 早期か適時かは、個々の子どものニーズによるもの。
 あなたの子には適時かもしれないけど、
 私の子には早期かもしれないってこと。
 それを見極めるのが親の責任。

 >>266 の条文をよく読みなさい。虐待だけの問題じゃないよ。

335 :しなぷす:02/06/04 23:51 ID:qQkWSn1U
>>331
子供ってその時期どうしても拘りたい事があるんですって。
例えば水遊びにしても泥遊びにしても、ものすごくしつこい位に
やりますよね。
それは繰り返し繰り返しその行為をする事によって
そこから得られる様々な情報を脳に取り入れていると言われています。
泥遊びなら水の量で堅さが変わるとか、段々乾燥するとか。
で、これ以上得る事が無くなるとその遊びに対して興味を失って
新たな知的探求の対象物を探すのです。
だから子供が自発的に何かに集中している時は、頭の中では
非常に活発な知的活動がされていることの証なので
親は妨げることなく見守ってあげましょう(w

子供の知的面での成否は「本が好きか」
「集中力があるか」「創造性があるか」
これで計れると言われています。
あなたのお子さんはそういった面でとても順調に成長されている。
楽しみですね。
お子さんの好奇心、沢山沢山満たしてあげましょう。





336 :311です:02/06/05 00:09 ID:V1VCnyCT
ちょっと前は逃げても逃げても本を持って(読んでくれ〜と)追い掛けてきました。
今は読んであげる、読んであげるで 又逃げている私です。

先ほどはベッドの上でしんけいすいじゃくを始めようとするので、明日にしよう
と言うと、シクシク泣き出しました。いつもお母さんはコンピューターの前に
いて相手をしてくれないと。2チャンを卒業して、すべき事をしなくては。
重ねてお礼を申し上げます。



337 :名無しの心子知らず:02/06/05 00:12 ID:W4m9iMg5
204さんへ。

ずーとロムってたけど、なんとなくわかったような…
親が早期教育だと思ってやらせてることは、すべてNG。
結果として同じ事やらせてても、
親が早期教育と思ってなければOKって事?
んー?ちょっと違うか?
私、バカなのでもう少し分かりやすい言葉で説明してくれませんか?
明日から居なくなるんだから、今日のうちに聞いておかないと後悔する。
あー眠い。

338 :319:02/06/05 00:22 ID:W/WTgKxZ
しなぷすさん(ちゃんから変更)

うちは、早期教育したのね。(合わせてさっきしなぷすさんが329や335
で言っていたようなこともしていた・・・)
小3位までIQは伸びていってそのまま保持しているみたい。
一昨年、調べた数字。
親はいたって普通の大学の出、子供も公立中。

自主性を大事に育てたいから、今はほっといてます。
でも、何かちょっとしたアドバイスをするなら
この位の年齢の子供には、どの程度してあげたらいいのかな、、、
私も良くわからなくて。しなぷすさんの書かれたようなお兄さん、いたらいいんだけど。
家庭教師も自主性を大事にしたくて、二の足踏んでる状態。
相談は良いけど、何かわからないとすぐ頼る・・という情況は避けたくて。
旦那は、「ほっとけばいいんだよ」と言ってます。
自分で何か考えやることが大事なんだからと。
(しなぷすさん、レス暇な時でいいですよ。)

339 :204:02/06/05 00:22 ID:3gBulmOq
>>337

 今、この子が必要としている教育は何かを
 見極めることだと思います。
 その子が今、必要としているのなら、決して早期ではありません。
 ただ見極めはすごく難しいと思います。
 だから、とりあえずよその子も逝ってるお教室に逝かせるという、
 都合のいい怠慢に走る人が多いわけですね。
 自分は怠慢だと思ってないから、また始末が悪いんですけど。

 子どもは個性がいろいろです。
 神童と呼ばれるような子もいれば、
 遅れ気味の子もいます。
 でも、それぞれが個性なのです。
 親が型にはめようとして、
 無理に前のめりになってはいけないと思うのです。
 しかも、その親がはめようとしている型が、
 業者が商売のために作った型である場合が多いから、
 余計に始末が悪いと思うのです。

340 :337:02/06/05 00:23 ID:W4m9iMg5
ついでに…

親が早期教育に興味をもってこのスレ自体にいるだけでNG?
早く退散しろ!ってことで攻撃的になってしまうって事?

341 :204:02/06/05 00:37 ID:3gBulmOq
>>340

早期教育礼賛派の体験談をもっと聞きたいね。
すごく、興味深いです、ある意味www

342 :262=292=332:02/06/05 00:43 ID:gEut+Ccp
あ、なんか、レスついてますね。 じゃ、寝る前に返答します。

>  inclusive education について説明したけど、
>  理解できていないようですね。

私が理解出来ないのは、inclusive educationの意味では無く、
早期教育を考える際に、どうしてあなたがinclusive educationと
子供の権利条約をわざわざ持ち出してくるのかという事です。

inclusive educationと子供の権利条約に関してどうも特別の
感情がお有りの様ですが、私には何故あなたがこれら2つの言
葉に固執するのかが良く分かりません。

上でも書いた様に、理念や内容に関しては否定してませんよ? 
むしろ、子供に対して普通の親がする当たり前の事ではないでしょうか?

また、早期教育の定義があなたと私では非常に異なっている様に
思います。 まず、この点をクリアにしなければ、議論にすら
ならないと思うのですが、どう思われますか?



343 :262=292=332:02/06/05 00:44 ID:gEut+Ccp
あ、上は >>204 へのレスです。 スマソ

それでは、みなさん、おやすみなさい。

344 :337:02/06/05 00:53 ID:W4m9iMg5
>339   204さん。レスありがとね。

>ただ見極めはすごく難しいと思います。

難しいですね…。あーまた考えちゃう…。
もう眠いので寝ますが、
子供がいつも笑顔でいられるようにしていきたいと思います。
(誉めて喜ばせる笑顔ではなくて、自ら楽しいと思ってでる笑顔)

345 :しなぷす:02/06/05 00:57 ID:pvcIvuiR
>>338
一口に早期教育と言っても様々なものがありますから
あなたが行った早期教育が何かはわかりませんが
早期教育の弊害として言われている事が
自主性や創造性の欠如だと言われています。
遊びでも勉強でも自発的に行う時に合理的な思考回路が形成されるのであって
無理強いや押し付けでは、本来育つはずの自主性等に悪影響を
及ぼすと懸念されています。
これも、その子供と教材?との相性もあるでしょうし
程度もあるでしょうから一概に言える事ではありません。

ただIQというものは、訓練次第ではいくらでも上げる事が出来るのです。
天才とはIQが高い事ではなく、凡人の及ばない能力が有ることです。
訓練や勉強で上がるIQは秀才型と言えるかも知れません。
お子さんの頭が良いのは間違いないことですから
あとはいかに独創的な発想ややる気を引き出してあげられるかですね。

ご主人の仰る通り、自分で何か考えてやることが一番大切なんですよね。
お母さんから見てお子さんが興味を持ちそうな事を
さりげなく提示してあげたり(無理強いはしない)
何か頼んでみるとどうでしょう。
例えばその年齢ならネットは問題無く扱えるでしょうから
ある病気に関して調べて欲しい、とかね。
きっかけを与えて後は子供の自主性にまかせるのも良いのでは。
そんな小さなきっかけから子供は将来を少しずつ形作っていくのかも知れません。

家庭教師もそんな思考ができる学生を選んだ方が良いでしょうね。

346 :204:02/06/05 00:57 ID:3gBulmOq
>>342

>どうし私が理解出来ないのは、てあなたがinclusive educationと
>子供の権利条約をわざわざ持ち出してくるのかという事です。

 わざわざだって(プッ
 持ち出しちゃいけないの?
 要するに理解できてないから、持ち出す理由も理解できないわけ。
 「私の理解できないものは持ち出さないで」てことネ。

>inclusive educationと子供の権利条約に関してどうも特別の
>感情がお有りの様ですが

 まぁ、国連機関でも話題になってるし、
 世界的な潮流の一つなんじゃないかなとは思うけど、それが何か?

>早期教育の定義があなたと私では非常に異なっている様に
思います。

 私の定義はっと……、


 >>173 だね。

347 :しなぷす:02/06/05 01:06 ID:JAYO3sFR
311さん。
お子さん、淋しかったのかな。こちらまで泣けてきました(泣
精神的な安定はお母さんとの穏やかな交歓からこそ獲られるものだと思います。
どうかお子さんのことたっぷり受け止めてあげて下さいね。

348 :名無しの心子知らず:02/06/05 01:16 ID:uLFFvK8J
204さんのおっしゃる「商業主義」「商業ベース」というのはつまり
本来なら親が走り回って、知恵を絞って、その環境なり情報なりを集めてくる
べき物を、お手軽にパッケージ化された商品に「金」を払って得る、という事でしょうか?


349 :204:02/06/05 01:22 ID:3gBulmOq
>>348

まぁ、そうですね。

親が走り回って、知恵を絞って、情報を集めるなどと、
そんなに肩に力を入れる必要はないと思いますが(笑)。

自然体でいいんじゃないでしょうか。
その自然体であること自体が難しい時代なんでしょうけど。

350 :204:02/06/05 01:31 ID:3gBulmOq
>>348 追加です。

 >>181 で、しなぷすさんが的確な指摘をされてます。

 


 私は数週間、消えます。もうスレが無くなってるかもね。

351 :名無しの心子知らず:02/06/05 01:38 ID:kCDHqFar
204さんの意見にことごとく同意なのではありますが...

自然体っていうのも曲者じゃありません?
特に親が凡人で子供がなんらかの才能をもっている場合。
適度な刺激を与えられずに埋もれてしまう例とかが
ありますから、一概にはいえません。

凡人がいくら早期教育をしたところで天才にはなりませんが、
日本の場合、天才(特殊能力児)がフルに能力を発揮できて
ないような気がします。天才にそれなりの刺激・教育が与え
られないのも、"What's best for the child"に反している
ように思うのですが。

352 :348:02/06/05 01:49 ID:uLFFvK8J
204さん、レスありがとうございます。
私は前スレで、早期教育とは化学調味料のようなものではないか、
と自分なりの定義を述べた物です。
確かにこれだか「添加物」が世間に溢れていると、自然体(無添加・無農薬等)
でいられるのは難しいのかもしれません。

>351さん
「親が凡人」というのは何だか悲しい意見だと思います。
良い学校を出ていなくとも、良い会社に入れなくとも、そして今なんの「芽」を
出していなくとも、人は変われると思います。
40・50は洟垂れ小僧、という文句もありますし。
綺羅星のような「天才」にはなれなくとも、輝く事はいくつになっても出来ると思います。
(ただ、私は「親が輝いていれば、子供のためになる」という決まり文句は嫌いですが)

353 :319:02/06/05 02:24 ID:W/WTgKxZ
>>345
早教育といっても、そういわれるようなのは、フラッシュカードくらい。
絵本、ブロック、パズル、ゲーム他いろいろやったけど、どこからどこまでを
早教育というのかわからないし。早い時期から本を読んだり
何かに集中して取り組むのは大好きだったけど。

幼児期は早教育としなぷすさんの書いてるようなことと並行。
以降は、本人任せで、きっかけだけ与えてきたんです。

でも、そうね、今はやっぱりほっといた方がよさそう。
自分で一生懸命計画立ててやろうとしてるし。
その本人が作る計画、圧倒的に遊びが多いんだなぁ、それと休憩ばっかり。
中学くらいになると、そのきっかけは、親が作るんじゃ
駄目なような気がして。小学生の頃と違って自分で見つけ、自分で取り組む。
それを根気よく待ったほうがいいような。
思春期ってなんか難しいな。このまま伸びるがままに伸ばすか。
それを言い切る父親がなんか「偉いもんだ」と思ったり、
なんかアドバイスしてやりたい私がいたり、葛藤です。

354 :319:02/06/05 02:33 ID:W/WTgKxZ
ところで、しなぷすさんのお子さんって
何歳だったっけ???それと、稽古事とかは?
そう言えば、知らなかった。

355 :274 307:02/06/05 04:05 ID:vroseXVx
皆さん寝ちゃった様なので、少し自分語りさせて頂きます。          
私の父親は画家だったので子供の頃、唐突にデッサンなど描かされてけっこう  
苦痛でした。留守勝ちだった父親との親子関係が正常でなかったのも一因でしたが、
あまり誉めて貰えなかったのも大きかったかと思います。今思えば父の自己実現  
を担わせられていた気がします。絵を描くのが嫌いになったのはそれが即評価の  
対象となったからです。本来楽しくあるはずなのに・・・・         
その後、自分なりに物作りに対して粘着だと解ってからは絵も好きなことに気が
つきましたけど。やはり、タイミングが悪かったり、小さい頃に出来ないことで
叱られると、かえって遠ざける危険もありますね。何より強制的に競争させられ
たりするのって子供によっては耐えられませんから。             
結論としてはまず親子の信頼関係があって、必要とされたときに環境作りを惜し    
まないっていうのが一般的にはいい気がします。お仕着せじゃないやつね。   

以上、小さい頃の私からの「早期反面教育」のススメでした。   





356 :名無しの心子知らず:02/06/05 07:01 ID:juF8rljL
…とりあえず204の人、上のほうで
「私は水泳教室に行かなくても泳げました」ってやってましたけど、
学校できちんと水泳技法を習えない場合に水泳教室に行かせるのも悪ですか。
いまだかつて私は水泳を系統立てて習ったことが無いので
子供には仕込んでしまいたいと思っていたのですが。
(自分自身泳げないので親が教えることは出来ないし、
自分の体験から言うと学校教育の中で確実に覚えるのは期待できない)

「自分が苦手で困ったからこの子はせめて困らないといいな」も悪ですか。
(さだまさしか私は…)

357 :名無しの心子知らず:02/06/05 07:19 ID:tOi0pFVV
>>356
204じゃないんだけど、別に「習い事が悪」って言ってるわけじゃないと思うよ。
子供が特に必要としていないことを先走って与えようとするなって事だけ
だと思う。
そういう意味では、「仕込む」必要もないでしょう。子供が覚えたければ、
子供がそういうまで待てば良いだけのこと。

>自分の体験から言うと学校教育の中で確実に覚えるのは期待できない)
う〜む、私は学校教育の中でかなり確実に覚えたよ(地区大会とか出てた。)
スイミングスクールでしかできないのは、「日本泳法」とか特殊な泳ぎ方を
覚えるくらいだと思うんだけどな。

>「自分が苦手で困ったからこの子はせめて困らないといいな」も悪ですか。
これって一番ヤバイ発想だと思う。
子供と親は別人格だもん。
子供が困ったっていいじゃない。それを乗り越えるだけの精神力や体力を
つけるようなサポートをしてあげようよ〜。

358 :名無しの心子知らず:02/06/05 08:06 ID:aFbQ4rO9
まあ、親は自分が苦手だった部分を埋めようとしてしまうよね。
転ばぬ先の杖を子供に与えてしまう。チト反省。

359 :名無しの心子知らず:02/06/05 09:25 ID:ZZB9jmeF
>>356
あ〜、わかる。
私は平泳ぎを父親に教わったんだけど、手と足を同時に掻いているの。
本来の平泳ぎはタイミングがずれてますよね。
お陰でスピードが出ない、出ない・・・。

だけど、先生も指摘してくれないから学校では気がつかなかった。
そもそも小学校の先生は殆ど泳げなくてもなれるんだから、学校は水泳を
覚える場所とは違うと思う。

ま、別に選手になろうという訳ではないから、溺れなければ良いんだけどね。

360 :262=292=332=342:02/06/05 09:45 ID:Im7+Oxtb
インクルーシブ教育とは、健常児が学ぶ普通学校に障害児(又は教育の機
会の損失を被っている児童)を受け入れ、ニーズに見合った教育を提供す
るものですね。ここらへんがinclusive(包括)と呼ばれる所以ですが。

しかし、ここで問題になる教育の被害とは、主に社会的立場からくる機会
の損失による被害をいいます。この理念はすべての教育を望む児童に、そ
のニーズにマッチした教育の機会を与える事に重点が置かれているものだ
と思いますが? それ故、社会的インフラ、コンセンサスの確立が議論の
中心になっていると思います。 私は、この考えを早期教育の議論に持ち
出すのは、かなり的外れだと思いますよ? 

スレ汚しで申し訳ありません。 204さんはいらっしゃらない様ですので、
この件は終わります。 私の印象は >>262 に戻りますが。


早期教育の私の定義は「乳児〜幼児期の子供の脳に適切な刺激を与え、
発達を促す事」です。 具体的な手法は多々あると思います。その中で
有益なもの、有害なものを見極める必要があると思っています。

361 :名無しの心子知らず:02/06/05 09:45 ID:vzGz0dKu
↑ 想像しちゃったんだけど(藁
  息継ぎできた?
  平泳ぎとバタフライはタイミング難しいよね。

362 :名無しの心子知らず:02/06/05 09:46 ID:cLKUK2kq
もう、今の時代、学校教育だけできちんと泳げるようになるのなんて
絶対、無理だよ。断言できますけど。
どんなに運動神経良くても無理。
何も習わなくても足の速い子は速いとは思います。
でも、水泳は、絶対、無理。
本来、人間は生物学的に習わなくては泳げないようにできているので
運動神経抜群の子でも、スイミングに行かないと
何故か水泳だけは一番が取れないどごろか
平均ぐらいになっちゃいますよ、マジで。

ま、泳ぐスピードが速くなくたって
人生に何も影響ないじゃん、って思うのなら
別に良いと思いますが。
スイミングに行かなくても速く泳げるっていうのは
絶対に間違いですので念のため。

363 :262=292=332=342:02/06/05 09:46 ID:Im7+Oxtb
あ、またやっちゃった。 上は >>204です

364 :名無しの心子知らず:02/06/05 09:46 ID:sZRez2Ec
実際に大学に行った人ならわかると思いますが
どんな勉強をするにもいろいろな方法があり、
やる気と能力さえあれば誰でもいつでも出来るものです。

目標の就職に就くにはその求人のある学校に入ると
情報も多く、比較的楽に目標を達成できる。

早期教育を奨励するお母さん達は子供に「近道」をさせてあげたい
と言う事なんですよね?
別に「頭を良くしよう」なんて思っている訳ではないんですよね?

でも実際に目的の職に就いた時、
「もっとのんびりやってもここにたどり着く方法もあったんだ」
と気が付きます。
そして同じ職種でも微妙に「ああ、あっちの方面も良かったな、もっと
ゆっくり周りを見たいな」と思って学校に入りなおす人もいます。

その時に応援できるような資金力を持っていた方が子供の為になるのでは
ないだろうか?
と思うのですが・・・

まとまりがなくて済みません。
もっと具体的に例を出した方がわかりやすいですよね・・・・


365 :名無しの心子知らず:02/06/05 10:11 ID:XFWe+lib
早期教育ではないけど 皆さんはどのくらい 子供を褒めていますが?
子供の性格によりますが(叱るとへこんでおびえてしまう とか バネにできるとか)

実際 小学校へ上がって特に勉強面では褒める事を85%くらいにしてます。
褒めると自身がついて 学力というより 自分自身に自信とやる気と根気が
出て来ました。結果は長い目で見てという感じなんですが。

あまり褒めてると あたしは公文のおばちゃんかい とも思うんですけどね。


366 :名無しの心子知らず:02/06/05 10:13 ID:kiHzYLfX
>>364
んなこと、別に大学逝かなくても分かるけど。

367 :名無しの心子知らず:02/06/05 10:16 ID:v/eOtVb9
>>302
遅レスですが…

うちが小学校受験をした理由ですか。
「子供が通う小学校は自分達で決めたい」って事が一番大きかったかな。
幼稚園選びでもそれぞれの園の特色がある中で我が子に合った園を選んだのと同じ。
ここに住んでるからこの学校へ、と言うのにしっくり来なかっただけですよ。

368 :名無しの心子知らず:02/06/05 10:21 ID:XFWe+lib
息子は和太鼓に どんぴしゃ でした。楽譜??はないんです。(先生はある)
音、リズムを聞いて 理解して 打っていく。
先日、見に行ったコンサートでは 和太鼓とマリンバ、和太鼓とシンセサイザー
の共演 そして 和太鼓のリズムに載ってロボットや侍、なんと仮面ライダー
まで出て来て(○○○ショーなんて想像しないでよ)リズムを感じていました。

まっ これがこの子の何になるとか これで彼もすぐに音楽の道へ という訳では
なく、どこか彼の中に残り何かの刺激になったらいいなと思うのでした。 



369 :親の能無し子知らず:02/06/05 10:44 ID:cUi2Vgb9
歌舞伎その他の伝統芸能など運命的に仕込まれる世界ってどんな方法とってるんだ
ろう。けっこう一度はドロップアウトしたりして自分の中で折り合いを付けてから
戻ってくるタイプも多い気がする。中には逝っちゃったままの人もいそうだけど。
親の言いなりで、いつもいい子で居ようとしたあげく摂食障害などで自己表現  
しちゃう人も少なからずいますよね。子供にとっては自分で選択したって言う事実
が重要なんじゃないかな。途中でやめたり、回り道をする事も含めて・・・   

バイオリンや外国語の発音など小さい時から始めないと難しいって言う説も理解 
できますが、やめたいって言ったら、一度やめさせてもう一度選択の機会を与え
るぐらいのスタンスがいいんじゃないかと。


370 :名無しの心子知らず:02/06/05 10:48 ID:cYaxIpk0
伝統芸能など世襲制の世界では、子供が嫌がらないように教育する
マニュアル?みたいなのが代々伝わってるって聞きましたよ。

371 :名無しの心子知らず:02/06/05 10:50 ID:xVGD1Who
>別に「頭を良くしよう」なんて思っている訳ではないんですよね?

はぁ??
私は「頭を良くしよう」と思って、めばえ教室(藁)に通わせてますが?
めばえ教室の教材はイイですよ。
ま、いくら教材が良くても、指導する先生の質が悪ければ
効果も半減ですけどね。

372 :311:02/06/05 10:59 ID:ImFBuUvJ
319さん 初めまして 
>なんかアドバイスしてやりたい私がいたり、葛藤です。

まだ娘は幼稚園ですが 葛藤している自分がここにもいます。泥だんごマンセー
幼稚園なので、思う存分自分のしたい事ができる環境でありがたいです。
先日は絵本の貸し出しの日があって、もう大変。最初の方に図書室に入って
最後の1人になっても決まらなくて。あれこれ読んでいるうちに決められなく
なってしまったようです。幼稚園では1冊なので。ずっとその気持ちを大切に
先生はずっと待っていてくれたようで、園長先生にも笑われました。
カリキュラムがほとんどない自由保育だから出来た事ですが。

幸い近所にいろんなタイプの習い事があって、選択肢が多くて迷っています。
こんど アトリエ教室を訪ねてみようかと思っています。フィンガーペインティング
立体、粘土 いろんなものがありそうなのです。コンクール重視の教室もあります
が、家の子にはこちらの方があっていそうですし。

お子さんが小さい頃はなにをされてましたか?

373 :名無しの心子知らず:02/06/05 10:59 ID:sZRez2Ec
>>366
そうですか・・。
学生の中に中年や高齢の方もいて、それまでの経歴を聞き、強く印象に
残っているので「大学」と書きました。
高校生の時は脇目も振らずに直進しないとまともな社会人に
なれないのでは?と思っていたので大学に入学した時
かなりショックを受けました。
しかも「いままで君達のしてきた勉強が今後役に立つわけではない。
ただ、どこまで出来るのかを試されてここにきただけだ」
と言われて驚いたのです。

それを思い出すと自分の子供にはまず勉強をさせることよりも
約束を守る、毎日決めた事を決めたとおりに続けるという
基本を身につけさせたほうがいいと思っています。

もちろん教材を買い込んで毎日決まった時間決めたとおりに
家庭学習を行えるのであればそれも悪くないのかもしれませんが・・・

374 :名無しの心子知らず:02/06/05 11:03 ID:sZRez2Ec
>>371
「頭を良くする」為にめばえ教室????
頭ってもって生まれたもの以上に良くなるものなのでしょうか?
集中力を身につけるという意味ですか?
考え方を柔軟にするという意味でしょうか?

本当に意味がわかりません。



375 :名無しの心子知らず:02/06/05 11:15 ID:TUkgzaX8
そもそも、頭がいいということの定義が不明確なのでは…。
単純にテストの点を良くしたい場合、記憶力を向上させれば
ある程度の点数は、取れます。偏差値=記憶力という考え方も
あります。年齢以上の知識を持っているから頭がいいと考えた場合
も、やっぱり子供の記憶力がいいからだと思います。



376 :374:02/06/05 11:29 ID:l0AyYJLK
突き詰めていけば「記憶力」なんですよね・・・

私自身俗に言う「早期教育」には興味がないのですが
記憶力以上のものを子供に求めているような気がします。
思い切りや想像力、周囲を味方につけるような人間性。

成功しているような人たちは素人から見ても
「?こんなアイディアなら誰でも出せるよ」という事で成功しています
それが何故、どのようにビジネスに結びついているのかを考えると
単なる「記憶力の良さ」ではないようです。
何故こんな人が尊敬され崇められているの?
と思うような人は沢山いますが、発言のみならず人を魅了する
何か、を持っているのでしょうね。

その「何か」はどうすれば本人の物になるんだろう?
と時々思います。

377 :名無しの心子知らず:02/06/05 11:31 ID:TUkgzaX8
早期もシュタイナー読んでるうちが花だよ。知人の早期ママは、『前世療法』読み出しちゃって
『この子は、生まれる前から違うんです。』なんて言うようになっちゃった。
ここまでくると付き合いきれない。ご勘弁を…。だよ。

378 :名無しの心子知らず:02/06/05 11:32 ID:cYaxIpk0
本人の資質でしょう

379 :親の能無し子知らず:02/06/05 11:42 ID:sCspDrfQ
そうそうシュタイナーとか泥団子も好きなんだけど一人歩きし出すと危ない方向に
持ってっちゃう人がいるから始末がわるいんだなこれが。

380 :名無しの心子知らず:02/06/05 12:06 ID:BI1hFIT5
シュタイナー教育の考えはあまり間違ってないと思う。
(やりすぎはイカンが…)
だた、それをお受験の為に利用しようとするから始末が悪い訳で。
純粋に子供のこと大切にしてると思うけどね、シュタイナー教育。


381 :371:02/06/05 12:17 ID:m49uuO2y
>>374
もって生まれたもの以上に頭が良くなるかどうかは
私も確信と持ってるわけではないんです。
ま、強いていえば「考え方を柔軟にするため」に
めばえ教室に通わせてるって言い方もできるかなぁ。

私自身は学校のお勉強は得意で高偏差値でしたが
記憶力=偏差値という意見には反対だな。
(私は理系だったからね。文系のお勉強だったら
記憶力がものを言うのでしょうか・・・?)

