5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【尊敬?】じいさん&ばあさんの伝説【オイボレ?】

1 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:31 ID:0VoUyn5R
明治・大正・昭和・・・激動の時代を生き抜いてきた人々。
今の私たちの価値観では理解しがたい物語もあるはず。
生き字引か、一世一代の伝説か?
ホラかもしれない??
あなたは尊敬しますか?それともクソジジイorクソババア??
そんなじいさん、ばあさんを語り継ぐスレ。

 じいさん・ばあさんの名前ネタはここで。
http://life.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1015344797/

2 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:33 ID:+/Q7O13b
じいさんはラストエンペラーと話しをしたことがある

3 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:33 ID:k0kZ2h5S
うちのじいさんは1日に何度もご飯を食べます。

4 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:34 ID:UwE+eFVc
>>2
うちのじいちゃんなんて日本のエンペラーと話したぞ。
昭和天皇から紫綬褒章(?)とかいうのをもらったらしい。
何でもらえたのかはよーしらん。もう死んでるし。二人とも。

5 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:45 ID:iGXtBGiP
うちのおばーちゃんはキツネ憑きだったよ(マジ

6 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:49 ID:bnsK/Wp5
うちのじーちゃんはエンペラー吉田と話したぞ。

7 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:50 ID:47ihdm1j
うちのおばーちゃんは何でも食べようとします(泣

8 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:54 ID:UwE+eFVc
>>5
そ・・それは精神が病んでいたのでは?


9 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/06 23:59 ID:kmEVQqkO
エンペラって食いもんなかった?

10 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 00:01 ID:iLkaWouW
最初は騎兵隊かなにかで皇居警備していたじいちゃん。
戦状悪化のためか、南方に配属になり
赴いたじいちゃんは、あっという間にマラリヤにかかり
一個隊ぜんぶ亡くなったにもかかわらず
命拾いで帰国できたそうでありますっ!


11 :-:02/03/07 00:04 ID:873VqvSc
そういえばうちのばあちゃんは死ぬ一ヶ月ぐらい前に、普段話さなかった
先祖の話しを延々と私に話し始めたぞ。
うちのかあちゃんは、年寄りが昔のことを話し始めたら先が短いとかいってた
けど本当だったな。

12 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 00:18 ID:NsH9KFAC
>>11
舅は10年間同じ昔話を私に聞かせ続けます。
お迎えはいつ・・・。

13 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 00:19 ID:CSmJGorJ
必ず来ますので、はやまらぬよう>>12

14 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 00:22 ID:nKcmk2UR
数年前104歳で亡くなったひいおばあちゃん。
102歳ぐらいのときに、わたしおなか空いてたんで、近所のコンビニで
かっぱえびせん買ってひいおばあちゃんのそばでぼりぼり食ってたら
ひいおばあちゃん「それは、ぽてとちっぷす ていうやつか?」
わたし「ちがうよー。これはかっぱえびせん」
ひいおばあちゃん「ひとつおくれ」
わたし「はい」
ひいおばあちゃん「・・・・」
わたし「・・・・」

どうやら、100歳超えて生まれて初めて「かっぱえびせん」を食べたらしい。
しかもあまりおいしくなかったらしい・・・。

15 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 00:23 ID:CSmJGorJ
カラムーチョ、食べて欲しかったナ

16 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 00:25 ID:tCRjT5OV
名前スレの1です。
うちのばーさんは、関東大震災と大東亜戦争を生き延びただけでもスゴイと思う。
地震は関東地方だったけど直撃ではなかったし、当時はヤングだからまあいいとしても(?)、
戦争では空襲で家が燃えちゃった!しかもその時点ですでに寡婦(じーさんは10年程前に没)、
子供が4人!ひー。

17 ::02/03/07 01:14 ID:ULyW+pVg
 >2よ
 そのじいさんは溥儀(ラスエン)と何を話したかきいてないか?




 オレダケ?

