5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

†ハムスター成長日記†

1 :  :02/06/19 22:57 ID:v7lCgcsQ
幼い頃、気まぐれにハムスターを飼い始めた。
つがいの内一匹は、買って来た翌日に回し車の下に蹲って死んでいた。
親に駄々をこねて代わりを買ってもらい、幸いにして、そのハムスターは死ぬことなく順調に育った。
やがて腹に子を孕んで、数週間後に七匹程の子供を産んだ。
ただし一匹は出産直後に親に食われてしまったので、実際の数は六匹となるのだが。
そして内一匹は、頭が小さく尻が肥大した奇形児だった。
ともあれ、六匹の子供は鼻を齧られたり、耳を食いちぎられたりしてかたわになりながらも、健やかに、鬱屈しながら大きくなった。

ある時、初期のつがいの内の一匹が檻から逃げ出したので、躍起になって探した。
数時間後に漸くハムスターは見つかった。死体で。正確にはたった今死体になったといったほうが正しい。
皮肉にも足許にいたことに気付かずに、ドアを閉めたところに運悪く挟まってしまった。
苦しみもがき、七転八倒しているところを抱きとめると、ぐったりとして動かなくなった。その後数秒して、尿と思しき体液が滲み出てきた。
過失にせよ、紛れも無く俺が殺したのだ。命を奪った、終わらせたのは俺だ。

更に残りの7匹が、何を思ったか共食いを始めた。
日に日に数は減っていき、前述した奇形児も頭を食いちぎられ、内臓は全て食べられて、無残な皮のみとなっていた。
死体の数が一匹、又一匹と増えていく中、最後にこの蟲毒を征したのは、最も初期の、つがいの内の一匹だった。
殺し合いに勝利した王には、時間にして一週間程、毎日瑞々しい野菜を与え、室内で快適な生活を送らせた。
そして一週間後の同じ時刻に、交通量の多い道路に王を放した。その行為に、意味は無かった。
五分ほどして、ふと道路に目をやると、王は車に潰された轢死体となって死んでいた。
胸には喪失感と陰鬱な哀愁が漂っていた。

2 : :02/06/19 23:00 ID:???
      ∧_∧    ヽ(。、::。.::・'゜・' )〆     .'  ,    ∧_∧
      ( ´_ゝ`)__ ( 。、 ::。 ).。::  θ)  .∴ '      (    )
     r'⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ (。、::。.::・'゜。'゜ )ゝ    ・,‘ r⌒>  _/ / >>1
     |   ̄ ̄ ̄ ̄ ) ヘ( 。、 ::。 )ヽ       ’ | y'⌒  ⌒i
     \   │     ’ Υ  γ ヾ       |  /  ノ |
       ヽ   │                     , ー'  /´ヾ_ノ
       (    ヽ   うるせー           / ,  ノ
        \  \\               / / /
          \  ヽ ヽ             / / ,'
            > ノ ノ           /  /|  |
          / /| /           !、_/ /   〉
         / // /                |_/
        /__// /__
      〈_ __) _ __)




3 :名無しさん:02/06/19 23:35 ID:???
俺日記だね。
http://life.2ch.net/yume/

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)