私が我が子に求めているのは
ゼロから何かを生み出す力、とか
1を聞いて10を知るような理解力、とかかな。

めばえ教室では市販されてないような
さまざまなパズルなどに取り組みます。
知識を増やすようなことは、ほとんどやってません。
考える力の訓練ができてるような気がするので
まぁ満足していますよ。

382 :名無しの心子知らず:02/06/05 12:21 ID:zaeCv+J9
>市販されてないような
さまざまなパズルなどに

やっぱり魅力を感じますよね。

383 :382:02/06/05 12:27 ID:zaeCv+J9
そのようなオモチャとかを、204さんとかしなぷすさんは
親が選んで探して手に入れないとダメって言うんだよね、、、
そんなの一般家庭では到底ムリ。

384 :382:02/06/05 12:37 ID:r5K8jJXq
習い事にしろ、何にしろ、プロにお願いするって考え
いいと思うけど。

385 :名無しの心子知らず:02/06/05 14:07 ID:g1LYTQ5p
>>383
しなぷすちゃんはそんなこと言ってないんじゃ?
親が子供の個性に合わせてベストのものを与えてあげなきゃ、
って言ってるんだと思う。
我が子の個性が「めばえ教室」にぴったりだったらそれでもOKだし、
その「めばえ教室」の中でも子供に合わないものがあったら、
いくらプロの指導者が薦めても、親の判断で取り除くような環境
であるべき。ってことじゃないの?


386 :311:02/06/05 14:23 ID:SLES2uqZ
水曜日で午前保育だったので 今日も図書館へ行ってきました。モンテやシュタイナー
の本を借りて来ました。まったく知識なしなので。

早期教育も宗教も自分の考えや言葉が必要ですよね。この間しつこく宗教に
誘われて大変な目に会いましたが、入り込んでしまうと自分の意志がなくなって
しまうのが怖かったわ〜。なんでも『先を見通す力のある人』に決めてもらうの。
家も学校も職場まで。


387 :名無しの心子知らず:02/06/05 14:48 ID:hXBfpeYi
>365
どのぐらい褒めているかというのは、数字で出せたり、
ましてや、「今はこのぐらい褒めるようにする」と
計画立ててすることなの?

子供が良いことをしたら褒める。これはあたりまえ。
子供が自分なりに良いなと思う発見や思い付きをしたら
共感してあげる。これもほとんど当たり前。
子供が自分なりに一生懸命やったと思っているなら、
結果がだめでもがんばったねと努力は認める。
これも当たり前すぎるか・・・。
そんなものではダメなのかしら?

388 :名無しの心子知らず:02/06/05 15:12 ID:tOi0pFVV
>そんなの一般家庭では到底ムリ。

それをやるのが、ほんまもんの教育ママでありましょう。
実際、アウトソーシングせずに、自分でやっている人っているよね。

389 :374:02/06/05 15:15 ID:l0AyYJLK
>>めばえ教室では市販されてないようなさまざまなパズルなどに取り組みます。
知識を増やすようなことは、ほとんどやってません。
考える力の訓練ができてるような気がするのでまぁ満足していますよ。

絡むつもりではないのでわかってくださいね。
たぶんこの訓練は「IQテストの数値を伸ばす」のに有効な訓練だと


思います。ある意味「あたまが良くなる」勉強ですね。
学校の要求する「賢さ」に繋がると思います。
効率の良い方法でそれを身につけることが出来、良いと思います。

それよりも一歩出る・・というか外れる部分での教育はどうでしょう?
それとは別の「賢さ」というものもありますよね?
正解を得るためだけの学習の他にそれに代わる代案を得る力というか・・
そういった部分を伸ばすような学習法があればいいなぁと
思っています。
ただ、これも私自身が子供の頃に経験できず(した覚えがなく)
大人になってから「やってみたかったなぁ」と思っていることなので
エゴの押し付けではあるのでしょうね。
真っ直ぐ高く伸びる木も良し
低く沢山の枝葉をつけている木もいいと思いいろいろ思案しています。






390 :374:02/06/05 15:16 ID:l0AyYJLK
>>388
ドキ!
教育に関して大らかにやろうと思っているけど
私、もしかしたら本物の教育ママかも・・・

391 :388:02/06/05 15:23 ID:tOi0pFVV
>>390

ふふふ、ワシもじゃ。でも自分でやるからこそ大らかにやれると思ってるよ。


392 :名無しの心子知らず:02/06/05 16:02 ID:TQIoSyUV
子供を植物に例えるのも何だけど・・・。
とりあえず小さいうちは、形を気にせず伸び伸び伸ばしてやりたいよね。
木だって早くから型にはめて剪定をしすぎると、弱って大きくなれないもの。

どこかの教室に入れると、どうしても成果至上になってしまうのはしかたないと思う。
「これだけの成果がありました」が教室のウリになるのだし。
うちの子には短期決戦はさせたくないから、私は入れなかったけど。

私も教育ママかも・・・。

393 :名無しの心子知らず:02/06/05 16:06 ID:vMbFpfFK
早期教育肯定派も早期教育批判派も、
普通に何も見返りを期待してないママからみれば異様なのかもね。

394 :374:02/06/05 16:16 ID:l0AyYJLK
>391ふぅ・・良かった。
私の場合マイルールに夫のサポートプラスあれこれ拾った知識の
いいとこ取り(自分なりに消化して根本を勝手に理解して)で
やっています。
数の認識も8合目まで。あとは学校に上がってのお楽しみ。
文字の認識も8合目まで。
という具合に「自力(親のいないところで)で理解(した、と錯覚)する喜び」の部分を
残しているつもり。
>392
私もすぐに植物に例えて考えてしまいます・・・・(藁
音楽、スポーツ以外の分野で「教室」に入れる必然性、私も感じません。
子供の思考回路は親の方が理解しやすいと思うので本人に合った教え方が
出来ると思う・・・。
教えるのは夫の方が上手です。
私が課題を出して夫が教えて上手くいっています。

395 :名無しの心子知らず:02/06/05 16:19 ID:UElG2alF
>普通に何も見返りを期待してない
DQNママの事?

396 :393:02/06/05 16:27 ID:xAQ9SaM5
>395
やりかた間違えれば、
早期教育肯定派も早期教育批判派も、
DQNママになるって事。


397 :374:02/06/05 16:52 ID:l0AyYJLK
>396
子供もだと思うよ・・・

398 :名無しの心子知らず:02/06/05 17:04 ID:W/WTgKxZ
>396
す・すごい。
なんかこのスレで初めて感激した。
そのとおりだ。なんか胸につかえてたものがすっーと。(笑
肯定派も否定派も関係なく、やり方次第で
DQNママとDQN子になるってことで、もしかして
このスレ終了???
でも、肯定派でも否定派でなくても・・・(以下自粛

399 :名無しの心子知らず:02/06/05 17:08 ID:tOi0pFVV
え、そんなの最初っからわかっていたことでは・・。
肯定派と否定派って教育熱心って意味ではご近所みたいなもんだよ。
あとはバランスだよね。

400 :374:02/06/05 17:13 ID:l0AyYJLK
ウチの妹がね・・・ヤバインデスヨ・・・
私がいつも子供に「みんなにお菓子を分けて」とか
「おにぎり作るのでのりを切って」とやっているうちに
上手く分けたりたりどのくらい足りないのかがわかるようになったのを
見て自分の子供にもやらせている。
個包されたおかきを
おとうさんには沢山。おかあさんは普通、自分は少し
と分けたんです。
素晴らしいじゃないですか?
でも「みんな同じになるように分けなさい!全部で何個?数えて!」
と怒り出したのです。

・・・・・あーぁ。と思ってしまいました。

401 :名無しの心子知らず:02/06/05 17:19 ID:UElG2alF
すばらしい スレに育って来ましたね。でも204さんが OK してくれないと
なんだか 胸のつかえが。

402 :名無しの心子知らず:02/06/05 17:58 ID:+Rpr+6sW
IQよりもEQを育てましよう。

403 :名無しの心子知らず:02/06/05 18:15 ID:/lFoXx71
>400
はじめから「みんな同じになるように分けてね!お願い!」と言えば
よかったのにね・・・って、そういう問題じゃないか。

404 :名無しの心子知らず:02/06/05 18:49 ID:osyoBl/5
>>360
>早期教育の私の定義は「乳児〜幼児期の子供の脳に適切な刺激を与え、
>発達を促す事」です。

これっていわゆる普通の教育で、早期教育ではないのでは?
早期教育とは、明らかに早い時期にやる教育のことではないの?
定義付けをきちんとしないと、いつまでたっても論点がぼけるよ。

405 :名無しの心子知らず:02/06/05 18:54 ID:osyoBl/5
あとさ…めばえ教室に通ったくらいで頭が良くなるのなら
世の中に頭の悪い人はいないよ。


406 :名無しの心子知らず:02/06/05 19:14 ID:W/WTgKxZ
>404
学童期前からの知育教育のこと=早期教育だよ。
中央教育審議会でも、しまじろう含め、学童前の知育教育的なこと全般
を指しています。
広辞苑でも、そう書かれてた。
その定義づけで話は進んでるでしょ?
1に書いてあるじゃない・・・。


407 :名無しの心子知らず:02/06/05 19:22 ID:osyoBl/5
お!先輩!おひさしぶりっす(笑

408 :名無しの心子知らず:02/06/05 19:23 ID:osyoBl/5
昨夜は、しなぷすちゃんに、ずばっとやられちゃってましたね!

409 :名無しの心子知らず:02/06/05 19:30 ID:osyoBl/5
先輩、いつもパターン同じっすよ。
早期教育の弊害とか、自分に不都合なレスが出てくると
無理矢理スレ終わらそうとしたり(笑

先輩の子育て、弊害を心配していた人が沢山いたけど
なんかあんまり、うまくいってないんすか?!
こんなとこで、しなぷすちゃんに聞くなんて(笑
しなぷすちゃんは天才児を育てているらしいから、気になる?!

410 :名無しの心子知らず:02/06/05 19:31 ID:TA6mYno7
>早期教育とは、明らかに早い時期にやる教育のことではないの?

で、こうやってしまうと 子供が壊れちゃうんじゃな〜い?

っていう所まで来たんでわなかった?

411 :名無しの心子知らず:02/06/05 19:35 ID:osyoBl/5
先輩が来てるから、聞いてみようよ!
子供が壊れたのかどうか。

412 :410:02/06/05 20:36 ID:TA6mYno7
違った。明らかに早い時期にむりやり(その子に合っていないのに)やると
壊れちゃう、ですね。

明らかに早い時期にやるのでも その子に合ってれば大丈夫…だっけ?!

413 :名無しの心子知らず:02/06/05 20:43 ID:osyoBl/5
2001年度高校別結果IQ(知能指数)

学校名 80%-50%
麻布 124-116.5
栄光学園 122.5-113.5
開成 130-122.5
慶應中等部 124-118
聖光学院 124-115
聖光学院(2回) 122.5-115
筑波大附属駒場 136-130
青山学院 122.5-118
桜蔭 125.5-119.5
慶應湘南藤沢(一般) 125.5-116.5
慶應中等部 131.5-127
女子学院 122.5-118
筑波大附属 128.5-122.5
横浜共立学園(B) 125.5-119.5
灘 133-128.5

先輩のお子さんすごすぎます!!
IQ160ですか?!
TVの取材が来るんじゃないですか??

414 :名無しの心子知らず:02/06/05 21:05 ID:TA6mYno7
ふ〜ん すっごいなぁ。どんぐりの背比べといえばそうだが、もうこのレベルに
なっちゃうと どれでも一緒かい。東大生が理系受けようと思ったけどギリギリに
なって文系にしたよなんて言うのをほぉぉぉぉと聞いていたが 納得。
で、これは早期教育するとこうなるって事で書いたのかい??

415 :名無しの心子知らず:02/06/05 21:10 ID:osyoBl/5
違うよ、何を言ってるんじゃ413は(笑
先輩の子供のIQ=160が、どんなに並外れた数値なのか言ってるの!
どんなもの使ってIQ計ったのか、知らないけど。

なんか信じ込んでる先輩が痛々しいです。
確かあの人、苦悶とかてほいもやってたんだよね。

416 :名無しの心子知らず:02/06/05 21:26 ID:xVGD1Who
え〜〜っと。
私、先輩のこと、まだ研究不足なので、このスレでいうと
何番と何番が先輩のレスだか分からないのですが
誰か、お教えくださらないでしょうか?

417 :名無しの心子知らず:02/06/05 21:26 ID:W/WTgKxZ
>>407
もしかして、私に言ってる??

なんでうちの子が壊れてるの???
なんで、なんで。
319と338でそう読み取れたの?

まじ怖いよ >ID:osyoBl/5

418 :名無しの心子知らず:02/06/05 21:28 ID:OTQXs6JU
>>413
たぶん、わかってて書いてるんだろうけど・・・。
何才の時のIQか、というのも大きいのよね。
その年齢の標準を100として考えるから、子供の時はブレが大きくて
あまり参考にならないのよ。

ちなみに私は高1の時にIQ129だったけど、3流校に通ったわよ(W。

419 :416:02/06/05 21:28 ID:m49uuO2y
あれ? でも、私の記憶によると、
確か、先輩ってパソコン処分するんじゃなかったっけ?

(別人かな?)

420 :名無しの心子知らず:02/06/05 21:39 ID:pvcIvuiR
先輩、PC処分するって言ってたけどね(笑
処分してないよ〜、あのあと何回もこういう教育系スレに来てるもん。

わかりますよ、先輩。
貴女のことは お み と お し

421 :名無しの心子知らず:02/06/05 22:09 ID:p1eQnzyb
413
413の子供カワイソ
私にはわかる
413の子供が幸せになりますように
413もっと本質を学びましょう!


422 :名無しの心子知らず:02/06/05 22:51 ID:RhVH1yYc
なんだか ちょっとよく分からない 状況になってきたわ。
私 この間 ふっっっつーーーの元神童ネタ書いたものですが 418さんにも
ちょっと 笑ってしまいました。ごめんね。

423 :名無しの心子知らず:02/06/05 23:06 ID:Uz0/59sb
>422
わたしは418さんではありませんが、
どうして三流高に通ったのが笑えるの?

・・・やっぱり学歴社会なのね。

パっとしなくても、ふつーでも、自分のうちの子もほかのうちの子も、
幸せになってくれれば、それで、いいのに。きれい事ですかね。。。

424 :名無しの心子知らず:02/06/05 23:21 ID:RhVH1yYc
いや 3流高を笑ったのではなく

>ちなみに私は高1の時にIQ129だったけど、3流校に通ったわよ(W。
この行全体にフフッと笑ったの バカにした笑いでなく。
このくらいのがッツや自分の事をネタにできる明るさに。
単語だけとらないでよ。

 

425 :名無しの心子知らず:02/06/05 23:36 ID:Uz0/59sb
>424
ゴメンね。

426 :418:02/06/05 23:36 ID:OyOKd5J7
>>423
そんなに深刻に考えないで・・・。
>>422さんみたいに笑って欲しくて書いたのよ。
私は「高いIQ=有名校では無い」という例ね。
眉寄せて肩に力を入れて子育てするより、笑いましょうっ!

まあ、子供の幸せはIQじゃ決まらないわよね。
ついでに出身高校でもね。
私自身は中学までは本当に言われたことしかしない、受け身ばかりの子供だった。
受験勉強もしなくて3流高校へ行ったけど、良い先生に恵まれたのと、なにより
努力する気になった。
経済的な理由で塾にも行けなかったけど、大学は地元国立に受かったよ。

そもそも、その人が幸せな一生を送れるかが4、5才で決まったりはしないと思うよ。
高校卒業後、就職。
自分で学資を稼いで大学に入り、バイトしながら大学院を出て、最終的に
京大の教授になった人もいる。
挫折したり回り道をしながらでも、自分の生き方を掴める人間になって欲しいよ、うちの子には。

427 :名無しの心子知らず:02/06/05 23:36 ID:RhVH1yYc
>あたしも ごめんね。

428 :名無しの心子知らず:02/06/05 23:49 ID:RhVH1yYc
力強く ガツガツ 自分の足で立って 自分で生きていける度=IQ だったら
いいのにね。
>413の結果に出ているような人達が社会人になっていわゆる勝ち組かと
いうとそうでもなかったりするから 人生楽しい。 いろんな生き方があるもんね。

429 :名無しの心子知らず:02/06/06 00:37 ID:to6FkBEc
400さんのエピソードで思ったんだけど、数値で計れる勉強と(人として)って
いう情操みたいなもの育てるのって兼ね合いが難しいよね。競争しながら思いやり
持てっていうのは。お子さんが自分なりに考えて分けたっていうのは、足し算より  
高い能力かも。技術をこえた発想力みたいなものと言う点で。

430 :418:02/06/06 00:45 ID:hK4Qszuv
アドラー心理学に基づいた育児法の勉強に行っているの。
(うちは子供じゃなく、親が勉強するんだ。)

アドラーが自分が子供に一つプレゼントできるとすれば「勇気」をプレゼントしたい、
と言ったそうだよ。
初めてやってみることや一度失敗したことに挑戦するのは勇気がいるよね。
だけど、「(また)失敗するかもしれない」という恐れを乗り越えてトライできる子
になって欲しい、ということなんだって。

431 :名無しの心子知らず:02/06/06 01:47 ID:to6FkBEc
>418さん 
親が勉強するっていいですね。自分なりに咀嚼して子供に与える。親子で成長  
するっていう連帯感も共有できるし。 ちなみに私も勇気がほしいです。


432 :名無しの心子知らず:02/06/06 08:28 ID:KxcnIfWS
「勇気」いいね。私は育児法とかぜんぜん勉強してなくて
わかんないなりに体当たりでやってるけど。
前、子供とチューリップ植えた。花さくかなーなんていいながら。
毎日かならず眺めて。芽が出て、おおきくなって。花がさいて
枯れるまでずっと観察した。もうすぐ3歳でどのくらいわかってるか
わからないけど、嬉しそうだった。今度は食べられるものを
育てて、いっしょに料理して食べようって思う。これもいちおう
情操教育のつもりなんだけど。

433 :名無しの心子知らず:02/06/06 09:04 ID:DXyCZxzm
「勇気」ねぇ……。
うちの子は、異常なまでに前向きな性格(負けず嫌いともいう)で
初めてのことでも、あまり物怖じしないし、
失敗したことでも、何度でも取り組むよ。

だから、>>430 の話には全く共感も感動もできなかった。

でも、うちの子、肝心の能力がイマイチなのよ。
かけっこでも、ものすごい一生懸命走ってるのに一番じゃない・・・。

だから、勇気なんかより、能力を与えてあげたいよ。まじで。

所詮、皆、無い物ねだりなんだよ。




434 :262=292=332=342:02/06/06 09:08 ID:S+Js6cKh
>>404

>早期教育の私の定義は「乳児〜幼児期の子供の脳に適切な刺激を与え、
>発達を促す事」です。

>これっていわゆる普通の教育で、早期教育ではないのでは?
>早期教育とは、明らかに早い時期にやる教育のことではないの?
>定義付けをきちんとしないと、いつまでたっても論点がぼけるよ。

うーん、確かに読み返してみるとそうですね。(笑)仰る通りです。
出がけに書き込んだのですみませんでした。。 

「未就学の児童に読み、数を教える事」というのが一般的な定義だと
思うのですが、色々文献漁ってる内に、知育偏重には疑問を持ち、最
近は色々な体験、遊びを主体に考えている今日この頃なもので、
「私」の定義を知育だけに限定したくなかったのです。ただ、知育に
関して絶対否定はしません。 

という事で、「俺」定義は、

「乳児〜幼児期の子供に、その発達段階より先の段階のものに触れら
れる環境を整え、発達を促す事。」

としましょうか? うーん、ちょっとニュアンスが違うかなぁ。与える
のではなく、何時で見る事、興味を持ったときに

ここで語られる広義の「早期教育の定義」は

「未就学の児童に知育教育を施す事」で宜しいですかね?

435 :名無しの心子知らず:02/06/06 09:19 ID:Nc3BNOPB
でもさ、幼稚園児に文字を教えている人なんてイパーイいるよね。
よく、「教えてないのに勝手に読み書き覚えた」って言ってる人
いますけど、ウソだよね?

私の娘も数字の読み方は勝手に覚えた、と思ってましたが
実は実母がテレビのリモコン使って教えてたんだし。
ひらがなの読みは、ビデオを見て勝手に覚えましたが
その、ひらがなビデオは、私が「わざわざ」入手して
「わざわざ」見せていたもの。
ひらがなの書きは、本人が手紙を書きたいと言い出した時に
付きっきりで指導。

だから、本当にほったらかしでも勝手に覚えるなんて、
ちょっと信じられない。

436 :434:02/06/06 09:20 ID:S+Js6cKh
今日のNHK教育で「世界の子育て」4回目「おもちゃ」がやりますね、
夜の12:55から。 おもちゃに関しては日本は先進国だと思いますが、
幼児に本当にあげたいと思うものは少ないですね。(あっても高い!)

あ、434で書き損じ。

与える のではなく、何時で見る事、興味を持ったときに

の後は、 

興味を持ったときに対象に触れる事が出来るように
しておくんですが、まぁ、兄弟や近所のお兄さんと遊ぶ様な環境
でしょうか。ただ、触れられるものは、もっと高度なものでも良い
やという感じ。二キーチンのような。

と入れます。 うーん、書き損じ多くてすみません。

437 :名無しの心子知らず:02/06/06 09:28 ID:yUgewPFS
400ですが・・
ウチは2歳まで「何も教えない」方針でした。(無教育)
しかし1才から自分で靴を履いていたので「玄関の靴並べ」を
頼む事にしました。
そうすると三歳では「靴が6つで3つ・・4つでふたつ・・」とわかるように
なりました。
ここで「掛け算」を教えてみたくなったのですがそこで教えないという
勇気(w?も必要だと思い未だに教えていません。
>400のように子供が考えて分けた時、私は
「お?比率か?」と思う親ばかなんです。
子供の教育は「親ばか」になり、子供が発見するように水を向けて
その発見を称えてあげるのが基本かなと思っています。

医者や弁護士というのも素晴らしい職業だと思います。
でもそれを「職業の頂点」と考えているお母さんには疑問を抱いてしまいます。
人間の能力は「大は小を兼ねる」ではありません。
医者なら配管工の仕事など軽く出来るだろうか?というとそうではありません。
配管工が配管工の仕事で医者に劣ってるはずはないのです。
人間の能力の他に「適性」というものがあります。
本人が自分でこの適性を知る事が出来るように育てるのが親の役目ではないかと
思っています。

ちなみに義兄は脳外科医(地方の地域病院の勤務医なのですが田舎なので
「お医者様」状態。その子供たちも一目置かれ勘違いしやすい環境)
なのですが、その息子の将来の夢は幼稚園の頃から
中学1年生の現在まで一貫して
「トラックの運転手」
私でも眩暈がしそうな夢です。
彼はトラックのデザインをCADで作成し、積載量の重量計算
積載量ととスピードの関係、排気ガスの量
燃料に関しては低公害のものを研究しているそうです。
私の夫が機械関係の設計をしているのでよくいろいろと聞きに来ます。
夫は「もっと知りたかったら大学に行った方がいい。実験も出来るし
トラックを作る会社に入ってトラック作れば?」
と言うとニヤニヤしていますが・・

この夢を阻止しなかった義姉は偉いな・・と思います。
この甥が学校での成績が良いのか悪いのかは知りませんが
素晴らしい子供だなと思っています。

438 :名無しの心子知らず:02/06/06 09:33 ID:S+Js6cKh
>>435
テレビを見ていて覚えちゃったってのはあるようですよ。 元々
フラッシュカードの元になったドーマンのプログラムはここら辺
から来たらしいですね。 一般的な事とは思いませんけど。 

ただ、435さんの仰るように、ひらがな、カタカナをほったらかして
マスターするのはかなり難しいでしょうね。。。ある特定の漢字や
単語が読めるようにはなると思うのですが。

子供の興味の方向で大分違うのでしょうね。 まぁ、読む事に興味
を持ち始めたら多分、「教えて」と言ってくるような気も。その時
は、やはり、教えてあげるのが正しい気がします。

 

439 :名無しの心子知らず:02/06/06 09:54 ID:nw4YDtbW
>435
うちは勝手にひらがな・カタカナ覚えたよ。
どうやって覚えたんだろう?
外でよく「あれなんて読むの?」って、聞かれたぐらい。

440 :名無しの心子知らず:02/06/06 10:02 ID:yUgewPFS
うちも勝手に覚えました。
一才になる前に「と」「つ」「し」「の」を。
(「ぐりとぐら」を暗記していたので)
最初に続けて読めたのが2歳半で
「いなげや」(スーパーの名前)なのでやっぱり看板で覚えたのかも。

でも子供って一番「優秀」だと思えるのが2歳から3歳で後は
フツーの子になるんですよね・・・・。

441 :名無しの心子知らず:02/06/06 10:10 ID:Xun512b1
>>440
普通になると言っても、世間一般の普通ではなく、
それなりに出来の良い子になるんでわ?

