5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生長の家について語り合いましょう(2)

1 :アクエリアン:2001/06/28(木) 00:05
私は生長の家の教えに多大の影響を受けました。
教祖である谷口雅春師の「生命の実相」は、いま現在の私の生きる原動力になっています。
私は、現在は、信徒ではありません。
最も影響を受けた教えというのは、万教帰一という教えでしょうか。
すべての宗教は、本来、同一の真理を説いているのであり、表面的に異なって見えるのは、
教祖の時代的制約によるのであり、その根源の教えは、みんな同じなのだ、という大らかな
教えです。この非常に宗教に対する柔軟な姿勢を教わったことは、その後、宗教を学ぶ際に、
大変有益だったことはいうまでもありません。
文明の対決が懸念される21世紀に、この生長の家の教えが果たす役割は大きいものが
あるのではないでしょうか。

信徒の方、元信徒の方、あるいは、谷口師の愛国の思想に影響を受けられた方、
様々な方の、生長の家や谷口師の印象、影響、現在の生長の家についての感想など、
いろいろと書き込んでいただけたらと願っています。

生長の家から、さらに他の宗教へと移られたかたの投稿も大歓迎です。
生長の家のどこに不満を感じられて、他の宗教に移られたのか、そういうご意見も
お聞きしたですね。それを読まれた生長の家の信徒の方の反論をお待ちしています。

2 :73:2001/06/28(木) 00:07
かると

3 :アクエリアン:2001/06/28(木) 00:10
以前のスレッド
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=976997309&ls=100
は限界容量を超えているのではないかというご指摘がありましたので、
移動しました。
今後は、このスレッドでお願いします。

4 :アクエリアン:2001/06/28(木) 01:39
新しいスレッドへの移行を記念して、アンケートを行いたいと思います。
その内容は、次のようなものですが、

◆最も影響を受けた谷口雅春師の著作ベスト5

みなさんが人生で影響を受けた谷口師の御著書の中で、最も大きな影響を受けた上位五冊
を挙げていただければと願っています。そしてその理由なども簡単に書いていただければ谷口師の
思想のどこに人を惹きつける魅力があったのかもよく分かるのではないかと思います。

◆生長の家の歌で最も好きな歌を挙げて下さい(いくらでも結構です)。

◆あなたの人生に影響を与えている生長の家の教えはどういう教えですか?

◆生長の家の運動形態として、愛国主義、天皇信仰を運動の根幹に置くべきだと思いますか?

◆今後の生長の家に対して、何か提言があれば書いて下さい。

5 :むもん:2001/06/28(木) 08:46
>>◆今後の生長の家に対して、何か提言があれば書いて下さい。

谷口雅春先生の言葉は先生所有の一つの川に例えることが出来ると思います。その川の両
岸の砂には大量の真理と言う砂金が混ざっています。先生は言います。「誰でもこの川の
砂金を持っていってもいいですよ」と。そこへ、私たちは真理という金を拾いに行くので
すが、すると当然次のような間違いが起きます。

【その川岸にとどまれば、金が手にはいると思っている人。】
【砂と金の分別がつかず、砂をだけを貰ってくる人。】

また、これらの人たちを見て「生長の家」という川を批判する人が出てくると思うので
す。谷口雅春先生は次のように言っておられます。

『わが持てるライターは小さくとも、諸君のかざしていられる大小さまざまの炬火に灯を
点ずるには役立つだろう。わたしはこの小さなライターをすりつつ、神秘の世界の内陣へ
と人間が近づいてゆくお手伝いをさせていただこうとこの光明の心理を書いているのであ
ります。』

このライターの火(光明の真理)を貰ってくるべきだと思います。

6 :アクエリアン:2001/06/29(金) 01:33
◆最も影響を受けた谷口雅春師の著作ベスト5

○「青年の書」
高校生の時読み、特に、「内部理想を生かせ」という言葉に感銘を受けた。

○「生命の実相第七巻(生活篇)」
これも高校生練成会のテキストになっていたので、練成を受けた時以来、ずっと座右の書に
なっています。「朝の時間を生かせ」「「今」を全力を出して戦いとれ」「背水の陣を布け」
「わが心の王国を支配せよ」「共通的生命の歓喜のために働け」「艱難を光明化せよ」などなど、
人生を生きていくための「哲学」を得たように思います。何よりも、谷口先生の文章の行間から
漂ってくる何とも言えない神々しい香りに感化されたように思います。

○「限りなく日本を愛す」
学校などでは絶対学ぶことが出来ない天皇信仰というものの理論的根拠と、さらにそれを超えた
日本人として当然持つべき天皇への敬愛の念、信仰の拠り所を与えてくれたことに感謝。

○「占領憲法下の日本」
現憲法がいかに出鱈目なものか、日本の歴史伝統を無視して作られたものか、などなど、現憲法を
批判的に見る視点を教示してくれた。三島由紀夫氏の「序文」にも感銘を受けた。

○「愛国は生と死を超えて」
三島由紀夫氏の自決を追悼して、三島由紀夫氏の行動を生長の家の立場から分析、解説した著作。
これを読み、三島由紀夫氏の思想に興味を持つきっかけを得た。

7 :アクエリアン:2001/06/29(金) 01:36
◆生長の家の歌で最も好きな歌を挙げて下さい(いくらでも結構です)。

○「使命行進曲」「宇宙荘厳の歌」

◆あなたの人生に影響を与えている生長の家の教えはどういう教えですか?

人間は死んだら終わりではなく、肉体を超えて生き続ける永遠不滅の霊こそが本当の人間なのだ、という
教え、思想。この確信を得れば、より長いスパンで人生の計画を立てることができ、何が自分にとって
最も本当に利益になるのか、ということが分かってくる。

◆生長の家の運動形態として、愛国主義、天皇信仰を運動の根幹に置くべきだと思いますか?

私は置くべきではないと考えています。勿論、練成などで、高校生、大学生に天皇の素晴らしさを
教えていくことも重要なことだと思います。が、それは本来の生長の家の使命ではないと思います。
人類光明化とは愛国運動なのです、とはどうしても私には思えません。

◆今後の生長の家に対して、何か提言があれば書いて下さい。

人類光明化という地球的視点に立って、活動を行っていってほしい。
人類は皆神の子であり兄弟なのだという思想こそが、21世紀の地球に求められてくると思います。

8 :質問:2001/06/29(金) 17:06
白光会のスレから飛んできました。
質問がございます。
白光会の五井教祖は、「世界平和の祈り」を生長の家の祈りから
取り入れた、という発言が白光会のスレにございました。
これは、本当なのでしょうか。また、生長の家で祈られるという
「世界平和の祈り」はどのようなものでしょうか。
お答えいただければ幸いです。

9 :求道者:2001/06/29(金) 20:35
「世界平和の祈り」
基本的な神想観の後、次のごとく二回唱えます。


 神の無限の愛、吾に流れ入り給いて、
愛の霊光燦然と輝き給う。

その光いよいよきを増して全地上を覆い給い、
すべての人々の心に

愛と平和と秩序と中心帰一の真理を満たし給う。

10 :求道者:2001/06/29(金) 20:39
訂正します

その光いよいよきを増して全地上を覆い給い、
     ↓
その光いよいよ輝きを増して全地上を覆い給い、
     

11 :アクエリアン:2001/06/29(金) 21:04
>白光会の五井教祖は、「世界平和の祈り」を生長の家の祈りから
>取り入れた、という発言が白光会のスレにございました。
>これは、本当なのでしょうか。

五井先生は生長の家の本部講師をされていたようですから、これは本当のことであったのでは
と思います。いいものはお互い共有し合っていけばいいのではないでしょうか。
ただし先人のアイデアを実行するときは、一言、これは誰のアイデアなのか、述べておくべきでしょう。

>生長の家で祈られるという 「世界平和の祈り」はどのようなものでしょうか。

「神の無限の愛、われに流れ入り給いて、われに於いて愛の霊光燦然(さんぜん)と輝き給う。
その輝きいよいよ光りをまして全地上をおおい、全人類の心に愛と平和と秩序と中心帰一の真理を満たし
給うのである。」
生長の家人は心を一つにして、毎日、この愛と平和の祈りを全世界に向かって発しなければならない。
(『菩薩は何を為すべきか』より)

と生長の家では説いていますね。

12 :名無し:2001/06/29(金) 21:28
生長の家の方々に質問したいのですが、生長の家の「世界平和の祈り」の中に
「世界人類が平和でありますように」とか「世界人類が幸福でありますように」という
祈りの言葉を谷口雅春さんの本の中で読んだ事がある人はいらっしゃいますでしょうか?