18 :2:02/03/07 01:17 ID:vy7L8Xvs
職務上の秘密で教えてくれませんでした。>>17

19 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:22 ID:rjJyqQUi
ウチの爺ちゃんは、真珠湾攻撃の頃東京湾上で
通信士をしていたそうだ。
下士官程度の身分だったから多くは知らなかったけど、
近々大変なことになるらしい…ってのは肌で感じてたとか。

老人に戦争体験を聞くのは、過去の嫌な記憶を呼び覚ますからやめた方がいいって
言う人がいるから、私はあまり聞かなかったんだけど、
爺ちゃんが死んでから、彼が17で志願して入隊し、
国のために戦ったことを最後まで誇りに思ってた事を知った。
もっと、色々聞いておけば良かったなーと思う。
爺ちゃんが健在な人は、いっぱい話をした方がいいよ。


20 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:25 ID:nKcmk2UR
>>19
うちのおじいちゃんは、戦争のはなしをよくするし、「戦争のことでわからんことが
あったら、なんでも聞け」っていうけど、身近で大好きなおじいちゃんだから
「何人ぐらい殺したの」なんて絶対聞けない。知りたくない。人を殺したんだろうなって
思っただけで泣きそうになる。

21 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:26 ID:p+Loq6iz
うちのばあちゃんは、山菜・キノコ採りが趣味で
山に入ると25歳のわたしよりも高速に移動できます。
山をおりると普通のばあちゃんです。

22 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:27 ID:vy7L8Xvs
そうなんだよ。戦争で生き残ってるって事は
殺してるって事だから、仕方なかったとはいえ、聞けないね。

23 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:28 ID:T3hNf+jV
うちの婆さんは戦争前にドイツ人と文通で不倫をしていたことが自慢

24 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:30 ID:p+Loq6iz

婆ちゃんの話を聞いていたら
『だれそれは100まで生きて、その人の刀をさしたら長くて
地面にずるびった(ひきずった)。だれそれは背が高かったから』

などというのでいつの話か聞いたら明治維新の前の話だった。
婆ちゃんの婆ちゃんぐらいの時代の話らしいけれど、そんな話を
急にされても分からないよ…。

25 :-:02/03/07 01:32 ID:BVn4w3CK
戦争っていうのは殺し合いなんだから、ナマ言ってんじゃあねえよ、>>20>>22
もよう。殺さなきゃ殺されるんだよ。

26 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:33 ID:p+Loq6iz
葬式がえりに提灯が近寄ってきて、親戚の人だと思って
葬式饅頭を分けてあげたけれどそれが本当はキツネで
化かされて饅頭とられたという話を聞いた。

婆ちゃんの話。

27 :19:02/03/07 01:33 ID:rjJyqQUi
>20
何人殺したか…ってハナシは複雑ですよね。
ウチの爺ちゃんも、入隊して8年はアジアの方で
所謂「侵略」をしてたようです。

何人殺したかは聞けなくても、
今の爺ちゃん達の世代が居なくなったら風化してしまうモノが
あるんだから、ソレをちょっとでも語り継げたらいいなーって
思うんですよね…

28 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:34 ID:p+Loq6iz
名スレ。

敬老あげ。

29 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:35 ID:Bxaa2VRT
でもさ〜孫には優しいじいちゃんが
戦争中にひとを殺してる姿、やだよ。
じいちゃん殺されなかったから自分が存在してるんだけどね。

30 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:48 ID:qV1zffCM
明治生まれのじーちゃんは「刃物」を手にもったときだけ手が震えていた。
戦争中のことを思い出すからだと言ってた。
いったい何をしたのか、もうこの世の人ではないから聞くことはできない。

思い出したくない過去は誰でもあるとはいえ、それが「人殺し」だなんて
辛かっただろうなぁ。戦争中は「人殺し」とは言わないのだろうけど。

31 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 01:50 ID:Bxaa2VRT
強姦や虐殺や、おぞましい過去、あるんだろなぁ