442 :名無しの心子知らず:02/06/06 10:17 ID:yUgewPFS
>>441
うーんどうなんでしょう?
3歳過ぎると本人の興味の対象に個性が出てきて
親のマネッこ、大人の世界から分離して行く為に
大人から見て「凡人」になった。
と思えるのかもしれませんね。
子供の世界から歓迎されるのであればそれでいいです。(^^)
子供は子供の世界で評価されていきながら大人の世界に向かっていくのですから。

443 :名無しの心子知らず:02/06/06 10:25 ID:PszKeRfk
>437 
私は血管を配管している医者ですがなにか?・・。

444 :437:02/06/06 10:46 ID:yUgewPFS
>>443
ワラタ。
では配管工の仕事に是非チャレンジを!
といっても嫌でしょう?周りの人間とも上手く付き合えないでしょう?
人には向き不向きがあるんですよ。
優劣ではなく。
あなたが配管の仕事に就いたら職場のお荷物です。
「使えねぇヤツ」と嫌われます。
あなたは「こんな低レベルの中でやってられない」と思い
経営者の方針まで批判し職場を改革しようと考えます。
経営者はそれは望まないので冷遇されるようになります。
嫌になってやめてしまうか「仕方なく」「我慢して」仕事を続けます
鬱憤を家庭やギャンブルで晴らしますます嫌われます。

良かったですね。向いていない仕事に就いていなくて。

(極端な妄想で失礼いたしました)


445 :名無しの心子知らず:02/06/06 11:17 ID:PszKeRfk
>444 
私は老朽化したビルの配管を治療している言わばビルのお医者さんですが何か?

 医者の対極に使われるほど卑しい仕事じゃないです。

446 :名無しの心子知らず:02/06/06 11:18 ID:khAlhzd4
私は幼稚園児の時にすでに新聞を読める状態でした。(内容はわかってない
と思うけど)
周りからは「神童」呼ばわりされていましたが、もともと勉強嫌いだったためか
中学に入る頃には成績は中の下でした(恥)
だから早期の漢字教育とかってあまり関係ないというか必要ないのでは?と
思うのです(私自身の経験から言って…)

447 :名無しの心子知らず:02/06/06 11:34 ID:o4qaRHYl
このスレって、カテホイやってる人いないね。
ずっと前、早期教育関連のスレを読んだ時は、
カテホイについての是非に関する論議ばかりだったよ。
あたかも、早期教育=カテホイ(または、そのようなセット教材)
であるかのように意見交換が続き、
誰も疑問に感じていないみたいだったので
低レベルなスレだなぁぁ、と思ってたの。

このスレの方がレベル高くて為になるよ。

448 :444:02/06/06 11:44 ID:yUgewPFS
>445
素晴らしいですよ。
前にも述べたように人には適性というものがあり
それから逸れると本人とっては悲劇でしかありません。
あなたがもし医者だったら周りの人間の無知さとプライドの高さに
辟易するでしょう。
仕事の効率の悪さを改善しようとして嫌われる事間違いなしです。
伐の馬鹿馬鹿しさにあきれ果て、人事を適材適所に配置する事を
望み、顰蹙を買うでしょう。
判断力に欠ける主治医に当たり効果的な治療を施されない患者さんを
救おうと、患者さんに入れ知恵をして職場でDQN扱いされるかもしれません。

子供の誕生日には緊急のオペが入り家族との約束を破ってしまう羽目に
なるでしょう。このような事が度重なり
堅実だった奥様は寂しさと欲求不満から次第に金遣いが荒くなり
どんどんあなたの理想の女性からかけ離れてゆき、あなたは度々
奥さんの奇行に頭を抱えるに違いありません。

良かったですね向いていない仕事に就いていなくて。

もうこの辺で逝ってきます>PszKeRfkさん。



449 :名無しの心子知らず:02/06/06 13:29 ID:dBv4dyjL
>448 
逝ってらっしゃい。 おくすり出しときますから。

450 :名無しの心子知らず:02/06/06 14:39 ID:ksLutltk
いや、やっぱり「勇気」って大切ですよ。
2歳や3歳の勇気じゃなくて、10歳や20歳や80歳の勇気がね。
私はつねづね七田やら早期の子が、小学生や中学生で親や下手すると本人すら
「終わった」と思うのが不思議でならない。
早期教育自身が「○○は何歳までに!」とか「何歳では遅すぎる」とかうたってる
からね。一からやり直してみることなんて思いもつかないのかな?
綺麗事かもしれないけどさ、「人生リセットは出来ないけど、リスタートはいつでも
出来る」っつーことを子供には見せていきたいよね。

451 :名無しの心子知らず:02/06/06 15:47 ID:YVVHYlIp
でも、英語なんかは発音とかが小さいころの方がよく身につくからって
早くからさせた方がいいとかいうじゃん。体で覚えるものらしいから。
3〜4才までにはさせたほうがいいかなあと思いながら、子供二人とも
小学校にあがっちゃったよ。わはは、わはは、手遅れだ。

452 :名無しの心子知らず:02/06/06 15:55 ID:naqTmPHT
>>451
大丈夫だよ。
どんなに発音が良くてもゴシップしか話さない日本人より、シェークスピアや紫式部を
トツトツとした英語で語る日本人の方が尊敬されてるから。

453 :名無しの心子知らず:02/06/06 16:29 ID:2P1BPgm6
>>451
関係ない。
私、中学から英語はじめて、外大でて、外資系企業で、
外人と働いていた。発音はそんな下手でない。
発音は、留学すれば、いい線いくよ。

454 :名無しの心子知らず:02/06/06 17:26 ID:meEIG/gB
>435
うちの下の子も知らない間に覚えた。>439と同じ状況。
上の子しか育てていなかったら435さんの言う通りうそだ〜って思って
いたと思う。でも上の子は小学校でひらがな、カタカナを書ける様になった
けど全然授業に遅れる事はないです。飛び抜けてはいません。やっぱり。

455 :名無しの心子知らず:02/06/06 17:35 ID:sj9aC5UE
>>435
>よく、「教えてないのに勝手に読み書き覚えた」って言ってる人
>いますけど、ウソだよね?

うそもあるな。子供を責め立て覚えさせて「勝手に覚えた」と
子供の前で平然と嘘つく親もいるな。ありゃ嘘を子供に
覚えさせているだけにしか見えない。

でも勝手に覚えてしまう子供もおるよ。
ただ一人で自然にというより、子供が親に
あれってどう読むの?とか、親が子供と一緒に
映画のパンフとか読んでいるうちになんとなく
覚えちゃんだろうけど。あえて親が子に「教育」として
教える場面より、親の行動のそのものが子の成長に
大きく左右されると思うんでごわす。


456 :名無しの心子知らず:02/06/06 18:50 ID:8eQpMAcw

私と同じ年の女の子が近所にいた。大人しくて従順な感じの
子で、その辺の子とは雰囲気が違っていて、親も「近所の
ガキとは遊ばせないわ〜」的な人たちだった。

ご両親共、有名大学を卒業した方で「乳幼児期の教育
こそがその人の人生の学力になる」と信じて疑わなかった。
3歳ぐらいの頃には6つぐらいのお稽古事を掛け持ちしていた
らしい。
それもバイオリンの有名な先生がいると言っては電車を乗り継い
で習いに行くような家庭だった。

同じ年頃の子達が遊んでいる様子を親子共々冷め切った目で
見つめていた。友達と言うのは母親が厳選した子だけで
遠くから車で遊びに来るような付き合いをしていた。

小学生の頃は成績優秀で、親の言うことをよく聞く「よい子」
の典型でお母さんも鼻高々という感じだったが、中学生になり
なぜか成績が急降下し始め、その頃から異性に興味を持ち
とにかく、とっかえひっかえ彼氏が変わる遊び人へと変身して
いった。小学生の頃とはまた違う意味で有名になった。

結局は地元のドキュン短大に進学した。

ふと何がいけなかったのかと考える時に、やはり親の異常なまでの
「プライド」が子どもをダメにしたような気がする。

457 :名無しの心子知らず:02/06/06 19:22 ID:FRm5+zRb
>あぁ どうしてこんなんなっちゃうんだ。
いろんな 本や新聞にも よく載っているよね。こういうパターン。
やっぱり うちの子に限ってこうはならない って思うんだろうなぁ。
でも 大人になって壊れちゃうよりいいのかな。

458 :名無しの心子知らず:02/06/06 22:17 ID:QAxwC2kZ
英語は、むしろある程度、年齢が上がってから勉強するのが
望ましいっす。「GOOD MORNING!」とか偉そうに言う前に
近所の人に会ったら「おはようございます」ときちんと
言える子どもにするのが先決だす。
英語より、訳わかんないものに「絶対音感」つーのが
ありますが、あれを身に付けさせる親の狙いって、何なのでしょうか?
みーんな、音楽家めざしてるってこと?
それとも音楽以外に何か使い道、あるのでしょうか?
素朴に不思議ですう。



459 :名無しの心子知らず:02/06/06 22:28 ID:RuU3euym
音楽家を目指しているわけでもないのに『絶対音感』つけるために
必死になってる親がいるよ。ただ世間様に『たくの子には、絶対音
感がございますのよ。』って自慢したいだけみたい。そのために今
日もクラビノーバと子供の泣き叫ぶ声が聞こえてくる。

460 :名無しの心子知らず:02/06/06 22:29 ID:AAZBjzzu
絶対音感か〜〜
とりあえず、全く興味無いッスけど何か?

461 :名無しの心子知らず:02/06/06 22:33 ID:QAxwC2kZ
いや、本当に不思議なんだってば。
何でやらせるんだろう?絶対音感。。。
知り合いにいるんだけどさ、七田はやるわ、絶対音感とか
さわいでるわ、。。。
目的は何?ってきいたら
「お受験」ときたよ。
有名私立幼稚園受験のためには必要なのかね?
どうでもいいが、不思議。

462 :名無しの心子知らず:02/06/06 22:40 ID:GVLimB2/
2歳で本が読めるようになったと言う親ばかなママが公園にいた。
ああ確かに読んでたよ。あいうえおの本。
あ あり い いす ・・・・って(藁


463 :名無しの心子知らず:02/06/06 22:58 ID:URZ1/3JN

3歳ちょうどでひらがなと簡単な漢字が読めた(byくもん)らしく、
「がらがらどん」なんかのちゃんとしたストーリーの絵本を持ってきて
読んでいた。でもチラチラ私の顔をみたり、ちゃんと聞いてないと怒ったりする。
読み終わって、「面白かったねー]とか感想をいったんだけど、
何か物足りなそうな顔をしてる。「どうしたの?」って聞くと、
「すごいって言って!」って・・・(藁
自分の子供は絶対にこうなって欲しくないと思った。

464 :名無しの心子知らず:02/06/06 23:07 ID:e2F/cCa2
うちの食欲の塊男はかなりすごかったぞ。

2才の頃には「牛乳」とか「飴」が読めた。
バスに乗ったら、外の看板を見つけては
「お母さん! 「牛乳」だ!! 牛乳、ちょうだい」
「あ、お母さん! チョコレート(の看板が)がある。買って。」

・・・。
恥ずかしかった・・・。

465 : :02/06/06 23:47 ID:2g2F8H4F
>>457
負けず嫌いでプライドが高いから。
学習面で落ちてきてTopになれないと思い知ると
今度は異性関係でトップ(藁を目指すのさ。
典型的なパターンだよ。

466 :名無しの心子知らず:02/06/06 23:54 ID:y8jlScmL
>>463
そのお子さん、読めるようになったばっかりだったん
じゃないの? うちの子も、できるようになった直後の
ことやったのに大人が無反応だと、「すごいって言わん
のん?」みたいな催促するよ。でんぐり返りとか、そん
な類のことだけど。ひらがな読めるようになったときも
多分私達は「すごいねぇ」って言ってあげてたと思う。
言わなきゃ催促されてたかもです。そんなに恥ずかしい
ことかな。

467 :名無しの心子知らず:02/06/07 00:04 ID:9AqUdlfD
脳と運動能力の発達って言うのは密接な関係があって
どちらかを無理に発達させようとするのは危険だと>医者曰く
最近その医者の元には「どもり」の子供の相談に訪れる親が多く
話を聞くと、早くからしゃべる教育を注いでいたらしい。
子供がまだ運動能力も発達しないうちから、沢山の言葉をしゃべらせようとすると
口がまだ未発達であったりとかで、どもることがあるとかないとか(詳細は忘れた)

468 :名無しの心子知らず:02/06/07 00:10 ID:9AqUdlfD
あと、NHKでやってた天才チンパンジー愛ちゃんの子育ての様子で
おもしろいことをやってたんだけど。
その子供は、愛ちゃんが人間から教わった学習を、じーっと傍らで見てるの。
何ヶ月もの間、親がやっている姿をただ見ているだけだった子供は
ある日突然、誰に教われた訳でもなく、すいっとそれを成し遂げちゃう。
そういうことが、何度かあったらしい。

自分の子供も、一生懸命コップで飲むことを教え込んでもどうしてもだめで
あきらめて練習をやめてから幾日がたったある日
突然飲めるようになったってことがあった。
子供って、親のことをよく見て、学習し、できるべく日にできるんだなぁと思った。
親が本当に子供に教えられる事って言うのは
自分の身を通して教えるのが、一番いいんだと思った事です


469 :名無しの心子知らず:02/06/07 00:14 ID:WF2EszCg
ほめることはいいことだと思うが>>463の言っていた子は
できるようになったからほめてって感じよりはなんか自慢っぽく感じる。
>「すごいって言って!」って・・・(藁
上手に読めたねとかおもしろかったねって声かけるんならわかるけど
すごいって言われたいのね、この子は。

>>464
うちのこ最初に読めた漢字は肉でした。(焼き肉やの看板)
なんか気持ちすごくわかります(藁


470 :名無しの心子知らず:02/06/07 00:22 ID:viQHmzv1
1歳でろくにしゃべれないのに「の」と「ん」の字が読めるようになって
「おっと天才?」と思わせた我が子。
「の」と「ん」を読み間違える小2になりますた。


471 :名無しの心子知らず:02/06/07 02:13 ID:aqQBjU+H
>469
いや、わかるんだけど。多分、日頃の態度から、その親子の「すごい」
という単語には深い意味があるんでしょうね。そうは思うんだけど...
うち、簡単に「すっご〜い」という言葉で誉めちゃうことが多いんだ
よね。我が子が外でよそ様に何か新技を見せて、無邪気に「すごい?」
って聞いたらこんな風に思われるのかもと思ったら、鬱入っちゃいま
した。うちの場合、「すごい」って言葉にそれほどの意味はこもって
ないんで...

472 :名無しの心子知らず:02/06/07 03:56 ID:WF2EszCg
>>471
ちょうど子供のトイレで起きて夜中レスです。
いやいや、ちょっと書き方がきつかったかもと反省してるんですけど
子供がふつうに新しいことできてほめるのはとってもいいことだと思
うんです。でもなんと言うか463さんの話のこだと子ども自身自慢してる
って感じがしたんです。無邪気にがんばって「ほらできた〜〜♪」
って感じのときにがんばったねすごいねっていうのはちょっと違う感じ
だったのでのレスです。


473 :名無しの心子知らず:02/06/07 03:59 ID:WF2EszCg
だから471さんのお子さんのような反応だったら
すごいね!っとかがんばったねって自然に出ます。(私の場合


474 :名無しの心子知らず:02/06/07 06:23 ID:ZVvE4ZER
>>467
右脳と左脳が言語野として同じ位働く人に吃音は多いらしい。
右脳の言語野と左脳の言語野の連結がうまくいかない所からそうなるらしい。
でも、この右脳と左脳の機能分化は生まれつきの場合ね。
七田の子は大丈夫だよ。
私は専門家でも何でもないけど脳関係の本を何冊か読んだ感じでは
七田式で右脳が開発されることはない・・・あれは左脳を人工的に進化
させているだけと、ある種確信に近い形で考えられるようになったよ。

475 :名無しの心子知らず:02/06/07 08:52 ID:jKS8VItP
>>467
それは、こどもの城・小児保健クリニック院長である巷野悟郎誌が書かれた文藝春秋2001年12月号
で書かれた「幼児用教材で言語障害未発達な脳細胞に「知育」は百害あって一利なし」ですね。

原文が以下のホームページにありますので、お知らせしておきます。

研修会レポート
http://www01.tcp-ip.or.jp/~siho/report/

>>474
>七田式で右脳が開発されることはない・・・あれは左脳を人工的に進化
>させているだけと、ある種確信に近い形で考えられるようになったよ。

面白いですね。 どのような過程でその様な考えをお持ちになられたのか
お聞きしたいです。

476 :名無しの心子知らず:02/06/07 09:22 ID:KdzNDRVU
院長先生の論文、とても参考になりました。
このような文献があれば、これからも載せてください。
お願いします。

477 : :02/06/07 09:32 ID:rcvNuNiO
巷野悟郎先生の育児本が好きで読んでいたよ。
>>475のレポートもわかりやすくて納得できた。
自分の育児に自身が持てたよ。
ありがとうね>475

478 :名無しの心子知らず:02/06/07 09:41 ID:DG6OprG1
スポーツ系の習い事なら良いの?
年中さんで、スイミング、体操、サッカー、ダンス(ヒップホップ)と
スポーツ系ばかり四つも習い事してる子がいます。
本人はとても良い子で楽しそうにこなしてるし、
10メートル泳げるようになった、とか
逆上がりができるようになった、など
ママも嬉しそう。

でも、Jリーグもオリンピックも、はるか彼方だと
思うのですが、そのママは何を考えているのだろう?

479 :名無しの心子知らず:02/06/07 09:51 ID:0Ff417gy
やっぱり 専門家プロの書くものは実践、経験が充分に入っていて 一番心に
届く内容ですね。七田のスレに送ったれ!なんて思いました。ここのスレは
このレポートで完了できそう。

480 :名無しの心子知らず:02/06/07 10:03 ID:5DLCShN6
>478
でもなんか雰囲気的に、スポーツ系の早期教育(っていうか
早く始めるスポーツか?)は黙認されてるかんじがあるよね。
ベビースイミングとか広場で友達と普段遊びでできるスポーツを
わざわざ習いに行かせるのも「教育熱心だなぁ」ってイメージは
あるんだけど・・。

まぁ、誰々ちゃんより先に何級になった、とかあの子より先に泳げるように
とかそういう必死さがなければいいのかな。

481 :名無しの心子知らず:02/06/07 10:06 ID:0Ff417gy
>478 良いの?っていうか 早期教育に入らないんじゃないかな。
単なる趣味のつもりでやっているんじゃない?親がスポーツ好きか、反対に
スポーツ苦手で運動神経を発達させたいとか。
スポーツは好きな人にとっては 大人になってもいい気晴らしにもなるし。
そのうち、この子はどのスポーツが会っているか分かるからとりあえず
小手調べ的にいろいろやってるんでしょうね。お金もあるし〜って感じで。

482 : :02/06/07 10:09 ID:rcvNuNiO
スポーツは向き不向き、喜んでやっているかイヤイヤやっているかが
わかりやすいからまだいいと思う。
そんなに無理させる教室も少ないし。
(知育系も教室自体は無理させていないんだよね。親がムキになるだけで)

483 :463:02/06/07 10:12 ID:aSkr6AnL
>>466 >>469
言葉足らずでした。すみません。

彼が5才になった現在もお付き合いは続いていますが、「すごいって言って!」
攻撃はおさまらない・・・(藁
要はTPOと親の態度だと思うんですよ。身内や仲良しだけですごいすごい
言ってても何も問題なし、というか、積極的に言ってあげるべき(催促するのは
やはり問題あると思うが)。でも初対面やそれに近い人がすごいを強要されて、
親も「うちの子、すごいでしょ。もう小2レベルなのよ。もうちょっとで
表彰なんだけど。」なんて話を聞かされた時にはたまったもんじゃないですよ。

そうそう。そのころ彼はチックがすごかった。「むりやり勉強させてるからじゃ
ないの〜?」と思った覚えが。

5才になった今、彼は人より先に出来れば相変わらず「すごいでしょ」攻撃ですが、
人より遅れて出来るようになったことは、こっちが逆に「すごいね。がんばったね。」
と、声を掛けてもしらんぷりです。照れているだけと思いたいですが、
こどものうちから妙なコンプレックスを持っているようで少しかわいそうです。

あ、もちろんお友達になった今では素直に「すごいね」言ってますよ。
彼が催促するより先にね。

スレのレベルを下げてしまいましたのでsage


484 :名無しの心子知らず:02/06/07 10:18 ID:h3CQSWPB
私はスポーツ系が苦手なだけでなく、大嫌い。
旦那も同じ。(見るのは好きだけど)
だから、子供にスポーツ、いや、体を動かすことの楽しさを
教えてあげることができないどころか、
自分が子供時代外遊びが苦手だったので、
外でうまく遊んでやることができず
今の時点では外で遊ぶのが大好きな子供の芽さえも
摘んでしまいそうな気がする。
でも、自分が楽しくないから、教えようにも教えようがない。

だから、スポーツ系の習い事だけは、学校で「体育」という形で
優劣がつく前にやらせておきたいと思う。
他人より上手になんて高望みはしない。
ただ、ひたすら嫌いにならないように。楽しいと思えるように。
体を動かすイベントが楽しいか、逆にプレッシャーになったり憂鬱になるかで
その後の人生の楽しさがかなり違うと思うから。
発想は、「自分が苦手だから、子供には苦労させたくない」
という意味では、勉強苦手な親が早期教育に走るのと
なんら変わりないと自分でも思うけどね。
親が親なので「成績」はまったく期待していません。
ただ、体育嫌い、スポーツ嫌いにならなければそれで十分だと
心の底から思います。

485 :名無しの心子知らず:02/06/07 10:28 ID:5DLCShN6
>この子はどのスポーツが会っているか分かるからとりあえず
>小手調べ的にいろいろやってるんでしょうね。

これはスポーツに限らずバレエとかピアノとかお稽古事かけもち
してる人みんなそう言うけどね。

スポーツは「教育」というよりは「お稽古事」の範疇のイメージが
あるからまだいいのかもしれない。
でもスイミングみたいに優劣や順序がはっきりつくものは
けっこう親子ともども熾烈だったりするらしいよね。
同じに始めたのに差が出てくると、進みの早い子のお母さんは
鼻高々でちょっといやだ、と友人が言っていた。

486 :名無しの心子知らず:02/06/07 10:36 ID:YWcdLnPK
小さい頃から機械体操など本格的にやらせると成長の妨げになるようだ。
オリンピックの女子など15歳でも10歳ぐらいの身長だ。筋肉つけすぎ  
ると骨が伸びないらしいよ。

487 :名無しの心子知らず:02/06/07 10:53 ID:0Ff417gy
スポーツの中で一番鼻高々になりやすいのってスイミングじゃない?
みんな ガラス越しに見張っている いや 見学しているのか。
楽しんで泳いでいるというより 見張られて ビクビク 泳いでいたりして。

488 :名無しの心子知らず:02/06/07 10:56 ID:38NprtNJ

ちょっと古いけど、「絶対音感」は、テレビで聞いた音楽を
即c児の前で両手伴奏付きで演奏するのには役立つよう
です。

音楽家として、一流のプロになるのに、絶対音感は要りません。
バンドミュージシャンは、あると便利。



489 :名無しの心子しらず:02/06/07 10:58 ID:38NprtNJ

一音会とか、桐朋こどものための音楽教室は、早期教育。
ヤマハ、カワイ教室はお楽しみの範疇に思えるが、どよ?



490 : :02/06/07 11:11 ID:rcvNuNiO
早期教育にするもお楽しみにするも親の意識次第。

うちの子ヤマハに行ってるけど
私的には「のんびりと大した事していない」と思う。
でも同じクラスのお母さんは
「もう和音を勉強している」「もう両手で弾いている」
「楽譜を読む勉強があるから教えるのが大変!」
「グループレッスンだからちゃんと練習しないと!」ときりきり舞い。

491 :478:02/06/07 11:12 ID:IyOgJW+i
>この子はどのスポーツが会っているか分かるからとりあえず
>小手調べ的にいろいろやってるんでしょうね。

お〜〜、なるほど、そうだったのか。
そうかもしれないね。ようやく理解できました。
そこのママは、体育学部出身なんだって。

私、習い事って、自分が苦手だったものを
やらせようなんて、絶対、思わないけどなぁ。
苦手な物に時間とお金かけて、普通レベルにしたって無意味じゃん。

得意な物を伸ばして、クラスで一番、とか目指した方が
本人も自信がついて、ひとつやふたつ苦手な物があったって
くじけない性格になるんじゃないの?

そういう私は、ものすごい音痴で、カラオケを避けまくる人生
送ってきましたけど、子供に音楽系を習わせようなんて
全く思わんぞ?


492 :478:02/06/07 11:27 ID:DG6OprG1
478の補足。
カラオケが苦手なら、歌の練習するより
話術で人を引きつけられるようにした方が
効果的だし、ストレスたまらないじゃん。

実際、私はどんな飲み会でもコンパでも、
カラオケのからむ物は一切、参加しない
ことを宣言していた20代でしたが
それでも、(カラオケの絡まない)飲み会
や旅行のお誘いは、いっぱいありましたよ)
もちろん、「二次会はビリヤードにしよう、
来週はボーリング行こう、その後、うまいラーメン屋も
知ってるよ」などと、自分でも積極的に企画案を
出しましたけどね。
あの、カラオケ全盛時代だったけど、
ちゃんと楽しい20代でしたよ。

493 :478:02/06/07 11:28 ID:zybGPF57
478の補足ではなくて、491の補足でしたわ。

494 :名無しの心子知らず:02/06/07 13:32 ID:5bCDg43e
>>475のレポートとても参考になった。
ウチは1歳5ヶ月で2語文がでて
1歳6ヶ月検診でも他の子より語彙も下手すりゃ二桁くらい多かった。
ぬか喜びしていたのは事実だが
別にエリートにしようとか有名小学校に行かせようとかは全く思わないので
これから、もうちょっとスローダウンさせようと思う。
いっぱい遊ばせよう。いままでも結構遊ばしていたんだけど。

495 :名無しの心子知らず:02/06/07 13:54 ID:ZVvE4ZER
小食の子があんまりご飯食べなくても、「子供は自分が必要な栄養はとっているものだ」
という説がありますよね。
運動についても、ご飯と一緒という説があります。
つまり、子供は外遊びの中で自分に必要な筋肉はつけていると・・。
スポーツはほとんどが全身運動ではないので、やりすぎると発達を阻害する可能性が
あります。テニスしすぎれば、右手が不自然に長くなり、上にあるように体操もしかり。
だから、「運動」の習い事より、その辺のジャングルジムの方が、子供の発育にとって
意味あるものになる可能性大らしいです。
たしかに公園の遊具って、頭と体をいろんな風につかって遊べますものね。

496 :名無しの心子知らず:02/06/07 14:13 ID:5DLCShN6
>495
ハゲ同。
私も別に「上手に」スポーツできるようになってほしいとは
思わないので、おにごっこやボール遊び、日々友達との遊びのなかで
体を動かすことを楽しんでくれたらいいな、と思う。


497 :名無しの心子知らず:02/06/07 14:18 ID:s2RSgu3b
>>495
>つまり、子供は外遊びの中で自分に必要な筋肉はつけていると・・。

昔は確かにそうだったらしいけど、今は不足してしまうらしいよ。
昔の子供は何も無い広場は全速で駆け回ったり、停まったりするとか、
崖を昇り降りするとか、たんぼの畦をバランスをとって歩くといったことで
運動能力を身につけていたんですって。

498 :名無しの心子知らず:02/06/07 17:25 ID:3/veE2PU
でも、体育の時間に優劣とか順位はつきますよ?
運動神経がイマイチな子供は水泳を習わせると良いと聞きました。
スイミングはやったらやった分だけ、目に見えて成果が出る種目なので
運動神経がイマイチな子供でも、それなりに、
やってない子よりは、さまになった泳ぎができたりして
自信がつくらしいです。

499 :名無しの心子知らず:02/06/07 17:48 ID:rcvNuNiO
>>498
>スイミングはやったらやった分だけ、目に見えて成果が出る種目なので

そんなこと本気で信じてるのか?

