5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古本コレクター

1 :名無しさん:01/11/26 09:52
おそらくあらゆるコレクターの中で最も業が深いのは古本マニアではなかろうか?

というわけで、古本全般のスレです。

2 :名無しさん:01/11/26 23:02
は ん い が ひ ろ す ぎ や し な い か ?

3 :名無しさん:01/11/27 16:44
100円とかで古本購入しても1万円とかで売れちゃう。
ハマると結構おもろいよ、金になるし(ワ

4 :名無しさん:01/11/27 16:46
>>2
とりあえず、範囲の広いところから初めて、
分割していったほうが細かすぎるスレッドの乱立にならないから
いいと思いますが。

私は最近、ブックオフにしか言ってませんが、
ここに参加する資格はあるのだろうか…

5 :ベンゼン中尉:01/11/27 22:03
私は小説の初版本をコレクションしていますが・・・。

6 :名無しさん:01/11/28 14:30
>>5
小説とはこれまたは ん い が ひ ろ す ぎ や し な い か ?

自分は好きな作家の作品は言うまでもないが、インタビュー記事や解説を
寄せているのを集めたり。作品情報は簡単に調べられるけど、そうでない
ものは調べるのが少々たいへん。

7 :名無しさん:01/11/28 16:23
暗印って、最近目録とか出やたらとでかいこと言ってる割には
品揃えゼンゼンダメだよな。
霞は品揃えすげぇけど値段がオレンジパワーばりに高けぇ。
どっかいいサブカル系古本屋ねえ?

8 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :01/11/28 20:45
昭和初期まで初版版(小説類)は著者みずから、印を押していたそうですね。

9 :名無しのコレクター:01/12/05 06:43
自分は青本・黄表紙(江戸時代の絵入本ね)を集めているぞ。
高くてまだ8種しか買ってないが。(冬のボーナスでもう
1種)

10 :ベンゼン中尉:01/12/05 20:58
印じゃ説明不足なので、検印です。
初版本では、明治の文豪の作が高価ですね。いいですね。
心が洗われる思いですね・・・
>>9
珍しいコレクションですね。一度拝見したいものです。

11 :名無しのコレクター:01/12/05 21:26
中尉は多趣味なお方ですね

12 :名無しさん :01/12/05 23:18
http://www.easyseek.net/i_search.php3?c_no=0&s_no=742&nullok=y&m=i             
この本屋、異常に高くないか?

13 :桑原:01/12/06 13:42
水木さんはどうよ?

14 :ベンゼン中尉:01/12/07 02:10
>>12
高価で当たり前ですよ。学術書に廃刊になったものは価格も上がるのが常です。

15 :名無しのコレクター:01/12/07 23:48
ドラコニアの豪華限定版はどうだろか。
最近は市場にあまり出てこない。

16 :名無しのコレクター:01/12/08 20:29
ジョージ秋山の『アシュラ』とかサンコミ版松本零士とかプレイア本をブックオフで
拾い上げてまんだらけで転売している人(要するにセドリね)はコレクターと呼びますか?

17 :名無しのコレクター:01/12/08 23:06
>>16
コレクターの恥だな、そういう奴は!
とか言ってみる。

18 :名無しのコレクター:01/12/09 00:27
>>16
セドリはコレクターとは呼ばないだろ…
投機対象にしてるわけだから

19 :名無しのコレクター:01/12/09 11:48
いやいや、セドリはブックオフに埋没している本をマンガ専門店に運ぶ
役割をしているわけだから、コレクターの裏方、とは言えないだろうか?

20 : :01/12/09 15:27
伊勢丹の古書市のカタログが送られてきたが...高いね
まあ、しかたないが。
海務院・情報局 のポスター 七万
満州中央銀行 法幣への交換をよびかけるポスター 11枚 28万

映画雑誌は多くでてるが高い
...普通のグラフ雑誌は売ってないのよね
       日本の古本屋とかで探しても目当ての物はなかなか無いなあ

21 :名無しのコレクター:01/12/10 16:53
>>20
気合を入れて来年の七夕入札会へ。
戦前の「ユニバーサル」揃いとか出るぞ。

22 : 20:01/12/10 18:56
そこまではチョットね...
最近は古本検索とよく買う古書店のページを
覗くのが殆どです。
以前は心斎橋そごうの古本市を楽しみにしてたんですがねえ〜
画報雑誌が一括り数千円だったのは有難かった..

23 :名無しのコレクター:01/12/11 11:01
>>12の本屋は高すぎる。
しかも古本屋なのに百円単位をディスカウントショップ張りに
何千“800”円とかやられるとなんかガッカリくるよ。

24 : :01/12/11 19:09
たしかに、変な値段だね..
戦前の軍事・外地・産業の資料なんかは
2〜3万でも納得できるが..

