5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

聖書の中の面白い文章

1 :名無しさん@3周年:03/02/03 16:15
をかいてください

2 :名無しさん@3周年:03/02/03 16:16
詩篇37の21

「主に逆らうものは、借りたものも返さない。」

なんでやねん

3 :名無しさん@3周年:03/02/03 16:26
>>2 それはローマ書13章1〜10節 を読むと分かるよ

4 :名無しさん@3周年:03/02/03 16:52
申命記25−11

組み打ちの場合

二人の男が互いに相争っている時、
一方の妻が近づき、夫が打たれるのを救おうとして、
手を伸ばし、相手の急所をつかんだならば、
その手は切り落とされねばならない。

5 :名無しさん@3周年:03/02/03 16:53
ひでえ

6 :名無しさん@3周年:03/02/03 17:51
旧約は文字どおり読むものではありません。『教父バルナバの手紙(カトや正教の聖伝の一つ)』を参照してください。

7 :名無しさん@3周年:03/02/03 18:00
>>6
いちいちマジレスするなよ
バカっぽい、なぜか笑える箇所を楽しみたいだけさ

8 :名無しさん@1周年:03/02/03 18:12
>>7
しかし、切られた女もいるんだ。
ついでに言うと、「彼女を憐れんではならない」
念を押している。
この意味を考えてみるのもよかろう。

9 :名無しさん@3周年:03/02/03 18:17
>>8 これは、旧約の律法全体をちゃんと理解しないと難しいところだそうで。
ユダヤ人が文字通り同じことをしているというのではないんだけど
(もしそうなら、何のために律法学者がいるんだ)

「隠しどころをつかむことは、その男が子孫を残すことを阻むことを意味
します。したがって、その罰は厳しく、手を切り落としなさいというも
のです。」

10 :名無しさん@1周年:03/02/03 18:25
>>9
引用の出所は何ですか。
旧約聖書には、「憐れんではならない」という言葉
は他にもあったように記憶している。
例えば、他民族に対する戦い(聖絶だろう)とか。


11 :名無しさん@3周年:03/02/03 18:33
>>10 

>「憐れんではならない」という言葉
>は他にもあったように記憶している。

たくさんあるよ。神の聖は背くものには容赦がないから。異邦人である
我々には、キリストの赦しを通じてそれが理解されるわけだが。

我々が旧約だけ読んで「酷い酷い」言ってても何にもならない。


12 :名無しさん@3周年:03/02/03 18:50
シラ書13:14

それにしても、格言作りは、骨が折れる。

13 :名無しさん@3周年:03/02/03 19:06
>>12 オモシロイ
シラ書って何?66巻の中にはないですね
外典?偽典?

14 :名無しさん@3周年:03/02/03 19:41
ベン・シラ。別名集会の書。
13:14
生きとし生ける者は全て同類を好む。
人はその隣人を愛する。

15 :なんていい言葉だ:03/02/03 21:25
シラ書〔集会の書〕31章 27〜28節
酒は適度に飲めば、人に生気を与える。
酒なき人生とは何であろうか。
そもそも酒は、楽しみのために造られているのだ。
時をわきまえ、適度に飲む酒は、心を浮き立たせ、人を陽気にさせる。

16 :名無しさん@3周年:03/02/03 21:28
ケツの周りの毛は剃ってはならない

17 :名無しさん@3周年:03/02/03 21:32
>>10

聖絶の場合は、罪深い異民族(他の神をあがめる異教徒)を滅ぼすという
よりも、土地や家畜を略奪するための「侵略」だった(ヨシュア記)わけ
だから、単純に憐れんではならない、というのとは違うんじゃないかな。
旧約の場合、神(とその神の命を受け殺戮や略奪を繰り広げる人間たち)
が徹底的に残虐になる場面が結構あるけど、その背景には意外に「人間の
事情」も見え隠れしているんだよね。


18 :名無しさん@3周年:03/02/03 21:34
聖書は文章が下手すぎる。子供の頃からそう思ってる。
翻訳が悪いというより、元の文章がなってない。
マタイもルカも、文章はトーシロだからしょうがない?

19 :というか:03/02/03 21:43
>>18

書いたのかなり昔の人だからね
文学的なセンスも違うんじゃないの、
今と数千年前じゃ。

20 :名無しさん@3周年:03/02/03 22:16
 モーセも大変だなあ、と思うところ。自軍が勝つまで手を下ろせなかったと・・・

出エジプト記17章11-12節
モーセが手を上げている間、イスラエルは優勢になり、手を下ろすと、アマレクが優勢になった。
モーセの手が重くなったので、アロンとフルは石を持って来てモーセの下に置いた。モーセは
その上に座り、アロンとフルはモーセの両側に立って、彼の手を支えた。その手は、
日の沈むまで、しっかりと上げられていた。


21 :名無しさん@3周年:03/02/03 22:31
>>18 

>元の文章がなってない

ヘブル語とギリシャ語が読めるのか?すごいな(w

22 :名無しさん@3周年:03/02/03 22:33
>>12
まちがえました
訂正
× 13:14
○ 13:26


23 :名無しさん@3周年:03/02/03 22:44
創世記第4章 第1節

さ て 、 ア ダ ム は 妻 エ バ を 知 っ た

24 :これ最高:03/02/03 23:22
「はげ頭、上って行け。はげ頭、上って行け」
(列王記下2:23)

でもこの後に恐ろしいことが起こるのよね・・・
大人げない・・・

25 :名無しさん@3周年:03/02/04 00:42
>21
読めるわけないだRO! 日本語で意味だけ拾っても、
下手であることに変わりはない。
いろんな翻訳書を読んできたが、原文が中国語であろうと
フランス語であろうと、聖書ほど文章がわかりづらい本は珍しい。