500 :nanashi:02/06/07 17:50 ID:jlnHKHut
頑張って秀才に仕立て上げよう、500!

501 :498:02/06/07 18:55 ID:bu+009ZC
>>499
うーーん。
信じてる、というか実際に目の当たりにしている
事実なんです。
でも、もしかしたら現在、スイミングスクールに
ちゃんと通えている子は、向いている子だけなのであって
実際には、挫折してやめていってしまった子がいる、という
ことが言いたいのしょうか?

うーーん。確かにベビースイミングはあまり意味ない場合も
あるでしょうけど、4歳から、ちゃんと通えば、就学前に
必ず、ちゃんとしたフォームで泳げるようになるのですよ?
運動神経がイマイチの子にとっては、すごく魅力的なこと
だと思いますよ?

502 :名無しの心子知らず:02/06/07 20:06 ID:V57tx6Hb
スイミングの話が出てるけど
周りを見てると、子供と楽しい時間を過ごしたいと思ってるか
体を丈夫にしたいと思ってるか
あとはママ友達を作りたいとおもってるかの
三点だとおもう。
何も水泳選手にしたいとかっていうのは
どんなに親ばかでも、小学生くらいにならないと
その子供の素質っていうのはわからないはず。

>499
私も、水泳はやった分だけ上達する種目だと聞きました。
曲線の度数は人それぞれだろうけど
緩やかだろうと、着実にできるようになるという事です

503 :名無しの心子知らず:02/06/07 20:07 ID:WCAhW2fI
何でも続けないと意味無くなっちゃう場合が多いよね。
知り合いの子は幼稚園に行かずに週2、3日スイミングに行っていて
入学前に200メートルおよげたんだけど、小学校入学と同時にやめたのね。
そしたら6月のプール開きの時には水に顔をつけるのもできなくなってた。
泳ぎ出したら思い出したのかもしれないけど。

504 :名無しの心子知らず:02/06/07 20:10 ID:3WOtR/0S
>503
そんな極端な例を出されてもねェーーー、
  ちょっとぉ〜奥さ〜ん!

505 :名無しの心子知らず:02/06/07 20:12 ID:3WOtR/0S
スマ、ふざけ過ぎた。
室内プールはOKで、室外プールに戸惑ってしまったとか・・・?

506 :名無しの心子知らず:02/06/07 20:22 ID:ZVvE4ZER
確かにどんな運動音痴でもスイミングスクールに行けば、ある程度はうまくなるよ。
だから自信つけさせるには良いと思う。
でも私の友達の子で、小学校1年の夏休みに毎日学校のプールで泳いで(泳ぎ
方がわからないときは監視の先生に教わって。)2学期には50m泳げるように
なった子がいたよ。
そういうのかっこいいと思う。

507 :名無しの心子知らず:02/06/07 21:08 ID:ZVvE4ZER
>>475
まず七田は、6歳までは右脳の活動が盛んだから、母国語の言語習得は右脳でやって
いて、8歳以降に左脳的な言語の意味付与なんかが行われていくと言ってる。
でもその他の本を読むと、生まれてすぐから言語は左脳で育つのが通常らしい。
6歳までの右脳の機能で突出しているのは「可塑性」であって、例えば6歳くらいまで
なら、左脳に障害が起きても、かなり良い所まで右脳が左脳的機能を負担して言語障害
は回復するらしい。その点をもって「右脳サイコー」って言ってるんじゃないかと。

で、一般的に言語に対して右脳はどんな働きをするかというと、例えば「頑張っ
たねえ」なんて言葉の言外の意味、皮肉なのか、賞賛なのか、嫉妬なのか・・そんな
判断をするために言語本来の意味付与担当の左脳を助けることをしているらしい。

でもさ〜、七田とか早期の子ってそういう能力低そうな意見が多くないですか?
年齢が低いにしても。

結局右脳って、フラッシュカードじゃなく、運動、経験からしか発達しないんじゃない
か・・って思っちゃうんですよね。

七田が良く使う「右脳は高速・大量処理」っていうのも、サヴァンをお手本にしている
カンジなんだけど、サヴァン自身があまり解明できていない状態で、右脳礼賛にするのも
なあって思っちゃいます。

長文スマソ

508 :507:02/06/07 21:22 ID:ZVvE4ZER
間違えました。
×8歳以降
○3歳以降

509 :名無しの心子知らず:02/06/07 21:32 ID:+jdIzYJV
>>507
七田マンセーではないが、
現在の七田は、知識は経験からでしか身に付かないということで、
右脳の発達促進=フラッシュカードではない。
微妙に修正されつつあると思う。ソニーの森田理論も修正されてるし。
ただそう言い切ってしまえば、教材は売れなくなるだろうからな・・・


510 :名無しの心子知らず:02/06/07 21:54 ID:1T2RmHEQ
>509
ソニーの森田理論?
井深ではなくて?

511 :名無しの心子知らず:02/06/07 22:39 ID:UQm21V3o
日本で早期教育ブームが始まったのって15年位前?
今の中学生、高校生が早期教育の第一次被害者になるのかな。
かてほいや苦悶スレで頑張ってた「先輩」のお子さんもちょうどそれ位だよね。
彼女のお子さんは弊害出ていないのかな。

もしこの前、しなぷすちゃんに相談してたのが「先輩」だとしたら
申し訳ないけど、余り賢いタイプではなさそうな感じを受けた。
自分に学力的なコンプレックスがあるから
早期教育に一生懸命になったのかな。
できれば先輩にはコテハンで出て来て欲しいです。
色々聞いてみたい。

512 :名無しの心子知らず:02/06/07 23:06 ID:IyOgJW+i
三石由紀子さんの著書、読んだことある方います?
彼女はもと小説家だけあって、医者や評論家(?)より
はるかに文章がうまいんですよ。
だから、彼女の著書を読むと「うおー、早期教育マンセー
金持ちの子供ウラヤマシー!!」って思ってしまいます。

でも、実際には私もダンナも仕事や趣味で忙しく
あそこまで子供第一の生活ができるはずもなく
チョピーリ我が子に申し訳ない気持ちにもなるの。

あと、芥川賞作家の三田誠広が書いた
「パパは塾長さん」も、非常に感動してしまって
「うおー、教養あるパパにみっちり勉強教えてもらった
三田の息子、うらやましすぎるぅぅ!!」と思いました。

実際のところはどうなのかなぁ。
勘違いドキュンな親でなくて、
ちゃんと知性と教養ある親が施す早期教育なら
良い効果が得られるのでしょうか?

513 :名無しの心子知らず:02/06/07 23:11 ID:V57tx6Hb
早期教育の是非よりも
子供の人生をコントロールしたがってるその姿勢が疑問

514 :名無しの心子知らず:02/06/07 23:12 ID:JCAMsAqM
三石由紀子も三田誠広も読んでないけど
子供達はどんな大人になっているのですか?

515 :名無しの心子知らず:02/06/08 00:25 ID:phzpB12H
スイミングクラブ(YMCA)でコーチをしていた経験がありますが
やったらやっただけ・・って事は無いです。
普通の運動と同じ。水の中の重力に慣れるという意味では
入水時間が長ければ長いほど・・ですが

もしかして書いている内容が微妙にずれているのかしら?
私はタイムの事をいっているのですが・・

516 :名無しの心子知らず:02/06/08 03:09 ID:EmXp6LRw
はっきり言って日本のスイミングスクールって何が面白いのか良くわからん。
仕切られたところを行ったり来たり、想像性に欠けている。飛び込み板や
ターザンロープみたいなのがあるプールないの?せこく選手にしようとするから
悲壮感漂っちゃってだれ君は何メートル泳げるんだよなんてことばかり話題にする。

遊びじゃいけないのかぁー?って皆さんにとってはただのアラシか。

517 :507:02/06/08 05:31 ID:09gZAPOa
>>509
そうなのですね。教えてくれてありがと。
そういえば、七田チャイアカのHPに「卒業生その後」が出てました。
一人は灯台、一人は芸大。
その子の最大限の能力といいつつ、やはり有名校にあがった人を掲載する
あたり・・・。

518 :名無しの心子知らず:02/06/08 08:35 ID:IUqnNm/p
すみません。まず自分の事から書きます。
私は都内の美大を卒業しました。在学中、自分の発想力のなさがコンプレックスでした。
課題が出ると、どこかで見た絵や写真等をアレンジして提出するという事のくり返し。
思い返せば、すでに中学の美術の課題の時からそんな感じでした。
大学では、だいたいそんな「アレンジ派」の人が多数でしたが、
中には強烈なオリジナリティーを見せる人もいて、圧倒されました。

それで発想の柔軟さ、想像力などは小さな子供の頃から養わないと
手遅れになりやすい様に感じていますが、皆さんはそんな力を付けるには
どの方法が有効だと思いますか?


519 :名無しの心子知らず:02/06/08 08:57 ID:RTJ8zpuK
子供の世界に踏み込まない
何事も教えるのは技術の基本だけでいいんじゃない?

でもオリジナリティって子供が小さい時は
「下手」
に見えるんだよね。
そこで手を加えない、否定的な評価をしない方がいいんじゃないかな

520 :名無しの心子知らず:02/06/08 09:04 ID:eABe9ZlQ
三石由紀子の子ってもう成人くらいだよね?
凄い人になってなくちゃ詐欺本になっちゃうよね。
全然聞かないけど何してるのかな?
引き篭もり?

521 :名無しの心子知らず:02/06/08 09:17 ID:RTJ8zpuK
>>516
ウチの子の行っているスイミングは遊びが中心です。
対象者が幼児とオバチャンなのです。
進級テストもないのです。
水が怖い 潜れる 泳げる
くらいにしか分かれていません。
(泳げるようになるとたいていみんな別の教室に行ってしまう)
30分間泳ぐ練習のようなものをして残りの30分は
大きな発泡スチロールの板にみんなで乗ったり
お風呂用のオモチャが沢山用意されていてそれで遊んでいます。
怖がる子は先生に抱っこされています(小学生でも)
先生の背中に乗せてもらって「浦島太郎」状態の子もいますよ。

親も見学している人ほとんどいないなぁ・・・
(見ていても何をしているという訳でもないのでツマラン)
幼児で始めるならこの程度からでいいと思うけど・・

522 :名無しの心子知らず:02/06/08 10:03 ID:6Phg+51N
三石由起子の子供って、早期教育をした下二人は、
まだ中学生ぐらいじゃなかった?
今のところ、ものすごい博学中学生になってるって
聞いたよ。


それから、三田誠広の子供は、その著書の主人公(次男)は
上智大学理工学部に行ったよね。中学受験をしていないほうの
長男は東京芸大だっけかな。

それから、スイミングのやったらやっただけ
伸びるっていうのは、もちろんそんな高レベルな
話ではなくて、市民大会レベルの話ですよ。
私も水泳部出身でスイミングコーチのバイト経験あり、です。

523 :名無しの心子知らず:02/06/08 11:03 ID:gA8M+Flp
ちょっと遅レスでスマソ
>>435
>よく、「教えてないのに勝手に読み書き覚えた」って言ってる人
>いますけど、ウソだよね?

ある意味嘘だけど、ある意味ほんと。
うちの子は言葉の遅れが激しく、2才になっても意味のある言葉は一つも言えなかった。
早生まれなので2年保育しか考えてなかったのに、児童相談所で早く幼稚園へ入れるよういわれた。
2才8ヶ月頃、せめて自分の名前位は言えて欲しいと自分の名前をひらがなで教えた。
(幼稚園では自分のものをシールやマークで区別するんだという事を当時知らなかった)
前々から絵本はよく読み聞かせしてたけど、それがきっかけでひらがなを覚えだし、
まともな言葉は数語しか言えないくせに簡単な絵本は一つ一つ指差しながら読むようになってしまった。
勿論意味なんかわからず暗唱しているだけだったけど。
その頃から「にゃ〜に(なに?)」「にゃ〜で(なんで?)」が出るようになり親は結構その対応に大変だった・・・
幼稚園入る頃にはひらがなカタカナすべて読めるようになっていた。
だからお友達や先生の名前を覚えるのもすごく速かった(名札が読めるから)

年中頃になるとお友達や先生にお手紙書くって言ってあいうえお表を見ながらお手紙書いてた。
(ただし、本人以外には解読不能)
その頃には言葉の遅れがあったとはほとんどわからなくなった。

そんな子供ももう小学生。早く字を覚えたからといって別にどって事ない。
特別に出来る奴ではない。
でも文字を早く覚えてしまった事で絵本や図鑑が好きになり「自分で調べる」ことや
「自分なりに考える」ことが好きになったようだ。

3才でひらがなカタカナ読めたというと人は「すごい」とか「何もそこまで」という。
でも、うちは結果的にそうなってしまった。
早期教育なんかするとこれからその弊害が出る、とか言われると鬱になる。

524 :名無しの心子知らず:02/06/08 11:53 ID:Dc0uYWf3
>そんな子供ももう小学生。早く字を覚えたからといって別にどって事ない。
>特別に出来る奴ではない。

子供に特殊な才能があるのに、親が気づいてあげられない例。
その才能は学校のお勉強には直接結びつかないかもしれないけど、
アメリカならまず、Gifted Child のクラスに入っていろいろな
可能性を模索するチャンスが与えられます。

弊害がでるどころか、すごい可能性を秘めてますよ。

525 :名無しの心子知らず:02/06/08 11:55 ID:h6qcZjn2
うち、4歳になりたてのころ、おもちゃのあいうえおボード
買いました(ボタン押したら音のでるやつ)。そうしたら、
近所の半年遅く生まれた子(3歳児)と二人で大喜びで遊ん
でいて、二人とも2、3日でほとんど覚えちゃったよ。
あいうえおボードの威力にびっくりするとともに、「これっ
て『無理やり教えた』状態??」と鬱入っちゃいました。
弊害あるんだったら、近所の子の方がさらに被害者かも(鬱鬱

526 :名無しの心子知らず:02/06/08 12:17 ID:MTCKyMU8
別にその程度のことで弊害でるほど
人間の生きる力は弱くないんでわ?

527 :名無しの心子知らず:02/06/08 12:35 ID:NpBh/07P
「子どものための早期教育」って言っても母親によったら
優越感にひたって、他の親のやり方を見下し、自分の子
よりも出来の悪い子を哀れんでいるようにしか見えない。

そんな母親の周囲に我が子よりも優秀と思える子が出没
したら、たちまち批判、中傷の鬼のようになる。

528 :名無しの心子知らず:02/06/08 13:16 ID:9N+BzNxW
>>524
そういう場合もあるだろうけど、なんか違う気がする。
現在過去、天才的に何かで歴史に名を残したような人物で
早期教育を受けた人ってどれだけいると思う?
現在の日本のオピニオン・リーダーだって
早期教育を受けたって言う話って聞く?
その子供の才能って、自然と開花する部分があって
親としては殺してはいけないけど、開花する手伝いって
おこがましくも、できないことだと思う。
うちの子は〜ができる!!って思いこんでなんやらかんやらやらせるのこそ
子供の可能性を殺すことになりかねない。

529 :名無しの心子知らず:02/06/08 13:23 ID:h6qcZjn2
>526
そうですね。でも、私、実は結構ある意味教育ママなんです。
いくら遅くてもいいから自分でひらがな覚えてほしいと漠然
と思ってたのに、おもちゃで超お手軽に覚えてしまったので
自分のやったことのアホさにマジでちょっと鬱入りました。
ま、言うほど気にしてはないんですが。

530 :名無しの心子知らず:02/06/08 13:32 ID:9N+BzNxW
勉強ができたり、スポーツ能力が優れていたり
そういうのって、相対的なものを求めてるの?
子供が自分なりに楽しくできたらいいし、
小学生くらいになると、子供だって馬鹿じゃないんだから
自分にどういう能力があるかくらい分かると思うし
それからでも絶対遅くないと思う。
私は親として、子供に才能を身につけてやることより
子供が自分で才能に気づきチャレンジする精神や
人生を楽しく生きていける方法などを教えて上げたい。

531 :523:02/06/08 14:13 ID:gA8M+Flp
せめて幼稚園に入る前に自分の名前位は言えるようになってて欲しい、それだけの気持ちだったのに
思わぬ副産物でひらがなカタカナ覚えてしまって、早期教育マンセーではなかったのにそういう風に
周りに思われたのが鬱入りました。
「にゃ〜に(なに?)」「にゃ〜で(なんで?)」が出るようになった時なんか
たとえば「(冷蔵庫を指さして)にゃ〜に?」「冷蔵庫」1分後「(冷蔵庫を指さして)にゃ〜に?」
「冷蔵庫!」の繰り返し、「にゃ〜で」に至っては答えに詰まる事もしばしばでした。
幼稚園の道中(徒歩)道に咲く花に「(指さして)にゃ〜に?」を連発するので知ってる物は教え、
わからないものは「おうちに帰ったら図鑑で調べてみようね〜」とやってました。
看板や道路標識も「にゃ〜に」「にゃ〜で」でした。
今現在覚えてる物も忘れてる物もありますけど、3年間すごい攻撃でした(笑)

絵本を読み聞かせはしてましたけど、それは私が昔親にしてもらってて、早期教育のつもりは
なかったんです。
やっぱり早期教育してたのかなあ・・・

>>524 >>528
今は子供が求めれば答えるけれど、大体は自分で好き勝手にやってるようです。
子供が結果的に将来どうなるかはわからないけど、本人にとっていい方向に行って
くれたらなあと思ってます。

532 :名無しの心子知らず:02/06/08 14:21 ID:9N+BzNxW
>531
絵本の読みきかせは、とても良い事ですよね。
私の親はあんまり読んでくれた記憶がなく
しかたなく、自分で読むくせをつけ、今でも活字中毒。

本て、意外なことに(?)いろんな価値観が詰まっている世界だと思う。
それに、日本語の言い回しを身につけたり、言葉を知ったりする良い教材。
大人になっても本を読むことを趣味とできれば
すばらしい事ですよね
すごう

533 :名無しの心子知らず:02/06/08 16:04 ID:pIs8tdtf
早期教育、反早期教育、どっちもやってることは、ほとんど一緒。
ハッキリと子どもの頭がよくなるためにやってるって言ってくれれば、
気持ちいいのに。自然に出来ちゃった〜とか、そっちのほうがイヤミっぽい。

534 :名無しの心子知らず:02/06/08 17:03 ID:h6qcZjn2
>533
自然にできるおうちは、それなりに親の意識がしっかりしている
結果ではないでしょうか。「字を覚えさそう」ではなくて、適切
な刺激(話し掛け、絵本読み等)を与えているということで。そ
れで早く字が読めたときに「早期教育したんだ」と白い目で見る
人が周囲に存在することが問題なのでしょう。そういう人達相手
に自己防衛しているだけで、イヤミではないと思うよ。

(もちろん、明らかにアプローチしたくせに「やってない」と
嘘つく早期ママは論外だけどね。)

535 :名無しの心子知らず:02/06/08 17:10 ID:9h/H5BIB
その度合いは人それぞれかも。
私は子供の頃から2つのお稽古事に通っていて
その2つは20年くらい続いた。その他に市民講座に参加したり
短期講習に通ったりして常に「通いモノ」が4つはあった。
自分の子供には3つ習わせている。
内容的にも甘いものばっかりなので「全然やっていない」と
思っているけど周りから見たら沢山やらせてる様に見えるんだろうな。

やらせて出来る様にするつもりはなくて
出来るから通わせてあげているんですけどね。


536 :名無しの心子知らず:02/06/08 17:32 ID:/Xy8PwsS
マニュアルとか世間体にこだわる家庭からは天才的な才能の子は育たない


537 :名無しの心子知らず:02/06/08 17:50 ID:wGE+Rq2Z
>543
そういうのを早期教育っていうんじゃないの?
「絵本たくさん読んでるんだよ」とか、
「たくさん話して欲しいから、いっぱい話し掛けてるの。」
とでも言えばいいのに。

へんなの。

538 :名無しの心子知らず:02/06/08 18:31 ID:MTCKyMU8
>>537
激しく同意〜〜!!
絵本の読み聞かせだって、早期教育のひとつだよね。

私の母は、本ばかり読んでる人が大嫌いなのだそうな。
机上論ばかり達者で、行動力に欠けるからなんだって。
母は、フットワークが軽くてマメな人が、人間的に好きなのね。

もちろん、子供(私達)に絵本の読み聞かせだなんて一度もなし。
でも私も妹も、今じゃ趣味は読書で活字中毒だよ。
母は、文句ばっかり言ってるよ(ww

539 :名無しの心子知らず:02/06/08 18:39 ID:G5WaC4Rc
>538
禿同!
それこそ、早期教育の否定だよね!

このスレみての感想。あれこれ理由をつけて、
わたしは早期教育をやっていませんなんて、
よく言えるなーと思ったんだよね。

540 :名無しの心子知らず:02/06/08 18:57 ID:TeFd4OZ2
そうですね。なんで、早期教育やってませんとか言うのでしょ?


541 :名無しの心子知らず:02/06/08 19:18 ID:g+5YndFQ
あのぉ〜、すいません。1年ほど前、幼児教育系のいろんなスレやトピ
読みまくっていたのですが、飽きて遠ざかっていた者です。
それで、ヤホさんでがんばっていた早期教育大好きなピッコ○マ○さんの
消息を知りたいのです。
確か一年前は、子供のお受験(幼稚園か小学校?)の準備をしていたようです。
その子は受かったのでしょうか?ピッコ○マ○さんは今も燃えているのでしょうか?

教えてチャンで申し訳ないのでsage。

542 :名無しの心子知らず:02/06/08 19:23 ID:gA8M+Flp
>>533
>自然に出来ちゃった〜とか、そっちのほうがイヤミっぽい
嫌みやら、自慢に取られてしまうのは仕方のないことかもしれません。
でもその当時の私は「名前さえ言えればよかった」だけでした。
思わぬ副産物にとまどいました。
お友達の名札を読む、お買い物の品の名前の札を読む・・・読める事を隠しようがなく、
聞かれるとそのたびに同じ説明ばかり繰り返してました。

文字は小学生になればみんな読めるようになるし、子供の友人は年長のある日突然ひらがなを
読むようになり、きっとその子その子の時期があるんだなと今は思えるようになりました。
ただ、弊害は怖いですけど・・・

>>534
「イヤミではないと思うよ」の言葉に救われました。ありがとうです。

>>537 >>538
絵本は確かに読んでたけどそれほど多く読んでいたわけではなかったし、そんな特別な事と
いう意識はありませんでした。
あとある程度の年齢の言葉の出ない子に話し掛けは有効だけど、多すぎるのも問題と指導されていました。
あくまで子供が求めて来るように、来た時に、でないといけないらしいです。

>>539
私は早期教育をするつもりは決してなかったんだけど、ここで色々意見を聞くうちに結果的に
早期教育やっていたんだなと気がつきました。
でも信じてもらえないかもしれませんが、早期教育をやっているという意識はありませんでした。
ただ自分の名前を言えるように、という親心だけでした。
うちのばあいはひらがなを使ってやっといえるようになったのです。(棒読みではあったけれど)

最後に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。
逝ってきます・・・

543 :名無しの心子知らず:02/06/08 20:53 ID:6+rWju8T
>542
ウチの子より早く読み書き出来る子がいるなんて!!
ウチよりたくさん絵本を読んでいる人がいるなんて!!!
ゆるせない!!!!ムキーーーーッ!!!!!
と、いう人にそこまで低姿勢で謝らなくても・・・・
いい人やね。

544 :名無しの心子知らず:02/06/08 21:05 ID:Sjp1dO+L
何かおかしいよ・・・
絵本を読んでもらうことって「教育」じゃないでしょ?「娯楽」でしょ?

545 :名無しの心子知らず:02/06/08 21:25 ID:m/X0A26J
子供が聞きたくも無いのに、むりやり引っ張ってきて
絵本を読み聞かせているのでもなければ
害なんてあるわけないじゃん。
なんだか、すごく低レベルだよ、今の話題。

546 :名無しの心子知らず:02/06/08 21:26 ID:Pc2oD9LI
>544
禿同。
絵本を読んでもらうのがなんで早期教育なの?
なんらかの教育効果を期待して、子供がいやがるのに無理矢理
聞かせるような本読みならそりゃそういうこともあるかもしれ
ないけど、お昼寝や夜寝る前にお話を読んでもらうのってすごくいいこと
だと思うけど。
自分の時のことを振り返っても、「今日はこれ読んで〜」と本を選び、
物語を聞くのがすごく楽しみだったよ。
シンデレラとか人魚姫とかお姫様ものは、子供心にもあこがれたし
金太郎やかちかちやまみたいな日本昔話みたいなのも楽しかった。
なんで早期教育にくくられるのかわからないよ・・。

547 :名無しの心子知らず:02/06/08 21:30 ID:Sjp1dO+L
子供をあやすのだって抱っこするのだって
麦茶飲ませるのだって話し掛けるのだって
アカンボの脳に刺激を与えてあげるための行為なのに
それを自覚的にやってる人(自覚的にやってる、と表明する人)を
変に叩くのっておかしいと思った。
無自覚でやらなきゃ愛情じゃない!みたいな変なベクトルを感じる。

548 :名無しの心子知らず:02/06/08 21:31 ID:m/X0A26J
あれでしょ、きっと早期教育実践組の負け惜しみなんでしょ。
早期教育の弊害レポート読んで、びびっちゃって
「あんたたちだって早期教育(読み聞かせ)やってるじゃない、キーー!!」
って感じじゃないの?