25 :名無しのコレクター:01/12/12 08:45
“神田城”っていう合同目録もう届いてる?
これはすげぇ、肉筆原稿や署名本が大量に出てる。開高健の色紙欲しいなぁ・・・。

26 :ベンゼン中尉:01/12/12 18:27
直筆の短冊や色紙はいいですね。自分は伊藤左千夫の色紙を大事に持っています。

27 :名無しのコレクター:01/12/13 19:52
忘れた頃にひょっこり送られてくる目録に弱いな
なんとうか、あえて汚い言い方をすると
「コレクターの悲しい物欲」が刺激されてしまう

28 :名無しのコレクター:01/12/13 21:40
>>25
神田城来たよ。三島本沢山出てたね。

自分は長島書店の本にしか興味ないけど(w

29 :名無しのコレクター:01/12/13 21:51
トリオの魔球は見るだけでおもろい。

30 :名無しのコレクター:01/12/14 01:32
昨年の「神田城」と目録見比べるのけっこう楽しい。

31 :ベンゼン中尉:01/12/16 00:55
自分は最近サイン本にも凝ってます。
渡辺淳一、小川国夫、辻邦夫、などあります。

32 :名無しのコレクター:01/12/16 22:09
吉川三国志を集めてます
しかし、沢山出過ぎていて、どこまで行ったらゴールなものやら…
現在ダンボールで4箱分あります…しかしいろんなサイズがあるねぇ…

33 :名無しのコレクター:01/12/16 22:11
大正にでた戯曲が家にあるなあ。
自分のコレクションではないが。

直筆もの欲しいですね。
自分の範囲でなくても欲しくなってしまう。
折口信夫の書が家にある(これも自分のではない・・・)。

34 :ベンゼン中尉:01/12/17 00:33
明治、大正頃の書籍は数が減ってますね。
蘆花の自然と人生、独歩の恋愛日記など、復刻版でない当時の物は年月を経ているだけあって、ページ開くだけで清清しい気分になれますね。
>>33
折口信夫は珍しいですね。古書店でも売り物でなく飾っているのが多いですよね。

35 :33:01/12/17 11:55
>ベンゼン中尉
そう、あの独特の刷り色とか活字がなんともいえないんですよね。
折口信夫は、知り合いや弟子が持っているものが多いのであまり市場に出ないとか?

36 :ベンゼン中尉:01/12/18 00:10
>>35
そうですね、折口信夫は珍しいですね。虚子などはよく出ますが、みな高価です。
最近はサイン本で、ああ、野麦峠の作者のサイン本を買いまして読んでいます。

37 :ベンゼン中尉:01/12/20 23:31
本上まなみのサイン本を3000円で落札。
そう言えば、ビートたけしのサイン本が高額になってますね。谷川俊太郎のサイン本も視野に入れましょうか。
ヤフーオークションは面白いですね。

38 :ベンゼン中尉:01/12/22 01:21
以前、池袋の某書店で、志賀直哉の署名入り初版が売ってました。喉から手が出るくらい欲しかったのですが、そのときは漱石の文学評論の初版を買ってしまいましたが・・。

39 :ぼんぼん:01/12/22 10:53
裏本とかビニ本って古本屋においてありますか?

40 :ベンゼン中尉:01/12/22 18:36
私の持っている新潮社の本で、大正期に活躍した島田清次郎はただ悲しいばかりです。
流行作家の走りだったようですね。

41 :ぼんぼん:01/12/22 18:58
裏本とかビニ本って古本屋においてありますか?

42 :名無しのコレクター:01/12/22 20:44
しつこいので吾輩が答えて進ぜよう。

古本屋による!

硬派のところには置いてない!

43 :名無しのコレクター:01/12/22 22:24
署名本を集めた末、今は草稿類に手が出つつあります。
しかし、値段は桁違い。
破産しそうですが、ど〜にも止まりません。

44 :名無しのコレクター:01/12/22 23:21
>>41
あるところにはあるんだよな
そういう本のコレクターもいるし

45 :ベンゼン中尉:01/12/23 00:55
>>43
バブルの頃、芥川龍之介の初版本に自筆手紙のセットが160万でした。
そこは荻原朔太郎や、谷崎潤一郎の原稿もありましたね。

46 :名無しのコレクター:01/12/23 06:29
>>43
一昨年だったか、正月松屋の古書展にが三島由紀夫の
原稿2枚で1万5千円というのが出ていた。競争率20倍
以上だったけど探せば今でも安く買える。
 自分は上林暁とか安ければ買うパターン。

47 :名無しのコレクター:01/12/23 07:19
古書展にが -> 古書展に

48 :名無しのコレクター:01/12/24 12:29
古本セドリへの否定論が出たのでちょっと弁護させてもらう。

http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/ourai/85_koyama.html

一連のセドリ作業中、ふと考えた。確かに一見胡散臭いセドリだが、よくよく
考えてみれば、皆を喜ばせる結果になるのである。

 まず、筆者が買った古書店は、ゴミ同然と思っていた本が売れて嬉しい。
筆者が売った古書店は、品揃えが充実して嬉しい。
さらにそれが売れればもっと嬉しい。
さらに、話が複雑になるが、筆者が売った古書店から買うお客さんも、欲しい本が
手にはいるから嬉しい。
そして、本自体も、有るべき所におさまるのだから嬉しいはずだ。
儲けは少ないものの、世のため人のため本のため(そして少しは自分のため)、
今後もセドリを続けていく所存である。