唯一会の森島さんという人の説では、白光会の教祖である五井さんが、生長の家の講師時代に、
生長の家の祈りの中から「世界人類が平和でありますように」という祈りを取り出して、
自分独自の教えの祈りとしたそうなのです。これが本当なのか、そうでないのか、
確かめてみたいと思っているのです。誰か教えて下さい。よろしくお願いいたします。

13 :名無し:2001/06/29(金) 21:57
>生長の家の信奉者の皆様へ
どうやら森島さんの説によると、生長の家の神示の中に「世界人類が平和でありますように」とか
「世界人類が幸福でありますように」という祈り方が神示として示されたそうなのです。
それだけでなく、白光真宏会の「消えてゆく姿」という教義でさえも、生長の家の神示に
示されているそうなのです。これは本当の事なのでしょうか?
この森島という人は、生長の家のどの本にその「世界人類が平和でありますように」という祈り方が
書いてあるのか、そこまで説明してはいません。その発言のサイトを掲載しておきます。
http://www12.u-page.so-net.ne.jp/cj8/aozora/mkh2201.htm
皆様のご意見、ご感想を伺いたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
あと、もしよろしければ「白光真宏会について語ろうスレ」にも来ていただいて、
意見を述べていただきたいと願う所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

14 :質問者:2001/06/29(金) 23:08
>>9 >>10 >>11
ご丁寧な回答をいただき、ありがとうございました。
生長の家のかたがたのご親切に感謝申し上げます。

15 :名無しさん@1周年:2001/06/29(金) 23:41
生長の家って右翼団体じゃないの?

16 :アクエリアン:2001/06/30(土) 01:04
>生長の家って右翼団体じゃないの?

違います。全然認識間違っていますよ。
愛国心を教え、説きますが、それは日本人として当たり前の心情ではないですか。
こんなことどこの国だって行っていますよ。
隣の中国をみて下さい。韓国もしかり。北朝鮮もしかり。
みんな自分の国を愛することを教えますし、誇りある歴史を教えます。
こんな当たり前のことが占領軍や左翼マスコミに否定されてきたから、あえて、宗教団体の
生長の家が行わざるを得なかったのです。そういう国家再建、救国のための行動が
右翼だなんって完全に間違っていますし、生長の家に失礼ですよ。

17 :78:2001/06/30(土) 01:12
カルト+右翼だぜ こわいよおおお

18 :アクエリアン:2001/06/30(土) 01:19
>カルト+右翼だぜ こわいよおおお

あっ、そういうご自分の妄想から一歩も抜け出せないのですね。
どうぞ、永遠にその妄想の中に閉じこもっていて下さい。


19 :78:2001/06/30(土) 01:36
>>1
ぷんぷん、におってくるよ カルトのにおい

20 :アクエリアン:2001/06/30(土) 04:59
>ぷんぷん、におってくるよ カルトのにおい

そうですか。そう思われるのなら仕方ないですし、どうぞご自由に思って下さいな、という感じ
ですね。

ちょっとここで、参考のために、フランスの反カルトグループによる標準的なカルトの見分け方マニュアルが
「カルトか宗教か」竹下節子著(文春文庫)に紹介されていますので、その一部を引用してみましょう。
----------------
その団体は寛容、容認の原理が働いているか?すべてを一度に変革できるとは公言しない。
内部での反対意見や運動方向の分化を許し、団体外からの協力や貢献に対して開かれているか。
カルトでは、エリート集団を隔離孤立させ、他の世界とラディカルに分離し、外部世界を絶対悪と見なし、
内部の意見統一を図り、強制的説得が行われる。

<信仰とカルト的狂信の違い>

信仰においては、個人的な選択がなされ、質問や疑義が容認され、個人が信仰の危機に陥ったときに
援助がなされる。社会的行動は普遍的モラルの規範を超えることはなく、他の信仰への寛容があり、信仰を
他のいるいろな活動に応用するように勧められ、特定に生きた人間が神のように礼拝されることはない。
これに対して、カルト的狂信では、グループが絶対的真理を擁していると見なされ、質問や疑義は拒絶される。
-----------------
この基準に照らしてみても、どうしても生長の家はカルトとは思えませんね。
生長の家をカルトと見なすということは、逆に、貴方が、宗教一般に対する固定観念を周りの環境から
植え付けられてきた証左とも言えるのではないでしょうか。だとしたら、これはゆゆしきことで(笑)、
将来のためにも、是非、その偏見をこのスレッドを読むことで、取り去って下さい。
本来、宗教とはそういう過去からの偏見、固定観念を破砕し、本来の自由な心へと到達すること
を目標とするものなんですがね。

21 :三上クニ:2001/06/30(土) 12:30
個人的に神想観をして、生命の実相を読み続けることは困難ではないでしょうし、皆さんが
続けていることでしょう。今ある大きな組織をどうしたら良いのか、の意見をお聞かせ下さい。

22 :求道者:2001/06/30(土) 20:14
78君
勉強不足だね、生長の家の谷口雅宣先生は
内外のカルト(破壊的宗教カルト)についての研究をかなりされて
講話で話されていますよ。産経新聞の記者時代にはイエスの箱船
事件を追跡されて記事を書いていたそうですよ。
オームの問題も武道館で詳しく解説・批判されていて、分かりやすかった。
78君はカルトってどう定義してるの・・・
まさか宗教=カルトじゃあないだろうねえ。
勉強した方がいいよ。例えばここで勉強してみたら
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1847/

23 :名無しさん@1周年:2001/06/30(土) 22:18
キリストはくどくどと祈るなといっているのに、
谷口雅春氏の文章を観ると一時も神から目を離さず
徹底的に祈り続けろみたいな表現が多くて、実際に
そうした私は神さまノイローゼになってしまいました。

24 :会員:2001/06/30(土) 22:26
>>23の名無しさんへ

そうですよ、神様に全てをお任せするつもりで、「神様、イエス様の御心のままになさしめたまえ」
と祈ればそれでいいと私は思います。実際、私はこのように祈る事で、心理的不安定を解消させていただきました。
もしよろしければ、御試しください。心が不安になってきたら、不安を自分で消そうと力まずに、
「神様、イエス様、私の思いをさしあげます。どうぞ神様の御心が私に現れますように」とお祈り下さい。
祈願形の祈りは、「私は健康である」という断定的な言い方より、私にははるかに効果がありました。
あなたの幸福を私も神様に祈っております。

25 :会員:2001/06/30(土) 22:31
>>23の名無しさんへ。
神様と言えども、自分と別の存在なのではなくて、私達の実相=神様・真我・宇宙意識
だと私は思うのです。だから、神様という言い方が嫌であれば、「私の実相さん、お願いします、私の不安を鎮めてください」と
いう風にお祈りすればいいと思います。この祈り方でも私には充分効果がありました。
神様=私達の実相に素直にお願いするつもりで祈れば、必ず効果があると私の体験からも言えます。
どうぞ御試しくださいませ。

26 :会員:2001/06/30(土) 23:12
>>23の名無しさんへ。たびたびスイマセン。
実は私も生長の家の教えを実行しようと努力して、「私は神そのものである、愛であり、善である、無限の幸福そのものである・・・」と祈り続けておりました。
しかし、心の奥底からは「お前は神でも何でもないではないか、お前にはうらやみや妬みの感情もあるし、欲望もあるし、人を恨み憎む感情もあるではないか!それで良く自分が神だと言えたもんだな偽善者め!!」
とさかんに「私は神だ、幸福そのものだ」という思いを否定する思いが湧いて来るのであります。(つづく)