549 :名無しの心子知らず:02/06/08 21:37 ID:m/X0A26J
>>547
マジレスしますよ、よく聞いて下さいね。
純粋な愛情の発露による抱っこや話し掛けは
見返りを求めるものではありませんから
子供にとってちょうど良い加減なのでしょう。

でもそういう行為が脳の開発のため、という他の理由付けがある場合
どうしても過剰になるのが人の常。
その過剰さが子供にとって迷惑なんですよ。
わかりませんかね。
ここまで言わないと。

550 :538:02/06/08 21:44 ID:MTCKyMU8
まぁ、親子とも娯楽だと思ってやってるのなら
早期教育じゃないでしょうね。
でもさ、最近、やたらとエラい人たちが
「本好きは子は本当の学力がつく」だの
「読解力が全科目の基本。読解力をつけるには、本をたくさん読むこと」
って言ってるじゃないですか。
それで、育児相談とかに
「どうしたら本好きな子になってくれるでしょうか」なんて
投書が来てて、回答者が
「とにかく、たくさんの絵本を読みきかせをしましょう。」などと
アドバイスしてるわけよ。

あと、カテホイも絵本の読み聞かせは推奨してるよね。
それで、カテホイやってるドキュンママたちが、よく
いろんな掲示板で、「うちの子は、読み聞かせに興味を
持ってくれません。どうしよう?」などと
真剣に悩んでたりもするしさ。

ばからし〜〜な〜〜、といつも思っていたわけですよ。
私自身は、現在、本を読むのは好きだけどさ、
私のまわりの、頭良い人(頭の回転が速くて気がきく人)は
全然、本なんか読まない人多いですよ。

551 :名無しの心子知らず:02/06/08 21:48 ID:m/X0A26J
私のまわりの頭の良い人は(自分含め藁)
活字中毒ですねぇ。

552 :538:02/06/08 21:58 ID:MTCKyMU8
>>551
あ〜、きっと頭良いの定義が私と違うんだよ、別にイイけど。
それに、私は決して絵本の読み聞かせが悪いと言ってるわけではないです。
とても、良いことだと思います。

私の仲良しのママは、早期教育にハマっててDWEと公文にドップリ
なんだけどさ、彼女はえらいよ。
自慢しないし、押し付けないし、隠さない。
うちの子が「遊びに行きたい」というと
「ごめんね。勉強があるから、遊べないの。
でも、幼稚園で仲良くしてね。」ってちゃんと言うので
とっても清清しくて好感持てます。

なんで、絵本の読み聞かせを早期教育って言ったら
皆、そんなに反応するわけ?
早期教育って悪いことなの?
悪い早期教育も蔓延してるかもしれないけど
自分のやってることに、もっと堂々としてたら良いのにさ。
良かれと思ってやってるんでしょ?

553 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:06 ID:m/X0A26J
>>552
本当にあまり頭が良くないのね。
貴女とは話してもわかりあえそうにない。
悪いけど放置させていただきます。さよなら。

554 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:09 ID:Sjp1dO+L
547>549
いや、だからさ
>どうしても過剰になるのが人の常。
>その過剰さが子供にとって迷惑なんですよ。
その「どうしても過剰になる」とかっていきなり
決め付けて前提なしに「迷惑」を語るあたりがおかしくない?と。

>わかりませんかね。
>ここまで言わないと。
わかんなかったや。
そういう偏った論理展開は
そこまで言わないとわかってもらえないよ。

あと「私のまわり」論は不毛すぎ。
自分が本読まない人の友達には本読まない人が多くて
その中の「頭のいい人」について語るわけじゃん。
本読む人の友達には本読む人が多く(以下略)

555 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:10 ID:Pc2oD9LI
>538
なんだか論点の方向が微妙にズレているような気がしてならないんだけど。



556 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:12 ID:ECMQfWbj
早期教育を上手に育児に取り入れるママもいれば、
飲み込まれて失敗しちゃう人もいる。

教育熱心じゃなくてもいい子に育てあげるママもいる。
ホント、人それぞれよね。

557 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:20 ID:Sjp1dO+L
私は小さい頃、親に絵本読んでもらうのが
とても楽しかったいい思い出なので
「教育じゃん」と言われると悲しいのかも。
と自分を分析してみた。

558 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:26 ID:Pc2oD9LI
>557
そうねー。
私も本読んでもらうのがとても楽しいひとときだったから
>552で「絵本読むのは早期教育なんだから堂々としていろ」って
言われてもちょっと、え〜?ってかんじだった。


559 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:36 ID:ryMYesuo
でもさ、就学前にしまじろうとか、ひらがなや簡単な計算教えるくらいで
弊害なんて出るわけないじゃん、どうよ?
ボーっとアニメビデオ観て過ごすより、はるかに有意義じゃん。

560 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:40 ID:m/X0A26J
ここで弊害って騒がれてるのは
本当の乳児期、いわゆる3歳未満の子供への詰め込みでしょ?
なんかさー、話しわかってない人多いね。

561 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:40 ID:MTCKyMU8
つーか、PCの掲示板好きな人には本好きな人多いですね。
人付き合い苦手なんですか?

562 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:42 ID:m/X0A26J
>561
あなた、書く度痛すぎ。もう出てこない方が良いですよ(笑

563 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:51 ID:Pc2oD9LI
>560
1、2才児についての弊害だったのか・・
前の方読んでなかったんで私も幼稚園くらいの子に
ついての話題だと思ってた

逝ってきます


564 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:52 ID:QivIdV0E

未就学児も入るのかと思っていた。
>563と一緒に逝って来ます。




565 :名無しの心子知らず:02/06/08 22:57 ID:xK0/hCuB
自慢して良いですか〜?
私はかれこれ数十年前母が買い与えてくれた「東京子供クラブ」という
教材を毎日楽しく使っていたようで3歳の時にはひらがな、かたかなの
読み書きはもちろん簡単な漢字の読み書きもできました。
近所に買い物に行っておつりを間違えたおばさんを指摘して驚かれた
こともあります。
4歳の時には耳で聞いた童謡も片手でならピアノで弾くことができました。
その頃は何にでも興味を示し庭や秋にに咲いている花や植物、昆虫を採集
して図鑑で調べまくっていたのも憶えています。
もちろん小学生の時は神童扱いでした。だって何も努力しなくても何もかも
簡単に優秀にこなしてしまうのですから。

・・・そして中学生になり、「1番でいるのが当然」と思っていた私は地域で
知らない人はいない位有名な女番長さんになりました。
実話です。

566 :名無しの心子知らず:02/06/08 23:03 ID:6Phg+51N
>565
そして現在は何を?
興味あるわ


567 :名無しの心子知らず:02/06/08 23:07 ID:xK0/hCuB
>566
凡人です。

「あまり小さいうちからできの良すぎる子は将来育たない」・・・BY母

568 :475:02/06/09 00:02 ID:F8f61hVW
>>476
>>477
>>494
ども。お役に立てたら幸いです。

フラッシュカードに関してはこんなのも有ります。
ある教室の機関紙のようですね。

一宮英研知能教室 発行 機関紙「知能教育」から

コミュニケーション・ゼロの世界
早期英才教育ははたして有効か?

http://member.nifty.ne.jp/EIKEN/frame11-1.htm


>>494
>別にエリートにしようとか有名小学校に行かせようとかは全く思わないので
>これから、もうちょっとスローダウンさせようと思う。
>いっぱい遊ばせよう。いままでも結構遊ばしていたんだけど。

自然体でお育てのようですね。賢いお子様のようで羨ましい。(^^
でも、それがその子のペースなら意識してスローダウンさせなくても
宜しいのでは? 「いっぱい遊ばせる」に関しては大賛成です。

>>548
>早期教育の弊害レポート読んで、びびっちゃって

あはは、実は私、どちらかというと早期教育肯定派なんですよ。もちろん、やり方に
よっては悪影響が出る手法も有りますが、有益なものもあると私は思います。また、
どこからどこまでが「早期教育」と括れるのかは結構微妙で、シュタイナー教育から
すると、絵本の読み聞かせも十分早期教育のような気がします。ただ、早期教育をする
事で子供に悪影響が少しでもあるというならば、早期教育を実践する親こそ、それを知
るべきだと思い、ご紹介してみました。

569 :475:02/06/09 00:03 ID:F8f61hVW
>>507
早速のレス、ありがとうございます。興味深く読ませていただきました。レスが遅く
なってすみません。

>まず七田は、6歳までは右脳の活動が盛んだから、母国語の言語習得は右脳でやって
>いて、8歳以降に左脳的な言語の意味付与なんかが行われていくと言ってる。

3歳ぐらいまでの子供には言語習得の為?に天才的な記憶力と、法則性に関しての推
論(直感?)能力があるみたいですから、右脳優位で「記憶」しているというのはあ
る程度正しいのかと、私は思います。 もちろん、左脳は左脳で言語的なコントロー
ルを司っている筈ですが、3歳以下では論理的な思考はまだ未発達ですので、それ故、
左脳が抑制されて、右脳が優位になっていると考えられているのではないでしょうか。

多分、七田は意味を正しく理解して考えるという「言語的(論理的)能力」ではなく、
ボキャブラリーと文法の習得の事を言っているのではないでしょうか。。 

>結局右脳って、フラッシュカードじゃなく、運動、経験からしか発達しないんじゃない
>か・・って思っちゃうんですよね。

フラッシュカードを一秒以下でぱっぱっぱっと見せて行くと、恐らく言語野じゃ処理が
追いつかないので、「視覚情報として右脳を使って記憶する」という事は、正しい様に
思えますが、それでどのくらい右脳が発達するのかはよく分かりません。 3歳以降、
論理的思考をするようになると開発された右脳の機能がどの程度残るかも分かりません。(^^;

570 :475:02/06/09 00:04 ID:F8f61hVW
>>507 続き

>でもさ〜、七田とか早期の子ってそういう能力低そうな意見が多くないですか?
>年齢が低いにしても。

>七田が良く使う「右脳は高速・大量処理」っていうのも、サヴァンをお手本にしている
>カンジなんだけど、サヴァン自身があまり解明できていない状態で、右脳礼賛にするの>>もなあって思っちゃいます。

私は七田の早期教育を受けている子供を知らないので何とも言えませんが、507さんがお考えの様にサヴァンの様な脳の使い方をする様になるのであれば、論理的思考の阻害等、色々問題が出てくるかも知れませんね。 

ところでサヴァンの状態を人工的に作り出そうという実験があるようです。磁気で左脳
機能を抑制するという、かなりエキセントリックな実験のようですが。。。

ヘッドギアで『レインマン』の天才に?(上) HotWiredJapan
http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20020423301.html

長くてごめんなさいです。

571 :名無しの心子知らず:02/06/09 06:00 ID:MPI7r6pn
ここって運動系の早期教育については何かないですか?
サッカーも野球もやはり小さい頃からやってるひとたちに
プロになれるひとが多いらしいですね。
代表のひとたちってほとんどジュニアサッカー出身なんでしょ?

572 :名無しの心子知らず:02/06/09 09:27 ID:m2ACZfPp
水泳の一流選手も3、4歳にスイミングを始めた人ばかりだよね。
だからといって3、4歳にスイミングを始めないと一流選手になれないという
証明にはなってないと思いますが、どうなのかな?
種目によって微妙に違うだろうけど。
幼少時から、ひとつの種目にしぼって鍛えすぎるのは弊害ありそうだよね。
でも、勉強と違って時期を逸して手遅れになったら
絶対、取り戻せないしね。

573 :名無しの心子知らず:02/06/09 09:28 ID:m2ACZfPp
3,4歳に、ではなくて3、4歳までに、の間違いでした。

574 :名無しの心子知らず:02/06/09 09:55 ID:mUJJZfED
どうってことない心理学の本に書いてありましたが。
記憶力ばかり鍛えるような勉強をしていると、性的に異常になる
ケースが多いって。脳の中で記憶力を司る部分が性的なことに関係
している部分と隣同士にあるから、記憶力を過剰に刺激すると、同時に
性的関連分野を刺激することになるとか。だから、高学歴な方達に性的
異常者が多いらしい。たまに、官僚が捕まるが、あながちウソとも言いきれ
ない気がする。


575 :名無しの心子知らず:02/06/09 11:07 ID:8CtLR8WN
>>547
>子供をあやすのだって抱っこするのだって
麦茶飲ませるのだって話し掛けるのだって
アカンボの脳に刺激を与えてあげるための行為なのに
それを自覚的にやってる人(自覚的にやってる、と表明する人)を
変に叩くのっておかしいと思った。

「目的」か「結果」かの違いだよね。
周囲からの働きかけは、すべからく子供の知的刺激になるでしょう。
絵本の読み聞かせもね。

でも、それは「結果」であって「目的」では無いのよ。
やっていることは同じでも、これは違うよ。

576 :名無しの心子知らず:02/06/09 13:34 ID:bI6kSYk1
>>574
真っ先にヤマタクの顔が浮かんだよ・・・。
彼はどうしてああなったのだろう・・

577 :名無しの心子知らず:02/06/09 15:49 ID:m2ACZfPp
幼児期はいっぱい遊ばせると「良いと思うので」「わざわざ」
公園に連れ出したりして熱心に「遊ばせてる」よ。
これが本音です、私の場合。教育ママだな、と思ってます。

だって本当は、子供には好きなビデオでも見せておいて
自分はパソコンやっていたいのに、ある程度ガマンしてますし。

578 :名無しの心子知らず:02/06/09 16:27 ID:UNiI4Qgv
>577
正直、私もそう。
公園に連れて行くのは、子供の成長を促す為。
絵本を買って読んであげるのもそう。
どこかに、結果を期待してる。
何も考えないで、子供と接するママはスゴイと思う。

579 :名無しの心子知らず :02/06/09 18:14 ID:3ZNXRb7D
福音館書店がタダでくれる「絵本の与え方」って本で、子供を本嫌いにするのに、
子供に字を教えて自分で読ませる訓練をすることほど有効なことはないっていうよう
な事を書いてあって、そうだなと思たよ。
絵本はワクワクするもの、楽しいもの、親と一緒に読むもの、読んでいろいろ話するもの、
って気持ちで親から与えられた場合と、2歳で字読みましょ、3歳で本読みましょって
与えられた場合では、きっと親が選ぶ本の種類も変わってくるだろうし、子供に与える
影響も全然違うと思う。

580 :名無しの心子知らず:02/06/09 21:12 ID:UrlmbWCh
>>578
うーん、私は全く子供に期待しない。変わってるかな。

581 :名無しの心子知らず:02/06/09 21:45 ID:XjYXR5yE
>>580
私も期待してない。健康で文化的な最低限の生活が自分でできるようになればいいや。

外にいくのは家の中が飽きたとき(自分が)か、子供に所望されたとき。
絵本も子供に読んでと言われたとき。でもよくパパに振る。
放置ではないけど、要望がはっきりするまでこちらからは積極的に
動かない。何もしなくてもなんでも満たされてるっていう環境より、
自己主張をしなきゃ周りが動いてくれないので子供は大変そうだけどね。(藁

582 :名無しの心子知らず:02/06/09 22:40 ID:vOK8VRUR
公園行くのにそんな理由なんて考えたことなかったなぁ。
単に「家の中だけじゃもうもたない」ってだけだし。

583 :575:02/06/09 22:54 ID:XKrGeech
>>580,>>581
私は「この絵本は私も子供の頃好きだったし、喜ぶかな」
なんて期待はしましたけども・・・。
絵本を読むと、吃驚したり笑ったりする子供の反応が楽しかったし。

絵本の読み聞かせをしたのに本好きにならないとか、成績がどうとかいうのは
ちょっと違うと思う。
毎日ごはんを食べさせたのに、身長が○○センチまで伸びなかったって子供を
叱ったりはしないのにね。

584 :名無しの心子知らず:02/06/09 23:32 ID:QyozBx4P
なるほど。私は子供向け絵本を読んでいても
自分は楽しくないのよ。そんな時間があったら
大人向けの自分の好きな本読みたい。
だから絵本の読み聞かせしてる時は
子供のため、教育のため、と思ってるんだろうな。
公園行くのもそうだな。別に公園行っても
私は楽しくないもん。

585 :名無しの心子知らず:02/06/09 23:59 ID:icts4+nl
>>584

あなたもお子さんも可哀想
楽しめないのって不幸なことね
子供って敏感だからあなたの気持ちに気が付いてるわよ

586 :名無しの心子知らず:02/06/10 00:00 ID:wIuw1mf5
なんか、微妙な線で議論してて、結構読んでておかしい(藁
いやほんとに、かきこしたひと読み返してみてよ。

早期教育って言う言葉の定義を論議してるんですか、ここは?
たとえば絵本の読み聞かせについてああだこうだ意見があったけど
それがもし学術的に早期教育なら、それでもいいけど
子供にとって、負担であったりあとあと弊害があったり
結果的にあまり成果や将来に結びつく結果がないのに
マイナス部分が多い、、、などというモノに関して
一度立ち止まって考えてみた方がいいのでは?ということを話し合った方がいいのでは?

絵本の読み聞かせなどは、あらゆる意味で良いことだと思う。
向かない子や好きじゃない子もいるだろうから、そういうこは外で遊ばせた方がいい。
外遊びの話も出たけど、がんばって公園に行っていたっていいじゃん(笑
子供が行きたいっていうんだったら。教育ママに見えるのって、目線がおかしいんじゃないの?

教育問題を考えるとき、子供の現在、そして未来を考えればいいでしょ。
親中心に物事かんがえるから、おかしい論議に発展するんだと思うけどね。

587 :名無しの心子知らず:02/06/10 00:04 ID:S2/Kxc8F
要するに
自分が子供の頃教育に不足していたと思うから
早期教育に興味持つんでしょ?
ここ読んでいれば親の程度の低さがよくわかるよ。

私?平たく言えば「業者」です。

588 :名無しの心子知らず:02/06/10 00:10 ID:fCE6Xmng
>>587
早期教育まんせー組を批判してるの?

589 :名無しの心子知らず:02/06/10 00:12 ID:wIuw1mf5
>587
なんかね、すべてがあながちそうだとは言えないと思う。
親がそうだった場合、何の疑問の無く繰り返して子供にする場合もあると思う。
要するに、自分の進んできた道が正しいから
同じ世界に子供を誘いたいというか。

それはそれで良いかなとも思うけど
大事なのは、子供の可能性を良くも悪くも認知して上げることだと思う。
出来ないことを無理強いして出来るようにさせたり
逆に、出来る事なのにさせないことは、子供自身にとって良いことなのでしょうか?


590 :名無しの心子知らず:02/06/10 00:15 ID:fCE6Xmng
そーいえば、三本足とかいうのが>589と同じようなこと言ってたな

591 :名無しの心子知らず:02/06/10 06:03 ID:ymqTjCR7
>582
そうそう、犬の散歩と同じレベル。
外出さないと、もたない。

592 :名無しの心子知らず:02/06/10 07:57 ID:zB0jNebZ
>>578
「子どもがかわいいと思えないんです」と悩んでいる人の方が、
まだ自分のことをわかっている気がする。

593 :名無しの心子知らず:02/06/10 08:01 ID:iJA56Phm
>>586
「教育」というものが、大人から子供へ一方的になされるものなのだから
> 親中心に物事かんがえる
ことになるのも当然では?

私は
「早期教育」スレは大人が子供に何ができるか?その功罪は?
という議論になるんだと思ってたわ。

594 :名無しの心子知らず:02/06/10 08:18 ID:nBv4h7rQ
>585
私も>584と同じだなー。
めんどくさいけど子供が喜ぶからやるか、って感じ。
実際に公園に行けば知り合いに会えたり、絵本を読めば
子供の反応を可愛く思ったりはするけど、やっぱり
自分の本を読んでいるときのほうが楽しい。
それがそんなに「可哀想」なことだとは思わないよ。
>585は毎日毎日公園や絵本の読み聞かせを
きっちり心から楽しめているの?スゴイね。


595 :578:02/06/10 08:27 ID:MY6WyRuT
わたし煽りのつもりで書いたんじゃないんだけどなー。
私ってね、誰かが言っていたように自分に自信がないの。
だから、子育てにも変に力が入っちゃって。
早期教育やらせるつもりもないし、否定するつもりもない。
でも、興味があることも事実。
このスレみてるとね、ってここ最近のじゃないけど、
なんか見返りを期待してる内容が多くて、なんだかなーって思ったの。
でも、実際、自分も見返りを期待してやってることが多くて、
なんか悲しくなちゃったのよね。
変に前知識があると、ダメね。体にイイと言われれば自分の好きな物じゃ
なくても食べる、そんな感じになっちゃって。
子どもと公園に行って楽しいって思う事もあるけど、
どっかで連れてかなきゃって思ってる自分がいる。なんか悲しいね。
純粋に公園に連れていってるママさんたちってイイなースゴイなーって
意味で書いたの。
公園で遊ばせて、成長を促すって結果でしょ。途中経過よりも、
結果ばかりが先歩きしてる、この自分が嫌だなって思ったの。

596 :名無しの心子知らず:02/06/10 09:13 ID:tQRw1o0/
教育は必要だと思うけど、それに
過剰な「管理」と「コントロール」が加わると
良くないっていうだけの話では?

生き物は教育しないと生活できないでしょう。

597 :名無しの心子知らず:02/06/10 09:29 ID:c226w2pJ
>>587
反対の場合が多いって何かに書いてあったよ。
高学歴の親の方が「低学歴でも幸福になれる」ことを
信じられない。そして、何が何でも、せめて大学だけは
出ておけ、みたいな思考なるんだって。
低学歴の親の方が「人間の価値は学歴だけじゃない」などと
思ってるんだって。
子育てって自分が育てられたように育ててしまうこと
多いと思うな。連鎖だよ、連鎖。
私の母も当時にしては教育ママで、私は有名大学卒。
自分の人生には別に不満は無いから
子供の知的教育には興味大あり。

でも絵本読みも公園通いも全然楽しくないです。
ここにいる、ママさんたちは
ほんとに絵本読んでて自分が楽しいの?
公園も? 
自分の趣味はないの?


598 :名無しの心子知らず:02/06/10 09:54 ID:tQRw1o0/
昭和44年生まれ。
>高学歴の親の方が「低学歴でも幸福になれる」ことを 信じられない。
正にこういう親の下に生まれ
胎教までされていました。
それなりに効果はあったものの親の管理下以外の世界に興味を持ち
DQNになりました。

私の両親は凄いです。現在遠く離れて暮らしているので年に一度しか
会わないので特に問題は無いのですが、
ウチの子(5歳)は私の実家に行くと「物凄く賢い子」になります。
孫に「本を読んで」と言われれば絵本なら10冊くらい軽く立て続けに読み
字の書き方を教えあっと言う間に覚えさせ、
そろばんのはじき方までわずか一週間の滞在の間に仕込んでしまいます。
先月のGWには琴の弾き方、譜の読み方まで覚えてきました。
洋服の着方、果物の食べ方、ケーキの食べ方まで習ってきます。
(その間私は夫と昼寝をしたり買い物に行ったり飲みに出かける)
娘は私の実家が大好きです。
いろいろな事を覚えられるので楽しいそうです。
我が家の1年分の教育が一週間で賄われるような感じです。
私も弟も賢いと言われたわけだ

その教育を続けられたら我に返ったときどれだけ葛藤するか
わかってないんだなぁ・・・


599 :名無しの心子知らず:02/06/10 09:55 ID:0342PVL4
音楽系はどよ?
3〜4歳で本人が好きでピアノを始めるのは、全然早期教育
とは思えなくて、子供が好きで趣味を広げる為にやってんだ
からいいじゃんと思うけど、やっぱ早期教育にはいるのか?

ちなみに、園併設のカワイ教室だ。間違っても一音会、桐朋、
鈴木メソッドではないぞ。



600 :名無しの心子知らず:02/06/10 10:55 ID:aV+vDDGk
子供にとって絵本を読んでもらうのって「親と一緒に過ごす時間」
なんだなぁとつくづく思う今日この頃。うちは、子供にせがまれる
ままに絵本読んでたんですが、だんだん長い絵本がいいと言いなが
ら絵本を選ぶようになってきて、小学校1、2向けの絵本に移行し
ちゃってヒィヒィ言ってたんですが、最近傾向が変わって、雑誌
(『楽しい幼稚園』とか)を隅から隅まで読まされるようになりま
した。こっちの方が時間がかかることを発見した模様。これもまた
しんどいです... 吹き出しや解説部分をどういう順序で読むの
がいいか考えなきゃいけないし、指差ししながら読まなきゃいけな
いしで、絵本と違ってだらだら読めないんです。はっ、長い絵本を
だらだら惰性で読んでいたのがバレてたんだろうか...

601 :名無しの心子知らず:02/06/10 11:22 ID:9aULB1+6
シュタやモンテの話はもう出た?
そっち系の幼稚園出身者が普通の小学校に入学すると
まわりも本人もすごく苦労して迷惑だって
ある本に書いてありましたけど
それってシュタやモンテの弊害だよね?

やらせてる親は、なんだか最新の教育を
取り入れてますって鼻高々だそうですが。

602 :名無しの心子知らず:02/06/10 11:25 ID:l6vGYiZF

うのち学区の小学校には、バリバリのモンテ園と野生児系園の
2つがあり、新一年生は、一目でどっちの園出身か分かります。
しかし、半年も立てば、どっちの園出身だろうと、子供はその子
なりの個性を発揮してくれます。

いろんな体験に伴う蓄積は異なるけども、見た目は一緒!