49 :名無しのコレクター:01/12/24 12:30
まあ、泣く人間がいるとすれば、セドリと同じルートで掘り出し物を
集める古本マニアだが、これに対しては「早いもの勝ち」という、
万古不易の鉄則がある。

50 :名無しのコレクター:01/12/24 12:37
原稿や直筆手帳などは欲の無い人が持っている場合が多く日本文学館とか
に提供を申し出るんだけど、何故かそれらが市場に出回ってくるんだよなあ。

役人根性でなんか悪い事してるんやないやろか?

51 :ベンゼン中尉:01/12/24 20:42
残念ながら、自筆原稿の類は持ち合わせていない。

52 :名無しのコレクター:01/12/24 20:58
良くセドリというけど、これって関東の業者言葉?
関西では単にブローカーとか客師という事が多いけど。

53 :名無しのコレクター:01/12/25 22:50
>>46
 三島が2枚で15,000円とは…。
 ところで、原稿類というのは、主にどのような経路で流通するものなので
しょうか。
 それと、最近、中央公論関係の原稿が多く出回っているように思うのです
が、讀賣による同社吸収と何か関係あるのでしょうか。

54 :エロでもイイ:01/12/26 23:45
裏本とかビニ本のある古本屋、地域、教えてチョー台

55 :名無しのコレクター:01/12/27 07:12
せめて関東・関西の範囲をしぼれ。

56 :名無しのコレクター:01/12/27 10:56
>>54
関東なら
ttp://www.b-maniacs.com/
ならありそう。

57 :エロでもイイ:01/12/27 22:37
>>55
スマソ 都内ということで・・・

58 :ベンゼン中尉:01/12/29 01:49
>>54
歌舞伎町へ行け!

59 :名無しのコレクター :02/01/01 20:44
明日、京王デパート古本市だよ。イイ本掘るぞ。楽しみだ。

60 :名無しのコレクター:02/01/02 09:57
エロ本コレクターはだめか?

61 :名無しのコレクター:02/01/02 09:57
>59

何時からだ?

62 :名無しのコレクター:02/01/02 13:27
きたるべき世界・・・だっけ?
あれの初版本っていくらぐらいなんでしょうか?

63 :犬神一郎 ◆DOG.sM3w :02/01/02 14:58
>>62
「エスパー魔美」では50万円となっていたが。

64 : :02/01/02 17:33
裏本・ビニ本の古本屋in池袋
情報キボーン

65 :59:02/01/02 22:38
>60
いいんじゃないすか。松沢 呉一がそうでしょ。
>61
10時からです。8日までっす。
>64
ビニ本は、K書店で大量にみたことがある。うら盆の古本は、わかんない。

66 :名無しのコレクター:02/01/03 02:49
祖父の遺品が押し入れからいろいろと出てきたのですが
これらの書籍って価値ありますか?

1、雑誌の創刊号ばっかりいろいろ

戦前から戦後にかけて。
週刊朝日、女性セブン等の創刊号他 いろいろ。
戦後に雨後のタケノコのごとく出たわけわからん雑誌の創刊号多し。
電通の前身の会社が出した雑誌の創刊号もあったと思う。

2、フランス綴じ?の書籍いろいろ。
署名本もあったような気がする。

3、書籍じゃないけど、戦前の国内観光地のいろいろな絵葉書セットや
観光地の絵地図。

ちなみに、どれも状態あんま良くないかも。

67 :名無しのコレクター:02/01/03 17:11
古本スレの諸兄,開口健の「フィッシュオン」が欲しいのですがどのあたりを
探せばいいのでしょう。

68 :名無しのコレクター:02/01/04 06:44
>>66
正月なんでマジレス。
状態が良くないということなんではっきりとは言えんが。
1はYahooあたりに出品すればそれなりに売れるかも。
特にカストリは集めている人多いので喰いつきも良いはず。

2は書名等無いと全くわからん。

3は明治ならそれなり、それ以降はクズ。

69 :名無しのコレクター:02/01/04 08:45
宝の地図とか売ってるの見たことある人いますか?

70 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/01/04 22:10
私は小説系の初版しか強くないけど、最近は初版+署名本が欲しいですね。

71 :名無しのコレクター:02/01/05 21:16
作者を身近に感じられるって意味では、署名本はやっぱ嬉しいですよね。
作者自身が、その本を一度は手にとっているわけだし。
ミーハー的だと自嘲しつつも、僕も集めちゃってます(*^_^*)。

72 :親切な人:02/01/05 22:08

ヤフーオークションで、幻の人気商品、発見!!!