27 :23:2001/06/30(土) 23:24
>>24,25
私はキリスト教でもなければ特にある宗教を信仰しているものではありません。
というより昔はどちらかというと宗教に対してはかなり批判的な立場であった
と思います。
但し、少し性格的に問題がある(怒りっぽい、悲観的等)のを自覚していまし
たので、どうにかして性格改善しようとありとあらゆる書物を物色していたとこ
ろ、ふと生命の実相を書店で見つけ(今から約5年位前)大いに感動しそれから
というものとにかく暇さえあれば生命の実相を読みふけりました。
(谷口雅治氏の著書のほとんど全てには目を通したと思います)
生命の実相を読みはじめた最初のころは本当に谷口氏の思想によって救われた
と大いに喜び、生きていて良かったと全てのものに対する感謝でいっぱいでした。
しかし、その後神に対する憧れが極限までエスカレートしそれから約4年間位
は寝てもさめても1日中ほとんど狂信状態で神に祈りつづけた挙句ノイローゼ
になりました。
今は、宗教に関する書物を読んだり祈りの類のものからなるべく遠ざかり、普通
の生活をするようにしてノイローゼ症状もだいぶ緩和されました。

28 :会員:2001/06/30(土) 23:34
>>26のつづき
ですから、多分これは不完全な肉体想念のままで「自分は神だ」と無理して思い込もうとする事にその原因があるんじゃないかと思うんです。
やはり人によってはかなり否定的な想念が湧いて来て、「私は神だ」どころではなくなってしまうのです。
ですから、ここは自分の思いで無理に信じ込もうとしないで、私達全ての大元である神様=実相に全てをお任せしてしまおうと思ったのです。
そうすれば、祈る事で無限の大光明である神様=実相=宇宙大生命に渡ってしまって、全て浄化されてしまうんじゃないかな、と思ったのです。
そして実相からは代わりに浄められた新たな想念が私達の肉体想念に届けられるのではないだろうか?と思いました。
それからの私の祈り方は変わりました。どのような感情や想いが湧いて来ようとも、ただただひたすら「神様にこの思いをお預けします。お願いします。」とか「神様ありがとうございます、神様の御心のままになさしめたまえ」とか
「この世の全てに神様の御心が現れますように」という祈りを繰り返したのです。「私は神である」という言い方は一切思いませんでした。しかし、数日後、今までよりも感情や欲望に振り回される事がなくなっている自分に気がついたのです。
これは良い!と思いました。それからは「主の御心が天になるごとく、地にもならしめたまえ」とか「南無阿弥陀仏(阿弥陀仏よ一つにならせてください)」という祈り方も試しましたが、全く同じ効果がありました。
私の経験から言える事は、「私は神である」という断定的な祈り方で効果が少ない人は、「神様お願いします」という祈願形の祈りを、暇な時に心の中で気軽に祈るようにすれば、
必ずや何らかの効果を感じる事が出来ると思います。

29 :会員:2001/06/30(土) 23:37
>>27の名無し様へ

入れ違いでレスしてしまって真に申し訳ありませんでした。
そうだったのですか・・・時には神とか宗教から離れる事も大切ですよね。
うかつでした。お許し下さい。

30 :23:2001/07/01(日) 00:23
>>24,25,26

現在は宗教、思想に関するものからなるべく離れるようにしていますが、
実際は全く何の信仰も持たずにこれから先生きていくと思うとはりや不安
を払拭できないのが本音です。但し、以前と違い今は物事を多少は客観的
に判断できる精神状態にありますので、御助言していただいた内容を参考
にさせていただきます。
ありがとうございました。

31 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 04:54
>>24-26,>>28-29
君、ジョセフマーフィスレのまひもひ会員さん?
どっかで聞いたセリフだと思ったよ。

32 :名無しさん@2周年 :2001/07/01(日) 10:07
生長の家神の国(寮児童養護施設)における児童虐待
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200104/11/0411m103-401.html

33 :_:2001/07/01(日) 10:44
生長の家ってどんな家?
http://mentai.2ch.net/psy/kako/939/939753407.html
生長の家ってどう?
http://mentai.2ch.net/psy/kako/954/954856444.html
生長の家はおかしい!!!
http://mentai.2ch.net/psy/kako/970/970899744.html
☆生長の家の人、集まれ☆
http://mentai.2ch.net/psy/kako/970/970852502.html
生長の家ってどうよ。
http://mentai.2ch.net/psy/kako/973/973818550.html
生長の家ってただのウヨじゃん
http://mentai.2ch.net/psy/kako/978/978185837.html

34 :_:2001/07/01(日) 10:57
生長の家について語り合いましょう(1)
http://mentai.2ch.net/psy/kako/976/976997309.html

35 :まひもひ団会員:2001/07/01(日) 11:14
>>31さん
そうです、私がマーフィースレの「まひもひ」です。マーフィー理論と「生長の家」の「物質は一切心の影」論は、非常に似ていると思うのです。実際私は「生命の実相」や「甘露の法雨」も読みましたし、「神想観」をやってみたりもしたのです。
そういう体験を通して私が辿りついた考えは、「物質は心の影」「三界唯一心也」というここの言葉で出て来る「心」というものはどう言う「心」を指すかと言うと、それは「創造主=神=宇宙大生命=実相」の創造念波の心・想念を指している物である事が
はっきりわかったのです。決して私達の今現在の良い事を思えば悪い事も思うという不完全な肉体想念の事を指すのでは無い、という事がわかるのです。
何故かと言うと、初め創造主から神々が産まれてそれぞれの想念行為によって霊体や幽体(潜在意識層)や肉体(物質体)を創造していきました。つまり、実相そのものが生命エネルギーの根元であり、物質・精神の大元であるという仮定が出来ると思います。
しかし、実相とはるかにへだたる粗雑な波動体である物質体を身に付けるようになってから、本来の実相そのものの身体を忘れ果ててしまい、この肉体そのものが真実の人間である、という考え方が次第に色濃くなってゆき、その自己限定した考え方から発する様々な想念行為の輪廻の積み重ねが
私達の幽体(潜在意識層)に重く重く何重も積み重なってしまい、その潜在意識層から顕在意識に湧き出てくる想念の繰り返し、という事が為されて、この不完全そのものの肉体想念が作られていったと思うのです。その不完全そのものの肉体想念を、そのまま実相から発した純粋想念や実相心と誤解した所に、生長の家理論の欠点があると思えるのです。
「三界唯一心也」「物質は心の陰」という文章の意味する『心』とはあくまでも神・実相の心・想念であって、不完全な肉体想念ではないのだ、という事を理解しなければならないと思います。
では、どうすれば神の心・実相そのままの心を肉体想念の上に強く、より多く現わす事が出来るのでしょうか?(つづく)

36 :_:2001/07/01(日) 11:21
成長の家について
http://mentai.2ch.net/psy/kako/983/983014649.html

37 :信書開封罪:2001/07/01(日) 11:29
17 名前: アイコ 投稿日: 2000/10/08(日) 13:20

生長の家の東京、飛田給練成道場で私は、私宛に届いた郵便を勝手に開けられました。謝罪の言葉も無く、横柄な態度で名前をはっきりと書かない方が
悪い、と言われました。確かにそうかも知れませんが、一言なにかあってもいいと思います。



18 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/10/08(日) 13:21

気にしなさんなって 知らんよ

38 :会員:2001/07/01(日) 11:42
>>35のつづき。
実相そのままの想念や行動を現わすための宗教的行法は色々あると想います、生長の家ではまず自分が『本来神の子』であり、神そのものの存在である事を強く想い込み、潜在意識に叩き込む事で神の子の姿が私達の上に現れると説いています。しかし、このように自分で真理の言葉「神は愛なり、とか人間神の子なり、という言葉」を想い続ける行法は、少なくとも私には逆に「人間神の子」を否定する想念を湧き立たせてしまう結果になりましたし、少しも心の平安さえも得られなかったのです。私が想うに、幽体(潜在意識層)に「人間神の子」を否定する想念が強く積み重なっていると、
この行法では効果が少ないし、逆に「私はいくら人間は神の子だ、と想いこんでもダメだ・・・」という風に真理から遠ざけてしまう結果になりかねないのです。なぜなら私がそうでしたから。「人間神の子なんて嘘なんじゃないか!」と怒りが湧いて来た事もあったわけです。ですから、このような自分に真理を信じ込ませる行法というのは、よほど先天的に潜在意識層が浄化されていて、実相の光、純粋想念が強く顕在意識(肉体想念)に出ている人でないと難しいんじゃないかなあ、と想ったのです。
だから私は、この不完全な肉体想念で真理を想い込む行法を捨てて、実相=宇宙大生命に全ての想念をおわたししてしまい、浄化していただく方法を取る事にしたのです。それが、神様への全託・全感謝・大調和の祈りの中に自分の想いを投げ入れる行法なのです。神様への全託、全感謝、大調和の祈りというものはどういう祈りかと言うと、「神様、実相さん、ありがとうございます」とか「神様、実相さんに私の全てをお任せ致します」とか「この世のすべてに実相が現れますように、神様のみ心のままになさしめ給え」という祈りです。そういう祈りを自分が暇な時とか、常に気軽に祈るようにしていますと、いつのまにか自分の感情や想念に
とらわれなくなるのです。きっと断定的ないい方ではなく、祈願形の祈り方であるため、神様、実相に想いが全て吸収されてしまうのだと想います。そして浄化された想念が、潜在意識をとおして顕在意識(肉体想念)へと届くようになるのです。(つづく)