603 :名無しの心子知らず:02/06/10 11:29 ID:SY8dzSUL
うちの旦那は博士号を持ってる。でも、社会のことは中学生以下のレベル
なんじゃないかと思うくらい何も知らない。
私と結婚するまで、郵便切手は差し出す場所によって値段が違うと思って
いたくらいだし。あいさつもろくにできないし、ノイローゼになったこともある。
医者に言わせると、メンヘル系の病気は高学歴の人ほど治りにくいそうだ。
まあ、うちの旦那みたいなのは極端だと思うけど、子供にはそういうふうには
なってほしくない。
にっこり笑ってちゃんとあいさつができさえすればなんとか世の中渡って
いけるんじゃないかと最近思い始めました。
・・・ということを早期教育教材のセールスのおねえさんに言ったら
「愛情がないんですね」とDQN扱いされてしまいましたが。

604 :名無しの心子知らず:02/06/10 11:30 ID:pDBRKrGD
>603
なにがよくて、その御主人と一緒になったのだ?

605 :名無しの心子知らず:02/06/10 11:33 ID:SY8dzSUL
>604
まあ、嘘つかないし。正直なところがいいと思ったのですわ。
結婚前はね・・・。
旦那も、子供が自分のように学歴に偏りすぎるのは嫌だと言っています。

606 :名無しの心子知らず:02/06/10 11:33 ID:dwqYovSA
>603
うちのだんなもphDもってるけどまだ普通だぞ。
見た感じオタクだし実際オタク系だけどね。

607 :名無しの心子知らず:02/06/10 11:34 ID:nOaS/jaD
>602
どんな風に違うの?かなり興味あり。

608 :名無しの心子知らず:02/06/10 11:37 ID:aV+vDDGk
大学の先生って、ときどき靴下自分で引出しから出せない
とか聞いたりする。奥さんいないと生きていけない人多い
みたいね。

609 :601:02/06/10 11:49 ID:KTv13cJT
私が読んだ、その本によると、
幼児にあるのは本能だけで、自発性とか自主性なんて
美しい物ではないんだって。本当の自由な独創性というのは
きちんと基礎(決まりごと)を理解した上で始めて発揮される
ものなのだそうな。
だから、ある程度、管理したり教えたり導いたりしつけたり、ということも
大切なのだそうです。

お受験推奨本に書いてあったんだけどさ(藁

610 :598:02/06/10 11:51 ID:tQRw1o0/
>>603
ウチの弟も似ている・・・

定期的にノイローゼになるよ。
バツイチだよ。

611 :名無しの心子知らず:02/06/10 12:04 ID:g2MSd7L1
偏差値70以上の人間て、生物学的に言えば異常なんだって。
勿論、その逆も異常。突然変異ってことかなぁ?めずらしいんだよ。
うちは、まぁ平均でいいかなぁ。
そう考えると、早期に燃えてるママ達ってなんか滑稽。
一生懸命、突然変異目指してる。

612 :名無しの心子知らず:02/06/10 12:18 ID:U7aBOOU9
まあ 「平均値から大きくずれる人」を異常と定義するなら
偏差値70以上の人は明らかに異常だよね。
育児に対しては みな手探りで自分なりのやり方をするしかないのだから
一概に滑稽とは言い切れないよ・・・
平均でいいと思う気持ちも、他人より抜きん出てほしいと思う気持ちも
同じ親心さ。
子供に必要なのは、親の慈しみだとおもうので、それの表現方法の差かと。

613 :運動選手希望:02/06/10 12:25 ID:iTMWdNvm
運動能力については早期教育でないと成功しないよね。

614 :名無しの心子知らず:02/06/10 12:27 ID:vwU0CW7K
>611
純粋な疑問なのですが、なぜ、このスレを覗くの?
私は早期教育を上手に取り入れたいと思っているから、弊害についての知識も得たくてこのスレを覗いてます。
誰かも言ってたけど、早期肯定派と否定派はご近所さん。どちらも子供にはできれば何かで優秀であってほしいと希望してると思うんだけど違うの? 
平均で良い、と言い切れる人がこの世に存在するということは理解できるんだけど、そんな人はこのスレ読まないと思うのですが? 
あなたは何故、このスレに興味を持ったのですか?

615 :名無しの心子知らず:02/06/10 12:30 ID:c226w2pJ
>>613
やっぱ、それが現実なのか?
種目にもよると思うけど。


616 :名無しの心子知らず:02/06/10 12:33 ID:tQRw1o0/
全く出来ない事を「早く始めさせていればスタートが早い分人より
抜きん出るはず!」と思ってやらせる親はアフォだけど
子供が興味を示しているものを満たしてやろうと思って
やらせるのはいいんじゃないの?
あれこれ欲張らずに一つとか二つ。

>>613も「才能の片鱗らしきものが見えれば」ってことだよね?

617 :名無しの心子知らず:02/06/10 12:45 ID:HLSGuPq3
よく幼いときからやってないと無理とされるフィギュアスケート。
実は小学生になってから始めてる選手がほとんど。2、3歳の
ガキをスケート教室に放り込んでるのを見ると、「もっと運動能
力つけてから来いや、ゴルァ! 氷の上で立てんガキは迷惑なんじゃ!」
と思ってしまふ(藁藁

618 :名無しの心子知らず:02/06/10 16:51 ID:Nb6SmnsN
>614 
私もこの早期教育をしりたくて、以前 早期教育でこんなんなりましたという人
はいませんか?と質問してみたのですが てんで出てきてくれない。
早期の弊害なんて本や新聞やら見てたら分かることじゃん。そうじゃなくて
もっと前向きな意見がほしいなぁ。

我が子は本当に知らん間に字を覚えて本を一生懸命読んでいるけど、それも
ここでは うっそ〜とか 親が絶対に意識してなにかを与えているはずって
いわれちゃう。(現在5歳)

>アメリカならまず、Gifted Child のクラスに入っていろいろな
可能性を模索するチャンスが与えられます。

>524さんのこんなんを知りたいんだけどな。のびる分野を見つけてのばして
あげたいって自然な気持ちだよね。もう一人の子はまた全然違うタイプなので
のんびりやってます。個性の違いを見極めるなんて当たりまえの事。


619 :名無しの心子知らず:02/06/10 17:00 ID:y5V5ZQk6
ここでは絵本の読み聞かせが早期教育と言う意見が大半を占めているが、
うちの例は必ずしもそうではない要素が多い気がする。

私の親は毎日ではなかったが、絵本を読み聞かせして私や弟を育てた。
私は本が大好きになった。
幼稚園年長の頃、子供用の百科事典を月に1冊づつ母は私に買い与えた。
絵が付いてて子供向けの簡単な図鑑で、私は1ヶ月間何度でも読んだ。
たぶんその頃にはひらがなカタカナが読めたのだろうと思う。
今でも小説、まんが、雑誌、新聞等何でも大好きである。

弟は絵本には全く興味を示さなかった。姉が本を読んでいても我関せずであった。
まんがは大好きだが活字の本は好きではなく、「同じように育てたのに」と
母はよく嘆いていた。

さて、私は成績は上の中程位だった。でも大学には進学せず就職し、今は只の母。

弟は成績は中の下、ひたすらマイペース。
高校卒業後、約2年間働いた後退職、その年に二部の大学に進学
(2浪と同じでいわゆる社会人入学ではない。)バイトをしながら勉強し、
4年で卒業。その学科(化学)を生かした仕事を現在している。
(続く)


620 :名無しの心子知らず:02/06/10 17:01 ID:y5V5ZQk6
(続き)
私自身は絵本を読み聞かせてもらった事が私の思い出の中で楽しい思い出となっている。
だから子供には絵本を読み聞かせてあげた。
絵本を読んであげるのは楽しかった。純粋に楽しめた。子供の反応も楽しかった。
そのひとときはなんだかほのぼのと出来た。
むしろ子供が大きくなって文字の多い本になってからが大変だったが。

私の旦那は仕事から帰って夜寝る前の子供に必ず絵本を読んでやっていた。
彼が言うには、自分の親は自営業だったので忙しくてかまってもらえず、寂しかったらしい。
だから少しでも自分の子供には何かしてあげたかったらしい。
勿論、子供が嫌がったらやめる、という事は二人の約束にしていた。
今も僅かな時間でもなにか遊んでやるようにしている。

つまりは私も旦那もお遊びのツールの一つ、コミュニケーションの一つとして絵本の読み聞かせを
やっているに過ぎない。
文字を覚えるとか、頭がよくなるとか、それは人それぞれだと思う。
覚える子も言えば覚えない子もいるだろうし、どちらが幸せなのかはわからない。
でもこのひとときが良い思い出になれば良いなと思う。

621 :名無しの心子知らず:02/06/10 18:17 ID:lqlvKF7I
 絵本の評論を書いている松居友さん(松居直さんの息子)
にあったこと。
ある上品な婦人に「あなたのお父様の絵本論に共感して
良質の絵本を沢山よみ聞かせしたけど全然親の思うようには
育たなかった」といわれたそうな。
 松居友さんは「そんな短絡的なものではない」と思われた
そうな。
 友氏いわく「絵本をよみことによってヘンに感受性が
豊かになり鋭敏になる故、思春期にずどーんと深く苦しむ
事だってありうるのだし、「絵本=親の理想の子にする為』だったら
認識をかえたほうがよい」という趣旨にことをいってた。

確かに会社でも本なんて漫画しかよまない、みたい人のほうが
ストレスも溜めず感性が鈍い故の妙なたくましさがあったりする
例は多いものね。
あまり打算で絵本を読むのもどーか思う。
親が好きならいいのだろうけど、他所の親子と競争みたいになったら
なんだか本来の読み聞かせの和やかさとかけ離れたものになるよね。

622 :名無しの心子知らず:02/06/10 21:33 ID:W6NTA+eN
>>616
>子供が興味を示しているものを満たしてやろうと思って
やらせるのはいいんじゃないの?
>「才能の片鱗らしきものが見えれば」ってことだよね?

これが判れば苦労しないよ・・・って思ってしまう。
どれだけ好きで泣いて頼んで始めたことでも、数カ月たてば「めんどくさ〜」だし、
自分が子供の才能を見極める能力を持っているとも思えないし・・・。


623 :名無しの心子知らず:02/06/10 22:18 ID:kFp521Li
>数カ月たてば「めんどくさ〜」だし
ってことは その子には合っていないか、時期尚早だったんでわ?

624 :名無しの心子知らず:02/06/10 22:20 ID:iaUEXS38
>623
ヤだ、こういう人。自分は何でも上手くやれる自信があるの?

625 :名無しの心子知らず:02/06/10 22:26 ID:JEU9B5qg
>>621
>確かに会社でも本なんて漫画しかよまない、みたい人のほうが
>ストレスも溜めず感性が鈍い故の妙なたくましさがあったりする
>例は多いものね。
なんか漫画を馬鹿にしてるようですが漫画もいろいろですよ。
小説の方がくだらない場合がある。
私は漫画ばかり読んで育ちましたが
大人になってからは活字中毒です。
姑は図書館に勤めて本が大好きな人ですが
驚く程ものを知りません。常識もない。
漫画でも文字だけの本でもそこから何を読み取れるかが
問題なんじゃないですか?

ちょっと話題がそれたのでさげ。

626 :名無しの心子知らず:02/06/10 22:53 ID:kFp521Li
>624
えっ? なんで? そのままやん。別に622さんのお子さんが何もできないとか
言ってるのではなくて、文章のまんまやん。他のものがあっているんちゃうん?
ってことでしょ?

627 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:21 ID:cFroq0ST
シュタ幼稚園の子が友達にいるんだけど、その子が物に対する
扱いがすごく乱暴で、物を大事にしないんだよね。
うちにきてもおもちゃや物を壊す壊す。
紙のおもちゃはやぶき、スポンジのおもちゃはひきちぎる、
プラスチックのものは投げる、ベランダの花もちぎりまくる・・
親がいうには、紙をやぶってみる感触を楽しんだり、材質を楽しんだり
ってことでやってるらしいんだが、自分ちのものでやるならいいけど
人んちではカンベンしてほしいわ〜!
子供にそういうことうるさく言わないのがいいと思ってるのか
自分ちは木と布のおもちゃしかないから壊されることがなくて
わからないのか知らないけど、なんかすごーく迷惑なんですけど。
うちにくると普段買ってもらえないお菓子類をねだるし、キャラものは
無断で持っていっちゃうし、この子だけがたまたまそうなのかもしれ
ないけど、こんな野放しな方針なのがシュタなの!?
って私のシュタに対するイメージはすごーーく悪いです。
寝た子を起こすな、でなにもさせないのもいいけど、少しは年齢にあった
基本的なしつけもして欲しいよ。


628 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:47 ID:h3SFtKDT
シュタさんは、しつけしなくていいなんて言ってないよー。
模倣も大事だけど、コミュニケーションの中で
きちんと正しい方向に導くのは、親の努めだと言ってるさ。
そのお友達さん、シュタでまず自己教育を
みっちりとやって欲しいです。


629 :名無しの心子知らず:02/06/10 23:56 ID:4dIQ1g/r
今でこそ早期教育の「弊害」なんてことが言われ出してるけど
90年初等の頃は脳にとって良い事ずくめって言われてたのよ。
その頃の子供達がいよいよ思春期となって心も体も
親のコントロールが効かなくなる。

凶悪少年犯罪が増加するって懸念されているんだよ。
怖いね。

630 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:00 ID:6WMySbKM
なぬーーー?IQ1だって・・・ウチュ

631 :名無しの心子知らず:02/06/11 00:43 ID:RuLhf0SM
仕事をしていて、一番腹の立つタイプ。

言われた事しかしない。
自分の頭で考えない。
判断力がない。

大人(特に親)の言いなりで、いい子だったやつに限ってこう。
ところがこういうタイプは、ペーパーテストは良かったりする。
現場では、使えない資格を持ってたりね。
結局、知識はあっても、経験がないから、応用が利かないんだ。

だいたい、カードや絵本で人より数年早く言葉を沢山覚えた所で、
その言葉からどれだけのイメージを浮かべられると思う?

たとえば「桃」という単語から、何を思い浮かべる?
味、食感、匂い、手触り、色、形、大きさ、まだまだあるでしょ?
これは、本物を知ってるからこそ。
本物には絶対出会えないような単語も沢山あるけど、
本当の勝負は、どれだけたくさん本物を知っているかだと思うわ。
机上の空論ではなくてね。

ああ、むちゃくちゃな事かいてしまった。
すまん、ちょっとストレスたまってるもんで。


632 :名無しの心子知らず:02/06/11 03:25 ID:za01hTRL
ここ見てると、子どもに何も働きかけなくても、よさそうですね。
子どもが勝手に自分の道を選んで行くんでしょう。

それよりも、親、私自身を変えようと思い付きました。
他スレで話題になってる、「毒になる親」
あと、「親業」「子どもへのまなざし」「我が家のシュタイナー教育・幼児編」
を読んでみたいと思います。

いい親になりたいよー。今日なんて、階段を降りる子どもに向かって、
「ゆっくり、ゆっくり、早く、早く」って訳のわからないこと言ってしまったし。


633 :名無しの心子知らず:02/06/11 04:31 ID:hWcz3+0o
>631さん
同感です。親の務めは子供が一人で生きていく術を経験的に学ばせること。
データの入力だけではだめですね。

634 :名無しの心子知らず:02/06/11 06:22 ID:XWJiZjpJ
>>132 亀スマソ
>シュタ部屋

そこまでしなくても、布団を出して空いた押入れで遊ばせたり、洗濯機ラック外して
シーツかぶせて即席部屋にしたりで、十分なんじゃないの?

635 :622:02/06/11 08:36 ID:vom1nwBz
>>623
そう?
どんなに好きなことでも、地道な練習を毎日するのはツラいよ〜。
大人でもね。
音楽とか運動系は地道な努力ができることと、伸び悩みの時期が来ても
あきらめないことが大事だよね。
それ以上のこと=才能があるかなんて、私には判定不能だわ。

636 :621:02/06/11 09:10 ID:wpJHtGpH
>625

<なんか漫画を馬鹿にしてるようですが漫画もいろいろですよ。
<小説の方がくだらない場合がある。

なんだか気分を害してしまったようですね。
 漫画をバカにしているわけじゃないのよ。漫画も小説分野が踏み込めない
領域に入って大きな影響を及ぼした名作があることも私、ちゃんとわかってる。
 私も実際漫画は好きよ。だから「馬鹿にしてる」とはちょっと堪えた。
 あのね、イメージとしてはレディコミとかサラリーマン漫画あたりの
感覚で書いた。
とはいっても忙殺されてる人は活字なんて疲れて読みたくない、ってのも
わかってはいるよ。

 

 

637 :名無しの心子知らず:02/06/11 09:16 ID:tjeMQ9jO
レディコミは初めの頃はエッチネタだったけど、今や凄いね。子育てマンガ
なんか可愛いと思っちゃうよ。目につくけどどうしても手にとれないのは
嫁姑なんていうおどろおどろしい物。

638 :名無しの心子知らず:02/06/11 09:54 ID:skVTo32M
>>622=>>635
本当に才能がある子というのは、幼い頃から
誰の目にも明らかなものですよ。
あなたが心配しなくても、あなたのお子さんは
傑出した才能が無いということです。


639 :名無しの心子知らず:02/06/11 10:03 ID:koqeYnx7
馬車馬のようにバリバリ働いて、老若男女友達が多くて
毎日スケジュールがびっしり。長期休暇が取れればすぐに
あちこち旅行にでかけて、多趣味。話題も豊富で話術も巧みだから
常に携帯電話はなってるし飲み会のお誘いもひっきりなし。

こんな知り合いがいます。同年代の既婚女性(ダンナが種無しのため小梨)。
とても頭の良い女性だと思うし、憧れているんですが
この人、本なんか全く読みません。てゆーか読む暇なさそうですけど。
ちなみに家事能力も完璧で、ホント、スーパーウーマンだと思います。
子供の扱いも上手くて、甥や姪をとても可愛がっています。

本にのめりこみすぎると、現実逃避しがちになったり、
経験よりも活字を信じたりしがちで、実社会に対応しにくくなったり
しませんかね?
・・・なんて思っている私はドキュンなんですか?

640 :名無しの心子知らず:02/06/11 10:08 ID:vLUAFjaW
公園通いは楽しくないけど絵本読むのは結構楽しいかも・・・
もういちど、子供を生き直しているかんじがする。
自分の読みたい本は子供のホンを読み聞かせしてから読んでるよ

友達の子が七田行ってるけど、フラッシュカードとかやる合間の
リフレッシュタイムみたいので音楽をかけて踊るらしい。でもその子は
そのリフレッシュで完全燃焼してフラッシュカードではだらっとして
やる気なくなっているそーです。

641 :名無しの心子知らず:02/06/11 10:31 ID:9Ul31ylF
中学生の時、本好きな子がいていつでも読んでいた。すごくまじめで
勉強も一生懸命していたけど、成績はいつも中の下。
ほとんど他人としゃべらない暗い性格だったよ。

あの子は今頃どうなってんだろうか・・
子供いるなら家に大量の絵本とかありそうだな。

642 :名無しの心子知らず:02/06/11 10:41 ID:BP/7oedW
私は子供達に>639さんの知り合いの女性のような人間関係が楽しい人生を
送ってもらいたいと思い、教育してあげたいと思っています。

私の場合「昔神童、今凡人」(前スレに登場してます…)ですが、色々な
経験ができて楽しい人生を送ってると思っています。
しかし、やはり最終学歴に対してコンプレックスがあり、それによって仕事、
友人関係などに制限ができてる気がしてしまうのです。
もっと広げたい世界も、「あの会社は無理かも、○○語が話せないからあの人
達とはお友達になれないかも、うちの経済状況ではあの場にでるのは無理…」
など。
そんな自分のコンプレックスは子供には与えたくないと考えています。

2chでは嫌われるDQNといわれるヤンキーもやりましたし、ヤバイ系の職業
の人達とも交流がありました。
それはそれでとても学ぶ事もあり、良い人間をたくさん見てきました。
エリートと呼ばれる人達とも交流がありますがそちらも勉強になり、そして
悪い面も見えますがそれも自分にとっては良い事です。
英語圏での留学経験しかありませんが日本人特有の固定観念についても
考えさせられる良い機会でした。

子供には良い人間関係の中で楽しく過ごして欲しいと願っています。
将来、本人が2chで言われているようなDQNな職業に就きたいと言い出し
てもそれが本人にとって充実しているのならそれはそれで良いと思って
います。。。というか、諦めるのかも。
ただ、選択肢を広げてあげられるような教育だけは身に付けてあげようと
思います。
学力と共に、人を見下したり物怖じしたりしない大きな心と、広い視野を。

…なんて長文で語ってしまってスマソ

643 :名無しの心子知らず:02/06/11 10:48 ID:Q6GISBWN
>>639
後半4行読んで 2ちゃんやってるのも同じだなと反省。

644 :名無しの心子知らず:02/06/11 10:53 ID:6Ekdh32g
 639さんのお友達の話も含めて思った事。
読書は孤独と向き合う作業なのかもしれない。
だから栄養にもあれど過ぎれば毒にもありえるのだろうなと。
639さんのお友達、以外と一人の時間が苦手なタイプかも
しれませんね。彼女はそれをプラスにしているんだと思えど。
 絵本奨励の有名人でもまともな事いってる人は「本も大事だか
友達と遊ぶのも大事。その為に本をよまなくなるのもかまわない事」
といってるし。
 
ただ人生壁にぶちあたった時、読書を知っているか否かでは
違うと思うから「読書」という愉しみは教えてあげたいなと思う。
あと「教訓」としての昔話って大事なように思えど、最近の絵本
は残酷な昔話よりもほんわか系がメジャーよね。
やはり皆疲れているのかしら。

645 :623:02/06/11 11:43 ID:KSnXyECg
>638 あれまぁ なんとハッキリと。

私は以前運動神経の突出した子を見かけました。幼稚園に入園する前に既に
小学校の低めの鉄棒を低すぎる!!といいながらでんぐりがえしをグルングルン
入園前に補助輪無しの自転車に一発で乗ってガシガシやっていました。
どちらも、親の教えはなし。親は別に運動神経が普通だから、教えるっていっても
わからなかっただろう。

本当にこういう子もいるんだよん。運動神経に限らず、学力の面でもね。
その子が幸せになるとか、その能力を活かしていけるかっていうのは別の話
なのは充分承知しています。

こういう話をすると絶対にうそ!なんて言われちゃうのが不思議。ごく普通の
能力の子供が無理していっぱいいっぱいに教育されちゃうと弊害が起きるん
だろうけど、本当に能力がある子が周りに認められて適切な指導が受けられたら
いいのにな〜と思うし、その方法を知りたくてここを覗いたりもしています。

>ヤだ、こういう人。自分は何でも上手くやれる自信があるの?
ってまた、言われちゃうかもしれないけど。


646 :名無しの心子知らず:02/06/11 11:47 ID:i46tbbBV
なんか、極端な例の話が続きますなー。

本の知識に頼るだけじゃイカンですが、営業とか外回りが多い人でも
有能な人はやはり、本を読んで勉強している人が多いと思いますよ。
本を読む事は、やはり一番手軽に勉強が出来る手段ですから。やはり、
ある程度、自分で勉強してもらわないと、指導する方も手間ばっかり
かかって困ってしまいます。

読書には2つ種類があると思うんですよ。 一つは小説等の架空世界
の疑似体験を楽しむもの。 もう一つは専門書等、知識を得るための
もの。 この2つを同じと考えるのは、ここでの話題を考えるといけ
ないと思います。

本の世界に浸ってしまうというのは、主に小説好きの方ですね。
2chも同様ですが、麻薬性がありますね。


647 :名無しの心子知らず:02/06/11 11:48 ID:i46tbbBV
↑なんか、「やはり」連発で読みにくい。頭悪そうな書き込み
でスマソ

648 :名無しの心子知らず:02/06/11 11:51 ID:k22ZgqI4
読書が好きで友達の多い人はいい。

読書は好きだが友達の少ない人生ならば、
自分の世界に引きこもりがち。

友達が多いが読書が嫌いな人生ならば、
自己を振り返る習慣がない。

外に向き合う作業が交友活動や社会活動であり、内に向き合う作業が読書や思索なのだから両方磨きたいと思う。

649 :645:02/06/11 12:03 ID:KSnXyECg
でんぐりがえし ではなく さかあがり 
すまん。私自身は凡人なもんで。

650 :名無しの心子知らず:02/06/11 12:32 ID:Og4E3vTQ
>>644
>639さんのお友達、以外と一人の時間が苦手なタイプかも
>しれませんね。彼女はそれをプラスにしているんだと思

>>642
>私は子供達に>639さんの知り合いの女性のような人間関係が楽しい人生を
>送ってもらいたいと思い、教育してあげたいと思っています。

ふと思ったのだが、642さんのお子さんが孤独を好むタイプだったら、社交的に
したがっている642さんが弊害を生むのか?