26 :名無しさん@3周年:03/02/04 01:10
主人が旅に出る前に、奴隷だか召使の三人に金を渡して、
旅から帰ってきて、金を大事に持ってた召使をけなして、
金を増やした召使を誉めるところがあるじゃん?
さすが、利殖の鬼・ユダヤ人、と思ったよ。

27 :名無しさん@3周年:03/02/04 01:51
>利殖の鬼・ユダヤ人、と思ったよ。

 ユダヤ人の賢いのは、自国の民からは利子を取らないことだよ。
自国の民、自分の同朋に対して高利を許す国は滅びるかもね。高付加価値の商品を
外国に大量に買ってもらう日本が無くなって、消費者金融が蔓延ってCMジャンジャン
流す日本は、それだけでも滅びだよ。日本人はユダヤ人に及ばないのか???
日本人は愚かなのか? 全く情けないことだよな。

28 :名無しさん@3周年:03/02/04 01:54
わたしにとって、驚くべきことが三つ
知りえぬことが四つ。

天にある鷲の道
岩の上の蛇の道
大海の中の船の道
男がおとめに向かう道。

(箴言30:18−19)

この時代からオチってあるんだよね。
縦読みすると「天岩大男」ってのも笑える。

29 :28:03/02/04 01:57
もひとつ、箴言から。


乳脂を絞るとバターが出てくる。
鼻を絞ると血が出てくる。

(箴言30:33)

なんじゃ、そりゃ!(藁

30 :聖書うなごん:03/02/04 20:24
>>18
>>25

聖書を原語で「読めるわけないだRO!」
なんて豪語することじゃないよ。

読める人、日本にもいっぱいいるし、
ちょっと勉強すりゃ、PCあれば聖書を
原語で読むのは、結構簡単なことだよ。

あとさ、紀元前何千年という時代に
あんな文学的技巧を使って文章を
書き残せるということはやっぱり
文学史的に評価されるべきだと思うし、
新約もさ、伝記でも、ただの神話でもない、
「福音書」なんて新たな文学ジャンル
を作っちゃったんだから、たいしたもの
じゃないかな?

「聖書に書いてあることなんか、宗教的
に嘘っぱちで信じるに値しない」とか
いう主張ならよくわかるけど、
「聖書ほど文章がわかりづらい本は珍しい」
という主張には、
「あんたがセンスないんじゃないの?」
という答えが返ってくるだけだと思うけどな。

ま、キリスト教と縁がない日本の国立大学でも
聖書は古典研究のテーマになり続ける書物だから
もう少し深く読んでみたら。信じる信じないって
ことは別にしてさ。

31 :名無しさん@3周年:03/02/08 13:54
人はわたしに苦いものを食べさせようとし
渇くわたしに酢を飲ませようとします。

なんか酢っておもろい

32 :wise:03/02/08 13:57

ヨハネの黙示録。

書いてること全て無茶苦茶。

あれを読んでても、聖書にあることは全て正しいなどというものがいるのが信じられん。


33 :名無しさん@3周年:03/02/08 14:05
>>31 それは十字架の預言のところだな
酸いぶどう酒を飲ませようとしたという・・・

34 :名無しさん@3周年:03/02/08 14:08

>>33
飲ませてもらえるだけありがたく思え


35 :名無しさん@3周年:03/02/08 14:13
>>26 利殖は金のことじゃなくその人のタラント(=タレント=能力の語源)
っていう意味なんでしょ。

36 :名無しさん@3周年:03/02/08 14:14
つか、それ以前にユダヤ教は新約聖書よまないだろ>>26

37 :棄教者 ◆egKIKYO7cg :03/02/08 17:06
>>33
喉が渇いた。

38 :名無しさん@3周年:03/02/09 20:13
新改訳で「あなたがたは、うなじのこわい民だから…」みたいなところがあった
ような気がする、うなじのこわい民ってなんだろうと思ってました、
新共同訳では訳文が変わってたと思いますが
箇所は、何処だか忘れました。

39 :名無しさん@3周年:03/02/09 20:46
うなじの中の人も大変だな。

40 :名無しさん@3周年:03/02/09 21:13
>>38
うなじ=首
こわい=硬い
という意味ですよ。

41 :名無しさん@3周年:03/02/09 22:19
なんで首の固さが問題になるの?
あと関係ないけど、「バアルの神殿の神殿男娼が云々」っていう箇所読んで
ちょっとハアハアしてますた…いや、神殿男娼って何するんだろうとか色々と…
ゴメンナサイ。


42 :名無しさん@3周年:03/02/10 08:35
うなじがこわい=新共同訳では「かたくなな」

御言葉に従わない(主の命令や主の定められた権威をアーメンとしないもの)の意味

43 :名無しさん@3周年:03/02/10 09:35
神殿男娼とあんな事こんな事
ハァハァ

44 :名無しさん@3周年:03/02/10 09:53
>>41
首が硬いと後ろに振り返ることが出来ないだろ。
つまり神様に顔を向かないということ。

45 :名無しさん@3周年:03/02/10 09:54
使徒20:9
初代教会の昔から説教が長くて寝るヤシはいたのだ、ととても安心します(w

46 :名無しさん@3周年:03/02/10 11:02
レビ記 13:40
男の頭の毛が抜けても、それははげであって、その者はきよい。

ハゲは罪ではないってサ。

47 :名無しさん@3周年:03/02/10 21:52
>44
なるほど!!!!

48 :名無しさん@3周年:03/02/10 22:40
>>45 わ、わかる。
その青年と、教会の特定の人のキャラが被る・・・

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)