39 :団体Aって?:2001/07/01(日) 11:42
「生長の家」を科学する
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/h-ok/seichonoie.htm

40 :会員:2001/07/01(日) 12:05
>>38のつづき。
自分は不完全な欲望も様々な感情もある肉体人間なのに、それを「仮の姿だ、迷いだ、無いんだ」と言い続け、想い続ける事は、少し間違えたら、本当に神の子の姿を現わせていないのに、わざと信者の方々や周囲の人々に対して「人間神の子である」と無理に振舞おうとしてしまって、想わぬ時に潜在意識層に押し込められ抑圧された想念や感情が爆発してしまって、どんな非常識な行動となって現れるかもしれない、という危険性さえあるのです。
私は自分が「自分は神なんだ神だ」と想い続ける事で、自分の欲求や感情が消えたわけではなく、心の奥にただ抑圧しただけだった、という事が数え切れないほどありました。
だから、肉体自我で欲求や願望や感情を押え付けるのではなくて、全てを神様への全託、全感謝、大調和の祈りの中に投げ込めば、最初はすぐにできないかもしれないけど、徐々に実相の光が潜在意識や顕在意識を浄化してくれますから、いつのまにか調和の取れた想念行動が取れるようになると想います。
なぜなら神様=実相=宇宙大生命は無限の大光明であり、これを犯すどのような悪なる存在など無いからです。ですから、自分の肉体自我に現れてくる様々な想念、感情、欲望はあるならあるままでいいから、そのまま神様への「神様、実相さん、この世の全てが幸福でありますように」という祈りを祈り続ければ、次第にそういう自分の肉体想念にとらわれなくなるのです。
これは私の経験からハッキリ言えますよ。この祈りは効果があるのです。そうすると、自然と自分に感情や欲望を制御できる力が湧いて来るのです。それだけでなく、その想いが抑圧されるのではなく、祈りの中で消えてゆくのです。ですから、「私は神である」と思い込む行法で効果がなかった人達は、是非神様、実相さんへの全託、全感謝、大調和の祈りを祈る事を御試しになっていただきたいと
想います。なんせタダですからね。気軽に神様、実相さんにお任せする想いで祈ればいいと想います。(つづく、かも)

41 :(゚Д゚)ハァ?:2001/07/01(日) 12:11
539 名前: >アクエリアンさん 投稿日: 2001/06/01(金) 08:55

536>>
あなたは何を云いたいのですか?
何回いってもわからないのですね。
雅春先生の引用文や人の引用文を細切れにだし、あなたの意見はないのですね。
>私が「戦争というのは人殺しが英雄なんですよ」。それも事実なんです。
この言葉は別に戦争を肯定していることでもなんでもありません。世界のあらゆる
英雄伝に実際でてくるじゃないですか。あなたそんなこともわからないのですね。
あなたは私の質問も答えられないのですか、自分自身のハンドルネ−ムも決められないし
「雅春先生が間違いであった」書いているのに、さらに反論するのですね。そういう人
はどうしょうもないですね。
535さんもこんな自分の意見のない人と討論をやめましょ。
実際、近代史や戦争のことを全く知らない人に云っても「暖簾に腕押し」です。
このスレをお読みの方もこんな人は無視しましょ。それ以外の意見はドンドン
意見を云って下さい。


↑オマエモナー

42 :会員:2001/07/01(日) 12:22
>>40のつづき
私はちなみにキリスト教の「主の祈り」である「主の御心が天になるごとく、地にもならしめたまえ」という祈りや、
「南無阿弥陀仏(阿弥陀仏と一つにならせてください)という祈りを心の中で祈り続けました所、やはり同じ効果がありました。今更ながら、伝統的に伝えられている祈り、念仏というものは、大きな意味があるんだなあ、と感動したのです。
「私は神である」とか「私は仏陀(悟れる者)である」という言い方や信念は、イエス=キリストや釈迦のように、自分の肉体想念にまで実相の光を完全に顕現させた人であればいくら思おうと、言葉に出して言おうと構わないと想うのです。
しかし、そうでない私達が「私は神である」と言ったり想ったりして、ある時は「あの野郎、憎らしいなあ!」とか「ああ、あの女の子とエッチしたいなあ」なんて思うんであれば、「私は神だ」とは言えないでしょ。そこを誤魔化してはいけないと想うんですよ。
「ああ、私の不完全な肉体想念では永遠に悟れない、神様に、私達の実相さんのお力を信じてすべてをゆだねよう!」と謙虚に、素直になる事が人間として正直な態度であると想うのです。
また、そのような人を私達の実相=神様は喜び給うのです。素直に神様=実相の愛と善と無限なる大光明におすがりいたしましょう。そういう祈りを続けていくと、必ず実相が私達の肉体に自然と力まずに現れるようになるのです。
私は、そのように確信しています。ありがとうございます。

43 :会員:2001/07/01(日) 13:24
天皇について、そして日本国の天命については生長の家の方々のお考えも理解できます。しかし、未だに天皇のせいで、この日本はあの辛い戦争や原爆を経験しなければならなかったのだ、天皇は戦争責任の象徴だ!という考え方を持つ戦争経験者の方々のお考えを、私達宗教者は肝に命じて行動や発言をしなければならないと思います。
私は、神様の御心が素直にこの世に現れますように、という神様への全託の祈りをなしつづけてゆけば、必ずやその祈りの中から日本の真の大和(平和)をこの世界に広めて行くという天命が強く現れてくると思いますし。私達一人一人の想念行為がこの日本国、広げて世界の運命を左右するのですから、常に常に、自分の中のあらゆる不調和な感情や、相手を恨み憎む思いや、相手がどうなっても自分の欲望だけ満たされればいい、という想念などを全て神様への全託の祈りと共に浄化させていただく事が大事であると私は思います。そうすれば、その祈りそのものが神様の大光明波動なのですから、祈るだけで、自分のみならず、周囲にその大光明波動を広げている事になるのです。私は、そういう祈りをする人達が多くなればなるほど、天皇の真の天命が自然とこの世に現れることになると思いますし、天皇制と軍備増強をつなぎ合わせようとする人達の背後にいて、右翼の人達を操っている国常魂の方々(その国家・民族を優越的に導こうとする霊魂集団。神ではない。)を悟らせる事にもなり、
新たに真の平和国日本・大和の国の守護神・守護霊として、日本国を御守護・御指導していただく事になると私は信じております。
ですから、天皇制の重要性を説く事や日本国を愛する気持ちはもちろん大切な事で、異論を差し挟む余地はありませんが、それはあくまでも平和国日本・大和の国建設へつながるもので無ければならないと思うのです。そして武力増強によって、「やられたらやりかえす」という因縁因果的な相対的な思想を宗教者は持つべきではなく、そういう思いを神様の無限絶対の愛善大光明の中に浄化したいただく事が、大切だと思うのです。
「神様の御心をつつがなくこの世界と日本に現わせしめたまえ」という祈りの中に、自分の弱肉強食的な想念を投げ入れ続ける事が、宗教者の一番為すべき事ではないでしょうか。
私はそのように思い、実行している者であります。

44 ::2001/07/02(月) 03:27
おはようございます。
いつのまにやら新しいスレに移行していたのですね。
全くの浦島太郎状態なのでログ読んできます。

45 :突風:2001/07/02(月) 17:41
こんにちは。
いつのまにやら新しいスレに移行していたのですね。
たまに来て見て参考にさせてもらいます。

46 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 03:41
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981466595
213:
五井昌久は世界救世教に入信した事があります。しかし、一番影響を
受けたのは、「生長の家」の谷口雅春教祖でしょう。「この人こそ
メシヤだ」と思っていたそうですから。そこで五井は生長の家の
亀有信徒会の副会長を務め、講師になります。しかし、生長の家の
教えと信徒の間に教えに対する疑問を持ち始め、その頃から背後霊団に
自由意思を奪われ、霊的修行を強要されるようになります。それから、
五井は千鳥会(現在は真の道教団)の萩原 真と共に心霊に関する実験などを
やるようになります。そして昭和28年、神我一体の自覚を得る事が出来た
五井は、生長の家を辞め、自分を慕う信者たちと一緒に「五井先生讃仰会」が発足
します。それが昭和30年代になり、宗教法人として「白光真宏会」が
できたわけです。つかれたび〜

47 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 03:42
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981466595
216:
出口王仁三郎は谷口雅春のことを鰐口曲冬といって批判し谷口は大本教の神をある
程度認める発言をしている。谷口は五井昌久のことを「独立運動をおこして・・・」
といって批判し五井は生長の家のことをある程度認める発言をしている。この構図は一体・・・??