今は無き「コピーガードキャンセラー」↓
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e5292701

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

73 :62:02/01/06 20:39
>>63
マジッスカ?
俺探せばあるよ。
昔、貸し本屋で借りたっきりのやつ。
「○×貸本」ってスタンプが入ってて状態最悪だけど。

74 :名無しのコレクター:02/01/25 16:55
私は公営ギャンブル関係の古書を集めています。
xx十年史や、成績公報みたいな一般に出てこない本です。

75 :名無しのコレクター:02/01/26 01:39
>74
あげればいいのに(w

76 :名無しのコレクター:02/01/26 10:29
俺は絵本コレクター(かな?)
ライバル少ないから結構楽だ・・・。

77 :74:02/01/28 15:22
ヤフオクとかではライヴァルがいたりするので驚いています.
なかなか古書店で見つけることも少ないので・・・
かみさんに「またこんな本買ってきて」と言われるのが鬱です.

78 :名無しのコレクター:02/01/31 17:35
漏れは「世界地誌風俗大系」っていう昭和初期の百科事典を集めてる。
世界各国/地域を30巻ぐらいのシリーズで出してたんだが、当時の
世界情勢や国力、はたまた当時の外国を見る日本人の観点そのものが
垣間見れてなかなか面白い本です。いま8巻ぐらいある…。

79 :よいこのおまけ:02/02/07 23:53
折口信夫、私も持っています。
いま、カバヤ文庫を探していますが
集めてるかたいらっしゃいませんでしょうか?


80 :名無しのコレクター:02/02/08 02:19
>66
遺品の扱いに悩む人っているんだね。
家も父の遺品に画報近代百年史等の大量の本。
ttp://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/40768908
不揃いでボロボロでこんな値付けするくらいだから
専用バインダーで閉じられてる揃いなら幾らかなと思ったら復刊してるようだし
戦前の物ぽい本や写真集・画集とか絶判の少女の写真集?やら
(これらはファンの復刊運動も起こってるようだが)
雑誌の数十年前の創刊号からがこれまたバインダーに綴じられて百数十。
母がほとんど処分して綺麗なのだけ残して置いたようだけど
こういうの見るとコレクターって業というか死んだとき哀れだよな
家族の誰も理解できないし趣味もろばれ。
検索してもあまりヒットせずあってもまちまちで相場もわからない。
古本屋に行っても店が悪いのか二束三文だし、遺品を手放すのは忍びない。

父も古本コレクターだったのだから
意志を受け継いで俺もひとつ始めてみるかな。
さっきNHKでやってた京極夏彦の本棚みたいなのが要るな。

81 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/08 22:36
>>80
ヤフーオークションなら業者に叩かれずに売れます。といっても遅かったかも。


82 :名無しのコレクター:02/02/14 20:54
こういう場合、案外処分した本の方に超貴重な文献があったりするんだよね。

83 :ロバくん:02/02/14 22:14
武術書集めてる!っていうか研究してる!
結局、逝く処まで逝くと同じで、この流派では
秘伝でも、この流派では別の部分が秘伝となっ
てるってのがあるので勉強になるヨ!
秘伝=基本ってのが多いけどネ!

84 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/14 23:43
この前、ヤフーで購入した短冊には名前が書かれていませんでした。
ということは偽物かな。

85 :名無しのコレクター:02/02/23 19:38
http://www.murasakishikibu.co.jp/jdg/jboard.html
ここの鑑定、利用してみた人はいませんか?
もし複数の書店から回答があれば
ある程度、比較検討もできると思うのだが。

86 :リサ:02/02/23 20:11
わたし漱石の坊ちゃんの初版(上巻)もってますが、高いのですか?
ヤフーにだそうかな。

87 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/24 03:33
>>86
五万以上いくでしょう。復刻版でなければですが。

88 :リサ:02/02/25 11:23
>87
 ほんと?たぶん復刻じゃないっぽいよ。(切りっぱなしの紙だし)
それだったら、ヤフオクでいくらから出せば(出品)いい?

89 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/25 20:41
>>88
3万スタートで確実でしょうね。でも、本の状態、出版社、発行年月日は必要です。
あと、早期終了はOFFにしてください。自分は以前、太宰治の斜陽を1万で持っていかれましたから。

90 :リサ:02/02/25 23:04
>89レスありがと。
友達に頼んで出品してもらいます。(わたしは、IDないので・・)

91 :名無しのコレクター:02/02/25 23:17
>87
奥付に書いてある発行所、発行日はどうなっていますか?

「ほるぷ」が昔のままの体裁でいろいろ復刻したことあったけど、
まさかそれじゃないですよね。

「ほるぷ」復刻版には奥付が2つついてます。

92 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/25 23:51
>>90
そうです。復刻版には2種類の奥付がありました。最終確認を忘れないで下さい。


93 :リサ:02/02/26 01:59
ほるぷ?確認します。カバーとかはありませんが・・。本の大きさは、文庫サイズ
です。これ復刻かな?