32 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 02:05 ID:Bi5gFDeZ
祖母は三姉妹。
戦時中、まだ15〜20歳位の少女達だった三姉妹は
疎開先でど〜しても甘いものが食べたくなり、
相談した結果、曽祖父が使ってる枕に入っていた
小豆を煮て食べよう!!という事になったらしい。
もちろん枕の中身に使っていた小豆でキレイじゃないから、
何度も何度も水を替えて煮たそうだ。
しかし、一生懸命煮たけれど結局その小豆は
とても食べられるような代物ではなかったらしく
泣く泣く捨てたらしい。

この頃の、三姉妹次女(当時16歳くらい)の名言:
「戦争が終わったら、どんなに年をとって
"モダンババァ"って陰口叩かれても、
私は一番にパーラー(喫茶店)に行ってケーキを食べる!!」
モダンババァって・・・幾つになるまで
戦争を続けるつもりだったんだ・・・と今では笑い話になっていますが。

33 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 02:06 ID:3mxQfVVp
母方のひいおじいちゃんは海軍のお偉いさんだったらしい。
開成→東大で顔もそこそこだったので港港に女がいた。
戦後、裁判にかけるために捕まって獄中にいたそんな浮気者なじいさんに
ひいおばあちゃんは、面会の際に黒蜜をつめておいた歯磨き粉の
チューブを差し入れてあげた。

34 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 02:10 ID:0ewzNzpF
私の祖父母は全滅しちゃったからわからないけど、舅、姑はもろ戦争時代
を生きた人だから、戦争の話を聞くとすごいリアルです。

姑は女学生時代鹿児島で空襲に遭い、皆、弾をよけながら必死に逃げまわる中、
すぐそばの女性が横腹に弾が直撃、血だらけになりながら姑に「助けて〜!」と
叫んでいたらしい。けれども怖さが勝って人を助けてあげられる余裕もなく、
固く目をつぶって逃げた。
今でもすごくそれを後悔している姑。あのときの女性の顔、叫び声が忘れられないそう。
けれども私はその話を聞いてもそれを決して責めることはできない。
自分の命を守るのに必死だった時代だものね。むしろ姑もつらかっただろうなぁと
思う。舅はごはんに何かをかけて食べるということが大嫌い。どんぶり、お茶漬け、
カレー類などを嫌う。かぼちゃもあまり食べない。これも戦争時代のトラウマなんだろう
なぁと思うよ。
戦争の話をしたときに最後に必ず二人が言う言葉。
「戦争は二度と繰り返してはならない」

ホント、そうだよね。


35 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 02:31 ID:0zY226Iz
今では完全にボケて会話できないうちのおばーちゃん。
5年くらい前はかろうじて喋る事ができた。当時も世話してる娘の顔すら分からない状態。
しかし、テレビで明石家さんまがでると
「この人は昔うちの近所に住んでた、よく知ってる」と語っていた。

勿論おばあちゃんとさんまの接点はまったくないのだが。

36 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 02:36 ID:AsY1DMTY
昔、曽祖父が祖母に出兵時(日露戦争)の話を色々してくれたそうだ。

日本海を渡る際に海が荒れて船内で軍馬が暴れて大変だった話
(カタギの者には暴れ馬を静める事が出来ず、ヤクザ方面出身者が活躍したらしい)、
行軍中に飲み水に事欠き、軍馬の蹄跡にできた水溜りの上に
ハンカチを置いてその水溜りの上澄みを飲んだ話、
お風呂に入りたくても入れないので夜中に抜け出して街の噴水に入った話(因みに冬)、
日本軍は綿のゲートルなのに米軍は暖かそうなウールのゲートルなのが羨ましくて
皆でコソーリ米軍宿舎に忍び込んでゲートル盗んだ話・・・などなど。

曽祖父はいろんなエピソードを聞かせてくれたみたいだが
殺す殺されるという生々しい話はあまりなかったらしい。
でも、長い間、曽祖父は夜中や朝方うなされて大声出してたんだって。
昔の記憶が夢に出てきていたのかもしれないね。

37 ::02/03/07 22:25 ID:r7wczYKH
 アル中のジイが、とある日防寒対策してバッグ肩にさげてなんだか半身を
ひきずった格好で自分の部屋から居間へやってきた。引き戸を開ける手も
おぼつかない上になんか挙動がおかしい。そこで親父がジイに一言・・・。