48 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 05:03
>会員さん
あなたはNOAHでしょ??
神経質なところがそっくりですよ。

49 :むもん:2001/07/03(火) 08:22
■ 生長の家(1)

皆さんは夢を見たことありますよね。うれしい夢とか怖い夢とか。
夢の中では「この世界は実在である」とは思っていますよね。

目が覚めた瞬間「なーんだ。夢か」と言って夢の世界など実在しないと言います。
目覚めた瞬間、今度はこの布団の中にいる自分と、この世界が実在であると言います。

本当にこの世界は実在しているのでしょうかね。もしかして、今朝方見た夢のように実在
していないのではないかな。いや、この世界こそ実在である。
このように二つの意見に分かれるのです。皆さんはどちらを取りますか?

Aこの世は夢と同じように幻覚で出来ている。(唯心派)
Bこの世は実在していて、物理的に出来ている。(唯物派)

生長の家の色々な真理はこのAから始まるのです。ここが生長の家の出発点。
ちなみに、聖書・仏教もA(唯心派)を取っています。
(つづく)

50 :三上クニ:2001/07/03(火) 11:41
谷口雅春氏の「生命の実相」(全40巻)は私の読んだ宗教書の中で一番理屈が通っているように思いました。霊や何次元の話やら訳のわからないことを教祖だけが知っているから従え、という姿勢でもないし、儀式的なことをしないと罰が当たるという脅かしもありません。
理論家の谷口氏は普通の人の考え付くあらゆる疑問に自問自答しながらこの本を書いているようです。私達に出来ることはこの本を読みながらその教えを現代的に実行して発展させていくことではないでしょうか?

51 :名無し:2001/07/03(火) 17:31
>>46 すごーい、よくお調べになられましたね。拍手ものです。
白光会というのは、生長の家の亜流のようなものなのですねえ。
お互いが地下水のようにつながっているのが面白いですね。

52 :霊の元つ国:2001/07/03(火) 18:30
>>51
そうですね、黒住教、金光教、天理教、大本教にしろ、そこから派生した教団
にしても、神様の大いなるみ働きというか、ご計画というか、日本の霊的水脈
のような物を感じさせますね。どの教団が正しいと言うのではなくて、みんな
意味があって存在を許されている気がします。

53 :こんばんは:2001/07/03(火) 23:35
灯台さんの書き込み、楽しみにしています。
忙しいですか?

54 :むもん:2001/07/04(水) 06:51
■ 生長の家(2)

>>49
「世の中が幻覚によって出来ている」このようであれば、この世に対する考えを初め
から考え直さなければならないのです。まるで脳が裏返ったような考えになるのです。

【質問】この世界はどのようにして出来たのですか?

A唯心派の解答。 夢と同じように過去の記憶の思考によって
         造られている。
B唯物派の解答。 昔ビッグバンによって宇宙と星々が出来。
         やがて地球が出来た。

【質問】人はなぜ生まれ、なぜ死ぬのか?

A唯心派の解答。 生まれるのは幻覚の始まり。死は幻覚からの
         覚醒である。
B唯物派の解答。 精子と卵子の結合によって生まれるが、一生
         の間に各機能が老化してついに死に至る。

【質問】人はなぜ病気になったり、災難に遭ったりするのか。?

A唯心派の解答。 幻覚は思考によって変化する。したがって悪
         い思考は悪い幻覚を造る。すなわち「現象は
         心の影」である。
B唯物派の解答。 病気はウイルス・不摂生などによって起き、
         災難などは不注意や偶然によって起きる。

このように唯心派と唯物派の解答はまるで違ったものとなるのです。したがって
唯物派から唯心派の言葉を聞くとまるで「狂気」のようにさえ感ずるのです。

55 :唯物派:2001/07/04(水) 13:06
唯心派、恐わ〜〜〜

56 :三上クニ:2001/07/04(水) 13:48
谷口氏は唯心論でも唯物論でもない唯神論を生命の実相で説明しています。

57 :あらら?:2001/07/04(水) 14:24
会員さん、
>>48の書き込みのあと
全然「会員ハンドル」で
出なくなちゃたぞ。
やっぱNOAHだったの?

58 :一読者:2001/07/04(水) 16:43
谷口雅春先生の御遺志である「尊皇愛国 自主憲法制定」の理念を忠実に
継承されてこられたのは鈴木邦男氏(一水会顧問)だと思います。
大東亜戦争を侵略戦争発言をしたり、台湾人の日本精神をないがしろにし
ている昨今の谷口雅宣君の言動を、霊界でお聞きになられている谷口雅春
先生はきっと泣いていらっしゃることでしょう。
憂慮すべき事態ではないでしょうか?
谷口雅宣君は以前、産経新聞社にお勤めされていたそうですが、彼の思想
は産経新聞とは全く正反対ですね。朝日新聞寄りですね。
雅宣は近現代史をよく勉強する必要がありますね。人に真理を説くには、
まだまだ勉強不足ですね。十年早い。
頑張ってもらいたいですね。

59 :むもん:2001/07/04(水) 19:43
>>56
>>谷口氏は唯心論でも唯物論でもない唯神論を生命の実相で説明しています。

あなたのおっしゃる通りです。しかし、唯心論=唯神論なのです。
唯心論とは幻覚の中の個人的な心ばかりでなく、神の心も入るのです。

「甘露の法雨」には次のようにあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ただ『心』をもって造りたまふ。
『心』はすべての造り主、
『心』は宇宙に満つる實質、
『心』こそ『全能』の神にして遍在したまふ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
すなわち「実相の世界」といえども、心によって造られているのです。

60 :>58:2001/07/04(水) 23:40
>>58さん
鈴木邦男氏以外でも雅春先生の御教えを沢山の方々が忠実に継承・実行
しておりますよ!

あなたのお気持ちには激しく同意します。

61 :名無しさん@1周年:2001/07/04(水) 23:47
>>58,>>60
戦争は悪でしょ。決して肯定しちゃいけないでしょ。谷口雅宣さんは
ちょっと多数派の意見かもしれないけど、侵略じゃなかったら戦争していい、という
事にはなりませんよね。当時の日本軍が自分達は正しい事やってるんだ、と思って行動
していたとしても、アジアの人達はすごく嫌がっていたかもしれませんし。
神様はたとえどんな理由であれ、戦争は絶対にお許しにはなりませんよ。

62 :名無しさん@1周年:2001/07/05(木) 00:09
>>61
おっしゃりたい事はわかるのですがもう少し近代史の勉強をされてみては
いかがでしょうか。
それとご生前の雅春先生をご存知の方から色々なお話を聴くと随分
見解も変わってくると思いますよ。

神様がお許しにならないとか生長の家ではそのような事は言いません。
追伸。あなたは遊就館へ行かれた事がありますか?