94 :ちびな人:02/02/26 18:10
なになに?さっきから漱石の本のこと言ってますよね?
ぼくも、もってるんですが、これはもしや貴重なもんですか?
漱石の「吾輩は猫である」の第二。岩波書店の初版本(下巻)
 
他にも谷川俊太郎の本(復刻の見本本など)とかあります。

 あと、第1次世界大戦の本(当時の)とかとか・・。
どうですか?

95 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/26 20:27
>>93
たまに違う出版社から、小説全集の一つとして出る場合もありますが、貴重なのはあくまでもオリジナルです。
サイズは単行本サイズだと思います。

96 :ちびな人:02/02/27 02:05
ベンゼン中尉さん僕の↑は、どう?

97 :名無しのコレクター:02/02/27 02:12
マジで野球ヲタ氏ね!!!

http://ime.nu/www.baseball-lover.com

98 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/27 18:30
>>94
我が輩は猫であるの初版は欲しいですね。貴重だと思います。
この種のコレクションは年数を重ねていくコレクションですね。


99 :名無しのコレクター:02/02/27 18:43
古本屋嫌い! 
売る時は単価つけるくせに買い取りはグロスの不明朗会計。
「参考の為に個々の引き取り価格教えて」といっても
企業秘密だからと教えてくれないよ。


100 :名無しのコレクター:02/02/27 20:06
古本ヲタクの巣窟

>>ttp://www.ann.hi-ho.ne.jp/kashiba/
>>ttp://homepage2.nifty.com/bambixx/furuhon/diary/diary.html
>>ttp://homepage2.nifty.com/GARAKUTA/index.html
>>ttp://www.02.246.ne.jp/~pooh/


101 :ちびな人:02/02/27 20:21
>98 
 貴重なものなんですね・・。(漱石さんの)
ベンゼンさんなら、いくらつけますかね?(いやらしいのですが・・)
 
 他にも、そこまでではありませんが、多数あります。


102 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/27 22:27
>>101
私なら、10万でしょうか。
私も初版本を集めているのですが、大家の作品は余りお目にかかったことがないものですから。


103 :ちびな人:02/02/28 01:57
>>102
そうなんですか?でも2巻の下巻のみですよ。(状態はいいと思います)

104 :ちびな人:02/02/28 18:15
ベンゼンさん近々ヤフオクに出品してみようかとおもうのですが、そういう
レアものを欲しがるかたははたしてきますでしょうか?(ヤフオクに)

105 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/02/28 21:37
>>104
私もヤフオクにはまってますし、分野ごとにコレクターはいますから、どうでしょうか。
いい線いくと思いますよ。

106 :ちびな人:02/03/01 00:54
>105中尉へ
 ごめんなさい。久々に今日押し入れにいって、探したところ、オリジナル
ではありませんでした・・。
 よく見たら背表紙にきっちり「漱石全集」と書いてました・・。(泣)
そうあるもんじゃないですよね・・。ほんと、ごめんなさい。
 ちなみに初版でしたが、昭和20年あたりと、けっこう新しいもんでしたし

107 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/03/02 00:51
>>106
いえいえ、私も漱石全集の一部を持っていますよ。岩波書店の昭和3年刊のものですが。

108 :ちびな人:02/03/02 13:42
>>107
ということは、まあまあレアということですか?
ヤフオクなら¥2000くらいにはなりますかね?

109 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/03/02 23:57
>>108
価格がつくのは、本当に限られています。私が買ったときは1冊200円でした。
古本屋を探索するといいかもしれませんね。


110 :ねんねこねこ:02/03/03 04:31
洋書でもいいですか?スレ違いだったらすいません。
赤ミシュランとか、フランス料理書の古いの集めてます。
同好の方いらっしゃいますか?

111 : ◆V/X6r1EA :02/03/03 05:18
「古本コレクター」と聞くと、
映画「ナインスゲート」(ジョニーデップの)を思い出すのは、私だけ?

私もよく古本屋を回るので、映画に出てくる稀覯本収集家や
セドリ師の感覚が共感できて楽しめた覚えがあります。

112 :名無しのコレクター:02/03/03 18:09
そういえば、セドリの語源てなんですかね・・?
意味は、解るのでよくつかうのですが・・。

113 :名無しのコレクター:02/03/03 20:41
本の背を見て棚から抜くから「背取り」
転売人が競って抜くから「競取り」
の二説があるらしい。

114 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/03/04 00:39
昔はよく、志賀直哉の署名本など置いていたが、今は少ないようですね。

115 :名無しのコレクター:02/03/13 21:26
南原企画の月光、アランを探してる…。

116 :ヲタクジジイ:02/03/14 11:40
趣味関連の書籍(切手古銭ゲームそのほか)を集めています。
これらの本は、今少ない上に再販もかからないので、
古本で集めるしかないです。


117 :名無しのコレクター:02/03/23 07:35
ソムニウム叢書欲しい方いませんか?