「アタッテンじゃねーのか!?(;゚д゚)」

・・1人で病院(数キロ先)へ行こうとしていた。
その他伝説多数。

38 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/07 22:49 ID:95W3iit/
うちの死んだジジイは99式艦爆に乗ってたことと
「君が金子二飛曹かネ」と
一度だけ山本五十六長官に声を掛けられたことがエラくご自慢で、
予科練の歌と共に百万回くらい聞かされました。

39 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/08 04:40 ID:0L7bpB+8
この前ばあちゃんが寝言で「学校に遅れてしまう」とあせってた。
ばあちゃんが女学校に通ってたのは70年前。
ちょっと可愛かった。

40 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/08 05:21 ID:GyGU+Snf
もう死んじゃったんだけどお祖父ちゃんは戦前から学校の校長先生だった。
戦争中は教え子がたくさん死んでいってとても辛かったと言ってた。
本来なら自分のような大人が行くべきなのに
若者達が自分より先に死んでいくのが悲しかったって。
戦後は戦争孤児の為の施設を作って子供達を受け入れてた。
お金が無くてお祖母ちゃんは大変だったとぼやいてたな。

41 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/08 07:31 ID:fhdxA1zs
うちのばあさんは満州生まれで、日本に引き上げる途中に船が爆撃された。
二隻あったうちの一隻は沈没して、残った一隻に載っていて助かった。
帰国してからも身を寄せる場所もなく、肩身の狭い思いをしたらしい。
食べ物なんか何もなくて、民家の川下で、お百姓さんが洗ってる野菜のクズが
上流から流れてくるのを食べたりしてたそうだ。
学校でもお弁当の時間は、いっつも校庭の隅で膝をかかえてたと。

42 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/08 21:32 ID:y3rV/sMx
ひいじいちゃんが、明治時代に東大が招聘したイギリス人教授の
カバン持ちをしていたので、じいちゃんちには珍しい外国の
おみやげなんかがたくさんあった。

で、その先生はイギリスに帰っちゃったんだけど、どうしても
日本製じゃないと我慢できなくなってしまったあるモノがあって、
ひいじいちゃんは先生が死ぬまでそれをイギリスに送り続けて
いたそうだ。

そのあるモノとは落とし紙(トイレットペーパー)。向こうのは
固くてダメなんだそうで。

43 :おさかなくわえた名無しさん :02/03/08 22:11 ID:6wFyhOq0
うちのおばあちゃん(80歳)女学生時代にテニスをやっていたらしい。
まずしい農家の出でそんなハイカラなことしてたなんて・・・
最近思い出してぼそっと言ったんだけど、父も「初めて聞いたぞ」って
びっくりしてた。

44 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/08 22:26 ID:2CA7afvw
伝説ってほど古い話でもないが。
その昔ばあさんはウチの妹が食べようとしていたラーメソに入れ歯乗っけた。
なんでだ?
ちなみに古い話だと、
じいさんは戦前にアルコールで身体を壊して「あいつはダメだ」と言われて赤紙が来なかったそうな。
いいんだか悪いんだか。

45 :hh:02/03/08 22:27 ID:mRrLdOvb
----------------------------------------------------------------------------------------
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい!
http://www.blacklist.jp/ 
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ 
----------------------------------------------------------


46 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/08 23:18 ID:IyAyvMTo
祖父の首には弾丸がかすった痕があったよ。
ヒーー!輸送隊(っていうの?)スマトラ島で救援物資を運んでいる時に
捕虜にされて、いろいろ辛い事もあったみたいだけど最後は畳の上で
孫に囲まれて大往生・・・最高だよね。
関係ないけど曾祖父は通訳だったらしく、家に雇い主の犬養毅が書いた掛け軸がある。
いっぺん「なんでも鑑定団」にだしてみたいなあ。