63 ::2001/07/05(木) 02:25
仔羊さんへの公開レス(1)
「生命の実相」からの引用も考えましたが、今回はこの小説の方が得るものがあるかも
しれぬと思い、公開レスとさせていただきます。現役の青年会員さんや未来の光実さん
のためになることを祈って。(まひもひ団の会員さんへの過去スレへの回答も一部含ま
れていると思って読んでいただくと幸いです)ご質問はメールでいただきましたが、講
師ではないので、回答というよりこんなのがあるよという形で回答っぽい形式にさせて
いただきました。

イヘブ:奥様、わたしの考えではあなた達の論争は、そのつまり、「神様」という観念
    (かんがえ)の相違から来ると思われますね。奥様のお考えは「神様」という
    ものは善いものばかりの造り主で、悪いものは悪魔に瞞された人間からのみ生
    まれたのだという根本思想の上に成立っています。ところが坊ちゃんのお考え
    は一切合財善悪混沌すべてのものの造り主だという根本思想の上に築かれてい
    ます。
ユダ: 僕は・・・僕は・・・「神様」はすべての造り主でなければならんと、思いま
    す。
ユダ: たとい悪いものは人間から生じたにしても、そんな悪いものを生ずるような人
    間はやはり神様が造ったとしたら、やはり神様が何もかも造ったと同じことで
    す。神様は責任をのがれることはできません。
サライ:まあ、ユダ、お黙り。まあお前は何という畏ろしい事を言うのです。神様は人
    間に自由を与えて下すったんですよ。神様は全能ですから人間を縛って善より
    ほか何も出来ないようにでも出来るんです。しかしそうした強制力でなされた
    善は、人間が意志の自由で選択してなされた善でありませんから、もう本当の
    尊さは失われてしまってるんです。悪をも犯すことが出来るなかから自分の自
    由で善をするから、それが本当に尊いものになるのです。だから人間が悪を犯
    すことも出来るのは神様の賜物というものです。ああ、ああ、お前は一体、エ
    ルサレムへ往ってシメオン先生に何を習って来たのです。

64 ::2001/07/05(木) 02:27
ユダ: 僕は・・・僕は・・・そんな事腑に落ちません。それは、一人立ちの出来ない
    子供を井戸の縁(ふち)に遊ばして置いてお前は井戸へ落っこちる自由がある
    から、その自由を親の賜物だと思えというようなものです。もし落っこちたら
    神様が落したのも同じことです。
サライ:お黙りなさい。
サライ:お前は・・・お前は・・・一体神様を?すというものです。そんな・・・そん
    な   そんな事をいうようになるために、私はお前をエルサレムへ学問にや
    ったんじゃありません。
ユダ: 僕、なんにも神様を?しやしません。僕、神様のことを本当に知りたいのです。
    神様に従うには神様を知らねばなりません。神様を公平に知らないでいては、
    神様に従ったつもりで神様に逆らっているかも知れないのです。だから僕公平
    に神様の計画を知った上で、その計画の中に自分の歩むべき道を見出したいの
    です。
サライ:それで・・・お前は一体どう神様を知ったというのですね。
ユダ: 神様はできるだけ面白い筋をこの世につくろうとしてるんです。ねえ、おじさ
    んそうでしょう。
ザイド:わたしの考えはすっかり違いますね。
(続く)

65 :謎の…ですが:2001/07/05(木) 02:53
さっき向こうに顔出して来ました。

66 ::2001/07/05(木) 19:36
>>65
 お、やっと現役の青年会員さん、ご登場だね(笑)
 蟻がとう。

67 ::2001/07/05(木) 19:38
ウイルスさんへ
やっとというかとうとうというか、10通は超えましたので、
氏名またはID公開しますよ。
同じウイルスばっかじゃ収集のしがいがないので、たまには
違うのも送ってね。

68 ::2001/07/05(木) 20:15
仔羊さんへの公開レス(2)−1

ザイド:むろんわたしは皆さんと宗教がちがいますけれどね
    (落ち着いた、さびのある、低いがなかなかしっかりした声で言った。)
ザイド:わたしは奥様のおっしゃることにも、坊ちゃんのおっしゃることにも真理を見
    出します。しかしまたそのどちらにも欠点を見出さずにはいられません。それ
    は宇宙の創造に造り主をたてて考えるものは誰でも陥らねばならぬ欠点です。
    奥さんの思想も、坊ちゃんの思想もずいぶん突きつめたものだということが出
    来ます。何故この世界に悲惨があるか----第一に真理に到達する道はこの世界
    に悲惨が充ちているという事実を正直に承認し、そして次にこの悲惨の原因を
    推し究めることです。坊ちゃんはこの世界の悲惨は造り主が退屈なために出来
    るだけ面白い筋を造ろうとしたために起ったのだと言われました。(とかすか
    に微笑んでユダをみたが、)奥様は人間が神から離れて罪を犯したからだと言
    われました。(と眼を転じてサライの方を見ながら、)わたしも永いあいだそ
    の二つの思想の間に迷いました。わたしは苦しみました。ところがわたしは或
    る日インドから行脚してきた一人の修行僧に会ったのです。その僧侶がわたし
    に釈迦というインドの聖者の話をしてくれました。わたしはその話を聞いたと
    きにはじめて苦しみから解脱しました。そうです本当に解脱したのです。釈迦
    はこの世界に悲惨が充ち満ちているのはこの世界がまよいから起ったせいだと
    言われたのです。
エレザ:何ですって、まよいですって----この世界は神様が造らないで出来るはずがあ
    りませんや。
    (とエレザが覚えず口を挿んだ。ザイド・ダライオスは言葉をつづけた。)

69 ::2001/07/05(木) 20:16
ザイド:奥様はこの世界の悲惨は神から離れたために起ったと言われたでしょう、これ
    は本当です。神から離れる----即ち円満なる本然の相(すがた)から離れるの
    です----これが即ち「まよい」です。(注:原文ではかぎカッコでなく傍点)
    まよいから一切の悲惨が生れたのです。坊ちゃん、あなたは、神が退屈だから
    この世界にいろいろのものを造ったと言われたでしょう。これも本当です。
    神が退屈がる----皆さん、おかしいじゃありませんか、円満完全なる神が退屈
    がる道理はないじゃありませんか。
エレザ:そうでがすとも、そんなはずはありませんや。
    (エレザエルは鸚鵡(おうむ)がえしにこう繰返した。ユダは不平らしく口を
    とがらした。)
ザイド:ところが神が退屈がらなければどうしてこの世界のいろいろのものを造ったり
    なんかしたんでしょう。
    (と(ザイド)ダライオスが言葉を継いだので、エレザ(エル)は眼をみはっ
    て叫んだ----
(続く)

70 ::2001/07/05(木) 20:20
仔羊さんへの公開レス(2)−2
エレザ:旦那様、この世界にいろいろのものがあるので、それで、われわれ人間がいろ
    いろ面白い目が出来るんです。それは、それは神様の賜物というものです。
ザイド:そのお答えは先刻聡明な坊ちゃんが言われましたぜ。神様がいろいろのものを
    お造りになったのは人間のまだいない前のことだって。だから神様は人間のた
    めにいろいろのものを造ったのではありますまい。そんなら誰のためにでしょ
    う。その時には神様だけいたのだから、神様は御自分のためにお造りになった
    と言うほかはありますまい。しかし神様は何か造らずには我慢できない程不完
    全なものでしょうか。そんなことはわたしには考えられません。神様はそれ自
    身で円満完全で充ち足りているんです。だから何も造らないでも退屈など感じ
    ないのです。ところがひょっとした機(はずみ)に坊ちゃんの言われたように
    退屈を感じはじめたんです。だからこの退屈はまよいです。万物生起の原因は
    このまよいです。即ち神本然の姿から離れたためです。だから奥様のおっしゃ
    った説も、坊ちゃんがおっしゃった説も、結局同じことなんです

71 ::2001/07/05(木) 20:22
エレザエルもサライも、そしてユダまでも恐ろしく困惑と不可解に満たされた表情をし
て黙っていた。彼等はどうしても創造神の説をはなれることが出来ないのでこのペルシャ
人の伝える仏教思想がどうしても受取れなかった。彼等は神とは円満完全で全知全能で
造り主だというユダヤ的思想の強い伝統の中に育っていたので、最も進歩的なユダの思
想さえもこのペルシャ人の思想とは甚だしい距離があった。その癖めいめい彼等はこの
ペルシャ人の思想の中に自分の説を----エレザエルは神が円満完全なという点で、サラ
イは人間の悲惨が神から離れた結果であるという点で、そしてユダは神が退屈がって万
物を創造したという点で----幾分か肯定するもの見出したので急に反対も出来なかった。
しかし頭脳のいいユダはしばらく考えた末、ついに自分はこのペルシャ人の思想に矛盾
があることを発見したと思った。
ユダ: おじさん、あなたの言うことは矛盾してます。
    (とユダは叫んだ。)
ザイド:どうしてです。わが愛する小哲学者君。
    (と(ザイド)ダライオスは好奇心に満ちた目をユダに注いだ。一同もやはり
     ユダの顔を見つめていた。)
ユダ: 神様が円満完全だということと、退屈がるということとは両立しないのです。
    (と彼はこのペルシャの学者を打ち負かすのは自分ばかりだというような気負っ
     た昴然とした様子をした。)
(続く)