118 :   :02/03/25 19:35
長い間探していた
戦時中の「躍進の日本」の終刊号とその前の号を数冊買ったけど
なんか悲しい..
大東亜会議を大きく扱ってるものの紙の質は悲惨
終刊号では戦果のまとめとなってるのに
緒戦の大戦果ばかりで、中期以後は戦果を誇るわりには
戦果を示す写真があまり無い..

形式的には、毎日新聞社の大東亜戦争画報に統合となってるけど
もちろんなんの脈絡もない..


119 :星丸:02/03/26 23:47
以前、筒井康隆氏の断筆祭りで、「脱走と追跡のサンバ」の生原稿20万
で落札されてて・・・・買ったらよかったようよう!

120 :名無しのコレクター:02/03/29 08:39
私は足掛け20年ほど前から、古書収集をしています。
探求書は明治前期の近代文学物です。
まだ文学が黎明期で、幕末からの戯作者が続命だった時代です。
探求書で一番欲しいのは、近代探偵小説の祖、翻訳小説の元祖である、
黒岩涙香のものです。なかなか市場には出ませんし、
出たとしても抽選であり、値段も高価なのが難点です。
涙香物は数点所持しています。
他には、同時期に出版され、明治に隆盛を誇った、政治小説も
収集しています。勿論、購買後、読破しております。
何故、こういったものを収集しだしたかと言いますと、
今では入手不可能であり、読むことが出来ない事である事と、
私が昔読んだ、江戸川乱歩の影響によってです。
私と同好の士あれば、論じたく思います。
明治前期が主ですので、明治20年代頃までですね。
それ以外の時代は専門外ですが、戦前までのならば、
ある程度は論じる事が可能かと思います。
戯作物、探偵物、政治小説が主です。


121 :名無しのコレクター:02/03/29 13:07
今の時代、『くろいわるいこう』と読める人間が何人いることだろう・・・・

122 :名無しのコレクター:02/03/29 16:52
age

123 :名無しのコレクター:02/03/29 19:29
皆さんはどんな本を集めているの?

124 :名無しのコレクター:02/03/29 19:50
学生時代から専門の中国古書(線装本)を収集しております。
清代の版本は比較的安く購入できるのですが明版はかなり高額です。
同時に江戸期の儒学関係の和本

手ごろなところとして岩波文庫も同時に。

125 :名無しのコレクター:02/03/29 20:19
>>124
124さん、私は120です。
そういうものを収集されているのですね。
私の専門外ではありますが、部外漢の私でさえ、
高価であろうとは充分に推察出来ます。
貴公が収集されている明版は極少であろうし、
一般的な図書館はもとより、専門的な図書館でも
置かれているのは少ないと思われますから。
私も和綴は持っています。でも、それは明治十年代に出版された、
戯作物でありますから、専門外ではあります。
近年、所謂黒っぽい本は益々、入手が困難になってまいりました。

126 :121=124:02/03/29 23:34
大型フランチャイズ古書店のせいで、専門古書店は駆逐されていってるようですね・・・。
黒本売りの古書店はだんだんネット及び通販を主軸にしているところが多いみたいですね。
良心的だった各駅にある個人経営の古書店は軒並みダメージを受けているようです。

ところで、こちらも、明版は出てもすぐ買い手がつくのでかなりの緊迫した状況です(w

乱歩も黒背の全集は揃っていますが、青背角川でそろえなかったので自慢は出来ません。
私のきっかけは逆で、最初が虫太郎と十蘭、久作でその後に乱歩だったのです。
三一書房の久作全集を誰かの書評で読んで、わけもわからずに購入したのが高校生のときでした。
中井英夫亡き後のこの世界、荒俣君にはがんばってもらいたいものです(w


127 :120=125:02/03/30 03:14
近年、古版本である、明版が資料的価値、希少性から、126 :121=124 さんがいう通り、
高値を呼び、市場に出ても、すぐさま買い手がついてしまう状況のようですね。
巷では、マスコミが、やれ活字離れ、電子書籍等と喧伝しますが、
コアなマニア、好事家、研究者等が存在し、希少な書籍の争奪戦を繰り広げている
現状は明白であり、なかなか、一般の目には触れる事はありません。
126 :121=124 さんの言うとおりに、全国展開の大型新古書店の跋扈により、
専門古書店は駆逐されているのが現状のようです。
でも、その要因には正統派の古書収集家、所謂、古書籍の収集家が鬼籍、或いは老年化した
ということも忘れてはいけない事でありましょう。
老舗古書店は、NET普及以前から、古くは明治期から、通信販売をしていたので、
固定客、取引先もあり、容易には駆逐されることはないのではないかと思います。
でも、地方などの無名弱小古本屋は、太刀打ち出来ず、苦戦をしいられているのが
現状のようです。私は収集を始めた当初から、通信販売で購入しております。
最近では、NETで目録を閲覧し、その古書店に電話し、本を送って貰い、購入しました。
客のモラルも問われているようですが、私は前金では買った事がございません。