651 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:25 ID:koqeYnx7
>>646
知識を得るための本(勉強系や専門書)と小説のほかに
ノンフィクション系(五体不満足とか大平光代、育児エッセイも含)や
思考布教系(早期教育に関する本なんか、ほとんどこの分野じゃん)
もあります。

ノンフィクション系や思考布教系にハマるぐらいだったら、
生身の人間とたくさん接したほうが良いと思いますけどね。





652 :名無しの心子知らず:02/06/11 13:43 ID:Y90mDvCR
本を読むことと人と接することは全く別の分野のこと。
どっちのほうが子供にいいとか悪いとかの問題ではないと思う。
片方にかたよって育てるよりどっちもバランスよく経験したほうが
いい。
本ばっかりで人とのつきあいができない閉じこもり型も
「もうちょっとよく考えてから行動したら?」と思われがちな
現場行動優先派もどっちも困る。


653 :名無しの心子知らず:02/06/11 14:20 ID:FiKztc38
でも、時間は限られてるので両方を磨くのは、けっこう大変。
英語と日本語、両方を達者にするのも大変だから、
まずは母国語を極めましょう、というのとチョト似てるかな。

専門の勉強系の本は、必要な時には、むさぼるように読みまくるべし。
でも、人生論系の本は、たくさん読むのではなく
いかに「深く」読むかが大事だと思います。



654 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:11 ID:Q6GISBWN
>642
>私は子供達に>639さんの知り合いの女性のような人間関係が楽しい人生を
送ってもらいたいと思い、教育してあげたいと思っています。

子供がカワイソウだ・・・・。



655 :646:02/06/11 15:20 ID:i46tbbBV
>>651

うーん、私は別に本のジャンルを分類したかったのでは
なくって、「情報」の受け取り方として、

1)受け取った情報そのものを消費するタイプ
2)外界に情報(行動)を再発信する為に、学習として情報を
  利用するタイプ

の2つの場合に分けたかったんですよね。それからいくと、ノンフィク
ション系、思考布教系は、場合によっては1)にも、2)にもなる
場合があるでしょうね。

最近の傾向としては2)のタイプが減り、1)のタイプが増えてる
様です。 飽食の時代ですね。 子供には2)のタイプになって欲しい
ですね、私は。

656 :名無しの心子知らず:02/06/11 15:21 ID:5wyHSR7F
何事も、極端はよろしくない。
読書も、勉強も、運動も、人間関係も、
ほどほどにバランスよく体験するのが一番。
当たり前のことだけど。

ただ、親などの外野が意図的にバランスを考えるより、
本人の興味の赴くままに自然にやっているほうが
大きな目で見ると「程よく」なりそうだけどね。
ある時期は読書に没頭し、ある時期は友達と外遊びばかりし・・・でも
年の単位、いや、10年の単位で見れば、バランスがいい場合もあるよ。

できのいい「子供」を育てたいわけじゃない。
できのいい大人に育てたいんだから、それでいいと思う。

657 :名無しの心子知らず:02/06/11 18:54 ID:koqeYnx7
育児板のみなさん、小学校受験ってどう思いますか?
私は、お受験とは無縁の地域に住んでるので
うちの子には関係ないのですが、
都会に住んでたら、巻き込まれていたかなぁ?
やはり有名私立小学校は魅力的なんでしょうか?
その為の受験準備は、子供の人生にとって
有意義なものなのでしょうか?

658 :名無しの心子知らず:02/06/11 20:56 ID:Y90mDvCR
>657
ここはほぼ反早期教育派のスレなので
ここでそういうことを聞いても「有意義ではない」という答えしか
聞けないと思うが。

もし「有意義だ」という意見が聞いてみたければお受験板のほうへ。


659 :名無しの心子知らず:02/06/11 22:37 ID:3xhEacC4
>657
人それぞれでは、ないでしょうか。
小学校に入る時だけ頑張れば、そのままエスカレータ式に
大学まで行ける。いじめが少ない。親同士、生活レベルが似てるから、
やりやすいとか。有意義だとすれば、受験から逃れられるので、
親、子供共にキリキリ、イライラせずに済むとかかな。


660 :名無しの心子知らず:02/06/11 23:12 ID:/CKbD2lC
>659さんの言われるお受験もあるけど…。この場合は有意義なんでしょうね。

もっと先の先の受験、大学受験を目指した小学校受験もあり。だから小学校まで
とか中学校までしかなかったりする。ここに
>都会に住んでたら、巻き込まれていたかなぁ?
という感じで始めて、しかも子供がアップアップだった場合が一番大変なのでは?
煽りではありませんよ。アップアップでも早期教育しなければお入学はできない
でしょうし。

661 :名無しの心子知らず:02/06/11 23:20 ID:9d9K47pK
友人が子供を私立小学校に入れた。
中学や高校受験に費やすエネルギーをもっと有効なことに使いたいそうだ。
短期留学も含めた大学卒業までのスケジュールを友人が語ってくれた。

素晴らしい計画だったけど、当の本人(子供)はまったく蚊帳の外というのが
気にかかる。

662 :名無しの心子知らず:02/06/11 23:32 ID:XEEx/jwT
>661
子供なんて親の思う通りに育たないよ、私がそうだし(笑
そう思うのは親のエゴだね。
その子が成長して、親のレールを行きたいかどうか分からないわけだし。

私の知り合いの下あがり(慶応、成城の幼稚舎から)は
はっきり言ってろくなのいない。
坊ちゃん色が強く、主張がなくて、親の金せびりまくり。
親の金で一人は音楽留学しにニューヨークへ。
ってか、音楽留学ってなに??(笑

すべての子供がそう育つとは言い切れないけど
環境として、もし勉強が得意じゃない子供だとしても
一環教育の枠に当てはめられると、飛び出す
勇気も、意志も、せっぱつまった状況もない。
自分が勉強に向いてないことに気付かずに
一応一流と言われる大学まで行けて
独り立ちするときに、初めて世間の風にふれるってこと
ありうるからね。。
いや、でもホント、すべてに弊害があるわけではないと思う。

663 :名無しの心子知らず:02/06/11 23:43 ID:67bjFbMt
でも、自分の意志でなかろうとやる気がなかろうと、
一応一流といわれる大学までエスカレーターで行けたなら
私立小学校に入れた成果があったといって良いと思う。

ただ、小学校あたりから入れてしまうと、本当にその子にとって
ふさわしいレベルかどうかが解らない。
だから、中学・高校からは普通校に通わざるを得なくなる、なんてことも
ありうるわけです。

そんなとき、普通に公立に言っていたなら葛藤なく通えるところを
私立から、落ちこぼれて行っているという感覚を本人が持つと
本来できるはずのことにも意欲を失ってしまって
結果的に初めから普通校に通っているよりも悪い状態になることもある。

そういうリスクも十分ある、ということも一応考えておく必要があると思う。
(実は私ももそれが一番怖い。)

664 :名無しの心子知らず:02/06/12 10:41 ID:bH9qBHu3
無理しちゃいかんということか。

665 :名無しの心子知らず:02/06/12 10:51 ID:7gguL7LG
幼稚園からお受験のある女子大に大学から入った。
そこは中学や高校ではいるのは難しいので、
その中高で入ったという人は、本当に優秀。
(もっとも、さらに優秀な人は別大学に行ったそうだが)
大学はレベルも費用も私学としてはそこそこなので、
大学から入った人は都市部の進学校で真ん中辺りだった人、
一流を狙って滑り止めで来た人
地方出身のお嬢様(地元では入学したことを自慢にしているらしい)って感じ。

小学校や幼稚園から入ってきた人は
ずばり「超お金持ち、有名企業幹部のお嬢様」
ただ、学生として優秀かどうかは????
授業中の私語が多くて、服装が豪華だったことだけは
印象に残っている。

666 :名無しの心子知らず:02/06/12 11:10 ID:7gguL7LG
665続き
そこの付属幼稚園で教育実習中に、仲良くなった子供(年中)に言われた。
「おねえちゃまはね、○○(他大学付属の幼稚園か小学校)に行ってるの。
 ○○ちゃん(自分)もそこに行くはずだったんだけど、
 試験で失敗しちゃったから、いけなかったの。」
郊外の誰でも入れる幼稚園に何も考えずに通っていた私は、
返す言葉が見つからなかった。
聞いている私が動揺しているのをよそに、
子供は結構ケロっと言ってのけてたから、
それほど深刻ではないのかもしれないけど、
自分の子供には、絶対に幼稚園受験や小学校受験はさせるまいと、
その時胸に誓った。

ちなみに、高校受験や大学受験は、人生にとって
プラスにもなると思うよ。
本人が、自分で自分の進路を選択して、自分の努力と責任で
道を開いていくんだという自覚を親子で持っていればね。

667 :名無しの心子知らず:02/06/12 11:37 ID:wACy4ZiZ
小学校側や中学校側としても、塾で詰め込み調教されたイイコチャンではなく
本当に頭の良い子供をほしい、と切望しているので
試験内容には工夫に工夫を凝らし、本当にピカピカの優秀児を選べるようにしている、
らしいよ。でも結局、毎年、塾側とのいたちごっこになってる、とも聞いたけど。
やはり、慶応幼稚舎や御三家中学に受かるような子は、スバラシイ子供なのか?

668 :名無しの心子知らず:02/06/12 11:58 ID:uJ9m+RDq
>>667
>慶応幼稚舎や御三家中学に受かるような子は、スバラシイ子供なのか?

受かるための試練を踏んでいないで受かればそれはすばらしい。
学校側も本音はそう言う子供を望んでいるのではないか?
しかしそれだけでは企業体として運営できないので、運営のために
気が狂った親たちの子供も入っているんじゃないか?と、
俺は考えている・・。


669 :名無しの心子知らず:02/06/12 12:55 ID:7IkMhj2g
>668
『気が狂った親』(藁)
ホント。気が狂ってるとしか思えない親って多いよね。
特に有名小学校への進学を大々的に掲げている幼稚園の親ってどうかしている。
虐待してまで成績上げようとする気がしれない。
『この問題が解けなかったら刺すわよ。』と言ってまだ3才そこらの子供に包丁付
きつけたりっていうの聞いたことあるよ。その親曰く『子供というのは、小さい時の
記憶は、忘れてしまうもの』だそうです。解離性人格障害っていうの知らないのかな?


670 :名無しの心子知らず:02/06/12 15:03 ID:DkRb9gfY
>669
記憶は、忘れてしまうもの』だそうです。解離性人格障害っていうの知らないのかな?

その程度だと、多重人格にはならんと思われ。でも、親子間の信頼獲得は、
あぼーん。 後々、問題出てくる可能性ありますな。 

>親曰く『子供というのは、小さい時の記憶は、忘れてしまうもの』

このせりふにはシビレました。

671 :名無しの心子知らず:02/06/12 15:33 ID:p2P8uN2t
有名小学校入試の問題をいろいろ見てみたら
良い問題だなぁ、と思われるものも多かったのよ。
(くっだらねー、と思うものもあったが)

同い年でこういう問題をこなせる子もいるのかー、と思うと
驚愕と尊敬と、あせる気持ちが無いわけではない。

でもね、合格目指して受験準備をしていると、どうしても
苦手な物を補うような生活になっちゃうんだって。
小学校受験って、体操あり、手先の巧緻性のテストあり、
お友達との共同作業も観察しますって感じだから。

幼稚園時代は、でこぼこしてても良いので、
得意な物を伸ばすような教育をした方が、有意義かなー、とは思うわね。



672 :名無しの心子知らず:02/06/12 21:59 ID:JD4cQkwO
>>670
程度によるものと思われ。親からの仕打ちは他人より
弱いダメージでも重いと思われ。まして3歳だの4歳では
親が「あんた馬鹿ね」を口癖にするだけで人格は明らかに
変わると思われ。>>668の3歳から親にナイフなんか
突きつけられたらナイフは安全な遊び道具に見えてしまうと
思われ。

記憶から消されるというのは、なくなるのではなく
シナプスが切れるだけだと思われ。しかし何らかの形で
またその記憶は別のシナプスで繋がると思われ。
そうなったときが・・・・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクガクブルブル

673 :名無しの心子知らず:02/06/12 22:34 ID:S5sUMGjg
>>672
想像するとコワヒ。。。

674 :名無しの心子知らず:02/06/12 22:54 ID:EJ2L2M+h
小学校受験の勉強は「将来何となく頭がよくなればいいな」といった類の早期教育ではないでしょ。
明らかに何年後かの秋を目指して勉強させないといけないわけで…
そして、今まで勉強してきた結果が「合格」「不合格」の形ではっきりと現れてくるわけでしょ?
それが必要以上のプレッシャーになってしまう事が小学校受験の勉強の弊害だと思うなぁ。
明らかな目的がある以上、合格をもらえば親子共々ハッピ〜♪で終わるだろうけど。
不合格だった時の親のストレスと子供のストレスは本当につらいもの。

うちは子供を小学校受験させたクチ。
お教室にはチックになった子がたくさんいたよ。
それでも幼児教室の先生は、
「受験が終われば治ります。原因がはっきりしてるけど、突っ走るしかないでしょう?」って
アドバイスをしていたのが印象的だった。

小学校受験の勉強は必要悪でしょう。
試験がある以上、対策を取らない事には仕方ないけど、子供には多分負担だったんだろうなぁと
今になったら思えるかな。



675 :名無しの心子知らず:02/06/12 23:04 ID:NSs+2ONr
>>672
自分の初めての子供産んだ時、生まれてすぐの子供の
世話に追われて肉体、精神ともにせっぱつまった時に
フラッシュバックのように自分の小さい時の記憶が
蘇って来ました、いいものも悪いものもぐちゃまぜ
でしたが・・・・
悪いほうのインパクトが結構強くて、しばらくウチュ
でしたよ本当に。
実家に帰った時にご立派な子育て論を展開する
実母に「こんなことあったよね?」と聞いてみたら
ものすごい顔して沈黙、そのあとあまり口出しして
こなくなった、ホントだったのかーーー!?

676 :名無しの心子知らず:02/06/12 23:26 ID:UJ3NanYu
>「受験が終われば治ります。原因がはっきりしてるけど、突っ走るしかないでしょう?」って

・・・・・・・・・ね、ネタか?

677 :名無しの心子知らず:02/06/12 23:54 ID:C62OfrZQ
山口智子のドラマを思い出した。
スイートホームだったけ?

678 :名無しの心子知らず:02/06/13 00:57 ID:0TBjJ9er
>672
>程度によるものと思われ。

禿同。 解離性同一性障害の症例をいくつか見ると、「親」からの逃げ場の
無い継続的な身体的/性的暴力に長期間、晒されてる例が殆どと思われ。 
上の例ではまだ強度不足(程度が)と思ったナリ。 人格は確かにヤバイと
思われ。 基本的不信、ゲットだぜ!ってな感じと思われ。 多重人格より、
境界例とかになりそうに思われ。

>676
>・・・・・・・・・ね、ネタか?
ネタであってホスィーと思われ。

674、675の書き込み読んでちょっちウチュ入ったと思われ。。。。

679 :204:02/06/13 06:12 ID:AEiy6y9x
>>674

hidoi oya da

680 :名無しの心子知らず:02/06/13 08:36 ID:yp3ZEIKc
>>678
深刻な話をミスマッチな口調で・・・ホレますわ。

>676
>・・・・・・・・・ね、ネタか?
>ネタであってホスィーと思われ。

昔、TVの特集で中学受験塾の先生が小学生相手に
「性格が悪かろうが、身体を壊そうが、この受験に勝った者だけが偉いんだ。
それ以外は負け犬だ。」
なんて激を飛ばしているのを見たよ。

681 :今672。昔叩かれコテハン:02/06/13 08:44 ID:ZgxET8En
>「受験が終われば治ります。原因がはっきりしてるけど、突っ走るしかないでしょう?」

って言うようなところに我が子を継続的に通わせる事なんて出来へん。

それと自らを抑圧して達成した喜びっていうのは幼児期では理解苦しいだろう。
それは親の価値観。子は親の喜ぶ顔を目標に自らを捨ててチャレンジ。
だから達成できなかったときの子の落胆が酷くなるのは親が嘆き、悲しむから。
せめて幼児期くらい遊ばせてあげたいもんだなぁ。



682 :名無しの心子知らず:02/06/13 09:34 ID:H++fYH+8
私立はイジメがないって幻想だよ・・・
狂った親の子は狂ってる。
就学前から他人を蹴落とす、自分さえよければいいと教育されて
入学している子もいる。

私立の虐めの方が表沙汰にならない分深刻だよ・・・

683 :名無しの心子知らず:02/06/13 09:35 ID:AdQ689Fs
>「性格が悪かろうが、身体を壊そうが、この受験に勝った者だけが偉いんだ。
それ以外は負け犬だ。」

どひーー!!  ね、ネタ希望その2

684 :名無しの心子知らず:02/06/13 09:48 ID:yKgf1lRw
>682 ドラマ「人間失格」思い出した。

685 :名無しの心子知らず:02/06/13 10:15 ID:H++fYH+8
>682
あれはまだ甘い。
似たような家庭環境の子が集まっているからこその
いがみ合い、いじめが多いんだよ。
団地や、分譲マンション、建売住宅の人間関係と同じだよ。

686 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:12 ID:W+Y+hCCo
子供の人格を破壊してまで、高学歴に拘る親ってどんな親?
やっぱ自分が低学歴で苦労してきたのかな。
>674の行ってた教室の親ってどんなん?
私の行ってる美容院の人が言ってたけど、小学校受験に失敗した母親がお客として
来るんだけど、『落ちたのは、私のせいなんです。私がいけなかったんです。
あの子は、何も悪くないんです。』って言い続けるんだって。ちょっときちゃって
るみたいだけど。お受験ママって、お教室に通ってる頃から狂い出して、その後
の人生、子供が有名企業に入る迄ズーーーーーっと狂い続けるのかな?

687 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:17 ID:H++fYH+8
685ハ>>684へのレスだった・・・

688 :名無しの心子知らず:02/06/13 13:46 ID:fJ0WPD7H
>679 204 okaeri-.

689 :名無しの心子知らず:02/06/13 14:47 ID:kqiY8Dz/
 結局、子供にストレス与えんなYo!って事で、みんな意見が一致
してるみたいだけど、子供にストレス与えないで早期教育
(例えば、フラッシュカード)しても問題でるのかな?

690 :名無しの心子知らず:02/06/13 15:21 ID:fg2MyOYG
>↑こういうのが 本当に得意な子供っているからさ。早期教育しても
問題ない子もいるし、ストレスに感じない子もいる。ただそれはその時点での
成長が早かっただけだと思う。知性の早熟。それが、そのまま早熟のままで
いかなかったり、途中で違う事に興味が出たり、ずっと優秀なままで灯台を
卒業して社会に出たときにぜ〜んぜん使い物にならなくて……なんて事にも
なるから 人生楽しい。

691 :名無しの心子知らず:02/06/13 15:41 ID:p76sZc6P
>690
東大出なんて、そんなにいるの?
使いものにならないなんて、とてもとても云えましぇーん。
なんで、すぐ極端な話になるのか・・・。へんだ。絶対にへん。

692 :名無しの心子知らず:02/06/13 17:08 ID:czdUswtO
>>691
>東大出なんて、そんなにいるの?

東大の入学定員は3000人超だよ。
全員卒業しないとしても・・・毎年何千人も卒業生が産まれているのだ。

693 :691:02/06/13 17:16 ID:ScHsHJlS
>692
レスありまと。
そーなんだ。知らんかったよ。田舎育ちの自分の周りには
東大卒、一人もおらず。
東大に入るなんて、県で何人いるんだー?ってなもんで。
県で一番、頭のいい高校からでも、一人とか二人ってなもん。

694 :名無しの心子知らず:02/06/13 17:21 ID:EoPeWinm
元上司東大医学部出。
使えないデータベースが豊富。アイデアゼロ。
これが日本の最高峰の頭脳かと思うとウチュ
スケベジジイ ダッタシ・・・

695 :名無しの心子知らず:02/06/13 17:28 ID:ScHsHJlS
でも、そー考えると、田舎は環境がよくて、子供が体を使って遊ぶ場所、
なんて腐るほどあった。近くには川があって、毎日、石投げて遊んでた。

でも、頭はよくならんかったよ。ってか、学校の教科書の勉強は、みんな、
大抵、出来んかった。東京から転校生がくると、みんな、必ずといって、
いい程、テストの点はよかった。だんだん、慣れてくると、田舎もんの
仲間入りやね。たまに、そのままキープする奴もいたが。うちの小学校で、
いい大学に入った奴は、全員、都会からの転校生だった。

まぁ、学歴だけじゃ、ねーんだろーが、職業の選択が狭められるな、って、
そん問題じゃねーのか!?

どうして、いい環境で育った子供の頭が悪くて、都会のゴミゴミした環境で
育った子供の頭がいいのか。誰か、わかる?
わしには分からん。

696 :名無しの心子知らず :02/06/13 17:46 ID:akIDTVFl
>>695
都会が刺激が多いからでわ?
二人目の子供が、上の子からの刺激で言葉が早いと言われるように。

田舎の方が遊ぶ場所が少ないから、塾に行かなくとも
国立大に入れるってケースもあるから、
都会の子が必ずしも出来が良いとは思いませんが。

697 :名無しの心子知らず:02/06/13 17:52 ID:dSe7nVGP
>>694
使い方を間違っているんだよ。
高学歴に求めるものを間違っている。

698 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:05 ID:ScHsHJlS
田舎だって刺激は多いよ。自然の音がこれでもかって程、聞こえる。
星だって、たくさん見える。秋には、みんなで裸足になって田んぼで
イナゴ捕って、大人の人に煮てもらって食べた。
習い事だって一応あったよ。習字、そろばん、ピアノ、エレクトーン。
塾だって、それなりにあったよ。電車に乗って、みんな、通ってたよ。
それでも、いい大学には入れない。何故なんだーーー?

699 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:09 ID:LhWvAr1L
>698
単純に人口比ってこともある。都市部は人口が多いから、東大合格者も
多いとかさ。
あと、受験指導が行き届いてる高校が、地方より多い。
そのへんではないかな。

700 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:11 ID:HwIiouRp
700秀才!

701 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:13 ID:HwIiouRp
>>699
その通りでしょう。受験指導。
田舎は国立マンセーで、私立へ潜り込ませる指導が出来ない。
テクでしょう、受験テク。

702 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:18 ID:HwIiouRp
それと、学校の情報です。
偏差値の高い学校は都市部に多い。
当然、大学生も都市部に多い。

周囲から情報が入りやすい都会の子供たちは、
偏差値も、それ以外の大学の情報も手に入りやすい。

偏差値以外の付加価値(就職・結婚に有利か?)の情報も。

703 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:23 ID:tsgk9EhH
700 get!



704 :名無しの心子知らず:02/06/13 18:28 ID:ScHsHJlS
なるほどぉー。情報。人口比。

でも、国立大には、地元より、他県や首都圏からくる人が多いよー。
で、結局、地元のみんなは、私立大にしか行けない。
ってか、始めから無理だから私大狙い。

>うちの小学校で、
>いい大学に入った奴は、全員、都会からの転校生だった。
この辺はなんでなんしょ?

自然の刺激よりも、都会の人工的な刺激がいいってこと?
それとも、親のレベルの違い?(田舎には高学歴な親なんて、あまり、いない)

705 :名無しの心子知らず:02/06/13 21:19 ID:X5W5QWRe
田んぼいっぱいの田舎に住んでいます。
小学校受験も中学受験も全く関係なし。
でも、公立中学でトップクラスの子は隣市の
トップ公立高校に行くよ。
その高校からは毎年三十人くらい東大に行くよ。
(そこは私の母校さ)
だから、田舎からだって頭の良い子が
東大に行くのは珍しくないさ。

706 :名無しの心子知らず:02/06/13 21:21 ID:FvbZ/QFr

今、企業は学歴に付加価値なんて
もっちゃいない。が、間違っちゃいけないが、
高学歴じゃなければいいわけじゃない。
単純に企業にプラスになる人かどうか・・それだけ。

いい大学でりゃいいって言う時代はすでにないのに、
早期教育は疑問ばかり。誰かこういう時代になって
も早期教育のよさを話す奴はいないのか?




707 :名無しの心子知らず:02/06/13 21:24 ID:l1kcy0Gm
いなかの自然が沢山ある所で育つ子供ってうらやましい。
毎日、自然の中で色々な事を学べる。
受験に対する要領はなくても、すごいヒラメキを持った人いるよ。
そういう所で育った人には。
ただし、それはちょっと昔までの事かも。
今はせっかくの大自然に恵まれた子達でも皆ゲームばっかりやって
るんだものね。

708 :名無しの心子知らず:02/06/13 21:36 ID:4FcZTtaO
自然いっぱいの田舎で育てているけど、外で遊んでこいとは言いづらい世の中。
ちかんや怪しい人が車に乗ってやってくるからね。
学校からも、人通りの無い場所で遊ぶなと言われている。

・・・でもね、田舎で人の目が常時ある場所って「家の中」なんだよね。

709 :名無しの心子知らず:02/06/13 21:40 ID:tcTh6osQ
>708
うちの田舎の実家のあたりもそうだな。
近頃、あやしい人が多い。
だとすると、どうやって子供の時間を潰させるか。習い事がいいのかな?

710 :名無しの心子知らず:02/06/13 21:49 ID:l1kcy0Gm
>708
なるほど、そういう事ですか。
そういえば誘拐がおきるのも田舎っていうの多いですものね。
んー仕方ないけど、もったいない。

711 :名無しの心子知らず:02/06/13 22:17 ID:X5W5QWRe
学歴なんて、どんどん無意味になっていく一方だ、
というのは分かるのですが、その他の条件が一緒なら
低学歴より高学歴の方が良いに決まってますよね。
(当たり前だよね。)(タガログ語なんて、しゃべれなくても
立派に生きていけますが、しゃべれないよりしゃべれた方が
良いじゃないですか)

で、学歴の話なんですが。学歴だけに限って言えば
田舎在住より都会在住の方が、絶対有利なのでしょうか?


712 :名無しの心子知らず:02/06/13 22:31 ID:MnATCA5a
>>706
>早期教育のよさを話す奴はいないのか?

「よさ」はまだわかんないけど、可能性はあると思いマース。
話し合って見たいと思うんだけど、大抵、極端な話になって
拡散。(笑)

>>711
指導者が豊富、競争の存在、地域の教育に関する意識の差・・・
ってな要因で、都会在住の方が、有利なんじゃないですかね。
ただ、親がどんな教育観を持つかが一番重要な気がしますが。

713 :名無しの心子知らず:02/06/13 22:47 ID:6iK5zdep
>>711
学歴だけじゃなく、子供はある程度の集団にもまれて育つ方が良いんだって。
うちの学校の教頭先生の嘆き・・・。
人数が少ないと、勉強にしても運動にしても本気出さないのよ。
なれあっちゃってて。
知らない場所や知らない人の中では萎縮して、自分が出せなくなるんだ。
スポーツでも塾でも何でも良いから、大勢の中に入って競争することを
教えてくださいと言われているよ。

714 :名無しの心子知らず:02/06/13 22:54 ID:K2yscK2O
>>学歴なんて、どんどん無意味になっていく一方だ、

んなことはない。それは妄想。はっきり言っておく。

715 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:09 ID:hqmuieBP
>>714
価値が下がっているのは確かですよ。
でも、それは大卒が増えているから。
今の大卒は戦前の中卒くらいの価値か?