   

72 :名無しさん@1周年:2001/07/05(木) 20:22
age

73 ::2001/07/05(木) 20:23
仔羊さんへの公開レス(2)−3

ザイド:神様は本当は退屈がったりなどはしないのですよ。
    (と優しい語調でダライオスは説明した。)
ザイド:退屈でないのに退屈だと思うから迷いなんですよ。
ユダ: 神様が円満完全だということと、迷うこととも両立しません。
    (とユダは再び追及した。)
ザイド:迷いなんか本当はないのですよ。ないものをあると思うから迷いなんですよ。
    ただあるものは円満完全な真実の相ばかりですよ。
    円満な完全真実の相----これが神です。神ばかりが存在するのです。ほかの
    ものは夢です、迷いです、神から離れた仮のすがたです。存在しないのです。
    それを存在するものだと思って執着するから、人々は神を離れて悲惨の巷を
    さ迷いはじめたのです。だから存在もしないこの世の一切のものに対する欲
    望を捨てることによってはじめて我々は仮の状態なる不完全をはなれて円満
    なる神にかえることが出来るのです。

ユダはダライオスの言うことをまた解することが出来なくなったので黙っていた。ほ
かの人たちも黙っていた。
(とりあえず 了)

74 ::2001/07/05(木) 20:36
引用した著者は、「純粋に創作であるが、単なる創作物語でも私小説
でもなく、小説というよりも大説である」と述べられている。
人間にとって重大な関心事である、「神はあるかないか」を----
神に仕えながら神の存在を否定し、神があるなら何故人生に病気があ
り、不幸があり、天災があり、弱肉強食があるかを----心の底で問い
かけながら、若き日のユダに託して真っ向から立ち向かったのが、第
一部「ユダ神をさばく」である。
第二部、第三部は生命の實相に収録されているようなので、もし興味
がある方はそちらを参照されたい。
特に、戯曲編をとばして読んでいる青年会員のM君!
これを読まないと40巻全巻読破にならないし、真理がちりばめられ
ているのできっと君のためにもなるよ。
ではでは

本心さん、生きてるかなあ?
谷口貴康青年会長のご講話は10月に総本山であるらしいですよ。
もし行けたらどうぞ。勿論、総裁先生のご指導もございます。

75 :名無しさん@1周年:2001/07/05(木) 20:39
age

76 :名無しさん@1周年:2001/07/05(木) 21:54
sage

77 :謎の…ですが:2001/07/06(金) 00:28
ウィルスを「風さん」へ送られている方へ。
そういう行為って卑怯じゃありませんか?
あなたが思っているより風さんは上手ですよ。
老婆心ながらそういう事は止められた方が良いでしょう。

78 ::2001/07/06(金) 01:02
雑感などなど
9 from tnnyt (p037-dnb35hon.tokyo.ocn.ne.jp [211.129.71.38]) by mint.ocn.ne.jp (8.9.1a/OCN/) with SMTP; Mon, 25 Jun 2001 16:58:38 +0900 (JST)
10 from tnnyt (p112-dnb36hon.tokyo.ocn.ne.jp [211.129.71.241]) by mint.ocn.ne.jp (8.9.1a/OCN/) with SMTP; Tue, 3 Jul 2001 08:59:43 +0900 (JST)
例えば、この方などIP Addressから想像するに、同一人物とみられる。
プロバイダーにはすべて報告済。
何も対処しない場合は、当方から自力で送信者のパソコンにおじゃましようと思う(笑)。
発信地は、日向、熊本、から何故かだんだん北上して今は東京(台風じゃあるまいし。。。)
プロバイダー分布ではOCNはだんとつの1位、次にニフティとかソネットとか東京インターネット
などなど。。。特にニフティ発はIDが裸ですから、お返事はしやすい(爆)。
うまいと思ったのは、串を使ってカモフラージュしている玄人筋、約1名。
宇治や総本山、生長の家本部にも送信しているらしいが、あちらは真理のガードが固いが柔軟な対処
をされているらしい。ウイルスさんもうかばれることでしょう。合掌してゴミ箱にポイされているな
んて素晴らしい。mail addressを非公開にすればよいことだが、公開することにより数多くの方とボ
ードでは話せない事に話せるのでこれはやめられない。
ばい菌や悪霊に冒されたりするのは汝が天地一切のものと和解していない証拠であるから省みて和解
せよとの一説がどうもひっかかる。ウイルスに冒されてはいないけれど、ウイルスを送られること自
体、天地一切のものと和解していないからだろうかと、ちょっと悩む。
明日、晴れだったらちょっと珍しい書籍をもっていきます。通し番号がついている謎の書籍を発見し
ました。583番。

79 :むもん:2001/07/06(金) 07:51
>>74
風さん。ありがとうございました。
まさに、真理の原点のお話でした。

80 :それちが:2001/07/06(金) 12:44
いつも不思議に思うのですが、コンコーダンスをお使いですか?>風さん
もしあるのなら、教えてください。購入は可能ですか?

81 :谷口雅春:2001/07/07(土) 00:39
真理(千里)の道も一歩から!

82 ::2001/07/07(土) 03:26
>>79
むもんさん、おはようございます。これでやっと貴殿の現象は夢であるという部分
で共通のゴールをみることができました。またまひもひ団の会員さんの疑問の約1
割程度はお答えしたことになるかと思います。
生長の家の信徒のみなさんは、生命の實相の第21巻(経典編)の10頁あたりを
ご覧になられると精しいことが理解できると思います。
(最初からこれを書けばよかったのですが。。。思うところありまして70年以上
も昔の谷口雅春大聖師のご文章(大説)をご紹介させていただきました。)
約200頁のほんの数頁分ですが、お時間のある方は「神を審判く」を読まれるこ
とをお勧めします。(「聖道へ」もお勧めです)
まだほんの入り口の部分ですので、どんどん奥へと参りましょう。

この不完全な憂苦満ちたる物質世界というものは結局は迷いが現わしているのであ
るということ、即ち、「三界は唯心の所言」、創造主(つくりぬし)というような
神様が造り固めた世界ではないのであって、われわれの「念」というものが造り固
めた世界であるということ。
(続く)

83 :まひもひ団会員:2001/07/08(日) 14:35
>>82
つまり、われわれ肉体人間の「念」=善悪混交の輪廻記憶の集積である潜在意識(幽体)と顕在(現在)意識
と実相からの細々とした光の想念の混合した物が具現化して現れているのが、この現在世界であるという事
ですね。私達は、創造主とそこから産まれた神々による創造世界である実相世界をいかにこの世(現象世界)
に現わす事が出来るのか?という事が問題になってまいります。

84 :むもん:2001/07/08(日) 17:40
>>54
不幸の原因は何か。
人は当然【病気・事故・災害・その他の不幸】に関心を持っているわけです。
唯心派の解答では『幻覚は思考によって変化する。したがって悪い思考は悪い幻覚
を造る。すなわち「一切の現象は心の影」である。』というのです。これを仏教では
「因果」あるいは「業報」と言われています。

すなわち、「悪い行いや悪い思考が悪い幻覚(悪夢)を造る」わけです。
では不幸という「悪い幻覚」はどのようにして生まれるのだろうか。
「因果応報」はなぜ起きるのか。

精神分析学者フロイトは『悪夢は願望の検閲』であると言っています。
一体誰が検閲しているのだろうか。

人間はもともと「善」であり、潜在意識の奥底にもう一人の「善なる自分」が存在す
るのです。この「善なる自分」は、行われた悪い行為に堪えることは出来ず、今度は
自分が被害者になって罪をつぐなおうとするのです。このようにして、犯した罪と同
じように自分に対して行われるのです。

イエスキリストが「裁いてはいけません。あなたも裁かれるからです。」「剣によっ
て亡ぼす滅ぼす者は剣によって亡ぼされます」と言っているのはこのことなのです。

それが【病気・事故・災害・その他の不幸】となって自分に対して行われるのです。
幸運であれ不幸であれ、一切の現象は「心」よって造られて行くのです。
ではこれらの不幸から逃れるにはどうしたらいいのだろうか。

85 :イエス・キリスト:2001/07/10(火) 02:44
諸兄に神の祝福を!
風さんおはようございます!