私が所持している、乱歩全集は講談社から昭和44年〜45年にかけて刊行されたものです。
勉強不足でお叱りを受けるかも知れませんが、126 :121=124 さんが指している全集が何を
指しているのかは判りません。私が所持しているのも黒背と言えば黒背ですね。
青背は判ります。角川文庫のものですね。切り絵風イラストが印象に残っております。
乱歩は時代ごと出版社ごと様々な体裁で刊行されているので、判りません。
因みに、乱歩の中では名作の誉れ高い、孤島の鬼に衝撃を受けました。
それから、全集の月報中で、乱歩が月岡芳年の無残絵を収集していることを知り、
後年、芳年を収集するきっかけとなりました。私が収集する分野とも一致している事ですし、
芳年は戯作本との関連も深く、挿絵も多数描いていますからね。
126 :121=124 さんの言われる通り、虫太郎、十蘭、久作は乱歩以後、読みました。
三一書房は買いませんでした。私は収集当初から、当時出版された本だけしか
興味がありませんでしたから。時代は下っても、昭和20年前半ですね。
時代的にはカストリ雑誌がタケノコの様に発行された年代と一致し、その頃、
再販された探偵小説も紙の質が悪く、仙花紙を使用し、表紙絵もドギツイものが多いです。
終戦直後、再販された、探偵小説も近年、希少になり、高騰し、高い値が付けられていますね。
荒俣氏は、彼の著作を拝見すると様々な書を所蔵している様ですね。


128 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/03/30 14:13
みなさん、奥が深いのですね。私は小説、歌人の色紙などですね。

129 :名無しのコレクター:02/03/30 16:19
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1011542406/

130 :名無しのコレクター:02/04/09 07:02
age

131 :131:02/04/10 00:57
文春新書のNO.66の「高橋是清と昭和恐慌」と最近では、岩波アクティブ新書の
「賢く使おうサプリメント」を数冊持ってます。今は安いと思うけど、盗作判明→
即回収→即絶版という経緯が何か笑えるものがあるので、GETしてみました。特に
前者は発売2日半で回収となったようです。市場価値的にはどんな感じでしょう?


132 :名無しのコレクター:02/04/10 14:03
>>131
私は専門外なので、皆目判りませんが、
あなたもお判りな様に、全て需要と供給なので、
発行部数が極少、あるいは発禁などで、供給が、稀な本でも、
それを欲しい人、買いたいという人がいない限りは値段はつきません。
あなたが所持している本も、その本がこの世に存在する事を知って、
なおかつ、それを欲しいと思わない限り、値段がつくことは難しいと
思われます。これは本に限定されず、この世の根本なのですが。
参考にはならないかも知れませんが、私見を述べさせていただきました。
131さんの知りたいことに詳細な人物があらわれればよいですね。

133 :名無しのコレクター:02/04/10 22:04
>>124
亀レスですまん。
明版いいね。後期の万暦版本の端本あたりならまだ安く手に
いる可能性があるというのが自分みたいな貧乏人にも嬉しい。
(死ぬまでに宋版の奇麗なのを1つと思っているがこれは夢、夢。
 ただ、昨年、神田の古書展で朝鮮本を買えたという話もあるから
 ねぇ。)


134 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/04/11 00:12
地元で、三島由紀夫の潮騒の初版を見たときは感動しました。
欲しいと言ったら、店のお婆さんに若い人でも欲しがる人がいるのと聞かれてしまった。
店によっては店番の後の棚などに高価な本を並べている場所も少なくありません。

135 :名無しのコレクター:02/04/11 01:26
ベンゼンさんの地元はどこかはわかりませんが、
そうですね、店によっては奥にしまわれていることもあるようですね。
近年、高価本、黒っぽいものは、交換用、目録用で、店頭に
並ぶことは少ないように思えます。

136 :121:02/04/11 18:23
>>133
こんな話もあるんです。
大学の研究室所属時代にですね、勉強会がおこなわれまして、そのあと懇親会にうつったんですが・・・。
中国系研究者は比較的になぜか長生きなんですが、それでも年にいくらかお亡くなりになる。
まっとうな研究者ならそこそこの蔵書もあり、キコウ本ももってるんですが、死後、遺族が、ほとんどの場合、大学に寄付しちゃって市場には出ないんですよ。
市場にでなくてもいいんです。大学で閲覧許可だせば。
でも、東大なんかは、すぐ、貴重品扱いにして閲覧も不許可にして美術品扱い。
八行本や十行本は参照したくても出来ないのが現状です。
そんなことなら、市場に流して影印出して欲しいものです。
現在、中国でも明版はかなり高い(日本国内とほぼ同じ値段)
宋本ね・・・・夢のようだが、売られてたら、買いたいけど・・・
私の給与で買えるのか?(w