47 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/08 23:30 ID:FGUhPjq1
1度だけ、自分がリアル消防時代に祖父に戦時の話を聞いた事がある。
祖父が子供時代の写真をなにげなく見ていた時に
いつも祖父と一緒に写っている男の子がいた。
祖父に尋ねると、その男の子は祖父の弟で特攻のパイロットとして戦死したとか。

その話をしていた時の祖父の、遠くを見つめるような、悲しそうな目が今でも忘れられない。

48 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/09 00:30 ID:Or0wctl7
ウチのおばーちゃんは若い頃潜水夫の助手をしてた。
グランブルーなんかに出てくるけど、舟の上からホースでつながって
潜ってる潜水夫に、手動送風機で空気を送る役ね。
あれは当然、地上の空気をそのまま送るんだけど・・・
ばーちゃんうっかりオナラしちゃって、潜水夫さんクサーで
窒息しそうになったんだそうです。
75年も前の話だけど、親戚集まると必ず出てくる。

49 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/11 09:35 ID:jAOgG4jh
もっと聞かせろage

50 :14:02/03/11 09:42 ID:iu9v6zwK
ひいおばあちゃん、明治生まれ。
お正月とかに、いい着物着せてもらってのおでかけの時、心斎橋を通るときには
橋のまんなかを歩くように言い聞かせられたらしい。
なぜかというと、橋の両側にこ○きの人がたくさんいて、着物をねたんでツバや
汚物をぶつけたりするかもしれないので、とのこと。
明治の心斎橋なんか想像がつかんぞ。

51 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/11 10:51 ID:lTeSUf5g
満州に行ってた父方の祖母は
残留孤児のニュースあってたときに
ぼそっと一言
「私の子供が出てきたら、と思うと・・・」
実は父と叔母以外に、満州に残してきた子供がいるらしい。
父は50年間その事実を知らずにいたので
相当ビックリしていた。そりゃそーだ。
満州話はいつ聞いても凄い。

52 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/11 11:30 ID:IqV40F3B
私の父は今年で76歳。
こちらに登場された、おじいちゃん、おばあちゃんに比べると5歳〜10歳下の
年代になるのでしょう。
そのため私の父は戦地へ赴くこともなく、東京の下町の工場で丁稚奉公をしていた
そうです。
しかし、少年なちゃら隊とかいう軍直下の組織に入れられたりしたそうです。

東京大空襲の時は、吉原のアンマ池に女工さんの死体が累々。隅田川も死体
が累々。公衆便所の中は灼熱地獄の苦しみから逃れようと、死体の中にもぐり
こんだためか、上から下までビッシリとイワシの缶詰のように、死体が埋まって
いたそうです。
当時のほとんどの大人たちは戦争へ行っているので、12歳〜15歳ぐらいの
子供たちが、空襲後の死体をトラックへ積み、野焼きしたりしたとのこと。

食べ物が無かったので野良犬を食べた話とか、猫を食べようと鍋にしたら泡が
出てきて猫のたたりと思った話とか、生きるのに必死と言う感じでした。

しかし戦後は消防ホースで回しを作って相撲を取ったり、白井義男と同じボクシング
ジムへ通ったり、日本人女性のパンスケを連れて、浅草をデカイ面で歩いていた
アメリカ兵と喧嘩をしたりと、結構楽しく暮らしていたようです。

こんな経験をして来たのですから、明治、大正、昭和一桁生まれの日本人は
強いはずです。
元機械工なので腕っ節が強く、父61歳、私25歳(ベンチプレス100kg)の頃に、腕相撲
をしたら、父は笑いながら相手をして全く歯が立ちませんでした。
70歳の頃には、オヤジ狩を得意のボクシングで撃退し、地元の警察署(父は町内会役員)
から、「そろそろ良いお年ですからいい加減になさってください」と呆れられてました。

私も含めてですが、この下の年代の60代、50代、40代が日本をダメにしている気がします。

53 :おさかなくわえた名無しさん:02/03/11 15:24 ID:rn0mklUH
戦争を潜り抜けてきた人達って超人的だよな・・・
違う次元で生きてる感じ

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)