私は院卒で営業をやった。
同僚の営業は皆院卒だった。
私の父親の世代では考えられないことだ・・・。

716 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:11 ID:Wy9J5emE
>704
NHKでやってたよ。カラスの被害について。都会のカラスは、餌が無いから
頭を使ってゴミ集積所に入り込んで餌を獲得するんだって。
田舎のカラスは、餌が豊富だから頭使わなくても簡単に手に入っちゃうんだって。
よって、都会のカラスの方が賢いんだってさ。
人もおなじか。

717 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:15 ID:mqvtnvyu
>>714
いや、無意味になるかどうかはわからんが、無意味ではあるね。
だって、いま大学で教えていることって知ってる?
死に体の古参老人教授が、これまた100万年前の理論を教えている。
経営学、経済学なんて、生き物、生ものであるはずなのに。
歴史や国際関係だって、新しい価値観が日々生まれている。

あんな老人の亡霊がいるような場所で
有能な人間が生まれてくる方がおかしい。
学歴主義はそういう意味からも、崩壊しておかしくない
(というか、崩壊してくれないと困るよ、日本の将来)

718 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:17 ID:AdQ689Fs
4つも5つもお稽古に通うことについて、どう?
幼稚園児ぐらいだと、楽しく練習、てな感じなので
子供も嫌がってない。むしろ、ホメられまくって嬉しそう。
親も「いやがったら、やめさせるつもり」「本人にも、イヤなら
やめていいよ、と言ってる」らしい。

何か弊害の出る可能性、あると思う?

実は、うちは今、スイミングと造形教室に行かせているのだが
本人が、サッカーをやりたい、と言い出した。
私の実母が、「大人がしきるとこばかりに行ってると
受身のことしかできない子になっちゃうよ」と、大反対。

うーーん。実母の意見も一理あるけど・・・・・。

719 :名無しの心子知らず:02/06/13 23:23 ID:bD1OsnVS
>>714
714さんは、何故、そう思うのか
説明していただけませんか?
珍しい少数派意見なので、大変、興味あります。

だって、「生きる力を鍛える」とか「人格を磨く」よりも
「高学歴を目指す」方が、はるかに簡単で楽そうだもん、
まだ、学歴に価値があるのなら、その方が育児が楽そうだなぁ、私の場合。

720 :名無しの心子知らず:02/06/14 10:14 ID:53Ho4voI
>>718
>4つも5つもお稽古に通うことについて、どう?

これは、私たちが4つも5つも何らかの決まった会合に毎週、
参加しなければいけない事を想定してみると良いのではない
でしょうか。それが、たとえ好きで参加しているとしても、
結構、疲れると思いませんか? 

ストレスというものは、悲しい事、つらい事以外にも、
うれしい事、楽しい事でも起こりえます。そして、蓄積して
いきます。ですから、子供が「楽しんで」参加しているといって、
ストレスが無いわけではない事を認識するべきです。

また、幼児が新しい事を学習する時、これまでの経験から得た
枠組みを、新しい事象に当てはめてみて、理解します。または、
新しい事象に古い枠組みを変えていこうとします。この一連の
作業は、一瞬で終わる事もあれば、一定の時間を置いたほうが
良い事もあると思います。私は、子供が静かに思索に耽る時間は
とても大切なものだと思うのですが、ストレスが多い子供は、ただ、
ぼーっとしてしまう気がします。長期では燃え尽き現象も考えられます。

また、スケジュールが次から次へとでは、718さんのお母様が仰るように、
管理教育の弊害もあるかと思います。


1つ、2つのお稽古事は、子供に良い影響があると思いますが。。。

721 :名無しの心子知らず:02/06/14 10:29 ID:53Ho4voI
私は714さんでは無いですが、企業や団体に勤めたりするならば、
学歴は今後も採用に当たっての重要な指標だと思います。

学歴というものが、簡単にどれだけの「基本的」能力、又は知識がある
かを示している以上、指標として使用出来る事はこの先も変わらないでしょう。
また、それなりの試練を経て、目標を達成した経験があるというのも、採用者
から見るとポイントになるでしょう。

ただ、一旦仕事を開始してしまえば、「どの職場でどれだけの成果をあげたのか?」
が、もっとも重要なポイントになるのではないでしょうか。 それに、これからの
世の中では、企業に勤める以外に、自分でビジネスを持つ人も増えていくでしょう。
そうなれば、学歴よりもその人の能力ですね。

722 :名無しの心子知らず:02/06/14 10:31 ID:4s7uz0gd
アメリカは、実力主義ですが企業のエリートは、ハーバード等の一流大学卒で
占められていてしかもMBA取得している人が多いのでは…。
これは、どのように理解するのか?


723 :名無しの心子知らず:02/06/14 10:56 ID:JnpL06W2
>722
そもそも出口の難易度が違うだろ。
日本の場合、入るのは難しくても出るのが簡単だったりするからね。

724 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:04 ID:2jQPpxHs
>>722
そう言われてみれば、そうだねぇ。


725 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:19 ID:q4K0XirK
スケートの橋本聖子さんの赤ちゃんは特注で靴を作ってリンクにたたせる
つもりだとなんか記事でよんだね。

726 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:31 ID:0nUOzPEp
>>722
優秀な人が多いから。

高学歴が採用の時に有利で、その後脱落しなければ、その業種に占める
高学歴の割合は多くなると思われ。

「高学歴には優秀な人間が多い」

「高学歴で使えない奴がいる」又は
「高学歴だからといって使えるとは限らない」

上の命題はなんら相反しないと思われ。ただの事実だと思われ。

「高学歴は使えない奴が多い」

これは、状況によってでしか事実となりえんと思われ。例えば、
昨夜のニュースで農水省のキャリアが、BSEの影響を肌で感じるため、
牛丼屋で研修してたナリ。 笑顔はなく、顔が引きつっていて、
サービス業には失格と思われ。この様に、業種によってはプライドが
邪魔して上手くいかない事もあると思われ。(でも、一旦、気持ちが
切り替えられたら物凄い優秀な人材になると思われ。)

結局、高学歴を「優秀さの証明」と捉えている人が多いと思われ。
結果的に優秀な人材の多くが高学歴になると考えた方が自然と思われ。



727 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:32 ID:8M5rnKQx
二世はダメだけど、三世は出世するって話あるよね。


728 :名無しの心子知らず:02/06/14 11:36 ID:x/fCu+/k
ハーバード等の一流大学を卒業でき、MBAも取れるだけの実力を認められたから。

729 :名無しの心子知らず:02/06/14 12:06 ID:FyHnkfO8
http://school.2ch.net/test/read.cgi/job/1017041890/l50
 ↑
 転職板にある『高学歴だが落ちぶれた者集まれ〜』というスレ
 です。女性や主婦はあまり社会経験がないので知らないと思
 いますが高学歴の人が卒業して一流という企業に入って定年
 までそのままずっとその職場にいられるケースというのは極
 めて少ないと思います。
 当たり前の事実ですが18才(もし、大学入学時の年齢が)の
 時、学力の優秀な人間でも何か別の要因があって反れていく
 場合は往々にしてあります。高学歴の人は学力において優秀
 だがその人も弱い一個の人間であることをまず第一に考えな
 ければいけないと思います。

730 :名無しの心子知らず:02/06/14 12:08 ID:RrKG6KRD
推論能力を幼少時より鍛えると全体平均学力は間違いなく上がるのではないかと
思う。
実はうちの地区の私達の年代〜遡って4,5年くらいの世代は、今で言う
調べ物教育を受けている。(約20年くらい前の話)そして中3を迎えた。
ど田舎で塾もろくろくなかったが、授業のみでクラスの大半がラサールだの
なんだのの受験用問題集をさらさらと解いていた。(特に数理がばか強かった)
特に私達の学年は、教師から「教師生活30年でこんなに血色のいい受験生は
初めてだ」とあきられるほどでありながら、結局、県内平均学力TOPに
(当時、それは国内TOPとほぼ同じ意味だったらしい)収まったらしい。
そのあまりの地域格差に外部からクレームがついたらしく、この地区に
おける調べ物教育は中止されたと聞いている。

まぁ、又聞きの部分もあるので話半分で聞いて欲しい。

731 :名無しの心子知らず:02/06/14 12:23 ID:CG/ObBQ7
私の通っていたド田舎の公立校も学力レベルが高かったよ。
(実際男の子は1クラス12,3人程度しかいなかったが5人がラ・サール)
学年50人くらいいたので2クラスに分かれていた。
私も偏差値65くらいあった。
でもクラスで1番ではなかった。

しかし偏差値がわかったところでそれ以上の情報がない。
先生も地元の大学しか出ていない地元人なので知らない。

都会に対する間違った知識だけが大きくなりなかなか地元から出る気にも
なれず出てもきっとみんなもっと頭がいいんだろう。どうせ受からないさ
と諦めていた。

大学は友達5人で御茶ノ水を受けた。全員受かった。
でも地元の人が誰も知らない御伽噺のような学校よりも
地元で評価されている所の方がいいと思い
家族もそう言うのでそっちに入学した。
車を買ってもらってそれで通った。
2人は家が漁師でお金持ちだったので(部屋を借りなきゃいけないから資金が・・)
東京の大学に入った。

要するに必要なのは親の情報に対する知識かも。

今はネットもあるから大丈夫だろうけどね。



732 :名無しの心子知らず:02/06/14 12:47 ID:V+jwes8P
「高学歴なのに落ちぶれる」とか「高学歴なのに使えない」と、
目立つから、印象に強く残りやすいだけなんじゃないの?
せっかく期待したのに、可愛さあまって憎さ100倍とかさ。

「低学歴で落ちぶれてる」とか「低学歴で使えない」人達のほうが
ごく普通にたくさんいると思うよ。

733 :名無しの心子知らず:02/06/14 12:51 ID:CG/ObBQ7
その職業の適性によって学校を選んでいる訳だから
それから外れたら誰でも使えないのでは???
学歴は関係ないと思うけど・・。


734 :名無しの心子知らず:02/06/14 12:55 ID:CTlucXJ2
>732
高学歴だから使えないというわけでなく、ずっと良い子
ちゃんというペースは人間なのだから維持できないんですよ。
つまり、高学歴と言われる人が世に何人いるのか、そしてその
人がそれを終生維持できるのか、高学歴の人も途中下車するこ
とがあると親として理解しとく必要はあると思います。


735 :名無しの心子知らず:02/06/14 12:57 ID:/YGG2TzZ
日本の教育レベルの高低で
人間の能力なんて差がつくの?
人間の脳味噌なんて詰め込むだけ詰め込めるようになってるんだから
やった者勝ち、詰め込んだもの勝ちかと。
東大の医学部とか、馬鹿と天才の紙一重みたいなヤツが集まる巣窟はまれで、
あとは、凡人であれば努力次第でどうにでもなる。

そうそう、学歴=努力と忍耐ではあるね、確かに。
だからって、あんなペーパーテストで、何が分かる?
論述や口頭試験がほとんど実施されないのに。
自分の意見も、発想も評価されずに
既存の価値を詰め込んだだけの人間に、
なにかを創り出す能力や
生み出す実力があるかどうかなんて
絶対わからないはず。

736 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:09 ID:C0oHsmTL
>732
うぅ〜〜〜む、確かにそういうことはあるかもしれない。
「一流大卒なのに使えない」というのは話題として成り立つし
「せっかくいいとこでてもあれじゃあね」とまわりの人の
優越感や陰口を得やすいので目立つよね。

でも「低学歴で使えない」のほうは「高卒なのに使えない」とか
「3流大学でてもあの程度しかできない」っていうふうには
誰も考えないし、話題にもならなくて目立たない。
でも比率からいったら絶対こっちの人達の方が多いと思う。

高学歴の人は「すっごくできて当たり前」と思われるので
普通にがんばってもいいとこ凡人扱い。
目立つうえに人並み「以上」にできなければ「使えない」と
言われてしまうのでかなり立場的には損かもしれないなー。



737 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:14 ID:CG/ObBQ7
>>735
>人間の脳味噌なんて詰め込むだけ詰め込めるようになってるんだから

容量に個人差はあるよ。

738 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:19 ID:B9+Cen9B
>736
でも人並み以上に役に立つと思われるからこそ、収入や地位で社会的に優遇されてるわけでしょう。
高学歴だが仕事できない人ってなんのための学歴か?という気がしないでもない。
職業へのプロ意識の差だろうがね。

739 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:20 ID:iE7GcaY7
学力優秀な人間とそうでない人間の占める割合からして
確実にそうでない人間の方が多いと思います。
そして高学歴の人が一流企業や官庁などの仕事に就ける
割合もそう多くないと思います。また、一流企業に入っ
て定年までいられるケースもいられないケースや途中で
ドロップアウトする割合もあるでしょう。学歴でやって
いけるのも卒業してから5年〜10年がいいところではない
でしょうか。

740 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:37 ID:0nUOzPEp
「早期教育の弊害と効用」についてのスレで学歴の話になったら大いに
盛りあがるってのは、やっぱり、みんなそれなりに子供に優秀になって欲しいって
事なのかな。それとも単に学歴って言葉に「敏感」なのかな。

でも、一流と呼ばれる大学に行った人たちって、小学校上がった時点で賢かった
気がするんだよね。 まぁ、これは何のデータの裏付けもない、私の印象で
しかないのだけど。 でも、その印象のせいで、3歳までってよりは、7-8歳までを
どう育てるかで違ってくるように思ってます。 元々の遺伝6-7割、教育環境4-3割
って感じかしらん。 

#アインシュタインとかエジソンの話はげっぷが出そうです(笑)

741 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:38 ID:UvFIXC99
 上野千鶴子の新刊「サヨナラ学校化社会」、このスレに
平行して読むといい。

742 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:40 ID:AnSTXmXC
女の人で、結婚後、専業主婦になる人は、学歴は関係ないって感じ。
それこそ、はじめの就職活動の時だけだよね。
いくら高学歴でも、スーパーのレジとかやっちゃって、
「わたしって○○卒なのよー。」と自慢するウザイオバちゃん。
手に職があるのが、いいってことなのかねー。

743 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:43 ID:V+jwes8P
別にアインシュタインやエジソンみたいな「世紀の大天才」じゃなくても
「田舎の神童」程度で、東大ぐらい入れるよね。

で、私の身近の東大に入った人たちは、ほとんどが
中2ぐらいで頭角をあらわした人たちだよ。

田舎のくせに、なぜか教育ママが多い地域なので
小学生くらいのうちは、教育ママの子供たちが
優秀に見えたもんだった。
でも、中2ぐらいで、本来の頭が良い順に
落ち着いた感じだったな。


744 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:53 ID:AnSTXmXC
もういっちょ。
女の高学歴は晩婚になる。
自分よりも低学歴のダンナはいらないんだとさ。(友人談)

745 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:57 ID:K5pnevNT
>>740

>3歳までってよりは、7-8歳までを
>どう育てるかで違ってくるように思ってます。 
>元々の遺伝6-7割、教育環境4-3割

私も個人的にはこの意見に同感なのだが、
よく、小学校3年位の成績なんて、全くあてにならないとか
他の受験の板にも書いてあるのを読むと、低学年の間は
まだまだなのかなあと思えたりもします。


746 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:25 ID:lKzUGcRh
その時、その時に、必要な最低限の基礎をしっかりと築き上げることが
必要だと。それ以上はいらないし(途中で疲れる)、
それ以下でもいけない。(基礎がボロボロ)
基礎をつくりあげるには、何度も同じ事を繰り返し、繰り返し。

747 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:40 ID:IUF67e6o
>>720
小学校2年生で、習い事3つと地域活動一つって、やはり多すぎでしょうか。
ピアノ・ヴァイオリン・体操教室、地区の子供会。
子供会は月に2回ですが、他は週1。
多いなあとは思うのですが、ピアノとヴァイオリンは親の夢、
体操教室と子供会は本人の希望でやらせてます。

一つ削りたいけど、難しい。

748 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:50 ID:HXsYQXrd
削るなら親の夢でしょう。

749 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:52 ID:9VL3lVXX
↑ウマイ!座布団3枚!

750 :名無しの心子知らず:02/06/14 15:54 ID:RrKG6KRD
プロを目指しているのでなければピアノかヴァイオリン
どちらかを諦めるのもありだと思う。
あくまで個人意見だが、プロにならなくとも大きくなって日常生活の場で活躍するのは
ピアノの方が多いと思われるのでピアノをプッシュ。


751 :名無しの心子知らず:02/06/14 16:07 ID:eldlpA4T
>749
私もピアノをプッシュプッシュ。以外と役立ちそうだから。
何となくだけどヴァイオリンってあごが出ちゃいそうな気が…(w

752 :751:02/06/14 16:08 ID:bYREm2iZ
すいません。座布団にレスしてしまった。
747さんへのレスでした。

753 :名無しの心子知らず:02/06/14 16:32 ID:E9mLvNfL
私ならヴァイオリンを勧めるわぁ。
平行してやっていた子、結局最後はヴァイオリン選ぶよ。

754 :名無しの心子知らず:02/06/15 00:27 ID:5CP4uqGn
私もバイオリンだな。
アマオケとかでそこそこ楽しめるし。
今日日、ピアノが弾ける人間は山程いるから、少々のレベルでは「弾ける」とは言いづらいもの。

755 :fusianasan:02/06/15 07:23 ID:XL8qxE2V
〜するわぁ、って言い方自意識ハイソ、実際ハイソの方も多いがおばさん臭くて
ていこうがある。最近よく見かけるが。

756 :名無しの心子知らず:02/06/15 12:05 ID:jAE3cxhn
スポーツの早期教育について何かないですか?
私は小学校で燃え尽きてしまって
やめてしまいました。
でも、後でものすごく後悔してグレちゃったんです。

勉強だったら、例えば20代になってから
目覚めたとしても、司法試験だって英検一級だって
死に物狂いて頑張れば、東大入学だって可能じゃないですか。
でも、スポーツは手遅れになったら、絶対に取り戻せない。
でも、子供なんて、将来のために今を耐えるなんて発想ないし、
大人の激励が必要な時もありますよね?

757 :名無しの心子知らず:02/06/15 12:29 ID:TsimlNjl
>727
三世は、家を潰すんだよ。

758 :名無しの心子知らず:02/06/15 12:35 ID:sDSuXtEY
学校の担任が「習い事をたくさんしてはいけない。無理に勉強はよくない」
とクラスで子供達だけに言った。一見もっともなご意見だが、世の中の早期教育を
させている親の気持ちなんて無視だ。それに そんなこと聞いた子供達は
まだ低学年だから 楽な方向へいきたがり、勉強や習い事を平気でいやがる。
学校もめんどくさいとかいいだしそうだ。
どうよーーーーー

759 :名無しの心子知らず:02/06/15 13:48 ID:KUSAoHdE
>>758
>世の中の早期教育をさせている親の気持ちなんて無視だ

どういう気持ちなんでしょうかね?
低学年が我慢してまで続けていかなきゃいけない習い事なんて
そんなに価値があるとも思えないけど。
本当に好きな子はどんな障害があっても続けようとするよ。


760 :名無しの心子知らず:02/06/15 13:56 ID:ofRUOi1G
これからも沢山の「行く手を阻む者共」に出会うよ。
先生の気持ちを親がどう思うか説明し子供がどう思うかも
聞いてみよう。
将来について話し合ういい機会だ。

761 :名無しの心子知らず:02/06/15 14:39 ID:twUe9TbY
>>711
>低学歴より高学歴の方が良いに決まってますよね。

言えてる。企業としてどっちか選択しなければならない
状態での計りにかけられたときの話。
無論ないよりあった方がいい。しかしそれだけの理由。

高学歴だからそれを印籠のように使えるわけじゃない。
企業が求めている分野に結果を残している人がいれば
そいつが無学歴でも高学歴な奴より人生は開ける。

今の高学歴を踏むプロセスがあまりにも実社会から離れしている
のが原因だと思う。子供が目標を持ちその目標の分野での
高学歴と言うか高レベルな道がないのが原因だな。

「○○はずば抜けているが××はからっきし駄目」という
存在がもっと桧舞台に出れる道が必要だろう。

不況とはいえ今は専門分野はどこでも人材不足。
しかし今の教育では専門分野は育ちにくいし、
認知されないが、その中でも光る奴はいる。
でもそういう奴らは認知され認められる海外に
どんどん流失している。スポーツでもじわじわでているっしょ。




762 :名無しの心子知らず:02/06/15 14:50 ID:sDSuXtEY
ドキュソな高校の 金髪の馬鹿高校生がたむろして、犯罪起こすか起こさないか
の瀬戸際を見たら、やっぱ ドキュソ高校にしか入れない頭になってほしくない
と思うよ。彼らは勉強嫌いだろうから 将来の目的もなく ただブーラブラと。
少年犯罪で 開成の子とか早稲田の子とかいるかね?

763 :名無しの心子知らず:02/06/15 14:54 ID:IVGuCnGB
ガッコ名なんか羅列してあーでもないこーでもないなんて今時やってる
バカ親の子なんて、ろくなもんにならねーよ

764 :名無しの心子知らず:02/06/15 14:56 ID:r0TD8DwU
教師やってますが、家庭訪問で、
「うちは習い事たくさんやらせているから、宿題は出さないほうがいいです」
と言われた。

で、出してません。

懇談で「先生、うちの子は家で勉強しないんで宿題出して下さい」と言う親もいる。
けど、先の例を話して、宿題は出さないことを説明してます。


765 :名無しの心子知らず:02/06/15 14:57 ID:S6NGBd2V
>762
底辺校の実態スレとか見ると、極端な例だとしてもひどいもんね。
特に男の子は家庭環境より友達の質が大きく影響するし。

わざわざドキュソと巡り会う確率の高い学校には子供はやれない。

766 :名無しの心子知らず:02/06/15 15:56 ID:8t77UHGH
>>764
それってちょっと違うんじゃない? 勘弁してよ〜

767 :名無しの心子知らず:02/06/15 16:26 ID:lW8GneY7
だから公立小は・・・
私立を考えたくなる気持ちわかる。うちにはお金がないけど

768 :名無しの心子知らず:02/06/15 16:45 ID:jAE3cxhn
私は、有名私立大学(W大学)卒なんですが。
小学校の頃なんて、自宅では、なーーーーーーーんにも
勉強しませんでしたよ。
宿題も、ほとんどなかったし。
小学4、5年の時、習い事は毎日やってました。
(そろばん、ピアノ、習字、スイミング、合唱)

今の子って、小学生でも、家で勉強しなくちゃ
いけないのかな?
うちの子が、小学生になったら
「遊びに行く前に、今日の分の勉強(宿題)しなさーーい!!」とか
言わないと、基礎力がつかなかったりするのかなぁ??
激しくウチュ。。。。。。。(めんどくせーー)

769 :名無しの心子知らず:02/06/15 16:53 ID:FXPO5MCr
和光ですね、はいはい(w。

770 :名無しの心子知らず:02/06/15 17:11 ID:ERzveRek
>769
www。割り箸かもよ(?)W

771 :名無しの心子知らず:02/06/15 17:13 ID:CVX3F1Kw
>>747
私にはちょっと、多いように感じます。 ただ、ストレスの許容度は
人それぞれですし、教育の方針、家庭内の雰囲気等によっても、子供の
ストレスは変化すると思います。最終的には親の判断しかないと思いますが・・・。

習い事を続ける事によって得る利益と、損失をじっくり考えてみては
いかがでしょうか? 

772 :名無しの心子知らず:02/06/15 17:15 ID:8ArM3SXK
聞かれもしないのに、必ず大学名を名乗るのは決まって・・・以下自粛。

773 :名無しの心子知らず:02/06/15 17:16 ID:hrLYfmn2
家で勉強しないから宿題を出してほしいという親も親だね。
必要だと思うなら、自分でドリルでも買ってやらせればいいのに。
何でも学校にやってもらうつもりでいるから、
子供が家で勉強しないんだよ。

あと、世の中には家で勉強する必要のない小学生もいる。
小学校ぐらいでは、学校でまじめに集中して授業を受けていると、
家で特に予習復習しなくても、
常に100点とれる成績を維持できる子だっているんだから
その子の遊び時間まで奪わないでおくれ。

774 :名無しの心子知らず:02/06/15 17:19 ID:o+xk8+4J
親に言われても、やりたくない時期ってあるよ。
せめて、漢字ノート1ページと、日記くらいは宿題にしてほしい。

775 :名無しの心子知らず:02/06/15 17:37 ID:xhyGuYH0
日記は良いね。
でも、漢字ノート1ページなんて
必要ない子もいるかもしれないよ?

776 :名無しの心子知らず:02/06/15 17:43 ID:avc7aXS5
>>771
小2で、習い事3つと地域活動って多くないと思うけどなぁ。
習い事したって、その日は全く遊べないわけじゃないじゃん。
習い事(1時間ぐらいでしょ?)終わった後、同じ教室の子と
遊んだりもできるし。
でも、公文やピアノのように、自宅で宿題したり
練習する類のものを、複数やるのは、大変かもだが。

777 :名無しの心子知らず:02/06/15 21:19 ID:GgpFkfBg
>>775
ゆとり教育になって、4年生の新出漢字は200字だよ。
そのうち一学期に120字憶えなければならない。
間違い無く書けるようにするためには、ノート1ページくらいはやらないと。
うちの子も読みは得意だけど、書く方はちゃんと家庭学習してない時はハネが不十分だったりして
ペケもらってるよ。

778 :775:02/06/15 21:32 ID:avc7aXS5
だらだら書いていれば、何回書いても無意味。
回数とか、ページで指定するのでなく、
「テストしますので、覚えてください。」
と言う方が良いのでは?
真剣に覚える気で書けば、3回書いただけでも
覚えられる子はいるはず。

779 :名無しの心子知らず:02/06/15 21:40 ID:lhdeyUMW
>778
基礎は繰り返し、繰り返しだよ。
小学校の漢字さえ制覇すれば、世の中なんとかなるよ。
義務でも何でも、書いてれば覚えると思う。
テストしますーなんて、範囲が広ければ、やる気なくなるし、
別に宿題じゃないから、やらない子だっている。
無意味かなー?自分が小学生の頃、思い出すと、あって、よかったって
思うものだったけど。いかに、どれだけ、早く書いて遊びに行くか
考えたり、いろいろな想い出があるよ。

309 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)