137 :名無しのコレクター:02/04/11 21:47
>>136
趣味で買っているだけなんで、東大に寄贈された本等興
味がない。スマン。
研究もかねて集めるなら、清代極後期から民国成立まで
なんて面白いのではない。革命家のアジビラあたりまで
日本の古本屋に出回っていてねらい目と思うけど。。。


138 : ◆NETA6BB6 :02/04/11 22:05
小道具を忘れるなよ!.
http://www.applehouse-jp.com/c/ken2hkr/index.html

139 :名無しのコレクター:02/04/14 18:48
ゆかぬけたよ

140 :名無しのコレクター:02/05/22 16:14
素人出品者から 即決野郎が即決価格で落札。
2ちゃんねらーが騒いだため仕切りなおしで再出品。

貸本屋時代のマンガ本198冊これは貴重品!
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b23722476


141 :名無しのコレクター:02/05/23 13:00
age

142 :名無しのコレクター  :02/05/24 20:20
 オークションがなければ、これらの本は、ブックオフあたりにもちこまれて、
「値の付かない本」としてはねられたんじゃないか。ゴミとして捨てられて
しまいそうだ。本のきれいさですべてが決まる。

143 :名無しのコレクター:02/05/25 12:16
>140
31万円が限度か?・・・・

144 :名無しのコレクター:02/05/26 14:02
ここ、なんでも鑑定団を見てるみたいで面白いな。
自分はガイア・ギアとかを抜くぐらいだが。
厨でスマソsage

145 :名無しのコレクター  :02/05/28 22:03
 今、51万円ですが、最後のところで、もう一波乱ありますか?・・・・
一冊2500円程度というところですね。

146 :名無しのコレクター:02/05/28 22:20
なにがそんなに珍しいのだ・・・・
一冊二五〇〇円は高いと思うけど・・・

147 :名無しのコレクター  :02/05/29 00:03
>>146

http://kan-chan.stbbs.net/manga/kashihon/main.html

             ↑
 ここを読んで貸本漫画についての知識を得ましょう。
 五十万一千円で決定しましたか。バラ売りすれば、五割増し以上、うまくいけ
ば、倍にはなったと思うが、面倒くさがりやの「廃品回収業者」では仕方な
いか。これが欲しいとなると、競る人が多いから。

148 :名無しのコレクター:02/06/05 09:32
age

149 :名無しのコレクター:02/06/06 11:09
三島の書簡。シリアル入りのやつ。いる?

150 :名無しのコレクター:02/06/06 16:41
>>142
僕 そこでバイトしてるけど、
廃棄本貰いまくり。
マニュアル素人査定だから貴重本に気づかないで廃棄ってのは
かなりあると思われ。



151 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/06/08 05:40
サイン入りの写真集を持っていったが、古本屋じゃ引き取る金額も滅茶苦茶ですね。
それなら、オークションに出す方が利口と再確認しましたよ。

152 :名無しのコレクター:02/06/10 20:42
俺は天野嘉隆のサイン入り『飛天』をまんだらけに持ち込んだところ、1500円買取だった。
ブックオフで500円で買ったやつなんだけどね。

153 :名無しのコレクター:02/06/15 14:11
手製本してる人はいないの?

154 :ベンゼン中尉 ◆fjTeojqQ :02/06/19 21:12
先日、調布の古本屋で井上靖の天平の甍の初版が800円で売ってました。増刷を持っている私は買おうか迷いましたが、中央公論社版の文字が気になって購入を止めましたが。
しかし、出版社が異なる場合の初版は正確には初版とは言わないのです。
世に初めて出された出版社を言うのでしょうね。

155 :名無しのコレクター:02/06/20 23:14
貸し本マンガのカバ無しって価値あるの?

156 :名無しのコレクター:02/06/23 20:36
>>153
やってるよ。革装なんて無理だけど東急ハンズから道具
買ってきて自己流でやってる。


157 :名無しのコレクター:02/07/10 16:57
しかし古書店のオヤジは威張ってるというか、売ってやる、
みたいなのが多い気がする。

「修行」に来てる若いのにまでそれが移ってて、どうにもならん。

158 :名無しのコレクター:02/07/14 05:27
>>157
古本語ると絶対に出る話題の一つ

159 :名無しのコレクター:02/07/15 05:16
でも事実だからなぁ。
何でかな。

160 :名無しのコレクター:02/07/15 12:28
そこそこ大きい店は若い店員より番頭クラスが1番威張ってる。
番頭がおかしい奴だとその下も自然と・・・・
けど良い店は社長・店長ともに頭が低いと思う。





161 :名無しのコレクター:02/08/03 18:57
こんな馬鹿らしいことはもうやめにします。

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)