86 :名無しさん@1周年:2001/07/10(火) 02:45
肉体的に永遠不死身になれると生長の家ではいはれますが、
どうすればなれますか。

87 :ふにゃふにゃ:2001/07/10(火) 12:21
聞いたこと無いですけど・・・
周囲から飛んでくる人類全体の人間は老化するとか病気するとかの想念を遮断して完全に実相の心で自分を統率することが出来れば出来そうな気もします。
挑戦します。

88 ::2001/07/10(火) 16:50
>>83
まひもひ団の会員さん こんにちは。
ちょっと退歩しないといけないようです(笑)。
83のコメントには素直にはいそうですとは言えないのです。
階段を間違って上りつづけると頂上は違う場所になってしまいますので
勇気をもって、書かなければいけないときもあるようです。

先日、清超先生のご講話を拝聴し、そして徳久先生の最後のご講話の
ビデオを拝見、数々の素晴らしい体験談。まひもひ団さんが参加され
ていれば、よかったのになあと思いました。

89 ::2001/07/10(火) 16:53
>>86
それは肉体的にはなれないと思います。
何故なら、現象世界での肉体人間(現象人間とでもいいましょうか)
の死亡率は100%だからです。

90 ::2001/07/10(火) 17:04
>>80
なんという難しい質問を。。。
それちがさんはキリスト教を学んでこられましたね?
そうでなければコンコーダンスという単語はでてこないと思います。
仏教では、何というか忘れましたが、むもんさんご存知ですか?
というか、仏教にあるのだろうか?コンコーダンス。。。
わかりやすくいうと、語句辞典のようなものですよね。
聖書のコンコーダンスと云えば、巻末にある語句が並べられていて
その語句がでている章、節があるものだと思います。私も教文館(
キリスト教専門の書店、銀座あたりにあったでしょうか)に出向き
その時はコンコーダンスではなく、KingJames versionのred letter
なんとかいうのを買い求めたことがあります。これは、キリストの
言葉が赤く記されていて、そこだけを読むといいと教わったことが
あるので、そうしたのですが、私には小学生の時に日曜学校以来、
そういうバックグラウンドがなかったので、読み終えるのに非常に
骨が折れました。通常、牧師さんが使うみたいなのですが(詳しく
は知らない)、多分、生長の家にもそういう講師用のコンコーダン
スがあると思われたのでしょうが、私の知る限りないと思います。
ただ、副総裁先生の著書はコンコーダンスになっていますので、
そういう意味ではあるとも言えるでしょう。
すいません、回答になっていなくて。

91 ::2001/07/10(火) 17:08
>>90
自己レスです。思い出しました。谷口雅春大聖師がご存命のころ、
長崎の公邸の机上にそれらしき仏教関係の辞書というか辞典のよ
うなものがございました。タイトルは忘れました。写真で拝見し
ただけです。

92 :名無しさん@1周年:2001/07/10(火) 21:00
>>89
と言うことは谷口雅春氏の言葉は間違いであったと言うことでしょうか?

93 ::2001/07/10(火) 23:59
>>92
どのような場面、またはどのような著作物にそのような表現があるのか存じませんが、
永遠(久遠)の生命を説かれることはあっても、肉体的、現象的な不死身については
思い当たることがなかったため、思ったことを記したまでです。
教義上、もし間違っているならばどなたか講師の先生のご指導を仰ぎたいと思います。

94 :ふにゃふにゃ:2001/07/11(水) 01:15
いつも肉体は最後には死ぬって書いてあります。
僕も読んだことがないにゃー

95 :求道者:2001/07/11(水) 15:28
>肉体的に永遠不死身になれると生長の家ではいはれますが、
>どうすればなれますか。
このような事はどこにも言われてないはずです。
どの著作物にあるのか根拠を示して下さい。

96 :名無しさん@1周年:2001/07/11(水) 20:21
>>95
生命の実相の中にあることは間違いないのですが、谷口雅春氏の著書は
あまりに膨大でちょっと探してみましたがまだ見つかりません。
しばらくお待ちを。
ただ、あなたは肉体の不死について谷口雅春氏が言及しているのを全く
読んだ記憶はありませんか?
もちろん生長の家の横の真理では肉体の存在を完全否定しているのは
知っていますが、どうもその肉体永遠不滅説から良からぬ誘惑が発現し
実相を見失ってしまいそうです。

97 :求道者:2001/07/11(水) 23:42
ただ、あなたは肉体の不死について谷口雅春氏が言及しているのを全く
>読んだ記憶はありませんか?
ありませんし、貴方の文字通りの表現はありえないと思います。

>もちろん生長の家の横の真理では肉体の存在を完全否定しているのは
>知っていますが、
横の真理でしょうかね。肉体永遠不滅説って何でしょうか。
あせらず、ジックリともう一度読み直されてはいかがでしょうか。

98 :アクエリアン:2001/07/12(木) 01:47
>ただ、あなたは肉体の不死について谷口雅春氏が言及しているのを全く
>読んだ記憶はありませんか?
>もちろん生長の家の横の真理では肉体の存在を完全否定しているのは
>知っていますが、どうもその肉体永遠不滅説から良からぬ誘惑が発現し
>実相を見失ってしまいそうです。

人類の意識の影響について述べている箇所で、これとよく似ている文章を読んだような
記憶があります。ハッキリと思い出せないのですが・・・。
クリスチャンサイエンスの開祖メアリ・ベーカー・エディ女史の思想を紹介しながら、
心、意識の影響の強さについて言及し、人類の意識が変われば、人間の平均の寿命も伸びるのでは
ないか、というような文章だったと思います。
現在の人類の意識では、人生は80年という考えが主流を占めているが、もし、もっと生きられるのだ
、いや生きるべきだ、という考えに変わってくれば、100歳以上の人が当たり前になり、100歳以上から
「本当の人生」が始まるのだという考え方が人類の主流になり、高齢者が智恵ある人生の先達として
尊重される社会になってくるのではないかという予感がありますが(笑)。
現在の膨大な情報量を目の前にして、これらを自分の中に取り入れるのは、80年ではとても無理だと
思います。私は仏教やインド哲学などの東洋思想をもっと深く学びたいので、最低でも200年の寿命は
ほしいと考えているんです(笑)。
ですから、人類の固定観念に負けないで、それを粉砕し、自分の思い描いた人生を生きたいと考えて
いるんですが、やはり、人類の集合意識は強いですね。
大体、誰が、人生の長さを決めたんだ。個人個人が決めればいいではないか。それこそが神の子では
ないのか、というような思いもあります。まあ、こういう思いは、私の迷い、煩悩かも知れませんが。


99 :むもん:2001/07/12(木) 08:39
>>98

>>大体、誰が、人生の長さを決めたんだ。個人個人が決めればいいではないか。
>>それこそが神の子ではないのか、というような思いもあります。まあ、こういう
>>思いは、私の迷い、煩悩かも知れませんが。

人間の寿命について阿含経では次のように説いてありますので、参考までに。
これは長いお経なので本の大意だけを極簡単に述べさせていただきます。

『遠い昔、人間の寿命は八万歳であった。金持ちが貧乏人を助けなくなったので人々は
貧乏になり盗みを働くようになった。そのため寿命は四万歳になった。その後人々は殺
し合うようになりそのため寿命は二万歳に迄なった。またその後嘘を言うようになり、
寿命は一万歳に減った。次に邪淫と嫉妬が起き、寿命は五千歳になった。また、非法・
貪欲・邪法を行い、寿命は二千五百歳となった。次に両舌・汚い言葉・綺語が多くなり、
寿命は千歳になった。また、邪見(唯物的見解)になって、寿命は五百歳になった。
また、親孝行せず、沙門梵志を尊敬しなくなったので寿命は二百五十歳になった。そし
て現在に至るのであるが、現在の寿命は百歳に満たない。遠い将来人間の寿命は十歳に
まで短くなる。その時、女は生まれて五ヶ月で嫁に行くようになる。』

人間の寿命は「不善業」と関係しているようですね。

100 :名無し教:2001/07/12(木) 13:47
札幌で教化会館新築するらしいですね。
コンペやってるんだって。

482 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)